豊橋 poison。 自転車 シクロクロスフレームセット / POISON (Tanaka) 彦根のロードバイクの中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

同じ事をしていても自分が視点を変えるだけで得るものも変わる in ex

豊橋 poison

歴史 [ ] 結成からデビューまで [ ] 1983年夏にでリッキー・ロケットとブレット・マイケルズにより結成。 POISONと名乗る前はPARISというバンド名だった。 当初のメンバーはブレット・マイケルズ、ボビー・ダル、リッキー・ロケット、マット・スミス。 翌1984年3月にバンドはに移動し、いわゆるのバンドとして活動を開始する。 LAのクラブに積極的に出演。 バンド名がポイズンとなったのもロサンゼルス移動後である。 1985年3月23日ギタリスト C・C・デヴィル加入。 そしてと契約。 1986年5月16日にデビューアルバム『ルック・ホワット・ザ・キャット・ドラグド・イン』を発表。 (配給はキャピトルレコード)全米チャートで3位を記録する。 1986年にショーケース・ライブにて初来日をする。 セカンドアルバム [ ] 1988年にバンドはセカンドアルバム『オープンアップ・アンド・セイ・アー』を発表。 シングル「エヴリ・ローズ・ハズ・イッツ・ソーン」が全米NO. 1を獲得している。 アルバムも全世界で800万枚を売り上げた。 この時期、バンドはの前座としてツアーを行っている。 1989年に再来日し武道館2daysを行う。 内紛劇とギタリスト交替 [ ] 1990年、バンドは3枚目のアルバム「フレッシュ・アンド・ブラッド」を発表。 全米チャート2位の大ヒットとなる。 またバンドはこの年の・にも出演。 続いてとのジョイント・ツアーを行った。 1991年11月、初のライヴアルバム『スワロゥ・ディス・ライヴ』を発表。 しかしこの頃、ギタリストのデヴィルは問題を抱えるようになり、シンガーのマイケルズとの乱闘なども発生。 やがてデヴィルはバンドを解雇され、後任ギタリストにはが迎えられた。 1993年、バンドは4枚目のスタジオアルバム『ネイティヴ・タン』を発表。 アルバムセールスは全世界で100万枚とまずまずのものであったが、以前の成果には及ばないものであった。 やがてコッツェンがリッキー・ロケットの恋人を奪うという事件が発生し、コッツェンもまたバンドを解雇されることとなった。 後任のギタリストはである。 マイケルズの交通事故 [ ] バンドは新作のレコーディングに入ったが、1994年5月にマイケルズがを運転中、交通事故で負傷。 (鼻、肋骨、顎、指を骨折。 歯を4本折る重傷)彼の療養の為にレコーディングは中断された。 一方、音楽の流行も80年代のようなヘヴィメタルからへと移り変わっており、マイケルズの復帰後、新作の制作は暗礁に乗り上げてしまう。 結局バンドは1996年にベストアルバムを発売し、その中に数曲の新曲を入れるという妥協策を採ることになった。 デヴィルの復帰 [ ] 1999年、マイケルズとデヴィルの和解によりデヴィルがギタリストとしてバンドに復帰。 その後アメリカツアーが行われ、バンドは新作のレコーディングに取り組んだ。 5枚目のスタジオアルバムとなる『クラック・ア・スマイル』は2000年に発表された。 さらに2002年には6枚目のスタジオアルバム『ホリーワイアード』を発表。 2005年にはセカンドアルバム収録の「NOTHING BUT A GOOD TIME」が映画『』(出演:、)のサントラに使われた。 2009年には、、と共に全米ツアーをおこなった。 メンバー [ ] リッキー・ロケット 初期メンバー• ヴォーカル:ブレット・マイケルズ ペンシルベニア州出身。 1963年3月15日生。 リッキーとPARIS、スペクターズを経てPOISONに。 、、の影響を受ける。 小児糖尿病でインスリンを打ちながら活動を続ける。 病気が原因でライヴ中に倒れ救急、搬送されたことも。 ソロ活動も続けている。 クリスティ・ギブソン(元妻)との間に娘2人。 RAINE(2000年生)Jorja(2005年生)• ギター:C・C・デヴィル NY ブルックリン出身。 5月14日生。 1985年3月POISONに最後に加入したメンバー。 ベース:ボビー・ダル ペンシルベニア州ハリスバーグ出身。 11月2日生。 15歳でギターを始めるがベースが気に入り転向した。 のを敬愛する。 ドラム:リッキー・ロケット ペンシルベニア州ハリスバーグ出身、8月8日生。 父親がトランペッターだったため、ドラムを始める前はトランペットを担当していた。 過去に在籍していたメンバー• ギター:• ギター: 逸話 [ ] アルバムフレッシュ・アンド・ブラッドの中に収録のライフ・ゴーズ・オンはドラマーのリッキー・ロケットが当時付き合っていて銃で殺害された彼女に贈った曲である。 サムシング・トゥ・ビリーブ・インも亡くなった友達のために作った曲である。 アルバム [ ]• 1986: Look What the Cat Dragged In(邦題:ポイズン・ダメージ 3位 3X US• 1988: Open Up and Say... Ahh! 1991: Swallow This Live 51位 US• 1993: Native Tongue 16位 ゴールド US• 1996: Poison's Greatest Hits: 1986-1996• 2000: Crack a Smile... and More! 131位 US• 2000: Power to the People 166位 US• 2002: Hollyweird 103位 US• 2006: The Best Of Poison: 20 Years Of Rock 17位 US• :公式サイト この項目は、に関連した です。

次の

同じ事をしていても自分が視点を変えるだけで得るものも変わる in ex

豊橋 poison

昨日は、浜松でエクスマセミナーに行ってきました。 主催者はこの方。 ごっつい悪そうな出で立ちですが、めっちゃ優しい人です。 おまけに仕事が美容系って…ちょっとわけわからん人です。 さらに大好物がプリン。 もうなんでも来いって感じです。 そして、よく友人に聞かれます。 「いつも同じセミナーに出てるけど、どうなの?」って。 セミナーの内容自体は、随時バーションアップしていきます。 しかし、今回は1ヶ月ほど前に豊橋でEx-maTIMES2を聞いてきたところ。 そして、講師も藤村先生と短パンさんなので同じです。 今回話していた内容も事例などは違っていましたが、前回のおさらいのような感じでした。 でも、今回はまた、違うものを得ることができました。 そんな気づきの視点を写真撮影と絡めてお話します。

次の

豊橋 POISON ポイズン

豊橋 poison

歴史 [ ] 結成からデビューまで [ ] 1983年夏にでリッキー・ロケットとブレット・マイケルズにより結成。 POISONと名乗る前はPARISというバンド名だった。 当初のメンバーはブレット・マイケルズ、ボビー・ダル、リッキー・ロケット、マット・スミス。 翌1984年3月にバンドはに移動し、いわゆるのバンドとして活動を開始する。 LAのクラブに積極的に出演。 バンド名がポイズンとなったのもロサンゼルス移動後である。 1985年3月23日ギタリスト C・C・デヴィル加入。 そしてと契約。 1986年5月16日にデビューアルバム『ルック・ホワット・ザ・キャット・ドラグド・イン』を発表。 (配給はキャピトルレコード)全米チャートで3位を記録する。 1986年にショーケース・ライブにて初来日をする。 セカンドアルバム [ ] 1988年にバンドはセカンドアルバム『オープンアップ・アンド・セイ・アー』を発表。 シングル「エヴリ・ローズ・ハズ・イッツ・ソーン」が全米NO. 1を獲得している。 アルバムも全世界で800万枚を売り上げた。 この時期、バンドはの前座としてツアーを行っている。 1989年に再来日し武道館2daysを行う。 内紛劇とギタリスト交替 [ ] 1990年、バンドは3枚目のアルバム「フレッシュ・アンド・ブラッド」を発表。 全米チャート2位の大ヒットとなる。 またバンドはこの年の・にも出演。 続いてとのジョイント・ツアーを行った。 1991年11月、初のライヴアルバム『スワロゥ・ディス・ライヴ』を発表。 しかしこの頃、ギタリストのデヴィルは問題を抱えるようになり、シンガーのマイケルズとの乱闘なども発生。 やがてデヴィルはバンドを解雇され、後任ギタリストにはが迎えられた。 1993年、バンドは4枚目のスタジオアルバム『ネイティヴ・タン』を発表。 アルバムセールスは全世界で100万枚とまずまずのものであったが、以前の成果には及ばないものであった。 やがてコッツェンがリッキー・ロケットの恋人を奪うという事件が発生し、コッツェンもまたバンドを解雇されることとなった。 後任のギタリストはである。 マイケルズの交通事故 [ ] バンドは新作のレコーディングに入ったが、1994年5月にマイケルズがを運転中、交通事故で負傷。 (鼻、肋骨、顎、指を骨折。 歯を4本折る重傷)彼の療養の為にレコーディングは中断された。 一方、音楽の流行も80年代のようなヘヴィメタルからへと移り変わっており、マイケルズの復帰後、新作の制作は暗礁に乗り上げてしまう。 結局バンドは1996年にベストアルバムを発売し、その中に数曲の新曲を入れるという妥協策を採ることになった。 デヴィルの復帰 [ ] 1999年、マイケルズとデヴィルの和解によりデヴィルがギタリストとしてバンドに復帰。 その後アメリカツアーが行われ、バンドは新作のレコーディングに取り組んだ。 5枚目のスタジオアルバムとなる『クラック・ア・スマイル』は2000年に発表された。 さらに2002年には6枚目のスタジオアルバム『ホリーワイアード』を発表。 2005年にはセカンドアルバム収録の「NOTHING BUT A GOOD TIME」が映画『』(出演:、)のサントラに使われた。 2009年には、、と共に全米ツアーをおこなった。 メンバー [ ] リッキー・ロケット 初期メンバー• ヴォーカル:ブレット・マイケルズ ペンシルベニア州出身。 1963年3月15日生。 リッキーとPARIS、スペクターズを経てPOISONに。 、、の影響を受ける。 小児糖尿病でインスリンを打ちながら活動を続ける。 病気が原因でライヴ中に倒れ救急、搬送されたことも。 ソロ活動も続けている。 クリスティ・ギブソン(元妻)との間に娘2人。 RAINE(2000年生)Jorja(2005年生)• ギター:C・C・デヴィル NY ブルックリン出身。 5月14日生。 1985年3月POISONに最後に加入したメンバー。 ベース:ボビー・ダル ペンシルベニア州ハリスバーグ出身。 11月2日生。 15歳でギターを始めるがベースが気に入り転向した。 のを敬愛する。 ドラム:リッキー・ロケット ペンシルベニア州ハリスバーグ出身、8月8日生。 父親がトランペッターだったため、ドラムを始める前はトランペットを担当していた。 過去に在籍していたメンバー• ギター:• ギター: 逸話 [ ] アルバムフレッシュ・アンド・ブラッドの中に収録のライフ・ゴーズ・オンはドラマーのリッキー・ロケットが当時付き合っていて銃で殺害された彼女に贈った曲である。 サムシング・トゥ・ビリーブ・インも亡くなった友達のために作った曲である。 アルバム [ ]• 1986: Look What the Cat Dragged In(邦題:ポイズン・ダメージ 3位 3X US• 1988: Open Up and Say... Ahh! 1991: Swallow This Live 51位 US• 1993: Native Tongue 16位 ゴールド US• 1996: Poison's Greatest Hits: 1986-1996• 2000: Crack a Smile... and More! 131位 US• 2000: Power to the People 166位 US• 2002: Hollyweird 103位 US• 2006: The Best Of Poison: 20 Years Of Rock 17位 US• :公式サイト この項目は、に関連した です。

次の