電気 料金 一人暮らし。 電気代の相場は?10年分の一人暮らし電気使用量の料金をまとめてみた。

電気代が高すぎます… 一人暮らし、週2日休みで仕事の日は帰りが遅く 21

電気 料金 一人暮らし

契約アンペア数ってそもそもなんぞ? 契約アンペア数というのは、 「同時に使用できる家電の量」になります。 例えば、エアコンを使いながら電子レンジをセットして、ドライヤーで髪を乾かそうとしたら…ブレーカーが落ちた!ぎゃぁぁぁ! となった場合は「契約アンペア数が足りない」ことが原因です。 契約アンペア数は10A(アンペア)から60Aまで選ぶことができ、数が多ければ多いほどたくさんの家電を同時に使うことができます。 部屋の照明を全開にして、エアコンを最強にして、ホットカーペットも最強にして、電子レンジでご飯を温めながら、テレビでゲームをするなんてことができるのは、アンペア数が多いからなんです。 じゃあ、一人暮らしでもアンペア数が多いのを契約すればいいじゃん、となりそうですがそうもいきません。 アンペア数 金額 10A 280円前後 15A 420円前後 20A 560円前後 30A 840円前後 40A 1,120円前後 50A 1,440円前後 60A 1,700円前後 これが毎月のアンペアに対する基本料金になります。 15Aと20Aの差は140円しかないのに、20Aと30Aの差は280円もあります。 これはなぜかというと、大体の人が30A以上を選ぶからなんですよね…。 家電ごとのアンペア目安 電気代を節約したいっていう一人暮らしの人は、20Aでも良いんですけど、いざっていうときにブレーカーが落ちることもあるので注意してください。 ってことで、家電製品に対してどれくらいのアンペアを消費するのか目安を紹介します! 家電 アンペア目安 エアコン暖房 起動時20A 常時6. 6A エアコン冷房 起動時14A 常時5. 8A 冷蔵庫 2A 蛍光灯の照明 0. 7A LED照明 0. 冬にエアコンの暖房をつけちゃうと、あっという間に20Aを消費しちゃうのでよほど寒さに強い節約家の一人暮らしじゃない限りは30Aがいいですよ。 そのため、夏はエアコンを多く使うからアンペアを上げて、それ以外の季節はアンペアを下げよう!っていうことはできません。 ただし、電気会社によってはアンペアが足りないので上げてほしいっていう要望だけ、対応してくれる場合があるので1度聞いてみましょう。 なんで上げるだけは途中で出来るのかって?電気会社にとっても電気代が上乗せになるのでメリットしかないからですよ。 ただ注意点が1つあって、すぐに上げてもらえるかは電気会社次第です。 そのため、余裕をもって申込してくださいね~。 ブレーカーが落ちるのが嫌!って人は、最初から30Aにしておいた方が無難です。 どうしても電気代を節約したい人へ! アンペアを下げるのは嫌だけど、電気代を節約したい!って人に、3つの方法を紹介しますね~。 是非お試しあれ! 時間帯別電灯などのプランにする 時間帯別で電気料金が変わるプランがある場合は、そのプランを選びましょう。 会社によって名前が違うんですけど「時間帯別電灯」や「夜トクプラン」って名前になっています。 これは、昼間の電気代が高くて夜の電気代が安くなったり、逆に昼間の電気代が安くて夜の電気代が高くなったりするプランです。 自分のライフスタイルに合った電気プランを選べます! 一人暮らしなら、基本的に日中は仕事していて夜に電気を使うことが多いので、全社の昼間は高くて夜は安いプランがオススメですよ! ちなみに東京電力の夜トクプラン12だった場合は、午前9時~午後21時までの電力量料金単価が33円76銭で、午後21時~午前9時の間は22円55銭ほどです。 省エネの家電製品に変える 省エネの家電製品に変えれば、そもそもの消費電力が少なくなるので電気代の節約に繋がります! こういう家電を買う場合は「エネルギー消費:〇〇kWh」という表記を確認してください。 数字が大きくなればなるほど電気代が高くなるので、なるべく数字が小さい家電を選びましょう。 家電を買い替える時にお金がかかっちゃいますが、長い目で見ると節約になるので投資は惜しまずに! 待機電力を減らす 待機電力を減らす方法は「タップ式の延長コード」がおすすめです! 使わない家電はスイッチをOFFにすることで、待機電力を失くせます。 とくに消費電力が多い、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーは、寝ている間の7時間だけでもOFFにすることで月150~200円ほど節約できます。 たった150~200円!? 月にすると少なく感じますけど、ちりも積もれば山となります!コツコツとした節約は大切ですよ。 電力自由化で賃貸でも部屋ごとに契約できるようになっている! 2016年3月31日以降は、電力自由化にともなって賃貸マンションやアパートでも部屋ごとに契約できるようになっているんです。 なので、より電気代が安い会社やプランを選ぶことが重要になってきます。 例えば、東京電力ではなく東京ガスのガス&電気まとめてプランにする、auやソフトバンクのスマホと一緒に電気も申し込むなど、ある程度選べます。 部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。 SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。 外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

次の

月々の電気代の内訳は?費用の構成内容と電気料金に影響しやすい家電製品 | 電気料金比較ポータルサイト【エネポタ 】

電気 料金 一人暮らし

一人暮らしの電気代・平均KWh 1-1. 7KWh」です。 これを30で割ると、一人暮らしの1日あたりの平均消費電力は「 7,99KWh」ということになります。 比較として複数人数の世帯の月平均電気消費量全国標準値を見てみましょう。 2014年全国平均消費電力 世帯人数 消費電力 1人世帯 239. 7kWh 2人世帯 367. 3kWh 3人世帯 431. 8kWh 4人世帯 444. 3kWh 5人世帯 525. 3kWh 6人世帯 637. 1-2. 次いで消費電力量の多い7~9月期は冷房器具の使用による電気料金増加が見られます。 1-3. 単身世帯平均月額電気代 2018年の単身世帯平均月額電気代は 5,852円です。 1-4. 1-5. 電気代節約方法 2-1. 電気カーペットの温度設定を低くする ポッドに2. 2Lの水を入れ沸騰させ、1. 2Lを使用したのちに6時間保温状態にした場合と、プラグを抜いて保温をせずに再沸騰させ使用した場合の省エネ効果は年間で107. 45kWh、 約2,900円の節約になります。 節約金額としては大きいですが、思い立ったらすぐにお湯が使えるという電気ポッドのメリットがなくなってしまうのが少々ネックとなります。 2-3. 契約アンペア数を下げる ほとんどの電力会社は契約アンペア数を下げると、基本料金が安くなります。 (サービスによっては基本料金固定のところも) たとえば東京電力の場合、10A契約なら月々280. 80円、60A契約なら月々1,684. 80円の基本料金がそれぞれ掛かり、 両者の差は1404円となります。 生活に支障のない範囲でのアンペアダウンは効果的な節約と言えますが、ブレーカー落ちに気をつけなければなりません。 2-4. 電力会社を変える 2016年4月以降、電力自由化によって私達は電力会社を選ぶことができるようになりました。 特定の時間帯に安くなるプランや各種サービスのセット契約による割引など、自分にとってお得な電力会社のサービスを利用したいですね。 しかし、現在利用している割引プランによっては逆に高くなってしまう可能性があるので、 電力会社変更には十分なリサーチが必要です。 2-5. 白熱電球をLEDランプに変える.

次の

【一人暮らしの電気代】電気料金の平均相場とすぐできる節約法 (冷暖房の工夫、契約プラン変更)

電気 料金 一人暮らし

絶大な信頼と安さで超優秀! 『Looopでんき』 満足度二冠!!『価格満足度』と『サービス満足度』の2つの部門で1位を獲得しています。 2020年3月サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表 3~4人家族だと、 関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる! 平均の使用量の場合 電気を多めの家庭は、年間3万円以上も節約できる可能性も... ! 最大の60アンペアでも基本料金0円! ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。 料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなくトップです。 最低料金は毎月必ず発生し、従量料金は使用量が増えるごとに高くなるか、一律単価か、安くなるのかなどは電力ごとに違います。 どちらのタイプが良いのかというと、電気の使い方と量によって変わります。 検針票や電力の会員ページなどに記載されている電気使用量を確認しましょう。 契約アンペアは20Aか30Aなのか、使用量はどれくらいなのかによってお得になる電力は変わります。 関西電力・四国電力・中国電力エリア以外の従来電力では10A~60Aの間でアンペア契約をしていて、契約アンペアが30Aの場合は30Aを超えるとリミッターとしてブレーカーが落ちるようになっています。 契約アンペアが小さい方が毎月の基本料金が安く、一人暮らしは低めの容量を契約することが節約の条件です。 しかし、電力によっては30Aでも60Aでも基本料金が0円になっているところもあります。 そういった場合は、ブレーカーが落ちることを気にせずに一度にたくさんの電気を使えるメリットがあります。 まずは自分の生活スタイルでは、どのくらいのアンペアが必要なのかということを把握しましょう。 低くていいのか、それとも気にしないで一度にたくさん電気を使うのかによって、電力会社を絞ることができます。 一人暮らしの平均の電気使用量と電気代の目安 有限会社ひのでやエコライフ研究所が公表している 一人暮らしの平均使用量は240kWhです。 2014年値 しかし、総務省の統計 2017年 が公表している電気代の平均は、年齢やライフスタイル、地域によって異なります。 34歳以下の場合、学校や仕事で朝晩しか家にいないというケースも多いですよね。 そういった方は3,000円前後になるでしょうし、家で仕事をやることが多い人は5,000円以上になるかもしれません。 ライフスタイルの違いが電気使用量と電気代に影響を与えているのでしょう。 2.安さ重視か料金以外の特典も優先するか 電力会社切り替えで1番のメリットは『電気代が安くなる』こと。 しかし、電力会社によってはポイントが貯まったり、ガスやインターネットとセットで契約すると安くなる割引があるなど様々なサービスがあります。 とにかく1円でも安くしたいのか、ポイントが欲しいのか、セットでまとめて安くしたいのかなどによって選択の幅が変わります。 ただし、セット割引やポイント還元などがあっても、トータルではそんなにお得じゃないことも珍しくありません。 例えば東京ガスで電気とガスでまとめるよりも、セット割なしで安い電力と安いガスをそれぞれ契約した方が安かったりします。 知識として覚えつつ、何を優先したいのか考えてみましょう。 一人暮らしの電力会社切り替えの基礎知識と確認事項 ここでは電力申し込み前に知っておきたい知識を紹介します。 電力会社を変えられるか確認する アパート・マンションなどの賃貸物件も電力切り替えができます。 しかし、物件によっては建物単位で一括受電契約をしている場合には個人での契約ができません。 借りている物件がどちらか分からない場合は不動産屋さんやオーナーに確認しましょう。 もしも契約した電力が倒産したら? 『安い電力会社を見つけたけど、安心できる会社なのか分からない』『倒産しないか心配』という方もいるかもしれませんね。 もしも契約した電力会社が撤退することになっても既存の電力がフォローすることになっているので、突然電気が止まるような事態にはなりません。 関西なら関西電力、東京なら東京電力がフォローしてくれます。 また、安い電力にしたからといって電力の品質が悪くなることもありません。 というのも、送配電ネットワークはこれまでと同じだからです。 どの電力から電気を買っても品質は変わらないので、安心して電力を切り替えてください。 電力申し込みから利用開始までの期間 電力会社への申し込みはWEBで完結できることがほとんどです。 検針票があれば 5分以内に終わってしまうような簡単な手続きになっています。 また、 電力切り替えは申し込みから利用開始までの目安は約2週間~1ヵ月と言われています。 もしも、キャンセルしたくなった場合は、利用開始までに電力会社に連絡すれば問題なくキャンセルできます。 電気代を安くするためにはできるだけ早めの申し込みがおすすめです。 申し込みをすると、切り替え先が契約中の電力へ解約手続きをするので、ご自身で解約の連絡をしなくて大丈夫です。 切り替え先を決めたらそのまま申し込みしてください。 スマートメーターの設置工事について 従来電力から新電力切り替えでは『スマートメーター』の設置工事があります。 原則無料の30分程度の作業で、立ち合い不要です。 また、停電にもなりません。 基本的にはスマートメーターの設置は、管理会社などに許可を取る必要はありませんが、トラブル防止のために伝えておくと安心です。 電力切り替えの初期費用 ほとんどの電力では初期費用なしで申し込み・利用開始できます。 しかし、稀に初期手数料がかかる電力もあるので、念のため確認しておきましょう。 最低契約期間や解約金を確認する 電力会社によって『契約期間』があり、期間内に解約してしまうと、解約金・違約金の支払いが生じることもあります。 例えばLooopでんきは契約期間は1年としているものの、いつ解約しても解約金は無料です。 しかし、ピタでんの場合は1年以内の解約は解約金2,000円が請求されます。 また、J:COM電力はインターネットとセットで契約すると、2年以上利用していても定められた『更新月』以外での解約は20,000円の違約金が発生します。 電力切り替えでは初期費用0円でも解約時には費用が発生する電力は結構あります。 契約期間、解約金の額、解約金が発生しないタイミングなど、必ず確認しましょう。 特に申し込みキャンペーンがある場合、『4ヵ月間利用すること』など条件が小さく書いてあります。 通常は縛りがなくても、セット割引きやキャンペーン適用には縛りがあるかもしれないので、後悔することのないように必ず確認することをおすすめします。 支払い方法の確認 新電力では支払い方法がクレジットカードだけの場合もあります。 あってもクレジットカードか口座振替の2種類など。 振込用紙による支払いができる電力は多くありません。 一人暮らしにおすすめの電力会社5選! 私が厳選した5つの電力会社を紹介します。 一人暮らしにも安いということを前提としていますが、1円でも安くしたい人、ポイント好きの人、トラブルにも対応して欲しい人、趣味合わせた電気の使い方や特典付きなど、この中から申し込みしたい電力が決まるように選びました。 ぜひ参考にしてください。 とにかくシンプルな料金体系で安い『あしたでんき』 料金重視の方は断然『あしたでんき』でしょう。 『あしたでんき』は東京電力の100%子会社なので、大手がバックにいると思うと安心!という方にもおすすめです。 基本料金が0円、解約金0円の新電力の中では 電気単価が最安になっています。 ポイントサービスや特典などはありませんが、とにかく安いのが『あしたでんき』。 期間限定でキャンペーンも実施しています。 サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表 先に紹介した『あしたでんきも』あとから参入してきた電力で単価を下げて勝負してきています。 それでも、Looopでんきは信頼が絶大なので人気が衰えず、ずーーーーっと選ばれ続けています。 電気使用量が少ない一人暮らしにもおすすめできます。 また、関東エリアには24時間365日対応の無料トラブルサポートがあるのもいざという時も安心です。 お得になる申し込みキャンペーンも期間限定で実施することもあります。 標準プランはLooopでんきと料金単価はまったく同じになっています。 Looopでんきが対応していない口座振替にも対応しているのも親指でんきのメリット。 『親指でんき』の大きな特徴は、料金プランが豊富なこと。 例えば『ペットがいる家庭向け』『夜型の生活向け』『ゲーマー向け』『美容に関心がある人向け』など他にはない独自のプランがあります。 安いだけでなくそれぞれの生活スタイルや趣味に合わせた嬉しい特典あるのは親指でんきだけ。 ENEOSでんきでは『Tポイント』やANAの『マイル』など、貯められるポイントをたくさんの選択肢の中から選ぶことができます。 車によく乗る人にはガソリン代の割引も嬉しいメリットですね。 また、電気のトラブルサポートが無料になっています。 1円でも安くしたいという方は電気使用量によって『あしたでんき』か『HTBエナジー』がおすすめですが、 料金以外の付加価値が欲しい人は『ENEOSでんき』をおすすめします。 ENEOSでんきの場合は以下の代理店からの申し込みをすると限定キャンペーンでお得です。

次の