ゴースト フェイス 対策。 DbD|新キラーゴーストフェイスの対策とその特性とか

【DbD】画面中央でゴーストフェイス見てるのに解除できないんだが

ゴースト フェイス 対策

ゴーストフェイスの主な戦略 ゴーストフェイスの主な戦略は、物陰からサバイバーを凝視することで、自身の能力を向上させ、サバイバーに奇襲をかけます。 マイケルと似たような戦い方になるのですが、現状ではゴーストフェイスの方が使いやすいことからマイケルの上位互換とも呼ばれています。 徒歩キラーの中では、操作性や使いやすさともに強さの上位に位置するキラーです。 詳しい能力 能力ゲージが満タンの状態で能力ボタンを押すと、闇の包容が発動する ・闇の包容の発動中は、ゴーストフェイスの脅威範囲がゼロになり、視界を示す赤い光が消滅する。 ・通常攻撃を行うと能力ゲージが完全に空になり、闇の包容が解除される ・ゴーストフェイスの近距離内にいる生存者は、ゴーストフェイスの姿を画面中央に1. 5秒捉え続けることでゴーストフェイスを発見することができる。 これを行うと能力ゲージが完全に空になり、闇の包容が解除され、ゴーストフェイスには発見者の位置が短時間通知される。 闇の包容発動中に能力ボタンを長押しすると、見つめた獲物をつけ回し、標的のゲージを貯める。 遮蔽物の後ろで能力ボタンを長押しすると身を乗り出して覗き込み、速度が上昇したつけ回しを行う。 ・標的のゲージが完全に貯まり切ると標的にマークをつけ、無防備効果を付与する。 無防備状態で45秒が経過するかもしくは無防備状態の標的に攻撃を当てるとマークは消え、対象のゲージは0に戻る。 アビリティ発動のボタンを押すとしゃがむ。 再度ボタンを押すと立ち上がる。 ・しゃがみ中はゴーストフェイスの移動速度が少し遅くなるが、露出面積が減り発見されづらくなる。 atwiki. html 「闇の包容」と呼ばれる能力を使うことで、狙いを定めた相手を一撃でダウンさせることができます。 一撃でサバイバーをダウンさせるためには、能力を発動して一定時間サバイバーを凝視する必要があります。 能力発動中に通常攻撃すると、溜めた凝視ゲージがリセットされてしまったり、逆にサバイバーに見つかり続けることで能力が解除されてしまいます。 いかに隠密しながら凝視し続けることができるかが勝負になるキラーです。 ゴーストフェイスの主なパーク構成 ゴーストフェイスは、チェイス系パークと発電機遅延系パークと相性が良いです。 「闇の包容」で一撃ダウンできるようにした後のチェイス時間を短縮するために搭載するパークです。 徒歩キラーは、板グルを嫌うので、よく搭載している方がいます。 徒歩キラーは、このパークがないと現環境はかなり苦しいです。 このパークを所持しているのであれば、搭載しない理由はないでしょう。 Pop Goes The Weasel(イタチが飛び出した) 生存者をフックに吊るすと効果発動。 毎回吊るした後から1台目の発電機の破壊行動のみ有効。 このパーク効果は40・50・60秒の時間制限がある。 引用 サバイバーをフックに吊るした後、発電機を破壊すると修理ゲージを大幅に減らすクラウンの固有パークです。 ゴーストフェイスは、サバイバーからの隠密や奇襲に特化した能力が持ち味なため、あまり発電機遅延する術を持っていません。 イタチが飛び出したを使用することで、大きく発電機遅延にさせることができます。 闇の包容で一撃ダウンさせ、すぐフックに吊るしてイタチが飛び出したを発動できるので、使用者はかなり多いです。 生存者に対しその窓を8・12・16秒間封鎖する。 封鎖される窓は1つのみで、別の窓を越えるとその窓が新たに封鎖する。 引用 窓や障害物を超えた際にそのオブジェクトを封鎖するクラウンの固有パークです。 先ほどの「野蛮な力」でもチェイス時間短縮の説明しましたが、いかに早く能力を使用してダウンさせるかが勝負のカギとなるキラーです。 徒歩キラーにとって小屋チェイスは、絶望そのものなのですし能力に制限時間があるので、まやかしの使用率はかなり高いと思います。 対ゴーストフェイスへのサバイバー側の立ち回り ゴーストフェイスへの効果的な立ち回りは、下記のとおりです。 周囲の警戒を怠らない• チェイスになったら相手の方を向きながら視線を切る• 凝視ゲージが溜まってしまったら、余裕をもってパレットを使いながらゲージ切れるまで粘る 周囲の警戒を怠らない 相手がゴーストフェイスだと確信したら、いついかなる時も監視されていることを肝に銘じておく必要があります。 少しでも隙を見せてしまうと、凝視ゲージをガッツリ溜められて、至近距離まで詰められて奇襲を容易にさせてしまいます。 特に発電機の修理している最中は、意識がスキルチェックに集中しがちなので、細心の注意をはらいましょう。 チェイスになったら相手の方を向きながら視線を切る 相手に見つかったら、すぐにその場を離れてチェイスに持ち込みましょう。 チェイスに持ち込む理由は、凝視状態から撒くのは、少し難しいからです。 ゴーストフェイスの凝視可能距離は、約40m近くでバベチリの範囲外距離と同じくらいの長さなので、距離を取ってもなかなか撒くことができません。 チェイスに持ち込んだら一定距離を保ちつつ、マップ中央辺りで相手の動きに注意しながら視線を切りつつチェイスします。 マップ中央でチェイスする理由は、ゴーストフェイスの能力「闇の包容」を味方に解除してもらいやすくするためです。 相手の方を向きながらチェイスするときは、前方のオブジェクトに引っ掛からないように注意しましょう。 凝視ゲージが溜まってしまったら、余裕をもってパレットを使いながらゲージ切れるまで粘る もし凝視ゲージが溜まって一撃ダウン状態になってしまったら、ノーワン状態とほぼ同じ状況になるので、危ないチェイスは避けましょう。 ラグが少しでもある部屋だと、パレットを倒した後のタイミングで攻撃されても当たってしまう判定が多々あります。 ラグがない部屋を選ぶのは当然ですが、ロビーのping値が良くてもマッチング後にラグが発生することもあるので、注意です。 そもそもゴーストフェイスは、他の板グル拒否キラー(プレイグやクラウンなど)と比べて板消費スピードが遅いので、節約する必要もない気がします。 対ゴーストフェイス向けオススメサバイバーパーク Spine Chill(凍りつく背筋) 36m内にいる殺人鬼がこちらを向いている場合、パークが反応する。 「凍りつく背筋」の効果適応範囲(英語wikiから):修理・破壊・治療の他、フック救助&脱出、窓枠板の乗り越え、箱の調査、脱出ゲート開放、トーテム破壊、ジグソウボックスの調査、狂気の解消にも適応される。 なお瀕死状態での回復には適応されない。 引用 一定距離以内にいるキラーが自分の方向を向いているときに通知する共有パークです。 先日行った「」でリスナーさんとお話した時に、便利なパークだと教えてもらいました。 実際に何度か使ってみましたけど、かなりゴーストフェイスに有効なパークです。 心音は消せるが視線をこちらに向けないと能力を発動できないゴーストフェイスとの相性はばっちりです。 まとめ ゴーストフェイスの対策は、上記のとおりです。 個人的にビジュアルは、とても好きなキラーですけど、敵としてはあまり遭遇したくないキラーです。 理由は、心音が鳴らないことが多いので、常に周囲を警戒するからすごく疲れるからです。 だからもうちょっと使用率が下がって欲しい。 (みんなマイケル使って!).

次の

【DbD】ゴーストフェイスの攻略・立ち回り・対策

ゴースト フェイス 対策

闇の包容の発動中、ゴーストフェイスは探知不可のステータス効果を得る。 通常攻撃を行うと能力ゲージが完全に消耗し闇の包容が解除される。 ・発見 ゴーストフェイスの近距離に居る生存者は、ゴーストフェイスの咆哮を短時間見ることでゴーストフェイスの発見を試みることができる。 発見に成功するとゴーストフェイスの能力ゲージが完全に消耗し、自動的に闇の包容が解除される。 ゴーストフェイスが生存者に発見されると殺人鬼の本能が発動し、ごく短時間の間その生存者の現在の位置が表示される。 遮蔽物の後ろで能力ボタンを長押しすると、身を乗り出して覗き込み、より素早くつけ回しを行うことができる。 生存者のつけ回しが完了すると標的をマーキングし、一定時間無防備効果を付与する。 しゃがみ中はゴーストフェイスの移動速度が遅くなる。 ゴーストフェイスの立ち回り方 隠密重視の立ち回りが重要 ゴーストフェイスはトップクラスのステルス性能が強みだ。 物陰からサバイバーを付け回し、一気に瀕死までもっていくのが基本的な立ち回りである。 そのため、普段の移動も隠密を意識する必要がある。 発電機に近づく際も、マップ中央からではなく、サバイバーの死角から回り込むのを意識しよう。 付け回し活用でチェイス時間短縮 「闇の包容」発動中に能力ボタンを押せば、視界内のサバイバーへの「付け回し」が可能だ。 一定時間付け回されたサバイバーは無防備状態になる。 無防備状態のサバイバーは一撃で瀕死になるので、チェイス時間を大幅に短縮できる。 序盤から積極的に付け回しを狙っていこう。 チェイス中でも付け回しは可能 「闇の包容」が解除されなければ、チェイス中でも付け回しは可能だ。 壁や小屋周りのチェイスになったら、積極的に付け回しゲージを溜めて、サバイバーにプレッシャーをかけていこう。 攻撃を当てるとゲージがゼロになる 付け回しゲージは通常攻撃を当てると即座にゼロになる。 ゲージ満タン直前に攻撃を当ててしまうと、非常にもったいない。 相手のゲージ蓄積状況を見て、攻撃を当てるか付け回しを続けるかを判断しよう。 救助狩りが非常に強力 フック救助中のサバイバーは、確実に無防備にできる絶好の獲物だ。 救助中に無防備にしておけば、救助後のチェイスを有利に進められる。 ゴーストフェイスのおすすめ装備 パーク パーク おすすめポイント 治療中のサバイバーに心音を消した状態で近づけるため、索敵能力と相性が良い 弱点である索敵を補える。 また、発電機近くにサバイバーがいるかを早い段階で察知できる 心音を消す事によって初撃を当てやすいため、「ずさんな肉屋」による治療遅延を効果的に活かせる チェイス強化で無防備時間内に攻撃を当てやすくなる 複数のサバイバーを同時に付け回しやすくなる サバイバーの初動を制限できるため、発電機巡回が遅い徒歩キラーの弱点をカバーできる 発電機修理を遅延できる最強パーク アドオン 監察短縮型構成 アドオン 無防備発動時間短縮 非遮蔽物 無防備時間延長 得られる効果 無防備発動短縮で付け回しの時間を短くする 無防備時間延長で付け回しから一撃瀕死のコンボが決まりやすくなる ゴーストフェイスの特定方法と対策 特定方法 アイコンを囲む赤い円が表示 周囲を常に警戒しよう 視線の通りにくい場所で修理しよう ステルス状態のゴーストフェイスは脅威範囲が消失するため、心音で接近を察知できない。 付け回しを防ぐため、視線の通りにくい位置での修理を意識しよう。 また、ゴーストフェイスが覗いてきそうな場所を常に警戒するのも重要だ。 接近を察知できるパークを活用しよう 「予感」や「凍りつく背筋」などの、 心音に頼らなくても接近を察知できるパークはゴーストフェイス対策になる。 特に「凍りつく背筋」は、必ずサバイバーの方を覗くゴーストフェイスと相性が良い。 付け回しに気づいたらすぐに移動 付け回しに気づいたら、隠れたりせずにすぐ別の場所に移動しよう。 チェイス中の付け回しを回避するため、 視線の切りやすい廃墟や高低差のある建物に逃げ込むのがおすすめだ。 ブロックされている発電機は白いオーラでハイライトされる。 1トークンにつき、追跡中の脅威範囲が4メートル減少する。 オブセッション状態の生存者をフックから救助した生存者は、オブセッション状態になる。 オブセッション状態の生存者が生贄にされるか殺害されると、すべてのトークンを失う。 ・ 複数の生存者が同時にオブセッション状態になることはない。 ウォールアイの紙マッチ レアリティ:common ・闇の包容の能力回復速度が少し上昇する。 見出しの切り抜き レアリティ:common ・つけ回し中の移動速度が少し上昇する。 安物コロン レアリティ:common ・生存者が無防備状態になっている時間が少し増加する。 望遠レンズ レアリティ:Uncommon ・遮蔽物から覗き込んでいない場合、生存者が無防備状態になる速度が少し上昇する。 ・生存者の無防備状態の継続時間が少し増加する。 シンチストラップ レアリティ:Uncommon ・しゃがみ中の移動速度が少し上昇する。 オルセンの日記 レアリティ:Uncommon ・つけ回し中の移動速度がそこそこ上昇する。 オルセンのアドレス帳 レアリティ:Uncommon ・闇の包容の能力回復速度がそこそこ上昇する。 印をつけた地図 レアリティ:Uncommon ・殺人鬼が発見されると、殺人鬼の本能が視える時間がそこそこ増加する。 オルセンの財布 レアリティ:Rare ・つけ回し中の移動速度がかなり上昇する。 革製ナイフシース レアリティ:Rare ・しゃがみ中の移動速度がそこそこ上昇する。 持続性のある香水 レアリティ:Rare ・生存者が無防備状態のまま継続する時間がそこそこ増加する。 ナイフ用ベルトクリップ レアリティ:Rare ・遮蔽物から覗き込んでいない場合、生存者が無防備状態になる速度がそこそこ上昇する。 噛み跡のついたペン レアリティ:Rare ・闇の包容の能力回復速度がかなり上昇する。 詳細な犠牲者の日課 レアリティ:Very Rare ・殺人鬼が発見されると、殺人鬼の本能が視える時間がそこそこ増加する。 ・闇の包容発動中に、殺人鬼の居場所を明かす探知範囲がそこそこ減少する。 単眼暗視スコープ レアリティ:Very Rare ・遮蔽物から覗き込んでいない場合、生存者が無防備状態になる速度がかなり上昇する。 ドロップレッグタイプのナイフシース レアリティ:Very Rare ・しゃがみ中の移動速度がかなり上昇する。 運転免許証 レアリティ:Very Rare ・闇の包容発動中に、殺人鬼の居場所を明かす探知範囲がかなり減少する。 ゴーストフェイス、カメラに捉えられる レアリティ:Ultre Rare ・遮蔽物から覗き込むと、生存者が無防備状態になる速度がとてつもなく上昇する。 ・遮蔽物から覗き込んでいない場合は、生存者が無防備状態になる速度がとてつもなく低下する。 屋外用防犯カメラ レアリティ:Ultre Rare ・無防備状態の生存者が瀕死状態になると、脅威範囲外の生存者全員のオーラが4秒間見える。 ゴーストフェイスのプロフィール 本名 ダニー・ジョンソン ジェド・オルセン ゴーストフェイスの解放方法 【CS版】 ・DLC「Ghost Face」 【モバイル版】 ・オーリックセルで購入 ゴーストフェイスの背景 ダニー・ジョンソン、またの名をジェド・オルセンというその男は台所のカウンターから新聞紙をひっつかんだ。 1週間も前の新聞だが、第1面に載っているダニーの顔は画質が粗く、表情は沈み込んでいた。 ありふれたフロリダの蒸し暑い午後だった。 熱気と湿気がキッチン中に広がり、じっと立っている間にも汗が流れ落ちてくる。 ダニーは猫背になって湿った椅子に座り、新聞を読み始めた。 記事の出来は期待できる。 ローズビルでの仕事は素晴らしかった。 1993年6月18日 ゴーストフェイス、跡形もなく姿を消す 一見すると、ジェド・オルセンは多数の小さな新聞社で経験を積んだ、謙虚で熱心なフリーランス記者だった。 ローズビル・ガゼットのスタッフは穏やかで誠実そうなジェドの人柄を評価し、面接開始から5分もしないうちに打ち解けていた。 「ジェドはすぐに部屋にいるチーフエディターを見つけると満面の笑顔で笑いかけ、固い握手を交わし、古き良きアメリカの価値観について語り始めた。 そんな風に奴はここに入ってきた」ーローズビル・ガゼットの元寄稿者 オルセンはユタ州からペンシルバニア州の小さな町をいくつか転々としていた、変わった自分の経歴に関して何の弁明もしなかった。 前職を証明するものが何もなかったからだ。 オルセンのポートフォリオはまともだったし、態度も良好、それにローズビル・ガゼットは寄稿者をすぐにでも必要としていた。 ローズビル連続殺人 オルセンがローズビルの新聞社で働き始めて5か月後、ローズビルで殺人事件が起きる。 若者から老人に至るまで、犠牲者を自宅で刺殺するという連続殺人だった。 報告によると被害者は無作為に選ばれていたようだったが、殺人犯は被害者宅の勝手を把握しており、遺体の複数の刺し傷が個人的な動機を示唆していた。 DNAの痕跡は発見されず、地元警察は困惑した。 犯行は痴情のもつれと同種の、怒りに任せた殺人でありながら、あらかじめ冷徹に計画されたものだった。 殺人犯は標的を執拗につけ狙うことを好んだ。 犠牲者の2人は死の数日前、帰宅途中に黒っぽい人影に後をつけられていたという。 犯人は犠牲者をローズビル北部の小さなバー「ウォールアイ」から尾行し、自宅にいる被害者の写真を撮り、侵入経路を探した。 同じ犠牲者を何週間も監視し、日常習慣や行動パターンを細かく記録していた可能性があった。 殺人衝動が抑えられなくなると、リストの中からもっとも狙いやすい犠牲者のもとを訪れ、静かに家に侵入した。 新聞社では記者全員がローズビル殺人事件の話題を追った。 オルセンはたびたび犠牲者の遺族のところに取材に出向き、警察の公式発表を伝えた。 当時は誰も知らなかったが、オルセンが関与したことで最終的な犠牲者の数は増加した。 ゴーストフェイス 夜にフードをかぶった人影が住宅に侵入する映像をオルセンが制作すると、ローズビルの人々はパニックに陥った。 闇の中で白く不鮮明に映るマスクをつけた顔が、一瞬カメラを見つめ、家の中へと消える。 ーゴースト、カメラに捉えられるーそれがオルセンの書いた記事の表題だった。 その時、オルセンは自分の仕事を誇りに感じ、「ゴースト」の話に恐怖する街を見て楽しんでいるようだった。 数週間後、オルセンは仕事場の机の上にメモを残して姿を消した。 「記事は気に入ってくれたかな。 物語を現実のものにするのは楽しかったよ。 残念に思う必要はない。 物語にはまだ続きがあるからな」ージェド・オルセン ジェド・オルセンが逃亡中という理由で、ローズビル警察は依然としてコメントを拒否している。 ダニーは笑うと、新聞紙から記事を破りとった。 捜査機関がダニーを追っていたその時、すでにダニーは荷物をまとめ、迅速にローズビルを後にしていた。 ダニーが起き上がると、ベトベトした椅子に肌が張り付いた。 耐え難いほどの湿気を感じながら寝室へ入っていく。 結露が湿気で曇った小窓へ垂れ落ち、破れた壁紙が剥がれてぶら下がっている。 花柄模様のその壁紙は、不気味な写真や新聞の見出しで覆われている。 ダミーは引き裂かれた頭皮の写真の上に、1週間前の記事を押しピンで留めた。 空腹によるわずかな胃の痛みを感じ、最後に食事を取ったのはいつだったかと考えた。 今朝、ナイフと服を洗っている時? それとも昨晩、街で少女を付け狙った後だったか。 はっきりとは思い出せなかった。 ダニーは1歩下がると、壁に貼った自分の作品に見惚れた。 心を空っぽにして、自分の書いたすべての記事や練り上げた物語、そして実現させた場面の数々を思い浮かべた。 身体に震えが走る。 寝室に吹き込んだ冷たい風が湿気を冷やし、不透明で凍りつくような霧が現れた。 女の金切り声が上がり、ダニーの足元で落ち葉がカサカサと音を立てる。 ダニーは期待に胸をはずませて微笑んだ。

次の

【DBD】ゴーストフェイス立ち回り方・固有パーク・能力・対策【デッドバイデイライト】

ゴースト フェイス 対策

闇の抱擁を発動すると、心音範囲が0になりチェイス中の赤い光(ステイン)も消える• 能力発動中、サバイバーを一定量つけ回すと45秒間の無防備状態にする(デフォルト)• 能力発動中は自分の一定範囲内に隠れているサバイバーからの視線を察知可能• サバイバーから一定時間見つめられると強制的に能力が解除• 同時に能力を解除したサバイバーの位置が可視化表示される• 能力発動に関わらず、しゃがみ移動が可能(移動速度低下)• 遮蔽物や物陰から覗き込むことで、つけ回しのゲージ速度が短縮される 闇の抱擁中は隠密状態となるため、サバイバーに気づかれずに近づいていくことが可能ですが、逆にサバイバーに発見されてしまうと能力が解除されてしまいます。 その為なるべく姿を見られに様に裏をかいていく様な動きが必要となってきます。 序盤はまず、闇の抱擁を使った発電機の巡回から進めていくといいでしょう。 なるべくマップ中央を堂々と横切る様なことは避け、 常にマップの外側から発電機を覗く様な立ち回りで巡回をしていくと、開幕早々はサバイバーもキラーが誰なのか分からず、心音がないことで油断をしていたり、マップの内側を注視してばかりで後ろに気を囚われず、つけ回し放題となっています。 ただし、ゴーストフェイスは動くとバサバサッと服のはためく音がするので、鋭いサバイバーにはあまり近い距離で動きすぎると逃げられかも知れません。 遮蔽物や物陰から覗き込むと通常のつけ回しの倍の速度でゲージが溜り時短になる!• また、サバイバーに見つめらていても体が出ていない分、闇の抱擁が解除されにくい! チェイスについては、無防備状態にした後に追いかけるか、それとも寸止めのまま直前で無防備にし追いかけるかを選ぶ場面が多いです。 チェイス中でも闇の抱擁が解除されていなければ、続けてつけ回しもできるため、距離を考えながらゲージを溜めていくことになります。 また、チェイス中に能力ゲージが貯まれば 闇の包容を再発動させるのも有効です。 サバイバー側にとっては心音が徐々にしなくなっていくため、 ゴーストフェイスがチェイスを諦めたのか、それとも未だそこに居るのかが判断しにくくなり、油断した隙にいきなり現れて奇襲を掛けることも可能性です。 闇の抱擁中にサバイバーを見失ったとしても視線通知で位置を逆探知できる! オススメのパーク構成とアドオン オススメパーク構成 サバイバーの探知を手助けしてくれるパーク構成は、ゴーストフェイスの闇の抱擁を使った隠密状態を最大限に活かせるので、サバイバーをガンガン吊っていって、試合テンポの良い短期決戦へと流れへを持っていくことが出来ます。 特に影の密偵とバーベキュー&チリのコンボは使い勝手も良く、次のターゲットの場所へと駆けつけ、カラスの通知で場所を探知、すぐに裏からつけ回しながら尾行しつつ、無防備状態へと追い込んでいきましょう。 看護婦の使命も意外にも刺さりやすく、 闇の抱擁が発動中にフラッと 視界に入った、隠れて治療をしているサバイバーへと 奇襲を掛けることが可能です。 オススメアドオン• 単眼暗視スコープ・・・無防備状態になる速度がかなり上がる• 噛み跡のついたペン・・・闇の抱擁の能力回復速度がかなり上がる• 持続性のある香水・・・サバイバーの無防備状態の時間がそこそこ増加する つけ回し強化=ゴーストフェイス自身の強化になるので、固有パークに反してアドオンについては優良なものが多い印象です。 サバイバーとしての対策 ゴーストフェイスはレイスやマイケル・ピッグと同じ隠密系キラーです。 しかし他と違の隠密系キラーとの違いは、視線に捉えたままにしてしおくと自分の位置を教えてしまう事になるため、遭遇した際には少し違った対応をしていなければいけません。 なので、サバイバーとしての対策は常に360度警戒をしつつ、物陰からヒョコッと頭を出してつけ回しをしているゴーストフェスが見えたら、そのまま視線内に捉えた状態で闇の抱擁を解除することだけを専念しながら逃げましょう。 よくゴーストフェスでプレイをしていると、 つけ回しが見つかったのにそのままこっちを見ずに真っ直ぐ逃げていくサバイバーも見かけますが、こうなると無防備状態までゲージを持ってき放題なので気をつけましょう。 あと闇の抱擁が発動状態のゴーストフェイスと、板や窓枠が置かれた区画内でのチェイスをする場合、サバイバー側にとっては心音も赤い光(ステイン)も見えない為かなり読み合いも難しい立ち回りを強いられてしまいます。 そういった場合には、 一度板や窓枠を使って視線切りを行った直後に別の場所へと逃げていくと助かる場合もあります。 視線切りされたゴーストフェイスも、一度は区画を確認した後に向こうへと走っていくサバイバーを追っかけていく流れになるので、この隙に後ろをみつつ別のチェイスポイントを目指しつつ闇の抱擁を解除するといいでしょう。 カテゴリー• 本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。 記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。 All rights reserved. All other trademarks are properties of their respective owners.

次の