お前 は 何 を 言っ て いる ん だ。 「お前は何を言っているんだ」とは?意味や使い方をご紹介

中二病 痛い セリフ【お前は何を言ってるんだ?】厨二病発言まとめ

お前 は 何 を 言っ て いる ん だ

おまえは何を言っているんだとは、格闘が男のの中で発言した言葉である。 概要 ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t, 彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''ソヾ:;;;;;;i, t;;;;;;;リ`ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ i,;;;;;;! / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ト. レ' l. f'l. \____________ ヽ. : :! , :. : j 、. : : ト、. r': :ヽ. : : : : :`ヽ、 〃: :j: : : : : : : i `ヽ、.. 導入のが盛んなころ、この訝しげなの画像をに用いたが広まり、頓な発言をした人物に対する(軽い)として定着した。 画像では「おまえ」と表記だが、「お前は何を言っているんだ」と表記されることが多い。 また、関連の「」がの紹介記事を掲載したところ、誤ってこの画像が随所に紛れ込んでしまい軽くを賑わせた。 関連動画 関連静画 関連項目•

次の

おまえは何を言っているんだの元ネタ

お前 は 何 を 言っ て いる ん だ

ライナー「お前は何を言っているんだ」ベルトルさんss ssnote• ライナー「お前は何を言っているんだ」ベルトルさんss 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。 ライナー「お前は何を言っているんだ」ベルトルさんss• 932• 130• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• 可愛いよ。 ライベルもしくはベルライ(ホモカップル)になるんで苦手な方はUターンお願いします! 性描写はすこしだけあります。 多分… 最新話のネタバレは多分ありません!多分… しかし本当にショックです。 これをベルショックと名付けます。 」 ベルトルト「寝ぼけているのはそっちじゃないか」 ライナー「仕方ない。 今日ははやく寝ろ。 じゃあおやすみ。 」 ベルトルト「一体…どうしたんだ?」• 」 アニ「…?だから私にどうしろって言うんだよ。 そんなのあいつとお前でなんとかすればいいじゃない。 」 ベルトルト「そういうわけにもいかないんだよ…ライナーは最近エレンやコニーといて2人きりで話す時間もすくなくなってきている… ライナーがそんな風になったきっかけとかないかな?」 アニ「…多分だけどさ。 」 ベルトルト「…?」 アニ「多分だけど、此処で現実逃避しているうちに、訓練兵として過ごしている自分と任務を果たさなければいけない自分で心が分裂したんじゃないか?」 ベルトルト「…そんな事が?」• こんな世の中だし、そうしないと精神押し潰されそうなのもわかるしね。 でも心底弱い奴だよあいつは。 」 ベルトルト「アニも、辛い事ある?」 アニ「…馬鹿にしないでよ。 あんた達と比べられたら嫌だけど私だって人間の心くらいもってるよ…」 ベルトルト「…うん。 」 アニ「エレンの話聞いてていつも思うんだ…私は此処に居てもいいのかって…いつか皆を裏切る時が来るのにね…あいつらになんて目で見られるのか楽しみだよ…」• 全部どうしようもないんだ。 」 アニ「うん…わかってるよ」 アニ「…まあ、ライナーの事はお前でなんとかしてよ。 じゃあ」スタスタ ベルトルト「!?…まって!」 ベルトルト(行っちゃった…にしてもアニがあんなに弱気なのって…。 とにかく昨日のライナーが正気だったか確かめないと)• 皆は先に行ってるんだ。 先行くぞ?」ハァ ベルトルト「…あっ、まって!話したいことがあるんだ!」• 」 ベルトルト「うん。 いいよ。 あと2人余ってる人いないかな?」 ユミル「誰か2人余ってる奴いないのか?」• 丁度いいな」 ユミル「マジかよー。 こっちは諦めたほうがいいか」シュパッ• よかったな」 クリスタ「…私は、どうしたの?」 ユミル「立体起動の訓練の時アンカーが木に刺さらなくてお前木にぶつかったんだよ。 」 クリスタ「…そうだったの。 ごめんね。 皆の足引っ張っちゃってる」• 気にすんな。 あと、その時ライナーが木から落ちる時に助けてくれたみたいだぞ。 良かったな。 」 クリスタ「本当に?!じゃあライナーに後でお礼言っとかないと…ライナーがいなかったら私死んでたかもしれないね。 」 ユミル「礼なんかいらないだろー。 お前ゴリラに好かれたくないだろ?」 クリスタ「もう、ユミルったら!」• もう大丈夫なのか?」 クリスタ「うん!軽く頭打っただけみたい。 もう少し遠くにいたら間に合わなかったかもしれなくてヒヤッとしたぜ。 まあ気にするな。 大事に至らなくてよかったな。 」ニッ• 」 ライナー「…これは?」 クリスタ「パワーストーンだよ。 ライナーは確か8月が誕生日だよね?」 ライナー「あぁ、そうだが?」 クリスタ「それ、サードオニクスっていって、厄除けや幸福の効果があるんだよ。 8月の誕生石でもあるしライナーにぴったりかなって!」• これいいのか?」 クリスタ「うん!最近こういうの集めるのが趣味なんだ!これはほんのお礼だよ!」 ライナー「ありがとな。 」 ジャン「ライナーにもとうとう春かよwおめでとっさんw」 サシャ「ライナーおめでとうございます!」 ベルトルト「…」• 」 ベルトルト「…そうか。 」 ライナー「もう寝るか」• ミカサは腹筋バキバキなんだぞ」 コニー「え!ミカサかっけぇ!」 ライナー「まあ腹筋なら俺の方があるぞ。 」 コニー「触らせてくれ!」バッ• )ペラ• 気持ち悪いね)ジロ• 」コソコソ ライナー「あ?アニ?なんでだ?」 ベルトルト「何でってアニが上官の部署に潜入する作戦を話し合うって前言ったろ?」コソコソ ライナー「アニがそんな事をすんのか?!それは放っておけねぇな!」 ベルトルト「っ?!…も…もしかしてライナー…」• 」ガタ• 」 ベルトルト「…ライナーは、故郷を離れる時に僕に言った事があるんだ。 もうライナー忘れてるのかもしれないけど。 」 ライナー「…?」• 」 ライナー「…っ!」ハッ ライナー(そうだ…俺は戦士だ。 どうなってんだ?) ベルトルト「その顔…思い出したの?」 ライナー「…あ、あぁ。 変な気分だ。 今まで俺は忘れていたのか?故郷の事も任務の事も…」ウゥ... ベルトルト「アニが言ってた。 ライナーは今心が分裂している。 無意識みたいだししょうがないね。 」 ライナー「…お前らを傷付けて、それでも平然とすごしていたのか俺は。 なんて奴だ…」 ベルトルト「もう済んだことだし、ただ何故こうなってしまったか分かるよね?」 ライナー「俺が…奴らと親しくなり過ぎたからだ」• もう手遅れだよ。 」 ライナー「…」 ベルトルト「僕はこれ以上君に口出しはしないつもりだよ。 後は自分で今の自分を維持するしかない。 じゃあもう僕は行くよ。 」タタタ ライナー「ベルトルト!」ガシッ ベルトルト「っ!?」• 俺はこの曖昧で甘ったれた自分の心を、どうにかしてみせる。 こんな馬鹿ゴリラを許す僕はもっと馬鹿なのかもしれないなぁ。 多分この環境では治ることはない。 諦めよう。 」モグモグ ライナー「本当に優しい奴だなあいつは。 あれなら毎日ミカサに吹っ飛ばされてもかまわんw」• 何年ぶりだろう)• この死に急ぎ野郎にw」 ジャン「巨人臭えんだよってな!w」 マルコ「えっ!」 マルコ「そっ…そんな事思ってないよ!」 エレン「お前みたいな最初から逃げ腰な奴に未来なんてないぞ!」ガッ ジャン「あ?巨人に真っ先に食われようとしてる奴に未来だの何だの言われたかねーよ!」ヘラヘラ エレン「ふざけんな馬野郎!」ダン• 食事中だぞ。 」グイ エレン「ライナー離せよ!俺は今回は許さねーんだこの馬面を!くそっ!」ジタバタ ジャン「何でもかんでもつっかかってくる面倒くせぇ性格をどうにかしろ」ヘラヘラ ライナー「ジャンもだぞ。 2人ともやってる事はガキとおんなじだ。 こんなチビにかまってる暇はねえな。 」 エレン「…っくそ。 下ろせよライナー!もう大人しくするから!」 ライナー「2人の口喧嘩のせいで皆の飯が不味くなるだろう。 もうやめろよ。 」ストン• 」フフ サシャ「あの2人の喧嘩をこうもあっさりと終わらせるんですもんね。 」ムシャムシャ ライナー「はあ。 世話がやけるな。 」ムシャムシャ ベルトルト「放っておけばよかったのに。 」モグモグ• 礼なんか必要ない。 」ニヤ クリスタ「そういえば結構前にあげたパワーストーン気に入ってくれた?効果があったとかしりたいんだけど…」 ライナー「ああ、あれのおかげで毎日順調だ。 いつもみえるところに置いてある。 」 クリスタ「わあ!役に立でてるだけで嬉しい!」パアア• 」ニヤニヤ ライナー「ユミルか、お前は親切で人に物を貰った事がないから分からんだけだ。 」 ユミル「あいにく私もクリスタから貰っちゃってるんだよね〜〜。 ゴリラと一緒の石じゃないからよかったね〜。 」ヘヘ ライナー「なんだ。 俺だけじゃあないのか。 」シュン• 黄金色で太陽を象徴しているの。 未来を明るく照らしてくれる!」 ユミル「こうやって色々信じちゃうところが可愛いなあ〜!私の未来を照らしてくれるのは太陽でも石でもない。 クリスタだけだ。 」ニヤ クリスタ「ユミルやめてよ!」プン• 」カチャン ベルトルト「... ご馳走様」ガタン ライナー「おいベルトルト、すぐ食べ終わるから待ってくれ。 」カチャカチャ ベルトルト「いや、ちょっと用事があるんだ。 先に戻るよ。 」スタスタ ライナー「…あいつに何の用事があるってんだ?」• 一気に更新しています。 にしてもベルさん素敵。 愛してる。 勿体無い。 いつもこんな顔でいればモテるのに。 ) ライナー(懐かしいな。 故郷を思い出す…) ライナー「…!?こ、故郷!」ハッ ジャン「いきなり声たてんなよ!うるせーな!寝ろ!」• ベルトルトが怒っているのは俺が3人で集まる事を忘れていたからか。 なんて奴だ俺は。 自分の心さえコントロール出来ないなんて!くそっ!)ググッ ネルトルさん「…」ス-ス- ライナー「可愛い。 」ボソ• 組もうか。 」 ベルトルト「あ、ごめん。 マルコともう約束してたんだ。 」スタスタ ライナー「ガチか。 」 アニ「…いいよ。 俺お前にも謝らなきゃいけねぇみたいだな。 」ガッ アニ「…謝られてもね。 解決策は見つけたのかい?」ダッ ライナー「いや。 俺はこうやって自分を保ってられるのも数日だけだ。 」ハアハア アニ「ふ〜ん。 どんな気分だい?故郷を忘れて奴らと楽しく過ごす毎日は。 」ダダ バンッ ライナー「…すまん。 本当に俺…。 」ハアハア• 」ガシッ ダン ライナー「…っ痛!話してるだろ!今くらい手加減しろよ」ハアハア アニ「私なりの精一杯の手加減をしたつもりなんだ。 」 ライナー「くそ、すまん。 」 ライナー「ああ。 最近は避けられていてな。 飯も一緒に食ってないんだ。 夜だって話しかけても本にしか目を合わせない。 」 アニ「自分でなんとかしてよ。 私に解決策は分からない。 」 ライナー「…」• 最後まで読んでくれる人いない気がする。 ベルさんとライナーが喧嘩するところが私的に書いてて興奮します。 ふへへへ• ベルトルト。 」 ベルトルト「あ、ごめん。 今日中に読み終えたい本があるんだ。 じゃ」スタ ライナー「まて。 」ガシ ベルトルト「離せよ。 」ググ ライナー「俺の話を聞いてくれ。 ベルトルト」 ベルトルト「…」 ライナー「いつもの場所に行こうか。 」 スタスタ• お前が知っている通りすぐ逃げようとする。 弱いだろ。 だからお前が、俺が己を忘れた時思い出さして欲しいんだ。 」 ベルトルト「めんどくさいよ。 」 ライナー「俺は、頼るのはお前しかいないんだ。 お願いだ!」 ベルトルト「君が皆と仲良くしだしたら、故郷うんぬんあの時の言葉を忘れたのか〜〜とかなんとか、いちいち君に言わなきゃいけないの?」• 」 ベルトルト「嫌だよ。 しかも、別にライナーが故郷を忘れていても僕はなに不自由ないんだ。 」 ライナー「そうか?アニとの話し合いは?」 ベルトルト「君がいなくても出来たよ。 」 ライナー「寂しくないのか?」 ベルトルト「…寂しいわけないだろ。 」 ライナー「本当か?」 ベルトルト「ああ。 もう慣れたんだ。 だからもう放っておこうよ。 」 ライナー「っくそ…」ググ• ) ライナー「…俺は…だ」モゴモゴ ベルトルト「?聞こえないよ。 もっとはっきり話してくれ。 」 ライナー「ベルトルト!」グイ ベルトルト「っ?!ちょっ!ライナー!」• 」 ベルトルト「っ?!何言ってるんだ!この状況でそんなこと言うのか?!」 ライナー「俺は!故郷を忘れると同時に、お前への気持ちも忘れちまうんだ!それが一番辛いんだ!」グイ• とりあえず僕の肩に置いてる手を離してくれ!痛いんだ。 」 ライナー「いや、離さん。 今日は離したくない。 何があってもお前が俺の気持ちにこたえられないとしてもだ。 」グイ ベルトルト「嫌だ!今の君と話したくはない!離してくれ!」ジタバタ• 今の君はおかしいよ!正気じゃない…!」ググ ベルトルト(だめだ、このままライナーを許すなんて…!同じことの繰り返しだ!)• とっくに消灯時間すぎてるんだ。 どこほっつき歩いてたんだ。 」 ベルトルト「?!べっ別に!」 ジャン「なんでそんな慌ててんだ?なんかやましい事でもあんのか?」ヘラヘラ• 少し予定よりも長引いてな。 」 マルコ「そうだったのか。 2人で?僕も声かけてくれれば手伝ったのに。 ありがとう!」 ジャン「こんな夜遅くまで雑用任されちまうなんてとんだお人好しだな」ケラケラ ライナー「とりあえず起こしてすまん。 俺らもすぐ寝る。 あのままライナーを許してたら前回とおんなじ事の繰り返しだ。 でも…ライナーは僕に好きって…) ライナー「ベルトルト、おやすみ。 」 ベルトルト「…あぁ。 」 ベルトルト(あんな事言っておきながら普通に接してくるなんて…明日しらばっくれてきたらただじゃおかない!)プン• やめ…」ムニャムニャ コニー「やっと起きたぞ!」 ベルトルト「ライナー…」ス-ス- コニー「っ!また寝やがったな!この超大型巨人め!皆お前置いて先行きやがったぞ!」ベシベシ ベルトルト「…」ス-ス- コニー「もうこれ以上起こさないからな!怒られても俺責任とらないからな!」ガチャバタン• 」まだ起こしているのかなぁ。 」 ミカサ「私が起こしに行く。 」ガタ エレン「お前は女なんだからダメだろ!見つかったらお前も怒られるぞ。 」 アルミン「そうだね、もしミカサが行ったらベルトルト生きて帰ってこないかもしれないし」ハハハ ミカサ「どうして?」• 僕が起こしに行ってくる。 」 ガチャ コニー「おい!ライナー!あいつ叩いても蹴っても絶対起きねーぞ?」 アルミン「コニー、起こせなかった?」 コニー「ああ!もう俺は何もしないからな!ライナーが行けよ!」• ずーっと寝言でライナーライナー言ってて気持ち悪くてよ。 」 ライナー「っ?!」ガタンドン• 」テクテク ライナー「待て!俺が行ってくる。 すまんな」スタスタガチャバタン エレン「どうしたんだいきなり。 変なやつだな」• ベルトルト、起きろ。 」ペチペチ ベルトルト「…んー、…」ムニャムャ ライナー(なんて寝相だ…。 髪もこんなに寝癖つけやがって。 起きろ」ペチ• 大寝坊だぞ。 」 ベルトルト「っ?!ラ、ライナー!」ビクッ ライナー「おい、せっかく親切にしてやったのになんだその反応は。 さっさと着替えろ。 」 ベルトルト「え、あ…うん。 そうだね。 」ゴソ• 多分サシャに食われてるだろ。 」 ベルトルト「ライナーは食べたの?」ヌギ ライナー「食ってない。 一食抜くくらいなれてるしな。 にしてもお前の寝起きの悪さは病的だぞ。 」 ライナー(今日のベルトルトのパンツの色は…)ジ- ベルトルト「ご、ごめんよ…。 ) ベルトルト(一か八か聞いてみよう) ライナー「おい、着替えたか?もう行くぞ。 」 ベルトルト「まって!聞きたいことがあるんだ。 」 ライナー「…昨日のことか?」 ベルトルト「ぐっ…そ、そうだけど。 」アセ ベルトルト(忘れてない。 いつものライナーだ…)• 何でもないんだ…」 ベルトルト「え?忘れてって…」 ライナー「はやくしねえと教官に怒鳴られる。 行くぞ。 」ガチャ ベルトルト「う、うん…」パタパタ ガチャン• 」 エレン「本屋か…俺はミカサと街の広場に行ってくるんだけど一緒に来いよ!」 アルミン「いいよ。 僕は本買うだけでいいから。 2人で行ってきて!」ニコ エレン「そ、そうか。 じゃ、気をつけてな!」 ミカサ「アルミン、変な所に行ってはいけない」 アルミン「分かってるよ、いってらっしゃい。 」ニコ アルミン(変な所ってどこだよ)• 大したものじゃないよ。 」パタン アルミン「そ、そうか。 そういえばベルトルトは今日どこに行くの?」• 実は前買った時のが溜まっていてね。 」 アルミン「へぇ、そうなんだ。 」 アルミン(嘘だ。 ベルトルトは以前より本を読んでいる時間は圧倒的に増えている…。 しかも何回か同じ本に手を伸ばしてる。 今持っている本だってかなり読み込んでいるのか端がヨレているのに…なんでそんな嘘をつくんだろう…)• また誘ってよ。 」 アルミン「やっぱり僕行くのやめたよ。 君とここで本でも読んでいよう。 」 ベルトルト「…?!いっいや!」• どうしたんだろう) ベルトルト「今日は天気がいいから外に出た方がいいと思うよ?」アセ アルミン「ベルトルト…どうかしたの?」 ベルトルト「…なんでもない。 」 ベルトルト(アルミンは勘が強すぎる…。 今日は皆が町にでるから誰もいない部屋で話をしたいってライナーに言われてるんだ…)• 喧嘩して落ち込んでいるのかなって…」• ただ…昔のようにずっと一緒にいるってことが出来ないから…」 アルミン「寂しい?ライナーがエレン達とよく話しているのが…」 ベルトルト「さっ寂しくなんか!ないよ!!」アセ アルミン(ベルトルトは孤独を感じているんだ…)• ライナーがここに戻ってきたら絶対アルミン怪しがるにちがいない。 ) アルミン「そ、そうか。 じゃあいってくるね!」ニコ アルミン(なんだろう…僕にここに居られると困ることでもあるのかな。 ) スタスタ• 」 ライナー「やっと行ったか。 そろそろ俺の気持ち伝えたいんだ。 しかしクリスタにはユミルがいる。 」 ベルトルト(なんだ…今は兵士ライナーか。 ) ライナー「そこでだな、お前がユミルに話しかけているうちに俺がクリスタを呼び出すんだ。 」 ベルトルト(アルミンと本屋さん行けばよかった)• なんかあったのか?」ジロ ベルトルト「別に…」ペラペラ ライナー「そうか!もしかしてアニの事か?!お前を見ていれば分かるぞ、見過ぎだ。 」 ベルトルト(そりゃそうさ、君が馬鹿になってから唯一の仲間で理解者だからね。 」ペラペラ ライナー「そうか!こないだの座学の成績、アニに抜かされちまったからだろ!そりゃあそうだよなぁ、男としてのプライドが許さんからな。 」 ベルトルト(イライラする…)• 」 ベルトルト(…)イライラ ライナー「俺もお前にいろんなこと話しちまってるんだからお前のこともたまには話してくれよ。 愛しのアニについてを…ベル「黙れよ!!」 バン! ガタン• ライナー(顔が…近い!そして怖い!)アセ 壁ドントルさん「聞いてれば勝手なこと抜かして…」 ベルトルト「僕が!!どんな気持ちで毎日過ごしていると思ってるんだ!!」• いきなり迫ってくるベルさんの迫力ったら凄そうです。 こんなはずじゃなかった• 」ハハハ アルミン「ごめんよ…ベルトルトの様子がおかしかったからつい気になって…」 ライナー「ベルトルトはどこに行った?」 アルミン「すごいスピードで廊下を走って行ったよ。 ドアの後ろにいた僕にも気づかないくらい取り乱してたね。 」ガタ アルミン「多分今は誰にも会いたいと思わないよ。 そっとしといたほうがいいと思う。 」 ライナー「そうか…お前を信じるぞ。 」 アルミン「あぁ。 」 ライナー(さっきのやりとりアルミンに全部聞かれてたとなると…かなり気まずい…)• 」 アルミン「うん!それは分かってる!」 アルミン「にしても…ベルトルトはライナーのことがすきだったんだね…」ハハ ライナー「俺も知らなかった…こんなに一緒にいたのに気付いてやれなかったなんて…親友失格かもな。 見ての通りベルライのライナーにライバル出現! 黙って続き書きます。 」ジ- ライナー「?あぁそれか、綺麗だろ。 」 アルミン「そうだね…すごく綺麗だよ。 この壁の中にもこんな綺麗なものがあるんだね。 」 ライナー「…そうだな」• アルミン(声が聞こえる…) アルミン「ベルトルト…そこにいるのかい?」• 誰かと話す気分じゃないんだ…」 アルミン「そうか…側にいるだけでもダメかな…?」 ベルトルト「…」 アルミン「隣…座るよ…」ストン• そういえばアルミンはもう帰ってきてんのかな。 あいつに買ったお土産喜んでくれるかな…。 」 ミカサ「アルミンなら凄く喜んでくれるはず。 ミカサ「あ…」スタ... 」ス-ス- エレン「こいつら何で裏庭で寝てるんだ?こんなところで寝てたら風邪引くだろ。 」 ミカサ「起こしてくる。 」 ライナー「いや…もうすこしあのままにしといてくれ。 あとで俺が起こす。 」ポン• 」サッ エレン「でもあのままだと風邪ひくぞ?」 ライナー「いや、みろ2人の気持ち良さそうな顔…ベルトルトの寝顔見てるとよ…懐かしい気持ちになるんだ。 子供の頃毎日あいつと昼寝したのを覚えている…」• また戦士の記憶を失っていた。 最低だ…ベルトルト本当に…すまない…。 ) エレン「そういえばお前ベルトルトと幼馴染だったな。 」 ライナー「ああ。 何があってもずっと側にいた…。 」 エレン「俺とアルミンとミカサみたいだな。 」 ミカサ「私とエレンは家族。 」 ライナー「そうだったな。 にしてもお前ら3人全然性格が違うのにどうしてそんなに仲がいいんだ」ハハハ• 」ジ-• 」ギュッ クリスタ「もう!ユミルやめてよ!」 アルミン「…」ジ-• 何かあったのか?」モグモグ アルミン「ちょっ!エレン!」アセ ユミル「おいおいまじかよ…」 クリスタ「ほんまもんやないかい。 」 ミーナ「クリスタがおかしくなってる。 ガヤガヤ ライナー「向こうが騒がしいな…」モグモグ ベルトルト「そうだね。 」モグモグ• これからどうやって生きていこうか…• 今日もすごくきれいな黒髪だ。 」キリ ベルトルト「あぁ、どうも。 」ペラ マルコ「最近ライナーがやたらとベルトルトを褒め倒してるね。 」 ジャン「俺のセリフしれっとつかいやがって…」 ライナー「ベルトルト。 お前のベルトかっこいいな!取って見せてくれよ!ベルトルトだけに…」ニヤ ベルトルト「いつもと一緒だよ。 」ペラ• 」 ジャン「にしてもなんであいつ最近ライナーに冷たいんだ?」 マルコ「喧嘩するほど仲がいいって、ほら、よく言うでしょ?そのうち仲直りするよ。 」 ジャン「そうだな。 」 ライナー「お前!その指の爪見せてみろ!綺麗すぎる!!こんな所まで手入れしているのか!流石だ!!」ジ-• 」 ライナー「今日のお前の寝相も白鳥のように優雅で惚れちまったぜ!」 ベルトルト「うん。 」ペラ マルコ「ライナー…そろそろ限界みたいだね。 もう褒めてないよ。 」 ベルトルト(兵士の時はあんなに嫌がったのに…僕の気持ちも考えてよ。 ) クリスタ「ねえベルトルト!ちょっといいかな?」トントン ベルトルト「いいけど…どうしたんだい?」• 」 クリスタ「やっぱり!最近ベルトルト、ライナーに冷たいみたいだから。 」 ベルトルト「見ててわかる?」アセ クリスタ「みんな気づいてるよ!ライナーが一生懸命ベルトルトの機嫌をとろうとしてるのも!」• でもクリスタ、君の要求には応えられない。 」ハハハ クリスタ「えっ」!? ベルトルト「僕達は子供じゃないんだから仲直りしたって、意味ないんだよ。 」 クリスタ「なんで?」 ベルトルト「子供は絆を強くするために喧嘩するんだ。 僕達はこれ以上絆はいらないんだよ。 」 クリスタ「こんな世の中だからこそあなた1人でいいわけないじゃない…仲間がいないと…守りたい物がなければ生きれないよ。 」 ベルトルト「もう…生きすぎたんだ。 僕も君も含めた皆。 」 クリスタ(ベルトルトにどんな過去があるんだろう…やっぱり、巨人を直接見たことがない私には到底分からない景色をみていたんだろうな。 これ以上何も言わないほうが…) ベルトルト「そういえば、ライナーが君から貰っていたパワーストーンすごく大切にしてるよ。 よかったね。 」ニコ• 」ニコ ベルトルト「うん」ニコ クリスタ「あっ、ベルトルトも欲しい?集めているのがいっぱいあるの。 」 ベルトルト「ごめん、ありがたいけど遠慮しとくよ。 僕そういう細々したものってすぐ無くしちゃう癖が…」• 」 ベルトルト「ん、すごくきれいだ…」パァ クリスタ「ふふふ。 12月の誕生日石なの。 」 クリスタ(あんなに乗り気じゃなかったのにこんなに顔が明るくなって…)フフッ ベルトルト「本当にこれもらっていいの?」 クリスタ「当然!これはね、タンザナイトっていって色が置く場所によって変色していくの。 とっても神秘的よね。 効果は、正しい道へ導いてくれて自立心を養うって。 」 クリスタ「じゃあ、ユミルとこれから用があるの!またね」ヒラヒラ ベルトルト「じゃあね。 」ヒラヒラ スタスタ ユミル「なんだ?ベルトルさんにもあげたのか?」 クリスタ「うん、誕生日プレゼントだよ。 ジャンは押して引けばホイホイついてきそう。 周りに私みたいな腐人がいないので、辛いですごめんなさい黙ります。 また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する 著者情報 B. Bさん• 1 投稿数• 「進撃の巨人」カテゴリの人気記事• 「進撃の巨人」カテゴリの最新記事• 「進撃の巨人」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の

「何を言っているんだ」に関連した英語例文の一覧と使い方

お前 は 何 を 言っ て いる ん だ

おまえは何を言っているんだとは、格闘が男のの中で発言した言葉である。 概要 ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t, 彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''ソヾ:;;;;;;i, t;;;;;;;リ`ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ i,;;;;;;! / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ト. レ' l. f'l. \____________ ヽ. : :! , :. : j 、. : : ト、. r': :ヽ. : : : : :`ヽ、 〃: :j: : : : : : : i `ヽ、.. 導入のが盛んなころ、この訝しげなの画像をに用いたが広まり、頓な発言をした人物に対する(軽い)として定着した。 画像では「おまえ」と表記だが、「お前は何を言っているんだ」と表記されることが多い。 また、関連の「」がの紹介記事を掲載したところ、誤ってこの画像が随所に紛れ込んでしまい軽くを賑わせた。 関連動画 関連静画 関連項目•

次の