ヤングジャンプ 1990年代。 週刊ヤングジャンプ

週刊少年ジャンプ連載作品の一覧

ヤングジャンプ 1990年代

滑稽な絵という意味での「漫画」は、平安時代の絵巻物・『鳥獣人物戯画(鳥獣戯画)』が日本最古であると言われている。 その後18世紀初頭には商品としての戯画が流通するようになり、19世紀には戯画的な浮世絵も生まれた。 1896年に日本で最初の連載漫画は、『團團珍聞』に連載された田口米作の『江の島鎌倉長短旅行』である。 1930年代には、講談社の『少年倶楽部』他の子供雑誌で連載された『のらくろ』『タンクタンクロー』『冒険ダン吉』などの子供向けの人気漫画が単行本化され、ベストセラーとなった。 1959年には、講談社から『少年マガジン』が、小学館から『少年サンデー』が、子供向けの週刊誌として登場する。 1962年には、講談社が週刊『少年マガジン』と月刊『なかよし』を発刊。 1968年には、集英社が週刊『少年ジャンプ』を創刊。 1977年、『週刊少年ジャンプ』と『週刊少年チャンピオン』は発行部数200万部、週刊少年誌の推定発行金額は500億円を突破した。 1980年『週刊ヤングマガジン』・『ビッグコミックスピリッツ』・『グッドコミック』などの青年向け漫画雑誌や、『ビッグコミックフォアレディ』など若い女性向けのレディースコミック誌(レディコミ)が登場。 1984年、ついに漫画雑誌の総発行部数が10億部、単行本の販売金額が1000億円の大台を突破した。 1995年に日本の漫画の売り上げはピークに達した。 時代の変化に合わせて取り扱う漫画のジャンルも拡大し、発刊される雑誌も大幅に増えた。

次の

ヤングジャンプ 2020 No.33&34合併号

ヤングジャンプ 1990年代

作者、タイトルともに不明の漫画を知りたくて質問させていただきます。 90年代中頃に、たぶんヤングジャンプで(プレイボーイの可能性も・・・)連載していた漫画がなんだか心に残っています。 当時私は小学生で、漫画が好きだったので、兄の少年ジャンプや、父のヤングジャンプ、プレイボーイなどもたまに勝手に読んでいました。 ヤングジャンプで、絵がかわいいなと思った漫画があったのですが 内容が結構過激で小学生の私には恥ずかしく、 あまりきちんと読まなかったのですが、最近急に思い出して ちょっと読んでみたいなと思ったのです。 絵の特徴としましては 女の子も男の子も、目がかなり黒目勝ちで、大きな目。 顎が小さく(口も小さい)とがった輪郭が特徴的な絵でした。 体はみんなスレンダー。 女の子は胸がすごい大きかったかと。 そのときの漫画の内容で覚えているのは 主人公はたぶん女の子。 で、すごく美少女。 高校生。 黒髪ストレート、前髪ぱっつんだったかと。 でも、心は男の子なのかな? 女の子が好きだったようなきがします。 あんまり口数が多くない子のようでした。 その連載が長かったのか、それとも 短編の連載をずっと続けていたのかは分かりませんが その後もよく、その人の連載はあったように記憶しています。 なので、その頃のヤンマガを呼んでらした方には 有名な漫画家さんじゃないかと思うんです。 情報が少なすぎで、大変申し訳ないです。 このときの漫画が読みたい!というよりは、 この漫画家さんの漫画を読んでみたいので、 思いあたる作品がなくても、絵の特徴などから 思い当たる漫画家さんがいらっしゃいましたら 教えていただけると幸いです。 A ベストアンサー 「変」のラストはNo. 1さんの書かれている通り、なんとなく釈然としない「変」な最終回ですが、実はその続編に「HEN 全8巻 」というのがあります。 序盤は、吉田さんと山田さんの女同士が主人公の話ですが、途中から鈴木君と佐藤君が登場し、2組の話が並行しながら絡んでいきます。 佐藤君が女であるかどうかは最後まで明言されませんが、鈴木君が結婚の承諾を得に行った時の佐藤君の両親の反応や、気を失った佐藤君の下半身を保健室で見てしまった後の奥君の言動など、限りなくそれを匂わせる展開が続きます。 「HEN」のラストは数年後のシーンで、漫画家になった奥君が2人の事を考えながら歩いていると、鈴木君と佐藤君にそっくりな子供達が後ろから駆けてきて追い抜きます。 鈴木君そっくりの子が佐藤君そっくりの子にキスを迫り、佐藤君そっくりの子が「兄弟なのに!」と叫びながら逃げていくところで終わっています。

次の

週刊ヤングジャンプ

ヤングジャンプ 1990年代

MVは本日2020年4月9日(木)、NeontetraのYouTubeで公開いたしました。 Neontetraの二人は、共に受験を経験しており、早稲田大学に合格。 受験時の苦しみ、葛藤、歓びなど、自身の体験談などを歌詞にし、受験生に寄り添い、合格を祈願する応援ソングに仕上がりました。 今回のMVでは、アイドルグループ「Mystear」のメンバー、そして「 ヤングジャンプ」表紙のモデルとしても活躍する「 宮崎あみさ」さんが受験生役で出演。 満開の桜をバックに、悩みながらも前に進んでいく姿を演じています。 MVは本日よりNeontetraのYouTubeで公開しております。 ぜひご覧ください。 MV「Step by Step ~合格祈願~」ストーリー 桜が満開の春、無事、大学に合格することができた高校3年生・あみさ。 しかし振り返ってみると、合格までの長い道のりの中で、成績が伸び悩み、友人と比較して落ち込み、あきらめそうになるなど、多くの苦悩と葛藤の日々がありました。 楽曲の歌詞にある「届かない夢はないと 信じた先には 桜は咲くよ」。 その言葉を胸に、自身の大きな目標・夢に向かって、必死に戦っていく姿を表現しております。 受験生応援ソングとのことで、私も高校受験を経験しているので、歌詞にとても共感しました。 悩んだり、落ち込んだり、でも前を向いて頑張ろうとする受験生の気持ちを表現してみました。 勉強を頑張る受験生の皆さんの背中を押せるといいな、と思っています。 成績が伸び悩み、友人をうらやましく思うなど、多くの葛藤がありました。 宮崎あみさ プロフィール 10月28日生まれ、17歳の高校3年生。 アイドルグループ「Mystear」メンバー、モデル。 2020年4月9日発売の「ヤングジャンプ」19号・次世代制服美少女発掘オーディション「制コレ'20」最終メンバーとして、表紙などに登場。 2020年は活動の幅を広げており、大躍進が予想されるモデル。 早稲田大学の軽音サークルに所属していたVo. セイカとBa. ヒデユキを中心に結成。 2014年に「ネオンのおと」を全国リリース。 楽曲は、テレビやラジオなどの主題歌に起用されている。 2019年には4thミニアルバム「BLEND」を発売し、全国6都市ツアーを開催した。 そのPVは、太宰府市後援のもと、太宰府天満宮や坂本八幡宮など約11か所の太宰府市の名所で撮影。 太宰府出身の広瀬香美さんにゲスト出演頂くなど、音楽で地域へ貢献活動を活発に進めている。 本楽曲「Step by Step ~合格祈願~」も、「学問の神様」として有名な太宰府に縁があるアーティストの立場から、企画・制作を行った。 Office La Mer 概要 Office La Mer(オフィス ラメール)は、(公社)日本パブリックリレーションズ協会認定の「PRプランナー」資格を持つPRのプロらが2019年に設立。 アーティストやクリエイターなどのPR活動・ブランディング支援や、他社との契約に関するリーガルアドバイスなどを行い、アーティストらが自身の活動に専念できるようサポートしている。 音楽レーベル「La Mer(ラメール)」を傘下にもち、CDの制作・デザイン・全国流通・PR活動まで、幅広く支援している。 ・名称:Office La Mer(株式会社東京ビジネスサービス内) ・住所:〒東京都中央区日本橋浜町1丁目10-3 ・事業内容:アーティストやクリエイターのPR活動、ブランディング支援、リーガルアドバイス など ・URL:.

次の