セブン ルール おにぎり。 なぜ大行列が?!人気のおにぎり専門店「ボンゴ」店主に『セブンルール』が密着

右近由美子(おにぎり)の年収やWiki経歴や年齢は?お店ぼんごの場所やおすすめメニューや口コミ評判は?【セブンルール】

セブン ルール おにぎり

大手チェーンの中でも毎年のように改良を繰り返して断トツのクオリティを誇っているのがセブン-イレブンだが、今年も精米方法や海苔の包装フィルムを見直すなど、全面的なリニューアルを実施した。 なぜ、セブン-イレブンはここまでおにぎりにこだわるのか。 経済ジャーナリストの河野圭祐氏がレポートする。 これはセブン-イレブン・ジャパン(以下SEJ)の自社電子マネー、nanacoの集計データの結果だという。 それだけに、手巻きおにぎりのリニューアル発表会も力が入っていた。 発表会場は老舗料理屋の「つきじ治作」(同・中央区明石町)で、会場となった2階の広間へ行く途中、中庭に広がる池には優雅に鯉が泳いでいる。 手軽で身近な商品であるおにぎりの新作発表の場としては、やや演出過剰の感もなくはなかったが、SEJの園田康清・米飯・麺類シニアマーチャンダイザーはこう話した。 「最初に発表場所を聞いた時は私も驚いたが、これまで42年間、当社はおにぎりの品質を磨き続け、かつ品質を守り抜いてきたという自負があり、より新作おにぎりの価値をお伝えできると考えてこの会場を選定しました」 1974年に1号店がオープンしたセブン-イレブンでは、1977年におでんが登場、翌1978年におにぎりを発売しており、この2つは同社の看板商品で双璧。 ただ、おにぎりで言えば発売40周年の一昨年が節目の年だ。 同年にも厳選米おにぎりを発売してはいるが、今回は、なぜこのタイミングでおにぎりの刷新だったのか。 「例年、気温が上昇してくるこの時期からおにぎりの販売も、より上がってくるので、さらに美味しいものをお届けしたいということでこのタイミングになりました」(前出・園田氏) セブン-イレブンの加盟店に端を発したコンビニ業界の24時間営業問題からちょうど1年。 SEJはその後もスマホ決済での失態等、後ろ向きの話題が目立った1年でもあったから、看板商品のリニューアルで一度、重い空気を払拭したいという思いもあったかもしれない。 2014年以降、消費者の支出額は米よりパンのほうが大きい状況が続く中、SEJでは米飯類(弁当、おにぎり、寿司など)の売り上げがパン類の1. 5倍あるという。 その米飯類で中核を占めるのがおにぎりで、「セブン-イレブンの、いわば生命線になる商品という認識」(園田氏)だけに、これまでも改良に次ぐ改良を重ねてきた。 今回のリニューアルのポイントは、包装フィルムの仕様を5年ぶりに刷新し、密閉度を高めた新パッケージを採用したことが1つ。 もう1つが精米法も14年ぶりに変更し、低温精米を採用したことで、米への負荷をより減らして本来の旨味を向上させたという。 海苔のパリパリ感も一層増し、焼成法は昨年、特許を取得したそうだ。 SEJが今回発表したリニューアルおにぎり5品(鮭、ツナマヨ、辛子明太子、梅肉、昆布)のうち、鮭やツナマヨは販売数で1位、2位を占めるボリューム商品。 ちなみに鮭、ツナマヨのおにぎりは訪日外国人の間でも人気らしい。 こうした点はファミリーマートやローソンのおにぎりでも同様の傾向があるが、ローソンの場合、親会社である三菱商事が2014年秋、1460億円を投じて、ノルウェーのサケ養殖大手のセルマックを完全子会社化したことから、太い調達ルートができたことも大きい。 実際、ローソンのおにぎりで売れ筋の上位はツナマヨ、焼鮭ほぐし、それにプレミアムの金しゃりおにぎり焼きさけハラミがベスト3で、鮭商品が2品入っている。 定番のおにぎり以外では、ローソンでヒットした「悪魔のおにぎり」などもある。 これは以前、南極地域観測隊が夜食として食べていたおにぎりをテレビが紹介して以降、SNSなどで話題となり、それをヒントにローソンが独自開発したものだ。 2018年10月から発売して定番商品となり、「一時は、不動の販売数1位だったシーチキンマヨネーズの販売を超えていたこともある」(同社幹部)という。 ローソンは最近も「お茶づけ海苔味おにぎり」や「あさげ味おにぎり」などを販売、ナチュラルローソンで2012年から売り出した、もち麦入りおにぎりは現在、青い看板のレギュラーローソンでも販売するヒット商品になっている。 一方、ファミリーマートは、帝人が開発したスーパー大麦を使用したおにぎりが話題になった。 対するセブン-イレブンでは、チャーハンやオムライスのおにぎり版といった変化球商品もラインナップに加えているものの、園田氏は次のように話している。 「おにぎりは毎日食べる方もいて、鮭やツナマヨなどの商品が基本メニューであることは普遍。 面白味や新しさの打ち出しも、健康米を中心に検討していきますが、どこに注力するかはコンビニチェーンごとに少し違うでしょう。 当社では、毎日買っていただけるボリュームゾーンの優先度を高めています。 最近は、セブン-イレブンでもたとえば牛肉を使ったおにぎりも結構、売れるようになってきていますが、あまり奇をてらわず、定番商品中心なのは変わりません。 また、ベーシックなおにぎりは、40代から60代の比較的年代の高いお客様に売れる傾向があって、そうした年代の方は食べる量が減っている中で、お弁当より相対的におにぎりを選ばれているのではないかと。 おでんなら、かき入れ時は冬場という季節的なトレンドがありますが、おにぎりは年間を通して相当な数の販売をしているので、いずれにしろ、飛びぬけて重要なカテゴリーなのです」 2018年度のおにぎり販売数22億7000万個という数字を聞けば、セブン-イレブンがいかにおにぎりに注力しているかが分かるだろう。 ちなみに、自前のおにぎり専用工場はローソンで約40か所、SEJは倍の約80か所をそれぞれ擁し、その差も大きい。 「パン類は日持ちがするので、おにぎりに比べて廃棄ロスが少ない商材です。 一方、自社工場で完結できるおにぎりに対し、パン類はプライベートブランド商品であっても、ある程度はパンメーカーさんの協力が必要になってくる。 つまり、パン類よりもおにぎりのほうが総じて利益率は高いのです」 こう語るのはファミリーマートの幹部だが、同社では、パン類はおにぎりや弁当以上の売り上げがあり、大手パンメーカーを巻き込んで昨年、今年と「うまいパン決定戦」といったイベントも開催するなど、最近はパンに注力しているイメージが強い。 ともあれ、より利益率が高いおにぎりは、激しい競争の中で各社拡販を狙い、今後もあの手この手の販促キャンペーンが繰り広げられていくだろう。 再び園田氏が語る。 「販促はいろいろなパターンをテストしていく。 従来のおにぎり100円均一もそうですし、30円引きにしたらどうなのかとか、あるいはドリンクとのセット価格、さらに時間帯によって価格を変えるなど、いろいろなチャレンジを実施し、お客様から一番ご支持いただけることをやっていきます」 昨年7月から、ミニストップが「100円おにぎり」を仕掛けて話題となり、集客面では一定の成果を上げているものの、価格勝負の体力消耗戦ということもあって、同社は3期連続で赤字見通しと業績は厳しい。 「価格を下げないと太刀打ちできないから下げているのかな、というふうに見える部分も正直(ミニストップには)ありますし、われわれの土俵に上がって来られないチェーンは価格訴求の対応になっていくでしょうね。

次の

セブンルール行列のおにぎり店の場所やメニューは?

セブン ルール おにぎり

「お母さんが作るおにぎり」を目標に、1978年の発売以来、進化を続けてきたセブン-イレブンのおにぎり。 このほど、海苔を使った「手巻きおにぎり」が新しくなる。 リニューアルしたのは、おにぎりのおいしさのキモとも言える「海苔」と「米」。 何がどう変わったのか、実際のお味は? 早速紹介しよう。 セブン-イレブンのおにぎりがリニューアル! ごはんと海苔がおいしくなった!! 包装フィルムと精米方法を改良 これまでも同社は、さまざまな製法の変更などを通して、おにぎりのさらなるおいしさを実現してきた。 例えば2003年に導入した「包餡成型」により、これまでの「ごはんを成型した後に具を詰め込む」スタイルから、「具を包み込むようにごはんを成型する」スタイルへと変更。 実際に手で握ったようなふわふわの食感を実現した。 また2012年には「振り塩製法」を導入。 塩水で米を炊いていたこれまでの製法を見直し、後から塩を振る製法に変えたことで、米の甘みやおいしさを向上させたのだ。 おにぎり改良の歴史 そして2月25日にリニューアルする「手巻きおにぎり」では、海苔の食感や旨味を保つため、包装フィルムが新しくなる。 頭頂部のフィルムの構造を見直すことで、密閉度を高め、外気の影響を受けにくくしたという。 実は昨年、海苔の焼き方も新しくしており、海苔自体もさらにおいしくなっているが、今回の改良により、よりパリッとした食感が楽しめるようになる。 包装フィルムが新しくなった 加えてごはんもおいしくなる。 お米への傷つきを抑え、段階的に精米する「低圧精米」をさらに改良し、精米時にかかる圧力を分散し温度上昇を抑制する「低温精米」へと変更。 お米への負荷がより低減できるため、お米本来の旨味が向上するという。 実際のお味は? さらに同社の定番商品である「紅しゃけ」「ツナマヨネーズ」「辛子明太子」「紀州南高梅」「北海道産昆布」については、中身もリニューアル。 例えば「紅しゃけ」は山漬け製法という手法を採用。 辛子明太子は「手返し」という工程を入れるなど、さらにひと手間加えた仕上がりとなっている。 一口目から最後まで、海苔がパリッとしていてサクサクと食べ進めることができる 早速新しくなったおにぎりをほうばってみると、確かに、海苔のパリパリ感が増し、歯切れも良くなった気がする。 そして何より、今まで以上の、ふわふわでやわらかいごはんの食感が印象的だった。 味わいについても、ごはんの上品な甘さが、素材の味をさらに引き立ててくれている。 これが百数十円で購入できるのだから、驚きだ。 同社は、改良を重ねるだけでなく、毎月全国からおにぎりを集めて、目標の品質に達しているか、チェックも行っているとのこと 2018年実績。 多くのこだわりが詰まったおにぎり。 改めてその味をかみしめてみてはいかがだろうか。 新しくなったおにぎり、試してみては? 予めご了承ください。 関連記事•

次の

右近由美子(おにぎり)の年収やWiki経歴や年齢は?お店ぼんごの場所やおすすめメニューや口コミ評判は?【セブンルール】

セブン ルール おにぎり

「セブンルール」で紹介された「行列のおにぎり店」ですが、創業58年の大塚「おにぎりぼんご」と言います。 大塚と付いている通り、豊島区北大塚にお店があります。 行列に並んでも食べたいお店です。 大塚「おにぎりぼんご」場所は? 「セブンルール」で紹介された大塚「おにぎりぼんご」は、JR山手線の大塚駅北口から、徒歩2分のところにあります。 所在地:〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-26-3 金田ビル1F• 電話・FAX:03-3910-5617• 営業時間:11:30~24:00• 定休日:日曜日(祝・祭日は営業) 大塚「おにぎりぼんご」のアクセスは? 大塚「おにぎりぼんご」へは、JR山手線の大塚駅か、都電荒川線の大塚駅前からの徒歩がおすすめです。 店舗の周辺の駐車スペースは限りが有るので、車での来店は避けたほうが良いと思います。 「セブンルール」で紹介された大塚「おにぎりぼんご」のメニューは? 大塚「おにぎりぼんご」は、総行年の歴史を持つおにぎり専門店。 おにぎりの種類は55種類。 これだけで、もう悩みそうな種類。 さらに、トッピングを選べるから、全種類制覇は至難の業。 店舗内で食べるのも、テイクアウトも選べます。 onigiribongo. 一番高いのが筋子。 筋子は一度は食べておきたいですね。 310円コースの「豚キムチ」や「ねぎとろ」も美味しそう。 260円コースは、全品制覇したいですね。 まぁ、55種類もあると、しばらくは通わないと全制覇は難しいですね。 店長おすすめ 大塚「おにぎりぼんご」には、店長おすすめがあります。 はじめての方は、こちらを参考にすると迷わずに済みそうです。 オススメベストテン• さけ:260円• すじこ:560円• 卵黄:310円• 生たらこ:260円• 明太クリームチーズ:310円• 豚キムチ:310円• 鶏唐揚:310円• じゃこ生七味:260円• 野沢菜:260円• ホッキサラダ:310円 この中から選ぶと良いですね。 私は、1、2、4、6、9あたりが好きですね。 基本の組み合わせの他に、トッピングと言って、中の具をダブルにするサービスもあります。 トッピングオススメベストテン• すじこ+さけ:610円• 卵黄+肉そぼろ:410円• 豚キムチ+納豆:360円• マグロ角煮+はとうがらし:310円• ベーコン+チーズ:360円• ホッキサラダ+焼きたらこ:360円• しらす+ままけは:310円• 山ごぼう+青じそ:310円• 牛すじ+カレー:360円• 明太子+高菜:310円 なかなか、いい感じのチョイスですね。 この中から選んでおくと、無難という気がします。 おにぎり1個で結構な大きさなので、2個も食べれば結構な満腹感があります。 セットメニュー お得なセットメニューがあります。 ランチセットメニュー こちらは平日限定です。 月曜~金曜の11:30~15:30まで 「2個とうふセット」600円(100円お得) 260円おにぎり2個+豆腐汁(おかわり自由) 「3個とうふセット」860円(100円お得) 260円のおにぎり3個+豆腐汁(おかわり自由) 晩食セットメニュー 22:00~ラストまで。 内容や料金はランチセットと同じ。 土曜日限定スペシャルセット 土曜日限定スペシャルセットは、限定100名まで。 スペシャルセット680円(300円くらいお得) 260円おにぎり2個+豆腐汁+ゆで卵+おかず+お新香 これ、めっちゃお得です。

次の