ありがたい限り 敬語。 「なるべく」の敬語表現は?ビジネスで使える言い換え・類語も

手紙の達人コラム お礼のことば

ありがたい限り 敬語

「嬉しいです」は目上に使えるか 「嬉しいです」は敬語 「嬉しいです」の敬語の言い換えを解説していきますが、実は「嬉しいです」はすでに敬語です...! 敬語には大別して尊敬語(目上の人の行為をうやまう)、謙譲語(目上の人に対する自分の行為をへりくだる)、丁寧語(単に丁寧に表現する)の3種類があります。 「です」は指定の意を表す丁寧語(「だ」の丁寧語)なので、「嬉しいです」は敬語ということになります。 「嬉しい」は形容詞です。 形容詞には敬語はありませんので、語尾に付ける「です」によって、「嬉しいです」は敬語表現となっています。 「嬉しいです」はビジネスシーンで使うには丁寧さに欠ける 「嬉しいです」は正しい敬語ですが、ビジネスシーンで目上の人に対して使う場合は、少し丁寧さに欠ける表現です。 「です」は敬語ですが日常会話でも頻繁に使用するため、かしこまった意味合いが薄れてしまい何となく稚拙な印象を与えてしまう可能性があります。 加えて、「です」は指定・断定の役割をする助動詞なので、直接的で少々強意的です。 また、「嬉しい」という感情は目上の人に対して自分が抱くものなので、できれば謙譲語を使いたいものです。 これらの理由から、「嬉しいです」は上司や取引先など目上の立場の相手に対しては使用しない方が無難と思われます。 「嬉しゅうございます」も同義だがビジネスには適さない 語尾に使う丁寧語には他にも「ございます」があります。 「ございます」は「あります」をより丁寧にした丁寧語です。 「嬉しいです」の言い換えには「嬉しゅうございます」という言葉も存在します。 しかし、これは大和言葉でかなり古めかしい響きのある日本語なので、ビジネスには適しません。 この言い換えもビジネスシーンでは使わない方がよいでしょう。 「です」の代わりに「思います」を使うといくらか柔らかい印象になります。 しかし「思います」も「思う」の丁寧語なので、「嬉しいです」と敬語の丁寧さ度合いは変わっていません。 「嬉しく存じます」だと 謙譲表現となり、ビジネスシーンで目上の人に対して問題なく使うことができます。 「存じます」=「存じる」+「ます」で成り立っています。 「存じる」は「思う」の謙譲語で、「ます」は丁寧語です。 「嬉しく存じます」には、単に「こころよく楽しいと思う」という意味の場合と、「〜してくれたらありがたい」という 依頼の意味の場合があります。 「 大変嬉しく存じます」という強調表現もよく使われます。 例文 ・そのようなお褒めの言葉を頂き、大変嬉しく存じます。 ・ご多忙の中大変恐縮ではございますが、早めにご返信を頂けると嬉しく存じます。 まずは「感謝」という言葉を使った「嬉しいです」の言い換えを紹介します。 ・感謝します ・感謝いたします ・感謝申し上げます ・感謝に堪えません ・感謝の意に耐えません などがあります。 「いたす」は「する」の謙譲語、「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 どちらも謙譲語ですが、どちらがより丁寧かはなかなか判断が付かないところです。 「する」のと「いう」のはどちらの方が謙虚さがあるか、ということになります。 「する」のは相手がいないとできませんが、「いう」のは一人でもできるので、「申し上げる」の方が丁寧さが微妙に強いという意見が多数派です。 ・心より ・衷心より などの言葉で感謝の気持ちを強調することができます。 例文 ・この度の新商品開発にあたり、ご協力いただいたことに感謝いたします。 何もわからない私に一から指導してくださった皆様には感謝の念に堪えません。

次の

「なるべく」の敬語表現は?ビジネスで使える言い換え・類語も

ありがたい限り 敬語

「なるべく」はどう使う?正しい意味 「なるべく」という言葉は、文脈や使い方によっていくつかの意味にとることができます。 詳しい意味から解説します。 「なるべく」には「可能な範囲で」という意味がある 「なるべく」は、「可能な範囲で」という意味です。 相手に何かを依頼する場合などに使うことができます。 たとえば、「なるべく早く作成してください」というのは、「可能な限り早く作成してください」という意味になります。 また、「相手にこうしてほしい」という気持ちを「強調」するような意味もあり、「なるべく出席してください」というのは「可能な限り出席してください」という意味になります。 「なるべく早くお願いします」は「至急」の意味も 「なるべく早くお願いします」という言い方もよくある表現です。 「可能な範囲で早く」という意味ですが、この場合は特に「至急」の意味で使われることも少なくありません。 そのため、「なるべく早くお願いします」と言われた場合には、のんびりと構えるのではなく、至急案件として対応するのが正しい解釈です。 類語は「できるだけ」「可能な限り」「できれば」 「可能な範囲で」という意味の「なるべく」には、できるだけ・可能な限り・できれば・できる限り、などといった類語があります。 どの類語も、そのまま置き換えて使うことが可能です。 また、「なる丈(なるたけ)」という言葉も、「なるべく」の類語のひとつです。 「なる丈」という言葉は、地域によって使用頻度に差があるため誤解されやすいのですが、厳密には方言ではありません。 「なるべく」の類語として、同じ意味で使用することができます。 「なるべく」は敬語表現ではない 「なるべく」という言葉は、「成る」という単語に助動詞の「べし」(連用形)がついたもので、漢字で書くと「成るべく」となり、敬語表現ではありません。 ビジネスシーンで使うこともありますが、目上の人に使う際には配慮が必要だというのは覚えておきたいポイントです。 「なるべく」の敬語表現、ビジネスでのルールは? 「可能な範囲で」「できる限り」といった意味のある「なるべく」という単語は、ビジネスシーンでもよく使われています。 ここでは、ビジネスで使う際の注意点を紹介します。 同僚や部下には使用可能、上司はNG 先述したように、「なるべく」という言葉は敬語表現ではありません。 そのため、仕事で使う際、同僚や部下には使用可能ですが、上司や取引先など目上の人には使わないほうが無難です。 例えば、「なるべく早くお願いします」という言い方は、フランクな印象を与えてしまうだけでなく、場合によっては上から目線ともとられかねません。 「なるべく」という言葉を使うのであれば、部下や対等な関係である同僚にとどめておくのがおすすめです。 ビジネスでは「できるだけ」が適切 ビジネスのかしこまった間柄や上司など目上の人には、「なるべく」ではなく「できるだけ」といった言葉を使うのが適切です。 ほかにも、「可能な限り」といった表現もビジネスシーンでおすすめの表現で、「なるべく」の代わりに使うことができます。 「なるべく」と「できるだけ」の違いに注意 「なるべく」の敬語表現は「できるだけ」ですが、厳密にいうとそれぞれニュアンスが異なります。 たとえば、「なるべく早く作成してください」と「できるだけ早く作成してください」という表現では、「できるだけ」を使った文のほうが「なんとかして早く仕上げないと」という印象を受けます。 これは、「できるだけ」という言葉が「最大限の努力」といったニュアンスを含むからです。 「できるだけ」はビジネスシーンでも使える表現ではありますが、使い方によってはひっ迫した印象を与えかねません。 不要に急かすことのないよう、配慮が必要です。 「なるべく早く」はどう書く?ビジネスメールで便利な言い換え 「なるべく」を敬語にすると「できるだけ」という表現になりますが、特にメールで書く場合には異なる言葉に言い換えたほうが良いケースもあります。 ビジネスメールやビジネスシーンでおすすめの言い換えフレーズを紹介します。 自分が対応する場合は期日を明確に 「なるべく早めにご連絡差し上げます」というように、自分が対応することに対して「なるべく」を使うことは、ビジネスシーンでも問題ありません。 ただし、「なるべく」という表現だけでは、相手とってはあいまいです。 できるだけ期日を明確に示すのがおすすめです。 たとえば、「なるべく早めに対応いたしまして、遅くとも金曜日にはご連絡差し上げます」という言い方をすると、「なるべく」がいつなのかが分かるので、相手も都合をつけやすくなります。 誤解も生じにくく、双方にとってプラスにはたらきます。 「なるべく早くお願いします」は「早急に」が便利 ビジネスメールでも敬語表現の「できるだけ」を使い、「できるだけ早く」や「できる限り早く」と書くこともありますが、特に文字にした場合には「早急に」という表現が便利です。 「早急にご対応頂きますようお願い申し上げます」というように使います。 「早急」は至急よりも緊急性は低いとされていますが、目上の人に急いでお願いしたい案件がある場合に便利な表現です。 「できるだけ早く」というよりも、重要度が伝わりやすいという側面もあります。 まとめ ビジネスシーンで「なるべく早く」という言うこともありますが、敬語としては不向きです。 「できるだけ」や「可能な限り」といった類語に言い換えるのが無難です。 また、ビジネスでは「なるべく」というあいまいな表現ではなく、期日を明確にする表現も好まれます。 誤解が生じにくく、良好な関係につながるのでおすすめです。

次の

有り難いお言葉の使い方|ありがたいお言葉への御礼の返し方

ありがたい限り 敬語

人力検索はてな - 目下の人が目上の人を褒める場合の言葉遣いを教えてください。 褒める場合だけではなく色々な文言があればなおありがたいです。 「素晴らしいです」や「心強く思います」等し.. 目上の人を直接ほめるよりは、間接的にほめる方法がスマートだと思います。 というようなことを自分の言葉で語ります。 この場合ですと、敬語に気を使わなくてすみ、また、とおり一遍でなくなりますので相手も喜ぶんじゃないかと思います。 他にも あなたのような人は私はいままで見たことがない。 こんなことができる人がいるとは信じられない こんなことができる人が他にいるだろうか。 あいづちは力強く、「は~~~~っそうですねえ~~!」と。 これは日頃から使えそうです。 ドラマ「ヨイショの男」、私は見たことないのですがなかなかおもしろかったようです。 取り入るためのヨイショではなく、人間関係を良いものにするためのヨイショらしいので、もしかしたら参考になるかもしれません。 目上の人を直接賞賛する場合は、その時だけのことじゃなくて以前のことも持ち出すと良いと思ってます。 ただ「素晴らしいです」「すごいです」と言うよりも、具体的に何を素晴らしいと思っているか伝える方が言われて嬉しいと思います。 自分がすごいと思っていることも本人は特別意識せずにやっている場合もありますから。 にっぽん語って、すばらしい言葉ですが同時にややこしいですよね。 近頃、「まちがてるにっぽんご」系の本が相次いででまして、世間をにぎわしたものですが、確かに未成年者への教育としての「国語」の基準はあってしかるべきです しかし、現代の若者ことばに対してあれやこれやとやかくゆう筋合いはないわけです これよくね? やばくね? みたいな軽薄な表現が若者に蔓延しているわけですが、 そもそも言葉ってのは認識されて初めて意味を持つわけで、 「やばい」という言葉をどう使おうと若者同志では一種の符丁としてなりたってるわけで、まだ言葉があるだけましでして、究極のコミュニケーションは、テレパシーになりわけですから、チョーとかッショ、クネ~とかいっているうちはまだまだです。 さて、にっぽん語には目下の目上の者がそれぞれ使い分ける言葉というものが「常識」として取り決められていますので、それなりに常識をもって言葉を選ばなければならないのです。 常識からすると 目下の者が目上の者を褒めるというのは、厳密にいうと無礼なことです。 どういうことかといいますと、100mを9秒で走れる人に対して「速いですね~」と褒めてもなんだかへんてこりんな感じと似ています。 あるいは、世界で第一級の絵描きさんの絵を評して「絵がお上手ですね~」というようなものであり 最高のシェフの料理を舌鼓を打ちながら食したあと、ゲップをしながら「この料理おいしかったですぅ~」 というようなものです。 このように具体例をあげますと、どこがどのように滑稽なのか、お分かりだとおもいます。 つまり、絵描きが絵が上手いのはあたりまえであり、一流シェフが料理が上手いのはあたりまえなので、それに対して褒めるときは、あたりまえのことを直接褒めると野暮になってしまうのです。 これが目上の者、目下の者という関係でも似たような心理が働き、目上の者は自分がはじめから目上とおもっているから、目下の者を下に見ているゆえに、直接の褒め言葉をもらってもうれしくもなんともないし、かえってバカにされているとおもう(らしい)のです。 このような歴然とした上下関係の場合は 稽古をつけてくだすった先輩に対して 「ありがとうございました!」 だけで充分なわけで、上手いですねとか強いですね、とかの褒め言葉は必要ないのがお分かりになるでしょうか。 中学のガキの世界でも目上と自認しているものというのは尊大なる自尊心があるので、下手に褒めることなど必要ないのです。 ましてや、いい年をした社会人においては、ガキ以上に尊大なる自尊心が増しましていますので、ポイントは直接の褒め言葉を避け、婉曲的な表現のほうがよいのです。 具体的な文言はそのときにシチュエーションによって変化しますので、一概にはいえませんが、まずはずしていけないのは 「あなたをこころから尊敬しています」という気持ちです。 それと「感謝」の気持ちです。 直接の褒め言葉をいうより、 【あなた様のお蔭で】 私はこんなに助かりました感動しましたすくわれました、などなど自分の気持ちを伝えたほうがよろしいかと思います.

次の