ステビア。 ステビア Stevia rebaudiana Hemsl (キク科) 今月の薬草 社団法人日本薬学会

ステビア Stevia rebaudiana Hemsl (キク科) 今月の薬草 社団法人日本薬学会

ステビア

砂糖の300倍甘いと言われているステビアの安全性とハーブとしての効果を紹介します。 ステビアの植物としての特徴やダイエットに嬉しい効果を紹介します。 ステビアは危険な植物といわれることがあります。 日本での基準と海外でのステビアの取り扱いをそれぞれ解説し、ステビアを摂取するのに気をつけるべき注意点を紹介します。 ダイエットや虫歯予防にステビアは効果・効能があるといわれていますのでそれぞれ解説します。 また、ステビアは自宅でハーブとして栽培することもできる植物となっていますのでステビアの栽培方法を注意点とともに紹介します。 育てたステビアはもちろん自宅で甘味料として使う事ができます。 栽培したステビアの使い方を紹介します。 ステビアはキク科ステビア属の多年草となっています。 原産地は南アメリカです。 50cm~100cm位までの高さに生長し、夏~秋の季節、先端に小さくて白い花をたくさん咲かせます。 成長点を摘む事で横に大きく茂らせる事ができます。 寒さに弱いので日本で栽培する時には冬の扱い方がポイントとなります。 寒さ以外にはこれと言って弱点のない植物となっていますのでハーブを初めて育てる人にもおすすめの種類となっています。 主な利用としては砂糖の300倍の甘さがあるので甘味料として使われたり、食品の甘味として添加される場合が多くなっています。 原産地である南米の原住民は古くから医療用としても使われ、神聖な植物として崇拝の対象としている原住民族もありました。

次の

甘味料ステビアの危険性

ステビア

ステビアとは ステビアとは、南米原産のキク科の多年草です。 ステビオシドとレバウディオシドという甘味成分があることから、それらの抽出物を主に甘味料として使用しています。 甘さは砂糖の200〜300倍と言われていますが、カロリーはほとんどなく、植物由来の甘味料でもあるので糖質を控えたい人やダイエットしたい人にはおすすめできる糖類と言えます。 ただ、ステビアには独特の風味があるため、食品や飲料に使用される際は、それを緩和するために他に人工甘味料などと併用される場合があります。 ステビアの効能について ある研究チームがステビアの抽出末から試験を重ねた結果、ステビアには優れた抗酸化力があると学会誌に報告をあげました。 試験はステビアの葉と茎の混合物から得られた抽出液を発酵させた抽出末を凍結乾燥させて実験された結果です。 その結果ではステビアに含まれる複数の成分の中でカリウムの濃度が高くカリウムを含む優れた抗酸化効果が認められています。 そのほかステビアは動物実験から腸に吸収されず排出されると報告されていること、そして砂糖を使わなくとも少量で十分すぎるほどの甘味を出せることで、余分なカロリーを摂取せずにすむことから、肥満防止などダイエットに効果的であり、肥満を防止することで様々な生活習慣病の予防に効果があると言われます。 また甘味はあっても砂糖のように虫歯菌の栄養になる糖は含まれていないので虫歯予防にも効果があると言われています。 またステビアの甘味成分であるステビオシドには血糖値を下げる作用があるとラットを使った臨床実験で報告されていることに加えて、インスリン抵抗性の改善の効能があるという報告があげられています。 ステビアの危険性 ステビアは、一般的には安全な甘味料であり、普通に摂取する量であれば問題はないとされています。 しかし、過去には発がん性があるとされたり、妊娠しづらくなるなどと言われていたこともありました。 ペルーの先住民は、避妊の目的でステビアを使用していましたが、後の様々な研究によりその効果はないということが明らかになっています。 ただ、過去に海外で、ステビアを摂取した子どものテストテロンと呼ばれる性ホルモンが減少したという報告や、ステビアは体内に蓄積しやすい物質のため、長期にわたる使用は望ましくないという指摘がなされていることも事実です。 このような状況があるためか、 海外では未だに食品へのステビアの添加を認めていない国もあります。 また、ステビアが妊娠中や授乳中の女性、子どもに対する安全性を示す十分なデータはないとされているので、気になるという方は摂取を控えた方が良いかもしれません。 ステビアの毒性 ステビアに含まれる成分であるステビオシドやレバウディオシドは、腸内で分解されるとステビオールを生成します。 この物質には遺伝毒性があると言われています。 また、ステビアは発がん性や催奇形性の可能性も示唆されていましたが、これらは安全性試験により、該当しないとされています。 ただ、過去には20代の女性がステビアが使用された清涼飲料水を飲んだところ、ステビアによるものとみられるアナフィラキシー反応を起こしたという報告もあるため、 キク科植物にアレルギーを持つ人は摂取を控えた方が良いかもしれません。 ステビアの使い方 ステビアは食品に甘味をつける甘味料として使われます。 近年砂糖などの代替甘味料として使われている甘味成分です。 甘味が高いことで高甘味度甘味料とも呼ばれ、その中の天然甘味料になります。 ステビアは砂糖に近い自然の甘味があるので清涼飲料水やフルーツ缶、乳飲料、ヨーグルトやゼリーなどに使われています。 また少量でも甘味を強くつけ、カロリーを低く抑えることができるので低カロリー食品やノンシュガー食品に利用されます。 ステビアの甘味は塩辛さを和らげてくれるので醤油や味噌、スモークサーモンやカラスミなどの魚介燻製品などに利用されるほか、酸味を和らげまろやかにしてくれるため甘酢らっきょう漬けや甘酢生姜などにも使われます。 虫歯になりにくい特性があるのでガムやキャンディーそして歯磨き粉などにも使われています。 ちなみに甘味料について説明を加えておくと、甘味料には砂糖のようにまろやかな甘味の低甘味度甘味料とステビアのように少量でも強い甘味をつけることができる高甘味度甘味料があります。 低甘味度甘味料はさらに糖類と糖アルコールという種類に分類され、糖類はさらに砂糖、ブドウ糖などのでんぷん由来の糖、そしてオリゴ糖や乳糖などのその他の糖類に分類されます。 糖アルコールは自然界にある成分を人工的に作ったものです。 たとえば大豆の油を分解して作ったグリセリンやぶどう糖を発酵させて作ったエリスリトール、でんぷんが酵素によって分解された還元あめなどがこの類になります。 高甘味度甘味料はステビアのように植物の葉や植物の根や茎などから抽出される天然甘味料と、スクラロースやサッカリン、アセスルファムカリウムなどといった合成原料から作られる合成甘味料に分類されます。 商品表示を理解するための知識の一つに甘味料の分類を知識に入れておくのもよいかもしれませんね。 使用されている食品 ステビアは、甘味料として菓子類やジュース、アイスクリームなど食品に甘さを付けたり、塩味を和らげるために漬物や醤油などに使用されたりしています。 少量の使用でしっかりとした甘みが感じられるのにもかかわらず、低カロリーであることから、ダイエット食品や健康飲料、糖尿病患者のメニューなどにも使用されています。 ステビアは、砂糖と比べて大変コストパフォーマンスの良い添加物ということで、幅広く色々な用途に使用されています。 tokyo-eiken. stevia. jstage. jst. jstage. jst. jstage. jst.

次の

ステビアという甘味料の危険性は?意外と凄い効果もあった!

ステビア

甘味料のステビアとは ステビアは植物由来の甘味料でお菓子やジュース、漬け物などにもよく使われています。 植物から抽出したものですから 天然の甘味料です。 この植物の名前も、ステビアといい南米原産のキク科ステビア属の多年草です。 古くから薬草として知られていました。 甘味成分としてステビオシド(ステビオサイド)やレバウディオサイドAと言った成分が含まれています。 その 甘さは砂糖の 200〜300倍と言われていますがカロリーはほとんどない ので、糖質を制限している人やダイエットをしている人におすすめです。 ただ、ステビアには渋みや苦味成分が含まれているため独特の風味が出てしまいます。 それを緩和するために砂糖や他の人工甘味料などと併せて使用されています。 ステビアを使用する商品• 甘味料(ステビア抽出物)• 甘味料(ステビア)• 甘味料(ステビアエキス)• 甘味料(ステビオシド)• 甘味料(レバウディオシド)• 甘味料(レバウディオシドサイド) マテ茶にもステビア? 原産地の1つであるパラグアイでは、マテ茶の味付けとして古くからステビアを使用しています。 これが、甘味料としてのはじまりだとか ! マテ茶のあの独特な甘みは、ステビアの甘さだったんです。 日本では1971年に商品化されて以来、砂糖の代わりとして使用されてきましたが比較的歴史の浅い甘味料でもあり、その 安全性については今でも議論が交わされています。 ステビアの危険性 まず初めに、ステビアの使用が禁止されている国や摂取量制限を設けている国があるということです。 理由は、古くから言われてきた危険性のためです。 では、一つづつ見ていきましよまう! ・性ホルモンへの影響・ ペルーの先住民は、避妊薬としてステビアを使用してきました。 後の研究によりその効果はないということが発表されましたが、動物実験では実際に妊娠率が低下したり、性ホルモンが減少したという報告があるのも事実です。 また、ステビアは体内に蓄積しやすいため、長期にわたる使用は望ましくないという指摘もありますし、 妊娠中や授乳中の女性、子どもに対する安全性を示すデータが乏しいとされています。 まだまだ解明されていない部分があるステビアなので、気になるという方は念のため摂取を控えた方が良いかもしれません。 ・発がん性・ 以前は発がん性があると疑われていましたが、その後さまざまな研究により 発がん性はないとされました。 それどころか現在では、京都薬科大学と京都府立医科大学の共同研究によって ステビアに癌を抑制する効果があると発表されました。 ・アレルギー・ ステビアはキク科の植物です。 キク科植物にアレルギーを持っている人は危険です。 実際に アナフィラキシー反応を起こした例もあります。 キクの花粉で鼻水が出たり目がかゆくなったことのある人は注意が必要です。 少しでも異常を感じたら直ぐに摂取を止めましょう。 アナフィラキシーについての詳細は、こちらの記事を参考になさってください。 スポンサードリンク ステビアの健康効果が意外と凄い! ・ガンの抑制・ 先程もお伝えしましたが、大学の研究によってステビアにガンを抑制する効果があると発表されました。 ・ダイエット効果・ ステビア(ステビオシド)は、腸内では吸収されません。 腸内細菌によってステビオールに分解されますが、吸収されずにそのまま排出されます。 体内で吸収しないので、カロリーがなくダイエット効果・肥満防止・生活習慣病予防にも効果があります。 また、血糖値が上昇しにくいことでステビアと一緒に摂取したものが、脂肪として蓄積されにくくなるという効果も期待できます。 糖尿病治療薬と併用すると副作用を起こす恐れがありますので、ステビアのハーブを摂り入れる場合はかかりつけの医師に相談してください。 ・美容効果(抗酸化作用)・ ハーブとしても活用できるステビアにはアンチエイジングの味方、 抗酸化成分が豊富に含まれています。 その量はなんと 緑茶の5倍〜7倍!老化の天敵である活性酸素の働きを抑えてくれ、細胞の衰えを防ぎ肌のたるみやシワなどを防ぐ効果があります。 さらに日焼けによるシミやそばかすなどを改善する美容効果も期待できるんです。 活性酸素については、こちらの記事を参考になさってください。 ・アレルギーの緩和・ ステビアにはアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果があります。 アレルギーの原因となるヒスタミンを解毒してくれるんです。 ステビアティー、もしくは他のハーブティーとブレンドして飲むのもおすすめです。 ヒスタミンを解毒する天然の素材は世界中でもステビアだけ だと言われていて、とても貴重な植物なんです。 ・2型糖尿病や動脈硬化を予防・ 昔からステビアは、血糖値を改善するためのハーブとして利用されていました。 ステビアに含まれる甘味成分「ステビオシド」には、血液中の糖分をエネルギーに変える働きをする インスリンの分泌を促す作用があって血糖値を下げる効果があります。 そのため、血糖値が高くて起こる2型糖尿病や動脈硬化、網膜症や腎症などの予防効果が期待できます。 ・血圧を下げる・ ステビアに含まれる甘味成分「ステビオシド」には、血圧を下げる効能もあるということが発表されています。 ステビオシドは甘味料ですので糖分の摂取を抑えながら血糖値を下げ、さらには血圧までも下げられるわけですから糖尿病及び高血圧を合併している人には朗報です。 まだ詳しく解明されていませんが、今後の展開に期待します。 ・抗菌、抗ウイルス作用・ ステビアには 選択的殺菌作用があると、東北大学農学部の研究で判明しました。 選択的殺菌作用とは、必要な菌は残して不要な菌だけ殺菌するというもので、ステビアは「O-157」や「サルモネラ」「黄色ブドウ球菌」「腸炎ビブリオ」「セレウス」「エルシニア」など食中毒の原因となる菌を殺菌し、 乳酸菌やビフィズス菌等の有用菌は殺菌しない という優れものなんです。 他にも、「エイズ・ウイルス」「肝炎ウイルス」「ロタウィルス」「テング熱」「オーエスキー」「鳥インフルエンザウィルス」の抑制や、「ヘリコバクター・ピロリ菌」の殺菌なども他の研究機関から報告されています。 まとめ 全てが解明されていないステビアですから、危険性を指摘されることも。 しかし甘味料として摂取する量はごくわずかですから、私は問題ないと思います。 ただし、アレルギーは別ですよ。 健康効果についても同じことが言えると思います。 甘味料として摂取するのは微量ですから悪くもなければ、良い効果も現れないのではないでしょうか? 甘味料ではなく、ハーブティーなどで大量に摂取した場合に、それらの影響が現れるのではないでしょうか。 今日のおさらい ステビアはステビアという植物由来の天然甘味料 ステビアはキク科ステビア属のハーブ 甘さは砂糖の200〜300倍でカロリーはほとんどない マテ茶の味付けとして古くから使われていたのが甘味料としてのはじまり ステビアの使用が禁止されている国や摂取量制限を設けている国もある キク科植物にアレルギーを持っている人は危険 甘味料として摂取する量は微量であるため危険性はない 妊娠中や授乳中の女性、子どもは念のため控えた方が良いかも 健康効果を求めるならハーブでの摂取をおすすめ 今日はステビアについて疑われる危険性や素晴らしい健康効果について見てきましたが、いかがでしたでしょうか? ステビアに限ったことではありませんが食品添加物や薬品、自然の作物だってそうです。 過剰に摂取すれば安全なものも毒になります。 微量であれば毒でも体に影響は及ばないし、薬としても使えるんです。 ステビアの研究は世界各国で続けられています。 甘味料としてだけではなく、医療現場や農業・畜産・水産・環境問題まで幅広く活躍が期待される食品です。 今後の研究が進み、ステビアの全てが解明される日が待ち遠しいです。

次の