あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない 感想。 『あの花』聖地巡礼マップをもとに秩父を巡ってみました!詳しい地図のほかにおすすめ休憩場所とイベント情報も紹介!

【感想】『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』の一番強い演出は主題歌だということを僕たちは知っている

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない 感想

めんまの供養の為に夫々手紙を書いて集まる事になった宿海たち。 手紙を書きながらめんまとの思い出を回想していくストーリー。 TV版の総集編的作品ですが、スタッフが単純な総集編を拒否してこのようなストーリーになったそうです。 しかし、この内容なら単純な総集編の方が良かったのではないでしょうか? 今と回想シーンが交互に現れるこの展開は、正直見難く、物語にも集中出来ませんし、感動的な名シーンにも感情移入出来ません。 私とすれば、めんまと再度の別れから1年。 彼等の成長や人間関係の変化にカタルシスを求めたかったのですが、私には現状維持のようにしか感じられません。 これなら、わざわざ1年後の彼等を描く必要があったのか?と根本的な疑問を感じたくなります。 TV版は文句なく最高評価の作品だっただけに、とても残念に感じる作品でした。 そのひと夏を描いたのが、アニメ版の『あの花』。 感想としては、 もっと5人それぞれの1年間を描いて欲しかった。 アニメを編集し直した部分が多く、 オリジナルは少なかった。 5人が高2になった現在、1年前、小学生の頃 この3つの時を何度も行ったり来たりするので、 話を追いかけるのが難しかった。 知りたい気持ちの期待が高かっただけに、 残念な作品だった。 じんたん、めんま、あなる、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽ。 高校生になったある夏の日、じんたんの前にめんまが現れる。 叶えて欲しいお願いがあるという。 それを機に、かつての親友たちが再会を果たすが、それぞれが未だに負い目やわだかまりを抱えていて…。 前々から見ようと思っていた泣けると評判のこのアニメ、今頃になってやっとTVシリーズと劇場版を一気見。 評判通り、良かった! 死んだ少女が現れるというファンタジーでありながら、6人の男女の絆の青春ストーリー。 友情の修復、淡い想い、それぞれが自分たちに課した罰、贖罪、伝えられなかった伝えたい事…。 複雑な胸中を丁寧に、温かく、ノスタルジックに、感動いっぱいに描いて、心揺さぶられた。 さて、この劇場版は、1年後。 めんまに手紙を書く事になり、久し振りに5人で集まって、あの時の事あの時の思いをそれぞれ思い出す…。 新作カットとTV再編集の構成。 再編集は順々に話を追って語られる訳ではないので、ご新規さんにはちょっと分かり難いかも。 新作カットは、語られてない小学生時代のエピソードと、1年後のエピソード。 あれから彼らはどうしているのか…。 何も変わっていない。 じんたんがだいすき。 あなるがだいすき。 ゆきあつがだいすき。 つるこがだいすき。 ぽっぽがだいすき。 みんな、めんまがだいすき。 超平和バスターズはずっとなかよし。 再会した時から、 1年後も、 皆が出会ったあの夏の日から。 ネタバレ! クリックして本文を読む 子供の頃の仲良し男女6人組のうちの少女1人が事故死してから5人が疎遠になっていたが、高校生に成長した頃に少女がなぜか幽霊としてリーダーの男の前に現れる。 そしてリーダーにしか見えないが、5人が死んだ少女に対して悪い言葉を吐いてしまった事などを悔いたりしながら、再び集まる。 少女も幽霊としていたりする。 グループ内で片思いが2組あり、どちらも女性のほうが男性のほうを気にかけている。 リーダーを思う女性は、死んだ少女に複雑な思いを抱いてしまった事に悔みながらも、リーダーには思いを続けている。 思いを寄せられている男性2人とも死んだ少女が好きだったところからの複雑さ。 こうした喪失感と思い出と、だんだん大人になって行くうちに違って来てしまうところとの揺らぎ。 アニメ会社とフジテレビで深夜にテレビ放送され、実写版もフジテレビで放映し、(先日、フジテレビの日曜朝の鼎談に出ていた村上虹郎がリーダー役だったらしい)そして、それらは知らないが、日本映画専門チャンネルで放映されていたのが、劇場版のそれだった。 リーダーのこれも亡くなっている母の願いで、亡くなった少女が現世に幽霊として現れた願いは、残りのメンバーの仲が戻る事。 だったようだ。 そして願いが叶ったら少女が消えて行く。 東日本大震災直前直後に製作、テレビ放映されていたようだ。 劇場版は大ヒットしたのだと言う。 うかつだった。 子供の頃の仲良しと大人になってから。 その間の高校生や専門学校や大学あたりの頃と。 微妙にそれぞれ変わってきたり。 しかし、そうした失いかける心を、当時別れてしまった純粋な死んだ少女が起点になって、純粋を取り戻すような気持ちで製作されたのか?でもあの頃の自分は、それぞれは。 あらすじを書いただけのようになってしまったが、録画したのを観ながら、ウィキペディアやサイトで背景をなんとなく把握している。 監督や設定の人と脚本のアラフォーの3人が男女同年齢のようで、脚本家の女性は、ほとんどが登校拒否になっていた人のようだ。 それで大勢に感動を与える脚本が書けていて、仲間のような同年代とテレビアニメや映画で一緒に出来るというのは、学校の友達のような関係も社会でも取り戻せるような感じも受けた。 「一線を越えてしまう」性描写も無い。 ハダカも無い。 本当はこうした精神性を求めている若者たちが多いのが、劇場版の大ヒットで察せられる。 そうした精神性は永遠を求めるからロングランの作品らしい。 しかしそれを汚して開き直ってしまう人達に同調してしまう所に疑問を持つ事が必要だ。 そうした所は発端がフジテレビ深夜枠の関係だと言うのは皮肉な気もする。 でもこの映画に関していえば十二分に償いになっている。 良い映画だ。 そして私のこの文章は作品の足を引っ張る。 ネタバレ! クリックして本文を読む 実は気になっていたタイトルだったのだけど、 いつの間にか忘れていて、 アニメのTVシリーズも フジテレビでやったというドラマも見ないで、 いきなり劇場版を見たわけだが、 僕的にはそれが正解だったのかもと思える。 たぶんTVアニメから見ていたら、 映画は見なかったろうなぁ。 というか、間延びしちゃてるよね絶対と思いながら、 一話だけ見たけど、やっぱり間延びがしんどかった。 で、もうひとつ、事前情報なしで 映画を見たことの正解は、 彼ら6人の関係性が、 本来アニメでは描かれていたであろう部分が、 尺の都合で死んでる所(^^; 彼ら6人はヒロインの喪失から、 疎遠になるという設定が、映画では見えてこない。 そこが良かったんだろうと僕個人は思っている。 6人の関係は疎遠にはならず、 関係性がそのまま生きているからこそ、 起こる「ヤマアラシのジレンマ」がそこにあって、 ドラマを面白くしていると思う。 たぶんTVシリーズを見た人からすれば、 逆説的過ぎる感想かもしれないけど、 疎遠が生きてしまうと、 互いの棘は刺さり合わないので、そのうち痛みを忘れる。 それではこの物語は終わってしまうんじゃないか? そう思った。 時間軸が激しく行ったり来たりするので、 (タイムリープする話ではないw) ついて行くのが大変だったけど、 感情移入しやすくて、テッシュを何枚も消費した(^^; 挿入歌にZONEの「君がくれたもの」は卑怯(TT (褒め言葉 時に、フジテレビでやった実写版DVD出てるようだけど、 見た方が良いかしら? 止めといた方が良いかしら? まだまだ一歩前進までは時間がかかるあなるの想い。 少しずつ緩やかに時間を進めていくじんたん。 住所不定(?)、土に足を置けているのか分からんぽっぽ。 もしかするとバスターズ内でお先に抜け駆けかもな鶴子と、その鶴子の想いをいつか受けとるのか気になるゆきあつ。 皆すぐには変わらなくても、確実に変わっていて、時間が経過したんだって伝わりました。 スッゴく丁寧。 一応映画は「総集編」の形をとった作りだけど、単体映画を観てるときとまるで変わりませんでした。 良い映画を観終えた後の「残ったもの」も素敵です(苦いんだけど苦すぎない、甘すぎない。 そんなものです)。 涙も零れてしまったり、後日談を聞かせてほしいと、気持ちがもう暴れまくって、困りました。 嬉しいことに。 多分続編が決まったら、きっと心中複雑です(あの時流した涙がそこで、台無しになる気がして)。 だから2期の形でなく、別の形でお願いします。 素晴らしいチームでまた『ここさけ』以来のオリジナル作品を、ちょろっとさりげに進展したバスターズを映してくれたらw.

次の

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない 感想

終了画面でサミートロフィーが出現すれば、設定2以上濃厚。 出現率は総ゲーム数に応じて変化し、7001G〜8000Gがもっとも出現しやすい。 [サミートロフィーが出現する可能性のある終了画面] ・フラワーズメモリー(AT) ・ごめんまボーナス ・エンディング リール左側のコクピット部分に出現。 実質的な割合で考えると、設定6ならセットストック当選時の約0. 1〜6G間の登場キャラは22種類のシナリオによって変化。 REG当選回数5回目以降は高設定示唆シナリオの出現頻度がアップする。 2倍、3で1. 25倍、4で1. 25倍、56は1. 4倍出やすい。 [めんまの母/めんまの弟] どちらも設定2以上! [じんたんの父/じんたんの母] どちらも設定5以上濃厚、お母さんは設定6の比率が高い。 [女装ゆきあつ] 設定5以上濃厚。 「1〜5回目がオール男or女キャラなら超激アツ」 5回目までに登場するキャラの性別が同じだった時点で設定2以上が確定。 7G目は必ず浴衣キャラor設定示唆系の特殊1〜3が出るため要注目だ。 「最終ゲームでは浴衣キャラが登場する可能性あり」 浴衣キャラは最終ゲームで登場する割合が高く、スタート時のキャラと同じく、男性なら奇数、女性なら偶数設定を示唆。 最終ゲーム以外で登場した場合は高設定示唆となり、設定1を起点に、2で1. 8倍、56は2. 8倍出やすい。 「エピソードによる推測要素まとめ」 めんまの日記が出るタイミング、同一エピソードの連続が重要。 【シナリオごとのエピソード順一覧】 めんまのお願いは特定条件を満たした時に当該エピソードが書き換わって発生する。 同一エピソード3連続はめんまの日記が連続する。 「最初に狙う絵柄」 中リール枠上から上段に白7を目押し。 「上段に白7停止時」 成立役…弱チェリー/強チェリー/中段チェリー 右リールをフリー打ちし、左リールにチェリーを目押し。 右リール中段にスイカが止まれば弱チェリー、ベルが止まれば強チェリーだ。 「中段に白7停止時」 成立役…ハズレ/押し順(第1停止)不正解のベル/スイカ/チャンス目A 中押し白7狙い時の基本となる停止形。 「下段に白7停止時」 成立役…チャンス目B 「中段にリプレイ停止時」 成立役…リプレイ/チャンス目C 「中段にベル停止時」 成立役…ベル 押し順ベルの第1停止正解で止まるため、第2停止が不正解だとベルが揃わない。 「中押し時・レア役の停止形」 チャンス目は内部的に3種類あり、中押し時のみ判別が可能。 中段白7からのスイカハズレはチャンス目A、白7下段からのスイカ小V型がチャンス目B、中段にリプレイ/リプレイ/スイカが停止すればチャンス目Cだ。 「BAR下段停止時」 成立役…ハズレ/リプレイ/ベル/チャンス目BorC(停止形は同じ) BAR狙い時はBAR下段停止が基本となる停止形。 「角チェリー停止時」 成立役…弱チェリー/強チェリー 中右リールともにフリー打ち。 右リール中段に止まる絵柄で強弱を見抜けるが、停止する絵柄が複数あるので狙う箇所を決めておくと判別しやすい。 [右リール中段に停止する可能性のある絵柄] 弱チェリー時…ブランク/チェリー/リプレイ/ベル(3連チェリー以外) 強チェリー時…スイカ/白7/BAR/ベル(3連チェリー) [チェリー停止時の音やフラッシュでも判別可能] 弱チェリーよりも強チェリーのほうが効果音やフラッシュが派手なので、ホールの状況にもよるが、右リールの停止絵柄を確認しなくても判別はできる。 「中段チェリー停止時」 成立役…中段チェリー 「スイカ上段停止時」 成立役…スイカ/チャンス目A 中リールにスイカを狙い、右リールはフリー打ちでOK。 スイカを否定すればチャンス目Bだ。 「BAR狙い時・レア役の停止形」 チャンス目は内部的に3種類あるが、順押しBAR狙い時は2種類の停止形しか止まらない。 スイカテンパイハズレならチャンス目A、中段リプレイ/リプレイ/スイカならチャンス目BorCだ。 前半はリプレイとレア役でリーチラインを増やし、後半の押し順ベルやレア役でATを射止めるゲーム性だ。 当選すればランダムに1ライン以上開放され、強レア役なら複数開放のチャンス! [リーチラインが重複すると図柄が強化] 図柄は最大4段階強化することが可能。 強化されている図柄が揃えば、段階に応じて報酬が豪華になる。 レア役ならAT確定+特典をGET!? [ぜんぶとーりっぴ] ベルやレア役で抽選され、発生すれば全ラインリーチを獲得!? [CZ失敗時はリーチラインを持ち越し] 開放したラインや強化された図柄はそのまま次回に持ち越し! 【なかよしメーターがゲーム性の軸!】 なかよしメーターのキャラは小役で抽選され、6キャラすべて集まればメーターMAXとなりCZやATを抽選。 メーターMAX時の期待度はフレームで示唆しており、当該周期+2周期先まで表示している。 キラキラ付きのキャラや女装したゆきあつといった特殊なキャラを獲得すればチャンス! 「開放済みのリーチラインを表示」 CZ失敗時は開放したリーチラインを持ち越すため、スルー回数が多いほどCZの成功期待度が高くなる。 「メーターMAX後は前兆が発生」 前兆の期待度は液晶周囲のエフェクトで示唆。 最終的に発展する連続演出に成功すればCZやAT突入だ。 基本的に有利区間移行時に、表示されている3周期分の色を抽選。 以降は1周期消化ごとに周期回数を参照して新たに登場する(2回先の)メーターの色を抽選していく。 すべての色に確定赤の可能性がある。 見た目上は?表示で隠れているケースもあり 【セグの番号と液晶が連動!】 めんまチャンス(CZ)やかくれんぼチャンス(KC)中は、セグに表示された番号(6択の押し順ベル)と液晶の図柄がリンクしているため、セグを見ながら当落を楽しむことができる。 「CZとKCにおける役割」 [CZ(後半のみ)] ・後半…開放されたリーチラインと同じ番号が表示されればCZ成功 [KC] ・前半…セグに表示された番号と同じリーチラインを開放(強化) ・後半…開放されたリーチラインと同じ番号が表示されればKC成功 通常時の連続演出に成功すればCZorAT。 リーチの種類やタイトルの色、カットインなどに注目しよう! 「木の葉リーチ」 「お花リーチ」 「SD系リーチ(全6種類)」 「めんまひっぱりチャンス」 連続演出失敗後に発生し、成功すればCZorAT直行!? 上記の連続演出はめんまチャンスがメイン! 「アイスリーチ」 登場キャラがあたり棒を引けば!? 「テストリーチ」 つるこが正解すれば!? 「クレーンゲームリーチ」 ゆきあつが人形を取れれば!? 「けんか仲裁リーチ」 けんかを止めることができれば!? 「めんまを捕まえろリーチ」 めんまを捕縛すれば!? 「ほんとのお願いリーチ」 じんたんの答えは!? 「夏の獣リーチ」 じんたんが本当の気持ちに気付けば!? 「レアのけもんをGETしろリーチ」 レアのけもんをGETすれば!? 「ぽっぽのお願いリーチ」 めんまのお願いに応えれば!? 「俺を見ろリーチ」 大チャンス! じんたんが勇気を振り絞ってあなるを助けることができれば!? 「I wonderリーチ」 めんまのことでじんたんとゆきあつが激突するBIG確定のリーチ!? 各キャラごとに専用の演出パターンが存在。 [落書き演出(つるこ)] 落書きの内容に注目。 [買い物演出(ゆきあつ)] 選んだアイテムで期待度などを示唆。 [ゲーム演出(めんま)] ゲームで敵を倒した後に表示される文字をチェック。 [洗濯演出(じんたん)] じんたんが干したTシャツのプリントに注目。 [バイト演出(あなる)] あなるが陳列するゲームの種類で期待度などを示唆。 [新聞演出(ぽっぽ)] ぽっぽが折り込むチラシの内容がポイント。 「全演出共通でレバーON時のチャンスアップに注目」 レバーON時にキラキラエフェクトが発生すればチャンスパターンだ。 「もちろん赤系はチャンス」 どの演出でも赤系は期待度アップ、激アツは文字通り激アツだ。 「プレミアムも満載!」 Vやサミーキャラなどおなじみのプレミアムも存在! 【おもにMC対応の連続演出】 「自然現象系(1G)」 葉っぱや花びらが大きいとチャンス。 「SDキャラ系(2G)」 基本的にタイトルは青<赤<虹の順で期待度アップ。 SDキャラのカットイン発生でチャンス、リアルキャラなら激アツ。 サミーキャラのカットインはプレミアム。 基本的にSDキャラ系では獣王シリーズのキャラが登場する。 背景に稲妻がはしればチャンスアップ。 カットインが入ればチャンス。 1&2G目で赤エフェクト付きの画面が出ればチャンスだ。 3G目に金カットインが発生すればプレミアム! [けんか仲裁・めんまを捕まえろ・ほんとのお願い・夏の獣には専用演出も!] 上記4演出には3G目のあおり画面が変化するチャンスアップパターンが存在。 けんか仲裁:つるこアップ めんまを捕まえろ:つるこ回想カット ほんとのお願い:めんまアップ 夏の獣:めんま(デフォルトはじんたん) 「俺を見ろ(4G)」 発展した時点で激アツとなるため、タイトルは1種類のみ。 1&2G目で赤エフェクト付きの画面が出ればチャンスアップだ。 3人娘浴衣カットインは全連続演出に対応かつ設定4以上でのみ発生する可能性がある。 設定4ではAT以上確定、ハズれた場合は設定5以上確定だ。 めんまチャンス(MC)の前兆中か否か、さらに前兆中は液晶エフェクトの色によって連続演出の期待度が変化する。 「MC前兆中以外でSD系の連続演出に発展すれば確定!」 基本的にMC前兆中の連続演出はSD系のみなので、MC前兆中にそれ以外の演出に発展すればCZ以上確定。 逆にMC前兆中以外でSD系リーチに発展した場合も確定となる。 大まかに説明すると、表モードはレア役でATを抽選する一般的な内部状態、裏モードはリプレイやベル契機のAT当選…いわゆる謎当り当選率を管理する内部状態だ。 【表モードの特徴】 ・内部状態…通常/高確/超高確/超超高確 ・状態アップ抽選…おもにレア役で ・状態転落抽選…ハズレorベル ・高設定ほど状態アップが優遇 ・超超高確中の強レア役は激アツ [保証ゲーム数もあり] 状態アップ時に保証ゲーム数を抽選。 超超高確移行時は50Gの保証がある。 [ステージで内部状態を示唆] 思い出ステージは超超高確濃厚だ。 【裏モードの特徴】 ・内部状態…裏通常A/裏通常B/裏高確A/裏高確B ・状態アップ抽選…レア役orリプレイ ・状態転落抽選…ハズレ ・高設定ほど状態アップが優遇 ・リプレイやベルでAT直撃を抽選 [保証ゲーム数はない] 表モードと異なり保証ゲームはナシ。 [液晶絵柄テンパイ頻発で裏高確のチャンス] 裏高確中は液晶絵柄がテンパイしやすい。 ハズレを含む全役で上乗せ抽選をおこなう特化ゾーン。 レア役時や選択キャラの演出が発生すれば上乗せ濃厚だ。 「最終ゲームで継続を抽選」 夏祭りは最終ゲーム(10G目)に継続率を参照して継続の成否を抽選。 一度でも継続すれば超夏祭りの可能性大! 【出玉減少区間一切ナシのノンストップAT】 1セット20Gのセット数管理型AT。 AT中はかくれんぼチャンス(KC)成功で獲得できる、セット数上乗せやボーナスでロング継続を目指すゲーム性だ。 「純増は滞在している区間ごとに変化」 [純増約1. 「メインパート」 ・継続ゲーム数…20G [セット開始時にステージを決定] 星の数が多いステージほど高確以上のチャンス。 エピソードや夏祭りが選ばれる可能性もある。 「エピソード」 [通常エピソード] ・継続ゲーム数…30G [SPエピソード] ・継続ゲーム数…80G 通常とSPの2種類があり、どちらも消化中はレア役でKCやセット数上乗せを抽選。 通常はセット開始時、SPはボーナスから突入!? [セット数で突入率が変化] 末尾が3、7、0のセットはチャンス、10セット目なら必ずエピソードに突入!? 「かくれんぼチャンス(KC)」 ・平均継続ゲーム数…6. 4G KC中もセグリンクシステムが活躍! 最終的に液晶内の図柄が揃えばセット数上乗せorボーナスだ。 「ボーナス」 擬似ボーナスはBIGとREGの2種類あり、ベルナビ回数で管理。 消化中はレア役でセット数上乗せや夏祭りを抽選する。 ボーナスからSPエピソードに昇格するパターンもある!? 「上乗せ特化ゾーン・(超)夏祭り」 毎ゲーム全役で上乗せ抽選をおこなう特化ゾーン。 マイスロやメニュー画面で選択しているキャラの演出が発生すれば上乗せ濃厚!? AT中には初当り時に決定するFMモードが存在しており、モードによってATセットごとにかくれんぼチャンス当選率に関わる内部状態を管理。 基本的にAT終了までFMモードは固定だが、エピソードやSPエピソードを引いた場合に昇格抽選がおこなわれる。 「ボーナス時は内部状態の転落なし!」 ボーナスを引いた場合はモード不問で内部状態が転落しないため、超高確でボーナスを引くことができれば、次回セットも超高確となる。 成り上がりモードは転落することがないため、一度超高確までアップすることができれば、AT終了まで超高確が維持されるため超強力だ。 一度決まった内部状態はセット終了まで変化しない。 AT終了画面移行時にごめんまボーナス突入の有無を抽選し、終了画面滞在中(2G継続)は成立役でAT復帰を抽選。 ストックがあった場合は基本的にめんまDEポンで継続を告知するが、まれに復活演出を経由。 AT当選後or最初からストックがあった場合は成立役に応じてかくれんぼチャンスを抽選する。 「第2停止で復活演出が発生すれば特典アリ」 復活演出の発生タイミングは基本的に第3停止時だが、第2停止時に発生すればエピソードやボーナス、夏祭りなどに期待が持てる。 「ごめんまボーナス当選を優先」 ATが単発で終わった場合はごめんまボーナス突入のチャンス。 薄めだが2セット以上継続した場合でも抽選される。 ごめんまボーナスに当選していた場合、成立役ごとのAT復帰抽選はごめんまボーナスのラウンドストック抽選になる(当選率は復帰抽選と同じ)。 ごめんまあおり成功でごめんまボーナス! ロゴと一緒にめんまが浮かび上がればチャンスアップだ。 FMモードに応じてセット開始時のルーレット時に内部状態を抽選。 ルーレット時はレア役も状態移行のチャンスとなる。 AT中はボーナス(SPエピソード含む)当選で内部状態のアップ抽選がおこなわれる。 7個 KC1回あたりの期待上乗せ個数…1. 消化中はラウンドをストックしながら最大の40Rを目指すゲーム性だ。 「基本情報」 純増…約3. 「残りストック示唆要素は豊富」 [ラウンド開始画面] 幼少期の画面なら!? [ステージでストック数を示唆] お花畑(黄)<お花畑(ピンク)<湖の順にストックに期待できる。 ステージは途中で変化することもあり、湖なら残りストック5R以上!? [液晶の図柄が揃えばラウンドをストック] [ラウンド終了時のカーテン] カーテンの色が赤ならチャンス、金なら継続濃厚!? PUSHボタンが出現してもアツい! ごめんまボーナス中は消化中の役に応じてラウンドストックを抽選。 レア役はストック当選率が高いうえ、1回の上乗せで最大3ラウンドまでストックする可能性がある。 当選すれば継続確定(1Rストック)なので、ストックがなくても継続に期待できる。 モードはミドルとハイの2種類があり、ボーナスが終了するまで変わらない。 通常時のめんまチャンス(CZ)とは異なり、KCは前後半ともに押し順ベルをメインにリーチラインの開放やKCの成否を決める。 押し順ベル成立時は、セグの番号と同じ絵柄のリーチラインが開放される。 レア役ならゲーム数上乗せの抽選もあり! 開放したリーチラインが重複すれば図柄が強化され、当選時の報酬が豪華になる。 「後半は押し順ベルで当落を決定」 開放しているラインに対応した押し順ベル(絵柄と同じセグ番号)を引けば成功。 リプレイなら開放しているリーチラインをすべて1段階強化し、レア役ならもっとも強化されたリーチラインをゲットできる。 ぜんぶとーりっぴが発生すれば全ライン獲得! [KC成功後はボタン演出] 獲得した図柄ごとにボタン演出が発生し、セット数やボーナスの個数を確認できる。 赤図柄以上なら複数個濃厚なので2回以上はプッシュできる。 [全員集合バージョンは超激アツ!? ] KCが全員集合バージョンなら、どの押し順ベルを引いても成功確定!? [強レア役] 4Gなら設定4以上。 中段チェリーは5G確定だ。 ATスタート時はお花ランプの色で内部状態を管理するFMモードの種類を示唆。 パターンは白<青<黄<緑<赤<紫<消灯の7種類。 青は通常の割合も高いが初回モードは高確ループ以上! 「エピソード時はモードアップを抽選」 エピソード、SPエピソード時はモードアップを抽選しており、初当り時と同じくランプの色でモードを示唆(ボーナス時はATリスタート時に点灯)。 エピソード4回目以降とSPエピソード、EPほんとのお願い時は必ず黄色以上となる。 「ボーナスは内部状態を維持」 ボーナスを引いた場合、次回の内部状態が落ちることはないため、超高確中に引けば再度超高確へ移行する。 消化中はレア役やBAR揃いでセット数上乗せや特化ゾーンを抽選している。 消化中にハズレを引けばベルナビが+1回上乗せ! 「BIG中の演出」 選択した楽曲に応じてAT中の演出パターンが変化! [みんなに会いに行こう演出] 仲間が集まるほど上乗せ期待度がアップ! [めんまルーレット演出] ジャッジ前に発生すればチャンス!? [キャラ紹介にも注目] いつもと違う衣装やレアなキャラが登場すれば!? 「昇格演出発生でチャンス」 7図柄に昇格すればBIG。 群予告が発生すればSPエピソードに昇格!? 【ボーナス共通の演出】 [カットイン発生で特化ゾーンのチャンス] カットインの色は青<赤の順にBAR揃いに期待できる。 BARが揃えば特化ゾーンの夏祭り! [デフォルト] [男性ver. ] BIGの可能性アップ。 女性キャラの連続演出成功経由ならBIG以上! [女性ver. ] BIGの可能性アップ。 男性キャラの連続演出成功経由ならBIG以上! [幼少期] 通常時は思い出ステージ以外で出れば設定4以上の可能性アップ。 AT中はSPエピソード濃厚、否定すれば設定4以上が確定する。 「7絵柄ナビが6択ならBIG」 通常は3択ナビだが、6択ならBIG確定! 「確定画面中は特定ゲーム数ハマリでセットストック」 ボーナス確定画面で30GハマリでATのセット数をストック。 BAR揃いはBIG・REG共通で超夏祭り確定! 赤カットインなら大チャンス!.

次の

【あの花】最終話感想、皆さん本当に感動出来ました??あの日見た花の...

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない 感想

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 注目のあの花最終話は、感動の超平和バスターズ復活最終回。 中盤はいろいろと波乱を匂わす展開があった本作ですが、終わってみれば、第1話で再会を果たしたバラバラだった超平和バスターズのメンバーが、最終話でついにチーム復活を果たしてあの日出来なかっためんまとのお別れをするという、期待通りの王道感動締めくくりをやってくれた本作です。 というわけで、やっぱり第1話と最終話にすべてが詰まっていた本作でした。 そんな最終話は第1話と同じく最高のクオリティで、伏線をこれでもかと回収しまくって、これでもかとみんなが号泣しまくるやりたい放題な最高なエンタメ最終回となっておりました。 「あの花」第10話。 最終回前の今回は、ついにめんまのお願いが叶えられる花火打ち上げ回。 そんなクライマックス展開にハードルを上げて期待をして観た今回ですが、めんまの気になる謎は隠されたまま、超平和バスターズの面々はバラバラの極みになっちゃう最後のタメ内容で、全ては次回最終回へ持ち越しな今回でした。 というわけで、次回最終回は長井龍雪監督コンテ回かと思われ、第1話と最終話の神回サンドイッチアニメで御願いたします。 「あの花」第9話。 今回は、残り3話のクライマックス展開の導入エピソードなタメ回でした。 前回のラストでついにめんま自身が自らの存在を証明したことにより、その存在を信じざる負えなくなった超平和バスターズのみんな。 あなるはそれでもじんたんを追い、ゆきあつはめんまを成仏させようと躍起になり、つるこはゆきあつの影で感情を押し殺したまま、そしてぽっぽにもあの日に気なることがやはりあるようで…そんなラストへのみんなの伏線が綺麗に張られて残り2話に突入です。 一方のじんたんとめんまは互いに離れたくない想いが強まっていたりして、感動の残り2話への準備は整いました。 期待してます。 「あの花」第8話。 第8話は、ついにあなるにこの日が来てしまう、あなるのじんたんラブ物話の山場エピソード。 序盤からの流れであなるが泣いてしまう時がくるのは既定路線なのですが、見事にその重要シーンを期待通りにみせてくれた今回です。 そして、お話の方もじんたんとめんまの二人暮らしを終わらせる物語が最後に動き出してしまったわけで、大きくお話が動いた第1話以来ともいえる感動の山場エピソードの今回でした。 「あの花」第7話。 今回は、ついにめんまの日記の中身が明かされ、それをもとに新たなめんまのお願いを叶えるじんたん達「超平和バスターズ」のロケット花火ミッションが始まります。 そのミッションの中、じんたんが少し社会復帰を仕始め、あなる、ぽっぽ、めんまのかっこいいポジションを取り戻すドラマが熱い今回ですが、それに突っかかるゆきあつとの展開が気になります。 そして、最後に衝撃のシーンが登場して、クライマックスへ向けて、めんまの「ほんとのお願い」の物語が動き出してきた今回です。 「あの花」第6話。 今回は、じんたんがあなるを助けるというちょっと鳥肌モノのヒーロー事件があったものの、本編ストーリーであるめんまのお願いの物語は表立ってはあまり進展せずに、今後のお話への種まきが色々なされていた内容でした。 しかし、超平和バスターズのそれぞれの心情を追っているだけで、あっという間に30分が経ってしまう内容になっていて、面白い群像劇が今回も継続中の本作です。 そんな中、じんたんとめんまのラブストーリーが強くなってきた感もある今回かと思われます。 「あの花」第5話は、前回ラストの衝撃のゆきあつ事件の事後話。 結局、ゆきあつがあんな行動を取っていたのは、あの日にめんまとの間にあるトラウマを抱えていたからだったわけで、じんたんやあなる同様にあの日のそれぞれのトラウマが暴かれいく展開の本作です。 そして、ゆきあつのデトックスが済んだあとのお話は、超平和バスターズ6人の群像劇が綺麗に描かれ、つるこやぽっぽのあの日のトラウマのフリとなるようなシーンもあったりして、うまいタメ回になっていました。 さらに、あなるのビッチ疑惑の答えがついに明かされたりと退屈させない素晴らしい作りの内容だったと思われます。 「あの花」第4話は、じんたんとゆきあつの自分のめんまの自慢バトル回。 前回ののラストに、自分にもめんまが見える的なことをライバルのじんたんに宣戦布告してきたゆきあつでしたが、今回はそのゆきあつのめんまの秘密が明かされ、これまでのゆきあつの言動のワケが綺麗に繋がる笑いと涙が溢れる神回でした。 互いにめんまが見えるという、痛いじんたんとゆきあつに付き合うあなるやつるこの心のドラマも切ない今回です。 「あの花」第3話。 第3話は、「超平和バスターズ」のメンバーがめんまのお願いを叶えるために徐々に集結していく中、ついに謎の言動を見せていたゆきあつが表舞台に出てきて、じんたんの夏のトラウマのめんまの物語があらたな展開を見せるラストとなっていました。 めんまの登場で始まった本作が、起承転結の承とも言うべき次に繋がる王道展開を見せ、ますます物語に引き込むナイスな展開になっていて、今後の展開や結末に期待が高まります。 「あの花」第2話。 第2話は、じんたん達によるめんまのお願い探しがスタート。 変わってしまったようで、変わっていない「超平和バスターズ」のメンバーの姿が描かれた今回です。 そんな今回の主役は、ビッチ疑惑のあなるのゲーマー話。 その他ゆきあつの興味深いシーンなど、見所満載の第2話でした。 「とらドラ!」、「とある科学の超電磁砲」を手がけた注目の長井龍雪監督最新作。 脚本を岡田磨里、キャラクターデザインを田中将賀が担当し、「とらドラ!」スタッフ3人が集結のオリジナルアニメーションな本作。 そんな本作の第1話は、素晴らしいものになっておりました。 現代の「20世紀少年」を彷彿させるような少年時代を過ごした、じんたんを中心とした「超平和バスターズ」のメンバーの青春群像劇が描かれる内容の本作ですが、第1話はヒッキーとなってしまったじんたんが昔と変わってしまったメンバー達全員と再会していく内容で、それぞれメンバーの今と昔が見事に描かれており、立ち上がりとしてはこの上ない第1話でした。 「とらドラ!」同様、長井龍雪監督が岡田磨里を上手いことコントロールし、視聴者の心を動かす見事な王道エンタテインメント作品として仕上げきた内容は流石の一言かと思われます。 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

次の