レモネード 作り方。 【ヒルナンデス】レモネードの作り方、家庭でも真似できる春のキッチンカーグルメレシピ(4月2日)材料3つで簡単

レモネードの作り方やアレンジレシピまとめ

レモネード 作り方

【目次】レモネードの作り方やアレンジレシピまとめ レモネードって? レモネード(lemonade)は、lemon+adeという2つの単語が組み合わされて作られた単語です。 「ade」という単語は「果汁、砂糖からできたシロップを水で割ったソフトドリンク」という意味を持っているので、レモネード(lemonade)は、レモン・砂糖から作ったシロップを水で薄めたドリンクということになります。 日本においては、レモンとはちみつ、砂糖を加えて作ったレモネードがよく飲まれています。 炭酸水やお湯・お酒で割って飲める• 程よい甘さとスッキリとした酸味• 美容や健康に良いと言われているビタミンCを豊富に含んでいる 主に季節・年齢・性別問わず好まれているドリンクの1つです。 レモネードの効果って? レモネードが美容や健康に良いといわれる理由はその材料の「レモン」と「はちみつ」が関係しています。 レモネードに使われているレモンには、ビタミンCをはじめとする美容・健康・ダイエットに効果的な栄養素や成分が含まれています。 また、はちみつも栄養素が豊富であり、風邪予防や抗酸化作用、免疫活性化などさまざまな効果があることで知られています。 炭酸で割ったり、お湯で割ったりなど飲み方によって期待できる効果も変わってきます。 ただ、レモネードの摂取だけで即効性が期待できたり、疾患が治るわけではありません。 逆に飲みすぎることで体に負担を与える可能性もあります。 バランスの良い食生活をはじめ、運動も取り入れながら、適度な量を守って飲むことが大事です。 健康面で不安なことがある場合は、必ず病院に相談するようにしましょう。 美容効果 レモンに含まれているビタミンCには、美容に対してさまざまな作用があることが分かっています。 お薬ではないので強い効果はありませんが、次のような効果を期待することができます。 抗酸化作用 ビタミンCは、お肌の老化・くすみ・ソバカスの原因となる「お肌の酸化」を抑える作用(抗酸化作用)があります。 日々、私たちの体は呼吸や周囲の環境、食事などの影響で活性酸素を発生しています。 この活性酸素は少量は体にとって必要ですが、過剰になると細胞を錆びつかせて老化・ガン化などの悪影響をもたらします。 ビタミンCには、活性酸素による錆つきを防ぐ抗酸化作用があります。 しかも、体内では産生できないビタミンなので毎日補給することが大切です。 老化防止、シミ・くすみ予防、ニキビ予防が気になる方は積極的に取り入れましょう。 コラーゲン生成を促す ビタミンCには、体の3分の1を構成している弾力成分であるコラーゲンの生成を促す作用があります。 皮膚の下を支えているのがコラーゲンであり、ビタミンCはその生成に欠かすことができません。 ビタミンCを継続的に摂取することで肌の弾力が高まり、シワやたるみを防ぐことができます。 年齢による肌変化はコラーゲンの減少が大きく関係しているので、アンチエイジングにもビタミンCの補給が欠かせません。 メラニン色素の生成を抑える レモンにはメラニン色素を作り出す元となる「チロシナーゼ」という酵素の活性を抑える作用があります。 メラニンは、大量の紫外線を浴びると肌を守るために体内で生成される黒っぽい色素です。 過剰にメラニンが生成されると肌が黒く焼けたり、シミ・くすみなどの原因となってしまう憎い存在です。 ビタミンCには、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑える効果があるため、日焼けや美白対策する方の強い味方です。 さらに、ビタミンCにはすでに生成されてしまったメラニン色素を薄くする作用があることも分かっています。 ビタミンCは水溶性で体内に貯めることができない性質を持っています。 私たちの体内で合成することもできません。 毎日飲み物や食事、サプリなどから、こまめに補給していくことが大切です。 疲労回復効果 レモンの酸っぱさのもとである「クエン酸」は、疲労回復に役立つ酸味成分として知られています。 よく体が疲れると「乳酸が溜まる」と言いますが、クエン酸にはこの「乳酸」を分解する働きがあります。 クエン酸が存在することで、体のエネルギーを生み出す回路が活発に回るようになります。 さらに、ミネラルの吸収を助けて新陳代謝を促す作用や抗酸化作用を助ける働きがあり、さまざまな方向から疲労回復を促してくれます。 夏バテで疲れた体や仕事で疲れたときなどにレモネードを飲むと身も心も癒されてリフレッシュできますよ。 リラックス効果 レモンの香りのもとであるリモネンは、柑橘系の植物が持っている精油成分です。 リモネンにはリラックス効果があり、活性化しすぎた神経を落ち着かせてくれる作用があります。 寝る前にリモネンの香りを嗅ぐとリラックス効果により安眠しやすくなります。 また、レモンに含まれるビタミンCにはストレスを解消する作用があります。 ビタミンCはストレスに対抗するためのホルモンの合成にも使われているためです。 そのため、ストレスが多いとビタミンCが大量に消費されてしまいます。 ストレスを感じやすい人、溜め込みがちな人こそ、レモンのパワーを味方につけましょう。 風邪予防 ビタミンCが風邪の予防に良いという話は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 風邪のほとんどはウイルス感染が原因であり、ビタミンCはウイルスと直接および間接的に戦います。 また、風邪やインフルエンザなどの感染症に対する抵抗力を高める働きもあります。 風邪をひくと大量にビタミンCを消費してしまうので、温かいレモネードで栄養補給しながら温まると良いでしょう。 ダイエットの補助 海外セレブの間で「レモネードダイエット」なるものが流行っていることをご存知ですか? レモネードダイエットはデトックス目的の断食であり、マスタークレンズダイエットとも呼ばれています。 なぜ、レモネードにダイエット効果があるのかというと、空腹な状態でレモネードを飲むことにより腸内がきれいになりデトックスが促されること、また単純に断食により摂取カロリーが抑えられることなどが関係しています。 さらに代謝を上げるためには、ショウガを一緒に漬け込んだレモネードを作るのもおすすめです。 体も温まり血行促進効果が期待できます。 レモンに含まれるクエン酸が糖質の代謝を高めることもレモネードのダイエット効果の一つです。 しかし、レモネードは同時に糖質も摂取することになるので、飲みすぎると逆効果となるため要注意です。 冷え性の予防 食事の偏りやストレス、運動不足になりがちな現代では、冷えに悩んでいる人が非常に増えています。 特に熱を生み出す筋肉が少ない女性では冷えを抱えやすい傾向があります。 冷え性が生理痛や肩こり、手足の冷えなど様々な体調不良の原因になっている人は意外と多いです。 レモンに含まれるエリオシトリンという成分には、末梢の血管を広げて血流をよくする作用があります。 さらに、レモンの他にショウガやカルダモン、シナモンといったスパイスを一緒に使うことで、より温め効果がアップします。 炭酸水で割って飲めば、炭酸効果により血流が良くなる効果が期待できます。 冬場はお湯やお酒などで割って飲むと、お腹からポカポカとしてきますよ。 レモネードの作り方 レモンが美容や健康に効果を期待できることがわかったところで、さっそく自家製レモネードを作ってみましょう。 レモネードの定番レシピ <材料>• レモン 3個• 氷砂糖 150g• はちみつ 60〜70g• レモンを薄く輪切りにします• の手順を3回繰り返します• 最後に残ったはちみつを上から垂らします• より美容に効果的なレモネードのレシピ マスタークレンズダイエットという、プチ断食ダイエットにも用いられているレモネードのレシピをご紹介します。 <材料>• ミネラルウォーター 300ml• レモン汁 大さじ2• メイプルシロップ 大さじ2• 唐辛子パウダー 小さじ10分の1 <作り方> 材料を容器に入れて混ぜるだけで完成です。 マスタークレンズダイエットって? 今回ご紹介したレモネードのレシピは、マスタークレンズダイエットという、1〜3日間レモネードと塩水だけで行うプチ断食ダイエットで利用されているレモネードです。 固形物を1日〜3日間取らないことで、消化器官や内臓を休ませ活性化を促し、老廃物の排泄を促すという美容方法の1つ(ファスティング)とほぼ同じ理論です。 週末や連休など短期間で簡単に導入できるというメリットがあります。 <マスタークレンズダイエットで必要なもの>• 上記で紹介したレモネード• (2)断食期間 朝起きたら、塩水を1リットル飲みます。 塩水を摂取することで腸内洗浄・デトックス効果を高める効果を持っているので、朝一度に1リットル飲むのが好ましいとされていますが、きつい場合は無理せず、少しずつでいいので飲みきるようにしましょう。 その後は、1〜2時間おきに300CCのレモネードを飲みます。 断食の期間は体調に合わせて1〜3日くらいを目安に行うと良いでしょう。 (3)断食終了後 断食期間が終了したからといって、好きなものを好きなだけ食べてはいけません。 せっかくお休みしていた内臓がびっくりして消化不良を起こさないよう、まずは消化の良いものから摂取するようにしましょう。 グリーンスムージーや野菜を柔らかく煮込んだ温かいスープ、すりおろしたりんごなどのフルーツからスタートさせ、おかゆやよく煮込んだうどんなど、消化の良いものを食べてから、少しずつ通常の食生活に戻るようにしましょう。 ダイエットのポイントは、無理をしないということが大切です。 なかなか断食を続ける時間が取れない場合は、まずは朝の塩水とレモネードの摂取からでも挑戦してみましょう。 これだけでもデトックス効果を期待することができます。 また、マスタークレンズダイエットの注意点として、毎日やれば良いというわけではありません。 内臓を休ませてリセットするという目的があるので、メリハリをつけて定期的に取り組みましょう。 初心者の方は特に体調をみながら無理をせずに行うようにしてください。 また、もし体調に異変を感じた場合は必ず近くの病院に相談するようにしましょう。 レモネードのアレンジレシピ レモネードシロップを作ったら、お水や炭酸水・お湯で割って楽しむのはもちろん、工夫1つでさらに美味しいレモネードができます。 ここでは、レモネードのアレンジレシピを紹介します。 ミックスベリーレモネード ミックスベリーをトッピングしたレモネードです。 レモンの酸味とベリーの甘酸っぱさがマッチし、暑い日に飲みたくなく1杯です。 レモネードシロップ 適量• お好みのベリー類 適量• 炭酸水 適量• ミント 少量 <作り方>• レモネードシロップ1に対して2倍の炭酸水でレモネードを作ります• ミントを飾って完成 2. ピンクレモネード レモネードシロップをピンクグレープフルーツの果汁で割ったドリンクです。 ピンクグレープフルーツジュースでも代用できますが、レモネードシロップに甘さがついているので、グレープフルーツを絞った果汁を使うとよりすっきりとした甘さのジュースに仕上がります。 レモネードシロップ 100ml程度• グレープフルーツ果汁 200ml程度• レモネードシロップのレモン 適量 <作り方>• レモネードシロップをコップに注ぎます• 絞ったグレープフルーツ果汁を1. のコップに注ぎます• レモネードシロップに入っていたレモンの輪切りを飾って完成 3. レモネードシロップの甘さがワインの渋みをやわらげてくれるので、ワインが苦手な人でも飲みやすいお酒になっています。 赤ワイン 適量• レモネードシロップ 適量• レモンシロップのレモン 適量• 1対1になる割合がベストです。 <作り方>• レモネードシロップをグラスに注ぎ、氷を入れます• 赤ワインを1. レモンシロップのレモンを飾りつけたら完成です 4. レモネードと炭酸で割っているので、スミノフのアルコール度数が高くてちょっと苦手…という方でも飲みやすい1杯になっています。 スミノフ 30ml• レモンシロップ 20ml• 炭酸水 60ml• レモンシロップのレモン• 氷 適量 <作り方>• グラスに氷とスミノフを注ぎます• レモンシロップと炭酸水を1. のグラスに注ぎます• レモンシロップのレモンをグラスに飾りつけたら完成です 5. ビールの苦味がレモネードシロップの酸味と甘さで緩和されるので、ビールが苦手な方にも飲みやすいお酒になっています。 また、レモネードで割ることで、通常のビールよりも透明感があることが特徴のアルコールドリンクです。 ビール 適量• レモンシロップ 適量 <作り方>• グラス半分までビールを注ぎます• 残り半分にレモネンシロップを追加して完成です ビールとレモンシロップが1対1になるように調整することと、ビールとレモンシロップを混ぜたらかき混ぜずに飲むことを意識すると良いでしょう。 レモネードの元であるレモンシロップはドリンクだけでなく、さつまいもの甘露煮、チーズケーキ、レモンゼリーなどにも使うことができます。 レモンシロップに既に甘さがついているので、余分なお砂糖を加える必要もありません。 もっと簡単に飲みたい!レモネード専門店が誕生 レモネードを自分で作るのもいいけれど、「もっと手軽に簡単に飲みたい!」と思う方におすすめなのが、レモネード専門店としてオープンした「LEMONADE by Lemonica」。 東京都内だけでも以下8店舗があります。 下北沢• 竹下通り• 渋谷ストリーム• 八王子OPA• オリナス錦糸町• 原宿神宮前• ららぽーと立川立飛• コピス吉祥寺 オリジナルのレモネードを使ったメニューが豊富で、インスタ映えも狙えるおすすめなレモネード専門店です。 には店舗一覧も掲載されているので、レモネードが飲みたくなったら近くの店舗に行ってみるのも良いかもしれません。 年齢・性別問わず人気のレモネードについて、その効果や美容法、レシピを紹介してきました。 ぜひあなたもオリジナルのレモネードレシピを見つけてみてください。

次の

自家製レモネードの人気レシピ集!簡単な作り方から話題のアレンジレシピまで!

レモネード 作り方

(絞りやすく汁もたくさん出ます。 レモン汁(今回は200mlある)の4分の1(50g)の量の砂糖を量り、小鍋に入れておく。 容器に移し冷蔵庫で冷やします。 スライスしにくい端っこの方は、無理にスライスしなくても搾っておく。 )、そのまま少し置く。 時々瓶を回したり、蓋を開けてレモン全体が果汁に染み込む様にする。 強火で沸騰させます。 灰汁と一緒に細かい汚れなども浮いてくるので丁寧に取り除きます。 灰汁が取れたら砂糖を入れます。 沸騰したら中火に落とします。 5分くらい煮込んだら、とろ火に落とします。

次の

レモネード専門店から学ぶ美味しいレモネードの作り方

レモネード 作り方

このレシピでは、レモンシロップを手作りで作り、そのレモンシロップを活用してレモネードを作るというレシピになっています。 それではレモンシロップを作って行きましょう。 まず、レモン3個の革を塩で擦って洗っていきます。 洗ったあとのレモンは、よく水気を切っておきましょう。 洗ったあとのレモンは、上下のヘタの部分を切り落とします。 続いて、薄い輪切りにしていきましょう。 レモネードに使用する瓶を洗って、水気を切ります。 水気をしっかりと切ったらアルコールで吹いて殺菌します。 瓶を殺菌したら、先程のレモンの薄切り、氷砂糖を交互に入れてはちみつ50gを入れましょう。 常温において、時々振りながらおいておき2日後には完成です。 完成したレモンシロップ大さじ2を、炭酸水100mlほどで割ったら美味しい自家製レモネードの完成となります。 まず、れもんは両端を切落して、真ん中部分で5ミリ以下の輪切りを飾り用に1枚スライスします。 残りの皮をはずしたら、千切りにしていきましょう。 続いて、鍋に水大さじ3と、ココナッツシュガー大さじ5を入れたら弱火で溶かしていきましょう。 ココナッツシュガーを溶かしたら、レモンの皮を全部入れていきます。 レモン果汁を小皿に絞っておきましょう。 炭酸水を加えて、先ほどカットした飾り用のレモンの輪切りを飾り付けて完成となります。 ココナッツシュガーは血糖値が上がりにくく、体への負担もかかりにくいので体に優しいレシピとなっています。 まずは、レモン中サイズのもの3個を絞っておきましょう。 絞ったレモン汁は、そのまま使用しても良いですし濾して使用しても大丈夫です。 熱湯800mlと砂糖大さじ3、そしてはちみつ大さじ3とをよく混ぜ合わせ、溶かしていきましょう。 熱湯が熱いので、そのままおいて冷ましておきます。 続いて、ラズベリーを濾していきましょう。 果肉と、ジュースを絞ったレモン汁とを併せていきます。 2のものが冷めたら、3を混ぜ合わせて出来上がりです。 グラスに氷をたっぷり入れて、出来上がったレモネードを注いでいったら完成です。 ラズベリーのベリー感とレモンのさっぱりカントを楽しむことが出来るレモネードになっています。 まず、小さいお鍋などに水1カップ、そして砂糖1カップとを火にかけたら、砂糖が溶けるまで温めていきましょう。 砂糖がしっかり溶けたら、1カップ分のチェリーを加えて、チェリーが柔らかくなるまで2から3分ほど沸騰させていきましょう。 沸騰させたら、火からおろして冷やしていきます。 チェリーのシロップが冷えたら、大きいボトルなどに入れます。 この時、裏ごし器を使用して果汁だけが入るようにしましょう。 裏ごし気に残った分は、今回のレシピでは使用しません。 他のレシピに活用してみても良いかもしれません。 ポッカレモンなどのレモン果汁1カップと冷水6カップとを加えて、残りのチェリーを混ぜながら入れたら完成となります。 パーティなどでも人気となりそうな、真っ赤なビジュアルも可愛いレモネードに仕上がっています。 まず、マイヤーレモンを塩でこすりながら良く洗っていきましょう。 そのあと、水洗いしたマイヤーレモンの水分をしっかりふき取っておき、ヘタとお尻を落としていきましょう。 洗ったレモンは、縦半分に切って中心部を縦にV字に切ったらタネをざっとスプーンでとりのぞいていきましょう。 種を取ったら、3ミリほどの半月切りにしていきましょう。 保存したい瓶を熱湯消毒したら、カットしたマイヤーレモン、カルダモン、ブラックペッパー、レモングラス、シナモンスティックの順番に入れていきましょう。 その上から、はちみつを全量かけてひと混ぜします。 そのあと、冷蔵庫で一晩おいたら出来上がりとなります。 皮も美味しく楽しむことが出来るレモネードとなっています。 スプーン1杯を炭酸水、または水で割ると美味しいレモネードとして楽しむことが出来ます。

次の