スプラッシュ マウンテン 工事。 【スプラッシュマウンテン】絶叫マシーンが苦手な人のためにスプラッシュマウンテンの恐怖度、コースの展開を徹底解説!

ディズニー「スプラッシュ・マウンテン」題材変更! 『プリンセスと魔法のキス』に / 2020年6月26日

スプラッシュ マウンテン 工事

contents• なぜ登記をしなければならないのか? まず、登記をしなければならない理由について。 建物の登記をしなければならない理由は、不動産の登記について定めた法律である不動産登記法47条において「新築した建物又は区分建物以外の表題登記がない建物の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から一月以内に、表題登記を申請しなければならない。 」と定められているからです。 建物の表題登記が義務になっている訳ですね。 まぁ、登記していない建物なんてザラにありますが。 ディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランドも、この法律に則ってきちんと登記義務を果たしています。 さすが、大企業は違いますね。 そんなわけで、建物認定できるものについてはホーンテッドマンションだろうがカリブの海賊だろうが登記されているわけです。 ちなみに、この登記は市区町村の各役所の課税台帳と紐付けられて固定資産税の取りっぱぐれがないようにもされています。 こんなところばっかりお役所間での連携が取れていて切ない。 シンデレラ城の登記簿の面白さ シンデレラ城もきちんと登記されております。 その面白さはいったい何なんでしょう? シンデレラ城の登記簿 登記事項証明書は誰でも取得できますが、大っぴらに貼り付けるのも何なので概要を。 【表題部】 不動産番号 0443005035661 所在 浦安市舞浜1番地1 家屋番号 1番1の17 種類 店舗 劇場 構造 鉄骨造合成樹脂板葺地下1階付5階建 床面積 1階450. 03㎡ 2階106. 93㎡ 3階475. 82㎡ 4階55. 30㎡ 5階79. 53㎡ 地下1階755. 66㎡ 昭和57年12月28日新築 昭和61年7月15日種類変更 所有者 株式会社オリエンタルランド 【権利部】 記録無し 面白いポイント 無機質な文字の羅列 夢の国ディズニーランドにして最も象徴的な建造物であるシンデレラ城が、家屋番号1番1の17という何とも無機質な文字列で表現されていること。 構造に至っては鉄骨造合成樹脂板葺地下1階付5階建ですからね。 呪文か。 「夢の国も法律には勝てない」 「夢の国なのに夢がない」 こんな印象を持たれた方が多いのではないでしょうか? 広大な地下空間の存在 僕はシンデレラ城の外観とガラス細工屋さんがあることくらいしか知らないのですが、登記簿の床面積欄を見ると地下1階が755. 66㎡もあります。 この広大な地下にはいったい何があるのか?ロマンが広がりますね。 それにしても、円形の地下室とか床面積算出するのめんどくさかっただろうなぁ。 権利部に登記無し 不動産登記簿には大きく分けて「表題部」と「権利部」があります。 表題部には所在、家屋番号、種類、構造、床面積等、その建物の現況 とは言っても登記した時点のものですが が記録されています。 対して権利部はさらに細かく「甲区」と「乙区」があり、甲区には所有権に関する登記 差押えなんかもここに記録されます が記録され、乙区には主に抵当権や質権などの担保権に関する登記が記録されます。 シンデレラ城の登記簿を見ると権利部には何も登記記録がありません。 通常、不動産を担保にお金を借りたりすると、確実に権利部にも登記が入ります 住宅ローンなんかが分かりやすい例です。 権利部に何も記録がないことから、シンデレラ城を建てた際、オリエンタルランドは全額自己資金を投入したか無担保で融資を受けたか、そんな予測が立ちます。 「夢の国なのに担保権がベタベタ付いていなくて良かった!」 皆さんそんな気持ちを抱いたのではないでしょうか? 城に抵当権。 シュールすぎて土地家屋調査士か司法書士くらいしか笑えないネタ。 スプラッシュ・マウンテンの登記簿の面白さ 続きまして、スプラッシュ・マウンテン。 スプラッシュ・マウンテンもきちんと登記されております。 その面白さはいったい何なんでしょう? スプラッシュ・マウンテンの登記簿 スプラッシュ・マウンテンの登記記録はこんな感じです。 【表題部】 不動産番号 0443005035750 所在 浦安市舞浜2番地1 家屋番号 2番1の25 種類 スプラッシュマウンテン 構造 鉄骨造陸屋根鋼板葺地下1階付3階建 床面積 1階5880. 63㎡ 2階3885. 73㎡ 3階551. 54㎡ 地下1階475. 53㎡ 平成4年7月30日新築 所有者 株式会社オリエンタルランド 【権利部】 記録無し 面白いポイント 種類がそのまま「スプラッシュマウンテン」 このスプラッシュ・マウンテン、建物の種類がそのまま「スプラッシュマウンテン」なんです。 建物の種類がスプラッシュマウンテンなんて、スプラッシュ・マウンテンをおいて他に存在しないでしょうね。 嗚呼、スプラッシュ・マウンテン。 古池や 蛙飛び込む スプラッシュ・マウンテン。 通常、建物の種類は不動産登記規則113条と不動産登記事務取扱手続準則80条においてある程度定型のものが決まっています。 (建物の種類の定め方) 第80条 規則第113条第1項に規定する建物の種類の区分に該当しない建物の種類は、その用途により、次のように区分して定めるものとし、なお、これにより難い場合には、建物の用途により適当に定めるものとする。 校舎、講堂、研究所、病院、診療所、集会所、公会堂、停車場、劇場、映画館、遊技場、競技場、野球場、競馬場、公衆浴場、火葬場、守衛所、茶室、温室、蚕室、物置、便所、鶏舎、酪農舎、給油所 2 建物の主たる用途が2以上の場合には、その種類を例えば「居宅・店舗」と表示するものとする。 「なお、これにより難い場合には、建物の用途により適当に定めるものとする。 」とあるように、これは必ずしも上記種類のいずれかでなければならないというわけではなく、上記種類に該当しない場合は建物の用途を考慮して適宜決めて良いですよ、ということです。 最近ですと「老人ホーム」とか「デイサービスセンター」とか。 しかしながら、登記の公示の観点から、登記簿を見たときに一見してどんな建物か分かるよう一般社会で通用する用語を的確に使用すべきとの要請もあります。 そして、スプラッシュ・マウンテンの建物の種類はスプラッシュマウンテン。 いやいやスプラッシュマウンテンて。 建物なのに山て。 水飛沫をあげる山て。 旧不動産登記法の時代とは言え、これは完全に登記官の茶目っ気だと思う。 goodjobと言わざるを得ない。 まとめ シンデレラ城やスプラッシュ・マウンテンが登記されていると話題になった件について、その面白さを考察してみました。 『日常の中の非日常』であるディズニーランド。 その『非日常の中の日常』である登記。 このギャップが人々を駆り立てている要因だと僕は思います。 以上、嬉々として教えてくれた嫁さんを返り討ちにするくらい知識をひけらかした糸田矢豆でした。 敬具 まじめにディズニーを楽しんでいる記事はこちら。

次の

【TDL】「スプラッシュ・マウンテン」のポイント解説! 速度・高さ・角度は?USJと比較 その他情報も

スプラッシュ マウンテン 工事

一見愉快にも見えるスプラッシュマウンテンですが、実は兼ねてより 人種差別的観点から問題視されていました。 というのもスプラッシュマウンテンが題材としている映画 『南部の唄』が、ディズニーも公開禁止にしているほどの作品でありまして。 南部の唄 1946年に公開された 『南部の唄』は実写とアニメーションを合体させた、ディズニーお得意の映画でした。 具体的に言うと、登場するリーマスおじさんが語る「おとぎ話」の部分がアニメ、それ以外は実写で白人少年と黒人のリーマスおじさんとの関係を描いています。 しかし、実写部分での黒人描写が不十分だとして抗議がありました。 実際は 白人の少年と黒人のリーマスおじさんが仲良くするなんて、当時はあり得なかった……という理由です。 抗議を受けてディズニーは 本作のDVD化や公開を一切していません。 アトラクションはあるのに、原作の映画を観ることは出来ないという奇妙な状況が続いています。 筆者自身も生まれた時にはすでに自主規制に入っていたため、鑑賞したことは一度もありません! 本当は観たいんだけどね?観られないなら仕方ないよねえ……。 スプラッシュマウンテンとの関係 じゃあ スプラッシュマウンテンはなぜ自主規制に引っかからなかったのか? 乗った方は分かると思いますが、スプラッシュマウンテンはリーマスおじさんが語る 「おとぎ話」部分を題材にしています。 そのため、問題のあった実写部分とは距離を置いたアトラクションになっているんですね。 恐らく『南部の唄』自体を知らないほとんど人たちは、差別問題と結びつけることなんて、ほとんどないでしょう。 今回の変更が発表されるまで、知らなかった人も多いはず。 しかし、時代の流れと言いますか、やっぱり 「変えた方が良い」と判断されたワケでありまして。 うーん、これに関してはアメリカに住んでいない以上、何も言えないよね。 残念だとは思うけど、批判できる立場にはないと思うので。 次に来るアトラクション 現在発表されているのは 『プリンセスと魔法のキス』を題材としたアトラクションです。 初の黒人プリンセスを描いた同作は、まだアトラクション化されていなかった名作アニメ。 ディズニーオタクを自称する筆者もイチオシの作品なのですが、イマイチ知名度が低かったり。 ここではアトラクションの内容や、クリッターカントリーについて考察していきます! アトラクション 新しくしたとしても、うさぎどんなどが登場する部分が 『プリンセスと魔法のキス』のキャラクターに変わるだけで、 コースは全く同じになると思います。 もしかしたら、一部動物キャラクターたちはそのまま使われるかもしれません。 実際にスプラッシュマウンテンが出来た時にも、休止した別アトラクションのアニマトロニクスを再利用しています。 それにプラスして ディズニーの最新技術をつぎ込む、と言った形ですかね。 コンセプトアートの背景が夜なこともあって、私はアニマルキングダムにある 『ナヴィ・リバー・ジャーニー』のようなアトラクションになると予想します! アトラクション内部は『プリンセスと魔法のキス』で印象的だった夜のシーンが再現されていて、 幻想的な船旅を演出する……といった感じかな。 どうやって ラストの落下に繋げるのかが難しそうではありますがw そもそも『プリンセスと魔法のキス』でスリルライドって想像つかなかったからさ。 クリッターカントリー まず、ディズニーランドの場合だったらクリッターカントリーがあるので、そこまで難しくはないでしょう。 エリア全体を『プリンセスと魔法のキス』にしてしまうか、 ニューオーリンズスクエアと合流させるか。 幸いなことに 『プリンセスと魔法のキス』の舞台もニューオーリンズですし。 そのまま合体させるのが良いのかなぁと。 ただ、ディズニーランドのクリッターカントリーにあるアトラクションはスプラッシュマウンテンだけではありません! 日本と同じよなカヌーもあるし、ここには プーさんのアトラクションが設置されていたりします。 この2つはどう考えてもニューオーリンズスクエアと 合流させるのは難しいです。 いっそのこと近くの「フロンティアランド」に合流させるという手もありますが……。 どちらにしろ付近の景観は大きく変わることが予想されます。 フロンティアランド 続いてマジックキングダム。 ここのスプラッシュマウンテンは唯一フロンティアランドに設置されています。 日本だと ウエスタンランドですね。 この場合だとかなり難しいです。 フロンティアランドには別のアトラクションもたくさんありますし、隣接しているのはアドベンチャーランド。 完全に新アトラクションの周辺だけ景観が異なってしまいます。 そうなると、 新アトラクションの周りだけを別エリアに指定するしかありません! さすがにフロンティアランドまるまる工事するわけにはいかないし、どうしても浮いてしまうと思うんです。 クリッターカントリーがない関係では、一番マジックキングダムが難しいかも 日本のスプラッシュマウンテンはどうなるの? 最後に少しだけ日本のスプラッシュマウンテンにも触れておきます。 今のところ改装計画には東京ディズニーランドは 含まれていません! アメリカにあるディズニーランドとマジックキングダムのみのリニューアルとなるようです。 しかしながら、時代的にも日本が 新アトラクションに変わる日がくる可能性は十分にあります。 少なくとも2020年内に工事が始まるってことはないと思うので、今のうちに楽しんでおくのが一番です。 クリッターカントリーをファンタジーランドに もし『プリンセスと魔法のキス』のアトラクションが日本にも作られるなら、 クリッターカントリー自体をファンタジーランドに合流させる方法が取られるかもしれません。 位置的にも隣に位置しているので、まぁ違和感はないかなとも思うのですが、問題はその他アトラクションやレストラン。 カヌーもそうですが、 「グランマ・サラのキッチン」や 「ラケッティのラクーンサルーン」は行き場を失ってしまいます。 美女と野獣エリアがオープンしてすぐに、そんな大規模なリニューアルをするとは到底思えないんですね。 ディズニーシーでもファンタジースプリングスの建設が進んでいるし。 そう考えると、 すぐにはリニューアルされないはず。 むしろ飛沫感染を恐れて絶叫できない方が問題かと。 まとめ アメリカ本国でも工事の期間などは決まっていないようだし、そこまで焦らなくても良さそう。 ただ私は 「これが最後かも」と思いながら、スプラッシュに乗ることにしますw 新アトラクションが出来ても人気が出そうですが、スプラッシュマウンテンは思い入れのある人も多いでしょうから、やっぱりなくなって欲しくはないよね。 私は降り場の音楽を聴くと、家族でディズニーランドに来ていた頃を思い出します。 いつも最後のアトラクションとしてスプラッシュに乗っていたからさ。 なんか切ない気持ちになるんだよねw っ感じで今回はこの辺にしときます。 また新しい情報が来たら記事にするかもしれません。

次の

【TDL】「スプラッシュ・マウンテン」のポイント解説! 速度・高さ・角度は?USJと比較 その他情報も

スプラッシュ マウンテン 工事

スプラッシュマウンテンのアトラクションストーリー ここで、アトラクションのストーリーを軽く振り返ってみましょう。 うさぎどんは、自分の家を出発して 「笑いの国」を目指して度に出ます。 しかし、うさぎどんの背後には彼を狙う二匹の影が… それが、クマどんとキツネどんです。 一度は縄でうさぎどん捕まえようとするも逃げらてしまいますが、 蜂の巣を使ってうさぎどんを捕まえます。 ここらへんでライドが坂を登っていくのでドキドキします…笑 そこでうさぎどんが「お願いだから、あのいばらの茂みにだけは投げ込まないで~」 と言っていますが、 キツネどんが投げ入れてしまいます。 そのいばらの茂みに入るとなんとそこが 「笑いの国」なのでした。 ……… アトラクションに乗っていると、こんなストーリー展開でライドが進んでいくかなと思います。 ちょっと腑に落ちないストーリー?を更に解説 このアトラクション。 ちょっと乗っただけだと 「ストーリー展開が腑に落ちないな…」 と思いませんか? 特に、 いばらの茂みに飛び込む ジェットコースターが落ちる 手前で、 「お願いだから、あのいばらの茂みにだけは投げ込まないで~」 と、うさぎどんが言ってるのに、 なんでいばらの茂みに落っこちたら「笑いの国」なの!!?? なんでこんな急にハッピーな雰囲気で終了~になっちゃうの!? …という謎。 笑 私は元のストーリーをちゃんと知るまで 急展開すぎてついてけないよ! と思っていました笑 …ので、ココで解説していきます。 まずは、 いばらの茂みがミソ。 これが実は、 うさぎどんの家なのです。 アトラクションの中でも、 うさぎどんが「旅に出るぞー!」と息巻いている 背後にある家にいばらが絡んでいます。 実は、原作ではうさぎどんは自分の住む場所に嫌気がさして 「もうこんな、いばらの家なんて嫌だ!笑いの国を探すんだ!」 と言って旅へと出発。 ところがキツネどんとクマどんに捕まってしまい、絶体絶命。 ほんとは、 自分の家だけれど、それを知らない二人に うさぎどんは 「あのいばらにだけは絶対投げ込まないでー!」と懇願します。 これまで、まんまと逃げられてきたうさぎどんを懲らしめたい二匹は、 そう言われるなら…と、うさぎどんをいばらに投げ込むのです。 策略がうまくいって、 結局は自分のいばらの家に戻ってきたうさぎどん。 すると、仲間たちが皆でうさぎどんを出迎えてくれます。 そこで、 笑いの国が、自分がこれまで住んできた場所であったことに気づく… という話なのでした。 スプラッシュマウンテンの原作は? TDLのスプラッシュマウンテンは、なくてはならないメインアトラクションのひとつですが、 意外と知られていないのが原作。 原作は 『南部の唄』というタイトルの実写映画で、 アメリカ南部の農場が舞台。 黒人のリーマスおじさんと、白人の少年が心を通わす心温まるストーリーです。 うさぎどん達は何処に出てくるのかというと、 この黒人のリーマスおじさんが話す、 おとぎ話の登場人物として出てくるのがスプラッシュマウンテンに出てくるキャラクターたちなのです。 この映画は実写映画ですが、リーマスおじさんが話すおとぎ話はアニメーションになっていて、 他の映画で例えるなら「メリーポピンズ」的な感じに 実写の人物とアニメーションのキャラクターたちが登場します。 『南部の唄』はなぜメジャーじゃないのか スプラッシュマウンテンは世界のディズニーパークにもある人気のアトラクション。 アトラクションのテーマソングにもなっている 「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー(Zip-A-Dee-Doo-Dah)」は アカデミー賞の歌曲賞、 リーマスおじさん役のジェームズ・バスケット(James Baskett)さんは 特別賞を受賞しています。 けれど、日本では『南部の唄』という映画のタイトル自体、聞いたことがないという人が多いのではないでしょうか。 それは、 アメリカの黒人奴隷制度などが関わる歴史的背景に関係があります。 ただし、 黒人奴隷の描写がNGだった、というわけではなく、 映画の中で 黒人と白人が対等に話をしていて、 それが 歴史への誤認に繋がる といった旨を、全米黒人地位向上協会が訴えたからでした。 それ以降、 ディズニーの自主規制により『南部の唄』は公開されず、 日本でもビデオが販売されていたものの、 現在では廃盤になってしまいました。 私は運よく、『南部の唄』のビデオを持っているのですが、 登場する白人の少年の母親役などは、黒人のリーマスおじさんに対して 結構厳しい態度だな~ と思っていましたが、 あの態度でも「対等に話している」という認識になるとは… アメリカの黒人差別の歴史的な根深さを感じますね。 まとめ スプラッシュマウンテンのストーリーとその裏側が分かると、 いつも乗るアトラクションも違った見え方がしてくるのではないでしょうか。 次回、ディズニーに訪れる際には、このストーリーを思い出して、 楽しさも倍増すれば幸いです。

次の