オ キュラス クエスト dmm。 OculusQuestまとめ!Goとどう違う?性能から対応ゲームまでオキュラスクエスト徹底紹介!

最新VRデバイス「Oculus Quest」の魅力とは?Oculus Goとの違いも比較し解説!

オ キュラス クエスト dmm

近年盛り上がりを見せているVRデバイスですが、VRを使ったイベントやサービスも増加しており気になっている方も多いかと思います。 2019年春には 「Oculus Quest」「Oculus Rift S」と2機種のVRデバイスが発売されました。 今回は人気の VRデバイス「」「」「Oculus Rift S」の3機種の違いやおすすめ機種についてご紹介します! 「Oculus Go」「Oculus Quest」「Oculus Rift S」の3機種を比較 「Oculus Go」「Oculus Quest」「Oculus Rift S」を比較した結果、おもな違いは• 画質の違い• 独立型VRデバイスとPC接続型VRデバイスの違い• コードの有無• コンテンツ内に反映できる動作の違い• コントローラーの違い• 価格の違い の6つでした。 3機種の違いをこちらの表に簡単にまとめました。 (コンテンツ自体がどれだけグラフィック性能を要するかにもよります。 ) 独立型VRデバイスとPC接続型VRデバイスの違い Oculus GoとOculus Questは独立型VRデバイスとなりまして、 PCなどと接続が必要なく、VRゴーグルのみでコンテンツを楽しむことができます。 ) Oculus Rift SはPC接続型VRデバイスとなりますので、 動作にはメーカー推奨スペック以上のスペックをもったPCが必要となります。 ハードの購入のみで遊べるOclus GoとOculus Questは、Oculus Rift Sと違って高スペックなPCを用意する必要がないので、 手軽に低コストでVRコンテンツを楽しむことができます。 コードの有無 Oculus Rift Sは ゴーグルとPCをケーブルで接続しなければならないのに対してOculus GoとOculus Questは ケーブル接続の必要がありません。 (ケーブルがあるとそこそこ煩わしい感じがあります。 ) しかし、その反面Oculus Rift Sはより パワーを要するコンテンツなどを高グラフィックで楽しむことができます。 コンテンツ内に反映できる動作の違い プレイヤーの動きを検出する トラッキング性能も、機種によって違いがあります。 Oculus Go のトラッキング機能は3種類 Oculus Goの場合は、• 左右を向く• 上下を向く• 頭を傾ける 肩に耳を当てるような動きといえばイメージが沸くかと思います。 といった頭の動きだけを検出できます。 Oculus QuestとOculus Rift Sのトラッキング機能は6種類 Oculus QuestとOculus Rift Sの場合は上記の3つの動きに加えて、 ・前後に移動する動き ・左右に移動する動き ・上下に頭の高さを変える動き(しゃがんだり立ったりする動き) といった体の動作を検出することができ、高い没入感を体験することが可能です。 また、 Oculus QuestとOculus Rift Sの場合は、上記の動きを活かして楽しめるコンテンツが豊富です。 コントローラーの違い Oculus Goは片手で操作するマウスのようなコントローラー Oculus Goは 片手で操作するコントローラーになりまして、パソコンを操作するマウスのような使用イメージになります。 Oculus Quest、Rift Sは両手のコントローラーでよりリアルに Oculus QuestとOculus Rift Sは 両手に1つずつ持って使用する「Oculus Touchコントローラー」が付属。 コンテンツ内に自分の手が現れるイメージで、その動きを反映させることが可能となります。 Oculus Goではできない 「物を掴む・投げる」等の動作をコンテンツ内に反映させることができます。 価格の違い 機種によって、用意するのに必要なコストも違います。 もっとも安いのが「Oculus Go」、続いて独立型の「Oculus Quest」、もっとも高価なのがPCの用意も必要な「Oculus Rift S」となります。 「Oculus Go」• 値段は10万円前後といったイメージです。 推奨PCはから確認可能です。 用途に合ったおすすめ機種は?? 以上6つの違いを踏まえて、 用途に合わせたおすすめ機種をご紹介します。 Oculus Go• Oculus Questに比べより高グラフィックで質の高いVRコンテンツを楽しみたい方におすすめです。 特にPvP 対人 タイプのオンラインゲームを楽しみたいという方はマシンスペックにこだわりがある方も多いかと思います。 また、 大人数が同時に接続するオンラインコンテンツなどもOculus Rift Sのみ対応の場合が多い印象です。 「Oculus Quest」と「Oculus Rift S」で迷ったら・・・ Oculus Goと他2機種はトラッキング性能やコントローラーに違いがあるため、できることが大きく異なります。 そのため機種選びで迷いづらいのですが、 Oculus QuestとOculus Rift Sはグラフィック性能や対応コンテンツに多少違いはあるもののできることが似ているため、購入の際に迷ってしまう方も多いかと思います。 Oculus Rift Sは、PvPタイプのオンラインゲームなどでより高画質なVR体験ができるのですが、 推奨スペックを満たすPCの値段が約10万円と高額。 しかもコンテンツごとに推奨があり、Oculus Rift Sの推奨スペックをクリアしたからと言ってすべてのコンテンツが正常に動作するわけではありません。 推奨スペック未満のPCだと、映像遅延等の影響で酔ってしまうこともあるので注意が必要です。 より力を入れてPvPタイプのオンラインゲームをしたい方にはOculus Rift Sがおすすめなのですが、高額な初期費用やVR自体の普及率の低さから、 そもそもPvPタイプのオンラインゲームのコンテンツやプレイヤー数が少ないというのが現状かと思います。 購入に迷った際は、 費用感と自分がやりたいコンテンツから逆算的に対応したデバイスを選択するのがいいかと思います! 各機種の対応コンテンツはから確認できますので、購入前にアプリストアを確認することをおすすめします。 レンタルでOculusを体験してみよう! 今回ご紹介しましたOculusですが、 「購入前に一度試してみたい」という方や 「買うかは置いておいて、とりあえず一度体験してみたい」という方も多いかと思います。 そんな方には 今回ご紹介したOculus Go、Oculus Questもレンタルでお試しが可能です。 家電、カメラのレンタル「 」ではVRデバイスをはじめ様々な電化製品のレンタルを行っております。 Rentioのレンタルサービスでお手軽にVRを体験してみませんか?.

次の

【レビュー】Oculus GoはDMM VR動画対応!これはマジで買いなデバイスだ!

オ キュラス クエスト dmm

Contents• 動画再生アプリのOculus Quest対応状況 各種動画アプリ対応状況 現在のOculus Quest オキュラスクエスト への対応状況は以下のようになっています!! DMM VR動画 対応情報なし対応アプリがリリース!! NETFLIX ネットフリックス 対応アプリがリリース!! YouTube ユーチューブ 対応アプリがリリース!! Amazon Prime Video アマゾンプライムビデオ 対応アプリ Prime Video VR が米英でリリースした。 日本では。 DAZN ダゾーン。 U-NEXT ユーネクスト。 したがって基本的には、DMM VR動画を楽しみたければ、 Oculus Go を購入するか、Oculus Quest に対応するのを期待するということになります。 これは、Oculus Go、Quest、Gear VR を通じて初となるアプリです。 Prime Video VRアプリ内独自のVRコンテンツ 360度動画 もあるらしいです。 しかし、日本のAmazon Prime Videoには未対応だそうです。 また、Oculus Rift Rift S には対応していないようです。 なのでAmazon Prime Videoについては今まで同様、Webブラウザを使っての動画視聴のみ可能です。 それに関して、紹介したい記事が3つあります。 Oculus Quest と Oculus Go の購入で迷った人の為の記事.

次の

【2020年】まだVR買ってないの?今こそVRを買うべき理由※男性向け

オ キュラス クエスト dmm

Contents• Oculus Link(オキュラスリンク)とは? Oculus Link オキュラスリンク とは通常スタンドアローンのOculus QuestをUSBケーブルでPCに接続することでOculus QuestをPC用VRデバイスとして利用できるようにする機能です。 Oculus Riftを動作させられるスペックのPCさえ持っていれば、Oculus QuestでOculus Riftタイトルがプレイできるようになります。 導入時、音が鳴らない、画面がカクカクするなどの症状がありましたが、サポートに確認しながら色々試すことで直すことができました。 同じようなトラブルに見舞われている人のヒントになるかもしれませんのでサポートに言われた内容を載せています。 Oculus Link(オキュラスリンク)に必要なPCのスペック CPUはIntel i5-4590 もしくは AMD Ryzen 5 1500X 以上。 推奨メモリは8GB以上。 グラフィックボードは以下です。 Oculus Linkに必要なNvidia製グラフィックボードのGTX1070以上とNVIDIA Titan X、NVIDIA GeForce GTX 970、 Desktop NVIDIA GeForce GTX 1060が対応。 またRadeon系AMD400以上が対応しています。 僕はゲーミングPCはおろか今現役で使っているPCも10年選手なのでOculus Linkが試してみたいがためにマウスコンピューターさんにお願いして以下のPCを借りました。 USB3. 0ケーブルが必要です。 公式からOculus Linkケーブルを買うと10,200円ですが上記Anker製のモノも使えるということで今回はこちらを用意しました。 ちなみにOculus Questの充電用のUSBは2. 0ケーブルなのでOculus Linkには使用できません。 ではなぜか前面のUSBポートは認識しませんでしたが、背面のポートで認識させることができました。 Oculus Link 使い方 Oculus Rift S ソフトウェアダウンロード Oculus Quest、スペックを満たしたPC、USBケーブルを準備したらからOculus Rift S用ソフトウエアをダウンロードし、インストールします。 サイズが7GBほどあるのでそこそこインストールに時間がかかります。 ヘッドセットにQuestを選び次へを押します。 Oculus Questをかぶると「oculus link bata をONにする」というダイアログがOculus Questの画面上に出てきているので「有効にする」を選択します。 するとOculus Rift用のホーム画面が表示されるので右のほうにあるアイコン「バーチャルデスクトップ」を選択します。 するとPCの画面を見ることができるので、Oculus Questをかぶったままゲームをダウンロードやインストールができます。 VRchat バーチャルマーケット3ではOculus Quest民は隔離された存在だったので、Oculus LinkによってOculus Rift民となった今ならどうなるか試しました。 当然と言えば当然ですがPC版オンリーのワールドにもいくことができるようになっていました。 これでバーチャルマーケットもちゃんと参加できそうです。 ラストラビリンス Oculus Quest版を持っていたラストラビリンスをプレイしてみました。 そもそもOculus QuestでプレイできるゲームをOculus Linkでプレイしてみる意味はないかもしれませんが、ちゃんと動きました。 Steamをインストール Steam公式からSteamとSteamVRをダウンロードしインストールするとSteam系のゲームで遊ぶことができます。 この状態でOculus QuestをPCに接続しSteamVRを立ち上げればOKです。 Steam アプリ Steamを介してプレイできるゲームをいくつかプレイしてみました。 The Lab The labはVR初心者向けにVALVE社が提供している無料のコンテンツです。 Oculus系でいう「First Steps」のような位置づけのコンテンツになります。 The LabはSteamの無料アプリの中で一位になっています。 The labは立った状態でプレイします。 1、2歩あるくこともあるためプレイエリアを確保してからプレイすると良いでしょう。 移動は実際にか左スティックを傾けるとVRchatのように移動先を示すことができます。 Spiderman Home coming 映画「スパイダーマンホームカミング」をモチーフにしたVRゲームでこちらも無料になっています。 トリガーボタンでスパイダーウェブを発射し、ビルの間を飛び回ったり、スパイダーウェブを組み合わせてネットを作ったりできます。 巨大ロボとの戦闘もあり、無料のわりにはかなりのクオリティです。 高所がかなり怖い。 BORNWORKS これは個別で記事を書きました。 このゲームは有料ですがかなり面白いです。 このクオリティで3000円はすごい。 Oculus Link オキュラスリンク 音声が出ない場合の解決法 ヘッドセットの音声がありません 一番はじめにOculus Linkを使った時、音が鳴らない、VRchatをプレイしてみたんですが画面がカクカク(Oculus Quest単体でプレイすればスムーズに動くのに)などの現象が起こりました。 PCでOculusアプリを開きます。 FAQにあるように音が鳴らない場合はデバイス設定にある[VRオーディオ出力]からQuestを選んでみようと思いましたが、そもそもその表記が出てきません。 サポートにチャットで確認して以下を試しているうちに上記の[VRオーディオ出力]という表示はでないままですが音も鳴り、VRチャットのカクカクも直りました。 以下今回サポートにチャットやメールで試すよう言われてやったことをすべて並べておきます。 ・全てのUSB3. 0ポートで試してみる ・Windowsとグラフィックボードが最新の状態になっているか確認する。 ・公開テストチャンネルのトグルボタンをON アプリケーションとドライバーのアップデートを求められれば、アップデートする。 ・PC用のOculusアプリから一度ログアウトし、 PCを再起動の上、再度ログイン ・ログをとる。 exe をコピペして実行するとデスクトップにログが吐き出されます。 Oculus Link オキュラスリンク 使ってみたまとめ 解像度などスペックなど細かい差はあるもののOculus Questを買えばOculus Rift Sを兼ねてしまうのでOculus Rift Sを選ぶ理由がかなり薄くなったのではないかと思います。 個人的にはこれから買うならスタンドアローンでもPC接続もできるQuest買うべきだと思います。 ちなみにOculusのサポート曰く、ノートPCで動作確認が取れているのは以下のみとのことです。 ノートPCでRift Sの動作確認が取れている製品は下記URLに記載されております もののみとなっております。 マウスコンピュータさんにお借りしたはノートPCではあるもののスペック不足ということはないはずで、序盤でつまずきましたが最終的には文句なく動いています。 Oculus サポートの英語版にはCPU、GPU、メモリなどの推奨スペックのみ書いてあり基本それらを満たしていれば動作するとは思いますが、サポートが動作検証をしていないノートPCをこれから購入してOculus Linkを試してみる予定の人は、Oculus Linkが正式リリースしてからPCを選んだほうがいいかもしれません。

次の