メイドインアビス 51話 感想。 ライザの顔が!リコは母が使っていた武器「無尽槌」を手に入れました

メイドインアビス51話ネタバレ感想の続き【絵2枚】

メイドインアビス 51話 感想

53話のあらすじ 前回、清算する子たちと合体し体が変化したジェロイモ。 見た目は スタイリッシュなイケメン系4足動物に。 清算弾みたいなのを用いてレグの退路を塞ぎます。 ヴェコさんいわくジェロイモはヴェコさん由来で作られており 清算の影響は受けない。 特別な存在であるそうです。 村の守り神としてレグとレグが持ってきたものを危険と判断している。 追い詰められたレグはジェロイモに対して火葬砲を発射。 そこはちょうど村の入り口であり、そう ファプタが入れない法則が破壊されます。 レグは昏倒前にマァアさん、おかみさん、マジャカジャにリコの保護を求めます。 そこにファプタ登場。 間がない。 姫にも攻撃をしかけるジェロイモでしたが ガブールンが一喝「下がりれ 姫の御前であるぞ」 かっこよすぎ…。 干渉器めちゃくちゃ強いんですね。 イルぶるの住民は ファプタを崇拝するような 尊敬するような、神々しさを感じながら見つめます。 その視線に対してファプタは言い放ちます。 兄弟を…ファプタを… 旨そうに睨め回した お前たちの目を許さぬ お前たちの口を 母と同じ言葉を使い祈りを吐く その口を許さぬ お前たちの姿を許さぬ 我が身可愛さに母を冒涜し続けた お前たちのその存え続けた命を許さぬ お前たちの意思を許さぬ 喜びも 悲しみも 営みも 断じて継がせはしない 塵芥の一つに至るまで お前たちの存在を決して許さぬ すべて忘れぬために生まれた この日をこの時を どれほど待ちわびたか 覚悟する間も許さぬ 根絶やしにしてくれる 53話より 震えるわこんなん… 年始早々なんてものを書くんですか。 しかしイルぶる住人は圧倒的価値に歓喜するばかり。 ジェロイモに攻撃を食らうも、ファプタは兄弟に声をかけ 融合?不滅の姫らしく失った耳も回復します。 ジェロイモと戦闘に 場面が変わってナナチの独白。 ナナチは夢の中で見たワズキャンについてきたヴェコさん、 ヴェコさんとイルミューイのお互いが宝物であった関係。 それがナナチとミーティに似てると感じていると。 夢でもいいからとミーティと一緒にいたいと願ってしまいますが そんな中、ベラフはつげます。 目覚めの時がきた、ここからは夢ではないと。 感想 レグがどうやってファプタの一部を渡してナナチを取り戻すのか? というのが前々回迄のお話だったのですが 耳だったのですね 、 ジェロイモの介入により火葬砲をぶちかまして 村崩壊ルートに乗ってしまいましたね。 僕自身はイルぶるを揺りかご、母の愛に包まれており。 イルぶるとなった イルミューイは村の住人に愛を持って接してる説を採用しているのですが、 少なくとも今回語られたファプタのセリフは 半端ない怒り。 イルミューイは揺籃でワズキャンを出し抜きファプタを誕生させています。 自分の感情を分離させて怒りの感情の詰め合わせみたいなものを渡したのかもしれないですね…。 そうすれば自分は愛を持って村の子供たちに接し続けられる。 しかしファプタの怒りに対して村人たちはどこか能天気というかとにかくうれしそう。 つくしあきひと「メイドインアビス」7巻147ページ 村の住人は外からの襲来に食べられることも恐れず参加します。 お祭り感覚。 今回もファプタの怒りを受け止めることは恐怖ではないのでしょう。 マジャカジャも 嬉しいって言ってますし。 眺め回す目で殺されていくことになりそう。 イルぶるはおしまいかな…。 各々の願いはかなうのか イルぶるを囲む状況はこんな感じ。 村の最大権力である清算が敵にならないならばファプタを止めれる勢力は 存在していないので 村の住人はほぼ壊滅するのではないでしょうか。 ある程度果たされると予想します。 村の価値は外から入ってきて増え続けないといけません。 破壊だけをされてしまって帰られると村の価値も減っちゃうし。 止められる可能性があるのはイルミューイの唯一の味方。 ハクであるヴェコさん。 ファプタが怒り続けてきた間、癒し続けてきたのがヴェコさんです。 しかしメタ的な視線でリコが介入すると考えるとヴェコさんには止められない気がします。 諸悪の権化ワズキャンは 夢をあきらめたくなるほど痛めつけるぐらいするかも。 今回一番まずいのはワズキャン。 イルミューイをめぐる場面ではひたすらに悪役でした。 恨みを一番受けており、 ファプタと対峙した際にはそりゃもうね…。 恐ろしいことされちゃうよねえそりゃ…。 直接の面識はないとは思いますがキーマンだけに対峙するでしょう。 彼の願いも彼の命も リコが揺籃をどう使うかにかかっています。 ファプタの一部分というキーアイテムも持っているのでそれだけでも リコを守るという価値に余ればなんとかなりそう。 怒りをどう抑えるかが大事。 レグがクールタイムに入ってしまったので今動けるのはリコだけです。 そうすると リコは揺籃を使わざるえないんじゃないかな。 選択する時間もないまま追い込まれるのはままならないですね。 まとめ 今回は入ってきてしまったということで、シナリオが進展した感じでしたね。 ファプタの村人への啖呵は震えました。 ベラフの夢が終わり発言は イルぶるという揺りかごで過ごせる時間 夢を見れる時間はおしまいということかと考えます。 価値を交換する村が終わり、各々の新しい道に行くような世界の到来。 母に守られる時間の終わり。 外の危険と戦い、独り立ちをしないとねってことじゃないかな。 一人でも仲間と一緒に頑張る。 彼女の持つ弱さがきえて少し強くなれるんじゃないかと。 そんな+の意味かと思いました。 イルぶるという村はイルミューイにめちゃくちゃ甘えてできてるので 皆が今までお母さんありがとう!僕たち頑張るよ!ぐらいの気持ちで 美しく出ていければ…。 そんな甘くねえよなあ。 村が終わるにしてもイルミューイの魂が救われるといいですね。 村を作ったワズキャンの再び冒険に行きたいという願い、 そしてそれを許さないまま産まれ怒り続けてきたファプタの願い 他者の願いを踏みつけ叶えてきた強いワズキャンは果たしてどうなるのか。 お互いのすべてをぶつけあう戦いとなりそうです。 余談ですが 2020年1月17日より映画が公開されています メイドインアビス深き魂の黎明 私が漫画を読んでいて耐えれなかった所なのと 劇場が非常に少ないのですべての方が見るのは難しいかもしれないですが お近くにある方はぜひ。 私も時間を見つけて見に行くつもりです。 前回52話の感想はこちらからどうぞ.

次の

【メイドインアビス】 [感想] アビス突入以降加速する鬱

メイドインアビス 51話 感想

簡単な内容 50話では、ガンジャ隊の内容が明かされてきましたね。 ガンジャ隊は6層に到達後、水不足並びに感染症に苦しみます。 そして、全滅を目前にしてワズキャンの選んだのは 食料調達組が何とか持って帰ってきた遺物「 欲望の揺籃」の利用。 これが「 願いをかなえる卵」という強力な遺物。 邪な思いが多い大人ではなく、子供向けということで 感染症が悪化した幼女イルミューイが抱くことになります…。 さぁ…村からは捨てられ 6層でヴェコと心を通わせたイルミューイは何を願ったのか…。 今回はイルミューイの願いにより、 ガンジャ隊は一応壊滅の危機を乗り越えた…ということですね。 願いと意見 イルミューイの願いはずばり 母親なのでしょう。 子供が産めずに捨てられたイルミューイが子供を産む。 そしてガンジャ隊を救う。 この話ではついに ガンジャ隊の母親にすらなったのかなと思いました。 そして思い出すのはなれ果ての村「イルぶる」ですね。 つくしあきひと「メイドインアビス」7巻50ページ これは…。 イルミューイは身体の変容も始まっています。 当初は溶けた体だったのがふわふわボディにかわりつつあり、 ファプタっぽくなりつつある…。 ファプタの経緯もありつつの 最終的に村になったのでしょう。 村の名前は イルぶるだし…。 イルが ゆりかご、母でぶるが村でしょ…。 彼女の願いの 母になるはアビスの底6層で叶ったのでは…。 欲望の揺籃の位置的には、この村は 子宮的な場所かもしれません。 ヴェコさんがいたのも「目の奥」でしたね…。 黒いドロドロは脳みそ的な物? 闇の中で出会った母親 追い出された家族の代替品 イルぶるの中の子供たち 自分は産めなかったので代替品 願いは叶ってそう。 清算されているのはお母さんからすると 悪い子へのお仕置き感覚なのかも。 価値を奪う代わりに守ってあげて子供たちに愛を持って接してるとは言えそう。 イルミューイがどんなに強い愛情を願っても魂を再現するミーティーまで作れるって そんなことある?捧げてるのはイルミューイの魂1個でしょ? 価値の等価交換してるとはいえ、ミーティー自体は 村の外には出れないんじゃないかなという気がしました。 気になったこと おっぱい石 丸い遺物は願いの形 ささやかな物から強いものまで 丸い形の遺物といえばそう、 おっぱい石です。 つくしあきひと「メイドインアビス」1巻128ページ これも実は、真面目に考えると 母親のぬくもりを求めてる子供の願いとか? リコがもっていた太陽玉とか、2巻ではタマゴ型の道具が大量に。 おいのり骸骨が同じエリアで出てくるということは、この人たちの願いなのかな…。 仮にイルぶるがイルミューイだとすると 言語が人語は 最近の言葉なんですよね。 原住民の言葉がベースっぽいのはどうしてだろう? 出会った馴れ果ては白笛っぽいのを持ってた人だけでしょ。 ガンジャ隊以外の人が大勢中にいるんですよね。 何千年の間に原住民が下りてきて、住人になったのか? 願いの中で原住民を取り込んだのか? ガンジャ隊は全滅レベルの少数派になるはずです。 ワズキャンもベラフもまだ人語喋れているんですよね~。 おかみさんもマジャカジャも村の成り立ちは知らないっぽいし 混ざりまくってしまっているのか、三賢しか生き残っていないのか…。 前回ワズキャンもベラフは許されないんじゃないか? と思っていたのですが、 イルミューイの子供として愛されているのではないかと思いました。 やっぱ面白いな 面白いですね、次回もきつい回がきそう。 ・イルミューイの変容 ・価値の化身「ファプタ」の謎 イルミューイそっくりなのは子供? ・ガンジャ隊の末路 破壊することが正解にはならないでしょうし、 ここに救いはあるのだろうか…。 6層の恐怖からの解放だけだろうか。

次の

メイドインアビス

メイドインアビス 51話 感想

簡単な内容 50話では、ガンジャ隊の内容が明かされてきましたね。 ガンジャ隊は6層に到達後、水不足並びに感染症に苦しみます。 そして、全滅を目前にしてワズキャンの選んだのは 食料調達組が何とか持って帰ってきた遺物「 欲望の揺籃」の利用。 これが「 願いをかなえる卵」という強力な遺物。 邪な思いが多い大人ではなく、子供向けということで 感染症が悪化した幼女イルミューイが抱くことになります…。 さぁ…村からは捨てられ 6層でヴェコと心を通わせたイルミューイは何を願ったのか…。 今回はイルミューイの願いにより、 ガンジャ隊は一応壊滅の危機を乗り越えた…ということですね。 願いと意見 イルミューイの願いはずばり 母親なのでしょう。 子供が産めずに捨てられたイルミューイが子供を産む。 そしてガンジャ隊を救う。 この話ではついに ガンジャ隊の母親にすらなったのかなと思いました。 そして思い出すのはなれ果ての村「イルぶる」ですね。 つくしあきひと「メイドインアビス」7巻50ページ これは…。 イルミューイは身体の変容も始まっています。 当初は溶けた体だったのがふわふわボディにかわりつつあり、 ファプタっぽくなりつつある…。 ファプタの経緯もありつつの 最終的に村になったのでしょう。 村の名前は イルぶるだし…。 イルが ゆりかご、母でぶるが村でしょ…。 彼女の願いの 母になるはアビスの底6層で叶ったのでは…。 欲望の揺籃の位置的には、この村は 子宮的な場所かもしれません。 ヴェコさんがいたのも「目の奥」でしたね…。 黒いドロドロは脳みそ的な物? 闇の中で出会った母親 追い出された家族の代替品 イルぶるの中の子供たち 自分は産めなかったので代替品 願いは叶ってそう。 清算されているのはお母さんからすると 悪い子へのお仕置き感覚なのかも。 価値を奪う代わりに守ってあげて子供たちに愛を持って接してるとは言えそう。 イルミューイがどんなに強い愛情を願っても魂を再現するミーティーまで作れるって そんなことある?捧げてるのはイルミューイの魂1個でしょ? 価値の等価交換してるとはいえ、ミーティー自体は 村の外には出れないんじゃないかなという気がしました。 気になったこと おっぱい石 丸い遺物は願いの形 ささやかな物から強いものまで 丸い形の遺物といえばそう、 おっぱい石です。 つくしあきひと「メイドインアビス」1巻128ページ これも実は、真面目に考えると 母親のぬくもりを求めてる子供の願いとか? リコがもっていた太陽玉とか、2巻ではタマゴ型の道具が大量に。 おいのり骸骨が同じエリアで出てくるということは、この人たちの願いなのかな…。 仮にイルぶるがイルミューイだとすると 言語が人語は 最近の言葉なんですよね。 原住民の言葉がベースっぽいのはどうしてだろう? 出会った馴れ果ては白笛っぽいのを持ってた人だけでしょ。 ガンジャ隊以外の人が大勢中にいるんですよね。 何千年の間に原住民が下りてきて、住人になったのか? 願いの中で原住民を取り込んだのか? ガンジャ隊は全滅レベルの少数派になるはずです。 ワズキャンもベラフもまだ人語喋れているんですよね~。 おかみさんもマジャカジャも村の成り立ちは知らないっぽいし 混ざりまくってしまっているのか、三賢しか生き残っていないのか…。 前回ワズキャンもベラフは許されないんじゃないか? と思っていたのですが、 イルミューイの子供として愛されているのではないかと思いました。 やっぱ面白いな 面白いですね、次回もきつい回がきそう。 ・イルミューイの変容 ・価値の化身「ファプタ」の謎 イルミューイそっくりなのは子供? ・ガンジャ隊の末路 破壊することが正解にはならないでしょうし、 ここに救いはあるのだろうか…。 6層の恐怖からの解放だけだろうか。

次の