ブレイク アウト ルーム 表示 されない。 Zoomのブレイクアウトルーム有効化はWebで設定が必要

Zoomのブレイクアウトルームの使い方!作成・設定方法を紹介!

ブレイク アウト ルーム 表示 されない

デバイスの違いや接続トラブル、Wifi環境の有無など多くの課題が見られますが、ここでは2つの課題について見ていきます。 集中力の維持 別記事でも書きましたが、やはり 集中力の維持がオンライン授業の大きな課題になりそうです。 この問題は、 テレワークをすすめる一般企業でも多く指摘されています。 長時間のテレカンファレンスはとにかく疲れる。 一本ならまだしも、それが二本三本と続けば、当然疲労しますよね。 私自身もZoomでのオンラインセミナーに何度か参加したことがありますが、PCの画面を見続けるのは、よくて1時間という実感でした。 YouTubeなどの 動画授業であれば、再生スピードを倍速にすることで対応できるでしょう。 つまり自分のペースで学習をすすめることができる。 しかしZoomの場合は参加していることが求められるため、ある程度の緊張感が伴います。 なので違ったアプローチが必要になります。 適宜休憩を挟んだり、 ペアワークやグループワークを取り入れて単調な講義形式を避けるなど、授業デザインが極めて重要です。 具体的なことは、この記事内で後述します。 学習不安と参加意欲の低下 参加者である生徒の心理的な部分でも乗り越えるべき課題があります。 例えば生徒によっては、リアルの授業と同じで 議論に参加できなかったり、理解が追い付かなかったりする場合も当然出てきます。 そうした状況が続くと、 学習不安や参加意欲の低下につながっていくということが予想されます。 リアルの授業のように机間巡視ができないので、 講義形式のみで授業をデザインしてしまうと、つまずきのある生徒に対する対応は難しい。 ここの問題をどう乗り越えるか。 ブレイクアウトルームの活用が一つの方法になります。 ブレイクアウトルームでできること ブレイクアウトルーム機能を有効に活用することで、生徒の心理的な不安を解消できるのではないか?そういう仮説のもとにお話ししますね。 ペアワークとグループワーク ブレイクアウトルーム機能を使うことで、ペアワークやグループワークが可能になります。 一方向の講義型授業では、もろもろの課題が出るのは前述のとおり。 ペアワークやグループワークを適宜取り入れるように授業をデザインすることで、単調さからの脱却や参加意識の向上が期待できます。 ワールドカフェやJigsaw readingなんかもできそう。 グループの切り替えなどの技術的な部分が解消できれば、 オンライン上でのアクティブラーニングが実現できるはずです! グループ分けで留意すること ここは 生徒理解が何よりも大切になります。 リアルの授業と同じですね。 生徒間の 人間関係や習熟度を考慮するのはもちろんですが、 デジタルに強い生徒を各グループに配置するということも必要かもしれません。 リアルとは違って即興でグループを操作することは簡単ではないと思いますので、 グループの配置案は事前に用意しておくべきでしょう。 TA Teaching Assistant 制の採用 議論や学習を促進するTA Teaching Assistant を各グループに配置できれば、より効果的でしょう。 ただし TAとの事前ミーティングを行う必要がありますので、時間的コストや授業準備の負担などというデメリットもあります。 またファシリテーターとしての力量が求められるので、 TA教育も必要になってくるでしょう。 ワンショットの授業やオンラインセミナーなどでは機能すると思いますが、 複数回続く授業シーンでの実現可能性は低いかもしれません。 生徒の学力や人間性を考慮して、グループリーダーになってもらうということはすぐにできることです。 まとめ いかがでしたか? 動画授業とは違って、双方向でのコミュニケーションが可能になるZoom。 しかし、その運用にはノウハウの蓄積が必要です。 まずは実行して問題点を分析しながら、よりよい方法を模索していくという「デザイン思考」が求められてくると思います。 Zoomによる授業をデザインする上で、この記事がお役に立てたら幸いです。 今回も最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

次の

超簡単!ZOOMの『ブレイクアウトルーム』の設定方法(神田敏晶)

ブレイク アウト ルーム 表示 されない

もくじ• アカウント設定方法 ホストのアカウント設定でオンになってれば、ミーティング中画面のメニューに「ブレイクアウトセッション」てのが表示される。 設定は以下。 Zoomウェブポータルにログイン• 右上の自分のアイコン• 設定(左ペイン)• 「ミーティングにて(詳細)」内の「ブレイクアウトルーム」をオン! オンの状態でミーティングを始めましょう。 小部屋を指定して割り触れる ミーティング中に、ブレイクアウトセッション(小部屋)を必要数準備して、参加者を振り分けてく。 ボタン押したら小窓がポップアップするから、クリックできるところを触ってく。 難しくないと思う。 Windows向けアプリ版ね。 メインルームにブレイクアウトルームがくっついてるイメージ。 ルームには名前も付けられる。 だから、ホストは事前に準備しといたほうがいい。 セッション名変えるとかもやっとかないと、けっこう時間食う。 無料版でも使える この機能は無料版でも使える。 Zoomでは、参加者にとってミーティング関係の機能制限ほ感じない。 時間制限くらいのもんよ。 便利だね。 制限もある 便利なんだけど制限もあってね。 きっと改善してくんだろう。 信じてるよ。 主催者のみが操作できる 既述のとおり、ホストじゃないとブレイクアウトセッションを振り分けられない。 共同ホストにもお願いできるのかと思ったら、そんなの出てこないってさ。 ブレイクアウトルームの設定は、ホストだけなんだな。 iPadでの振り分けは非対応 正確にはiOS。 対応してない。 参加者側は問題ない。 設定関係がポップアップするからかな。 しかもその中でチェックボックス的(複数選択可能)なラジオボタンだもんな。 OSに機能がないんだろか。 移動のときに画面が切り替わる ブレイクアウトルームとの行き来で、画面がいちいち切り替わる。 ミーティング中の画面が消えて、移動してるよってなって、またミーティング画面になる。 操作に慣れてないと、 画面の重なりをうまく扱えない場合があるみたい。 実際、消えちゃった~ってけっこう言われた。 Windowsで、いそいでマウスクリックとかしちゃうとね。。 w 慌てずに待ってあげて。 ブレイクアウトルームから戻る方法 退出するとメインに戻る。 ミーティングの退出じゃなくて、 ブレイクアウトルームの退出ね。 選ぶ方間違えないように。 まあミーティング出ちゃっても戻ればいーんだけどさ。 ただ主催者はマズいからなw 慌てず、慎重にどうぞ。 あるい はブレイクアウトセッションを止めてしまうか。 いっせいに終わる。 ルームの参加者には、終わるよ~ってメッセージが表示されるからいきなり止めてもいーんだけど。 事前に目安時間を言っておくとか、チャットでメッセージを送ってあげるとか、優しくしてあげよう。

次の

超簡単!ZOOMの『ブレイクアウトルーム』の設定方法(神田敏晶)

ブレイク アウト ルーム 表示 されない

今回はブレイクアウトルーム(セッション)をお使いの方向けの情報となり、少々マニアックな内容になります。 ブレイクアウトルームを使っているときに、ホスト(主催者)以外のスタッフに、各部屋を見回ってもらう方法について解説をします。 パソコンのみ今回ご紹介する操作が出来ます。 ブレイクアウトルームとは、ZOOMのメインルームに追加で、いくつかの小部屋を作成する機能です。 ブレイクアウトルームを開くにはホスト権限がある必要があり、共同ホスト権限では、ブレイクアウトルームを開くことが出来ません。 なので、 ホスト権限がある人しか自由に部屋を選んで、各部屋を見回ることが出来ないと思われますが、 共同ホスト権限を付与することで解決出来ました。 スタッフに共同ホスト権限を付与する 参加者リストから、共同ホストに指名したいスタッフにカーソルを合わせて「詳細」をクリックして、「共同ホストにする」を選択して指名します。 ブレイクアウトルームを開き、共同ホストに指名したスタッフもどこかの部屋に割り当てる 3. 「すべてのルームを開ける」でブレイクアウトルームをスタート 共同ホストもスタートともに、指定されたブレイクアウトルームへ移動します。 共同ホストは、下部の操作バーにある「ブレイクアウトルーム」のアイコン押す 注意!部屋に振り分けらた後にしか、共同ホストにブレイクアウトルーム(セッション)のアイコンは表示されません。 移動したい部屋の「参加」をクリックすると別の部屋に移動します 現在参加しているブレイクアウトルーム以外には「参加」という文字が表示されていますので、他の部屋に移動したい場合は、「参加」をクリックするだけです。 これでスタッフ(共同ホスト)の方が各部屋を自由に移動できます。 ブレイクアウトルームでスタッフが自由に部屋を回れる! ホストしか自由に動けないと、部屋数が多いと各部屋に訪問して様子をうかがったりヘルプを出すことが難しいですが、今回紹介した方法ですと、スタッフと協力して、各部屋を見回れるので、大人数のレッスンやセミナーの運営にも活用できるようになります。

次の