住宅 ローン 控除 確定 申告 いつ。 住宅ローン控除等を受けるための確定申告のやり方は?

確定申告の「還付」はいつ戻ってくる?還付金を早めるために気を付けること3つ

住宅 ローン 控除 確定 申告 いつ

住宅ローン控除とは? 住宅ローン控除(減税)とは 『 住宅ローン年末残高の一定の割合に相当する金額を所得税や住民税から控除される住宅ローン減税制度』のことです。 住宅ローン控除の確定申告をすることで、住宅ローン控除額を一定期間の間、所得税から差し引かれて還付されます。 所得税から控除できなかった場合は、更に住民税から控除される仕組みなっています。 確定申告とは? 確定申告とは 『 1月1日から12月31日までの1年間の所得にかかる税金額を計算して、税務署へ確定申告書および必要書類を提出して、申告・納税する手続き』のことです。 確定申告をすることで所得税を納めますが、誰でもしなければいけないものではありません。 フリーランスや自営業の個人事業主• 公的年金を受け取っている方• 不動産収入や株取引などで所得のある方• 住宅ローン控除や医療控除、ふるさと納税など受ける方 フリーランスや自営業の個人事業主 フリーランスや自営業の「個人事業主」は、毎年確定申告を行っていますので、確定申告書に住宅ローン控除額を反映させて、税務署へ提出すれば住宅ローン控除を受けられます。 個人事業主は、毎年住宅ローン控除の確定申告をする必要があります。 住宅ローン控除を受ける給与所得者 公務員や会社員の「給与所得者」は、年末調整で所得税を精算するため、通常確定申告の必要はありませんが、 住宅ローン控除を受ける方は、初年度に確定申告が必要です。 2年目以降は、年末調整で住宅ローン控除を受けられるため、初年度だけ住宅ローン控除の確定申告を行いましょう。 2年目以降の住宅ローン控除については 【 icon-book 】で詳しくまとめていますので、ご確認ください。 住宅ローン控除の確定申告はいつからいつまで? 住宅ローン控除の確定申告は、 対象者によって期限が異なります。 給与所得者の確定申告時期 給与所得者も初年度に住宅ローン控除の確定申告をしなければいけませんが、 厳密に言えば確定申告ではなく「還付申告」になります。 還付申告の期間は、「その年の翌年1月1日から5年間まで」となっており、期間内であればいつ提出しても問題ありません。 例えば、2019年5月15日に新築住宅を購入したら、 2020年1月1日から住宅ローン控除の確定申告(還付申告)ができます。 住宅ローン控除は、所得税から差し引けなかった分を住民税から控除できますので、「翌年1月1日から3月15日まで」には、住宅ローン控除の確定申告(還付申告)をしましょう。 特に、2月中旬から3月中旬の確定申告の時期は、個人事業主など多くの方が税務署を訪れて混雑しますので、翌年の1月からはやめに住宅ローン控除の確定申告をしたほうがいいです。 住宅ローン控除の確定申告の流れ いつから住宅ローン控除の確定申告をすればよいか時期が分かったら、次は住宅ローン控除の確定申告の流れを説明します。 STEP1. 必要な書類をそろえる 住宅ローン控除の確定申告(還付申告)では、 給与所得者と個人事業主で、提出する必要書類に若干の違いがあります。 年末にならないと集められない書類もありますが、マイホームを購入したときから集められる資料は集めておきましょう。 STEP5. 添付書類台紙に書類を貼り付ける 確定申告書に押印したら、添付書類台紙に提出する必要な書類を貼り付けます。 年・住所・氏名 添付書類台紙には、年・住所・氏名の欄がありますので、それぞれに記入します。 必要書類の貼り付け方法 添付書類の貼り付け方に、統一されたルールはありません。 糊付け・セロハンテープ・ホッチキスどれでもよいという情報もあれば、税務署の担当者がセロハンテープ・ホッチキスはすべて外して糊付けするという情報もあります。 持参する場合は、直接税務署で聞いてから貼り付けたほうが間違いないですが、郵送する場合は、糊付けして貼り付けたほうが無難です。 添付書類台紙と同じサイズ以上の書類は台紙の後ろにホッチキスで止めて提出しましょう。 国税庁の「 」 郵便番号から調べる 郵便番号から調べる場合は、 マイホームがある住所の郵便番号を入力して「検索」をクリックします。 すると、管轄する税務署ページのリンクと、電話番号が表示されます。 住所から調べる 住所から調べる場合は、 マイホームがある住所の都道府県を選択後、市区町村・町名を入力して「検索」をクリックします。 すると、管轄する税務署ページのリンクと、電話番号が表示されます。 地図から調べる 地図から調べる場合は、 地図にある都道府県をクリックします。 すると、クリックした都道府県の税務署一覧が表示されます。 それぞれの税務署に管轄地域が掲載されていますので、マイホームがある住所の市区町村をチェックして該当する税務署を探しましょう。 税務署へ直接確定申告書を提出する• 郵送で確定申告書を提出する• 電子申告(e-Tax)を利用して、確定申告書を提出する 税務署へ直接確定申告書を提出する 税務署へ直接持ち込んで確定申告書を提出する場合は、分からないことを直接質問できるメリットがありますが、確定申告時には多くの方が訪れるので、混雑することが予想されます。 郵送で確定申告書を提出する 郵送で確定申告書を提出する場合は、封筒や切手代がかかりますが、郵送すれば完了ですので、手続きに時間がかからないのがメリットです。 電子申告(e-Tax)を利用して、確定申告書を提出する 電子申告(e-Tax)は自宅でも確定申告ができる方法で便利ですが、マイナンバーカードに組み込まれている「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」などの電子証明書の取得や、ICカードリーダライタが必要な場合があります。 会社員の方は、住宅ローン控除の確定申告は1年目だけで済むので、税務署へ直接提出あるいは、郵送で提出のいずれかがよいでしょう。 給与所得者は2年目以降の確定申告が不要 公務員や会社員の給与所得者は、2年目以降の確定申告は、年末調整で住宅ローン控除の手続きをするため不要と説明しましたが、年末調整の際に必要となるのが、以下の2つの書類です。

次の

住民税から住宅ローン減税されるのはいつ?その詳しい仕組みについて

住宅 ローン 控除 確定 申告 いつ

税金の返還を受けるだけの手続きは、還付申告と言います。 「 確定申告」とは、自営業などの個人事業主が、確定申告書を提出することによって、税金を納めることです。 個人事業主は、会社員と違い、税金が天引きされていないので、 確定申告の義務があります。 会社員などは、給与から税金が天引きされ、年末調整を行なっているので、本来、確定申告は不要です。 しかし、税金を納め過ぎている場合には、確定申告をすることで、税金の返還を受けることができます。 確定申告が本来は不要な人が、税金の返還を受けるために確定申告を行うことを、「 還付申告」と言います。 住宅ローン控除、初年度は還付申告、2年目からは年末調整でOK。 住宅ローン控除、手続きは義務ではない。 会社員などのサラリーマンは、会社で年末調整を行うので、通常は税務署での確定申告は不要です。 しかし、会社の年末調整だけでは、住宅ローン控除によって、税金の返還を受けることができないのです。 この住宅ローン控除の手続きは、普段は年末調整を行なっている会社員でも、最初の1年目は年末調整ではなく、税務署への還付申告が必要です。 2年目以降は、会社での年末調整で、住宅ローン控除の手続きができるので、サラリーマンにとって不慣れな税務署での還付申告の手続きは、初年度の1回だけです。 住宅ローン控除の手続きは、義務ではありません。 年末調整した会社員なら、本来は確定申告は不要です。 住宅ローン控除の手続きをしない場合は、税金が返還されないだけで、別に確定申告をしなくても構わないのです。 とはいえ、強力な減税制度の住宅ローン控除は、手間暇かけても、還付申告手続きした方が、絶対にお得です。 住宅ローン控除の、還付申告は1月1日からできます。 還付申告は、1月1日から可能です。 確定申告では期限が決められていて、毎年2月中頃から3月15日までの期間中に、確定申告書を提出しなければいけません。 しかし、還付申告は、確定申告の期間とは無関係に、1月1日から5年間であれば、いつでも手続きが可能です。 税金の返還を受けるだけの還付申告なら、 住宅ローン控除の手続きは「1月1日」からできます。 1月1日は税務署は休みですが、休日夜間の受付箱に書類を投函することでも、手続きが可能です。 1月4日以降の税務署の営業時間に行けば、税務署の方に還付申告の書類記入の指導をお願いできます。 もちろん、還付申告は、通常の確定申告の期間中に手続きしても構いません。 1月中の還付申告は、時間の節約になり、お金が早く受け取れます。 1、確定申告の期間前だと手続きが早い。 2、早くお金がもらえる(還付される)。 確定申告の期間になると、税務署に特設会場が設置され、相談窓口に長い行列ができます。 レシートの束や書類を抱えた、確定申告の義務がある自営業者の人たちで、 確定申告期間中は税務署は非常に混雑します。 1月中に還付申告の手続きすると、確定申告前なので、税務署の窓口も空いていて、少ない待ち時間で還付申告の手続きができます。 空いてる時には、税務署の職員の方も、丁寧に還付申告の書類の書き方などを教えてくれます。 混雑している確定申告期間中には、税務署の職員の方も、忙しすぎて、質問に答える暇がないのです。 また、早く手続きすると、早くお金が受け取れるメリットもあります。 実際に、銀行口座に返還された税金が振り込まれるのは、税務署での手続きの受付順です。 確定申告の期間になると、あっと言う間に大勢の人が手続きを始めるので、3月に還付申告の手続きをしても、実際の銀行口座への入金が2、3ヶ月待たされ、5月以降になることも珍しくありません。 1月中に、早く手続きすれば、優先的に事務処理されるので、それだけ 早くお金が受け取れます。 住宅ローン控除だけの会社員なら、さっさと手続きを終わらせて、すぐにお金を銀行口座に入金してもらいましょう。 提出書類の「源泉徴収票」が必要です。 還付申告では、源泉徴収票を提出します。 会社員などの給与所得者の場合は、還付申告の手続きには、会社が発行する「源泉徴収票」を添付して提出する必要があります。 源泉徴収票は、12月から1月にかけて会社から、個人へ配布されます。 早い会社では、12月分の給与明細と一緒に配布されます。 社員数の多い大企業では、1月分の給与明細と一緒に配布されます。 住宅ローン控除の、税務署での還付申告の手続きは、会社から源泉徴収票を受け取った後しかできません。 12月中に会社から源泉徴収票が配布されれば、1月1日から還付申告ができます。 1月になってから源泉徴収票が配布される会社では、還付申告の手続きがちょっと遅れます。 還付申告は、5年間いつでもOK。 所得税だけの還付申告なら、5年間、いつでも手続きができます。 例えば、2018年分の税金の返還を受ける還付申告であれば、その年の翌年である2019年1月1日から、2023年12月31日まで、いつでも税務署で手続きを行うことができます。 また、2019年分の還付申告なら、2020年1月1日から2024年12月31日まで可能です。 還付申告は、複数年分をまとめて、手続きすることも可能です。 例えば、2023年になってから、2018年分、2019年分、2020年分、2021年分、2022年分の、5年分をまとめて、還付申告することも可能です。 この場合、5年分の所得税が、さかのぼって全て減税され、指定した銀行口座に、返還される税金分を振り込んでもらえます。 5年分の住宅ローン控除となると、かなりの金額になりますよね。 ここでの注意点は、5年間、いつでも手続きがOKなのは、「所得税だけ」ってことです。 「住民税」の住宅ローン控除の還付は、確定申告の期限である翌年の 3月15日までが原則締め切りです。 住宅ローン控除は、所得税だけじゃなく、住民税からも控除可能。 住宅ローン控除額が所得税額を超えると、残りは住民税から差し引きができます。 住宅ローン控除では、所得税で控除しきれなかった残りの金額は、 住民税から控除が可能です。 住民税から控除できる金額は、 上限13万6500円までです。 住民税からの控除は、所得税のように税金が還付されるのではなく、その年の住民税の控除額が、 翌年分の住民税から減額されます。 会社員の場合は、市役所から会社に対して、翌年分の住民税の納税通知書が届き、その後に会社から個人へ配布されます。 会社に対して、住民税の納税通知書が届くのは、 5月中旬頃です。 住民税の納税は、会社員は、6月分から次の5月分の給与まで、毎月天引きされ会社を通じて市役所へ納税します。 個人事業主の場合は、6月頃に納税通知書が郵送され、直接個人が銀行などで住民税を支払い納税します。 税務署での還付申告の手続きだけで、住民税からも自動的に控除されます。 所得税を管轄するのは、国の役所である税務署ですが、 住民税は市役所が管轄しています。 しかし、住宅ローン控除についての、 市役所への手続きは不要で、税務署へ還付申告すれば、税務署から市役所へ情報が伝達されます。 そのため、税務署で所得税の還付申告をすれば、住民税からの控除は手続きなしで、自動的に差し引かれます。 2年目以降は、会社での年末調整で、所得税の住宅ローン控除の手続きを行えば、住民税の手続きは不要です。 具体例、住民税からの住宅ローン控除 住民税からの控除は4月中が期限、注意しましょう。 所得税の還付申告の期限は、5年間です。 5年間のうちなら、いつでも税務署で還付申告の手続きができます。 所得税と違い、 住民税の還付手続きは3月15日までが原則です。 しかし、特例として、3月15日の後でも、「 住民税の納税通知書が送達される時まで」に手続きをすれば、住宅ローン控除が認められます。 税務署で還付申告の手続きを行えば、住民税の手続きを行ったとみなされます 市役所から会社に納税通知書が送達されるのは、5月頃なので、それ以前に税務署での手続きを終わらせる必要があります。 住民税からも住宅ローン控除を受けるためには、 遅くても翌年の4月までに税務署への還付申告の手続きが必要です。 ただし、住民税の還付でも、配偶者控除や扶養控除を追加する場合は、所得税と同様に、5年間いつでも手続きができます。 「住民税の納税通知書が送達される時まで」が手続き期限なのは、住宅ローン控除による、住民税減税の手続きだけです。 住宅ローン控除が住民税からも差し引かれる根拠は「 地方税法附則第5条の4」です。 この地方税法附則第5条の4で、住宅ローン控除については「納税通知書が送達される時まで」と期限が決められているのです。 まとめ、なるべく1月中に手続き。 遅くても4月まで。 住宅ローン控除の還付申告は、なるべく1月中に終わらせましょう。 年末調整を行った会社員などの、本来は確定申告が不要な人にとっての、住宅ローン控除の確定申告は、 還付申告なので1月1日から手続きが可能です。 できれば、1月から2月上旬までに、通常の確定申告が始まる前の、税務署が空いてるうちに、さっさと手続きを終わらせましょう。 2年目以降は、会社での年末調整だけで住宅ローン控除の手続きができるので、税務署での還付申告は不要です。 一般の確定申告は3月15日が期限ですが、住宅ローンでの確定申告なら、期限の3月15日を過ぎてもOKです。 所得税だけなら、還付申告の手続きは、1月1日以降の5年間いつでも可能です。 ただし、住民税の手続きは、「住民税の納税通知書が送達される時まで」が期限で、それ以降は認められません。 所得税だけじゃなく、 住民税でも控除を受ける場合は、絶対に4月末までに、手続きを終わらせましょう。 個人事業主や、副業をしている会社員など、確定申告の義務がある人は、通常の確定申告期間での手続きが必要ですよ。 第3項 第一項の規定は、道府県民税の所得割の納税義務者が、当該年度の初日の属する年の 三月十五日までに、総務省令で定めるところにより、同項の規定の適用を受けようとする旨及び道府県民税の住宅借入金等特別税額控除額の控除に関する事項を記載した道府県民税住宅借入金等特別税額控除申告書( その提出期限後において道府県民税の納税通知書が送達される時までに提出されたものを含む。 )を、第八項の市町村民税住宅借入金等特別税額控除申告書と併せて、当該年度の初日の属する年の一月一日現在における住所所在地の市町村長に提出した場合に限り、適用する。 第4項 道府県民税の所得割の納税義務者が第四十五条の三第一項の確定申告書を提出する場合には、当該納税義務者は、前項の申告書を、税務署長を経由して同項に規定する市町村長に提出することができる。 第5項 前項の場合において、第三項の申告書がその提出の際経由することができる 税務署長に受理されたときは、当該申告書は、その受理された時に同項に規定する市町村長に提出されたものとみなす。

次の

【ホームズ】住宅ローン控除、初年度の確定申告のやり方は?

住宅 ローン 控除 確定 申告 いつ

Sponsored Link 確定申告の相談はどこ 初めての確定申告を行う場合、不明点が出て来ることは当然です。 知らないで適当に確定申告を書いて提出すると、誤った申告となり、不必要な税額となることもあり得ますので、分からない場合は、 必ず理解してから記入するようにしましょう。 雑誌や本を読んで学ぶ 一番お手軽な方法が、雑誌や本などを読んで勉強することです。 確定申告の時期になると、雑誌や本が出回ります。 その中でも実際の確定申告用紙を掲載している雑誌や本をおすすめします。 確定申告の基本は変わりませんが、 申告用紙そのものが変更となる可能性は高いからです。 身近な経験者から学ぶ 職場や親戚などの身近な経験者たちから学ぶ方法です。 職場の経験者から学ぶ 会社員(サラリーマン)であれば、同じ職場に住宅を購入して「住宅ローン控除」を受けた 経験者がいるはずです。 そういう人に聞いて学ぶことも可能です。 ただし、実際の年収や購入額を知らせたくない場合は、一般論となってしまうのが難点ですけどね。 あるいは、 経理や総務を行っている部門の方に素直に書き方が分からないと相談を持ち掛けるのもよいかもしれませんね。 よくある相談なので、過去に経験したアドバイスが聞けるのではないでしょうか。 職場の上司に尋ねてみてもよいと思います。 親戚の経験者から学ぶ 親戚の方で、過去に住宅を購入した方がいれば教えてもらうのがよいでしょう。 ただし、親戚や友人の方が確定申告した申告書と今回提出しようとする確定申告書が異なるかもしれません。 自分の親であればよいかもしれませんが、親戚の場合は、どんな住宅を購入したのか根掘り葉掘り聞いてくるかもしれませんし、親戚中に言い触らされてしまうことも考えられます。 友人の経験者から学ぶ 友人に相談すると、「購入した住宅に遊びに行きたい。 」と言われかねないこともありますので、相談する友人にも注意が必要です。 友人が、確定申告の情報に詳しい方であるかどうかの吟味も必要です。 市区町村から学ぶ 確定申告の時期が近づくと、 市区町村主催で確定申告の相談会が無料で開催されることがあります。 お住まいの市区町によって開催時期や場所は異なりますので、ホームページや市区町村からの広報をチェックしてください。 税務署から学ぶ 確定申告の相談窓口は税務署の窓口です。 税務署は、基本的に平日のみ開いていますが、一部の税務署では、2月から3月の 確定申告シーズンに合わせて休日も相談にのってくれます。 しかし、確定申告時期は、税務署は非常に混み合いますので、時間をかけて丁寧に相談を受けられない可能性があります。 税務署に相談するのであれば、確定申告のシーズンを外した方が賢明です。 直接税務署に行かないと相談はできないのかというとそうでもなく、ちょっとしたことなら電話でも可能です。 ですが、実際の書類を見ながら相談するとなると、やはり税務署へ赴く必要があります。 インターネットから学ぶ インターネット(Google先生)には、確定申告の情報があふれています。 「住宅ローン控除 確定申告 いつ」と検索をすれば、検索結果が表示されます。 確定申告はいつ提出するか せっかく書いた確定申告書を忘れないように税務署へ提出しましょう。 芸能人などの有名人は、パフォーマンス/アピールもあって確定申告の受付初日に提出しています。 必ずしも、初日に提出する必要はありませんが、 確定申告受付の前半に提出することをおすすめします。 確定申告受付の後半は税務署も混み合います。 これは、自営業者などが、慌てて確定申告を提出するのではないかと思っています。 毎年確定申告することが分かっていても、書類の整理ができていなかったりして確定申告の準備が疎かになってしまうのが原因です。 子どもの夏休みや冬休みの宿題を後回しにしてしまうのと似ています。 宿題の提出日が分かっていても、つい後回しにしてしまって遊びが優先されていまうのですよね。 別に早く確定申告を出したからと言って、税額が変わるというわけではありませんが、早めに提出してスッキリとした気分を得たいものです。 おわりに 「税務署」は怖いというイメージがありますが、そんなことは決してありません。 「確定申告」と聞くと、自営業者のみが行う感覚ですが、「住宅ローン控除」を受けるためには、税務署に対して確定申告を提出しないといけません。 はじめて「確定申告」を行う場合は、敷居が高く感じるかもしれませんが、思ったほど難しい作業なのではありません。 「確定申告」に自信があるのならば、郵送で税務署に提出することも可能です。 例え間違っていたとしても、「無申告」よりはマシです。 もし、間違えて「確定申告」してしまったのであれば、「修正申告」という形で、申告した内容を修正することも可能だからです。 【関連記事】 人気記事• 梅雨が明けて、夏が近づくと、やたらとマンションのベランダでもバーベキュー BBQ を楽しみたいと思う人はいませ... 消臭や調湿効果に大変優れた「エコカラット」なのですが、思ったよりも効果がないと感じておられる方が多いことが分か... 新築マンションを購入する場合には、不動産会社から様々なオプション販売をすすめられます。 エコカラット・フロアコー... 埼玉県のさいたま新都心駅から徒歩5分に建設されるマンション・シントシティ SHINTO CITY は、放射能を... マンションの通常総会や臨時総会には、「出席通知書」「委任状」「議決権行使書」のいずれかを期限までに提出すること... マンションでは、定期的に排水管清掃が行われます。 排水管清掃を忘れていても管理組合で管理して定期的に清掃... 定期総会開催の案内文には、新型コロナウイルス対策の注意文言を明記して頂きたいです。 長期化する新型コロナの感染拡... ある日突然、マンション管理組合の理事長に選ばれてしまったら。 その時の挨拶ってどのようにすればよいのでしょうか。... タワマン(タワーマンション)を購入して、後悔している方が非常に多いと聞きます。 特に、「人間関係」と「子ども」で... 2018年12月26日付で処分された大京アステージ名古屋支店でのマンション管理費横領事件の発覚。 中部地方の複数...

次の