バサラ 意味。 BASARA(バサラ)のネタバレ解説まとめ (3/5)

バサラ祭りとは

バサラ 意味

概要 1990年9月から1998年6月まで「別冊少女コミック」にて連載される。 単行本は全27巻(外伝を含む)。 1993年に平成4年度(第38回)小学館漫画賞を受賞した。 1998年にテレビアニメ化した。 文明崩壊後の日本を舞台にした架空戦記であり、本来少年漫画のジャンルであるところを、少女漫画らしいラブストーリーを絡めて描かれている。 あらすじ・ストーリー 20世紀末、高名な予言者の予言のとおり地球は崩壊し、文明は衰退した。 それから300年後、戦国の世の中になりその中で豪傑だった悪路王が日本を支配する。 それから時がたち悪路王から15代目の鬱金王の時代だった。 山陰地方にある白虎の村という小さな村にて双子の男の子と女の子が誕生する。 預言者であり医者である「ナギ」はその子供に「やがて日本を救う運命の子供である」と予言した。 15年たち、運命の子供タタラとその双子の妹更紗は白虎の村にて平和に暮らしていた。 ところが西日本を統治する鬱金王の末子「赤の王」が率いる「赤の軍勢」が白虎の村を壊滅状態にし、更紗の父と「運命の子供」タタラは殺されてしまう。 タタラに心酔していた村人たちはこの場で死ぬことも考えたが、それを見た更紗は髪を切り兄のタタラのふりをして村人たちを逃がすことに成功する。 それから以降、更紗はタタラのふりをして過ごすことになる。 兄から受け継いだものは兄の愛馬である「夜刀」と白虎の村の守護刀である「白虎の刀」であった。 白虎の刀は4本ある宝刀のうちの1つであり、残りの3つの宝刀の継承者を見つけるために更紗は時にタタラとして、時に更紗として旅に出ることになる。 更紗はその旅の中で多くの仲間と出会う。 普段は旅人であり旅芸人集団「マダム・バタフライ」の一芸人である「揚羽」。 九州では「朱雀の刀」の継承者である「ハヤト」、関東では「青竜の刀」の継承者「雷蔵」、東北では「玄武の刀」の継承者「多聞」。 そのほか、海賊の「茶々」「座木」、熊野の大神殿の息子「那智」、那智の幼なじみである「聖」が仲間になり、タタラの軍は勢力を増していく。 その中で、更紗は旅先で偶然出会う男と恋に落ちる。 いつも見事な馬をつれた「朱理」と言う男だった。 だが朱理には更紗に話していないことがある。 朱理は白虎の村を襲った張本人である「赤の王」その人だったのだ。 朱理もまた生まれたときに、王家に災いをもたらす「運命の子供」と位置づけられ奴隷の烙印を背中に押され、辺境の地である西日本に追いやられていたのだった。 朱理は砂漠の地である西日本の緑化計画を進め、赤の国の主要都市である蘇芳の都の発展に従事していた。 しかしその方法は荒いものであり、一部で反感を買うものも多くいるのも確かだった。 その上、タタラにより右腕である「四道」や「錵山」を失い、朱理は一時、都を追われることになる。 多くの仲間を連れ更紗はタタラとしての職務を全うし、また、朱理も復帰した蘇芳の都にてタタラを迎え撃つ。 タタラ軍は籠城している赤の王を炙り出すため蘇芳の都の水を枯らせた。 しかし赤の軍はその空になった地下水路を逆手に取り、通路として利用してタタラ軍の背後に回り込みタタラ軍を追い払うことに成功した。 タタラ軍は都を崩壊させたと都の人たちからの怒りを買ってしまい、更紗は深く傷ついてしまう。 そしてまた朱理も、自分が作り上げた都を壊され深く傷ついてしまう。 そして呆然とした二人は嵐の砂漠の中で出会い、なぜここにいるのか聞かないまま愛し合う。 その次の日、嘘のように力の抜けた朱理と更紗は初めて刀を合わせることになる。 そのとき二人はやっと朱理が赤の王であり、更紗がタタラであることを知る。 失恋の痛みから更紗はタタラとして演じることができなくなるほど、心にダメージを加えられていた。 そんな更紗を救ったのは、北の大地で再会した更紗とタタラの母である「千草」だった。 赤の王を愛してしまったら、タタラとして戦えないと思っていた更紗に、母は「私怨のために動くのがタタラの働きなのか」と問う。 そして母はすべてを許し、更紗は本来の明るさを取り戻していく。 一方、朱理は憎むべき相手が愛する更紗だったことで、自害をしようとしていた。 しかしそれを救ったのは、朱理の兄で蒼の王である「浅葱」だった。 浅葱はタタラの仲間としてうまく取り入り、朱理と浅葱の姉である「白の王」のスパイとして動いていた。 朱理は浅葱に奴隷として売られ、自分の愚かさを自覚していく。 更紗は仲間に朱理との関係を黙っていたこと、タタラは既に死んでおり、自分がタタラのふりをしていたことを謝罪し、仲間の元に帰っていく。 そして朱理も彼の右腕として動いていた四道や錵山を失ったあと、沖縄で出会い何でも言い合える相手として必要不可欠になっていた「今帰仁」や「ユウナ」の元へ帰っていった。 そして朱理は京の都にて自分の父である鬱金王に引退勧告をする。 もう王家の権力や威厳は無くなっていたからだ。 しかし鬱金王はそれを拒否し、今なお朱理を「奴隷」だと罵った。 タタラ軍が京に襲ってくる事実を受け入れようとしない鬱金王に、朱理は蜃気楼の壁を作り力を見せつける。 そして王家の力は、朱理に託されたように見えた。 襲ってくるタタラ軍に、王家に擦り寄り寺院や貴族から財産を搾り取り、赤の軍は豪華な装飾の入った鎧や武器を持ってきた。 そして朱理は白の王「銀子」の忠実な部下であり、最強の暗殺者と言われている「柊」をつれてきた。 そしてタタラ軍に戦いを挑むように見えた。 しかしそれは朱理の策略だった。 戦いのためと言って持ってきた豪華な武器や鎧は、新しい世代には不要なものであると思っていた。 そしてその中でもっとも不必要なもの、それは「柊」だった。 新しい時代には暗殺者などという血生臭いものは不要だという。 そのときやっと朱理と更紗がお互いの憎しみや私怨のためだけに戦うのではなく、「王家」を滅亡させ「新しい時代」を築くために戦っていることをその場にいた兵士や仲間たちは知ることとなる。 そして柊は朱理の片腕を落とし、崖から落ちる。 やっと朱理と更紗たちは「王家を滅亡させるため」という目標のために、手を組むことを了承する。 そして王の城がある京へ向かっていた。 しかしその途中、王家の兵士がその軍勢に襲いかかる。 朱理と更紗は王家に反逆する罪人としてとらえられようとしていたのだ。 そして次の王家が決まったというニュースを知らされる。 次の王は朱理の兄であり「蒼の王」であった「浅葱」だった。 更紗は浅葱の本心を知るために王の城へ潜り込む。 その後を朱理も追う。 もぬけの殻になっていた王の城の中で、浅葱は朱理と更紗に本心を語る。 「朱理のように潔い王家の終わり方は、王家としてふさわしくない。 王家は悪の権化として憎まれて終わるのがふさわしい。 」 そう浅葱は語り、王家を守ろうとしていた手負いの「柊」に刀を向ける。 その間、朱理と更紗は鬱金王と対峙していた。 鬱金王は自分の権力の保持のことしか考えていないちっぽけな男であり、国民のことなど一切考えていなかった。 朱理と更紗はこんな男を殺すのも惜しいと、城から逃がす。 そのときだった。 城の地下にて、銀子が城を崩壊させる仕掛けを発動させていた。 命からがら朱理と更紗、そして浅葱は城から脱出する。 しかしそれは時間稼ぎをしてくれた「揚羽」のおかげだった。 揚羽は城の地下に生き埋めになり、更紗は号泣する。 こうして王家は滅亡した。 あとは、本来の目的である赤の王の討伐だった。 白虎の村を崩壊させ、兄であるタタラを殺し、父を殺し、村人を殺し、更紗にタタラのふりをさせていた赤の王が目の前にいる。 自分の右腕であり腹心である四道を殺し、錵山を自決させ、蘇芳の都の水を枯らせたタタラが目の前にいる。 刀を持ちお互いに振りかざしたが、それは叶わなかった。 刀を捨て、お互いに抱きしめ会う二人の姿があった。 更紗はもうタタラを演じることはできなかった。 朱理ももう赤の王として振る舞うことができなかった。 そこにいたのはただの愛し合う男と女だった。 そのとき一部にしか知られていなかった、タタラが更紗という女の子であったことや、朱理と愛し合っていたことをみんなが知るようになり、「裏切られた」と二人に矢を放つ。 しかし矢は地に落ちた。 そしてその周りには、更紗が今まで出会ってきた仲間が壁になる。 憎しみは続かない。 しかし、二人を攻めることは許さない。 もしも騙していた罪を問うなら、仲間たちが相手になると。 こうして戦いを繰り返していたタタラと赤の王はもうどこにもいなくなった。 朱理と更紗は手を取り旅に出る。 「誰も殺されない世界」を作るために。

次の

三菱レイヨン BASSARA P(フェニックス)(1/5)|マーク金井の試打インプレッション|GDO ゴルフギア情報

バサラ 意味

車名 由来・意味 「180」はデビュー当初搭載されたCA18DET型エンジンの排気量 1809cc に由来する。 「SX」は日産の輸出用ミドルサイズ・スポーティークーペに対するネーミングである。 180SXの北米を含む日本国外輸出仕様車。 搭載されるL20型エンジンの排気量 1952cc に由来する。 北米における1~3代目は200SXの名称で販売され、4,5代目は240SXの名称で販売された。 180SXの北米仕様車。 北米における1~3代目は200SXの名称で販売され、4,5代目は240SXの名称で販売された。 搭載されるL24型エンジンの排気量 2393cc に由来する。 搭載されるL28型エンジンの排気量 2753cc に由来する。 搭載されるVQ35DE型エンジンの排気量 3498cc に由来する。 搭載されるVQ37VHR型エンジンの排気量 3696cc に由来する。 アトラスはギリシャ神話の「地球を双肩に担ぐ大力無双の巨人」の名前。 この名前を付けることで「力強さ」「たくましさ」を表現した。 アベニールはフランス語で「将来」、「未来」の意味。 「Salut」はフランス語で「やぁ! 」とか「こんにちは」を意味する。 「ブラスター Blastar 」は「突風」を意味する英語「Blast」と「人気者」を意味する「Star」を組み合わせた造語である。 英語のUltimate 究極の より由来。 「最高のセダン」というイメージを表現。 スペインの無敵艦隊の名前に由来。 「大粒のダイヤ」を意味するスペイン語の「アルメンドラ」 Almendra からの造語。 若々しさ、地中海の雰囲気などを表現したもの。 「infiniti」は無限を意味する。 綴りは英語の「infinity」ではなく、イタリア語式の「infiniti」である。 限りない発展の願いが込められた名称である。 Qは英語のCue きっかけ を、45は、排気量 4,500cc を表している。 イタリア語で「変化・多様性」を意味する「varieta」の造語。 オープンからクーペへ、自在に変化するという意味。 市街地からアウトドアまで、ライフエリアの大きな広がりをイメージさせる翼 WING と道 ROAD をあわせた造語。 英語で「熟練者」、「達人」の意味。 「仕事に熟練したプロフェッショナル」をイメージして命名。 天文学、原子物理学などの分野で使われている国際単位の一つで、10の18乗を意味する最大限の単位に由来する。 地球 Terrain からの造語。 activity、energy、excitementなイメージを表現。 「TRAIL」は、足跡、オフロード、荒れた道などを表わしている。 車体形状から、フランス語のescargot カタツムリ と、英語で積荷を意味するCargoを掛けたものである。 英語で「南の風」という意味である。 イタリア語「OTTIMO 最高 」からの造語。 全ての要素がコンパクトの中に、ベストバランスでパッケージされている商品特徴を表現したネーミング。 アジア・アフリカに生息する、カモシカの仲間であるガゼルに由来する。 初代KIXの意味 興奮や熱中 の他に英語圏のスラングで「靴」という意味もある。 なお、初代はKIXの名称が使われ、2世代目からKICKSに変更された。 軽快感をイメージさせ、「興奮」「熱中」の意味を持ち、「X」は「未知数」の意味。 乗る人すべてに軽快な走りとともに、刺激的な走りを提供したい、という思いを込めたネーミング。 なお、初代はKIXの名称が使われ、2世代目からKICKSに変更された。 西アジアの遊牧民族の名前に由来する。 「隊商」の意味。 英語で立方体の意味。 無駄がなくスペース効率が良い箱形のフォルムを持つクルマ。 体積・容積を表す「3乗 英語でキュービック 」の意味。 また、3列シート車であることも表現。 英語で「追求」、「探索」、「探求」を意味する。 「駿馬、俊足を誇る馬」を表わす英語が語源。 リオ RIO はスペイン語で「川」という意味で、リオのカーニバルというと楽しく前向きな印象がある事、シンプルで覚えやすい事から名付けられた。 「仲間」、「一団」、「搭乗員」の意味。 ラテン語で「栄光」の意味。 シーマはスペイン語で「頂上」、「完成」の意味。 「太陽がいっぱい」、「明るく快活で若々しい」の意味。 一般公募の中から「サニー」という車名を決めた。 カリフォルニア CALIFORNIA は、アメリカの地名から。 サニーをベースとし、アメリカンな雰囲気のワゴンタイプという意味で命名。 狩猟・探検などの「遠征旅行」の意味のスワヒリ語に由来する。 スペイン語で「頂上」、「完成」の意味。 「市民」の意味。 英語で「 アメリカンフットボールなどのスポーツでディフェンスを 軽快にかわす」の意味。 このクルマのもつ機敏さと、乗る人の仕事やプライベートで日々チャレンジする前向きさをイメージして命名。 フロント側「シルビア」の前側2文字「シル」を、リア側「180SX」の後ろ側4文字「エイティ」を合成した造語である。 元々は俗称だったが現在は商標登録されている。 ギリシャ神話に登場する、美しい清楚な乙女の名前に由来する。 そのイメージを新しい感覚でアレンジし、語源はラテン語で「森」を意味する。 4大精霊 土・水・火・風 のひとつである風 空気 の精を表わす英語の「SYLPH」からの造語。 「山並みと青空を区切る稜線」の意味。 GTは、グランド・ツーリング Grand Touring の略で、Rは、レース Race と、R380の2つの頭文字に由来する。 「クロスオーバー crossover 」には「融合」という意味があり、クーペとSUVの融合を意味する。 イタリア語で「部屋」という意味である。 グレード名のスプレモとはスペイン語で「最高」という意味であり、後にラフェスタハイウェイスターの特別仕様車で名が復活している。 「STAGE」に「Advance」の「A」を組み合わせた造語。 一歩進んだライフステージを提案する意味を込めた。 フランシス・ホジソン・バーネットの小説「小公子」の主人公、セドリックに由来する。 当時の川又克二社長が命名した。 スペイン語で「そよ風」、「地中海に春をもたらす西風」の意味。 「美しさ・遊び心」の意味を込めて命名。 スペイン語で「晴々とした」、「穏やかな」の意味。 快適で楽しい走りの世界のイメージして命名。 ギリシャ神話の巨人族の神。 「大きさ」「力強さ」をイメージ。 ネイティブ・アメリカンの言葉で、「夜明け」を意味する。 また、中国仕様車の漢字表記である「天籟」は、「大自然の息吹」「天からの声」を表す。 英語で「自然の調和」「時代の潮流」を意味する「TIDE タイド 」から発想した造語。 読み方は、沖縄方言で「太陽」を意味する「ティーダ」に由来する。 ラティオは行動の自由 裁量 を表す英語「Latitude」からの造語。 スペイン語で「理性」、「判断の正しさ」の意味。 新しい生活を感じさせる賢い選択のクルマであることを表現。 「楽しく、わくわくする毎日(DAYS)」をユーザーに提供できるように名付けられた。 ラテン語で「2つの性質を持つ」という意味。 また、英語の「DUAL デュアル 」からの造語で、乗る人に「ONとOFFのデュアルライフでの充実を提供したい」という意味も込められている。 ラテン語で「地球」を意味するTERRAと語感を強める接尾語NOの合成語。 「地球のすべての道を自由に駆け巡るクルマ」の意味。 毎日をリズミカルに楽しくする「NOTE 音符 」と、そんな毎日を記録しておく「NOTE ノート 」からイメージしたネーミング。 英語で「スミレ」の意味から。 従来のクルマの概念を超越した超小型電気自動車の意味。 中国語の包 パオ から由来し、モンゴルの遊牧民のゲル「組立式家屋」を意味する。 「ダイヤモンド」という意味を語源に持つ日本語の「バサラ」と、サンスクリット語の「ヴァジャラ 魔人を降伏させるダイヤモンドの意味 」から付けられた。 ダイヤモンドのように輝く存在感を表現して命名。 未知の土地への道 Path を見つける find 車という意味。 オフロードもオンロードも走り抜けるタフで融通の利く車のイメージ。 VANと「小さな、可愛い」の意の接尾語ETTEの合成語。 スペイン語で「晴々とした」、「穏やかな」の意味。 快適で楽しい走りの世界のイメージして命名。 パルス状の可視光線、電波、X線を発生する星・天体の総称に由来する。 「規則正しい周期で、パルス電波を発信している宇宙空間の小さな電波源」の意味。 セリエ SERIE はイタリア語で「シリーズ」という意味。 「S」は「スポーティ」「スペシャリティ」「スタイリッシュ」の、「RV」は「Recreational Vehicle レクリエーション・ビークル 」の頭文字から由来する。 パルサーセリエをベースに、ワゴンのスパイスを効かせ、遊び心あふれる雰囲気の車という意味を込めて命名。 デザイン開発ではA案、B-1案、B-2案、C案の4タイプが製作され、その中からB-1案が採用され、B-1をBe動詞化したものである。 童話作品の「ピノキオ」から名付けられた。 「ピノキオ」のように、長く愛され一緒に成長していける『友達』という意味を込めて命名。 多旋律の同時的な絡み合いを特徴とする、多声音楽の形式用語「フーガ Fuga 」および日本語の「風雅 ふうが 」に由来する。 複数の旋律を積み重ねた楽曲構成が、 「 音楽形式の フーガのような調和」と「上品で優美さ 風雅 」と「ダイナミックさ」を調和しているこの車にふさわしいという発想から命名。 モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」に登場する、機知に富んだ主人公の男性の名前にちなむ。 コンセプトは「日常の中の非日常」。 ブロードウェイミュージカルの「マイ・フェア・レディ」に感銘を受けた川又社長が、クルマにも洗練されてゆく美しさを求めた名前と言われている。 「FAIRLADY」は「貴婦人、美しいお嬢さん」を意味し、「Z」はアルファベットの最後の文字である事から「究極、未知への可能性と夢」を意味する。 「432」は「4バルブ・3キャブレター・2カムシャフト」の意味であり、搭載されるS20型エンジンの構造に由来する。 日産自動車とフォルクスワーゲンとの技術協力契約によって生まれた車。 サンタナは、「アメリカ合衆国カリフォルニア州南部から、ロサンゼルスにかけて吹く強い熱風」を意味する。 スペイン語でプラチナを意味する「Platino」からの造語。 エレガントさやモダンさというイメージを表現。 スペイン語で「第一級の」「最高級の」の意味。 UKは「United Kingdom」の略でイギリスを指す。 イギリスで製造され日本に逆輸入された「イギリス産のプリメーラ」の意味。 カミノはスペイン語で「道」の意味。 メーテルリンクの童話「青い鳥」にちなんで名付けられた。 また古来より欧米では、青い鳥は「幸せの青い鳥」として幸福の象徴とされていた。 当時の川又社長によって命名され、当初は「スノーバード ユキホオジロ 」と命名されるはずだったが、これがアメリカの俗語で「麻薬常習者」を意味していた為、改名せざるを得なかったと言う逸話がある。 シルフィは4大精霊 土・水・火・風 のひとつである風 空気 の精を表わす英語の「SYLPH」からの造語。 オーズィーは「オーストラリア」の事。 オーストラリアで製造され日本に逆輸入された「オーストラリア産のブルーバード」という意味。 「プレーリー」は「大草原」の意味。 「ジョイ」は「喜び」、「歓喜」の意味。 「リバティ」は英語で「自由」、「気まま」の意味。 家族や仲間とともに、自由気ままに行動できるクルマであることを表現。 フランス語で「予感」の意味。 英語で「大統領」「総裁」「頭取」「社長」「統率者」という意味。 日本の政治経済を動かす者が乗るのにふさわしい車といった意味を込めて命名された。 「J」は「Junior ジュニア 」の頭文字で、プレジデントの弟分 Junior という意味。 「S」は「Short wheel base ショートホイールベース 」の頭文字で、プレジデントよりも全長が短くショートホイールベースという意味。 プレジデントが法人向けで、後席を重視したモデルであるのに対し、「JS」は個人ユーザーを意識し、走行性能、ドライビングを重視したモデルである事を表している。 スペイン語で「宝石」や「かけがえのない大切なもの」を意味する。 社内の女性デザイナーが名付け親である。 グレード名は車名にちなんだ「Ct. カラット 」を使用していた。 ボディカラーも全て宝石の名前を冠していた。 かつてのプリンス自動車のトラック、ホーマーと英語の「my」の合成語である。 「私のホーマー」という意味で、ホーマーのルートバンを15人乗りのマイクロバスとした際に与えられた名称であった。 英語で、「行進曲」「行進」「3月」の意味。 軽快で躍動感と若々しいイメージを表現している。 一般公募の中から「マーチ」という車名を決めた。 BOXは英語で「箱」を指す。 マーチのショートワゴン風モデルという意味。 Microからの造語。 コンパクトでかわいらしいイメージ。 性能、装備ともに、充実した、小回りの利くシティーカーのイメージを表現。 マイクラは、マーチの欧州等での名称。 英語の「Maximum マキシマム 」の複数形で「Maxima」より。 「最大限」「最大数」等をさす言葉。 元々は、ブルーバードの北米輸出向け6気筒エンジン搭載車のシリーズ名だった。 また、さらに遡ればA10スタンザの最上級グレード名でもあった。 英語、仏語で「地中海沿岸に吹く風」という意味。 「ヨーロッパで生まれ、RV界に新風を巻き込む新しい車」をイメージして名付けられた。 イタリア・ヴェネツィア ベネチア、ベニス 沖近くにある小島の名前「ムラーノ島」に由来する。 同島は、国外へのヴェネツィアン・グラス技術漏洩防止の為、職人たちが集められた経緯がある。 「ムラーノグラス」の名産地として名高く、 この車が、歴史と伝統によって培われた美しいガラス工芸品に似た、芸術的で美しいシルエットを持っている事から連想された名前。 「ムラーノグラス」の「人間の五感に訴える美しさ」と「手作りの温かみ」は、ムラーノのコンセプトと共通している。 かわいらしく暖かな響きのある擬態語「モコモコ」からの造語。 丸みを帯びた愛くるしいスタイリングから命名。 旅の水先案内人を役をイメージした「羅針盤」からの造語。 フォルザはイタリア語で「力強いもの」を意味する。 英語「Latitude 行動の自由 裁量 」からの造語。 ラニアの名はブルーバードに敬意を払って命名されている。 イタリア語で「祝・休日」、「楽しいできごと」の意味。 家族や大切な人との楽しい時間を、このクルマで過ごして欲しいという思いを込めて命名。 「ハイウェイスター」はロックバンドディープ・パープルの楽曲「Highway Star」に由来する。 「スプレモ」はスペイン語で「最高の」を意味する。 「ラルゴ」とは音楽の速度記号のひとつであり、イタリア語で「幅広くゆるやかに」の意味。 ラングレーは太陽密度の放射エネルギーを示す単位名である。 単位名は航空学のラングレー博士の業績にちなんで付けられたものである。 英語で「葉」を意味する「leaf」が由来となっており、植物の葉が大気を浄化する事から車名に選ばれた。 活力溢れるアクティブなイメージを表現したもの。 英語で「自由」、「気まま」の意味。 家族や仲間とともに、自由気ままに行動できるクルマであることを表現。 リベルタはイタリア語で自由と独立を、ビラはイタリア語で別荘と公園と田舎の家を表している。 「ROOM」と「MAX」を掛け合わせた造語。 商品特徴であるゆとりある室内空間を表現。 ギリシャ・ローマ神話に登場する誕生の女神「LUCINO」にちなんだ造語。 「S」は「スポーティ」「スペシャリティ」「スタイリッシュ」の、「RV」は「Recreational Vehicle レクリエーション・ビークル 」の頭文字から由来する。 ルキノのハッチバックモデルをベースに、ワゴンのスパイスを効かせ、遊び心あふれる雰囲気の車という意味を込めて命名した。 「ルネッサンス Renaissance の造語で、「Run 走り 」、「Relax リラックス 」、「Recreation レクリエーション 」という意味を込めている。 英語で「豹」 ひょう の意味。 「TR-X トライエックス 」とはTechnologyの「T」、Romanの「R」、そして「未知 の走り 」を意味する「X」をつなぎ合わせたもの。 「月桂樹」、「月桂冠」の意味。 月桂樹はギリシャ神話の気品高き樹木で、月桂冠は名誉ある地位の象徴。 スピリットは英語で「精神」「心」という意味。 フロント側「180SX」の前側2文字「ワン」を、リア側「シルビア」の後ろ側2文字「ビア」を合成した造語である。 ただし、公式名称ではなく俗称にすぎない 対してシルエイティは、元々は俗称だったが現在は商標登録されている。 「前進した」、「進歩した」を意味するADVANCEDの略語。 「先進性」、「進歩性」を表現している。 VANは主に貨物を運搬する屋根付きの自動車である。 各国で違う意味で使われるが、箱型の貨物自動車という点では共通している。 MAX マックス は、英語で「最大」「最大限」「極限」という意味。 欧州車に見られるフルゴネット型商用車のように、後部に背高箱状荷室を取り付け、積載能力を更に高めた車という意味で命名。 「Grand Touring-Racing グランド・ツーリング・レーシング 」の略。 歴代「スカイラインGT-R」のDNAを受け継ぎながら、 日産のもてる最新・最高のテクノロジーを注ぎ込み、サーキットでの使用を主眼にして開発 メーカーチューン された、日本を代表するにふさわしい車という意味で命名した。 NTは「日産(Nissan)のトラック(Truck)」、100は「車両総重量1,000 kg クラス」を意味する。 クリッパーは「駿馬、俊足を誇る馬」を表わす英語が語源。 NTは「日産(Nissan)のトラック(Truck)」、450は「車両総重量4,500 kg クラス」を意味する。 アトラスはギリシャ神話の「地球を双肩に担ぐ大力無双の巨人」の名前。 この名前を付けることで「力強さ」「たくましさ」を表現した。 NVは「日産(Nissan)のバン(Van)」、100は「車両総重量1,000 kg クラス」を意味する。 クリッパーは「駿馬、俊足を誇る馬」を表わす英語が語源。 リオはスペイン語で「川」という意味で、 リオのカーニバルというと楽しく前向きな印象があること、シンプルで覚えやすいことか名付けられた。 NVは「日産(Nissan)のバン(Van)」、150は「車両総重量1,500 kg クラス」を意味する。 ADは「前進した」、「進歩した」を意味するADVANCEDの略語。 「先進性」、「進歩性」を表現している。 VANETTEはVANと「小さな、可愛い」の意の接尾語ETTEの合成語。 NVは「日産 Nissan のバン Van 」、350は「車両総重量3,500kgクラス」、キャラバンは「隊商」の意味。 NXの「N」はNEW 新しい を表し、「X」は未知数を表わしている。

次の

三菱ケミカル / ゴルフシャフト

バサラ 意味

バサラな武士たち 戦国時代もバサラな武士たちが活躍しますが、バサラな武士は南北朝時代に出現します。 その中でも、高師直・土岐頼遠・佐々木道誉がよく知られていますので、彼らのバサラをご紹介しましょう。 高師直 まずは、足利家執事の高師直。 師直の家来が、恩賞にもらった所領が小さい、何とかしてほしいと師直に嘆願すると、 「何を嘆くことがあるか。 その近辺の寺社本所領を勝手に切り取れ」と命じ、 罪を犯して、所領を没収されることになった武士が助けてほしいと頼んでくると、 「わしは知らん顔していよう。 幕府からどんな命令がでてもかまうものか。 そのまま座っておれ」と答えたといいます。 さらに、『太平記』の作者が「あさましき限り」と呆れさせたのは、 「もし王が必要ならば、木で造るか、金で鋳るかして、生きている院や国主は、何処へでも流してしまえ」と言い放ちました。 天皇・院・幕府といった従来の権威を徹底的に否定しようとしたのでした。 土岐頼遠 次に、土岐頼遠。 彼は北畠顕家との青野原の戦いで活躍した美濃の有力武士です。 土岐氏は、鎌倉時代に守護に任ぜられるような家格ではありませんでしたが、六波羅探題に奉仕し、北条氏とも婚姻関係にありました。 のちに色んな意味で歴史に名を残す「明智光秀」は土岐一族です。 上洛した頼遠が笠懸に出かけた帰り道、光厳上皇の行列に遭遇しました。 ともに出かけた二階堂行春は「下馬の礼」を取りますが、頼遠は馬を下りません。 上皇に随身する者たちが「院の御幸ですぞ」と声をあげると、「院というか、犬というか、犬ならば射落としてやる」と言って、院の車を取り囲み、犬追物のように犬を射かけさせたといいます。 その上、問題が大ごとになると幕府の許可なく勝手に美濃に引き上げます。 幕政を主導する直義は事件を重大視して、頼遠を呼び戻し、六条河原で斬首に処しました。 佐々木道誉 また、近江守護として室町幕府の政治に重きをなしたの佐々木道誉も、高師直や土岐頼遠と同じ精神構造を持っていました。 1340年(暦応三年・興国元年)10月、道誉とその子秀綱は鷹狩りの帰りに妙法院の前を通りかかりました。 南庭に美しく色づいた紅葉があったので、道誉が家臣にを折り取ることを命じます。 ところが、門主が折り取ることを拒否したところ、喧嘩になって家臣は打たれて追い出されます。 それを聞いた道誉は激怒して、300騎を率いて妙法院を焼き討ちにしてしまうのです。 妙法院は、比叡山延暦寺の門跡寺院で三大門跡(妙法院・三千院・青蓮院)の一つです。 ですから、延暦寺は大いに怒って幕府に道誉父子を死罪に処すべしと、訴え出てきます。 結局、道誉は出羽、子の秀綱は陸奥に配流されることになりました。 しかし、その際にも道誉は「常の流人とは異なる派手で美しい姿」をし、東海道の道々で酒宴をしながら配流先に向かったといわれています。 この姿は「公家の成敗を軽んじ、延暦寺の怒りを嘲弄する振舞い」とされました。 道誉にとっては、当時みなが恐れる宗教的権威でさえも、否定し嘲弄する対象たったのです。 佐々木道誉も名門武士です。 源頼朝に従った近江源氏の佐々木京極家の家督を継ぐ者であり、鎌倉幕府では得宗北条高時に近侍していました。 佐々木道誉の出家前の名は高氏で、「高」の字は北条高時の「高」の一字を与えられています。 したがって、体制に抵抗するといった「悪党の精神」は、南北朝時代の武士の精神として、受け継がれていったと言えます。 このような精神を「バサラ(婆佐羅・婆沙羅)」といいます。 「バサラ」の語源は、サンスクリット語のバアジャラから派生した言葉で、本来は魔や鬼を打ち砕く強い力を意味していました。 それが次第に変化し、「派手な」「無遠慮な」「贅沢な」「遠慮会釈のない」「放埓な」という意味になり使われるようになったのでした。 「バサラ」は、この時代におけるいわば流行語です。 そして、師直や頼遠・道誉は、このバサラを体現した大名だったのです。 バサラ禁止令 「バサラは、一部の武士で広まった流行か?」といえばそうではなく、社会的な流行となっていました。 バサラの風体 「二条河原落書」には、そのころ流行したバサラ風の姿について、「鉛作ノオホ大刀、太刀ヨリオホキニコシラヘテ、前サカリニソ指ホラス、ハサラ扇ノ五骨」と記しています。 「鉛でつくった大きな刀を前下がりに目立つように腰に差し、人目をひく、はでな絵柄の扇をみせびらかし」ながら武士たちは、京都市中を闊歩していました。 このようなバサラの流行に対して、幕府も対応せざるを得なくなります。 建武式目の第一条は「倹約を行わるべき事」であり、「近日婆佐羅と号して、専ら過差を好み、綾羅錦繍(りょうらきんしゅう)、精好銀剣(せいごうぎんけん)、風流服飾、目を驚かさないものはない。 すこぶる物狂いというべきである」と述べられています。 「綾羅錦繍(りょうらきんしゅう)」というのは、錦などの贅沢な布を使った衣服を示し、「精好銀剣(せいごうぎんけん)」とは、高価な銀でこしらえた剣、「風流服飾」とは奇異で派手なデザインの服や装身具のことです。 これらを身につけるのが、バサラ風で、その姿を「過差」、つまり分不相応なぜいたくであるとし、「物狂い」つまり狂気の沙汰であるとして、厳しく取り締まるというのです。 室町幕府の基本法令ともいえる建武式目の第一条は「倹約」を掲げていますが、それはバサラを取り締まることを示していたのです。 当時、バサラの流行がすさまじかったということを物語っていると言えるでしょう。 その後も幕府は、バサラ風の姿を禁止する法令をいくつか発布しています。 時代は少し下がりますが、1367年(貞治六年・正平二十二年)12月に、「精好大口、織物小袖」の着用を禁じ、金で装飾した鞍の使用を禁止しました。 「精好大口」とは、精好織りという精密で美しい特別な絹織物で仕立てた、袖の広い大口袴のことです。 現在では、能装束にその名残があると言われています。 「二条河原落書」にも、「下衆上臈ノキハモナク、大口ニキル美精好」とあり、 貴賤に関わらない流行のファッションだったようです。 1369年(応安二年・正平二十四年)にも、ほぼ同じ内容の法が発布されていますが、そこでは「精好大口」とともに、「色皮の下沓(しとうず)」が禁じられています。 下沓は、沓の下に用いる履物で、 現在の靴下にあたります。 この時期の人々は下沓でファッションセンスを競ったのです。 ファッションリーダーの中間な者たち バサラ禁止令では、 中間(ちゅうげん)以下の輩が金銀や梅花皮等の腰刀を用いることや、直垂の絹裏や絹の腰当てをすることも禁じています。 中間とは、有力武士に仕えて雑務を行った小者と、侍との中間にあたる者たちのことです。 日常的には武士の周辺に仕えて屋敷を守り、合戦では、歩兵集団として戦場を走り回って戦いました。 もとは悪党や野伏で、傭兵になって侍に仕えたといわれています。 幕府が、特に中間をバサラ禁止令の対象とし、派手でぜいたくな姿をすることを禁止していることから、この中間がバサラ風の流行の中心で、バサラ者として当時のファッションリーダーだったと考えられています。 しかし、このような度々の禁止令にも関わらず、この時代の人々はバサラを支持していたようです。 バサラは、同じ戦争時代である戦国時代から織豊期にも流行し、「カブキ(傾き・歌舞伎)」という新しい文化の創造につながっていきます。 参考文献 佐藤進一『日本の歴史9~南北朝の動乱』中公文庫。 小林一岳『日本中世の歴史4~元寇と南北朝の動乱』吉川弘文館。

次の