ポケモン 調整。 【上級者の育成論】HPの奇数調整、2n+1調整や3n調整とは【ポケモン剣盾】

ポケモン ソードシールド レイド乱数調整ツール 1

ポケモン 調整

HPはなるべく奇数にしよう! HP満タンの状態からやられるシチュエーションは効果抜群の技によるものがほとんどでしょう。 実は、 効果抜群のダメージはそのまま倍のダメージになっているため、受けるダメージは偶数になるという法則があります。 HPを奇数にすることで無駄なく最低限の値で済むようになるのです。 他にもHPを奇数にすることで以下のダメージを減らすことができます。 「 いかりのまえば」や「しぜんのいかり」のダメージ• 「とびげり」や「 とびひざげり」を外した際の自傷ダメージ• 岩4倍弱点のポケモンへの「 ステルスロック」 ステロや膝外しは2回耐えるかどうかで生存にも大きく関わってくるため、これらに当てはまるポケモンのHPは絶対に奇数にしましょう! 緑ゲージで耐えることで「しおみず」の威力を上げさせなかったりと細かいメリットもありますので、特別な事情がない限りHPは奇数にしていきましょう。 ただし、「ビックリヘッド」の反動は切り上げなので、奇数でも偶数でも2回の攻撃で倒れてしまいます。 「てっていこうせん」も同じ仕様と思われます。 理想の数値「16n-1」とは? 砂や毒、宿り木などの定数ダメージで削られるHPは「最大HP」で決まっています。 これらはHPが一定値になるごとに被ダメージが増える仕様になっているので、その直前のHPに設定することでそれらを最小限にすることができるのです。 なお、4倍弱点持ちのポケモンは効果抜群のダメージが4の倍数になるため、それも考慮すると「16n-3」も候補になります。 持ち物で変わるHP調整 HPに干渉する持ち物を持たせる場合に有効になってくる調整があります。 たべのこし 「たべのこし」の回復量は砂嵐や霰と同じ値をとり、16の倍数ごとに回復量が増えていきます。 一撃で倒されることがほとんどないポケモンであれば「16n」でも良いでしょう。 オボンのみ 基本的にはHPが奇数である方が良いのですが、 「オボンのみ」を持たせる場合には偶数にするべきです。 次の攻撃で発動できればいいのですが 回復できなかったが故に倒されてしまうケースもあるのでよほどのことがない限りは偶数にしておくのが無難です。 混乱実 特性「くいしんぼう」を持つポケモンに混乱実を持たせる場合はオボンのみと同じく偶数にするのが好ましいです。 ですが、「いかりのまえば」などの技を連続で受ける機会はあまりないため、それ以外のポケモンは無理にHPを偶数にする必要はないでしょう。 HPを「 10n-1」に調整することで消耗を抑えていくことができます。 例えば、HP「160」のポケモンは144,128,112…とHPが推移していくのに対し、HPが「159」のポケモンは144,129,114…と推移していきます。 HPの高い個体の方が倒れやすくなるといった事態になっていますね。 しかし、この持ち物を持たせるポケモンは基本的に攻撃的な型であるため努力値でHP調整するわけにはいかないでしょう。 少し面倒ですが、個体値を落とした個体を採用するなどの調整が必要になってきます。 とはいえHPを大きく落としてまで叶える調整ではないので、個体値VのHPが10nぴったりになってしまうポケモンのときだけ意識するようにしましょう。 その他の細かい調整 ここで挙げる調整はそれほど大きなものではありませんが、余裕があれば調整すると良いでしょう。 ちきゅうなげ・ナイトヘッド ポケモンの技にはレベルと同じダメージを与えるものがあり、Lv50での対戦では50ダメージになります。 また、HPを「205」まであげることができれば「みがわり」が「ちきゅうなげ」を耐えられるようになるというメリットもあります。 物理アタッカーなら「6n-1」に調整してもいいですが、「メガガルーラ」以外のポケモンはそこまで神経質になる必要はありません。 Lv1ポケモンにおけるHP調整 この記事ではLv50のポケモンにおけるHP調整を書いていますが、Lv1のポケモンにもHP調整は存在しています。 詳しく知りたい方は以下の記事も読んでみてください。

次の

HPの調整でこんなに変わる?より強いポケモンの育て方!|ポケモニット

ポケモン 調整

ちなみに「n」は算数や数学でもやったと思いますが、任意の「」を表します。 1,2,3,4とかですね。 昔からポケモンやっている人は当たり前の内容ですが、初心者の人は全く知らないと思うのでガチパ育成の参考にしてください。 HP調整すると何が嬉しいの? マックスアップなどによる努力値振りによってHPを増やすことができますよね。 実はそのときに、限界までふらずにあえてふらないことで有利になることがあります。 一見偶然で勝ったように見える試合でも、実はその裏ではこのHP調整がいきていたということもあったりなかったり。 ( HPが1だけ残って逆転した試合とか) マスターボール級の上位勢はみんなこの調整を知っていると思うので、ランクを上げていきたいトレーナーにとっては必須級の知識だといえるでしょう。 ちなみに知っていても明確に仮想敵がいない場合はHP調整まではしないことも多いらしいです。 HP調整の基礎 たとえばHPが160のポケモンとHPが159のポケモンがいたとします。 このポケモンが毎ターン砂嵐をくらったときに、どちらが先に倒れるでしょうか。 即座に正解を答えられるトレーナーには今回の記事はあまり意味がないでしょう。 逆に答えられないトレーナーはぜひ読んでいただければと思います。 ちなみにHP159のポケモンは 16n-1調整をしているといいます。 HPが159のポケモンが先に倒れると思うかもしれませんが、実はHP160のポケモンが先に倒れます。 つまり• HPが160のポケモンが毎ターン受けるダメージ:10• HPが159のポケモンが毎ターン受けるダメージ:9 ということで、下記のようになります。 割った後の小数点以下は四捨五入ではなく切り捨てです。 160:159• 150:150• 140:141• 130:132• 120:123• 110:114• 100:105• 90:96• 80:87• 70:78• 60:69• 50:60• 40:51• 30:42• 20:33• 10:24• 0:15 17ターン目(正確には16ターン目)で最初はHPが多かったはずのHP160のポケモンが先に倒れてしまいます。 一方でHP159のポケモンはHPを15残して生き残っていますね。 現環境ではバンギラスがかなり頻繁に出てくるため、いつも砂嵐状態ということも多いランクマッチですが、この「1ダメージ」の違いで勝敗が変わってきたりするのがポケモンです。 HP調整の種類 ひと言でHP調整といっても実はたくさんあります。 6n-1• 8n-1• 10n-1• 16n• 16n-1• HP205以上 すべてを満たすことはできないので、目的に応じてHP調整をしていきます。 HP2n調整 ヒヒダルマやカビゴン、ヨクバリスを使う人にはおなじみの調整です。 はらだいこをうったときに確実にオボンのみや、特性:くいしんぼうを発動させたり、ダルマモードになれたりします。 リザードンやエースバーン使いにはおなじみの調整です。 逆にしていないとステルスロックダメージ2回で倒されてしまいます。 エースバーンは現環境に多いバンギラス相手にとびひざげりをすることが多いですが、とびひざげりははずすと半分HPが削られますから、この調整をすれば2回までなら耐えられます(HPが1残って3回目を打てる)。 さらに、 ポケモンでは効果抜群のダメージを受けたときには必ずダメージが偶数になります。 HPが100と99のとき、効果抜群のダメージは100と98はありえますが99はありえません。 通常は奇数と偶数が入り混じるので、総合的に回数を数えたら偶数ダメージの方が多いので、奇数調整が効率的です。 といっても通常攻撃で99ダメージはいることはあるので、結局は自分がどう考えるかによりますね。 おそらく一番多い調整ですね。 HP3n調整 ドヒドイデピンポイントの調整です。 「」で紹介したカムラのみもちインテレオンやみがわりわるだくみ型サザンドラが使っていたりします。 やなどHPが少ないほど威力が上がる技を使う高速ポケモンが採用しています。 みがわりをうって壊される• みがわりをうって壊される• みがわりをうって壊される• 先制で高威力わざをうって全抜き というプランですね。 これらのわざは通常「こらえる」やきあいのタスキと合わせて使いますが、意識的に発動させることもできます。 この接触ダメージを最小限に抑えることができる調整なので、接触わざメインのポケモンが採用していることがありますが、ほぼ見かけません。 HP8n調整 ので意味がありましたが、第8世代=ポケモン剣盾では内定ポケモンとしても存在しないので今のところ意味がないです。 HP10n-1調整 ミミッキュが持っていることが多いいのちのたまのダメージを最小限に抑えることができます。 といってもいのちのたま調整をしている人はあまり聞いたことがありません。 たべのこしを持たせることが多い耐久ポケモンがこの調整をしています。 たべのこしの発動回数が多いので、地味に馬鹿にならない調整だったりします。 HP16n-1調整 最初に例に挙げたように、砂嵐のダメージを最小限に抑えることができます。 砂嵐も毒も無効になる鋼タイプは意識することがまずありません。 一方で砂嵐など天候ダメージを長時間受けやすい耐久ポケモンはこの調整をすることがあります。 また、かえんだまを持たせて自らやけどになることが多いこんじょうローブシン、タチフサグマ、ふしぎなうろこミロカロスなんかが採用していることがあります。 固定ダメージわざでやられることが多いトレーナーにはおすすめです。 HP205以上調整 前述したナイトヘッド(一応ちきゅうなげも)のダメージでみがわりが壊されなくなります。 サニーゴなどはナイトヘッド型の場合みがわり相手にナイトヘッド以外の有効打がないことが多いので、完全に起点にできます。 HP191調整 上に書いた• 6N-1• 8n-1• 16n-1 をすべて満たすHP調整で、砂嵐、どく、やけど、ステルスロックといった定数ダメージを抑えたいときに採用します。 努力値のあまりをふったらHP191になりそうなときは、HP191調整をするのがいいかもしれません。 とりあえず初心者は奇数調整がおすすめ いろんなHP調整があるものの、明確な仮想敵やみがわり・はらだいこなどの利用用途がなければHP調整までする必要はないでしょう。 もしHP調整やってみたいって初心者の方は、奇数調整をしておけばいいと思います。 初心者のうちはここまで意識すると逆にめんどくさすぎてポケモン離れが起きそうですが、上位勢では常識らしいのでそこそこ順位が上がってきて自分のパーティーが苦手とする明確な仮想敵が見えてきたり、みがわり戦術など特殊戦法を取り始めた方はHP調整をしてみてはいかがでしょうか。 そのときはが簡単に調べられます。 それでは今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 長時間座ってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】耐久調整自動化ツール『PokeDefCalc』の紹介

ポケモン 調整

20200716. version","value":"2. google. youtube. youtube. google. youtube. google. youtube. google. youtube. ggpht. ggpht. ggpht. google. youtube. youtube. instagram. instagram. instagram. google. youtube. ggpht. ggpht. ggpht. ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ggpht. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? google. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtubekids. youtubekids. com? youtube. youtube. youtube. youtube. google. youtube. youtube. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. 20200716. version","value":"2. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. google. youtube. youtube. instagram. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. ytimg. jpg? google. youtube. youtube. 3899994,"perceptualLoudnessDb":-16. ytimg. jpg? ytimg. youtube. youtube. youtube. instagram. youtube. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. google. gstatic. ggpht. ggpht. gstatic. 42280701,"width":0. 15438597,"top":0. google. youtube. youtube. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. 63827258,"width":0. 32280701,"top":0. 32788163,"aspectRatio":1. ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. jpg? ytimg. 022807017,"width":0. 32280701,"top":0. 32788163,"aspectRatio":1. ggpht. ggpht. gstatic. 42280701,"width":0. 15438597,"top":0. nandos. googleadservices. doubleclick. doubleclick. doubleclick. ggpht. ggpht. googleadservices. doubleclick. doubleclick. doubleclick. youtube. youtube. google. google. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. renault. googleadservices. doubleclick. doubleclick. doubleclick. ggpht. googlesyndication. googleadservices. doubleclick. doubleclick. doubleclick. youtube. youtube. google. google. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. nandos. googleadservices. doubleclick. doubleclick. doubleclick. ggpht. ggpht. googleadservices. doubleclick. doubleclick. doubleclick. youtube. youtube. google. google. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. researchnow. doubleclick. youtube. youtube. 20200716. youtube. youtube. 20200716. youtube. googlesyndication. youtube. googlesyndication. youtube. googlesyndication. youtube. youtube. googlesyndication. youtube. googlesyndication. youtube. 20200716. youtube. youtube. googleadservices. doubleclick. googlesyndication. youtube. 20200716. youtube. 20200716. youtube. googlesyndication. youtube. googlesyndication. googlesyndication. youtube. 20200716. youtube. youtube. googlesyndication. googlesyndication. googlesyndication. youtube. youtube. 20200716. youtube. googlesyndication. googlesyndication. googlesyndication. googlesyndication. googlesyndication. googlesyndication. youtube. googlesyndication. youtube. 20200716. googleadservices. doubleclick. doubleclick. doubleclick. ytimg. youtube. googlesyndication. youtube. 20200716. nandos. googleadservices. doubleclick. doubleclick. doubleclick. youtube. google. google. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. ggpht. nandos. googleadservices. doubleclick. doubleclick. doubleclick.

次の