ほくろ 増える 理由。 ほくろが増える原因とは~増えやすい人と病気の可能性~|「マイナビウーマン」

草野満代 夕暮れWONDER4

ほくろ 増える 理由

普段は注意して見ていないのでなかなか気付かないけれど、ふと気付いた時には「ほくろ」が増えていた、という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか? 急にほくろの数が増えたり、顔など目立つ場所にできてしまうと、やはり気になってしまいますよね。 そもそもほくろとは、顔や身体にできる黒色や黒褐色の斑点のことを指します。 ほくろが出来る一番の原因は、紫外線によるものだとされています。 紫外線によって作られたメラニン色素が多くなりすぎると、体外に上手く排出されず、ほくろとして残ってしまいます。 紫外線の他にも、以下のようなものがほくろの原因となります。 2歳くらいから増えてくるほくろは、後天性のほくろに入ります。 先天性のほくろは、比較的大きなものが多く、遺伝も関係していると言われています。 少しでも「ほくろ」を増やさない為にも、ほくろが増える原因を作らないことが大切です。 簡単に出来る予防から始めてみましょう。 日焼け止めをこまめに塗る以外にも、日傘や帽子を活用する、長袖の服を着るなど、日頃から紫外線対策を心掛けましょう。 それにより、メラニン色素が排出されるので、ほくろの予防が期待出来ます。 ストレスの軽減にも有効です。 睡眠時間をしっかり確保し、バランスの取れた食事をするように気を付けてください。 「ほくろ」は自然増えていってしまうものですが、少しの心掛けで予防することも出来ます。 個人によりその効果は異なります。 ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

次の

子供の「ほくろ」は何歳から? 多さの違い・予防法・遺伝も紹介

ほくろ 増える 理由

ほくろはなぜ増えるのか? 体のあちこちにあるほくろですが、ふと気づくと、増えたような気がすることがありませんか? ほくろには生まれつきのもの、 先天性のものと、後からできたもの 後天性のものです。 先天性のものは遺伝子によるもので、だいたい思春期ぐらいまでにできるものをいい、それ以降にできたほくろは後天性とみなされます。 この後天性のほくろは、紫外線などによってメラノサイトが刺激されメラニンが多量に作られた結果できたものなので、紫外線を浴びる量が多いほど、更にメラニンが生成され、ほくろができる確立が高くなるというわけです。 肌を紫外線から守るために、人はメラニン色素を作りだします。 これは一般に、日焼と呼ばれていますが、このメラニンの形成にあたり、メラノサイトが働きすぎたり細胞が壊れてしまったり、紫外線または何らかの刺激のためにミューテーション(変異)をおこしたりする場合があります。 そのためにメラニンが増え続け、ほくろになるのです。 直射日光をさけたり、紫外線用(UV)日焼け止めなどを使ったりしてできるだけ紫外線をふさぐことが、ほくろを増やさないためにできることかもしれません。 でも実はほくろができる原因は、 紫外線だけではありません。 摩擦や圧迫、化粧品、化学薬品、ストレス、怪我、ホルモンの分泌によるものなど、いろいろな原因があります。 きついブラジャーや靴による摩擦や、仕事上、体の特定部分が圧迫され続けたりすると、メラノサイトに変異が起こりメラニンを生産し続け、ほくろができてしまいます。

次の

増えるのはなぜ?顔にほくろが多い原因や意味は?[人相占い]

ほくろ 増える 理由

気がつくと、いつの間にかできている、「ほくろ」。 何歳ごろからできるのか、多い人と少ない人の違い、取っても大丈夫なのかなど、ほくろに関する疑問は意外と多いもの。 そこで今回は、「わかばひふ科クリニック」の院長・野崎誠さんに、身近だけどあまりよく知らない、ほくろについて聞きました。 何歳ごろからほくろはできるの? 予防法は? 生まれたときにはない「ほくろ」は、何歳ごろからできるのでしょうか。 「 ほくろは、メラニン色素を出す色素細胞の良性の『できもの』です。 できる原因は、紫外線などと考えられています。 1歳〜2歳くらいになると、出てくる子もいますね」 「日焼けなどにより、遺伝子に傷がつくことで、ほくろは発生します。 ですから、年齢が上がるほど増えると考えてよいでしょう。 また、体質や遺伝などによりその量は変わってきます」 ほくろができるのを防ぐ方法はあるのでしょうか。 「完全に防げるわけではありませんが、 日焼け止めを塗ることは効果的だと思います」 ほくろの原因である紫外線による刺激を減らすことで、ある程度は防げるそうです。 多い人と少ない人がいるのはなぜ? そもそも、このほくろに意味はあるのでしょうか。 「紫外線により遺伝子にミスが起きたときに訂正する力だとか、ほくろが遺伝子に関係していることはわかっています。 ですが、実はそれがどんなものなのか、どんな意味があるのかはよくわかっていないのです」 では、多い人と少ない人がいるのはなぜなのでしょうか。 「 紫外線を浴びた量によっても、ほくろのでき方は変わってくると考えられています。 そのほかにも、ほくろの量は遺伝するといわれています。 ですから、親にほくろが多ければ、その子どもも多くなるようです」 紫外線を同じくらい浴びていたとしても、多い人と少ない人がいるのは、遺伝するからなのだそうです。 親から遺伝するものにほくろがあるというのも、興味深いですね。 また、体質によっても変わるとのことです。 ほくろにメリットはある? ちなみに、ほくろにメリットはあるのでしょうか? 「 生物学的・医学的には、ほくろにメリットはないと考えられています。 メリットがあるとすれば、ふだんの生活の中で個人を見分けるための材料になることくらいでしょうか」 なるほど、ほくろの位置で双子の識別をするといった話はよく聞きますよね。 とはいえ、遺伝するのにメリットがないとなると、ほくろにはまだまだ謎が多いようです。 ほくろは取っても大丈夫? 場所や大きさによっては、ほくろを取りたいという場合もあるかもしれません。 ほくろは取っても問題ないのでしょうか。 「取りたいのなら、取っても特に問題はありません」 では、ほくろを取る方法には、どのようなものがありますか。 「レーザーや手術などです。 レーザーでも傷跡になる可能性はあり、ほくろの細胞を完全に除去できるわけではないので、再度色の出てくる場合もあります。 手術は、痛み止めの注射をしてほくろの部分をメスでくり抜き、何針か縫うような治療を行います」 子どものうちに取ってしまってもよいのでしょうか。 「 早い年齢で取ることは、おすすめはしません。 もし取るのであれば、中学生くらいになってからがいいでしょう」 それはなぜでしょうか。 「 あまり小さいうちに取ってしまうと、成長とともに傷口が開いてしまうこともあります。 その場合、大きくなってからもう一度手術をしなければならなくなります」 「また、小さな子どもの場合、麻酔や手術後の入院が必要になると、親も大変になりますよね」 ほくろを取るならば、手術やその後のリスクなどを減らすためにも、中学生以降がいいとのことです。 また、ほくろを取ることについては、本人の意思も大切にしてほしいと言います。 「 取るか取らないかは、あくまでも本人の判断に任せてくださいね。 できている場所や大きさなどを考えて、本人の気持ちを汲んであげてください」 ほくろを取ること自体は特に問題ないとのことですが、取る時期には注意が必要なようです。 気になるからといって、小さいうちに親の勝手な判断で無理に手術をするのではなく、子どもの成長を待って子ども自身に判断させてあげたいですね。 良性なのか悪性なのか… 心配なら専門家へ相談を ちなみに、大きいほくろは医師に相談したほうがいい場合もあるようです。 「 普通のほくろであれば心配ありませんが、ほかよりも大きいなど気になるほくろがあるならば、専門家に相談してください」 「子どもが気になっていじりすぎるのもよくないので、ただのほくろなのか、悪いものなのかを判断するためにも、医師の診断が必要です」 過度に刺激を与えてしまうと、悪性のものになる場合もあるとのこと。 触りすぎて表面に傷などをつけてしまう前に、早めに皮膚科医に相談しましょう。 ほくろは、良性のものであればある程度の大きさで成長は止まり、それほど神経質になることはないそうです。 ですが、子どもが頻繁に気にしたり、大きすぎたりするものは、念のため皮膚科を受診すると安心ですね。

次の