カメラ 回し て ない やろ な。 「報ステ」総合演出が自らカメラ回し、コロナとの闘病伝える…赤江珠緒アナの夫/芸能/デイリースポーツ online

彼氏がまた撮りたいというのでカメラを回してみたら声が出せない部屋でさらに興奮しちゃうコスプレ彼女

カメラ 回し て ない やろ な

本日は時事ネタを少し。 注目の吉本興業の話題から、岡本社長の会見について取り上げてみます。 軽い気持ちで記者会見を見始めたものの、始めから最後まで全てぶっ通しで見たという人は限られていると思います。 なぜなら、あれだけの長時間になるとは誰も想像していなかったはずです。 実は、私見てたんですよ。 笑 話題に対して興味があったのもありますが、「これは絶対ネタになる」と思ってメモを取りながら見ていたのです。 結果的にやばいくらいのネタが転がっていました。 これで一週間は賄えるんじゃないかというくらいネタが満載の会見でした。 突っ込みどころ満載の会見すぎて、何から書こうかと悩むくらいです。 その中から、今回は「 お前らテープ回してないやろな」です。 「お前らテープ回してないやろな」 吉本興業の岡本社長が所属芸人に対してお前らテープ回してないやろなと言ったことは、本気ではなく冗談を込めたものだと記者会見で発言しています。 結果的に、この発言が本気だったのか冗談だったのか両者の意見が食い違っているところを見ると、真相はわからないままです。 発言した側は「冗談」、受け取り側は「本気」 それこそテープを回していないと真相はわからず、水掛け論になってしまいます。 そうなると真実とは関係なく、社会がどちらの味方をするか?の問題です。 それでも、もしかしたらこれは「冗談の発言かもしれない」と思った出来事があります。 それは副社長である藤原さんの発言によるもので、岡本社長が部屋に入ってきてすぐにその発言をしたというところです。 その状況をイメージした時に、• 部屋に入ってすぐの「テープ回してないやろな」• 机に座って神妙な面持ちでの「テープ回してないやろな」 では、雲泥の差があると思うのです。 恐らく、この言葉自体を発言したのは事実だと思いますよ。 ただ、事実だとしてもガチの本気で恫喝に近い形で言ったのか、そうでないのかの違いの話。 私もはじめ、芸人の会見を見ただけの状態では「ガチの恫喝に近い形」だと思っていました。 そして岡本社長の会見を聞いている中でも、「冗談」というのは信じられないなと思った気持ちがあるのも確かです。 しかし、会見後半で出てきた藤原さんの、「岡本社長が部屋に入ってすぐにその言葉を言った」という部分に引っかかり、もしかしたら100%冗談ではないにせよ、2割か3割くらいはその気持ちも含まれて入っていたのかなとも思ったわけです。 「お前らテープ回してないやろな」という文字だけでみると、非常に怖いイメージや恫喝するイメージもあります。 それでも、こればっかりはどちらが真実なのか明らかにすることは難しいことですし、真実かどうかに対しての想像したり議論する分には良いとしても、どちらかに決めつけることは(証拠がない限り真相がわからないので)どうなのかなとも思うわけです。 「お前らテープ回してないやろな」 文字は見る人の見る時の気分や精神状態によって受け取り方が変わります。 話している場合には、その時の 空気感・テンション・間・トーンなどによって伝えることができますが、文字だけの場合は受け取り側の状態によって受け取り方が全く変わってくるのです。 だからこそ、 言葉は難しい。 文字での表現を難しくしてしまうと、伝えたいことがうまく伝えられないことがあります。 もし、売れっ子作家でその人の表現方法が認知されていて、裏の裏まで意図を汲み取ってくれるようなファンだといいですが、Webコンテンツやメルマガの場合はそういうわけにはいきません。 初めて訪問してくれたユーザーに対して、難解な言葉でズラーッと書かれている文章は、「読みづらいな」「わかりづらいな」と判断されてしまうだけです。 だから、できるだけわかりやすく、小学生にも理解できるような言葉で書いた方が「伝える」という視点で考えるとベストなのです。 「言葉を分かりやすく、誰にでも理解できるような文章を書こう」 なんてことを伝えたいわけじゃない。 今日はそこじゃない。 笑 今回お伝えしたいのは、 ネタはどこにでも転がっているということです。 この記者会見はあなたの書こうとしている記事と全く関係のないネタに思えたとしても、捉え方や見方を変えれば、意味合いが変わってきていろんな捉え方をすることができるってことです。 ほんと今回の記者会見で、数十記事の書けるネタを集めることも楽勝です。 全部見なくても10分見るだけでもネタが集まる記者会見の内容です。 この記者会見を見て、何も感じなかったり何も思わなかったりする人はいないでしょう。 人それぞれ、何かしらの思いや感じたことがあるはずです。 それを自分なりのフィルターを通じて表現することができれば、それだけで一つのコンテンツを完成させることができます。 なかなかネタが思い浮かばない人や、書くことがないと感じている人は、日常起きていることの中で、ちょっとだけ見方を変えてみてください。 ここからようやく「お前らコピペしてないやろな」 ちなみに、本日のテーマを「お前らテープ回してないやろな」ではなく「お前らコピペしてないやろな」としたのにも理由があります。 ウェブコンテンツ作成者にとって「コピーコンテンツ」は非常に重大な問題です。 残念ながら自分の一生懸命書いた記事コンテンツを平気な顔をしてそっくりそのままコピペして投稿する人も少なからずいるのです。 また、自分で書いた記事であればオリジナルの記事に間違いないですが、自社スタッフや外注スタッフを利用して記事作成を頼んでいる場合、納品される原稿がコピーしてきた原稿かどうかしっかりとチェックする必要があります。 こちらも残念なことに、報酬を支払っているにもかかわらず平気な顔をしてコピペしてきた文章を貼り付け、自分の原稿だとして提出する人も少なからずいるのです。 はっきり言ってその原稿を自分のサイトに使うことって、とてつもなく大きなリスクですよね。 なので、それを未然に食い止めるためにも、コピペされた原稿ではないかどうかチェックする必要があります。 お前らコピペしてないやろな、とパロディっぽいタイトルになっていますが、本題としてWebコンテンツにおける、コピー記事のチェックシステムについて情報をシェアします。 今回紹介するサービスを利用して、コピペコンテンツがないかしっかりとチェックしましょう。 無料のおすすめのコピーコンテンツチェックツール 「CopyContentDetector」 CopyContentDetectorは無料で利用できるコピーコンテンツチェックサイトです。 コピペチェックしたい文章を調査対象テキストに入力して「チェックする」を押すだけ。 無料で利用できるにもかかわらず、コピペのチェック精度もかなり高いので、無料で利用したい場合はこちらのサイト一択でOKです。 有料のおすすめコピーコンテンツチェックツール 「コピペリン」 コピペリンは年間払いの有料サービスです。 有料といっても一ヶ月あたりに換算すると、コーヒー一杯分ぐらいの金額で利用することができます。 しっかりと記事をチェックしたい方や、Web上の記事だけでなく記事ファイル同士のコピペチェックをしたい人には特におすすめです。 まとめ 自社スタッフや外注スタッフに記事の作成を頼んでいる人はもちろんのこと、自分の書いた記事が他のサイトで使われていないかどうかチェックするのにも、コピペチェックシステムは有効です。 念入りに調べたい場合には、複数のシステムを使ってチェックするとより効果的です。 私も上記二つのサービスに加えて、もう一つ有料のサービスを使い、合計三つのチェックシステムで判別しています。 しかし、通常であれば、上記二つのサービスを利用するだけで全く問題なくチェックすることができます。 どうしても無料で利用したい場合には無料サービスのCopyContentDetector利用しましょう。 無料とは思えないほどの精度ですので、簡単なチェックであればこれで充分かと思います。

次の

「テープ回してないやろな」ハラスメント対策の秘密録音、どこまでがOK? 専門家に聞いた (1/2ページ)

カメラ 回し て ない やろ な

一脚とは、雲台もしくはカメラなどを支える台座の下に、伸縮可能な1本のパイプを備えた撮影用品のこと。 いわば、三脚の脚を1本だけ取りだしたものと考えるといいだろう。 主にカメラのブレを抑えたり、重量のある超望遠レンズを支えるために使用するのだが、三脚のように自立する固定台座ではないので、撮影者自身がカメラないし一脚を支えながらの使用となる。 まずブレ軽減の面では、周囲が薄暗くなりシャッタースピードを遅くして撮影したいときや、望遠レンズによるブレの増大を手持ちでの撮影に比べかなり抑えるのに効果がある。 それと一脚は三脚ほどの設置場所の広さが必要ないため、ちょっとした街の中や、とっさの撮影にも優れている。 今回試用した一脚はいずれもベルボン製。 左から「ジオポッドE64」、「ポールポッド」、「ウルトラスティックM53」 一脚も縮長はさまざま。 持ち運びなどを考慮して選びたい また三脚に比べて小型軽量であるため、とり回しの容易さから、スポーツ写真の現場で使用されている姿を目にすることが多い。 三脚もカメラ自体を支えてくれるので、撮影者にカメラの重みを与えることはないが、自身がよく動くような撮影の場合など、やはり脚自体が軽い一脚にカメラの重量を支えてもらいながら撮影に集中できる、という意味ではその利用価値は高いといえる。 三脚に比べると設置面積が大幅に少なくなり、また持ち運びも容易になるのが一脚の利点。 ウルトラスティックM53は縮長が短い代わりに全高はアイレベルにならないが、ライブビューで撮影するには問題ない 一方、ジオポッドE64のようなタイプはアイレベルをカバーするが、縮長もそれなりにある ブレを抑えるという目的は同じであるが、その使用方法は少し違ってくる。 使用法にこれといった正解というものは無いのかもしれないが、基本的な使い方や応用的な使い方をいくつか紹介していこう。 ただ、デジタルカメラの使用に際しては、背面液晶モニターをファインダーとして撮影できるカメラも多いので、あくまでも自分が被写体をよく確認できる高さにセットすればいいだろう。 一脚をセッティングする高さはアイレベルが基本。 ただ、ライブビューで撮影する場合はやや低くても支障はない 一脚に装着する雲台は、一般的に自由雲台が使われている。 特別な理由がない限り、雲台を装着して試用した方がいいだろう。 雲台とともに一脚を使用したほうがいいだろう。 ただ、主に動いている被写体、スポーツ選手や乗り物などを流し撮りするときなどは、ブレもそうだが、機材の負担を脚にあずけるという時に雲台を使用せずに使うこともある。 一脚には自由雲台が付属しているものと、別売のものがある。 自由雲台付きがお勧めだが、付いていない方も市販の気に入った自由雲台を装着できる 構え方としては、一脚を垂直に立ててカメラを支えたり、雲台を使うことを前提に、一脚を少し斜め前に出して支えたりする。 撮影者の足は肩幅程度に開いて構えるが、片足を一脚の前に出して靴で押さえるような構えをするカメラマンもいるようだ。 一脚の構え方だが、左のように垂直に立てる方法もあるが、右のように一脚の脚を前に出した方が安定するので試して欲しい。 この場合、自由雲台が必須だ 場合によっては、一脚の脚を自分の足で押えるようにすると安定する。 実際にこの構え方をするプロカメラマンもいる。 靴の内側のへこんでいるところに合わせるのがポイントだ 段差などを利用して一脚の足を安定させるのも良い方法 どちらにせよ自立しないので、撮影者自身で一脚やカメラを補助するのだが、このとき、一脚の脚を掴まずに、カメラやレンズなどを手持ちで撮影するようにカメラ側を保持するとブレをいっそう抑えられる。 また、雲台自体をフリーにして撮影するということも広く知られているようだが、ファインダーで撮影する場合ならともかく、ライブビューでの撮影だと少し安定感がつかみにくいので、その場合は雲台を固定して撮影するなど、適宜状況に応じて撮影者の慣れに応じた使い方の選択が必要だろう。 このように一脚自体を持つよりも、両手ともカメラまたはレンズを押えた方がブレは抑えられる このポールポッドのように、下部に三脚を備えて自立する製品も登場している 標準レンズで撮影するときよりも望遠レンズとの組み合わせでの効果も高い。 レンズの重さを支える意味でも有効だし、スポーツや鳥、飛行機など動く被写体をカメラを一脚で保持しつつも、三脚ではできないような自由度のあるとり回しで被写体を追いかけたりと、実際に一度使ってみると腕への負担も少なく楽に撮影できる。 バリアングル式の液晶モニターを備えたデジタルカメラも増えてきたので、アイレベルに限らず、低い位置での撮影においてもその活用範囲は広がったといえる。 とにかく、設置場所という点では三脚に比べ一脚はかなりのアドバンテージがあり、ちょっとした人ごみ、運動会や動物園や水族館など狭い範囲でかつブレやすい状況下での撮影に大変便利である。 バリアングル液晶モニターを活用し、このようにローアングル撮影時のブレ防止も期待できる デジタル一眼レフカメラに限らず、コンパクトデジタルカメラやミラーレスカメラなどでもちょっとした夕景撮影などを低感度で撮影したりと幅は広がるだろう。 伸ばしたときに脚が細くなるコンパクトな一脚の使用時にはおススメの方法だ。 脚を縮めて胸に押し当てるのはミニ三脚でもおなじみのテクニックだが、一脚でも有効だ。 その際、右のようにストラップで支えるとかなり安定が増す また、簡単な動画撮影にも有効であるが、変わった使い方として、一脚をスタビライザーのようにして撮影することも行われているようだ。 これは一脚を少し地面から浮かし、その重さを重心にして滑らかなパーンを行なうもので、慣れが必要だが、激しい動きの被写体で無ければ意外と効果的である。 三脚は所有しているが一脚は持っていないという方は多いのだが、実際は風景や夜景、花火など意外と三脚を使う機会が限られていることも多いようだ。 日常撮影するなかで、重い三脚は持ち歩くのがおっくうというのが正直なところだろう。 当然どこでも三脚を使うというのはナンセンスかもしれない。 ただ、三脚までは……というときに一脚は大変便利な機材だと思う。 適切に使えば確実にかなりのブレ軽減効果を得られたり、機材の重さの負担をなくしたりと活用範囲は広い。 小型の一脚などは、撮影に赴くときにとりあえずといった感じで1本カメラバッグに忍ばせておきたい撮影用品だ。 例えば、シグマのDPシリーズのように手ブレ補正機構が無く、できれば低感度を使いたいというカメラと一脚を組み合わせるのは好適だろう。 本格的な夜景の撮影は無理だし、ブレ防止効果も万能ではないので過信は禁物だが、日が落ちてきた程度の時間帯なら一脚が活躍するはずだ.

次の

「お前らテープ回してないやろな」は“冗談“。吉本興業の岡本昭彦社長が釈明

カメラ 回し て ない やろ な

吉本興業の岡本昭彦社長が22日、都内で、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)らによる反社会的勢力への闇営業問題に関する一連の騒動についての記者会見を開いた。 「(会見したら)全員クビにする」などというパワハラ発言についても、岡本社長は釈明。 先月24日の謹慎処分を発表した際、プレスリリース作成時に宮迫、亮、ガリットチュウ・福島善成、レイザーラモン・HGの4人との打ち合わせがスムーズにいかずに「和ませるために、僕的には冗談で言った」と釈明した。 22日、吉本興業の岡本昭彦社長が東京都内で記者会見を行い、反社会的勢力から金品を受領していたとして謝罪会見を行った宮迫博之さんと田村亮さんに対し、処分を撤回し和解を申し入れる考えを明らかにした。 また、話し合いの席で「テープを回してないやろな」と発言した事について問われると、「冗談で言ったが、まったく笑われなかった」と弁明した。 以下、発言要旨 宮迫・田村に対し 「テープとってんちゃうの? 」と聞いたのは、僕としては、打ち合わせがなかなか進まなかったので、その... しゃべりづらいのか、環境が違うのか、なので冗談で「テープとってんちゃの? 」と言ったところ、まったく受け入れられず笑われることもなく... コメント一覧• ,ぱぴぷぺななしさん 2019年07月23日 20:13:43 金銭貰ってたんだから全員クビでも別におかしくなくね。 民間企業で、ヤクザから金貰ってたら普通クビやろ。 ,ぱぴぷぺななしさん 2019年07月23日 20:23:45 パワハラって、やってる奴に限って、 パワハラしてるって認識全く無いから。 だって句図だから。 ,ぱぴぷぺななしさん 2019年07月23日 20:34:19 本当にその権力がある奴が言っていたらアカン奴だなぁ。 まぁ敏腕マネージャーだったなら岡本は月500円でマネージャーやらせたら良いんじゃない?• ,ぱぴぷぺななしさん 2019年07月23日 21:15:51 何かもう、ちょっと目を離したら状況がよくわからん感じだ どっちの肩を持てば良いのやら あるいは、どっちもどうしようもないのか• ,ぱぴぷぺななしさん 2019年07月23日 22:37:24 これが関西のお笑いかあ がっかりだな• ,ぱぴぷぺななしさん 2019年07月24日 06:00:12 吉本を擁護している奴もペテン宮迫を擁護している奴も同程度のカス• ,ぱぴぷぺななしさん 2019年07月24日 10:32:39 嘘吐き同士でtikubi相撲やって手打ちしたらええねん 松ちゃんやっぱ天才や 棒.

次の