バイトテロ 削除。 バイトテロの法的責任と会社の対応方法

バイトテロとは何か―吉野家の炎上事例より―

バイトテロ 削除

このような現象を最近は、 バイトテロと呼ぶようです。 一度、SNSに投稿されてしまいますと、シェアやリツイート等で早期かつ広範囲に拡散してしまい、完全に削除することができなくなってしまうという特徴があります。 また、商品やサービスについて不安を感じた消費者や取引先から、買い控えをされたり取引を停止されたりすることで、経営に悪影響が及んだり、場合によっては店舗が休業や閉店に追い込まれるといった事態が生じることもあります。 では、こういったバイトテロを行った社員にはどのような法的責任が生じるのでしょうか。 また、会社はどのように対応していけばよいのでしょうか。 2.法的責任 バイトテロを行った社員が負う法的責任には、刑事責任と民事責任が考えられます。 (1)刑事責任 まず、投稿内容が会社の名誉や信用を棄損する内容であった場合、 名誉棄損罪や 侮辱罪が成立するおそれがあります。 また、投稿の内容によっては、威力業務妨害罪が成立するおそれもあります。 悪質な事案の場合、会社としては刑事告訴をすることも検討するべきでしょう。 (2)民事責任 会社はバイトテロを行った社員に対して、 被った損害を賠償請求することが考えられます。 問題は損害の範囲ですが、バイトテロの対象となった商品(主に食料品)及びその廃棄費用、清掃・消毒が必要な場合はその費用等が考えられます。 なお、買い控えや取引の停止、休業等で会社が本来得ることができた営業利益も損害として請求することが考えられますが、高度な立証が必要となります。 また、会社から従業員に対する損害賠償請求は、信義則上相当と認められる限度に制限されることが多いです。 なお、仮に訴訟をして損害が認められたとしても、バイトテロを行った社員の財産状況によっては、全額の回収は困難なことも多いことが予想されます。 さらに、社内の懲戒処分については、投稿内容が悪質で会社への影響が大きい場合には、懲戒解雇が相当と考えられます(就業規則に定められた懲戒解雇事由に該当することが前提となります)。 3.会社の対応方法 まず、 会社がバイトテロの情報を把握した場合、すぐにその証拠を収集・保全してください。 具体的な収集・保全の方法ですが、投稿内容のデータを保存したり、プリントアウトや写真に撮るとよいでしょう。 その後、すぐに事実関係について、対象となった社員を中心に聞き取りをしてください。 バイトテロを行った社員に対し、刑事告訴や懲戒処分、損害賠償請求をすることで、今後の抑止的な効果も期待できますが、何より大切なことは消費者や取引先の信頼回復を図ることです。 ホームページ等に速やかに謝罪文を掲載し、具体的な再発防止策を策定・公表することで信頼回復を図ることを最優先しましょう。 バイトテロが生じる原因は、管理体制の不備や社員の規範意識の希薄さにあります。 普段から、現場の管理体制の構築や運用に力を入れる必要があります。 また、バイトテロの他社の事例や対応を具体的に説明するなどの社員教育をしたり、SNSのガイドラインの策定や周知徹底をすることで、社員の規範意識を高めることが何よりの予防策でしょう。 バイトテロの問題についてお困りの経営者の方は、ぜひ一度労務問題に詳しい弁護士にご相談ください。

次の

“バイトテロ”受け大戸屋が3月12日「一斉休業」…1日の“再教育”で信頼回復なるか

バイトテロ 削除

アルバイトなど非正規雇用のが、勤務先のやなどで、やなどを不適切に扱って悪ふざけをする様子を撮影、SNS ソーシャル・ネットワーキング・サービス などに投稿して「炎上」し、勤めている店舗や運営会社にイメージダウンなどの損害をもたらす行為。 最初に投稿された写真や動画が削除されても、それらをコピー保存した第三者によって投稿が繰り返され、不適切な投稿がインターネット上に残ったままになるという事態も起きている。 スマートフォンやSNSが普及し始めた2013年ごろから社会問題化した。 バイトテロは、「アルバイトのテロ」を表す造語。 2013年、高知県にある大手コンビニエンスストアの店舗で店員がアイスケースに入った姿や、東京都のそば店で従業員が食器洗浄機や冷蔵庫に寝そべる姿などが相次いでやに投稿され、これらの行為を表す言葉として、「バイトテロ」が使われるようになった。 東京都のそば店のケースでは、不適切な投稿をきっかけに批判が相次ぎ、そば店は営業を停止、東京地方裁判所から破産宣告を受けた。 その後は、企業側が従業員教育の強化などの対策を取ったこともあり、不適切な投稿はやや減少したが、18年以降、再び目立つようになった。 写真から動画での投稿が増え、投稿先も、FacebookやTwitterから、Instagramへと移っている。 運営会社などが謝罪したケースには、次のようなものがある。 18年12月から19年2月にかけて、カラオケ店の厨房と思われる場所で、店員のような人物がから揚げを床にすりつける様子を撮影した動画、回転ずしチェーンの店舗で、アルバイト男性2人がまな板の上で切った魚をごみ箱に捨て、再びまな板の上に戻す様子を撮影した動画、定食チェーンの店内で従業員が商品を口に含む、ズボンを脱ぐなどの行為を映した動画などである。 企業側の対応も厳しくなっている。 前述のカラオケ店の運営会社は、警察に届を出した。 大手定食チェーンのケースでは、運営会社が該当する従業員を退職処分としたほか、全国のほとんどの店舗を一斉休業し、従業員の再教育と店舗清掃を行った。 不適切な投稿をした従業員に対し、企業側が法的措置を検討しているケースもある。 また、保険会社の中には、バイトテロが起こった場合、弁護士への相談費用や謝罪広告などトラブル対応にかかる費用を補償する保険を販売する会社も出てきた。 バイトテロが多発する背景には、生産年齢人口の減少による人手不足があると言われている。 人手不足でアルバイトへの教育や監視が行き届かず、アルバイトも「ふざけているつもりだった」「仲間内で盛り上がると思ってやった」といった軽はずみな気持ちで動画を投稿するケースが見られる。 南 文枝 ライター/2019年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説.

次の

最近のバイトテロ問題で振り返る、バカッター炎上案件5選

バイトテロ 削除

飲食店やコンビニなどの従業員が食品を不衛生に扱う動画の投稿が後を絶たない。 厳しい対抗策を取る企業も出始めた。 どんな法的責任が問われるのか。 「(不適切行動をとった従業員2人を)退職処分とし、刑事、民事での法的措置の準備に入ったことをご報告いたします」。 回転ずし大手「くらコーポレーション」は8日、ホームページで明らかにした。 従業員がゴミ箱に捨てた食材の魚を再びまな板に戻す様子を撮影し、SNSに投稿したことを6日に謝罪していた。 同社の広報担当者によると、関わったのは男性アルバイト2人。 動揺して説明が二転三転し撮影の日付などは特定できていないという。 投稿後、3時間ほどで削除しており、「ここまで大事になると思っていなかったようだ」。 魚は廃棄し、客には提供していないと話しているという。 同社ではアルバイトを雇う際、敷地内の動画撮影や投稿をしないという趣旨の誓約書を交わし、1時間の研修でも教えていた。 他社で同様の事案が起こるたび、通達も出していたという。 法的措置などを取る理由として「真面目に働いている従業員にも申し訳ない。 多発する不適切行動や投稿に一石を投じ、再発防止につなげたい」と説明した。 このほかにも、全463店舗の3万3千人を対象にした勉強会や、店舗の運営支援のために設置されたカメラを不正発見のために使うなどの対策も取るという。 こうした事案は5年ほど前から….

次の