イタグレ 子犬。 イタリアン・グレーハウンドの子犬たち

イタリアングレーハウンド | ブリーダー直販・子犬販売│ドッグリアン東京

イタグレ 子犬

イタリアングレーハウンド イタグレ の専門ブリーダー 分割 2回払い 、リボ払い可能となりました! クレジットカード決済で余裕を持ったお支払い。 パピーズママはたぶん日本で一番安いブリーダーです。 なぜならパピーズママの価格はペットショップさんなどペット業者さんへの卸価格とほとんど差がないから。 その証に他のブリーダーさんやショップさんも我が家に買いに来られます。 普通のブリーダーさんならば、写真のやり取りや説明などに手間のかかる一般のお客様よりも、気楽に販売できる業者さんに卸売りした方が楽なことは当たり前。 パピーズママより安いブリーダーさんは「訳あり」だとお考え下さい。 先天性疾患や奇形、大きく育ちすぎてしまって販売チャンスを逃した子など厳しい目を持っているプロの業者さんには売れない子。 理由があるから安いのです。 十分な注意が必要です! 私共パピーズママは、健全で元気で健康なイタグレをご紹介しており、万一にも欠陥や異常が発見された場合はすぐ様ご報告いたします。 古代エジプト王朝の王妃「クレオパトラ」。 世界3大美女とうたわれた彼女が愛した犬「イタリアングレーハウンド」。 イタリアングレーハウンドはイタグレともいわれ、ヨーロッパ上流階級の愛玩犬として王侯貴族に絶大な人気を博してまいりました。 パピーズママでは、イタグレの子犬を9. 9万円からご紹介しております。 イタリアングレイハウンド Italian Greyhound は大変穏やかで温厚な性格を持ち、無駄鳴き・抜け毛もほとんどなく、見た目と違い頑健で好発疾患 掛かりやすい病気 もほとんどない、初心者から高齢者まで、マンション等の住宅環境でも安心して育てやすい犬種として有名です。 基本の生体価格は毛色と性別で変わります。 JKC血統証明書代、消費税は生体価格に含みます。 フォーン 茶色系 男の子 ¥99,000- フォーン 茶色系 女の子 ¥109,000- シール 黒色系 男の子 ¥109,000- シール 黒色系 女の子 ¥119,000- ブルー 灰色系 男の子 ¥119,000- ブルー 灰色系 女の子 ¥129,000- イタリアングレーハウンドは繊細で美しい流れるような体型です。 たたずむ姿、走る姿は本当に華麗。 1.無駄吠えが少ない。 (遊び声を上げる程度です) 2.抜け毛が少ない。 (超短毛種ですので) 3.人や他の動物にフレンドリー。 (一部のテリア系等に見られる気性の荒さがありません) 4.どこに連れて行っても非常に良く目立ちます。 5.見た目より頑健な体です。 (疾病にも強く、虚弱体質ではありません) イタグレにも気性の激しい血統や非常に臆病な血統があります。 イタグレは脚が長い犬種ですから股関節脱臼、膝蓋骨不全等の先天性疾患にも注意が必要です。 多頭 複数匹 飼育をご検討の方もご一報ください。 ご高齢の方でも簡単に抱っこ出来る体重です。 ご協力できませば幸いです。 ステキなご縁に結ばれますことをお祈りして。

次の

イタリアングレーハウンドの子犬を探す|専門ブリーダー直販の子犬販売【みんなのブリーダー】

イタグレ 子犬

大きさ• 体重:2. 8~5キkgまで• 体高:32~38cm• 小型犬 イタリアングレーハウンドはイタリア原産の小型犬なります。 スラリとしたスマートな体型で、背丈と背高が同じ四角形なのが特徴です。 イタリアングレーハウンドは、オスとメスで体格の違いに大差はありませんが、ヨーロッパで生まれた背中のアーチが強いタイプと、アメリカで生まれた背中のカーブがほとんどないタイプとで外見に若干違いがあります。 イタリアングレーハウンドの体重がどのように増えていくのか、ある一匹のイタリアングレーハウンドの、女の子の成長を例に見てみましょう。 メスのイタグレの体重推移 生後 kg(キログラム) 生後2ヶ月 1. 46kg 生後3ヶ月 1. 84kg 生後4ヶ月 2. 34kg 生後5ヶ月 2. 46kg 生後6ヶ月 2. 86kg 生後7ヶ月 2. 94kg 生後8ヶ月 3. 0kg 生後9ヶ月 3. 0kg 生後10ヶ月 3. 2kg 生後11ヶ月 3. 26kg 生後12ヶ月 3. 35kg イタリアングレーハウンドの体重は2. 8kgから5kgまでが理想ですが、体格によって適正な体重は異なります。 数字のみを気にした体重管理をして、痩せすぎや太りすぎになってしまわないためにも、日頃から健康状態をしっかりと見ることが重要でしょう。 しつけ方 イタリアングレーハウンドは穏やかな性質なので、しつけはそれほど難しくはありません。 他の犬や小動物、子供とも仲良くできますが、優しい性格のため辛抱強さからストレスをためてしまい病気につながることがあるので気をつけましょう。 また、ストレスから食が細くなってしまうこともあるので、しつけの際はあまり強く叱らないようにすることがコツです。 そして、イタリアングレーハウンドには動く小動物を追いかける本能があるので、散歩の際にはリードが必要になります。 首が細く首輪が抜けやすいため、リードをぐいぐいとひっぱらないようしつけることも重要です。 イタリアングレーハウンド専用の太い首輪を使うこともおすすめです。 イタリアングレーハウンドの歴史 イタリアングレーハウンドは、イタリアの王室や貴族たちから特に愛された犬として「イタリア・ルネッサンスの誇り」と言われました。 その高貴な姿から、美術品などに頻繁に登場するようになったためにその名がついたと言われています。 祖先であるグレーハウンドは古代エジプトの壁画にも描かれているなど古い時代から存在した犬であると推定されています。 イタリアングレーハウンドもグレーハウンドと同様、古代エジプトファラオの墓や、紀元前のローマ遺跡から良く似た犬が描かれた絵画が存在していることから昔から人間の近くで生活してきた犬と考えられています。 イタリアングレーハウンドは日本では名前を略してイタグレとも呼ばれています。 日本に輸入されたのは江戸時代の頃で、やはり身分の高い家庭で愛玩犬として飼われていた歴史があります。 イタグレちゃん、最近多く見かけるようになりました。 私が子供のころはご近所でみかけることはなく、図鑑の中でしか会えませんでしたが実際に見てみると、品もあり体つきもきれいで本当に素敵な犬種ですよね。 ドッグランでもお会いすることも増えてきたのですが、見た目は本当に折れてしまいそうな足なのでうちのこ(シュナウザー/骨太)と遊んで大丈夫かなぁと心配でした。 ですが、どちらの犬種も走るの大好き。 思いっきり走り回ってくれると日ごろのストレス発散や運動不足にもなりますし、何より走っているときのわんこが楽しそうでみていて嬉しいです。 無駄吠えも少なく、とても飼いやすい犬種だとも聞いています。 体温調整、特に寒さは苦手のようですのでお洋服や体温調製にはとても気を使ってあげないといけませんが、それでもいつか飼いたいです。 毛並みもきれいですよね~。 イタグレはペットショップなどでもちょこちょこと見かけるようになりましたね。 子犬のうちから長い足に、個体さはありますが筋肉も付きやすい体格なのがわかります。 イタグレの耳はローズイヤーが望ましいとされていますが、子犬のうちは三角の垂れ耳の子が多いですね。 これが生後3~4か月頃から徐々に芯が強くなり、少しずつイタグレによく見る立ち耳になるそうです。 ただ、垂れ耳のままだったり、片方だけローズイヤーになったり、完全に立ち耳になったりと様々です。 耳の形は遺伝するので、こだわりがあるようならブリーダーさんに相談して、親犬やその前の代の耳の形も参考にするといいと思います。 イタグレの遺伝する病気の中で、「カラーダイリューション脱毛」というのがあります。 毛の中にあるメラニンの不均等により毛が弱く、切れやすくなってしまう症状です。 完治させることは難しいので、症状を軽くする薬で対応していくことになります。 体が細く、脂肪が付きにくい体質です。 短毛でもあることから冬の寒さにはとても弱いです。 冬は体温を下げ過ぎないように服が必要になります。 色々なデザインの服を用意する楽しみもありますね。 イタグレは首が細いので、首輪をする場合はクッション性の高いものが良いと思います。 イタグレは首輪も似合うので、こちらも服に合わせたりできますね。 イタリアングレーハウンドは見た目は丈夫そうなのですが、足回りが弱いという弱点があるということに驚きました。 見た目は凛々しく強そうなイメージがあり、その印象通り足が速いという個性を持ち合わせています。 しかし、足に負担を掛ける事はこの犬種にはご法度というデメリットが見た目とのギャップとなり魅力的だと感じられました。 また、好奇心旺盛な活発な性格という事で容姿のとっつきにくさとは裏腹に飼育しやすい犬種というイメージが湧きました。 ですが、あまりペットショップで見かける事が無い犬種なので飼うのは難しいという心象を受けました。 ワンちゃんは駆けっこが大好きですし、走り回るのを制限するのは厳しいと感じられました。 イタリアングレーハウンドと飼育すると決めたら専門のブリーダーさんに疑問点や不安点を話し解決してから飼育するのがベストだと考えられます。

次の

イタリアン・グレーハウンドブリーダーズサイト・愛犬の友|ブリーダーの子犬を販売する純血種ブリーダー専門サイト

イタグレ 子犬

犬のしつけ相談内容:甘噛み、人間慣れしていない様子 犬種:イタリアングレーハウンド 家族:父37歳 母39歳 長女11歳 次女9歳 3か月になるイタグレの仔犬を迎え入れました。 仕事から帰ったら、トイレをきれいにしてから部屋にだし、スキンシップを取ります。 膝にあおむけにして乗せてみたり、なでなでを試みます。 後ろから抱っこして上を向けた状態で、太もも付近においてやるので精一杯ですが、それでも噛みついてきます。 抱っこは異常に嫌がります。 外の抱っこの散歩のときはブルブルと震え、それでも私に甘えている様子もなく抱っこを嫌がります。 声は必要以上にはかけないようにしてきました。 その時だけは誰も噛みません。 子供たちにも、あまりかまわず意味もなく名前を呼んだりしないように仔犬を迎える前から教えていましたが、下の子は噛まれるのが怖くて逃げるのでさらにエスカレートします。 いまは、サークルから出すときは必ずリードをつけています。 この時期に叱るより、まずはスキンシップが必要で、信頼関係を築くのが大事かと叱らず、噛まれたら、私の太ももの上であおむけにしたりしています。 あおむけ固めは、激しくれて抑えきれないばかりか、噛まれてしまいます。 なでなでしたくてもできませんし、体をさわることも嫌がるので困ります。 リードをつけても自分からは歩きますが、私たちがリードを持つと、歩こうとしません。 そしてリードの金具をずっと噛んでいます。 サークルの中では本当におとなしく、無駄にも吠えませんし、夜泣きもありません。 人間に慣れていないのでしょうか? どうかアドバイスをお願いいたします。 イタグレ君は親犬からのしつけを十分受けられなかったり、兄弟ゲンカで学ぶ機会が少なかったようです。 甘噛みはどんな犬にもあるのですが、親犬からしつけで叱られたり、兄弟を噛んで怒られたりしながら段々学んで消えていくものです。 育った環境でそれを学ぶ機会が少なかったならば、今度は人間家族が教えてあげるしかありません。 一貫して口閉じで叱っていただきたいですが、叱って終わりではなく、必ず指示音を関連付けて褒めて終わってください。 まず準備ですが、イタグレともなると噛む力も強いですから、怖がらないで出来るように作業用の皮手袋を買うと良いです。 ホームセンターで600円くらいで売っています。 ビクビクしながら接していると、犬も見下しますし興奮や緊張が伝播して悪循環になります。 まずは落ち着いてできる準備をします。 犬が噛んだら「ダメ!」と厳しく伝えながら、犬の口を軽く閉じます。 そして口を閉じながら「シ~!」などの音を関連付けながら褒めて解放します。 褒め方は猫なで声でナデナデではなく、犬の肩をポンポンすると良いです。 (シ~にする理由は将来の吠え癖対策も考慮)。 解放して、またすぐ手を見せてください。 噛んできますので再度「ダメ!」と厳しく伝えながら・・・音と褒め・・解放・・この繰り返しで、犬が根負けするまで続けます。 続けると犬が噛まなくなる瞬間がきますので、しっかり褒めて何度も反復してください。 そういうやり取りを根気よく毎日続けます。 本来は親犬がそうやって淡々と根気よく教え続けるのです。 無視だけしていても、犬は相手が受け入れていると思ってしまって関係がさらに悪化します。 必ず一貫して教えます。 仰向けで暴れが激しい時、リーダーウォークで動かない時は無理しなくて良いです。 今の時期は特に知能が低く集中力もないですから、ボール(コング)遊びなど楽しい時間の中に少しずつ織り交ぜていくと良いです。 今されているように、ケージから出すときはリードを付けましょう。 持つと犬が動かなくなるようであれば、持たないでリードを引きずったまま遊ばせればいいです。 慣れてきたかな、と思ったら時々持ってみてください。 遊びながら、リードを握っている時間を少しずつ長くしながら段々リーダーウォークに近づけていけば良いです。 仰向けも同じです。 ボール遊びの中で一瞬ひっくり返して褒めてすぐ解放・・またボール遊び・・また一瞬ひっくり返す・・ということを繰り返しながら少しずつ慣れさせてください。 口閉じをする前に「ダメ!」で押し返せば良いです。 そのあとすぐ口閉じと音の関連付けで褒めることです。 犬同士では体を合せる時に、必ず上位の犬が下位の体の上に自分の前足やアゴを乗せてきます。 マウンティングもそうですが、体位が関係性を表しているのです。 膝に乗せると、誤解する犬がいます。 >抱っこは異常に嫌がります・・ 犬は本来嫌がります。 犬は高くて不安定な場所が怖いんです。 大人しい子は怖いので、ジッとする・・元気な子は暴れて抱っこを回避する・・ということです。 膝上抱っこも含めて、従属的な態度に映ることがあるので止めていただきたいのですが、診察やシャンプー台に乗せる時は必要ですね。 これも先ほどのように、ボール遊びの流れの中で少しお腹に手を回してみる・・また遊び・・慣れてきたらちょっと犬を持ち上げてみてすぐ放す・・また遊び・・持ち上げる・・ということを繰り返しながら、少しずつ持ち上げる時間を長くしていけば良いです。 予防接種前の散歩は、歩き回らなくて良いです。 目的は社会化で、まずは外の世界を見せて慣れさせることですので、玄関先だけで良いんです。 行きかう人や動物・車や自転車などを見せるだけでも良いんです。 それと抱っこよりも自分の足で地に立つことが大事です。 歩かなくて良いので、玄関先でリードを付けてノンビリ外を見させてください。 犬も段々慣れて来て、好奇心の方が勝っていきますので、ワクチン接種が終わったら少しずつ行動範囲を広げていけば良いです。 もちろん接種前は、草むらや動物の糞尿には近づけないことです。 ナデナデは止めましょう。 下位の犬が上位やリーダーに挨拶するナメナメと類似しますので、従属的に映ります。 褒める時も毅然とポンポンして褒めると良いです。 指示で出来なかったら型を作って褒めて教えれば良いです。 そういう接し方なら、楽しくスキンシップも出来ますし、動作も覚えますし、主従関係も深まっていきます。 いつでもどこでも何をするにも「主導」です。 ボール遊びもただ遊ぶのではなく、主導型です。 投げる前にスワレ・マテ、出来たら褒めて投げる・・出来なかったら型で教えて褒めて投げる・・投げたらコイ・ダセの練習・・犬任せにしない、犬の要求に合せない・・いつでも主導です。 今はとにかく、まだ知能が低い時期で、育った環境も影響していますから、あせらないで結果を求め過ぎないで、淡々とやるべきことを続け成長を待つ・・今はそういう時期です。

次の