トイプードル退色。 トイプードルの黒を知っていますか?トイプードルブラックの毛色の特徴や性格など中心に

プードルの毛色は変化する?退色の原因と予防について解説

トイプードル退色

年齢を重ねるごとに毛の色素が薄くなってきているという事ですね。 これらはもちろん病気などではなく、 自然現象です。 トイプードルの退色はいつから始まるの? どんな犬でも必ず退色は起きるのですが、トイプードルの場合は他の犬とちょっと違っていて、その退色が早い時期から起こります。 通常は1歳から3歳位まで退色が起こり始め、この時期を超えると退色の進行は緩やかなものとなります。 早い子だと生後2ヶ月や3ヶ月ぐらいから退色が起こり始めます。 ただ、これには違う説もあり、 もともと生まれてくるべき色だったはずが、違う色で生まれてしまい早い時期に徐々に本来の色になっているということもあるようです。 この現象を 「毛色の発元」といいます。 ペットショップやブリーダーの元には、こういったトイプードルの退色や毛色の発元のことを知らない飼い主さんからは、クレームが来るといったことも多いそうですぞ。 トイプードルの毛の色が変わるのを抑えられないの? トイプードルの退色は自然現象ですから、退色させないといったことはできませんが、それでも少しでも退色の進行を遅くするためには、• ストレスを与えない• シャンプーをしすぎない• ドッグフードを変えてみる などの対策が考えられます。 しかし、上述のように抜本的な原因が分かっていませんから、根本的な解決策になるとはあまり思えません。 犬の毛の色が変わるのは自然のもの! このように トイプードルにとって退色はつきものだと思うべきです。 愛情を持って育てている愛犬が、毛の色が変わったからといって愛情がなくなるなんてことありますか? そんなことありませんよね! トイプードルの退色は自然のものだと思っていれば、毛の色が変わったからといって驚くこともないだろうし、今までと変わらぬ愛情を持って接してあげられるのではないでしょうか? むしろ自然に毛の色が変わることを、楽しんでみてはいかがでしょうか?.

次の

トイプードルの退色はいつから?毛色はもどせるの?|賢く甘えん坊なトイプードル達との暮らしブログ

トイプードル退色

トイプードルの毛色 カラー 色の参考 ブラック ホワイト ブルー グレー シルバー ブラウン アプリコット レッド クリーム シルバー・ベージュ シルバー・グレー カフェオレ シャンパン ベージュ 実際には蛍光灯の色や太陽光の下など、見る環境や毛先や根本など、見る場所によって見え方は変わりますが、だいたいのイメージとしてご覧ください。 トイプードルで人気が高い毛色は? 国内ではレッド・アプリコット・ブラウンなど、 「茶系の色が人気」が高いです。 トイプードルが人気の理由にテディベアカットが挙げられるので、その影響も考えられますね。 もともとプードル種の原種がホワイトとブラックです。 なのでプードルという犬種が好きな人は、最近人気のドワーフタイプの茶系よりも、鼻 マズル がスラっとしたブラックやホワイトを好む人もいます。 ミスカラーのトイプードル 血統書を発行する JKCでは、「トイプードルは単色が理想」としている為、2色以上が混ざったミスカラーの子はドッグショーにおいてはマイナス評価を受けます。 なのでドッグショーにはミスカラーの子はあまり出てきません。 一部で 「ミスカラーには血統書が発行されない」という内容を見ますが、ミスカラーでもJKCから血統書が発行されます。 遺伝疾患などの心配も必要ありません。 ただ、血統書のカラーの部分が特別な表記になるだけです。 トイプードルのカラーで 気をつけなければいけないのは「ブルーマール」や「ダップル」です。 これらのカラーは難聴や内臓などの先天疾患を抱えている可能性が高い為です。 トイプードルのミスカラーはベース以外の色 白が多い が胸元や足先に500円玉以上の大きさのポイントカラーが入っている子。 または国内では珍しいパーティーカラー 白ベースで耳に黒やブラウンが入っている の子です。 ミスカラーのトイプードルは、ドッグショーにおいては欠点となるので安くなることもありますが、逆に可愛く見えれば高く売るショップもあります。 健康上は問題ありませんが、繁殖をする場合はミスカラーの遺伝子が混ざる為、断られる傾向にあります。 トイプードルの毛色毎の特徴 ここからはトイプードルの毛色毎の特徴についてまとめました。 残念ながら「シルバーグレー」・「シャンパン」については特徴を見つけることが出来ませんでした。 ブラック• マズルが長くて原種に近い子が多い• 毛量が多い• 被毛は硬めの子が多い• 体臭がきつい傾向がある• 鼻・目の縁・唇・爪などは黒• 皮膚は青みがかっている• 退色し難いと言われている ホワイト• マズルが長くて原種に近い子が多い• 毛量は少ない子が多い• 体臭も少ない傾向• 同じホワイトでもそれぞれ色味が異なる• 目の縁や鼻などは黒い• 皮膚は暗めの色• 汚れが目立つので手入れが大変 ブルー• 希少カラー• 生まれてすぐは真っ黒• やや体臭は強い傾向• 艶のある被毛• 皮膚は青みがかっている グレー• 生まれてすぐは真っ黒• 毛が細く絡まりやすいので小まめなブラッシングが必要• 体臭は普通 シルバー• 最も美しい色が出るのは3歳前後 個体差あり• 体臭は少ない傾向• 生まれてすぐはブラックに近い• 小さい頃から鼻先やパッドが• 毛が細く絡まりやすいので小まめなブラッシングが必要 ブラウン• 唯一鼻やパッドがレバー 赤褐色 色• 退色するとカフェオレやクリーム系になる傾向• 汚れが目立ちにくいので手がかかり難い• 目元や鼻が薄く茶色がかった色 アプリコット• レッド同様人気のカラー• 退色するが元の色が薄いので退色前と後で差が出にくい• 毛が細く絡まりやすいので小まめなブラッシングが必要• 体臭は少ない傾向 レッド• 最近人気のカラー• 歴史が浅い• 2~3歳から退色が始まる• 最終的にはベージュに落ち着く子が多い• 汚れが目立ち難く手がかかり難い クリーム• 退色するとホワイトに近づく傾向• 体臭は少ない傾向• 顔周りや被毛の汚れが目立ちやすいので手がかかり易い シルバー・ベージュ• 生まれてすぐはブラウン• 生後1年かけて根本からベージュに変化 カフェオレ• 珍しいカラー• 目の周りや唇・鼻はレバー 赤褐色• 毛は根本と毛先が同一になり難い ベージュ• 元の色が薄いので退色の変化は少なめ• 体臭は普通• 被毛は細い傾向• 汚れが目立つので小まめなケアが必要 トイプードルの色が薄くなる 退色する のはなんで?• 子犬の時が一番濃い• 根本から色が薄くなって全体に広がる• どのカラーでも退色は免れない• 出産を期に一気に退色するケースもある• ドッグフードで予防・戻ることはない トイプードルの退色は遺伝子による影響で起きると言われていますが、 原因は解明されていません。 なので、ドッグフードやサプリメントで予防したり、元に戻すことはできません。 ちなみに、ブラックなどの濃い色だと頭から退色していき、班になる子もいます。 ホワイトでも退色するのでホワイトを長く楽しみたい方はクリームの子犬を選んでも良いかもしれませんね。 この辺りは両親の毛色や血統による部分なので「どういった感じに退色していくか?」というには一概には言えません。 退色が進むと「こんなはずじゃなかったのに…」という方もいます。 トイプードルの退色は 薄くなったり濃くなったりを繰り返しながら少しずつ色が薄くなります。 退色してきたと思っても、根本から濃い毛が生えていれば退色部分をカットすることでまたキレイなカラーで生えそろうこともあります。 トイプードルに多い退色の傾向• 「両親の毛色によっては退色し難い」という内容を見かけることがありますが、そもそも退色の原因が解明されていないので、信ぴょう性に欠けます。 上記はあくまで傾向として多いパターンをまとめましたが、退色に関しては個体差が大きく、必ず上記のようになるとは言えません。 トイプードルの退色はいつから始まる?• 早い子は生後半年から• 多いのは1~3歳頃 トイプードルの退色は早い子だと生後半年頃から始まる子もいます。 ほとんどの子は 1~3歳頃が最も変化します。 その後は緩やかになりますが、以降も退色は少しずつ進みます。 トイプードルの退色の予防法はない?• あまり日光に当てない• ドライヤーを当て過ぎない• シャンプーの頻度を減らす• 栄養が豊富なドッグフードをあげる ネット上には上記のような「トイプードルの退色対策」がまとめられていますが、あまり 効果は無いように思います。 もちろん上記のような原因で皮膚や被毛がダメージを受けて、それが原因で退色している子もいるかもしれません。 そういった子にとっては上記のような対策をとることで退色を遅らせることが出来るかもしれません。 ただ、何度も書きますがトイプードルの退色は遺伝要素が多いです。 退色があることが普通と考えた方が良いです。 退色しにくいトイプードルの選び方は?• 唯一期待出来そうなのは 「根本の色が濃い子を選ぶ」ことくらいでしょうか。 ただ、これに関してもその子の月齢によりますし、個体差もあります。 そして根本の毛が濃くても退色する子は退色します。 生後半年頃までに大人の毛に生え変わるのでそのタイミングで根本を見ると大人の毛色が見えることがあります。 「毛色が濃い方が退色しない」ということはありません。 その子の血統にもよりますが、毛色が濃い ブラックやブラウン 子は全体的に薄くなっていく子もいれば、まばらに退色して斑のようになる子もいます。 「退色し難い血統がある」というのは恐らくその可能性はあると思います。 退色しない子をブリードしようと努力しているブリーダーもいます。 ただ、原因がはっきりと分かっていないこともあり、現時点では退色しない子を見分けるのは難しいです。 鼻や肉球が黒い子は色素が濃いと言えますが、現時点では 色素の濃さと退色の関係性が分かっていません。 なのでどちらとは言えませんが、ブラウン以外は鼻や肉球が黒い子の方が良いブリードをされている裏付けになります。

次の

トイプードルのアプリコットについて

トイプードル退色

トイプードルの毛色 カラー 色の参考 ブラック ホワイト ブルー グレー シルバー ブラウン アプリコット レッド クリーム シルバー・ベージュ シルバー・グレー カフェオレ シャンパン ベージュ 実際には蛍光灯の色や太陽光の下など、見る環境や毛先や根本など、見る場所によって見え方は変わりますが、だいたいのイメージとしてご覧ください。 トイプードルで人気が高い毛色は? 国内ではレッド・アプリコット・ブラウンなど、 「茶系の色が人気」が高いです。 トイプードルが人気の理由にテディベアカットが挙げられるので、その影響も考えられますね。 もともとプードル種の原種がホワイトとブラックです。 なのでプードルという犬種が好きな人は、最近人気のドワーフタイプの茶系よりも、鼻 マズル がスラっとしたブラックやホワイトを好む人もいます。 ミスカラーのトイプードル 血統書を発行する JKCでは、「トイプードルは単色が理想」としている為、2色以上が混ざったミスカラーの子はドッグショーにおいてはマイナス評価を受けます。 なのでドッグショーにはミスカラーの子はあまり出てきません。 一部で 「ミスカラーには血統書が発行されない」という内容を見ますが、ミスカラーでもJKCから血統書が発行されます。 遺伝疾患などの心配も必要ありません。 ただ、血統書のカラーの部分が特別な表記になるだけです。 トイプードルのカラーで 気をつけなければいけないのは「ブルーマール」や「ダップル」です。 これらのカラーは難聴や内臓などの先天疾患を抱えている可能性が高い為です。 トイプードルのミスカラーはベース以外の色 白が多い が胸元や足先に500円玉以上の大きさのポイントカラーが入っている子。 または国内では珍しいパーティーカラー 白ベースで耳に黒やブラウンが入っている の子です。 ミスカラーのトイプードルは、ドッグショーにおいては欠点となるので安くなることもありますが、逆に可愛く見えれば高く売るショップもあります。 健康上は問題ありませんが、繁殖をする場合はミスカラーの遺伝子が混ざる為、断られる傾向にあります。 トイプードルの毛色毎の特徴 ここからはトイプードルの毛色毎の特徴についてまとめました。 残念ながら「シルバーグレー」・「シャンパン」については特徴を見つけることが出来ませんでした。 ブラック• マズルが長くて原種に近い子が多い• 毛量が多い• 被毛は硬めの子が多い• 体臭がきつい傾向がある• 鼻・目の縁・唇・爪などは黒• 皮膚は青みがかっている• 退色し難いと言われている ホワイト• マズルが長くて原種に近い子が多い• 毛量は少ない子が多い• 体臭も少ない傾向• 同じホワイトでもそれぞれ色味が異なる• 目の縁や鼻などは黒い• 皮膚は暗めの色• 汚れが目立つので手入れが大変 ブルー• 希少カラー• 生まれてすぐは真っ黒• やや体臭は強い傾向• 艶のある被毛• 皮膚は青みがかっている グレー• 生まれてすぐは真っ黒• 毛が細く絡まりやすいので小まめなブラッシングが必要• 体臭は普通 シルバー• 最も美しい色が出るのは3歳前後 個体差あり• 体臭は少ない傾向• 生まれてすぐはブラックに近い• 小さい頃から鼻先やパッドが• 毛が細く絡まりやすいので小まめなブラッシングが必要 ブラウン• 唯一鼻やパッドがレバー 赤褐色 色• 退色するとカフェオレやクリーム系になる傾向• 汚れが目立ちにくいので手がかかり難い• 目元や鼻が薄く茶色がかった色 アプリコット• レッド同様人気のカラー• 退色するが元の色が薄いので退色前と後で差が出にくい• 毛が細く絡まりやすいので小まめなブラッシングが必要• 体臭は少ない傾向 レッド• 最近人気のカラー• 歴史が浅い• 2~3歳から退色が始まる• 最終的にはベージュに落ち着く子が多い• 汚れが目立ち難く手がかかり難い クリーム• 退色するとホワイトに近づく傾向• 体臭は少ない傾向• 顔周りや被毛の汚れが目立ちやすいので手がかかり易い シルバー・ベージュ• 生まれてすぐはブラウン• 生後1年かけて根本からベージュに変化 カフェオレ• 珍しいカラー• 目の周りや唇・鼻はレバー 赤褐色• 毛は根本と毛先が同一になり難い ベージュ• 元の色が薄いので退色の変化は少なめ• 体臭は普通• 被毛は細い傾向• 汚れが目立つので小まめなケアが必要 トイプードルの色が薄くなる 退色する のはなんで?• 子犬の時が一番濃い• 根本から色が薄くなって全体に広がる• どのカラーでも退色は免れない• 出産を期に一気に退色するケースもある• ドッグフードで予防・戻ることはない トイプードルの退色は遺伝子による影響で起きると言われていますが、 原因は解明されていません。 なので、ドッグフードやサプリメントで予防したり、元に戻すことはできません。 ちなみに、ブラックなどの濃い色だと頭から退色していき、班になる子もいます。 ホワイトでも退色するのでホワイトを長く楽しみたい方はクリームの子犬を選んでも良いかもしれませんね。 この辺りは両親の毛色や血統による部分なので「どういった感じに退色していくか?」というには一概には言えません。 退色が進むと「こんなはずじゃなかったのに…」という方もいます。 トイプードルの退色は 薄くなったり濃くなったりを繰り返しながら少しずつ色が薄くなります。 退色してきたと思っても、根本から濃い毛が生えていれば退色部分をカットすることでまたキレイなカラーで生えそろうこともあります。 トイプードルに多い退色の傾向• 「両親の毛色によっては退色し難い」という内容を見かけることがありますが、そもそも退色の原因が解明されていないので、信ぴょう性に欠けます。 上記はあくまで傾向として多いパターンをまとめましたが、退色に関しては個体差が大きく、必ず上記のようになるとは言えません。 トイプードルの退色はいつから始まる?• 早い子は生後半年から• 多いのは1~3歳頃 トイプードルの退色は早い子だと生後半年頃から始まる子もいます。 ほとんどの子は 1~3歳頃が最も変化します。 その後は緩やかになりますが、以降も退色は少しずつ進みます。 トイプードルの退色の予防法はない?• あまり日光に当てない• ドライヤーを当て過ぎない• シャンプーの頻度を減らす• 栄養が豊富なドッグフードをあげる ネット上には上記のような「トイプードルの退色対策」がまとめられていますが、あまり 効果は無いように思います。 もちろん上記のような原因で皮膚や被毛がダメージを受けて、それが原因で退色している子もいるかもしれません。 そういった子にとっては上記のような対策をとることで退色を遅らせることが出来るかもしれません。 ただ、何度も書きますがトイプードルの退色は遺伝要素が多いです。 退色があることが普通と考えた方が良いです。 退色しにくいトイプードルの選び方は?• 唯一期待出来そうなのは 「根本の色が濃い子を選ぶ」ことくらいでしょうか。 ただ、これに関してもその子の月齢によりますし、個体差もあります。 そして根本の毛が濃くても退色する子は退色します。 生後半年頃までに大人の毛に生え変わるのでそのタイミングで根本を見ると大人の毛色が見えることがあります。 「毛色が濃い方が退色しない」ということはありません。 その子の血統にもよりますが、毛色が濃い ブラックやブラウン 子は全体的に薄くなっていく子もいれば、まばらに退色して斑のようになる子もいます。 「退色し難い血統がある」というのは恐らくその可能性はあると思います。 退色しない子をブリードしようと努力しているブリーダーもいます。 ただ、原因がはっきりと分かっていないこともあり、現時点では退色しない子を見分けるのは難しいです。 鼻や肉球が黒い子は色素が濃いと言えますが、現時点では 色素の濃さと退色の関係性が分かっていません。 なのでどちらとは言えませんが、ブラウン以外は鼻や肉球が黒い子の方が良いブリードをされている裏付けになります。

次の