喪中はがき いつまで。 喪中はがきを出す最適な時期はいつなのか出すべき相手の範囲とマナー

喪中はがきはいつまでに出せばいい?送る時期や書き方

喪中はがき いつまで

喪中はがきはいつまでに出せばいいの? 喪に服すとは 家族や近親者が亡くなった時に、その死を慎み、静かに過ごすことを「喪に服す」と言います。 そして喪に服す期間を「喪中」と言います。 明治時代には法律で喪中期間が決まっていました。 それが現代にも引き継がれ、一般的に父母の場合は亡くなった日から49日間を喪中とし、その間は亡くなった方の死を慎み、喪服を着用し、お祝い事を慎む期間になります。 喪中の範囲は2親等です。 忌中は故人をお祀りして供養する期間で、1年間が一般的です。 さすがに喪服を1か月以上も着るというのは現実的ではないので、実行されていません。 喪中に際して 喪中や忌中の期間は、故人の身内は慶事や祭事を避けて、神社への参拝や、結婚式などの祝い事、海外旅行、家の新築・改築なども慎み、祝い事への招待があった場合、先方の了承を得るのが基本でした。 さすがに、招待について先方の了解を取ることは、あまり聞いたことがありませんが、今でもこの考え方は健在です。 もともと「喪中」は「死者が出たことによって、ケガレが親族にうつったので、まわりに拡げないために、一般社会との関係を絶つ」という土着信仰からスタートしています。 そこに、仏教の49日や神道のケガレの思想などが入り、現在の形が出来上がりました。 地域によっては喪中の期間に、夜明けまでお酒を飲むことを禁止するところや、殺生を禁止していることから、釣りや調理なども禁止の地域もあります。 地域によって大きく異なるので注意してください。 喪に対する宗教。 国の違い 宗教によっても違いがあります。 キリスト教やヒンズー教などには、喪中という発想はありません。 韓国は仏教の影響で喪の発想がありますが、誰でも3日間です。 イスラム教では女性のみに喪の期間がありますが、男性は3日間の追悼だけです。 ちなみに仏教も喪という概念はありません。 古来中国では、親が死ぬと3年喪に服すと言われましたが、春秋戦国時代には、とっても3年も生産的な活動をしないようでは生きていけないと、1年に簡略化しています。 漢の時代に入ると、喪はさらに縮小されて、36日になっています。 しかし、後漢の時代には政府が官僚に対し、現在の価値で3億円に相当するような莫大な助成金を拠出し、3年の喪が復活しています。 喪中はがきの意味 本題の喪中はがきの話にもどりますが、喪中はがきはいつまでに出せばよいのでしょう。 喪中はがきが、単に喪中であることをお知らせするだけのためなら、不幸があった時にすぐに出せば良いのですが、実は喪中はがきの最大の役割は、年賀状を欠礼するお知らせです。 年賀はがきが誕生したのは1899年です。 それ以前には喪中はがきは存在していません。 年賀状がお年玉付きになった1949年から年賀状ブームとなり、喪中はがきも「年賀状欠礼の挨拶状」として、一般家庭に拡がっていきました。 喪中はがきと寒中見舞い 年賀はがきの受付期間は普通12月15日からなので、喪中はがきは年賀はがきを書き始める11月中旬から12月初旬頃に到着するように投函します。 ただし、不幸は突然にやってきます。 年末に亡くなられた場合は、喪中はがきは当然間に合いませんし、場合によっては年賀状を投函した後になることもあります。 このような場合には、年賀状への返信や寒中見舞いとして対応します。 寒中見舞いは通常松がとれる1月8日から立春の2月8日までに到着するのが一般的です。 喪中の人への寒中見舞いに加えて、もらった年賀状への返礼、喪中に来た年賀状への返礼、喪中と知らず送ってしまった年賀状のお詫び、年賀状を送ってしまった後に不幸があった場合のお詫びなどに利用されます。 立春を過ぎてしまった場合は「余寒見舞い」とします。 まとめ 今回は喪中についてのミニ知識と喪中はがきについて説明しました。 ここにあげたような、一般的なマナーを守って、喪中はがきを出しましょう。

次の

喪中はがきはいつまでに出す?書き方の表書きマナーと例文も

喪中はがき いつまで

喪に服してお祝い事は避ける「忌中」と「喪中」の違い 日本では、近親者が亡くなったあとの一定期間、遺族は喪に服してお祝い事を避けるしきたりがあります。 喪中期間と範囲の大体の目安 明確な指定はないものの喪中の期間にはおおよその目安があり、故人との関係性によって変わります。 (1)父母、養父母、義父母・・・12~13カ月 (2)子ども・・・3~12カ月 (3)兄弟姉妹・・・3~6カ月 (4)祖父母・・・3~6カ月 (5)曾祖父母、おじおば・・・喪中としない ただ故人との付き合い度合いによっても異なるため、気持ちの整理がつかないのであれば、期間を過ぎた後でも喪中の気持ちで過ごしていて構いません。 必ず出さなければいけないものではありません。 また、あくまでも遺族側が年賀状を出せないことを詫びるもので、年賀状の受け取りを拒否するものでもありません。 ですから、送ってもらう分にはいっこうにかまわないのです。 ただ一般的には、喪中はがきを送ってきた相手に年賀状を出すことはしません。 喪中はがきは11月~12月上旬までに届くように出す 相手側の年賀状の準備もあるため、喪中はがきは12月上旬までには送り先に届くように手配しましょう。 もしも12月後半に不幸があった場合は、あえて出さなくてもOK。 喪中はがきを出さずに年賀状が届いた場合は、相手に寒中見舞いを送り、喪中であったことを伝えて年賀状が出せなかったことを詫びるとよいでしょう。 喪中はがきを送る相手は、年賀状を出していた人と葬儀参列者 喪中はがきは、毎年年賀状をやりとりしている相手に送るのが一般的です。 喪中はがきを送っていい相手、送らない相手 もしそれまで年賀状を出す習慣がない場合でも、喪中はがきを送って喪中であることを伝えてOK。 なお、キリスト教には喪中の概念はありませんが、日本の慣習にしたがって喪中はがきを出すことが多いようです。 一方で、喪中のしきたりはプライベートな範囲で行うことなので、仕事の関係者については通常通り年賀状を送ります。 ごく親しい付き合いがある場合は、取引先などでも喪中はがきを送ることはありますが、仕事上の付き合いのみの相手には注意が必要。 喪中はがきを出すと余計な気を遣わせてしまうことがあるからです。 略式の「喪中メール」より、できれば喪中はがきで伝えて メールで喪中のお知らせを済ませる人も増えてきましたが、メールは略式なので、できればはがきで知らせましょう。 そもそも相手のアドレスしか知らず、年賀状のやりとりがないのであれば、とくに喪中メールを送る必要はありません。 喪中はがきを出さないパターンも…年賀状はどうする? 喪中はがきを出すか出さないかは、故人との関係性や同居の有無、戸籍が同一か別かなどで変わってきます。 送る範囲は家族で話し合って決めていいでしょう。 別居している義理の家族(配偶者の家族)が亡くなった場合、親戚筋には喪中はがきを出し、友人・知人には例年通り年賀状のやりとりをするといったケースもあります。 また、結婚などで籍が別々になった兄弟姉妹が亡くなった場合は、喪中はがきを出さないケースが一般的です。 それでも悲しみが深く、年賀状を送る気持ちになれないのであれば、その年は控えても。 必ず書くことは? 喪中はがきの文章例 喪中はがきでは、冒頭のあいさつ、故人が他界した日時を含む年賀欠礼の報告、お世話になったお礼を記します。 いざ当事者になってみないと、喪中の期間や範囲、そして喪中はがきについて詳しく知る機会はなかなかないもの。 基本的な知識として、この機会に頭に入れておきましょう。

次の

喪中にあたる服喪期間はいつからいつまで? [葬儀・葬式] All About

喪中はがき いつまで

喪中はがきの役割とは 亡くなったことをお知らせする 喪中はがきを出す最大の 目的は、身内が亡くなり喪中であることを知らせることです。 葬儀にいらした方でも、年賀状を書く時には不幸があったのかどうか忘れている事もあります。 また年賀状のやり取り程度のお付き合いの方ですと、不幸があった事自体を知らない場合もありますね。 そういった方々も含め、喪中はがきによって 改めて喪中であることをお知らせするわけです。 「喪中」ってそもそもいつまで? 現代ではあまり気にしなくなりましたが、身内が亡くなるとしばらく祝い事を控える風習がありますね。 現代でも四十九日がすぎるまでは、お祝いごとには出席しないほうがよいとされています。 これを 「喪中・喪に服す」といい、宗教や地域・亡くなった人との関係によってその期間は変わります。 昔は両親や配偶者が亡くなった場合は1年間、兄弟や子供の場合は3ヶ月、喪に服したといいます。 喪中はがきを出す時期はいつ? 年賀はがきの受付前までに 喪中はがきを出す時期ですが、 相手が年賀状を書き出す前に出してしまいましょう。 具体的には、 11月中旬頃から12月上旬までに相手に届くように書いて送るのがベスト。 例年年賀はがきの受付開始日は12月15日ですから、どんなに遅くなったとしてもこの日までには喪中はがきは出すようにしたいですね。 12月に不幸があった場合は? もし12月の時期に身内に不幸があった場合、喪中はがきはどうすれば良いのでしょうか。 これは 12月中旬まででしたら、お知らせする意味も兼ねて喪中はがきを出した方が良いです。 早い方なら既に年賀状を準備しているかも知れませんが、この時期ならまだ間に合います。 ただ時期が12月中旬から年末の場合は、あえて出さずに 年明けに寒中見舞いを出しましょう。 この中で年末に身内が亡くなったことに触れ、欠礼のお詫びをすれば大丈夫です。 喪中はがき送る相手は? 基本は「年賀状を送っている相手」 喪中はがきを 出す範囲ですが、まずは年賀はがきを送っている方には出すようにしましょう。 中には葬儀に出席された方もいるでしょうが、先に書いた通り忘れている可能性もあります。 あるいは喪中はがきが届いたかどうかで、年賀状を出すかどうか判断を下す人もいますからね。 また年賀状のみでお付き合いしている方ですと、身内が亡くなった事自体知らない場合もあります。 喪中はがきで訃報を知り、改めてお悔やみの連絡をくださる方も中にはいるでしょう。 ですので、 年賀状のやり取りのある方には、必ず喪中はがきを出してお知らせしましょう。 ビジネス上のお付き合いの場合は? 自分の仕事上で付き合いのある方や、取引先へはどうすれば良いのでしょうか? 基本的に 葬儀に参列して下さった方や、香典を頂いた方には、喪中はがきを出しましょう。 それ以外の知らせていなかった方、完全にビジネス上でのみの付き合いの方には不要です。 なお取引先の場合は、念の為上司に相談して出すかどうか決めたほうがより安心ですね。 亡くなった当人の交友関係にも注意! 特に祖父母・両親が亡くなった時に忘れがちなのが、 亡くなった当人の交友関係です。 当然年賀状のやり取りをされていた方もいるでしょうし、中には亡くなったことを知らない場合もあります。 葬儀の際に連絡はしているはずですが、連絡漏れがあることも考えられます。 亡くなった当人が年賀状を出していた方に対しても、できるだけ喪中はがきを出してお知らせするようにしましょう。 どの親族までが喪中の範囲? ところで、「喪に服す 親族の範囲」とは、どこまでの親族を差すのでしょうか。 通常は、2親等までの範囲となります。 両親 父母• 配偶者の両親 義父母• 祖父母• 兄弟姉妹• 兄弟姉妹の配偶者• 孫の配偶者• 配偶者の祖父母• 配偶者の兄弟姉妹 尚、これ以上離れた親族については、縁やつながりが特別深い場合を除き、喪に服す必要は無いと言えます。 届いても怒らないで 【関連記事】• 実は喪中の人に年賀状を送る事は決してマナー違反ではなく、喪中の人が年賀はがきを出せないだけ。 ですので、入れ違いなどで年賀状を頂いた場合も、失礼だと思わずに貴重なものを頂いたと思うようにしましょう。 行き違いで出して下さった方の心の中にはまだ生きていると考えてみたら嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。 それでも、出来ればそうした行き違いはなくしたいもの。 喪中はがきは早めに出してお知らせしてあげましょう。

次の