ちゅう ちゅう たこ かいな。 ちゅうちゅうたこかいな (講談社の幼児えほん)

表 — Sphinxでウェブサイトを作ろう 0 ドキュメント

ちゅう ちゅう たこ かいな

概要 [ ] 2個単位で数えるであり、「ちゅう・ちゅう・たこ・かい・な」が「2・4・6・8・10」に相当する。 なお、この数え方は地域によって微妙に異なり、「ちゅう・ちゅう・たあ・かいの・とう」(京都)、「ちゅう・ちゅう・たま・かいの、じゅう」(大阪)などがある。 初出は不明だが、江戸時代には使用されていたことが確認されており、怪談『』が演じられる際にも用いられることがある。 由来 [ ] 由来には複数の説が存在する。 この説によると、「ちゅう」の語源は平安時代の「重二(ぢゅうに)」まで遡る。 「重二」とは、平安時代に流行っていたで用いられていた用語で、2のゾロ目のことであった。 その後、読みは清音化されて「ちゅうに」「ちゅう」と変化したと言われている。 なお、先の新聞には掲載されていないが、「かいな」とはを意味する古語であり、「たこ・かいな」を合わせて「蛸の足」とする派生解釈も存在する。 この説で、上の書の中で、『童謡集』の「ちうじ、ちうじ、たこのくわいが十ッ丁」を指して「重二重二タコを加へて十」と解釈していることを根拠としている。 「重二」は双六用語とは無関係に単に2が重なること、「たこ」は前項と同じ解釈とし、「かいな」の部分を「(これまで重ねてきた)2を加える」とする解釈である。 脚注 [ ] [].

次の

news.adventure.travel:カスタマーレビュー: ちゅうちゅうたこかいな (講談社の幼児えほん)

ちゅう ちゅう たこ かいな

発行日: 2017年05月19日 ISBN: 9784061333222 3歳から 40ページ あそびうた風のリズミカルな展開が楽しい絵本。 つぼの中にいるのはなーんだ? ちょっとずつ頭を見せて出てくるのは…… ちゅうちゅうたこかい……な! 赤いたこさん、色あざやかです。 またつぼの中から ちゅうちゅうたこかい……なべ! 赤いたこがでてくるのかと思ったら、赤いなべです。 そしてまたまた、ちゅうちゅうたこかい……ちっちゃなたこ? いいえ、やっぱり「な」がつくものですよ! つぼの中から出てくるのはどんどんパワフルに。 つぼから何が出てくるのかわからないおもしろさ。 ドキドキしながらつぼの中をのぞきこみたくなる気持ち。 シンプルなめくり展開の中、どんどん動きが活発になっていくわくわくが詰まっています。 子どもは「いないないばあ」のくりかえしが好きなのと同じように、「ちゅうちゅうたこかい……な!」もきっと大好き。 親子のひとときや、幼稚園や保育園などちょっとした読み聞かせ会でも活躍しそうな一冊です。 (大和田佳世 絵本ナビライター) 「ちゅうちゅうたこかいな」の数え歌にのって壺の中から現れたのは、たこ。 たこが歌うたびにさまざまな「な」のつくものが壺から出てきます。 ところが、そこへお仲間が現れて……。 読み聞かせで盛り上がること間違いなしの、爆笑話題作! 聞いたことはあるけど、意外に知らない、「ちゅうちゅうたこかいな 」。 二つセットで数える、「にー、しー、ろー、はー、とお」が 「ちゅう、ちゅう、たこ、かい、な」、 双六用語が語源の数え歌です。 とはいっても、表紙から漂う陽気なタコくん、一筋縄ではいきません。 軽快なリズムに乗って、最後の「な」にちなむものが次々登場するのです。 極めつけは、あのよく似た仲間。 当然、その後の展開は…。 なるほど、見事な着地です。 もちろん、エンターテインメント調に読んでみましょう。 幼稚園児くらいからでしょうが、意外に小さい子にもいいかもしれません。 奥が深いです。 (レイラさん 50代・ママ ).

次の

ちゅう・ちゅう・たこかいな

ちゅう ちゅう たこ かいな

発行日: 2017年05月19日 ISBN: 9784061333222 3歳から 40ページ あそびうた風のリズミカルな展開が楽しい絵本。 つぼの中にいるのはなーんだ? ちょっとずつ頭を見せて出てくるのは…… ちゅうちゅうたこかい……な! 赤いたこさん、色あざやかです。 またつぼの中から ちゅうちゅうたこかい……なべ! 赤いたこがでてくるのかと思ったら、赤いなべです。 そしてまたまた、ちゅうちゅうたこかい……ちっちゃなたこ? いいえ、やっぱり「な」がつくものですよ! つぼの中から出てくるのはどんどんパワフルに。 つぼから何が出てくるのかわからないおもしろさ。 ドキドキしながらつぼの中をのぞきこみたくなる気持ち。 シンプルなめくり展開の中、どんどん動きが活発になっていくわくわくが詰まっています。 子どもは「いないないばあ」のくりかえしが好きなのと同じように、「ちゅうちゅうたこかい……な!」もきっと大好き。 親子のひとときや、幼稚園や保育園などちょっとした読み聞かせ会でも活躍しそうな一冊です。 (大和田佳世 絵本ナビライター) 「ちゅうちゅうたこかいな」の数え歌にのって壺の中から現れたのは、たこ。 たこが歌うたびにさまざまな「な」のつくものが壺から出てきます。 ところが、そこへお仲間が現れて……。 読み聞かせで盛り上がること間違いなしの、爆笑話題作! 聞いたことはあるけど、意外に知らない、「ちゅうちゅうたこかいな 」。 二つセットで数える、「にー、しー、ろー、はー、とお」が 「ちゅう、ちゅう、たこ、かい、な」、 双六用語が語源の数え歌です。 とはいっても、表紙から漂う陽気なタコくん、一筋縄ではいきません。 軽快なリズムに乗って、最後の「な」にちなむものが次々登場するのです。 極めつけは、あのよく似た仲間。 当然、その後の展開は…。 なるほど、見事な着地です。 もちろん、エンターテインメント調に読んでみましょう。 幼稚園児くらいからでしょうが、意外に小さい子にもいいかもしれません。 奥が深いです。 (レイラさん 50代・ママ ).

次の