浅田真央ツイッターとらもも。 浅田真央さん紹介に「JAP」 国際スケート連盟、批判受け謝罪: J

浅田真央サンクス・ツアーに行ってきました! ー その2 ー 追記あり!

浅田真央ツイッターとらもも

スポンサーリンク 漫画家 海野つなみ 悪質とらももの宇野昌磨上げツイRT 漫画家の海野つなみが悪質で有名な「とらもも」の宇野選手上げのツイをRTしてたとか。 怪我で苦しみ練習できなかった羽生結弦を下げるツイを平気でRT。 十分な休養やら練習期間やら頭おかしすぎる思考だな。 捏造入れながら拡散するという醜くて最低な行為。 応援してるのってこんな奴らばかりだね・・・。 今回漫画家という影響力ある人物が拡散したことでRTも伸びてるみたいだけど、所詮負け惜しみの馬鹿どもなので放置で良いと思うよ。 宇野選手本人は五輪に興味もないみたいだし、周りの人間が苦しいフォローしたところで変わらない。 見逃し爆盛りの疑惑の銀メダルだということは大半のスケオタはわかってることなのでね。 せいぜい悪質どもだけでぐるぐる回してろ。 とらももさんって、やっぱりこんな風になってしまったのですね。 この方がヨナのジャッジに物申す真央さん応援ブログを書いてた頃はずっと読んでました。 その頃のご自分が間違いではないのだとすると、このツイートは矛盾に満ち満ちてます。 じゃあ全てをこなしたソチシーズンの羽生氏はどう評価?一方の高橋氏は? ご自分はスケオタとして公平に全ての選手の事を見ているのだと主張してた割には、羽生氏が頭角を現しだした頃から偏りだして、高橋氏も普通に応援してた私ですが、段々疑問を感じるようになっていきました。 実に醜い。 悪質達は恥を知れと言いたいです。 そういえば、漫画家の石田スイ氏が羽生氏へのお祝いイラストをツイッター公開した時に「宇野君もお願いします!」とお願いしてる人がわらわら湧いてたのを見て、ド厚かましいなぁと思ってました 笑 はじめまして。 記事読ませていただいて、色んなモヤモヤが晴れました。 とらももさん、やはり悪質アンチにまで成り下がってしまったんですね…。 バンクーバー後の色々な騒ぎの中とらももさんのサイトのたどり着いた時は、こんなことが起こっていたのか…と愕然としたことを覚えています。 なのでしばらくは彼女を支持しておりました。 羽生選手のこともジュニアの世界選手権のあたりまでは一緒に優勝した村上選手よりも買っていて、次世代を担うスケーターとして好意的に書いていたことを覚えています。 それが世界選手権で3位になり、オーサーコーチに変更になった途端雲行きが怪しくなり…。 彼女がめちゃくちゃ貶していたパトリック選手に魅力を感じていたこともあって、段々フェードアウトしていきましたが…そうですか、今はこんなことを言っているのですね。 思えば、不正ジャッジ云々も、ただ自分のお気に入りの選手達が勝てないことへの難癖だったのだと思います。 女子のことはともかく、男子の高橋選手下げにはピンときませんでしたから。 PCSをパトリック・チャンシステム、なんて揶揄していましたが、PCSが出るのは当然だと思っていましたし。 羽生選手への言葉も、ただのやっかみにしか思えません。 お気に入りが成し得なかったことをしているから(怪我からの五輪金、連覇など)嫉妬心で叩いているのがよくわかります。 宇野選手のことも、本当に心から応援しているわけではないんでしょうね…。 可哀想な人達です。 Rさま コメントありがとうございます。 とらももはキム・ヨナのオーサー関連で羽生選手の叩きが始まったんですね。 >PCSをパトリック・チャンシステム、なんて揶揄していましたが、PCSが出るのは当然だと思っていましたし。 そうですね。 技術的に彼のPCSが高いのは納得できます。 だからこそスケカナでなぜ宇野選手にPチャンより上のPCSを出したのか・・・・。 話がそれましたが、とらももや悪質マオタは結局嫉妬で羽生選手を叩いてるのでしょうね。 まぁ宇野選手のことも羽生選手を叩くための材料でしか無いと思いますね。 心から応援してくれてるファンはどれだけいるかわからないですけど、 少なくとも現地に応援にいくような熱いファンは少なく、 他選手を中傷しながら宇野選手上げをする悪質ばかりが目立っているのは間違いないですね・・・。 pikoさま 私への返信は気にしないでください。 配慮に欠けるけど、海野さんて方はとらももが悪質と知らないんでしょう。 彼女がリツイートしてる中でひうらさとるさんは羽生選手の金にかなり喜んでたから、海野さんが非難されるのは少しかわいそうかもしれません。 コメントですごく怒ってる方がいますが漫画家さんにも色々いらっしゃいます。 久保ミツロウはこじらせ系で王道主人公タイプはナナメに見たい人なのかも。 彼女が何か言ったところで賛同する人がいるかは?イラストは有名なドリフト漫画のパロディかららしく、私は不快感は感じませんでした。 最近はミッツさんの方が嫌ですね。 本人は愛があるいじりだと思ってそう。 小川彌生は最悪です。 もう3年以上たちますがあれはかなり性根の腐ったデーオタです。 今頃また蒸し返されるかもって心配してるかもしれません。 ネットはなかなか消えないから。 とらももさん、同じ真央ファンでずっとフォローしてましたが、オリンピック後から悪質アンチ全開になられてびっくりしています。 さすがに真央ファンを名乗るのを止めて欲しいですが、自分は正しいと思ってるようなので無理なんでしょうね...。 以前から一日中 あれは正しいこれはどうかと他人の評価ばかりされる方だっので息苦しい人ではありましたが、さすがに血の滲むような努力をしてきたアスリートを思い込みだけで叩くのを見るのは残念です。 モラハラ気質のある人なんでしょうね。 羽生さんに関してはハビエルやオーサーのインタビュー読めばどんな選手なのか詳しくわかりますが、彼女はカメラに映ったもの(それも都合の良い部分を切り取って)を証拠にアンチ活動していますねぇ。 視野が狭いなぁと。

次の

「真央ちゃん」のYahoo!検索(リアルタイム)

浅田真央ツイッターとらもも

スポンサーリンク 漫画家 海野つなみ 悪質とらももの宇野昌磨上げツイRT 漫画家の海野つなみが悪質で有名な「とらもも」の宇野選手上げのツイをRTしてたとか。 怪我で苦しみ練習できなかった羽生結弦を下げるツイを平気でRT。 十分な休養やら練習期間やら頭おかしすぎる思考だな。 捏造入れながら拡散するという醜くて最低な行為。 応援してるのってこんな奴らばかりだね・・・。 今回漫画家という影響力ある人物が拡散したことでRTも伸びてるみたいだけど、所詮負け惜しみの馬鹿どもなので放置で良いと思うよ。 宇野選手本人は五輪に興味もないみたいだし、周りの人間が苦しいフォローしたところで変わらない。 見逃し爆盛りの疑惑の銀メダルだということは大半のスケオタはわかってることなのでね。 せいぜい悪質どもだけでぐるぐる回してろ。 とらももさんって、やっぱりこんな風になってしまったのですね。 この方がヨナのジャッジに物申す真央さん応援ブログを書いてた頃はずっと読んでました。 その頃のご自分が間違いではないのだとすると、このツイートは矛盾に満ち満ちてます。 じゃあ全てをこなしたソチシーズンの羽生氏はどう評価?一方の高橋氏は? ご自分はスケオタとして公平に全ての選手の事を見ているのだと主張してた割には、羽生氏が頭角を現しだした頃から偏りだして、高橋氏も普通に応援してた私ですが、段々疑問を感じるようになっていきました。 実に醜い。 悪質達は恥を知れと言いたいです。 そういえば、漫画家の石田スイ氏が羽生氏へのお祝いイラストをツイッター公開した時に「宇野君もお願いします!」とお願いしてる人がわらわら湧いてたのを見て、ド厚かましいなぁと思ってました 笑 はじめまして。 記事読ませていただいて、色んなモヤモヤが晴れました。 とらももさん、やはり悪質アンチにまで成り下がってしまったんですね…。 バンクーバー後の色々な騒ぎの中とらももさんのサイトのたどり着いた時は、こんなことが起こっていたのか…と愕然としたことを覚えています。 なのでしばらくは彼女を支持しておりました。 羽生選手のこともジュニアの世界選手権のあたりまでは一緒に優勝した村上選手よりも買っていて、次世代を担うスケーターとして好意的に書いていたことを覚えています。 それが世界選手権で3位になり、オーサーコーチに変更になった途端雲行きが怪しくなり…。 彼女がめちゃくちゃ貶していたパトリック選手に魅力を感じていたこともあって、段々フェードアウトしていきましたが…そうですか、今はこんなことを言っているのですね。 思えば、不正ジャッジ云々も、ただ自分のお気に入りの選手達が勝てないことへの難癖だったのだと思います。 女子のことはともかく、男子の高橋選手下げにはピンときませんでしたから。 PCSをパトリック・チャンシステム、なんて揶揄していましたが、PCSが出るのは当然だと思っていましたし。 羽生選手への言葉も、ただのやっかみにしか思えません。 お気に入りが成し得なかったことをしているから(怪我からの五輪金、連覇など)嫉妬心で叩いているのがよくわかります。 宇野選手のことも、本当に心から応援しているわけではないんでしょうね…。 可哀想な人達です。 Rさま コメントありがとうございます。 とらももはキム・ヨナのオーサー関連で羽生選手の叩きが始まったんですね。 >PCSをパトリック・チャンシステム、なんて揶揄していましたが、PCSが出るのは当然だと思っていましたし。 そうですね。 技術的に彼のPCSが高いのは納得できます。 だからこそスケカナでなぜ宇野選手にPチャンより上のPCSを出したのか・・・・。 話がそれましたが、とらももや悪質マオタは結局嫉妬で羽生選手を叩いてるのでしょうね。 まぁ宇野選手のことも羽生選手を叩くための材料でしか無いと思いますね。 心から応援してくれてるファンはどれだけいるかわからないですけど、 少なくとも現地に応援にいくような熱いファンは少なく、 他選手を中傷しながら宇野選手上げをする悪質ばかりが目立っているのは間違いないですね・・・。 pikoさま 私への返信は気にしないでください。 配慮に欠けるけど、海野さんて方はとらももが悪質と知らないんでしょう。 彼女がリツイートしてる中でひうらさとるさんは羽生選手の金にかなり喜んでたから、海野さんが非難されるのは少しかわいそうかもしれません。 コメントですごく怒ってる方がいますが漫画家さんにも色々いらっしゃいます。 久保ミツロウはこじらせ系で王道主人公タイプはナナメに見たい人なのかも。 彼女が何か言ったところで賛同する人がいるかは?イラストは有名なドリフト漫画のパロディかららしく、私は不快感は感じませんでした。 最近はミッツさんの方が嫌ですね。 本人は愛があるいじりだと思ってそう。 小川彌生は最悪です。 もう3年以上たちますがあれはかなり性根の腐ったデーオタです。 今頃また蒸し返されるかもって心配してるかもしれません。 ネットはなかなか消えないから。 とらももさん、同じ真央ファンでずっとフォローしてましたが、オリンピック後から悪質アンチ全開になられてびっくりしています。 さすがに真央ファンを名乗るのを止めて欲しいですが、自分は正しいと思ってるようなので無理なんでしょうね...。 以前から一日中 あれは正しいこれはどうかと他人の評価ばかりされる方だっので息苦しい人ではありましたが、さすがに血の滲むような努力をしてきたアスリートを思い込みだけで叩くのを見るのは残念です。 モラハラ気質のある人なんでしょうね。 羽生さんに関してはハビエルやオーサーのインタビュー読めばどんな選手なのか詳しくわかりますが、彼女はカメラに映ったもの(それも都合の良い部分を切り取って)を証拠にアンチ活動していますねぇ。 視野が狭いなぁと。

次の

浅田真央さんの紹介に「JAP」国際スケート連盟が謝罪

浅田真央ツイッターとらもも

こんにちは。 Mao Thanks Tour、略してMTTのレポート、2回目です。 まず、個別のプログラムの話の前に、今回の新潟公園の会場の全体図をご紹介しますね。 簡単に書くと以下の感じでした。 但し、A席やB席の列数は定かではありません・・・。 もちろん、会場によって、選手の出入口の位置が変更になったり、座席の設営位置も違ってくる可能性は高いと思います。 今回はスケーターの出入口が、ショートサイドの真ん中で、一方を完全に使ってしまう形になっていて、その上にモニターが一箇所だけ設置されていましたので、西側には席はありませんでしたが、例えば、スケーター出入口をリンクの角に作って、モニターをショートサイド、上方の2箇所に設置できれば、両方のショートサイドに席を設営することも可能だと思います。 その際は、真央ちゃんによる演出の微調整もあったりするかも知れません。 ショーに関して、何から何まで関わらなければならないわけですからセルフプロデュースって、本当に大変ですよね。 自分は、今回、初演はロングサイド南側の氷上Sで東よりの席で、楽公演はショートサイド東側のS席の、かなり後方の真ん中辺りで観ました。 本当に会場自体が狭いので、どの席でも臨場感は味わえますし迫力満点なのですが、敢えて、自分の最も観てみたい場所を挙げるなら、やはり、 ショート正面のど真ん中、できれば一列目 ですね。 やはり、去年のTHE ICEでも、そうでしたが、アイスショーって、オープニングやエンディング、そして群舞などでショート正面に向かって、スケーター達が滑っていってアピールするような振り付けが多いですからね。 今回のショーも、氷上席を相当設けているから当然なのですが、その分、リンクは狭くなっているわけで、その条件下で、ジャンプを跳んだり、スピード感を出すためには、距離の長い方を移動する振付けが多くなるのかも知れません。 それと、今回、ショートサイドは12列ありましたが、段差があまりない(10cmくらい?)ので、後ろの方の席だと、手前は見切れます。 もちろん、初演を観た ロングサイドの氷上席も、スケーターの表情までくっきり見える近さで大満足でした。 でも、今回、氷上席は3列あったのですが、1列目と2列目には段差がなくて、3列目だけに段差が設定されていたので、3列目の人の方が、2列目の人よりも観やすかった面はあったと思います。 まあ、こういった席の段差も会場によって変わるかも知れないので何とも言えませんけどね。 そして、 2階席のB席は、最前列から2列目辺りまで?は透明なアクリル版を通して観る形になるものの、それ以降の列は、そんなに遠くない高い位置から、リンク全体を観ることが出来て、群舞の動きもバッチリ見えて、かなり快適だったとか・・・。 あと、 A席も十分リンクに近いのですが、ここには雪の結晶やらスケート靴やらの柄が、所々にプリントされているアクリル版越しに演技を観ることになるので、席によっては、その柄が邪魔になるところもあったようです。 常設リンクって、アイスホッケーにも利用できるように、こうしたアクリル版が設置されている場合が殆どだと思いますので、氷上席でない場合は、そのアクリル版越しに演技を観ることになる可能性は高いと思います。 それを避けたいなら2階席の設定があれば、2階席の方が良いのかも知れません。 まあ、新潟のアリーナには、2階席にもアクリル版ありましたけどね・・・。 そして、最後に 「見切れ席」ですが、今回は、 「モニターの画像が見切れる」 ということで、ロングサイドの西側寄りの端っこの席が「見切れ席」として売り出されたようです。 確かに、今回のショーは、オープニングだけでなく、プログラムの合間にも、何回か映像が流されて、そのモニターに映る映像はショー全体の流れの中で重要な役割を担っていますので、ここを「見切れ席」としたんでしょうね。 先ほども書きましたが、両方のショートサイドにモニターを設定できる会場であれば、見切れ席もなくなるということなんでしょうけどね。 ショートサイドの時に遠くから見たので、100%自信があるわけではなく、もしかしたらスタッフさんが渡していたのかも知れませんが、真央ちゃんにステッキを渡すタイミングが、全くズレてたので、多分、お客さんが渡してたと思います。 これも、恐らく一番端っこの席の人でしたね。 まあ、それが無くても、真央ちゃんが帽子かぶって、リップ塗って、ステッキ忘れた、おっとっと!を目の前でやってくれるだけでも悶絶ものですよね。 初演は、真央ちゃんが大好きな、 小さなお子さんでしたが、楽公演の時は 大人の男性でしたね。 そして、ここは2公演とも、何故か、 一番端っこではなく、端から 2番目の席 だったんですよね。 初演の時は、真央ちゃん、子供大好きだから、一番端っこの大人でなく、端から二番目の子供の所に行ったんだなと思ってましたが、楽公演でも、躊躇なく2番目の男性のところに行きましたので、 投げキッスは端から2番目の人! と決めているのかも????知れません。 いずれにしても、 この3つのうち、どの席にいても、自分が正気を保てる自信がありません! いや、 近くの席にいるだけでも危ないかも・・・。 真面目な話をしますと、こうしたロングサイドの端っこって、同じ側の端っこの演技が見切れてしまうので、そうした端っこの席の人に、真央ちゃんが配慮して、多くの悶絶ポイントを設定してくれてるのかも知れないと思ったりしました。 そう言えば、群舞が始まる時に男性CASTが、4隅から出て来て、ポーズを取ってスタートする演出もありましたしね。 もちろん、席が取れるだけ、ショーが観れるだけで幸せで、こうした席を狙って取れるわけではありませんが、今後、公演に行けることになって、会場で席についた時に、万が一、この 悶絶注意席だったら、しっかりと、 「心の準備」 をすることをお勧めします(笑)。 (追記) 尚、上にも書きましたが、選手出入口、モニター、座席配置など会場の設営状況、そして、何より真央ちゃんの、その時々のアレンジによって、悶絶席は一定の位置でない可能性が高いことはご認識ください。 当ブログは、あくまでも新潟の2公演だけを観て書いたものであり、今後の公演における当該座席の優位性を何ら保証するものではありません! その3につづくのかな・・・?.

次の