フォートナイト pc 240fps。 【144fps・240fps】フォートナイトが快適にできるおすすめゲーミングPC3選を紹介

PC版 フォートナイト 軽くする方法まとめ【フォートナイトTIPS】

フォートナイト pc 240fps

もくじ• フォートナイトに必要なPCスペック フォートナイト動作環境【公式】 が発表しているPC動作環境は以下の通り。 最低 推奨 CPU Core i3 2. 4 Ghz Core i5 2. PUBGやApexに比べたら、要求されるスペックはかなり低いです。 なお、上記のPCスペックはあくまでも推奨スペックであるため、フォートナイトを快適にプレイできるかと言われれば、少しキツイかなという印象。 これから、フォートナイトを快適にプレイするために必要なPCスペックを見ていきましょう。 グラボ別フレームレート比較 フォートナイトのグラフィックボード別ベンチマーク結果は以下の通り。 60fps:GTX1060 3GB以上• 144fps:GTX1080以上 画質を落とせば低スペックでもOK フォートナイトを高画質でプレイするのであれば、上記のグラフィックボードが必要となりますが、ゲーム内設定で画質を落とせば、比較的低スペックでも快適にプレイできます。 では、画質を落としてプレイする場合、どのくらいのグラフィックボードが必要になるのか? 結論としては以下の通り。 低画質144fps:GTX1050Ti以上 この結論に至った根拠は、以下のベンチマーク動画を見ていただければ分かります。 <GTX1050Ti>• 低画質:平均180fps• 8GBあれば充分でしょう。 フォートナイト起動中にブラウザを立ちげて、ネットサーフォンや動画をみたい方であれば、16GBほしいところ。 SSDは240GBほしい SSDは必ず搭載しておきましょう。 PC起動時間やゲームのロード時間が格段に短くなって、ストレスフリーになります。 60fps・144fps出力するために必要なPCスペックまとめ.

次の

フォートナイトにおける144FPSと240FPSの違い

フォートナイト pc 240fps

各設定項目の解説 設定項目をそれぞれ深堀りして説明します。 動作は同じ解像度の場合フルスクリーンモードよりも重い。 フルスクリーンモードでモニターの解像度に合わせると重くなる状況で、解像度を下げてプレイするならウィンドウモードで起動するのはアリ。 でも、結構やりにくいので重い場合の1つの手段として知っておくぐらいで良いと思います。 PCスペックだけ良くてもモニターが60Hzだと、ゲーム内は240fpsで処理されますが実際に見る画面は60fpsと同等になるため、ほとんど意味がありません。 240fpsでプレイするなら240Hz対応のゲーミングモニターを用意しましょう。 240fpsを出せない場合、使用しているPCスペックによって上限を設定してあげる方が良いです。 基本は100%にしておくべきです。 数値を下げると引き伸ばして表示されるため、画質が荒くなって見にくくなります。 エピックに設定すれば超遠方まで描写されるものの、描画距離が要因で優位に立てるケースはそこまで無いと思います。 結構負荷が掛かるので『中』ぐらいがベストです。 上げれば上げるほど影がリアルに描写されます。 エピックは結構キレイ。 でも、影のせいで暗くなって視認性が悪くなるためオフ推奨。 オフだと完全に影がなくなります。 オフだと荒く描画されるので、よく見るとギザギザ。 設定を上げていくと滑らかな描画になるものの、遠景や遠くにいる敵がボンヤリ見えて視認性が悪くなります。 負荷は少なめなのでお好みで。 個人的にはオフが見やすい。 低にするとキャラの服の質感などが味気なくなります。 ただ、フォートナイトの低設定は以外と見れるレベルなのでこだわらないなら低でも問題ないレベルだと思います。 個人的にテクスチャを上げると視認性が良くなるので『高』を推奨。 低でも全然問題ないですが、ちょっと上げる方が発砲時のマズルフラッシュによる視界の遮りがマシに感じるので中にしています。 あと、宝箱の発光が目立つようになります。 低だとグレネードの軌跡 飛んでいくときに見える煙の線 が表示されなくなりますが、見えようが見えまいが、有利不利が大きくあるようには感じません。 光源がリアルになって暗い場所がより暗くなったり、明るい場所がより明るくなったり。 色ずれなどのエフェクトが掛かったりもします。 邪魔でしかないのでオフ推奨。 垂直同期を細かく説明すると難しいので基本的にはオフでOK。 オンにすると視点移動操作に遅延が発生します。 全く必要ないのでオフ安定。 低スペックでオンにするとfpsが落ちてしまう。 逆にハイスペックでオンにするとfps向上が狙えます。 プレイグラウンド等で最大フレームレートを無制限にしてから、画面を一切動かさずにマルチスレッドレンダリングをオン・オフしてみて、fpsが上がるようならオン。 下がるならオフにしましょう。 -USEALLAVAILABLECORES -lanplay 上記をコピペでOK。 保存とか適用ボタンは無いのでそのまま戻って問題無しです。 コマンドの内容をアンリアルエンジンのドキュメントから引用しておきます。 アンリアルエンジンはフォートナイトの動作エンジンです。 USEALLAVAILABLECORES:ターゲット プラット フォームで利用可能な全てのコアの使用を強制する。 LANPLAY:サーバー接続時に、クライアントの帯域幅に制限を設けないようエンジンに指示する。 サーバー更新の 2 倍の量が発生し、クライアントの帯域幅を飽和状態にする。 引用元: 簡単に言うと「 使えるCPUコアは全部使って、ラグを減らしてね」みたいな指示をするコマンドになります。 これ以外にもコマンドはありますが、相当キツいスペックでもない限り上記2つのコマンドでOKです。 特に「LANPLAY」は 建築編集のラグが減ると感じる人も居るので絶対やっておいた方が良いでしょう。

次の

PC版フォートナイトに最適なゲーミングPCは何がおすすめ?

フォートナイト pc 240fps

もくじ• フォートナイトに必要なPCスペック フォートナイト動作環境【公式】 が発表しているPC動作環境は以下の通り。 最低 推奨 CPU Core i3 2. 4 Ghz Core i5 2. PUBGやApexに比べたら、要求されるスペックはかなり低いです。 なお、上記のPCスペックはあくまでも推奨スペックであるため、フォートナイトを快適にプレイできるかと言われれば、少しキツイかなという印象。 これから、フォートナイトを快適にプレイするために必要なPCスペックを見ていきましょう。 グラボ別フレームレート比較 フォートナイトのグラフィックボード別ベンチマーク結果は以下の通り。 60fps:GTX1060 3GB以上• 144fps:GTX1080以上 画質を落とせば低スペックでもOK フォートナイトを高画質でプレイするのであれば、上記のグラフィックボードが必要となりますが、ゲーム内設定で画質を落とせば、比較的低スペックでも快適にプレイできます。 では、画質を落としてプレイする場合、どのくらいのグラフィックボードが必要になるのか? 結論としては以下の通り。 低画質144fps:GTX1050Ti以上 この結論に至った根拠は、以下のベンチマーク動画を見ていただければ分かります。 <GTX1050Ti>• 低画質:平均180fps• 8GBあれば充分でしょう。 フォートナイト起動中にブラウザを立ちげて、ネットサーフォンや動画をみたい方であれば、16GBほしいところ。 SSDは240GBほしい SSDは必ず搭載しておきましょう。 PC起動時間やゲームのロード時間が格段に短くなって、ストレスフリーになります。 60fps・144fps出力するために必要なPCスペックまとめ.

次の