白 ワイン 代用。 赤ワインを料理で使う時の代用は何でできる?賞味期限や料理で使う効果もご紹介!

白ワインは他のお酒で代用できる?代用おすすめレシピまとめ!

白 ワイン 代用

2月 20, 2017 2月 5, 2020 赤ワインは、肉料理やお菓子、スイーツ作りなどに使われますよね。 赤ワインがないときには他のお酒で代用できるのでしょうか。 料理に赤ワインの代用に使えるお酒を調べてみました。 また、赤ワインのボトルを開けてだいぶ経ったのが残っているという場合もありがちですよね。 赤ワインはそんなに頻繁に使うものではありませんが、 賞味期限切れしていそうな赤ワインは使って大丈夫なのでしょうか?赤ワインの賞味期限についても調べてみました。 また、お料理に赤ワインを使うことの効果とはいったい何なのでしょうか?他のお酒では出せない効果があるのか気になりますね! 今回は、赤ワインの代用品と賞味期限、赤ワインを料理に使うことの効果についてご紹介します。 【スポンサードリンク】 赤ワインの代用品 赤ワインの代用品は、 ないという意見が多くあります。 赤ワインにはタンニンという渋み成分が含まれていますが、このタンニンという成分がお肉を柔らかくしてくれる効果があるのです。 また、お肉のコクを引き出すという働きも赤ワインならではです。 日本酒など他のお酒を使うとお肉の旨味が抜けてしまうといわれています。 赤ワインには熟成させることで独特のコクが出ているので、それを再現できる代用品はありません。 白ワインや料理酒を代用品として使えるという人もいますが、 やはり赤ワインを使った時のほうが美味しいとのことなので、味が落ちるのは承知で使いましょう。 また、赤ワインでも白ワインでも、少量しか使わないレシピでは、 水でも代用品として使えるとのことです。 大さじ2杯くらいまでなら赤ワインを水で代用してもいいでしょう。 しかし、赤ワイン煮込みなどの赤ワインがメインとなるお料理には代用を避けましょう。 赤ワインの賞味期限 赤ワインは、2〜3年以内と言われていますが、ボトルの中でも熟成が進み、味は個人の好みによるところが大きいので一概には言えません。 酸化が進むと、 どうしても酸味が強くなりすぎて酸っぱくなってきてしまうのです。 しかし、到底飲めないと感じる赤ワインになってしまっていても、お料理には使う人が多いといわれています。 そして、先程のは未開封の場合の賞味期限です。 開封後は冷蔵庫で保存しても1週間くらいが賞味期限だと言われていて結構日持ちしないんですね。 フルボディで1週間、ライトボディだとさらに5日間と短くなります。 今回少しだけお料理に使うけど普段は使わないのでどうしても余ってしまうという人には、大瓶は不向きです。 どうしても開封すると酸化してしまいますので、お料理に少しだけ使いたいなというときは、小瓶を買って使うといいでしょう。 酸化したものよりやはり新鮮なのを使う想定でのレシピでしょうからね。

次の

白ワインの代用品6つ|ない時の代わりは料理酒・みりん・赤ワイン?

白 ワイン 代用

アクアパッツアとはイタリア語で、直訳すると「水が暴れる」という意味になります。 これは魚介類をたっぷりのオリーブオイルで炒めて熱を持ったところに、水や白ワインなどの料理酒を投入することでフライパン内を水が跳ねることから、この料理名が付きました。 アクアパッツアの作り方• 深めのフライパンでニンニクとトマトをたっぷりのオリーブオイルで炒めます。 しんなり火が通ったら真鯛をまるごと入れて塩コショウします。 片面に火が通ったら裏返してじっくり焼きます。 パセリやオリーブを入れてから、白ワインがない時の代わりの代用品であるスパークリングワインを回しかけます。 そして蓋をして蒸し焼きにし、完全に火を通します。 シチューとはフランスが起源である野菜や肉などの材料を煮込んだスープの総称です。 中でもホワイトシチューは牛乳や生クリームをベースに煮込まれたものを呼びます。 現在ではシチュールーを使えば簡単に作れる家庭料理の代表格ですね。 ホワイトシチューの作り方• 最初にフライパンで、鶏モモ肉を炒めておきます。 そして大振りに切ったじゃがいも・人参・ブロッコリー・玉ねぎを沸かした湯の入った深い鍋に投入します。 さきほど炒めた鶏モモ肉も入れて、いつものシチューを作る通りに市販のシチュールーを使って煮ます。 すっかり火が通って野菜が柔らかくなったころに、白ワインがない時の代わりの代用品である日本酒を回しかけます。 香りがたったらすぐに火を止めて出来上がりです。 煮込みハンバーグとはその名の通り、ハンバーグをトマトスープやケチャップなどで煮込んだ料理です。 料理上級者は白ワインで香りづけをするのですが、ここでは代わりに赤ワインで代用してみます。 煮込みハンバーグの作り方• まずハンバーグの種を作るいます。 牛豚合挽肉に、たまご・牛乳・パン粉を加えて練りこみます。 焼きハンバーグより大きめに意識してボール状に丸め、真ん中をへこませて完成です。 いったんラップをして冷蔵庫にしまいます。 次に煮込むためのスープを作ります。 玉ねぎとニンニクを飴色になるまで炒めます。 飴色になったら、ブロッコリーやパプリカ等お好みの野菜を一緒に炒めます。 火が通ったらトマトユースを1缶いれて塩コショウをして煮ます。 さきほど冷蔵庫にしまったハンバーグを焼きます。 裏表だいたい焼いたら、スープの鍋に移します。 あとは蓋をしてハンバーグに味が染み込むまで弱火でことこと煮れば出来上がりです。 ボンゴレとはイタリア語で、二枚貝を材料に作ったパスタの事です。 ビアンコは白、ロッソは赤という意味があるので、ボンゴレビアンコは白ワインベースで作ったソースのパスタ、ボンゴレロッソは赤ワインやトマトソースで作ったパスタの事を指します。 このようにビアンコもロッソも香りづけで料理酒を加えることがあります。 ここでは白ワインの代わりにみりんでつくるボンゴレビアンコのレシピを紹介します。 ボンゴレビアンコの作り方• まずニンニクと乾燥唐辛子をたっぷりのオリーブオイルで炒めます。 香りが立ったら、塩抜きしたアサリを投入します。 そしてみりんと水を1:1でアサリが半分つかるほど入れ、蓋をして蒸し焼きにします。 アサリの口が全部開いたら、茹で上がったパスタを入れて絡めます。 POINT 野菜は同じくらいの大きさにカット パプリカやキュウリ、大根などは同じくらいの大きさにカットしましょう。 形が揃うと見た目も綺麗です。 あとは瓶に材料を入れていくだけなので、とっても簡単です。 白ワインがない時の代用品で生まれる新しい味 白ワインがない時、代わりに常備しているものや、たまたま家にあった料理酒で代用出来ることが分かりました。 みりんはいつでもある調味料なので問題ないですが、赤ワインやスパークリングワインはコルクを開けてしまうと早々に飲み切らなくてはならないですよね。 そこで毎日の料理に使ってみるのも良いアイデアです。 また、しばらく手をつけていないブランデーも香りづけに試してみると、思いもがけない風味を出すことがあります。 知られている通りのレシピからちょっとはずれて、いろいろ試すと新しい発見があるでしょう。 ぜひアレンジ料理を楽しんでくださいね。

次の

【白ワインビネガーの代用 9選】普通のお酢は代わりになる!?おすすめ代替品を紹介

白 ワイン 代用

白ワインビネガーの代用品 お酢 酸味のあるお酢は白ワインビネガーの代用品として使う人も多いようです。 使うお酢におすすめなのはクセの少ない「穀物酢」や「米酢」です。 他にも「黒酢」「リンゴ酢」でも良いでしょう。 穀物酢は米や小麦などの穀物を原材料としているためさっぱりとした酸味と独特のツンとした香りが特徴です。 油との相性も良いと言われているため炒め物やドレッシングによく合います。 米酢は米だけが原料のため米の甘みや風味があるまろやかな味わいが特徴です。 米酢と同じ種類で人気のある「黒酢」も代用として使うこともできますが、玄米を発酵、熟成させて作られた黒酢は黒茶色っぽい色がついているため、白い食材を使った料理には適していません。 またリンゴから作られている果実酢である「リンゴ酢」もおすすめです。 お酢と白ワイン お酢だけでも代用として使えますが白ワインを加えることで、さらに苦みや甘味が加わり深い味わいに仕上がります。 特に加熱する料理にはお酢に白ワインも加えたほうが白ワインビネガーの味にぐっと近づくでしょう。 加熱しない料理では白ワインのアルコールが残ったままになります。 アルコールを飛ばしたい場合はひと手間かかりますが、白いワインだけを鍋に入れて沸騰させて下さい。 沸騰したところでほぼアルコールは飛びますが、完全に抜けきるわけではないためその点は覚えておきましょう。 お酢とフルーツジュース アルコールは苦手だけれどもフルーティーな風味も加えたい場合は、白ワインではなくフルーツジュースを加える方法もあります。 ぶどうジュースやグレープフルーツジュースなど酸味や苦味のあるジュースが向いています。 白ワインビネガーの代用に使う場合は、白ぶどうを使ったものなど色の薄いフルーツジュースを選びましょう。 レモン汁 レモンの果汁もまた強い酸味とすっきりとした味のため、代用品として使うことができるでしょう。 ドレッシングやカルパッチョのような、白ワインビネガーの酸味が特徴的な料理の代用におすすめです。 炒め物などの加熱料理にも使うことができます。 レモン汁と白ワイン お酢と白ワインのように、レモン汁に白ワインを加えると深みも出て、より白ワインビネガーに近い調味料となります。 酸味だけでなく適度な苦みとフルーティーな味わいに近づけるよう分量は調整しながら混ぜて下さい。 赤ワインビネガー 赤ワインビネガーは白ワインビネガーと同じブドウを原料としているため、色は赤色ですが味や風味はとても似ています。 ただし白ワインビネガーと違い食材に色が付くため、色がついても差し支えない料理の時にしか代用はできません。 白ワインビネガーの使い方 ドレッシング 白ワインビネガーの酸味とさっぱりした風味がダイレクトに活かすのであればドレッシングに使うのがおすすめです。 作り方• よく混ぜたらオリーブオイル大さじ2の量を少しずつ入れて、さらによく混ぜます。 白っぽい乳化された色に変わったら出来上がりです。 砂糖はキビ砂糖やハチミツを使うとコクが出るのでお好きなもので作ってみて下さい。 また、塩と砂糖は白ワインビネガーと最初に合わせておく方が混ざりやすいため、オリーブオイルを入れる前に混ぜわせておきましょう。 マリネ液 ドレッシングとしても活用できる白ワインビネガーを使った体にも優しいマリネ液です。 作り置きをしておくと魚貝やカルパッチョと合わせれば簡単に美味しい1品に仕上がります。 作り方• 白ワインビネガー100mlと砂糖大さじ1. 空のペットボトルや瓶などの容器に1の材料を全て入れます。 全体が良く混ざり合うまで容器ごとよく振って混ぜ合わせたら完成です。 冷蔵庫で2週間くらい保存できます。 使う時におろしニンニクと加えたり、タルタルソースの隠し味としてもおすすめです。 オイルはオリーブオイルやグレープシードルオイルなど好きなオイルを使ってくださいね。 ビネガードリンク ビネガードリンクとはワインビネガーやお酢をたっぷりの水で割って、お好みでレモン果汁などを絞ったドリンクです。 手軽に作れ健康や美容にも役立ちます。 作り方• 冷たい水360mlにワインビネガー大さじ1、レモン果汁大さじ1を加え混ぜます。 お好みの量でハチミツを加えます。 水の代わりに炭酸水を使っても良いでしょう。 爽やかな風味は油ものの食事をしたときなどは特に口の中をスッキリとさせてくれます。 牛乳やトマトジュースで割っても美味しいため色々なアレンジも楽しめます。 白ワインビネガーとは ワインビネガーとはぶどう果汁を酒精発酵させて作られているためワインと同じく赤と白があります。 ぶどうを発酵させているという共通点はありますが、ワインビネガーは単にワインにお酢を混ぜたものではありません。 白ワインビネガーはぶどうの果皮や果肉、種を取り除いた果汁だけを熟成させて作られていて、赤ワインビネガーは果実を丸ごとアルコール発酵させて作られています。 白ワインビネガーはワインのもつなめらかな苦みとフルーティーな酸味の軽い口あたりのお酢です。 さまざまな料理に使えスッキリとした口当たりが特徴です。 料理の際、素材の味わいを生かしたいときは赤ワインビネガーより白ワインビネガーのほうが向いていて、コクを出したいときは赤ワインビネガーが良いでしょう。 またワインビネガーはそのまま飲むこともでき血糖値の上昇を抑える働きや疲労回復効果、高血圧の予防にも効果的と言われています。 特に女性にとっては血液をサラサラにする効果もあると言われているため、代謝が上がり健康効果だけでなく美容効果も期待できます。 赤ワインビネガーの代用品 赤ワインビネガーは独特な渋みと酸味がありますが、お料理の隠し味につかうことでコクを出すことができ、肉料理との相性は抜群です。 特に肉料理のソースには赤ワインビネガーが使われることが多いです。 白ワインビネガーの代用と同じく「赤ワインとお酢」で風味を近づけることができますが、アルコールは残っているためアルコールが苦手な場合は赤ワインだけ沸騰させてアルコールを抜く必要があります。 白ワインビネガーがあればそのまま代用するのもおすすめですが、赤ワインビネガーのような鮮やかな赤色を出すことができないため、レシピによっては不向きの場合もあります。 その他の代用品としては、コクが生まれる「バルサミコ酢」です。 バルサミコ酢は赤ワインビネガーと同じようにぶどうが原料のため、ソースやドレッシングの代用としては十分使うことができるはずです。 他には「お酢とウスターソース」も代用として使えるでしょう。 ウスターソースは果物がふんだんに使われているためフルーティーな甘みがあるためお酢を加えると酸味がきき赤ワインビネガーのような口当たりになります。 割合は調整しながら足して好みの味に近づけていくのが良いでしょう。 最後に 白ワインビネガーは料理に使う場合、大量に使う調味料ではないため常備していないというご家庭も多いかもしれません。 参考までにご紹介すると、白ワインビネガーの保存方法と保存期間は、冷蔵庫での保存で開封後は約1年程度です。 白ワインビネガーを購入する際は大きめの瓶より使い切れる小瓶を選ぶ方が良いかもしれません。

次の