脂肪 燃焼 スープ。 脂肪燃焼スープのレシピ!人気やおいしいアレンジからセロリ抜きまで

【体験談】脂肪燃焼スープダイエット、1週間の食事内容と体の変化をレポ!

脂肪 燃焼 スープ

でも、スープをお腹いっぱい食べているので、そのようなストレスとは無縁で糖質オフが自然に出来てしまいます。 新陳代謝がアップして痩せやすくなる デトックス効果で血液やリンパの流れも良くなって、新陳代謝が良くなります。 玉ねぎを始めとして血液サラサラになる野菜がたっぷり! 新陳代謝がアップすればダイエットにいいだけでなく美肌効果も期待できますよ。 免疫力がアップして身体が丈夫になる このスープに使っている野菜はビタミンACEが豊富です。 免疫力をアップさせる働きにも優れた野菜がたっぷりなんです。 風邪を引きやすい人は、ダイエットしながら丈夫な身体作りも出来てしまいます。 他のダイエット法とは違うメリット 脂肪燃焼スープダイエットは、色々なダイエット法を試してきたけれど、全く効果を実感できなかったという人にこそ試して欲しいダイエット法です。 成功率の高いダイエット法 うまくいかなかった人の口コミなどをみると、飽きてしまって続かなかった、という人が多いのです。 ということは、続けさえすれば効果が出やすいということなんです。 ルールを守ってしっかり1週間続けることが出来れば、減少する体重に個人差はありますが、 他のダイエット法のように「まったく痩せなかった」ということはないでしょう。 食べられないというストレスがない ダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリーですから、どうしても食事制限の辛さがつきまといます。 効果が高いといわれるプチ断食も、たった数日とはいえ「食べられない」というストレスから挫折する人も多いですよね。 その点脂肪燃焼スープダイエットは、野菜もたっぷり食べられるし、やってみると分かりますが、意外と腹持ちがいいんですよ。 脂肪燃焼スープダイエットのスケジュールで、肉を食べていい日が4日目にやってきます。 豆乳はたんぱく質なので、豆乳を使う場合は4日目以降にしてください。 料理が苦手でも作り方が簡単 どれも生で食べられる野菜ですから、何時間も煮込む必要がないので、さっと火が通ればOK。 時間がなければ電子レンジを使ってもいいでしょう。 野菜を切る• スープで煮る• 味を整える この3ステップです。 野菜はどんな切り方でもかまいませんし、煮るだけですから対して手間もかかりません。 作り方が面倒だと挫折しやすいですが、簡単なので1週間なら続けられると思います。 あれこれとお金がかからない もちろん材料費はかかりますが、どれもスーパーで手に入る身近な野菜ばかりです。 ダイエットや美容に良いと人気のスーパーフードなどはインターネットや輸入食材店でしか手に入らないものもあり、割と高価ですよね。 それに比べたら(セロリはないかも知れませんが)、どの家にもありそうな野菜ばかりです。 お金のかかる特別なものを使わなくてもいいというのも嬉しいところです。 脂肪燃焼スープダイエットの方法 それでは具体的な脂肪燃焼スープのやり方をご紹介しましょう。 スープを飲めばいいのですが、飲み方にはルールがあるので、それを守ることが大切です。 ダイエットを始める前の注意事項 脂肪燃焼スープダイエットを始めるにあたっては、いくつかルールがあります。 前日24時間はアルコール禁止• 砂糖や甘味料(人工甘味料含む)は禁止• 飲み物は水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース(甘味料なし)のみ• 揚げ物、小麦粉製品はダメ• スケジュールを守る• 夕食前は必ずスープを一皿以上飲む• <作り方>• 野菜を適当な大きさに切って鍋に入れます。 ひたひたよりも少し多いくらいの水とスープのもとを入れて火にかけます。 具材に火が通ったら、塩こしょうで調味して出来上がり! 簡単ですよね。 まとめて作って冷凍しておけば、1週間で3~4回の調理で済んでしまうでしょう。 代用できる具材もある どうしてもこの野菜や食べられない!というものもあるでしょう。 セロリは嫌いな人が多そうですね。 一応代用野菜というものもあり、• ただし、 残念ながらトマトだけは代用できないので、トマト嫌いの方にはちょっと難しいかもしれないですね。 1週間しっかり続けること 脂肪燃焼スープダイエットは、スープや他の食材との組み合わせなど、細かくスケジュールが決まっています。 <基本プログラム>• 2日目:スープ+野菜(豆類、トウモロコシ以外)• 4日目:スープ+バナナ(3本)+スキムミルク(500ml)• 5日目:スープ+肉(または魚)+トマト(最大6個) 肉は350~700gくらい、脂肪分の少ない物• 7日目:スープ+玄米+野菜+フルーツジュース フルーツも野菜も何を食べても良いのですが、4日目以外はバナナを食べてはいけません。 野菜を食べるときは油やバターを使わずに、蒸すか茹でるなどの調理法にします。 スキムミルクとは脱脂粉乳のこと。 牛乳の脂肪分を抜いて粉末状にしたもので、水などに溶いて飲みます。 熱湯だと溶けにくいので、60度くらいのお湯が溶けやすいです。 もしスキムミルクが手に入らなければ、• 低脂肪乳• 無脂肪乳 で代用しましょう。 しっかり食べられるとはいっても、食べていいものは決まっているので、きちんと計画を立ててやっていく必要があります。 お昼はスープジャーなどに入れて持っていけば、仕事の合間でも食べられますよ。 脂肪燃焼スープダイエットを成功させるポイント せっかくやるのですから、1週間で確実に効果を出すためのポイントをご紹介しますね。 食べていい食材を守ること 脂肪燃焼スープ以外に食べられる食材が決まっていますが、効果が出なかった人はこの食材を守っていないことが多いのです。 できれば、• じゃが芋• トウモロコシ など糖質の高い野菜ではなく、• レタス• ブロッコリー など葉もの野菜か緑黄色野菜の方がおすすめです。 主食になる野菜は炭水化物と同じです。 たんぱく質はしっかり摂ること 途中で肉が食べられる日がありますが、肉はここでしっかり食べて下さいね。 痩せたい!という思いが強くて肉まで我慢してしまう人がいますが、それは健康上よくありません。 ただでさえ数日まったくたんぱく質を摂っていないのです。 ここでたんぱく質を摂らないと筋肉が落ちて痩せにくい身体になりますので、しっかり摂りましょう。 腹八分目にすること いくら野菜だって0kcalではありません。 確かに低カロリーで「食べれば食べるほど」やせるといわれていますが、やはり物事には限度があります。 ゆっくり良く噛んで食べて腹八分目にすることを心がけてください。 1週間以上続けないこと このダイエット法では、絶対的にたんぱく質の摂取量が減るので、1週間に限って行わないと栄養不足になり基礎代謝量が落ちてしまう危険があります。 途中で運動をすればまだしも、短期間で体重を落とすための食事療法であり、極端なカロリー制限であることには変わりありません。 もし続けてやりたい場合は、7日間やったら最低2日空ける(炭水化物やたんぱく質をとる)ようにしましょう。 生理の前にやらないこと 脂肪燃焼スープダイエットを始めるのは生理が終わってからが基本です。 女性ホルモンの影響で太りやすくなっている生理前にやっても、思うような効果は得られないでしょう。 スープに飽きて挫折しそうなときのアレンジ 効果は多少下がりますが、スープにお肉を入れましょう。 もしくは豆腐。 少量でも「食べた感」を得られて、挫折せずに続けられます。 終わった後にどか食いしないこと せっかく1週間で痩せても、その後それまでの食事内容に戻してしまえば当然ですがリバウンドします。 大事なのは、1週間で小さくなった胃に合わせて食事をしていくことと、たんぱく質などを摂りながら運動も取り入れて、「痩せやすい身体」を維持することです。 リバウンドしないための応用編 いくら効果があるとはいっても、やはり同じものを1週間食べ続けるのは苦痛だと感じる人もいますよね。 嫌いな野菜があれば、なお辛いですね。 そのストレスは、ダイエット後のどか食いにつながり、リバウンドの危険が高くなります。 実際、このダイエット法を実践してリバウンドしたという声が多いのも事実です。 無理して我慢をしてリバウンドをするくらいなら、「食前にスープを食べる」という方法だけでも取り入れてみてはいかがでしょうか。 スープ以外の食材をあまり制限せずに、甘いものなどを少し控えるようにして、あとは普通に食事をするんです。 もちろん効果はゆるくなるので、1週間で何キロも体重は落ちません。 でも、このスープ自体は緑黄色野菜もたっぷりで肌にもいいですし、デトックス効果も高いものです。 食事の前にこのスープを1杯食べて、それから食事をするという方法を続けるなら、食事の前にお腹がいっぱいになるので1日の総摂取カロリーも抑えられます。 筋トレや有酸素運動を併用することで、「ダイエットをしている」という辛さを感じることなく、自然と体重を落としていけるのではないかと思います。 1週間だと思えばきっとできる! いうまでもなく、食べないダイエットは身体を壊します。 脂肪燃焼スープダイエットも、炭水化物やたんぱく質を極端に制限していますから、やり方を間違えるとちょっと危険なダイエットでもあります。

次の

脂肪燃焼スープダイエットで痩せない原因3つ!正しいやり方を徹底紹介

脂肪 燃焼 スープ

「脂肪燃焼スープダイエット」とは、ダイエットに効果的な野菜をふんだんに使った脂肪燃焼を促進させるスープのことです。 脂肪燃焼スープダイエットは、「食べるだけで痩せる」、「1ヶ月で10キロ減った」などといった声も上がっています。 実際、ほとんどの人は、野菜不足により、代謝が落ちてしまっていたり、便秘になってしまっていたりということが多いので、脂肪燃焼スープを飲むことで痩せるというのは効果的です。 しかし、ダイエットに効果的と言われる脂肪燃焼スープですが、正しい方法で行わないと、効果を実感できないどころか太ってしまう可能性さえあります。 今回は、そんな脂肪燃焼スープダイエットについて、専門家の意見を踏まえながら、効果やレシピ、正しいやり方について、紹介していきます。 脂肪燃焼スープダイエットは、正しいやり方をしていけば、ストレス少なく痩せられるので、ぜひ挑戦してみてください。 正しい脂肪燃焼スープダイエットの方法やおすすめのレシピを紹介する前に、脂肪燃焼スープダイエットをしていくにあたって、期待できる効果を紹介していきます。 脂肪燃焼スープは、様々な野菜を入れるので、ダイエットに良い効果が沢山あります。 まずはしっかりとチェックしていきましょう。 脂肪の燃焼を助け代謝アップ 脂肪燃焼スープは、脂肪燃焼とつくだけあって、脂肪を燃焼する効果を期待できます。 野菜をとっていくと、食物繊維とビタミン、ミネラルなどを豊富にとることができ、食物繊維には脂肪を体の外に排出する効果、ビタミン・ミネラルには血流を良くする効果が期待できるので、脂肪燃焼をスムーズにしてくれるでしょう。 また、人の体は糖質からエネルギーとして使われているので、脂肪燃焼スープで糖質をカットしていくと、体を動かす際に糖質の代わりに脂肪が使われやすくなり燃焼していきます。 血流が良くなることで、代謝アップの効果も期待でき、痩せやすくなるといった点も脂肪燃焼スープのいいところなので、ダイエットに大きな効果を発揮してくれるでしょう。 便秘の改善 野菜に含まれている食物繊維には、腸内環境を良くしてくれる効果があると言われているので、便秘の解消に効果的です。 便秘だとそれだけで体重が増えてしまったり、お腹がぽっこり出てしまったりするだけでなく、代謝も悪くしてしまうと言われています。 便秘を解消して体の循環を良くしていくことで痩せやすくなるので、脂肪燃焼スープは痩せやすくもしてくれます。 カロリーカットできる 一日の標準摂取カロリーは女性で2000kcal、男性で2600kcalと言われていて、脂肪燃焼スープはお腹いっぱいまで食べたとしても、500kcalいかない程度なので、カロリーカットの効果を期待できるでしょう。 特に、夜は活動が減るのに夕食をたくさん食べる人は多く、カロリー過多で脂肪になってしまいやすいので、夕食を置き換えるなどしていくことで、より高い効果が期待できます。 カロリーを多くとりすぎてしまっているかもしれないという人は、脂肪燃焼スープの効果をかなり実感できるでしょう。 脂肪燃焼スープの作り方は、野菜を食べやすい大きさに切って、煮込むだけなので、簡単ではあるでしょう。 特に脂肪燃焼スープに入れたいダイエットに効果的な野菜 基本の脂肪燃焼スープのメニューを紹介しましたが、特にダイエット効果が高く、入れたい野菜を紹介していきます。 「トマト」 リコピンが特に脂肪燃焼などのダイエット効果が期待できます。 さらに「水溶性」の食物繊維が含まれているので、脂肪を体の外に排出してくれます。 「玉ねぎ」 血液がサラサラになると言われているので、代謝アップ効果が期待できます。 「ほうれん草」 カリウムが豊富にむくまれていて、カリウムは塩分を分解して、むくみを解消すると言われています。 「生姜や唐辛子」 生姜も唐辛子も体を温め、代謝をアップさせてくれると言われています。 味のアクセントとしてもおすすめです。 脂肪燃焼スープダイエットのメニュー 一週間分 ここからは、一週間という短期間で脂肪燃焼スープダイエットをしていくにあたって、最もおすすめのメニューを紹介していきます。 1日目 脂肪燃焼スープと鶏肉の日 まず脂肪燃焼スープダイエット初日は、脂肪燃焼スープと鶏肉を中心に食事を組み立てましょう。 たんぱく質をとって筋肉をつけていくことで、代謝が上がります。 特に鶏肉は、低カロリー高たんぱくなので、脂肪燃焼スープダイエットに積極的に取り入れたいところです。 基本的に一日の食事を脂肪燃焼スープと鶏肉にして、追加するにしてもサラダやヨーグルト、茶碗半分程度の白米にしておきましょう。 2日目 脂肪燃焼スープと魚の日 2日目には、栄養バランスをとっていくために青魚を食べていきましょう。 青魚にも脂肪燃焼効果が期待できますし、血液をサラサラにして、代謝を良くしてくれると言われています。 この日はメインを魚と脂肪燃焼スープ、追加するとしたら、少量のささみ、卵、納豆、サラダくらいにしておきましょう。 3日目 脂肪燃焼スープと牛肉の日 脂肪燃焼スープダイエットでは、特にたんぱく質を意識してとっていく必要があるので、3日目には牛肉中心の食事を心がけましょう。 できるだけ赤身を選べば太る心配も少ないですし、たんぱく質が代謝を上げ、脂肪燃焼スープダイエットの効果を上げてくれるでしょう。 4日目 脂肪燃焼スープとビタミンの日 4日目は1週間でダイエットしていくためのカロリーカットの日として、低カロリーなサラダ、フルーツなど中心の日にしていきましょう。 あまりカロリーをカットしすぎても、良くないですが、まずついてしまった脂肪をとっていくために、カロリーを減らしていくことも大切です。 次の日はストレスを溜めて太りやすくしないように休みの日を設けるので、ここでの脂肪燃焼スープダイエットでは、低カロリーにしていきましょう。 5日目 お休みの日 ストレスがかかると、食欲が増えてしまったり、血管を圧迫して、代謝が悪くなったりしてしまうと言われています。 我慢してもダイエットには良くないので、カロリーだけ女性で2000kcal男性で2600kcal 以下にして自由に食べるという日を設けましょう。 もしそこまでダイエットのストレスが溜まっていないのであれば、食事のどこかに脂肪燃焼スープを入れても良いです。 脂肪燃焼スープダイエットも続かなければ効果は薄いので、休み日もしっかり作って続けていきましょう。 6日目 脂肪燃焼スープと玄米の日 6日目は、脂肪燃焼スープに玄米をプラスしてきましょう。 玄米は糖質がある程度入っていますが、必要な糖質量を不足しないくらいとっていくことができるので、脂肪燃焼スープダイエットを効果的に進めるのにおすすめです。 また玄米にはビタミンやミネラルが多く含まれていて、脂肪の蓄積を抑える効果があると言われているので、よりダイエットに効果的です。 7日目 脂肪燃焼スープと野菜の日 脂肪燃焼スープや野菜に含まれる栄養素は、普段の食生活では不足しがちなので、最終日には今後を見越してしっかり野菜をとっておきましょう。 最終日にカロリーカットをしっかりできるので、体の脂肪を減らすことができるでしょう。 ただ、脂肪燃焼スープダイエットを始める前の食生活にすぐに戻してしまうと、結局リバウンドしてしまうので、注意が必要です。 最終日はほぼ野菜の食事、追加するとしてもささみや納豆くらいにしておきましょう。 脂肪燃焼スープを作るのが面倒な人はマイクロダイエットがおすすめ 脂肪燃焼スープの作り方は簡単ではありますが、栄養バランスも考えなくてはならないので、意外と面倒という方もいるでしょう。 そういった労力をかけずに栄養バランスも保ってダイエットしていきたい方には「マイクロダイエット」がおすすめです。 マイクロダイエットは低カロリーなのに、栄養がしっかりとれると人気のダイエット食品で、41か国での販売実績、1000以上の専門機関が採用しているなどプロからも認められた本格的なダイエット食品となっています。 また、低カロリーで栄養がしっかりとれるだけでなく、ドリンクタイプ、リゾットタイプ、パスタタイプ、シリアルタイプと色んな種類があり、満足感をもって続けることができます。 価格は「36,288円 税込 」で43食、一食当たり844円と少し値段はかかりますが、栄養バランスがしっかりととれて、1食1000円くらいの食事を置き替えるとすれば、むしろ割安になる人もいるでしょう。 マイクロダイエットは、無理なく簡単にダイエットしていける食品なので、脂肪燃焼スープが面倒という方はぜひ試してみてください。 ここからは、脂肪燃焼スープダイエットを続けていくにあたって、飽きないようにアレンジレシピを紹介していきます。 色々な味を試してみて、続けやすい方法で脂肪燃焼スープダイエットをしていきましょう。 豆乳脂肪燃焼スープ 脂肪燃焼スープは、豆乳を使って風味を変えるだけでも、かなり味を変えることができ、気分転換になります。 豆乳脂肪燃焼スープの作り方は簡単で、先ほど紹介した基本の作り方で水と一緒に豆乳を400mlほど入れるだけです。 簡単にできて、クラムチャウダーのような味にできるので、脂肪燃焼スープダイエットに非常におすすめで人気なアレンジメニューです。 豆乳の美肌効果も期待できるので、綺麗になりながら、ダイエットしていくことができるというメリットもあるでしょう。 中華風脂肪燃焼スープ 脂肪燃焼スープも、味付け次第で、中華風にもできます。 基本の作り方で紹介した脂肪燃焼スープに飽きたら試してみても良いでしょう。 中華風脂肪燃焼スープの材料 5杯程度• 玉ねぎ 2個• 人参 1本• ピーマン 2個• トマト 2個• 唐辛子 1本• 卵 2個• しょうゆ 小さじ2杯• 塩こしょう 少々• 鶏ガラスープ 大さじ2杯• 片栗粉 大さじ2杯 中華風脂肪燃焼スープの作り方• 1、野菜を食べやすい大きさに切る• 2、野菜を鍋に入れて、水を野菜が浸るくらい入れる• 3、調味料類も入れて火をつけ強火にする• 4、片栗粉を大さじ2杯の水で溶いておいて沸騰したら混ぜ入れる• 5、とろみが出てきたら中火にして溶いた卵を入れる• 6、10回ほどかき混ぜたら火を止めて完成 中華風脂肪燃焼スープはおすすめのアレンジレシピではありますが、ちょっと塩分が多くなってしまうので、脂肪燃焼スープダイエットにメインで使うのはおすすめしませんが、たまにの気分転換に良いでしょう。 簡単脂肪燃焼スープ 簡単脂肪燃焼スープは味が変わっているわけではありませんが、最低限ダイエットに良い野菜を入れて手軽にサッとできるレシピです。 時間がない時の脂肪燃焼スープダイエットにご利用ください。 簡単脂肪燃焼スープの材料 3杯程度• トマト 3個• 玉ねぎ 中2個• コンソメキューブ 1個 簡単脂肪燃焼スープの作り方は基本の作り方と同じで、食べやすい大きさに切って、柔らかくなるまで煮込むという方法です。 簡単脂肪燃焼スープの材料は少ないですが、血液をサラサラにしたり、脂肪燃焼を進めたりしてくれるので、ダイエットに効果的でしょう。 脂肪燃焼スープダイエットの注意点・効果を高める方法 脂肪燃焼スープダイエットをしていくにあたって、注意点や効果を高める方法を紹介していきます。 しっかりポイントを押さえないと、ただ我慢するだけで痩せていかないということも起こるので、注意してください。 糖質、脂質、たんぱく質不足に注意 脂肪燃焼スープダイエットをしていると、糖質や脂質、たんぱく質が不足しがちになります。 糖質はダイエットに嫌われがちですが、しっかりとっていかないと栄養バランスが悪くなり痩せていけなくなります。 痩せていくためには、野菜ばかり食べてればいいというわけでもないので、糖質、脂質、たんぱく質を、バランスよくとっていく必要があるでしょう。 栄養を偏らせないためには、紹介したマイクロダイエットが最適なので、栄養バランスのために取り入れることもおすすめです。 知らず知らずのうちにやっている習慣に気を付ける 1週間の脂肪燃焼スープダイエットをしても、間食などをしていたら痩せていきません。 本当はずっと気を付けるのが良いですが、せめて脂肪燃焼スープダイエットをしていく1週間は• 間食をしない• お酒を飲まない• 炭酸飲料など糖分の多い飲み物は避ける• ある程度体を動かす といったことを意識していきましょう。 1週間の脂肪燃焼スープダイエットは、どうしても避けられない飲みや外食の席がない時にやっていきましょう。 塩分に注意 脂肪燃焼スープダイエットをしていくにあたって、特に気を付けて欲しいのが塩分です。 いくらダイエットに良い食材を使っていても、味付けで塩分を多くしてしまっていると、痩せていくことができないでしょう。 塩分をとりすぎると、血液がドロドロになってしまい、代謝が悪くなったり、むくみやすくなってしまったりします。 脂肪燃焼スープが物足りなくなった時は、味を濃くするのではなく、味を変えてダイエットを進めていきましょう。 脂肪燃焼スープダイエットをやるにあたって必須の情報になっているので、やる前にしっかり確認してきましょう。 脂肪燃焼スープダイエットはリバウンドしやすい? 結論から言うと、脂肪燃焼スープダイエットはリバウンドしやすいと言えます。 作っていくのに意外と手間がかかるので、その他の食事に気が使えず、逆に栄養バランスを崩してしまうということが起こるからです。 また、食事制限のダイエットはカロリーを抑えた分痩せただけなので、普段通りの食事に戻したらリバウンドしてしまうこともあるでしょう。 そのため、脂肪燃焼スープダイエットをしていく場合は、栄養バランスを考えることに加えて、ある程度体を動かすなどをして、代謝を上げておく必要があります。 栄養バランスの部分であれば、先ほど紹介したマイクロダイエットは非常に優れているので、脂肪燃焼スープの栄養が不安な場合に利用してみても良いでしょう。 夜に置き換えるだけでも効果ある? 脂肪燃焼スープを食べることで、糖質の吸収を抑えてくれたり、栄養のバランスを整えてくれたり、そもそも低カロリーでお腹いっぱいになったりするので、夜に置き換えるだけでも、高いダイエット効果が期待できるでしょう。 ただ、もともと夜の摂取カロリーが少ない人や、野菜をしっかり食べている人が、夕食に一品脂肪燃焼スープを追加しても効果は薄いかもしれません。 また、糖質やカロリーをとりすぎている人は、夜だけ脂肪燃焼スープを追加しても、効果は期待できません。 今の自分の食の状況を考えて、脂肪燃焼スープを夜だけにするかを判断していきましょう。 痩せない人の特徴は? 痩せない理由は多くありますが、脂肪燃焼スープダイエットのやり方に限って言えば、栄養のバランスがとれていないというのが、痩せない人の特徴でしょう。 野菜はダイエットにとって大切な栄養素がたくさん入っていますが、それは肉も魚も白米も同じことが言えます。 そのため、1日を通してバランスを考えて色々な食材を食べていかないと、健康的に痩せることはできません。 また、脂肪燃焼スープも面倒だからと野菜を2. 3種類程度しか入れていない場合、痩せられないといったことも起こってきます。 脂肪燃焼スープダイエットは、栄養バランスが非常に重要なので、しっかりとこだわってやっていきましょう。 今回は、1週間という短期間で行う脂肪燃焼スープダイエットの効果や正しいやり方・方法について紹介しました。 脂肪燃焼スープは、カロリーや糖質が低く、脂肪を燃焼してくれる効果が期待できるなど、ダイエットに嬉しい効果がたくさんありますが、正しい方法で実践しないとあまり効果を得られません。 また、脂肪燃焼スープダイエットのデメリットとしては作るのに労力がいるので、使う材料などで雑になってしまい、栄養素が偏ってしまいがちなので、意外と難しいダイエット法でもあります。 栄養バランスを考えて簡単に食事ダイエットしてくのであれば、紹介したマイクロダイエットはかなりおすすめなので、脂肪燃焼スープダイエットがしっくりこなかった人は、ぜひ試してみてくださいね。

次の

【体験談】脂肪燃焼スープダイエット、1週間の食事内容と体の変化をレポ!

脂肪 燃焼 スープ

スポンサーリンク ダイエット中は、基本的に アルコールは飲まない方が痩せやすいことは事実です。 実際に私自身が、何となくアルコールをやめてみて実感している所だからです…。 では、なぜ 「アルコールが飲める3つの方法」なんてタイトルになっているのでしょうか。 それは以前の私のように、ダイエット中でもなんとかお酒を飲んでも大丈夫な方法がないか、と藁にも縋る思いで、この記事に辿り着いたあなたの為に考えてみたわけなんですね(笑) 今回はまた違った方法で、 ダイエット中のアルコールについて考えてみようと思います。 脂肪燃焼スープダイエット中でアルコールを飲んでも太らないの!? では、なぜ アルコールをダイエット中に飲むといけないのかをザッとおさらいしてみましょう。 1、アルコールは 内臓脂肪を増加させてしまうから 2、アルコールは 食欲を旺盛にしてしまうから アルコールは内臓脂肪を増加させてしまうから アルコールが肝臓で分解されることは良く知られていますよね? その過程で 脂肪がより多く作られてしまう上、肝臓に溜まった脂肪が血中に送られると、更に 中性脂肪が増えるといわれているんです! 怖いですねぇ。 その他にも、内臓脂肪を増やしやすい コルチゾールというホルモンの分泌も、促してしまう作用があるんですって! アルコールは食欲を旺盛にしてしまうから よっぽどアルコールに強いタイプの人以外は、大抵アルコールを摂取している時って おつまみが食べたくなりますよね? ビールを飲んだ後は しめのラーメンが食べたくなったり、やたら炭水化物を欲したりしてしまいませんか? そして何といってもビールの場合は特に、 脂っこいものや味の濃いものが恋しくなったりしますよね~。 そういうものをおつまみで食べて、たらふくビールを飲んだりしていれば、そりゃぁ太るに決まってますよね! こんな理由から アルコールが食欲をそそるのでは?といわれているんです。 肝臓が悪いわけではなくても、 休肝日を作った方がいいとはよくいわれています。 これもダイエットとは関係なくても、 アルコールとうまく付き合っていくひとつの方法ではないでしょうか。 うちの主人がそうなのですが、毎日の晩酌が楽しみだったりすると、 たった1日でもやめられないみたいですね~。 こんな アルコールの魔の手(笑)から、なんとかうまく逃れるためにはどうしたらいいのか3つの方法をお伝えしていきますね! スポンサーリンク アルコールの飲み方を気をつける事でクリアする方法 アルコールは アルコール中毒症という病気があるように、一度飲むとどんどん飲みたくなる欲求が高まってしまいますよね。 アル中の人がお酒をやめる為には、タバコを止めるのと同じく、 お酒の量を少なくするだけではダメだといいます。 まさに、中毒まで行ってしまっている人の場合、せっかく禁酒していても、何かのきっかけで 1滴でも飲んでしまえば、元の木阿弥だそうです。 タバコも減煙していくよりも スパッとやめてしまった方が成功しやすいといいますよね。 でも、これは相当ヘビーにハマってしまっている人の場合なので、日常的にちょっとたしなむ程度の人であれば、少しだけ意識して 飲む量を決めておくだけで、飲みすぎを防ぐことができますよ。 私の場合は、 グラスに1杯飲んだらおしまい、という風に決めてました。 これは一見難しそうに思いますがそんなことはなく、それが当たり前になればそこでやめれるものなんですよ。 タバコが手持ち無沙汰な時に吸いたくなるのと同じで、アルコールも、 何となく惰性で飲むのが習慣となっているだけなんです。 だから、そこを意識するだけでも全く違ってくるので試してほしいと思うわけです。 また、飲み方によっても違ってきますね。 例えば 焼酎をロックで飲むのと水割りで飲むのとでは違いますよね? そのため、出来るだけ何かと割って飲めるアルコールを選んで、 氷をたっぷり入れたりして薄めるのも、ひとつの方法といえるでしょう。 アルコールの種類やおつまみの選び方によってクリアする方法 私は普段糖質を控え目にしているので、お酒も出来るだけ 焼酎や赤ワイン、ウィスキーなど糖質の少ないお酒を選んでいます。 糖質を摂りすぎると太る原因となることは、このブログに来てくださっているあなたなら、もう知っていますよね? どうしてもビールが飲みたい場合は、 糖質0を選んでみる。 焼酎やウィスキー、ブランデーなどは水割りや炭酸割りで飲んでみる。 …という事を気をつけるだけでも、ダイエット中に差しさわりのない、上手なアルコールの飲み方になるのではないでしょうか。 また、おつまみもチーズやナッツなど、 糖質の少ないものを選ぶ工夫も必要です。 間違ってもフライドポテトや餃子とか、ピザとか(笑)食べないでくださいね!(笑) アルコールを飲む時は先にお話したように、味の濃いものや脂っこいものが欲しくなるものなので、 そこは絶対に糖質系を選ばないで肉系や野菜系を選んでください。 私のおすすめは きのこのガーリック炒めです! これは常備菜にしておくととっても重宝するのでぜひ作ってストックしておいてほしいですね。 作り方は簡単です! 下記に一応作り方を記載しておきますので、ご覧ください。 ・ココナッツオイル 大さじ1 ・塩・胡椒、またはイタリアンソルト、クレイジーソルトなど 適宜 ・パセリみじん切り(フレッシュがオススメ) ・白ワイン 50㏄ほど <作り方> 1、フライパンにココナッツオイルを熱したら、みじん切りにした玉ねぎとにんにくを炒めます。 2、にんにくの良い香りがして来たら、きのこ類をザッと加えて炒めます。 3、白ワインを回しかけたら蓋をして、弱火にしたら数分蒸らします。 時々様子を見ながらしんなりて来たら、塩胡椒かイタリアンソルトなどをかけて味付けします。 みじん切りはフードプロセッサーでガーッとやってしまえばすぐです。 アルコールを飲んだ後のアフターケアを気を付けてクリアする方法 上記のようにいろいろ気を付けていても、ついつい飲みすぎてしまった時には、 自分を戒める意味も込めて休肝日を作りましょう。 何日か飲まない日を作ると結構落ち着くもので、次に飲んだ時にはバカ飲みしないで済むんですよ。 または、 レモン果汁に炭酸水を入れたものを飲んでも、お酒を飲んでいる気分を味わえるのでオススメです! また、アルコールのみだけではなく、 通常の食事においても気を配ることが大切ですね。 意識して脂肪燃焼スープメインの食事にしてみる、一日3食食べていたものを2食、1食にしてみるなどです。 私は現在1日2食生活を続けていますが、一度試したらもう一日3食なんて戻れません!それだけ体の調子が良くなるからです。 まとめ 脂肪燃焼スープダイエットも含めていろいろなダイエット中に、アルコールを上手に飲む方法をお話してきましたがいかがでしたか? 冒頭でもお伝えしましたが、 脂肪燃焼スープダイエット1週間徹底プログラムを実践している時は、 絶対にアルコールを飲んだらいけません! これは甘いものや糖質を摂ったらいけないのと同じルールなので、 1週間は何としても我慢して下さい! 脂肪燃焼スープダイエットは 真面目に実践すれば必ず体重は落ちます! そのため、特に1週間徹底プログラムをやる際には、決められたものだけを食べるようにして欲しいんですね。

次の