世界 バドミントン 2019。 テレ朝POST » バドミントン日本代表が強くなった理由。韓国人監督が課した“負けた時のルール”とは?

【世界ランキング2019】女子ダブルスは松本&永原が首位をしっかりキープ!<ダブルス>

世界 バドミントン 2019

5月19日(日)に開幕した「世界バドミントン男女混合国別対抗戦2019 スディルマンカップ」。 男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの5種目5試合で、12の国と地域が威信をかけて優勝を争う大会だ。 今日24日(金)、日本はベスト4進出をかけて、準々決勝でマレーシアと対戦する。 近年、バドミントン日本代表は、快進撃が止まらない。 2016年リオ五輪で、髙橋礼華・松友美佐紀組が日本史上初の金メダルを獲得。 以降も2018年の女子の国別対抗戦「ユーバー杯」でも37年ぶりに優勝を果たすと、同年の世界選手権では桃田 賢斗が、日本男子として初めて金メダルを獲得している。 そんなパク氏が、監督に就任したのは2004年の11月。 日本は当時、下部の大会での実績を積み上げ、五輪出場を目指すという形をとっていた。 しかし、パク監督は「まずは世界の中での自身のレベルを知るべき」と、とにかく大きなトーナメントへ選手を出場させるようにした。 北京・ロンドン五輪に出場した池田信太郎氏は当時、監督からこんな言葉をかけられたという。 「海外のトップ選手と『負けてもいいから本気の戦いをしなさい』と。 2012年ロンドン五輪の女子ダブルスで、日本初のメダルとなる銀メダルを獲得した藤井瑞希氏は、この監督の意識づけが日本代表に大きな変化を与えたという。 「五輪に出場するのではなく、メダルを獲る。 一番レベルの高い大会で優勝することは、それまであまり考えたことがなかったのですが、監督が『出来る、出来る』と言い続けてくれるので、意識が変わったなと思います。 「負けたら応援というのは、『チームジャパンだよ』という意識づけだったんだと思います。 パク監督が、監督として一度も優勝経験がないという同大会。 過去10度優勝している中国をはじめ強豪ひしめく中、決勝トーナメントでチームジャパンがどんな戦いを見せてくれるのか楽しみだ。

次の

【バドミントン】全英オープン2020のYouTube動画まとめ【ライブ放送・組み合わせ・結果】

世界 バドミントン 2019

バドミントンの世界選手権・決勝が日本時間25日、スイス・バーゼルで行われ、男子シングルスの桃田賢斗と、女子ダブルスの松本麻佑/永原和可那が金メダルに輝いた。 男子シングルス・世界ランク1位の桃田賢斗は、アンダース・アントンセン(デンマーク)にストレート勝ち。 全6試合を1ゲームも落とさず、日本勢男子初の大会連覇を果たした。 男子シングルスよりも先に行われた女子ダブルスでは、2年連続で同じ日本人同士の顔合わせとなった。 松本麻佑/永原和可那が、福島由紀/廣田彩花を21-11、20-22、23-21で下し、全種目を通じ日本勢初となる連覇を達成。 福島/廣田は3年連続の銀メダルだった。 女子シングルスの奥原希望は、プサルラ・V. シンドゥに7-21、7-21で完敗、2年ぶりの優勝はならなかった。 また、男子ダブルスの保木卓朗/小林優吾はフルゲームの末、インドネシアペアに敗れ、日本勢の同種目初の優勝を逃した。 関連リンク.

次の

奥原が2年ぶり表彰台 世界バドミントン (写真=共同) :日本経済新聞

世界 バドミントン 2019

日程・賞金・放送・選手 画像出典: 競技日程・開催地 第25回 世界バドミントン選手権大会は2019年8月19日(月)~25日(日)まで開催されます。 開催地はスイス・バーゼル、時差は日本が7時間先行しています。 下記スケジュールは日本時間です。 『絶対優勝する、2連覇する気持ちで大会に入った。 IND 西本 拳太 [8] 1 15-21 21-11 20-22 2 LEE Zii Jia [14] MAS 常山 幹太 [13] 0 21-23 18-21 2 Anders ANTONSEN [5] DEN Fantastic defence! 合宿から攻撃力とスピードを意識して練習をしていた。 次の試合に向けて対策を練る。 決勝は『自分たちの力がどれくらいなのか 会場のみなさんに見せつけたい』『映像見て、ご飯食べて、体力もっかい戻す!』 JSPORTSでは8月26日より放送&配信開始します! 左右の展開をうまく生かし、次はメダルの色に拘りたい。 ここから巻き返せるようにやるしかない!頑張ります! 今後も応援よろしくお願いします。 21-17. 21-18 明日は前回覇者の中国ペアと対戦します。 Photo by — 井上拓斗 inoue0226 Round of 64 Bye 保木 卓朗 小林 優吾 [12] Bye 園田 啓悟 嘉村 健士 [3] Bye 遠藤 大由 渡辺 勇大 [5] 井上 拓斗 金子 祐樹 2 21-18 21-11 0 Arun George Sanyam Shukla IND TOTAL BWF World Championships 2019 1回戦 21-18. 21-11 まずまずの試合だったと思います。 明日は第9シードのマレーシアの選手と対戦です。 Photo by — 井上拓斗 inoue0226 女子シングルス Finals INTANON [7] THA 1 21-17 18-21 15-21 2 奥原 希望 [3]. We made a very tough match today. 『劣勢な場面で冷静に対処できたことは収穫』決勝はシンデュ選手と。 次も自分らしく後悔ないように走りきりたい。 準決勝はインタノン選手と。 Today was very good performance. Go go go!! 思ったより風があったが しっかり対応できた。 — 公益財団法人日本バドミントン協会(NBA) BadmintonPublic Semi Finals 永原和可那 松本 麻佑 [1] 2 21-12 21-19 0 Greysia POLII Apriyani RAHAYU [5] INA DU Yue LI Yin Hui [7] CHN 0 11-21 17-21 2 福島 由紀 廣田 彩花 [2] 女子ダブルス ペア 準決勝後のインタビュー。 『2人らしく楽しみたい』決勝は前回大会同様 ペアとの対戦。 『自分たちの力を出しきって、決勝の舞台を楽しみたい』決勝は前回大会同様 ペアとの対戦。 ラケット振ってがむしゃらにいきたいと言っていたお二人。 準決勝は中国ペアと。 田中米元ペアの分まで頑張りたいと話す二人。 早く試合がしたかった。 1戦1戦出し切って優勝にたどり着けるように頑張ります。 おめでとうございます! ZHENG Si Wei HUANG Ya Qiong [1] CHN 2 21-11 21-15 0 渡辺 勇大 東野 有紗 [3] ミックスダブルス ペア 準決勝後のインタビュー。 ただただ相手が強かった。 今大会の経験とベスト4は自信になる。 ミックスダブルス 日本勢初のメダル確定。 3位決定戦がないため同種目の日本勢で初のメダル獲得を決めました。 男子シングルスの桃田賢斗選手、女子ダブルスの福島由紀選手・廣田彩花選手組もメダル確定。 惜しくも敗戦してしまいましたが、次切り替えていきたい。

次の