あまりにも素敵な夜だから 歌詞 和訳。 [Alexandros] あまりにも素敵な夜だから 歌詞

Zedd & Katy Perry「365(スリー・シックス・ファイブ)」和訳&歌詞の意味とは?

あまりにも素敵な夜だから 歌詞 和訳

ザ・モンキーズ(The Monkees)の記事です。 モンキーズと言うと、単なるアイドル・グループだと思う人も多いと思います。 オーディションによって集められ、作られたグループということでポップ・グループとしては過小に評価されていることもあると思います。 もちろんアイドル・グループとして、モンキーズのメンバーが備えていたフレンドリーな魅力は他に類がないほど優れています。 しかし、それだけではなく、彼らの数々の楽曲は本当に優れたものが多いのです。 モンキーズは当時のアメリカ音楽業界の才能が結集したアメリカン・ポップスの一大プロジェクトでした。 このプロジェクトには青春というものの輝きが満ちていました。 それがモンキーズ体験とも言うべき強い共感を多くの人の心に残したのです。 今日は彼らの優れた楽曲の一例として「灰色の影」(Shades Of Gray)を紹介します。 イーディ・ゴーメの「恋はボサノヴァ」やドリフターズの「オン・ブロードウェイ」、ロネッツの「ウォーキング・イン・ザ・レイン」など数々のヒット曲を作ったバリー・マン(Barry Mann)とシンシア・ウェイル(Cynthia Weil)の作品です。 とてもメロディアスであるとともに、歌詞の深さが印象的な名曲です。 こんなに素敵な楽曲が他にもたくさんモンキーズに提供されたのですから、それらを聴き逃すのはアメリカン・ポップス・ファンの道に反します。 モンキーズがテレビの音楽バラエティ番組で活躍していた頃、1965年から1970年はアメリカにとってはベトナム戦争が泥沼した混迷の時代でした。 過去の明確な正義が疑われた頃です。 「灰色の影」はそうした社会の善悪や真実が不明確となった時代の心象を詩的に歌っています。

次の

灰色の影 [歌詞和訳」ザ・モンキーズ:The Monkees

あまりにも素敵な夜だから 歌詞 和訳

曲のタイトルは、365日となっており、MVのロボットを見るとちょうど1年(365日)で実験?が終焉を迎えたことが分かりますよね。 これは想像に過ぎませんが、全体を通して描かれているのは、ロボットが彼女のようになると予測された近未来で、「実際にロボットが人間相手に正常に機能するか」をテストしている様子なのでは?という印象を受けました。 最終的にケイティ・ペリー演じるロボットには感情すら芽生え、ZEDDに深く依存していきますが、 その感情(愛情)が強すぎたためか機能障害を起こしてしまいます。 それに対して、人間のZEDDは「特になんにも感じなかった。 」という意思表示をしているように、 ロボットの彼女に深い感情を抱くに至らなかったというのが今回の結末かなと思います。 つまり、ロボットが彼女として本当に上手く機能し始めるためには、まだまだ技術的にも試行錯誤の途中。 その進歩の過程がこのMVで描かれているのでしょう。 実際に最後の描写で他のロボットが次の実験に使われるのを待っているような映像もありますよね。 歌詞にあてはめて考えて、この曲がロボットの心情を歌っていると考えるならば、 この実験は ロボットの片想いで終わった。 少しさみしい気もしますが、そう考えるのが自然ではないでしょうか。 スポンサーリンク おまけ その他、最後に歌詞に登場する英語表現を以下に2つご紹介いたします。 この表現は、24時間、そして7日間。 つまり四六時中を意味する英語となっています。 翻訳では、「四六時中」という訳を載せています。 もう一つは、365。 今回の曲であれば、いつもあなたのことを考えているを強調する意味で、「365日間ずっとだよ。 」と歌われていますね。 終わりに いかがだったでしょうか。 今回は、Katy PerryとZEDDがタイアップした一曲、「365」という曲について、その和訳と歌詞の意味を考察してみました。 ツアーの後に色々調整した後、一緒に仕事ができて『365』が具体化しはじめました。 ようやく形になった時に、この曲は特別なものになったことがわかったんです。 ケイティがこの曲で表現しているが大好き。 ツアーの隙間時間に、一緒に音楽を作り始めたんです。 その産物が、この新曲。 アーティストとしてとても才能があり、人としても地に足がついているゼッドとコラボができて嬉しいです」 とコメントしているそうです。 双方のファンからすでに大きな反響を呼んでいるこの「365」。 クセになるキャッチーなサウンドに、お互いの不思議な世界観がマッチした素敵な一曲ですね!.

次の

[ALEXANDROS]あまりにも素敵な夜だから

あまりにも素敵な夜だから 歌詞 和訳

「 1090~Thousand Dreams~」の歌詞 I had just stepped out of my high school shoes, wondering what a guy like me is suppose to do. When the hustle and the bustle of the status quo, all the beggars seem to knock at my door. We have to go, ONE-O-NINE-O. Hanging it at the guitar shop, seem to lick the quick. Well, a spoonful of that, if even only I had to make a single impression. When we rock in the place, now which will you choose? もとの英語歌詞が違う可能性もあるので悪しからず この曲はずっと松本さんがほしかったギター「 ストラトキャスター 1954 Tobbaco Brown Sunburst 」を松本さんが買ったときのシリアルナンバー「 1090」に由来しています。 このギターです。 音楽をする喜びを曲にしているんですね。 歌詞にもその内容が反映されていて、いい感じです。 しかし兄が借りてきたブレイクスルーのギターは泣いているをきいてこんなに素敵なバラードを歌うのか!とはまりました。 昔は浦和市文化センター(元さいたま市文化センター)の2000人ぐらいのところでコンサートをやっておりチケットもないのに見に行き出待ちしてました 笑 友達はバイクで追いかけて信号待ちの松本さんに微笑みかけてもらった、、。 それから10年間(ブラザーフッドまで)はファンだったのです社会人になりあまり聞かなくなってしまい、、。

次の