末広 二 重 まぶた。 キレイな二重にしたい!末広型二重の作り方まとめ

自分に合った二重の見つけ方-平行型・末広型の二重まぶたのタイプと蒙古襞の関係

末広 二 重 まぶた

黒木メイサ 第5位は黒木メイサさん。 多くの映画・ドラマに出演している女優さんで、ジャニーズのアイドルグループ・KAT-TUNの元メンバーである赤西仁さんと結婚していることでも知られています。 そんな黒木メイサさんもキリッとした目元が印象的です。 一重まぶたっぽく見える写真もありますが、たぶん奥二重ですね。 そして、りょうさんと同じく目が大きめで横幅があるので目力がハンパない。 クールビューティーって言葉がピッタリです。 また、2012年の「世界で最も美しい顔100人」のランキングで54位に選ばれています。 ちなみに、黒木メイサさんは父親がブラジル系アメリカ人のハーフだと言われており、父方の家系にスペインの血も入っているみたいです。 日本人離れしたエキゾチックな顔立ちなのは外国の血が入っているからなんですね。 映画・ドラマ・CMにと活躍中の人気女優さんです。 そんな吉高由里子さんも一重まぶたっぽい奥二重で目も小さめ。 また、左右非対称でアンバランスです。 でも、それでも、すごく可愛いですよね。 不思議な魅力があると思います。 多部未華子さんと同じく本人の性格や表現力もあると思うのですが、目が小さいのにここまで可愛いって奇跡というか、ほんとスゴイですよね。 これまで色んな男性と熱愛報道がありましたが、モテるのも分かる気がします。 笛木優子 第3位は笛木優子さん。 脇役として多くの映画・ドラマに出演している女優さんで、韓国でも「ユミン」という名前で芸能活動をしています。 そんな笛木優子さんも一重まぶた(もしくは奥二重)の美人さんです。 写真を見ると一重っぽいんですが、たぶん奥二重ですね。 目も小さめです。 でも、それでも、めちゃくちゃ綺麗。 三浦理恵子さんと一緒で一重なのにキツイ印象が全くなくて雰囲気が柔らかい。 それに加えて色気もあるから敵いません。 『ドクターX』の美人秘書役もハマっていたし「黄桜」のCMもすごく素敵です。 顔がものすごく好きなのでInstagramもよくチェックしているのですが、大人可愛いって言葉がピッタリです。 好感度抜群の人気女優さんです。 そんな綾瀬はるかさんは写真によって奥二重にも末広型二重にも見えるので判断するのが難しかったのですが、目がパッチリ二重じゃなくても可愛いってことでランキング1位にしちゃいました。 美男美女と呼ばれる人に多いパッチリな平行二重ではなく左右非対称でアンバランスですが、めちゃくちゃ可愛いですよね~。 「なりたい顔」ランキングの常連なのも頷けます。 綾瀬はるかさん自身の人柄もあると思いますが、この完璧ではない絶妙なバランスの顔が親しみやすさをアップさせていると思います。 という訳で、一重まぶた・奥二重でも可愛い・美人な女性芸能人ランキング1位は綾瀬はるかさんでした。 一重まぶた・奥二重でも可愛い・美人な女性芸能人まとめ いかがでしたか?今回は一重まぶた・奥二重でも可愛い・美人な女性芸能人をランキング形式でお届けしました。 タイトルが一重まぶた・奥二重となっていますが、結局一重まぶたの人はいなかったかもしれません。 みんな奥二重っぽいですよね~。 そして、奥二重と末広型二重も似ているので判断が難しかったです。 ちなみに、今回ランキング候補だった女性芸能人は以下の通り。 川原亜矢子さん• 羽田美智子さん• 江角マキコさん• 富永愛さん• 芦名星さん 奥二重っぽいけど末広型二重かな?と判断して外した人は以下の通り。 加藤あいさん• 広末涼子さん• 蒼井優さん• 天海祐希さん• 永作博美さん• 高岡早紀さん• 石田ゆり子さん こんな感じですね~。

次の

末広型二重と平行型二重はどちらが目が大きく見えるのか?自然なのはどちら?蒙古襞との関係について : Dr.高須幹弥の美容整形講座 : 美容整形の高須クリニック

末広 二 重 まぶた

埋没法や切開法などの二重まぶた手術、目頭切開、眼瞼下垂手術などの目もとの手術のカウンセリングをしているとよく、「 末広型二重と平行型二重だと、どっちが目が大きく見えますか?」とご質問いただきます。 私の答えは、「 一般的に平行型二重のほうが目が大きくみえます。 ただし、美容整形で平行型二重を作って、自然で似合う人と不自然で似合わない人がいるので、全ての人が平行型二重にすればいいというわけではありません。 」です。 ここでいっている「末広型二重」というのは、目頭側の二重のラインが蒙古襞の中へ入り込み、目頭側まで二重の幅がない目のことをいっています。 また、「平行型二重」というのは、蒙古襞がなく、目頭側まで二重の幅がある状態、あるいは、目頭側の二重のラインが蒙古襞の上を乗り越えて、目頭側まで二重の幅がある状態の目のことをいっています。 一般的に、二重の幅があると、目が大きく見える効果があります。 そのため、目頭側まで二重の幅がある平行型二重は、目頭側に二重の幅がない末広型二重に比べ、目頭側まで目が大きく見えます。 モデル、アイドル、歌手などの芸能人を見ると、末広型の人より、平行型の人のほうが、目が大きく見えることが多いです。 となると、「だったら、埋没法や切開法で二重をつくるとき、平行型二重にしたほうが目が大きく見えるから、目を大きくしたい人はみんな平行型二重にすればいいのでは?」と考える人がいると思いますが、それは一概にはいえません。 日本人は大きく分けると、「末広型二重が自然で似合う人」と「平行型二重が自然で似合う人」がいます。 平行型二重が自然で似合う人は、蒙古襞があまり発達しておらず、まぶたの皮膚が薄く、やや堀の深い顔立ちのタイプです(男女共通の条件です)。 蒙古襞が発達していると、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作らないと平行型二重にならないため、二重の幅が広すぎて不自然になってしまうことがあります。 目頭切開をして完全に蒙古襞をなくして平行型二重を作ることもできますが、その場合、目と目の距離が短くなるため、元々目と目の間隔が広い人はいいのですが、そうでない人がすると、寄り目になってしまい、キツい印象の顔になってしまうことがあります。 また、平行型二重を作るためには、ある程度二重の幅を広げなければならないため、まぶたの皮膚が薄い人なら幅を広げてもすっきりした自然な平行型二重になりやすいですが、まぶたの皮膚が厚い人が無理して二重の幅を広げると、上の方の厚い皮膚が折れ曲がる厚ぼったい二重まぶたになってしまいます。 まぶたの皮膚が厚い人が無理して二重の幅を広げた場合、それ以外にも、「 二重のラインの下の皮膚がぷっくりと膨らんで、まつ毛の生え際に被さり、まぶたの開きが悪くなって、眠たそうな二重になる」「 埋没法だと、非常に早く糸が緩んで、幅が狭くなったり、元に戻ってしまう」「 二重まぶたミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術の場合、目を閉じたときや伏し目の状態で、切開線の傷痕が食い込んだり、窪んで目立ってしまい、目を開けた状態の二重のラインの食い込みも強くなりやすい」などのリスクがあります。 これらの「平行型二重が似合う条件」から外れている人は、無理して平行型二重を作ろうとせず、末広型二重を作るほうが、自然で似合った二重になります。 末広型二重であっても、それが自分の顔に合った二重であれば、無理して平行型二重を作るよりも、自然で、より可愛くorイケメンになれるのです。 芸能人でも、末広型二重で可愛いorイケメンの人はたくさんいるのです。 私は、二重まぶた埋没法、ミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術希望の患者様のカウンセリングをする際、末広型二重が自然で似合うタイプの人が平行型二重を希望された場合、末広型二重をすすめることが多いです。 しかし、「隣の花は赤い」「隣の芝生は青い」という諺があるように、人間は、自分が持っていなくて他人が持っているものが羨ましく思う生き物です。 自分にないものを他人にみようとし、他人が持っているものを手に入れれば、自分はもっと幸せになれると信じているのです。 そのため、平行型二重が不自然で似合わない人ほど、手術で平行型二重を望む傾向があります。 その場合、私は可能な限り、患者様の希望にそった平行型二重を作るように努力させていただきます。 診察させていただいたところ、右目はほぼ一重まぶたで、左目は幅広い位置にうっすら二重の線があるのですが、ラインが浅く、はっきりしていない状態でした。 また、まぶたの皮膚が厚く、脂肪もたくさんついていました。 二重まぶた全切開法をして、まぶたの脂肪を取り、永久的に元に戻らない二重を作ることをご提案しましたが、まずは埋没法をやって様子をみたいというご要望だったので、二重まぶた埋没法をすることになりました。 「整形っぽくなく、自然で似合っている二重がいい」というご希望だったので、目を開けた状態で少し二重の幅が見える末広型の二重をデザインして作りました。 この方のように、そこそこ蒙古襞が張っていて、まぶたの脂肪が多く、まぶたの皮膚が厚い人が埋没法をする場合、無理して幅広い二重を作ったり、蒙古襞を乗り越えて平行型二重を作ると、埋没した糸が緩んで、二重の幅が狭くなったり、元に戻りやすし、まぶたの厚みが強調されて不自然な二重になりやすいです。 この方のようなまぶたの人が、自然で戻りにくい二重を埋没法で作る場合は、幅が広くない末広型二重を作るのが無難です。 20代女性の患者様で、派手な化粧が似合う、幅の広い平行型二重になりたいというご要望でした。 診察させていただいたところ、やや蒙古襞が張っており、目を開けた状態で適度に二重の幅が見える末広型二重をしていました。 目と目の間隔は、若干広めでした。 手術は目頭切開と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。 目頭切開は、Z法に準じて行い、少し蒙古襞の突っ張りを解除するように、内側に約1. 5mmずつ広がるようにしました。 二重まぶたミニ切開法は、目頭切開後に残存している蒙古襞を乗り越えるように幅の広い平行型二重を作り、目を開けた状態で十分に幅の広い二重が見えるようにしました。 この患者様は、元々それほどまぶたの脂肪は多いほうではありませんが、幅の広い二重を作ったため、二重のラインに被さる分の眼窩内脂肪を適量切除しました。 ミニ切開法なので、皮膚の切除はしていません。 ROOFの切除は必要がないのでしていません。 術後は、アイラインをしっかり引いても、十分に二重の幅が見える、派手なアイメイクが似合う幅の広い平行型二重になりました。 診察させていただいたところ、まぶたの皮膚が厚く、一重まぶたで皮膚が覆い被さるため、非常に目が細く、目つきが悪く見えました。 また、まぶたの上の骨が発達している上に、まぶたの脂肪もついているため、余計に腫れぼったい目に見えました。 このような目は、幅の狭い二重を作るのが自然に仕上がるため、幅の狭い二重を提案しましたが、患者様はある程度幅の広い二重で、尚且つ平行型二重を希望されていたので、なるべく患者様の希望にそった二重を作ることにしました。 手術は二重まぶた全切開法を行い、蒙古襞を乗り越えるように幅広い位置で切開し、平行型二重になるようにしました。 眼窩内脂肪を適度に除去しました。 皮膚切除はしておりません。 ROOF除去をすると、目の上が窪み、骨が出ているのが強調され、余計にきつい目に見えることが予想されるため、ROOF除去はしておりません。 皮膚の厚みのある方でしたので、術後は二重のラインの下の皮膚がややぷっくり膨らんでまつ毛の生え際に覆い被さっていますが、希望通りの幅広めの平行型二重になりました。 20代女性の患者様で、目が小さいのが悩みで、目を大きくして、派手なデカ目メイクが似合う幅広平行型二重にしたいというご要望でした。 診察させていただいたところ、眼球自体が小さいため、横幅、縦幅ともに小さい目をしてらっしゃいました。 まぶたの開きがあまり良くない上に、一重まぶたで皮膚が被さっており、それによって、目の縦幅が小さいのが強調されていました。 また、蒙古襞が発達していたため、目の横幅が小さいのに拍車をかけ、目と目の間隔が大きく広がっていました。 手術は、目頭切開と眼瞼下垂手術を行い、できるだけ目が大きく見えるようにしました。 目頭切開は、Z法に準じて行い、突っ張っている蒙古襞を解除するように、目が内側に約2mmずつ大きくなるようにしました。 眼瞼下垂手術は、普通に目を開けて、黒目が約8~9割程度見えるように調節し、幅広い平行型二重になるように、二重まぶた全切開法に準じて内部処理を行い、二重を作りました。 術後は、目が一回り大きくなって、希望通りの派手なアイメイクが似合う幅広平行型二重になりました。 このサイトは、特定非営利活動法人日本美容外科医師会の適正医院として認定されています。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。 特定非営利活動法人日本美容外科医師会会員です。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。

次の

一重まぶた・奥二重でも可愛い・美人な女性芸能人ランキングTOP10

末広 二 重 まぶた

やっぱり30%ではなかった二重の割合 470人に対して、生まれ持った本来のまぶたのタイプを質問したところ、以下のような割合になりました。 二重まぶたと回答した人は470人中182人で全体の38%を占めています。 やっぱり30%より若干多かったようですね。 そして、意外なことに一重まぶたが24% 、奥二重まぶたが26%ですので、二重まぶたの38%は、3つのまぶたのタイプのうち最も多い割合となっています。 また、片方のまぶたが一重まぶたで、もう片方のまぶたが奥二重まぶたといった「左右のまぶたのタイプが違う」と回答した人が10%います。 こちらも意外に多いようです。 二重まぶたは2種類に分類される 二重まぶたは、さらに2つのタイプに分類されます。 1つは「平行型二重まぶた」と呼ばれるもので、まぶたの境目に沿って平行に二重のラインができる、まぶたのタイプです。 もう1つは、「末広型二重まぶた」と呼ばれ、目頭のところで、まぶたの境目につながるように、二重のラインができる、まぶたのタイプです。 二重まぶたを、さらにこの2つのタイプに分類して、割合を表したのが下のグラフです。 平行型二重まぶた 全体に占める割合が12%と、日本人女性には珍しいまぶたのタイプです。 「平行型二重まぶた」は顔の印象を明るく華やかにするので、憧れる女性は多いです。 後ほどご説明しますが、美容整形においても大変人気となっています。 末広型二重まぶた 「末広型二重まぶた」は平行型二重まぶたと比べ、大人っぽく落ち着いた印象を与えることが多いです。 全体に占める割合は26%と日本人女性の二重まぶたの中では多いタイプとなっています。 奥二重まぶた 「奥二重まぶた」は一見すると一重まぶたのように見えますが、目尻に少し二重のラインが見えていたり、まぶたの動きにより二重のラインが見えるまぶたです。 全体に占める割合は26%となっています。 一重まぶた 外国の方が思い描く日本人女性のイメージといえば、この一重まぶたで涼しげな目元が印象的なの女性の姿です。 しかし、実際のところ、全体に占める割合は24%とそれほど多くはありません。 左右のまぶたのタイプが違う 左右のまぶたのタイプの違う人は、全体に占める割合が10%と意外に多いようです。 また、そのことで悩んでいる人も多そうです。 その他 「その他」と回答いただいた方が470人中6人います。 全体に占める割合は約1%です。 上記のいずれのまぶたのタイプでもない、まぶたということになります。 二重まぶたのラインが幾重にもなっている、いわゆる「三重まぶた」などが、こちらに含まれます。 まぶたのタイプは変化する? 今回アンケートに答えてくれた470人の中には、後天的にまぶたの形状が変わった人がいます。 その要因も様々です。 こちらでは、そのまぶたのタイプの割合の変化について見ていきたいと思います。 下のグラフは、上記と同じ470人に対して現在のまぶたの状態について質問し、その割合を表したものです。 なんと、「平行型二重まぶた」と「末広型二重まぶた」を合わせた二重まぶたの割合が、58%と全体の5割を超えています。 さらに、 30代以上の人に限って集計すると二重まぶたの割合が62%と6割を超える結果となっています。 そして、生まれ持ったまぶたのタイプとしては24%あった「一重まぶた」の割合が10%までに縮小しています。 また、10%あった「左右のまぶたが違う」と回答した人も2%と激減しています。 まぶたのタイプが変わった人の割合は? 今回調査した470人のうち、何らかの要因で後天的にまぶたのタイプが変わった人は、139人で全体の約30%を占めています。 次に、生まれ持ったまぶたのタイプ別に、まぶたのタイプに変更があった人の割合を見ていきましょう。 やはり、一重まぶたの人の割合が55%と大変高くなっています。 これは一重まぶたの人の多くが二重まぶたや奥二重まぶたなど、他のまぶたのタイプに変わっていることを表しています。 また、左右のまぶたが違う人も52%と高く、一重まぶたの人ほどではありませんが、まぶたのタイプを変えた人の割合が高いことがわかります。 まぶたのタイプが変わった要因は? 上のグラフは、まぶたのタイプに変更があったと回答した139人の、変更した要因別の内訳です。 意外に思われた方も多いかもしれませんが、実は「加齢により自然とまぶたのタイプが変わった」と回答した方が53人と最も多くなっています。 次に多いのは、「アイプチ・アイテープの使用により二重のクセがついた」と回答した43人です。 アイプチ・アイテープの使用により二重のクセがついた アイプチやアイテープを使用して、いつの間にか二重のラインのクセがついて二重になったという話は、美容整形をしたことを隠す言い訳で、ネット上ではありえないこととして揶揄されることが多いです。 しかし、実際のところはかなりの数の人が、これらのアイテムの使用することにより、まぶたのタイプが変わっています。 アイプチ・アイテープを使ったことある人は? 「アイプチもしくはアイテープを使用したことがある」と回答した人は470人中192人で、全体の41%に上ります。 470人は二重まぶたの人を含んだ数字になりますので、一重まぶたや奥二重まぶたの人だけに限れば、ほとんどの人が手にしたことがあるアイテムと言えるでしょう。 アイプチとアイテープの使用状況を個別に比較してみると、下のグラフのようになります。 アイプチを使ったことがある人が37%、アイテープを使ったことがある人が28%となっています。 どちらかというとアイプチの方がよく使われているようです。 アイプチ・アイテープの使用により、まぶたのタイプが変わった人の割合は? アイプチもしくはアイテープを使用したことがあると回答した192人のうち43人が「まぶたのタイプが変わった」と回答しています。 これは全体の22%にあたります。 今回のアンケートでは、アイプチ・アイテープの使用期間、使用頻度については、特に限定していません。 ですので、この192人の中には1度お試しで使ってみただけの人も含まれています。 「まぶたタイプが変わった」と回答した人の22%という割合は、ある程度継続して使用している人に限れば、もう少し高くなると思われます。 まぶたの美容整形を受けた。 これまでに美容整形を受けたことがあると回答した人は470人中18人で、これは全体の4%に当ります。 美容整形の場合は、受けた施術の方法によっては、元の状態に戻すことができるので、18人のうち2人は施術をうけた後、まぶたを元の状態に戻しています。 そのため、現在のまぶたのタイプに変更があったと回答した人は、16名となっています。 まぶたのタイプに変更があった人の、全体に対する割合は12%になります。 まぶたの美容整形を受けたことがあると回答した18人が受けた施術方法は? アンケートの対象者が18人と非常に少ないので、受けた施術の割合については参考程度としてください。 埋没法 埋没法は皮膚と軟骨を数カ所糸で結び付けるだけでできる簡単な施術です。 所要時間は10分程度で、二重の形が気に入らなければ、もとに戻すこともできます。 いわゆるメスを使わないプチ整形と呼ばれる施術の1つです。 上のグラフを見てもわかる通り、18人中14人の方がこの埋没法を選んでいます。 大変人気の高い施術方法であることがわかります。 切開法 切開法は二重のラインを作りたい部分のまぶたの皮膚をメスで切開し、余分な脂肪を取り除いて、皮膚と軟骨を癒着させる施術方法です。 こちらは埋没法とは違って、簡単にもとに戻す事はできませんが、埋没法では難しいまぶたの形を作ることが可能です。 埋没法と切開法の両方 埋没法と切開法のどちらの施術も受けたことがあると回答された方が1人います。 これは初めに埋没法で手術を受け、まぶたの形が気に入らなかったなどの理由で、もう一度切開法で施術を受けたケースです。 その他 その他と回答された方が18人中1人います。 これはおそらく二重まぶたを作る施術ではなく、目頭のところを切開し目の横幅を広げる「目頭切開」と呼ばれる施術を受けられたのだと推測されます。 美容整形を受ける前のまぶたのタイプは? 美容整形を受けられた18人の元々のまぶたのタイプについて調べてみました。 やはり一重まぶたの方が、10人と最も多くなっています。 一方で、平行型二重まぶたの人で施術を受けた人は1人もいません。 美容整形後のまぶたのタイプは? 美容整形を受けられた18人の現在のまぶたのタイプは、下のグラフの通りです。 繰り返しになりますが、埋没法でまぶたのタイプを変更した場合は、簡単に元に戻すことができるので、一重まぶたの方と二重まぶたの方が1人ずつ元の自分のまぶたのタイプに戻しています。 加齢により自然とまぶたのタイプが変わった まぶたのタイプに変更があったと回答した139人のうち53人が「加齢により自然とまぶたのタイプが変わった」と回答しています。 まぶたのタイプに変更があった人全体に対する割合は、38%と最も高くなっています。 年齢とともにまぶたのハリが失われ、たるみができて二重のラインが生じることで、まぶたのタイプが変わります。 ダイエットによりまぶたのタイプが変わった 「ダイエットによりまぶたのタイプが変わった」と回答したは139人中9人でした。 これは全体の6%に当ります。 ダイエットすることにより、まぶたの脂肪が減少し、まぶたの形状に変化が生じたことが要因として考えられます。 まぶたのマッサージ行った まぶたのマッサージを行うことにより、まぶたのタイプが変更になった人は139人中5人でした。 これは全体の4%に当ります。 まぶたのマッサージを行うことにより、まぶたの血行を良くし、まぶたの脂肪も減少することで、まぶたの形状が変化します。 日本人女性のまぶたについてまとめ アンケート調査の結果、日本人女性の生まれ持ったまぶたのタイプは、二重まぶたが38%で、奥二重まぶたが26%、一重まぶたが24%でした。 やっぱり、二重まぶたの方は一般的に言われていた30%よりもやや多かったですね。 さらに、後天的にまぶたのタイプに変更があった人も全体の30%で、かなりの割合となっています。 その結果、現在のまぶたのタイプでは、二重まぶたの人は平行型二重まぶた、末広型二重まぶたを合わせて58%にも上ります。 これでは、周囲に二重まぶたの人が多く、二重まぶたの割合が30%では少なすぎるように感じるのは当然のことですね。 理想のまぶたになるには ぱっちりとして華やかな印象の平行型二重まぶたや、切れ長でクールな印象の末広型二重まぶたに、憧れる日本人女性は多いです。 生まれつき二重まぶたの人は38%とそれほど多くはありませんが、現状では様々な要因により、58%の人が、 30代以上に限って言えば62%の人が、憧れの二重まぶたとなっています。 では、二重まぶたになるには、どのような方法が最適なのでしょうか? まぶたのタイプが変わった要因として最も多かったのが「加齢により自然とまぶたのタイプが変わった」で53人でした。 しかし、この方法は再現性に乏しく、ある程度年齢を重ねた上での皮膚の変化ですので、これから芸能界を目指される若い方には関係のないお話です。 二重まぶたになるのに最も確実な方法は、やはり美容整形かもしれません。 プチ整形とも呼ばれる「埋没法」ならば施術を行っても、気に入らなければ元に戻すこともできるので、気軽に試すことができます。 それでも、いくらプチ整形とは言え、美容整形ともなると抵抗を感じる人も多いことでしょう。 そんな方には、アイプチもしくはアイテープの使用をお薦めします。 まぶたのタイプが変わったと回答した139人のうち43人の方が、この方法にてまぶたのタイプを変えることに成功しています。 最近では、夜つけて寝るだけで二重のクセがつくというアイテムも人気となっているようです。 このほか、まぶたのタイプが変わる要因としてよく聞くのが、ダイエットとまぶたのマッサージです。 しかし、ダイエットによってまぶたのタイプが変わったと回答した方が9人、まぶたのマッサージによってまぶたのタイプが変わったと回答した人が5人と、両方合わせても全体に対する割合は10%程度とかなり低くなっています。 ダイエット、まぶたのマッサージともに、お金もかからず誰でも簡単に行えるので、多くの方が実践しているかと思います。 しかし、その効果のほどは、それほど大きくないようです。 理想のまぶたになるためのオススメの方法 理想の二重まぶたになるには、段階を追ってやってみるのがいいのではないでしょうか。 まずは、アイプチもしくはアイテープを試してみる。 上手くいかないようなら、美容整形でカウンセリングを受ける。 埋没法でまぶたのプチ整形をする。 (元の状態に戻すこともできる)• 切開法で理想のまぶたにする。 といった感じで進めて、自分にあった方法を見つけてください。 だだ、アイプチ、アイテープの場合は、効果が出るまでに時間がかかります。 上手くいかない可能性もあります。 ですので、すぐにでも二重まぶたになりたいという方は、先に美容整形でカウンセリングだけでも受けてみることをお薦めします。 カウンセリングを受けると施術をしなければいけないと思う人が多いようですが、そんなことはありません。 費用のこともあるので、とりあえず相談してみて、専門家の意見を聞いた上で、どうするのか決めるのが良いと思います。 こちらの記事も読まれています.

次の