にいがた 経済 新聞。 新潟県が県民旅行キャンペーン「つなぐ、にいがた。」(第2弾)の取り扱い旅行会社を発表

にいがた経済新聞(WEB版)を刷新し、発信力を強化します!

にいがた 経済 新聞

酒の陣は2004年に始まり、19年には朱鷺メッセ(新潟市)を会場に、2日間で過去最多の14万1611人が来場した。 入場券制で、500種類超の清酒を試飲したり購入したりできる。 20年は3月14、15日に開催を予定していた。 混雑解消に向け、今年から有料試飲チケット制の導入や2会場での開催など、新しい取り組みをする計画だった。 新型肺炎の感染が深刻化するなか、酒造組合は「開催の有無について慎重に協議を重ねている」とし、入場券の販売も18日から休止していたが「この1週間で情勢が大きく変わった」(大平会長)。 一部の酒蔵からは、中止決定に先駆け参加を取りやめる動きが出ていた。 柏崎市の阿部酒造は18日「小さな酒蔵のため、その後の製造スケジュールや多くの影響を考慮し、参加を取りやめる」と公表。 久須美酒造(長岡市)も客と社員の安全性の観点から参加しないとしていた。 「酒の陣」は県外から泊まりがけで参加する人も多く、ホテルや鉄道、飲食店などへの経済的な波及効果も大きい。 中止発表を受けて、旅館・ホテルの事情に詳しい関係者は「一言でいうと大打撃だ。 新潟市内を中心にこの日を『ビジネスチャンス』と捉えている施設も多い」と指摘する。 例年、開催時には新潟市内のホテルはほぼ全てが満室となる。 万代シルバーホテルは「今年の開催は難しいだろうとは思っていたが、仕方がない。 やむを得ない選択だと思う」と話している。 新潟市観光政策課の担当者は「14万人規模を集客できるイベントは貴重で、市内への経済効果は大きい」とした上で、飲食店などへの影響も懸念する。 「酒の陣に行った後、市内の飲食店へと足を運ぶ人も多い。 宿泊だけでなく消費面での損失もあるだろう」と話す。 酒の陣は11年に、東日本大震災の影響で開催を中止したことがある。

次の

にいがた経済新聞(WEB版)を刷新し、発信力を強化します!

にいがた 経済 新聞

この項目では、にいがた経済新聞社が発行する月刊誌・について説明しています。 ニューズ・ラインが運営するウェブサイト「 新潟経済新聞」については「」をご覧ください。 にいがた経済新聞 種類 月刊紙 サイズ タブロイド判 事業者 にいがた経済新聞社 本社 新潟市 代表者 代表取締役 齋藤駿 創刊 言語 日本語 価格 1部 249円 月極 1300円(半年) 発行数 1万5000部 ウェブサイト 有限会社にいがた経済新聞社 本社所在地 〒951-8063 二番町531 事業内容 新聞発行 業種 資本金 1000万円 にいがた経済新聞(にいがたけいざいしんぶん)は、で発行されている月刊紙。 県内の企業情報や経済ニュースが掲載されている。 創刊は2016年10月。 毎月10日に発行されている。 定期購読のほか、蔦屋書店、ニューデイズなどで販売されている。 価格249円(税込)。 本社 [ ]• 新潟市中央区古町通二番町531番地 沿革 [ ]• 平成28年04月 の配信スタート• 平成28年09月 にいがた経済新聞(タブロイド判、カラー8頁) 創刊準備号を発行• 平成28年10月 創刊号を発行(カラー8頁)• 平成28年12月 12月10日発売号 12頁に増頁• 平成29年01月 1月10日発売号 16頁に増頁• 平成29年02月 2月10日発売号 20頁に増頁• 平成29年06月 ビジネス交流会「にいけいビジネスクラブ」発足• 平成29年06月 日露交流フォーラムを開催• 平成29年10月 第三種郵便物認可• 平成30年01月 本社を新潟市北区から中央区に移転• 平成30年01月資本金を1000万円に増資• 平成30年06月eコマースサイト「」の運営開始• 平成30年08月web制作事業を開始(株式会社ramのweb事業部門と、にいがた経済新聞の事業を統合) 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

新潟県が県民旅行キャンペーン「つなぐ、にいがた。」(第2弾)の取り扱い旅行会社を発表

にいがた 経済 新聞

このプロジェクトについて このプロジェクトは新潟の情報を県民のみなさんに伝えるWEB・紙媒体「にいがた経済新聞」をリニューアルし、発信力をより一層強化するプロジェクトです。 この度、にいがた経済新聞のWEB版(URL: )のシステムをリニューアルし、みなさまにより身近で、見やすい媒体へと成長させることにいたしました! にいがた経済新聞を応援したい!という方はぜひ本プロジェクトをご支援ください。 よろしくお願いいたします! はじめまして! 初めまして、にいがた経済新聞編集長の伊藤直樹と申します! (向かって右が伊藤。 中央は石塚健代表取締役、左は近藤敬顧問) 弊社では、新潟の隠れた実力企業、独創的なベンチャーなどを紹介するタブロイド紙「にいがた経済新聞」を昨年10月10日より発行しております。 オールカラー20~24頁で、新潟で頑張る中小・ベンチャー企業を毎月20~30社紹介しているほか、マッチングにつながる情報などを掲載しています。 今後も新潟の経済を活性化する人、モノ、コトを発信していきます! 新潟の現状について 新潟の人口減少は深刻です。 その原因の一つに、新潟の若者が、首都圏などの優良な会社に就職することが挙げられます。 ただ実は、県内には雇用の受け皿となる優良企業は数多くあるのです。 しかし、企業を相手にして事業や商取引を行うBtoB企業のため、一般消費者向けにサービスや商品を提供しているBtoC企業に比べ、知名度が低く、就職活動を行う学生の目に止まりにくい状況なのです。 また、ユニークな取り組みをしているものの、社歴が短いことなどから、マスコミで取り上げられないベンチャー企業も多くあります。 新潟の企業に光を当てる! 創刊から、まもなく1年が経ちますが、これまでに、「新潟にもこんな企業があったんだね」などといった感想を数多く頂きました。 これを励みに、毎月10日の発売に向け、元新聞記者、元雑誌記者、元行政マン、外部協力者などスタッフは、取材、編集、広告集めなどに奔走しています。 それと並行して、県外在住者や、購読社でない方なども念頭に、「にいがた経済新聞(web版)」も、ほぼ毎日ニュースを配信しています。 にいがたの経済に興味を持ってもらいたい! 今回のプロジェクトは、この 「にいがた経済新聞(web版)」の強化です。 月間ページビューは多い時で10万と、ビジネスとしてはまだまだですが、 県内外の多くの人に新潟経済や新潟の企業に関心を持ってもらいたいと、なるべく更新回数を増やそうと頑張っています。 いまは記事のタイトルしか表示されませんが、リニューアルをして、 タイトルまわりに写真が表示されるようにし、分かりやすくします。 また、 ・アクセスの多い記事ランキング ・記事カテゴリー ・記事下に表示される「関連記事」 などを入れ、 情報を探しやすくし、アクセスアップにつなげていきたいと考えています。 最後に 8月中にはリニューアルを完成し、新潟の企業、そして応援していただける企業の皆様方のPRに取り組んでまいります。 また、リニューアル後は、さらにwebニュースの配信に頑張ってまいります! 「新潟の暮らしに一番近い経済新聞」を標榜する弊社が 目指すは、故郷にいがたの活性化です! 皆様方のご支援、ご協力を賜れますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・法令に違反するものや、そのおそれがあるもの ・公序良俗に反するものや、そのおそれがあるもの ・閲覧者に不快の念を抱かせたり、危害を与えるおそれがあるもの ・そのほか、掲載する広告として適当でないと弊社が認めるもの 起案者情報 【団体名】株式会社にいがた経済新聞 【代表者】伊藤直樹 【HP】 【TEL】025-282-5633 【FAX】025-333-4918.

次の