マルハニチロ ワイル ディッシュ。 【冷食検証】袋だけで食事が完結する「ワイルディッシュ」の麺verを実食 → ひとつだけ惜しいところが…

ワイルドに食べるごはん「WILDish(ワイルディッシュ)」 チンして袋のまま即食! ゴミ少なめのエコ商品かも

マルハニチロ ワイル ディッシュ

伊藤健太郎さんが出演するCMでご存じの方も多いのではないでしょうか。 」となった日があったので、この機会に検証してみることにしました。 子どもたちのリアクションやママ目線での感想など、率直にレポートしたいと思います! 【袋のまま食べられるニュータイプの冷凍食品】 親が「すまん、今日はごはん作る気力ないんよ……」となっても、子どもたちは時間が来ればお腹が空くもの。 こんなとき、温めたらすぐに食べられる冷凍食品って本当に便利ですよね。 冷蔵庫から ワイルディッシュの「ソース焼そば」を取り出し、そのまま電子レンジ(600W)で3分30秒チンします。 袋の「ここを持つ」と書かれた箇所を持つと、たしかにそんなに熱くない! 点線に沿ってハサミで切って袋を開けます。 中身をよく混ぜるように書かれているので、お箸で混ぜればできあがり! 冷凍庫から出してから口にするまでのプロセスが本当にシンプルでした。 袋は 自立するのでそのまま食べることも可能。 「あああ、お皿に移す時間も惜しい~!」ってほど腹ペコなときにはたしかにピッタリ! 【「ほんとに袋を皿にしていいの?」という葛藤】 しかし……こちらとしてはこれでも普段、 子どもたちの「食育」とか「マナー」とかに多少は気を遣っている身。 「この袋が皿になる!」とドーンと書かれていても、 「この袋を皿にして……いいの?」という気持ちが沸き上がります。 子どもに出すとなると、このあたりは気になる人はいるかもしれません。 「別にお皿に移さなくてもなんとも思わない」 「ママもお皿を洗わなくていいし、たまにはいいんじゃない?」 と言っていました。 そして味はというと、 「おいしい! ちょっとカレーの味がする」 とのコメントが。 私も試食してみたところ、かなりスパイシーな味わいで、それが少しカレーの風味を思わせるところがありました。 具は豚肉、キャベツ、ニンジン。 甘辛い味付けやソースが絡むモチモチの太麺も、子どもが気に入るポイントかと思います。 ただ、 かなり味付けが濃い~! ガッツリワイルド系で大人の男性にはよいかと思いますが、 子どもは量的にも味付け的にも全部食べるのはむずかしいのではないでしょうか。 我が家の子どもたちも、食べたのは半分ほどでした。 【便利で楽チンなことは間違いなし!】 というわけで、こうして見ると、ワイルディッシュはやはり 子どもではなく大人向けの商品であることを実感しました。 ただし、 「袋がそのまま皿になる」というのは画期的だし、片付け要らずで本当に便利! ほかにも焼豚五目炒飯やエビピラフ、汁なし担々麺など8種類ものラインナップがあるので(2020年6月現在)、自分用のお昼ごはんにするなどしてまた楽しんでみたいと思います。 参考: 撮影・執筆: c Pouch Photo: c Pouch.

次の

ワイルドにカキコメ!「WILDish」(ワイルディッシュ)2019年8月1日(木)新発売のお知らせ|ニュース&トピックス

マルハニチロ ワイル ディッシュ

マルハニチロの「 ワイルディッシュ(WILDish)」は、パッケージがそのままお皿になるというなんともワイルドな冷凍食品シリーズ。 さんが出演するCMでご存じの方も多いのではないでしょうか。 CMから察するに、思いっきり独身男性をターゲットにしているものと思われますが……これ、 腹ペコな子どもたちにとっても「チンして、開いて、即・満・足」なんでしょうか? 先日、あまりに疲れ果てて 「今日はごはん作るの無理———!!! 」となった日があったので、この機会に検証してみることにしました。 子どもたちのリアクションやママ目線での感想など、率直にレポートしたいと思います! 【袋のまま食べられるニュータイプの冷凍食品】 親が「すまん、今日はごはん作る気力ないんよ……」となっても、子どもたちは時間が来ればお腹が空くもの。 こんなとき、温めたらすぐに食べられる冷凍食品って本当に便利ですよね。 冷蔵庫から ワイルディッシュの「ソース焼そば」を取り出し、そのまま電子レンジ(600W)で3分30秒チンします。 袋の「ここを持つ」と書かれた箇所を持つと、たしかにそんなに熱くない! 点線に沿ってハサミで切って袋を開けます。 中身をよく混ぜるように書かれているので、お箸で混ぜればできあがり! 冷凍庫から出してから口にするまでのプロセスが本当にシンプルでした。 袋は 自立するのでそのまま食べることも可能。 「あああ、お皿に移す時間も惜しい〜!」ってほど腹ペコなときにはたしかにピッタリ! 【「ほんとに袋を皿にしていいの?」という葛藤】 しかし……こちらとしてはこれでも普段、 子どもたちの「食育」とか「マナー」とかに多少は気を遣っている身。 「この袋が皿になる!」とドーンと書かれていても、 「この袋を皿にして……いいの?」という気持ちが沸き上がります。 子どもに出すとなると、このあたりは気になる人はいるかもしれません。 「別にお皿に移さなくてもなんとも思わない」 「ママもお皿を洗わなくていいし、たまにはいいんじゃない?」 と言っていました。 そして味はというと、 「おいしい! ちょっとカレーの味がする」 とのコメントが。 私も試食してみたところ、かなりスパイシーな味わいで、それが少しカレーの風味を思わせるところがありました。 具は豚肉、キャベツ、ニンジン。 甘辛い味付けやソースが絡むモチモチの太麺も、子どもが気に入るポイントかと思います。 ただ、 かなり味付けが濃い〜! ガッツリワイルド系で大人の男性にはよいかと思いますが、 子どもは量的にも味付け的にも全部食べるのはむずかしいのではないでしょうか。 我が家の子どもたちも、食べたのは半分ほどでした。 【便利で楽チンなことは間違いなし!】 というわけで、こうして見ると、ワイルディッシュはやはり 子どもではなく大人向けの商品であることを実感しました。 ただし、 「袋がそのまま皿になる」というのは画期的だし、片付け要らずで本当に便利! ほかにも焼豚五目炒飯やエビピラフ、汁なし担々麺など8種類ものラインナップがあるので(2020年6月現在)、自分用のお昼ごはんにするなどしてまた楽しんでみたいと思います。 参考:マルハニチロ 撮影・執筆:鷺ノ宮やよい c Pouch Photo: c Pouch.

次の

マルハニチロチャンネル|ニュース|マルハニチロ

マルハニチロ ワイル ディッシュ

Contents• ワイルドなエビピラフを購入! マルハニチロが提供する新感覚な冷凍食品シリーズ『 ワイルディッシュ』 パッケージの袋がお皿代わりになるという画期的なこのシリーズ。 直接的な味への変化やアピールとは関係ないが、食べる上で盛り付けるお皿の役目は大きい。 そこにお皿さえ使わず、袋を器にして食べるという感覚を食してみたくなり、ワイルディッシュシリーズの幾つかを購入。 今回はその一つであるエビピラフをレビューしたいと思う。 エビやカニの海鮮の旨みとバターの風味が特長のエビピラフです。 お皿のいらない「スタンディングパッケージ」を使用しています。 袋が…袋が立った! ふだん冷凍ピラフなどはフライパン調理で食べるのだが、今回は商品の仕様上、電子レンジでチンする。 電子レンジにセットするときは、パッケージの背面を上にして行うこと忘れずに。 レンジ加熱後。 普通なら袋から取り出すところだがワイルディッシュは器を兼ねるので、直立不動のポジションをキープ。 器を完成させるためにはさみを使い、パッケージに印刷されている白い切り取り線に添ってチョキチョキしていく。 すると、即席の器が完成。 最初はどんなものだろうと思ったが、食べる中でグラつくようなこともなく、口が大きく広がっているのでスプーンを掻きいれる時にも支障は一切なかった。 何より、お皿に移して食べるいつもと違い、袋を切り開き直接食べるという、ちょっと原始的な食べ方が野性的で心が躍った。 エビピラフの味は平均的な出来で、尖った部分などはなかったが、具材なども盛りだくさんで不満点は一切なかった。 やはりこの商品の場合、袋に入ったまま食べるという感覚こそがメインなのだと思う。 無駄な洗い物を減らすことが出来るという利便性もあるので、決してワイルドさ一本じゃない点も意義を感じた。

次の