アグエロ fp。 【ウイイレアプリ2020】FPセルヒオアグエロ(12/2)の能力と使い方|ゲームエイト

セルヒオ・アグエロってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

アグエロ fp

クラブ経歴 [ ] インデペンディエンテ [ ] アルゼンチンのでサッカー選手としてのキャリアをスタート。 にの持つ最年少出場記録を更新する、15歳と35日でのトップチームデビューを飾る。 2002-03、2003-04での出場はこの1試合のみであったが、2003-04後期リーグより徐々に出番を増やしていき(5試合0ゴール)、2004-05前期リーグでは7試合に出場、リーグ初ゴールを含む2ゴールを記録した。 続く2004-05後期リーグで5試合で3ゴールを記録。 2005-06シーズンはチームの主力として前期・後期共に18試合出場9ゴールとブレイク。 ワールドユースでの活躍も相まって世界で最も将来有望なサッカー選手の一人として認知され、「ニュー・」 このシーズン、メッシはで大ブレイクを果たした とも「マラドーナの後継者」 マラドーナ自身もその才能を認め「アグエロをA代表に招集すべき」と発言したこともある とも呼ばれるようになった。 彼の元には、早くから移籍金1200万で獲得に乗り出したの他、メッシの所属するやバイエルン・ミュンヘンなど多くの欧州の強豪クラブからのオファーが届いたが、最終的にへ同クラブ史上最高額(約2000万ユーロ)での移籍が決定した。 アトレティコ・マドリード [ ] 鳴り物入りで入団したアトレティコでは、2006-07シーズンのリーグ初戦となる戦でとの交代で途中出場しリーガ・エスパニョーラデビューを果たす。 やがてこのをベンチに追いやり、クラブの旗印であると2トップを組む機会が増えると、リーグ第3戦戦でリーガ初得点を記録した。 にはアルゼンチンのフル代表デビューも果たしており、順調なスタートを切るものの、トーレスとの強力2トップを活かすことが出来ぬまま7位でシーズンは終了。 それでもリーグ全38試合に出場し、周りのサポートに恵まれない状況でも初挑戦となるヨーロッパのトップリーグで6ゴールを記録。 そのポテンシャルの高さをうかがわせた。 アトレティコ・マドリードでプレーするアグエロ 左 2007-08シーズン、チームのエースでありキャプテンであったトーレスがに移籍し、チームの新たな顔としての期待が高まる中、かつてインデペンディエンテに所属し、トーレスの後釜としてから移籍したとの2トップでシーズン序盤からゴールを量産。 最終的にはリーグ3位となる20ゴールを決め、チームの出場件獲得に貢献した。 2007年のFIFA世界最有望選手賞を受賞。 2008年にはテレビ局による第1回賞を受賞した。 2008-09シーズンはに初出場し、グループリーグ初戦の戦では初ゴールを含む2ゴールを記録。 しかしその後は1ゴールに終わり、チームも無敗ながらベスト16で敗退。 リーガではアグエロ自身のゴールは17に減ったが、パートナーのフォルランがリーガ最多となる32ゴールを挙げるなどこのシーズンも2トップが爆発し、2年連続の4位・CL出場権獲得に大きく貢献した。 2009-10シーズンはリーガでの得点は12にさらに減少。 しかし、と欧州規模の大会で16試合に出場するなど、自身最多のシーズン54試合に出場。 ヨーロッパリーグ決勝の戦ではフォルランの2得点をアシストし、アトレティコの14年ぶりのタイトル獲得に貢献した。 2010-11シーズンはシーズン初戦のの戦で1得点1アシストの活躍で勝利に貢献しスタート。 2010年12月に、念願だったスペイン国籍の取得に成功した。 チームの不調とともに自身の得点も伸び悩んだものの、リーグ終了までの全8試合で得点を記録。 リーグ最終戦の戦ではアトレティコでは初のを達成し、翌シーズンの出場権獲得に貢献。 またこの3得点でシーズン通算20得点とし、得点ランキング3位に入った。 マンチェスター・シティ [ ] でプレーするアグエロ 一番左 左から二番目 と共に強力な2トップを形成した 2010-11シーズン終了から3日後に、退団希望を自身のサイトで発表。 、、などが興味を抱いたが 、にイングランドプレミアリーグのに移籍。 移籍金は推定4500万ユーロで、5年契約を結んだ。 アトレティコの会長であるはこのアグエロの移籍に不信感を抱いており、アトレティコのホームであるにあるアグエロのプレートには唾が吐きかけられたりしていた。 プレミアリーグデビュー戦となる戦で途中出場ながら2得点1アシストの鮮烈なデビューを飾った。 2012年5月13日、勝利すればリーグ優勝となる最終節・戦において、1-2と1人少ないQPRにリードされていたが、92分にジェコのヘディングシュートで同点、さらに94分にアグエロが逆転ゴールを決め、マンチェスター・シティを44シーズンぶりとなるプレミアリーグ優勝へと導いた。 また、このゴールについてアグエロは「間違いなく僕のキャリアの中でも一番重要なゴールとなったね。 最後の数秒でタイトルを決めるゴールを挙げた。 2度と起こるかわからないよ。 QPRは残留のため戦っていた。 自陣深く引いていたから、彼らのカウンターアタックが僕らを悩ますことは分かっていた」、「試合終了と同時にファンがピッチになだれ込んできた。 彼らは僕をつかみ、キスした。 ファンからの愛を感じることができた。 僕を幸せにしてくれたね。 シティに来たときから、みんな僕によくしてくれた。 優勝を決めるゴールと歴史を作ったことで彼らに恩返しができたよ。 もっとタイトルを獲得するために毎日ベストを尽くすよ。 全てはファンが喜ぶようなサッカーをするためだね」と語っている。 結局このシーズンは得点ランク3位となる23ゴールを決めた。 2014年1月には1か月の怪我から復帰した後のFAカップで途中交代1分のファーストタッチで得点を挙げた。 2014-15シーズン 8月クラブとの契約を2019年まで延長した。 11月18日のトッテナム戦では4ゴールを決め 、4月のマンチェスターダービーでは2ゴールを決めるなど、最終的にリーグ戦26ゴールを挙げ、初のプレミアリーグ得点王となった。 2015-16シーズンから背番号を16から『10』に変更することを、クラブ公式サイト上で発表した。 10月3日、プレミアリーグ第8節の戦で1トップに入り、20分で5得点をあげる活躍を見せた。 1試合5得点はプレミアリーグ史上5人目 の快挙であった。 4月16日のチェルシー戦でもハットトリックを達成した 、3日後のニューカッスル戦でもゴールを決め、プレミアリーグ100ゴールを達成した。 シーズン24ゴールを決めたが、2年連続のゴールデンブーツはならなかった。 2016-17シーズン、開幕戦のサンダーランド戦でゴールを決めた。 11月5日のミドルスブラ戦にてマンチェスター・シティでの150ゴールを達成した。 ジェズスの活躍でベンチスタートも数試合あったが、ジェズスが怪我で離脱すると先発に復帰、最終的にリーグ戦31試合で20ゴールを決め、3年連続での20ゴール越えを達成した。 2017-18シーズンの第4節、戦で先制となるゴールを決めた。 これにより、プレミアリーグでの通算得点数が124となり、を抜き、ヨーロッパ圏外選手のプレミアリーグ最多得点記録を更新した。 11月1日、欧州CL第4節の戦で得点を決めるとクラブ通算得点記録を更新した。 2月10日のレスター戦では4ゴールと大爆発した。 またリーグカップ決勝では先制点を決め、優勝を手繰り寄せた。 リーグ戦ではジェススとプレータイムを分け合うこともあり、また怪我で後半戦欠場したが、21ゴールを決め、リーグ優勝に大きな貢献をした。 2018年、戦で2ゴールを決め、シティの6年ぶりとなるコミュニティー・シールド制覇を助けた。 この試合における1点目はマンチェスターシティでの通算200ゴールとなった。 2018-19シーズンのプレミアリーグ第2節戦において、プレミアリーグ歴代2位となる自身9回目のハットトリックを達成した。 第25節の戦で10度目のハットトリックを記録。 続く26節のチェルシー戦のハットトリックでと並びプレミアリーグ最多タイの11回目のハットトリックとなった 、最終的に21ゴールを決めシティの2年連続のリーグ制覇に貢献したが、1点差でリーグ得点王を逃した。 2019-20シーズンの第3節ボーンマスで2ゴールを決め、キャリア通算400ゴールを達成した。 2020年1月12日プレミアリーグ22節のアストンビラ戦でハットトリックを決め、プレミア通算ハットトリック回数を12とし、シアラーと並んでいたの最多記録を更新した。 2020年2月には2020年1月のプレミアリーグ最優秀選手賞を受賞し、ジェラード、ケインを抑え6回目の受賞となり、プレミアリーグ最多受賞者となった。 代表経歴 [ ] でのアグエロ 2012年2月29日のとの親善試合にて ではアルゼンチン代表に一つ年上のと共に選出され、との決勝戦では試合途中から出場、勝ち越しとなったPKを獲得するなどチームの優勝に貢献した。 2006年9月3日のとの親善試合では、18歳3ヶ月でフル代表デビューを果たした。 2007年のではチームのエースとして大会に臨み、グループリーグの戦でのFKからのゴールやトーナメント第1試合の戦での技巧的なゴール、決勝の戦での同点ゴールなどの活躍で6得点4アシストを挙げてチームを優勝に導き、大会得点王とMVPを受賞した。 にもフル代表として選出されたが、ここではメッシやら厚いFWの選手層に阻まれ出番は限られた。 11月17日に行われたの戦でフル代表初ゴールを記録した。 2008年8月にはに出場し、準決勝の戦で2ゴールを決めるなど、アルゼンチンの金メダル獲得に貢献した。 ではグループリーグ第2戦の戦で初出場し、のハットトリックとなる3得点目をアシスト。 その後2試合に出場したものの、アルゼンチンは準々決勝でに敗れた。 開催国として臨んだでは、開幕戦の戦で途中出場し、チームを引き分けに導く同点ゴールを記録。 グループリーグ第3戦の戦では2得点を挙げ、この大会のアルゼンチン唯一の勝利に貢献。 チームは準々決勝の戦でPK戦の末に敗退し、ベスト8に終わった。 2015年6月6日のボリビア戦で代表では初めてとなるハットトリックを達成した。 ロシア大会では、グループリーグの戦で自身ワールドカップ初ゴールを決めた。 決勝トーナメント1回戦戦でも後半終了間際にゴールを決めたが、一歩及ばず4-3とフランスに敗れアルゼンチンは敗退した。 のグループステージ、戦でゴールを決め決勝トーナメント進出に貢献したが 、準決勝でブラジルに敗れ、3位決定戦となったチリ戦では決勝ゴールを決め 、アルゼンチンの大会第3位に貢献した。 人物・エピソード [ ]• 9歳年下の実弟も古巣所属のプロのサッカー選手であり、2016年4月30日にリーグデビューを果たしている。 元妻はの次女、ジャンニーナ・マラドーナ。 2009年2月19日に第一子を出産。 「ベンハミン・アグエロ・マラドーナ」と名づけられた。 マラドーナにとっても初孫である。 アルゼンチンの最年少出場記録を持つ。 では得点王とMVPを受賞し、2007年のFIFA世界最有望選手賞を獲得している。 愛称は「クン」。 1975年から1976年にかけて放送された日本のアニメ『』が由来となっている。 少年時代に練習を抜け出して見るほど熱中して見ており、「クムクム」を「クンクン」と発音したことから「クン」の愛称がついた。 6月、アメリカの経済誌はを公表した。 アグエロの年収は2330万ドル(約24億円)であり、世界のアスリートの中で44位。 サッカー選手の中では8位。 6月、アメリカの経済誌はを公表した。 アグエロの年収は2490万ドル(約31億円)であり、世界の9位にランクインした。 2017年5月、はを発表し、49位に選出された。 サッカー選手としては18位。 個人成績 [ ] クラブでの成績 [ ] クラブ シーズン リーグ 背番号 リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 他 欧州カップ戦等 合計 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 2002-03 - 1 0 - ライオン - - 1 0 2003-04 5 0 2 0 - - 7 0 2004-05 12 5 - - - 12 5 2005-06 36 18 - - - 36 18 合計 54 23 2 0 - - 56 23 10 38 6 4 1 - - 42 7 37 19 4 2 - 9 6 50 27 37 17 1 0 - 9 4 47 21 31 12 7 1 - 16 6 54 19 32 20 4 3 - 5 4 41 27 合計 175 74 20 7 - 39 20 234 101 16 34 23 1 1 3 1 10 5 48 30 30 12 4 3 0 0 6 2 40 17 23 17 3 4 2 1 6 6 34 28 33 26 1 0 1 0 7 6 42 32 10 30 24 4 2 1 0 9 2 44 28 31 20 5 5 1 0 8 8 45 33 25 21 3 2 4 3 7 4 40 30 33 21 2 2 3 1 7 6 46 32 合計 214 143 17 16 14 5 54 35 299 200 合計 443 240 37 23 14 5 94 56 589 325 代表 [ ] 出典 年 出場 得点 2006 2 0 2007 3 1 2008 9 4 2009 6 2 2010 5 2 2011 8 5 2012 7 2 2013 8 5 2014 10 2 2015 10 10 2016 11 1 2017 4 2 2018 5 3 2019 8 3 通算 97 41 代表での得点 [ ] 出典 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会 1. 2007年11月17日 1-0 3-0 2. 2008年3月26日 1-0 2-0 3. 2008年6月4日 4-1 4-1 親善試合 4. 2008年9月6日 ブエノスアイレス 1-1 1-1 2010 FIFAワールドカップ・南米予選 5. 2008年10月11日 ブエノスアイレス 2-0 2-1 2010 FIFAワールドカップ・南米予選 6. 2009年3月28日 ブエノスアイレス 4-0 4-0 2010 FIFAワールドカップ・南米予選 7. 2009年8月12日 1-1 3-2 親善試合 8. 2010年5月24日 ブエノスアイレス 5-0 5-0 親善試合 9. 2010年9月7日 ブエノスアイレス 4-1 4-1 親善試合 10. 2011年6月20日 ブエノスアイレス 3-0 4-0 親善試合 11. 2011年7月1日 1-1 1-1 12. 2011年7月11日 1-0 3-0 コパ・アメリカ2011 13. 2-0 14. 2011年11月15日 2-1 2-1 15. 2012年6月2日 ブエノスアイレス 1-0 4-0 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 16. 2012年10月12日 2-0 3-0 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 17. 2013年2月6日 2-1 3-2 親善試合 18. 2013年6月11日 1-0 1-1 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 19. 2013年9月10日 2-1 5-2 2014 FIFAワールドカップ・南米予選 20. 2013年11月18日 1-0 2-0 親善試合 21. 2-0 22. 2014年9月4日 1-0 4-2 親善試合 23. 2015年3月31日 1-0 2-1 親善試合 24. 2015年6月6日 2-0 5-0 親善試合 25. 3-0 26. 4-0 27. 2015年6月13日 1-0 2-2 28. 2015年6月16日 ラ・セレナ 1-0 1-0 コパ・アメリカ2015 29. 2015年6月30日 5-1 6-1 コパ・アメリカ2015準決勝 30. 2015年9月4日 2-0 7-0 親善試合 31. 4-0 32. 2015年9月8日 1-2 2-2 親善試合 33. 2016年6月11日 5-0 5-0 34. 2017年11月11日 1-0 1-0 親善試合 35. 2017年11月14日 2-0 2-4 親善試合 36. 2018年5月29日 ブエノスアイレス 4-0 4-0 親善試合 37. 2018年6月16日 1-0 1-1 38. 2018年6月30日 3-4 3-4 2018 FIFAワールドカップ 39. 2019年6月23日 2-0 2-0 40. 2019年7月6日 1-0 2-1 コパ・アメリカ2019 3位決定戦 41. 2019年11月18日 1-1 2-2 親善試合 タイトル [ ] クラブ [ ] アトレティコ・マドリード• :1回(2007)• :1回()• :1回() マンチェスター・シティ• :4回(, , , )• :4回(2013-14, , , )• :3回(2012, 2018, 2019)• :1回() 代表 [ ] アルゼンチン代表• : ,• 金メダル : 個人 [ ]• 最優秀選手 :• FIFA U-20ワールドカップ得点王 : 2007• FIFA世界最有望選手賞 : 2007• : 2007• 得点王 :• :2014. 11, 2016. 1, 2016. 4, 2018. :2018, 2019 出典 [ ]• com 2011年8月7日• Goal. com 2011年5月24日• Goal. com 2011年6月30日• com 2011年7月29日• qoly 2017年9月17日• soccer king 2012年5月14日• Booth, Mark 2014年8月14日. Manchester City F. Official Website. 2015年10月25日閲覧。 BBC Sport. 2014年10月18日. 2017年5月18日閲覧。 FourFourTwo. 2015年4月24日. 2016年5月18日閲覧。 マンチェスター・シティFC公式サイト 2015年8月7日• 過去の4人は、、、• BBC Sport. 2016年4月16日. 2016年4月16日閲覧。 Eurosport. 2016年4月19日. 2016年4月19日閲覧。 Sky Sports. 2016年5月15日. 2016年8月14日閲覧。 BBC Sport. 2016年11月5日. 2016年11月5日閲覧。 2017年11月12日閲覧。 2017年11月12日閲覧。 BBC Sport. 2018年2月10日. 2018年2月16日閲覧。 BBC Sport. 2018年2月25日. 2018年2月25日閲覧。 Soccerbase. Centurycomm. 2018年2月10日閲覧。 2018年8月11日閲覧。 2019年2月10日. 2019年2月23日閲覧。 フットボールゾーンウェブ. 2019年2月4日. 2019年2月25日閲覧。 フットボールゾーンウェブ. 2019-09-041. 2019年9月2日閲覧。 フットボールゾーンウェブ. 2019年2月4日. 2020年1月13日閲覧。 rsssf. com. 2017年7月8日閲覧。 www. beinsports. com 2019年6月23日. 2019年6月24日閲覧。 超ワールドサッカー 2019年7月7日. 2019年7月7日閲覧。 Goal. com 2016年5月1日• Qoly. jp 2014年10月26日. 2017年7月8日閲覧。 Forbes. com 2014年6月発表。 ESPN. com 2017年6月10日閲覧。 National-Football-Teams. com. 2017年7月8日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - Topforward• — 主催大会成績 (英語)• aguerosergiokun16 -• 1992-93:• 1993-94:• 1994-95:• 1995-96:• 1996-97:• 1999-00:• 2000-01:• 2001-02:• 2002-03:• 2003-04:• 2004-05:• 2005-06:• 2006-07:• 2007-08:• 2008-09:• 2009-10:• 2011-12:• 2012-13:• 2013-14:• 2014-15:• 2015-16:• 2016-17:• 2017-18:•

次の

【ウイイレアプリ2020】FPアグエロ(6/29)レベマ能力と評価!マンCのストライカー!

アグエロ fp

ストリート育ちの即興性 なぜ、ストリートサッカーからクラック(名選手)が生み出されるだろうか? エスター・テーレン(発達心理学者)の研究によると、「私たちの行動は、文脈や個人の発達史に基づいて、瞬間瞬間に再構築される」。 フットボールに置き換えると、プレー(行動)は、状況(文脈)や個人が今までに身につけた選択肢・過去の記憶(発達史)に基づいて、瞬間瞬間にプレー状況を認知し、その状況を解釈し、過去の記憶の中から類似したプレーを選択し、実行する。 そして、それを記憶に定着させて学ぶ(再構築)という考え方だ。 これが「自己組織化」であり、自己組織化から創発が発生し、その結果として即興プレーが発生するのだ。 アグエロやメッシ、その他多くの南米のクラックたちは、ストリートでの自由な遊びの中から様々なプレーを実践し、狭いスペースでの即興性を身につけている。 アグエロはファイナルゾーン(ピッチを横方向に3分割した時、最も相手陣寄りのゾーン)で、動きを止めることなく、次から次へとプレーを連続させる。 目まぐるしく状況が変化し、相手もチームメイトも密集する最も複雑性が高いペナルティエリアの中で、冷静にその状況に最適なプレーを実行することができるのは、チームメイトとの相互作用と、日々のトレーニング、そしてストリートサッカーでの経験による。 試合中、その過去の記憶とチームメイトとの相互作用により、自己組織化が起こり、結果として試合の状況に最適なプレーオプションを直感的かつ無意識的に選択し、それが創発という即興プレーとして表出するのだろう。 近年のアグエロは、グアルディオラの影響を受け、攻守両面に活躍できる完璧なストライカーへと成長した。 今回は、まずパコ・セイルーロが提唱する認知構造の空間的-時間的知覚を基にアグエロのフットボール選手としてのスピードとプレーの特徴を詳らかにし、次にマンチェスター・シティのゲームモデル内においての個人の役割「個人のポジショニングの基礎」を分析した。 現代フットボールは、個人能力だけで試合を決定づけることはできない。 選手1人ひとりにポジションごとの役割があり、その役割を遂行することでチームプレーが成り立っている。 そのような理由で、今回の分析を行うには、フットボールの4局面(攻撃、守備、攻守の切り換え)それぞれの分析する必要があった。 なお、分析に用いたのは2018-19のプレミアリーグの3試合(ハダーズフィールド戦、サウサンンプトン戦、チェルシー戦)と、CLグループステージで対戦したホッフェンハイム戦の合計4試合である。 認知構造の空間的-時間的知覚 アグエロはシュートをする瞬間、ゴール方向を見なくても枠を捉え、決めることができる。 認知構造の空間的知覚能力に優れ、自分がピッチのどこでプレーをしているのか、GKやゴールの位置と距離と方向を瞬時に把握し、イメージだけでシュートをすることができるのだ。 また、ボールを受ける前に周りの状況を見て、チームメイト、相手との距離を瞬時に把握し、多種多様なプレーオプションからその状況に最適なオプションを素早く実行に移すことができるのも特徴だ。 FCバルセロナで21年にわたりフィジカルコーチとして働き、今シーズンからFCバルセロナの育成年代メソッド部門ディレクターを務めることになったセイルーロは、フットボールにおけるスピードと時間の関係についてこのように述べている。 「試合の中で起こる様々なプレー展開を、最適な形で分析、実行、解決することが求められる」 セイルーロは「時間的知覚」という概念を提唱し、その中の1つ「事柄の予測」(リアクション反応と予測) を「プレー前」(ボールを受ける前)/「プレー中」(ボール保持者)/「プレー後」(ボールをパスかシュートした後)の3つの局面に分類している。 アグエロは 「プレー前」に周囲の状況を素早く、的確に認知して予測。 「プレー中」は、近くにいるチームメートと相互作用しどのタイミングで、どのくらいのスピードでプレーをするかを認知し予測し実行するか、あるいは予測したプレーと違えば、次のプレーオプションを瞬時に選び出し実行に移す。 「プレー後」 は、次のプレーを予測し、自身のポジションの役割の中で最適なポジションへ素早く移動する。 彼はこれを即興的にかつ素早く実行することができるのだ。 最近の脳科学でも明らかになっているが、人間の行動は直感的で無意識的であり、脳が考える2秒前に体は動き出している。 バセットとマイケル・S. ガザニガは、行動の道筋についてこのように説明している。 実行された一連の行動は意識的な選択のように見えるが、実は相互に作用する複雑な環境がその時に選んだ、創発的な精神状態の結果なのだ。 アグエロのようなクラックは、多種多様なプレーオプションの中から瞬時に、その状況に最適なものを過去の記憶から無意識的に選び、最適なタイミングで実行に移すことができる。 フットボールに必要なスピードをすべて持つ アグエロは、セイルーロが提唱する「フットボールの5つのスピード」をすべて持っている。 スタートのスピード(3〜5m) マークを外してパスを受ける。 または相手のパスを予測してパスをインターセプトする等。 介入(プレーに参加する)のスピード(2〜3m) 1対1、ストップ、方向転換、素早いサポート、ボールポゼッションをするのに必要な能力。 リズムの変化(20〜30m) 突然、最大のスピードでプレーを始め、それを維持する。 実行のスピード(2m) ある特定のアクションを実行するか、様々なアクション・テクニックをの最大限スピードで実行する(ボール・コントロール、ターン、シュート等)。 間欠的スピード(3〜5m) ・中間で止まったり、スピードを落としたりする中で、連続したアクションを最大のスピードで実行する。 ・最大限のスピードか90%のスピードで様々な方向に走ったり、止まったりする。 おそらく、アグエロは30m走をしたらそんなに速い方ではないだろう。 彼の最大の特徴は3~5mの「スタートのスピード」 (例:マークを外すスピード)であり、相手の背後(視野外)にポジションを取り、マークを外すタイミング、相手の意図を見透かしたように逆を取る動きが本当に素晴らしい。 相手の背後のスペースでボールを受けるのか、またポストプレーをするのか、相手は読めないことであろう。 いつもフリーでボールを受けることができるのは、この「スタートのスピード」があるからだ。 移動するスピードではなく、周囲の状況を認知し、チームメイトとの相互作用をする中で相手の読みの逆を取る予測力と、空いているスペースを見つけてそのスペースに最適なタイミングで入る。 これもまた「スタートのスピード」であり、 これによってマークを外す能力が、アグエロが毎シーズン、リーグで20得点以上を決めることができる秘訣であろう。 ケガさえしなければ30ゴールも可能だと思う。 アグエロは特にゾーン3(ファイナルゾーン)において、動き出したら、決してボールがラインを割るまで動きを止めることはない。 セットオフェンス時のCFの役割の1つである「パスをした後、アクションを連続」(「間欠的スピード」)して、素早く次から次へと実行に移せる即興力がある。 つまり、状況の認知と意思決定のスピードが速いのだ。 このように絶えず状況が目まぐるしく移り変わるファイナルゾーンで的確な意思決定が素早くできる即興プレー力は、南米選手特有ではないだろうか。 リズムの変化 プレーするにあたり最も重要なのが、「リズムの変化」である。 「リズムの変化」とは時間のコントロールであり、相手が体感するスピードの変化である。 アグエロは、この「リズムの変化」が抜群に巧い。 小柄(173cm)で細かいステップとリズム、緩急をつけたドリブルで相手を置き去りにしてあっという間にゴールする。 またペナルティエリア外から弾丸ミドルシュートも決める。 足の振りが小さく速い「実行のスピード」 (コントロール、ターン、シュート)があるので、GKもDFもいつシュートするかを見極めるのが難しく、タイミングを外される。 メッシのようにワンステップごとにボールに触れる「介入のスピード」(1対1の状況)もあり、瞬時に相手を抜き去りシュートを決める。 また、相手がスライディングタックルをするとボールタッチが早く細かいのでPKを獲得しやすい、というメリットもある。 アグエロはセイルーロが提唱するフットボールの5つのスピードのすべてを兼ね備え、完成された素晴らしいストライカーであることが理解できると思う。

次の

【ウイイレ2020】FPガチャ「マンチェスターシティ」今週のCSガチャ/選手能力/レベマ【ウイニングイレブン2020 マンCガチャ 2019/11/04】

アグエロ fp

まず初めに アグエロを獲得した際のFPガチャの記事をぜひ下記リンクからご覧ください! みなさんは今回のFPガチャはなにを引けましたでしょうか? アグエロを引けた人も引けなかった人も、次回のFPガチャでアグエロが出た際の参考にしてください! FPアグエロの能力は? FPアグエロの能力はどうなのでしょうか。 通常のアグエロと能力の差を比べてみましょう。 通常アグエロ(最大Lv. 43) FPアグエロ(最大Lv. 40) 総合値 91 95 オフェンスセンス 92 96 ボールコントロール 91 92 ドリブル 90 95 グラウンダーパス 80 84 フライパス 71 71 決定力 91 93 プレースキック 74 75 カーブ 82 83 ヘディング 70 72 ディフェンスセンス 56 56 ボール奪取 52 52 キック力 89 90 スピード 86 87 瞬発力 92 94 ボディコントロール 90 92 ボディバランス 75 76 ジャンプ 80 82 スタミナ 75 75 コンディション安定度 6 6 通常のアグエロは最大Lv. 43まであがり、FPのアグエロは最大Lv. 40までです。 能力だけみても優秀なのがわかります。 実際にオンライン対戦でFPアグエロを使ってみた さて、さっそくアグエロをオンラインで使っていこうと思ったのですが、まずはレベ上げから。 通常のアグエロを2体持っていたため、FPアグエロに食わせることにしました。 2体もいるのか、経験値が5万ほど余りながらレベルアップ完了! さあ、準備は万端です。 フォーメーションはこのような感じでFPムバッペと2トップを組む形でいきます! 試合を進めていき、できるだけ積極的にアグエロを使ってプレーすることに・・・ 一つ言えることは、 強い・・・!!! キックフェイントも細かいし、ドリブルも思ったより取られない。 身長が小さいから少し不安なところもありましたが、そんな関係なし。 そして1試合が終わったところ・・・ 初戦からハットトリックでMVP!笑 そのあとも何試合かしましたが、ゴールも決めてくれるし、パスも上手いので、アシストを決めてくれる。 少ない時間でチームに欠かせない存在となりました・・・ FPアグエロを使ってみた使用感 プレースタイルはラインブレイカーともあり、裏への抜け出しはばっちり。 そしてスピードは高くはないものの、今まで使っていたFPスアレスよりは早い印象がありました。 なので、抜け出した際などは積極的にドリブルを仕掛けられるな~という感じがあります。 今までムバッペかサイドのスピードのある選手でのドリブルだったため、少し攻め手にかける部分もあったのですが、アグエロも積極的にドリブルを仕掛けられることにより、攻撃のパターンが増えたような気がします。 また、ポストプレーもうまく、サイドに流れたあとのグラウンダーパスもいいところに出してくれて、アシストでもよく貢献してくれます。 ハットトリックをした次の試合はアシストが3つでした笑 身体は小さいながらも当たり負けもしていないので、今後もどんどん使っていきたいと思います! 最後に FPアグエロが当たった時は歓喜していましたが、思った通り使いやすかったです。 私個人的には、FPフィルミーノやFPスアレスより使いやすかったです。 (タイプも違うのでなんとも言えませんが、、、) 今後弱点なども見えてくるかもしれないので、しっかり使っていきながら様子をみたいと思います。 ぜひFPアグエロ当たった方は使ってみてください。

次の