水漏れ 自分で 修理。 洗面台の故障水漏れ! 原因はどこ? 自分で修理はできる?

蛇口の水漏れは自分で簡単に修理!水漏れの原因と直し方

水漏れ 自分で 修理

トイレの水漏れで困っていませんか?トイレの水漏れというと、タンク内や便器内にチョロチョロ水が漏れるものから便器と床の隙間や床下などから水がどんどん染み出してくるものまでさまざまですよね。 トイレの水漏れ修理というと自分でやるのは難しいと思っている人も多いかと思います。 しかし、水漏れの原因によっては業者に修理を依頼しなくても自分で部品などを買ってきて修理することも可能です。 とはいえ、はじめて水漏れ修理をする人からするとどうやって修理をしたらいいのか分からなかったり、最初から業者に依頼しておきたいという人も多いと思います。 そこで今回は、トイレの水漏れの原因の調べ方や自分でできる修理方法、業者に依頼した場合の修理料金などについてご紹介したいと思います。 トイレ水漏れの症状と原因 最初に、水漏れしているのかわからないという人に向けて「トイレが水漏れしているときの症状」と、その症状が起こっている原因をご紹介したいと思います。 症状および原因別に、修理・対処方法へのリンクも書いていますので、まずはあなたのトイレで起こっている症状を確認してみましょう。 症状1. ロータンク内で水漏れの音がする トイレの「ロータンク」とは、水が溜まっているタンクのことです。 ロータンク内には、給水・止水に関係する部品が複数入っているため、水漏れが起こったときはまずはロータンク内を調べるといいでしょう。 さて、ロータンク内部で「ポタポタ」「ピチョンピチョン」と水がずっと漏れるような音がす原因についてですが、下記2ヶ所の不具合を調べてみましょう。 【調べる箇所】• ・ボールタップ• ・浮き球 ボールタップと浮き球は一体になって動きます。 浮き球がタンク内の水位の上昇・下降で上下に動くことで、ボールタップの止水弁が閉まったり・開いたりして水が止まったり・出たりします。 タンク内でずっと水が漏れる音がする場合は、給水を操作しているこの2つの部品に不具合が起きている可能性が高いのです。 さらに詳しく、どちらの部品が壊れているのか調べる方法などをご紹介したいと思います。 原因1. ボールタップの不具合 ボールタップとは、タンク内の水位の上昇・下降にともなって水を出したり、止めたりする部品のことです。 便器内に水が流れると浮き球が下に下がって、浮き球と繋がったボールタップの止水弁が開いてタンク内に給水が始まります。 そして、タンク内の水位が上昇するとともに浮き球が上に上がってボールタップの止水弁が閉まって水が止まります。 ボールタップが壊れているかどうか調べるには、浮き球を持ち上げて確認してみましょう。 浮き球を持ち上げているのに水が止まらないときは、ボールタップの止水弁が壊れているとわかります。 ボールタップの止水弁が壊れている場合は新しいボールタップに交換しましょう。 原因2. 浮き球の不具合 浮き球は名前の通り、タンク内の水面に浮いている球のことです。 ボールタップの不具合か確認するときに浮き玉を上に持ち上げる動作確認がありましたよね。 もしも、浮き球を持ち上げて水が止まるのであれば浮き球の一時的な不具合であることがわかります。 この場合は、再度浮き玉を水面に浮かせておけば問題解決です。 ただし、浮き球が割れてしまっている場合は新しい部品への交換が必要です。 使っているトイレメーカーの公式サイトなどから、規格に適した部品を取り寄せて交換してみましょう。 症状2. 便器内にもチョロチョロ水漏れが起きている タンク内からも水が漏れる音が聞こえるけれど、便器内にもチョロチョロと水が漏れるトラブル。 このような場合は、フロートバルブの不具合が問題で便器内に水が漏れている可能性があります。 もしも便器内に水がチョロチョロ漏れているという場合は、フロートバルブ(黒いゴム栓)に問題がないか調べてみましょう。 原因1. フロートバルブの不具合 フロートバルブとはタンクの下部にある、黒いゴム栓のことです。 トイレのレバーを回すとフロートバルブが持ち上がって、タンク内の水が便器内に流れていきます。 レバーとフロートバルブは鎖で繋がっていますが、鎖が途中で絡まったりするとフロートバルブが中途半端に空いたままになるので解いておきましょう。 また、フロートバルブも消耗品なので数年したら一度交換しなければなりません。 フロートバルブを手で触ったときに、バルブのゴムの色が手につくようであれば素材が劣化しているので交換が必要です。 フロートバルブはメーカーの部品通販やホームセンターなどで新品を購入することができます。 取り付けは鎖の調整など少し細かい作業もありますが、自分でやることも可能です。 症状3. パイプ接合部分(ナット)から水が漏れる 給水管パイプと分岐水栓やウォシュレット給水ホースとのつなぎ目にある「ナット」から水が漏れていませんか?そういう場合は、レンチなどを使ってナットを軽く締め直してみましょう。 ナットを締め直して水漏れが止まれば、ナットの緩みが原因で水漏れしていたということです。 ただ、ナットを締めなおそうとしても空回りする、締め直しても水漏れが止まらないという場合はナットもしくはパイプの破損が考えられます。 給水管・パイプの交換は水道屋に修理依頼をしますが、ナットが悪い場合は水道の元栓を閉めてからホームセンターに古いナットを持って行って代替品を探して自分で交換してみるといいでしょう。 症状4. 止水栓のあたりから水が漏れている トイレの給水管には「止水栓」がついていることがあります。 トイレの止水栓は、ハンドル型のものと溝型のものとがあり、どちらの止水栓の中にも部品の隙間から水が漏れないようにゴムパッキンが入っています。 このゴムパッキンが劣化して水漏れしている場合は、新しいゴムパッキンに交換すると水漏れを止めることができます。 ホームセンターやメーカーからパッキンを取り寄せられることもありますが、パッキン単体で手に入らない場合は止水栓を丸ごと交換することもあります。 10年以上前のものになると、トイレに限らず大体の水道設備はメーカーで部品の製造がされなくなっているのでそういったときは部品全体の交換を検討しましょう。 症状5. 便器本体のひび割れによる水漏れ トイレの便器本体は、劣化しにくい丈夫な陶器でできていますが物がぶつかったりすることでひび割れが起こることもあります。 このひび割れを放置しておくと、時間が経つに連れてどんどんひびが大きくなって水が漏れてくることがあります。 便器のひび割れの修理というのは、基本的に自己修理になります。 というのも、トイレメーカーが安全面を考慮して便器のひび割れが起こった際は修理ではなく交換をするように推奨しているからです。 一時的に便器内からの水漏れを防ぐ方方として防水パテやコーキングでひびを補修するという方法もありますが、メーカーが推奨していない方法になるので自己責任でやるかどうか決めましょう。 水道業者ではこういったひび割れ修理はやっておらず、作業を依頼する場合は便器交換になります。 症状6. 床下配管・便器接地面から水が染みでている 便器などから水漏れがしていないのに、床に水が漏れている場合は床下配管または便器接地面から水漏れが起こっている可能性があります。 床下の排水管から水漏れしている場合は業者が床材を剥がして漏水調査や配管修理をしなければなりませんが、便器接地面からの水漏れかどうかは自分で調べることができます。 便器接地面からの水漏れ確認 便器接地面からの水漏れかどうかを調べるときは、便器の中に墨汁を垂らしてしばらく待ってみましょう。 便器と床の接地面から黒い水が漏れてきたら、便器接地面の不具合が原因で水漏れが起こっていることがわかります。 便器接地面から水が漏れている場合、シーリングなどで隙間を埋めればいいと思ってしまいますが排水管以外に便器の水が漏れてしまうと床下にカビが大量に発生したり、床材が濡れて腐ったり、湿気が好きなシロアリが寄ってくるなどの二次被害が考えられます。 便器接地面から水が漏れているときも、業者に修理を依頼しましょう。 症状7. 温水便座(ウォシュレット・シャワートイレ)で水漏れが起こっている 温水便座(ウォシュレット・シャワートイレ)から水漏れしている場合、ウォシュレットノズルの故障や給水ホースとの接続部分(ナットなど)の緩みやパッキンの劣化が原因で水漏れが起こっていることがあります。 また、ウォシュレットの給水フィルターの目詰まりが原因で水漏れが起こることもあります。 原因1. フィルターの目詰まり ウォシュレットの給水管には、水道水に含まれている不純物を取り除くためにフィルターが取り付けられていますが長く使っているとこのフィルターにゴミが溜まって目詰まりを起こすことがあります。 実は給水フィルターは分解して、歯ブラシなどで掃除することができます。 給水フィルターの取り外し方などは製品によって異なるので、ウォシュレット購入時にもらった説明書を確認しながら給水フィルターを掃除してみるといいでしょう。 それでも直らないときは、ノズル交換という方法もあります。 自分でできるトイレの水漏れ修理方法 ここまで、トイレの水漏れ原因などについてご紹介してきましたが具体的な修理方法などが知りたい人もいますよね。 そこでここからは、先ほどの原因別に具体的なトイレ水漏れの修理方法をご紹介したいと思います。 ロータンク内部の水漏れ修理のやり方 トイレのロータンク内の水漏れは、ボールタップまたは浮き玉の不具合が原因で起こりましたよね。 ボールタップの故障や浮き球の破損は新品への部品交換が必要ですが、浮き球の一時的な不具合であれば修理が可能です。 ここでは、その浮き球の一時的な不具合の修理方法をご紹介します。 浮き球の修理・調整手順 浮き球の修理・調整は、とくに特別な道具は必要ありません。 タンクのフタに手洗い管がついている場合は、タンク内部のボールタップから伸びた給水ホースと手洗い管がナットで繋がっているのでレンチなどを使って取り外しが必要になります。 タンクのフタを外す• 浮き球が水に沈んでいる場合は持ち上げて再度水面に置いてみる• 浮き球が水面に浮いた状態でオーバーフロー管についた標準水位に水面が位置しているか確認する• 標準水位よりも水位が上もしくは下に来ているときはボールタップについている水位調節リングを回して水位を調整する• 水位調節リングは右回りで水位が上昇、左回りで水位が下降するので標準水位に水位がくるよう調節する• 調整がすんだら水を流してみてきちんと浮き球が動くか、標準水位に水位がくるか確認して完了 便器内の水漏れ修理のやり方 便器内の水漏れは、タンクの底にあるフロートバルブの劣化や鎖の絡まりなどの不具合が原因でしたよね。 鎖の絡まりは解くだけですが、解いている途中で鎖が切れてしまうこともあります。 そこで、ここではフロートバルブと鎖の交換による修理方法をご紹介したいと思います。 フロートバルブ・鎖の交換・修理手順 フロートバルブと鎖の交換で難しいのは、「鎖の長さの調整」だと思います。 この長さの調整をきちんとしておかないと、レバーを引いても水が流れない・フロートバルブが元の位置に戻らないといった不具合に繋がるので注意しましょう。 止水栓を閉めて水が流れないようにする• タンクのフタを外す• 古いフロートバルブと鎖を取り外す• 新品の鎖の長さを取り外した古い鎖の長さと同じになるようにペンチなどで切って調整する• 新しいフロートバルブと鎖を取り付けてレバーを回したときにちゃんと動くか確認する• 便器のひび割れ修理(一時的な応急処置)のやり方 便器のひび割れの修理はメーカーが推奨していないため、新しい便器に交換するまでの間水が漏れてこないようにするためだけの一時的な応急処置になります。 使用時の安全性の問題もあるので、ひび割れを補修した状態での便器使用はやめましょう。 ひび割れの応急処置手順 ひび割れの応急処置には、防水パテやコーキングを使ってひびを埋める方法があります。 防水パテやコーキングは、ホームセンターで購入することができます。 あくまで応急処置なので、応急処置状態での便器使用はできません。 早めに新しい便器に交換しましょう。 防水パテをちぎってよくこねる• ひび割れ部分をタオルなどで拭いてから防水パテを練りこむ• ドライヤーなどは当てずに自然に乾くまで待って完了• 新しい便器と交換する 便器接地面の水漏れ修理のやり方 便器接地面からの水漏れは、フランジパテと呼ばれる便器と排水管の間に取り付ける部品を交換することで修理が可能です。 しかし、便器脱着作業が必要になるだけでなくフランジパテの取り付けの難易度が高いこと、設置不良がある場合は床下への水漏れトラブルに発展するため個人での修理はおすすめしません。 参考までに業者がどのような手順でフランジパテを交換するかというと、最初に水を止めて便器内の水を汲み取り、給水管や便器を固定しているボルトやナットを全部取り外します。 その後、便器を持ち上げて取り外し、古いフランジパテを取り外して新しいフランジパテの設置を行い取り外しのときと逆の手順で取り付け直しを行います。 便器脱着だけでも大変重労働になるため、トイレの設置施工などをやったことがある人以外はやらないことをおすすめします。 温水便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の水漏れ修理のやり方 ウォシュレットの故障などはメーカー修理もしくは新品への交換になりますが、ウォシュレットノズルからの水漏れであればノズルを新品に交換することで直ることもあります。 製品にもよりますが、ノズル交換は簡単にできる製品も多いのでご紹介したいと思います。 ウォシュレットノズルの交換手順 ウォシュレットノズルはホームセンターではなく、メーカーの公式通販サイトで正規品を購入することができます。 自分が使っている製品番号などを調べて、同じ部品を購入するようにしましょう。 止水栓を止める。 ノズルを手動で引き出すか「お掃除モード」を使ってノズルを引き出した状態にする。 ノズルを反時計回りに回して取り外す。 ただし、製品によって取り外し方が異なるので取り外せそうにない場合は説明書を確認。 ノズルを取り外せたら新品のノズルと交換する。 最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。 トイレの水漏れ修理の料金事例 トイレの水漏れ修理の料金表をご紹介しましたが、実際の事例と料金もご紹介したいと思います。 作業内容や水漏れの状況によって料金は変わり、正確な料金は現地見積りのみの対応となります。 料金を確定・保証するものではありませんので、ご参考程度にお使いください。 料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。 トイレのタンクからの水漏れ修理の料金事例 トイレのタンクの中から水漏れしているということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。 【料金内訳】• 修理作業 4,320円• 基本料金 4,320円• 合計 8,640円 トイレと床の間からの水漏れ修理の料金事例 トイレと床の間からジワ~っと水漏れしているということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。 【料金内訳】• シャワートイレオーリング交換 ストレーナー洗浄 4,320円• 基本料金 4,320円• 合計 8,640円 トイレの配管(止水栓)からの水漏れ修理の料金事例 トイレの配管(止水栓)から水漏れしているということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。 【料金内訳】• 止水栓交換 14,040円• 部品代 972円• 基本料金 4,320円• 合計 19,332円 トイレの蓋からの水漏れと水槽のキャップ不具合修理の料金事例 トイレの蓋からの水漏れとトイレの水槽のキャップの不具合があるということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。 【料金内訳】• タンク脱着作業 解体 16,200円• 部品代 3個 10,334円• 基本料金 4,320円• 合計 30,854円 トイレの小便器のフラッシュバルブからの水漏れ修理の料金事例 トイレ小便器のフラッシュバルブのボタンから水漏れしているということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。 【料金内訳】• フラッシュバルブ交換 8,640円• 部品代 9,558円• 廃材諸経費 2,160円• 基本料金 4,320円• 合計 24,678円 生活救急車では、丁寧な対応力、きちんとした技術力を持ったスタッフが対応できるように料金を設定しています。 また、見積りは無料で対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。 「1階と3階にトイレがあるんですけど、3階で子供がおむつを流してしまって詰まっている状態で。 」としっかりとした口調で落ち着いた様子でお電話を頂きました。 現場は大田区中馬込のご自宅で対応が可能なエリアでしたので、対応の流れを説明させて頂きました。 現場には17時頃のお伺いが可能であることをお伝えしてご了承いただけましたので、作業員を手配いたしました。 受付日時 2020年5月22日 12時10分頃 受付担当 梶野 担当より一言 不安や疑問などを抱えてお問合せいただいているお客様が多いのではないかと思います。 少しでも安心してもらえるように、お客様の気持ちに寄り添い、丁寧な案内を心掛けています。 お客様に相談して良かったと思っていただけるのが、とても嬉しく感じることです。 「TOTOのトイレなんですが、センサーの故障なんかも大丈夫でしょうか?」と初めてのお電話で、何を話したらいいのか迷っていらした様子でした。 「水が流れないことはないんですけど、大小の振り分けとか、それがブーっていったまま水がチョロチョロしか流れないんですよね。 単なる排水の詰まりではなさそうなので。 」とお話ししてくださり、トイレの詰まりでお困りとのことでした。 逗子市逗子が今回の駆け付け先で、最短のお時間での対応をご希望とのことでした。 対応できるお時間につきましては約50分後の到着で提案をさせて頂きご納得頂けましたので、そのように作業員を手配いたしました。 受付日時 2020年5月21日 16時40分頃 受付担当 梶野 担当より一言 不安や疑問などを抱えてお問合せいただいているお客様が多いのではないかと思います。 少しでも安心してもらえるように、お客様の気持ちに寄り添い、丁寧な案内を心掛けています。 お客様に相談して良かったと思っていただけるのが、とても嬉しく感じることです。

次の

水道の水漏れ修理を行う6個の方法と自分で直せる判断基準

水漏れ 自分で 修理

水漏れが起きたら必ず止水栓、もしくは水道の元栓を締めて水の流れを止めます。 水道代の高騰を防ぎ、もし食洗機やウォシュレットなど電化製品を使っている場合は感電を防ぎます。 それから原因を早急に特定し、業者へ依頼するか自分で直せるかの判断をしましょう。 絶対にペンチなどで無理やり回さないようにしてください。 ドライバーを使うタイプは、必ず溝にハマるようにドライバーを差し込んでから操作しましょう。 水道を止めるときは、必ず時計回り 右回り で行いましょう。 ハンドル形やバルブタイプの止水栓も同様の操作で調節します。 修理の種類 WEB限定料金 通常料金 トイレの便器からチョロチョロ水が止まらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ トイレタンクから水が溢れる 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ ウォシュレット、温水便座の水漏れ不具合 故障 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 蛇口を締めても水がポタポタ出続ける 2,700円(税込み)~ 5,400円(税込み)~ 蛇口のハンドルやレバーからの水漏れ 2,700円(税込み)~ 5,400円(税込み)~ キッチンシンクの下の水漏れ 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ シャワーから水漏れする 2,700円(税込み)~ 5,400円(税込み)~ 洗面所の水栓の水漏れ修理 2,700円(税込み)~ 5,400円(税込み)~ 排水管からポタポタ垂れてくる 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 給湯器の接続部分からの水漏れ 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 給湯器内部からの水漏れ 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 屋外のパイプ・配管からの水漏れ 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 散水栓・ポンプからの水漏れ 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 漏水調査 お問い合わせください お問い合わせください• ポタポタ、チョロチョロなど勢いが弱いとき• 部品が取り外せるとき• 修理箇所が取り外し可能なとき• 確実に原因が特定できたとき• 自分で直せる自信があるとき 水漏れの勢いが噴水のように強い時は、水漏れ箇所以外にも破損箇所が発生している可能性があるので、 一度漏水調査も兼ねた現地見積を業者へお願いすることをオススメします。 現地見積をお願いするときは、確実に無料の業者かどうかを確認することを忘れないようにしましょう。 水漏れ修理は一歩間違うと水道の正しい機能を損ないかねない、重要な修理です。 単純な部品交換で対応できたとしても、無理をして自分で直した結果、他の箇所からも水漏れした、という失敗談は最近良く聞くようになりました。 確かにネットで調べればDIY方法は詳しく出てきますが、 実際見ないと詳細な原因を特定できないことが多いです。 自分で分解、または交換などができる自信がないときは、決して無理にDIYしないようにしてください。

次の

水道(蛇口)水漏れ修理、自分で出来るパッキンの交換方法&水道修理に必要な道具

水漏れ 自分で 修理

【1】トイレタンク もっとも水漏れが多い場所です。 トイレタンクの中にはさまざまなパーツが入っており、それらがなにかの拍子で少しでもずれてしまうと、トイレタンクは正常に機能しなくなり水漏れが発生します。 また、中のパッキンなどの部品の劣化も水漏れの原因となります。 【2】給水管 給水管からの水漏れもよくあるパターンです。 この場合は、接続部分のパッキンの劣化やナットの緩みが原因となります。 トイレの給水管は、壁の止水栓からタンクにつながる構造となっているため、水漏れは止水栓との接続部分、もしくはタンクとの接続部分の2箇所から起こります。 【3】温水洗浄便座(ウォシュレット) 温水洗浄便座からの水漏れは、パーツの接続部分にある部品の劣化が主な原因です。 特に水漏れが発生しやすいのは、ノズル部分、操作パネルの裏側、タンクや給水ソケットなどです。 経年劣化であれば簡単な部品の交換で直ることもありますが、電子部品の故障の可能性もあります。 【4】床 床の水漏れは、原因箇所がなかなか特定できないので厄介です。 可能性があるのは、トイレタンクとの連結部分や便器本体のヒビ、床下の配管の破損などです。 場合によっては自力で修理できることもありますが、基本的には専門家でないと修理は不可能だと思っていたほうがいいでしょう。 【5】便器 便器は陶器製なので、何かがぶつかって割れてしまうというケースもあります。 割れたのが1箇所だけでも全体の強度が下がってしまうので、応急処置だけで長期間放置したりせずに早急に対応しましょう。 水漏れの原因別の直し方 原因箇所が違えば、その直し方も違ってきます。 ここでは、原因箇所別にその対処法をまとめてみました。 まず簡単な概要と下に詳細な情報を紹介しています。 「トイレタンク」から水漏れ まず、トイレタンクのフタを開けて中を確認してみましょう。 中の部品がずれている程度なら、位置を戻すだけで直る場合もあります。 それでダメなら部品交換を行いましょう。 「給水管」から水漏れ 止水栓を止めたあとに接続部のナットを緩め、パッキンを交換します。 交換したらナットを締めて止水栓を開けましょう。 ここでまだ水漏れがある場合は業者に修理を依頼して下さい。 「温水洗浄便座(ウォシュレット)」から水漏れ 止水栓を締めたあとに電源プラグを抜きます。 そして、水漏れの発生箇所を特定しましょう。 ノズルや操作パネル、便座の下などが多いです。 ノズルの交換程度なら自分で可能な場合もありますが、操作パネルなどは業者に依頼しましょう。 「床」から水漏れ 止水栓を締めたあとに排水し、給水管や便器を外します。 次にフランジパテを交換して元通りにします。 難しい作業なので、専門業者に頼むほうが無難でしょう。 「便器」から水漏れ 中の部品の劣化による水漏れの場合は、部品交換のみで解決する場合もありますが、便器自体の破損、ひび割れなら便器を取り替えることになります。 こちらも業者に依頼するのが無難でしょう。 一応、結露の可能性もあるので注意しましょう。 トイレタンクが原因の場合の対処法 トイレの水漏れで一番多いのが、トイレタンクの水漏れ。 主な原因は「トイレタンク内のパーツが正しく機能していないケース」です。 狭いトイレタンクの中には、いろいろなパーツが入っています。 何かの拍子にそれぞれのパーツがちょっとズレたりしても、きちんと機能しなくなります。 その場合はちょっと触れば直ることもあるので、よく観察してみましょう。 また、節水のためにタンク内にペットボトルなどを入れている家庭がありますが、これはタンク内のパーツのズレや破損を招きやすいので、あまりおすすめできません。 タンクとパイプの連結部分で水漏れが起きている場合は、連結部のナットが緩んでいないか、パッキンが劣化していないかなどをチェックします。 連結部分のパッキンやタンク内の「浮き玉」「浮きゴム」などが劣化している時は、その部分を交換します。 汎用部品で修理できることもありますが、中にはメーカー独自の部品もありますので、注意しましょう。 「部品の種類がよくわからない」「ホームセンターに買いに行く時間がない」という方は、無理せず専門業者に連絡しましょう。 その方が早くて確実ですし、結果的に安く修理できる場合もあります。 とくに、原因がはっきりしないのであれば、タンク自体が破損している可能性もありますので、安易にいじらないことが重要です。 ゴムフロートが原因の場合の対処法 トイレタンクからの水漏れの場合、ゴムフロートが原因であることがあります。 その場合は、ゴムフロートを交換しましょう。 用意するものは以下のとおりです。 交換用の新しいゴムフロート• マイナスドライバー• ビニール手袋 まず、マイナスドライバーを使って止水栓を締めます。 このときには、必ず手動のドライバーを使って下さい。 電動だと回しすぎて、止水栓を壊してしまう能性があるからです。 止水栓を締めて水を止めたら、次はタンクの中に手を入れられるようにレバーを引いて水を抜きます。 水を抜いたらゴムフロートの交換です。 ゴムフロートは、チェーンとオーバーフロー管の2箇所に接続されていますので、ここを外します。 先にチェーンを外しましょう。 チェーンの構造は溝に引っかかっているだけなので、簡単に外せます。 オーバーフロー管との接続も外したら、次はゴムフロートの交換です。 ゴムフロートを取り付ける前に、タンクの中をたわしできれいにしておくといいでしょう。 ゴムフロートのチェーンを付けるときには、長さをうまく調節することが大切です。 チェーンの長さで、トイレに流れる水の量を調節することができます。 短いと水の量は増え、長いと少なくなります。 ゴムフロートを交換したら、止水栓を開け、正常に水が流れば交換完了です。 浮き玉が原因の場合の対処法 トイレタンクの中の水の量は、浮き玉によってコントロールされています。 タンク内の水かさが増えると浮き玉の位置が高くなり、タンクへの給水が停止する仕組みになっているので、浮き玉に問題があると給水が止まらず、水漏れするのです。 浮き玉が原因の場合は、まずトイレの止水栓を締め、トイレタンクのフタを開けます。 トイレタンク内の水かさを標準に合わせます。 標準水位の位置は、タンク内のオーバーフロー管にある「WL-」の表記をチェックしましょう。 ない場合は、オーバーフロー管の先端から、およそ2~3cm内を目安として下さい。 また、水位調整リングがある場合はそれを用いて、ない場合は浮き玉の付け根付近にある支持棒上下に曲げて調整します。 次に、トイレタンク内の水を抜き、鎖を点検します。 鎖が樹脂製の場合は大小レバーともに鎖を2個余らせた状態で取り付けます。 ステンレス製の場合は鎖は3個余らせましょう。 どちらの場合でも、適度に遊びを持たせた状態で取り付けるのが大切です。 浮き玉がどこかに引っかかっていたりしないかを確認したら、トイレタンクのフタを閉めて止水栓を開けます。 連結部分が原因の場合の対処法 タンクと給水管の連結部分からの水漏れの場合、パッキンの劣化が原因だと考えられます。 まず止水栓を締めて水を止めてから作業をして下さい。 しっかり水を止めていないと、作業中に水が吹き出してしまいます。 また、家全体の水道が使えなくなりますが、安全のために元栓も締めておくのが確実です。 止水栓は、マイナスドライバーを用いて時計回りに回して締めましょう。 止水栓を締めたら、タンクの接続部のナットを緩めます。 用いる道具はモンキーレンチがいいでしょう。 緩めているときに、タンク内のボールタップが動かないように手で押さえておきましょう。 ナットを緩めたら、パッキンを交換します。 交換するパッキンのサイズが合っていないといけないので、あらかじめノギスで給水管の直径を測っておきましょう。 それが難しい場合は、外したパッキンをホームセンターなどに持っていき、同じサイズのものを探しましょう。 パッキンが交換できたらナットを締めて、止水栓を開けます。 水を流してみて、接続部分からの水漏れがなくなっているかどうか確認しましょう。 もし、再度水漏れがあるようなら、パッキン以外の部分の問題が考えられます。 業者に依頼して調査してもらったほうがいいでしょう。 温水洗浄便座(ウォシュレット)の水漏れ いまや家庭における普及率60%以上といわれている温水洗浄便座。 トイレタンクの次に多いのが、このウォシュレットなど温水洗浄便座部分からの水漏れです。 水漏れ箇所は各パーツのジョイント部分、温水が噴き出すノズル部分、作動ボタンの裏側、タンクと給水ソケットの辺りがほとんどです。 ネジやパッキンなどの経年劣化が原因ならば、部品の交換で直る可能性もあります。 ただし、ウォシュレットは電化製品。 思った以上に細かなパーツで構成されている機械なので、「単純な水漏れ」ではなく「機械の故障」という可能性もあります。 そのため、「安易に修理して逆に大きなトラブルになった」「分解修理しようとしてコードに水がかかり火災になった」など、恐ろしいケースもあるとか! ウォシュレットの水漏れは素人判断で対処せずに、すみやかにプロにお任せすることをおすすめします。 ノズルが原因の場合の対処法 ウォシュレットのノズルが原因の場合は、ノズルを掃除・交換することになります。 まず止水栓を締めるのは他と同じですが、ノズル交換の際には、漏電防止のために必ず電源プラグを抜くのを忘れないようにしましょう。 ノズルが反応しないときやノズルから水が流れ続けているときは、リモコンの電池が切れている可能性もあります。 リモコン式の場合は、まず電池を交換して様子を見てみましょう。 それでも改善しない場合は、掃除や交換となります。 ウォシュレットのノズルは、ゴミなどが絡んでいると正常に動作しなくなるので、お掃除ボタンなどがある場合はそれで、ない場合は手動でノズルを引き出します。 掃除をしても改善しない場合は交換しましょう。 交換用のノズルはホームセンターやインターネットなどで購入できますが、メーカーに合わせたものが必要です。 メーカーや型番などによっては見つからないこともありますので、メーカーに問い合わせましょう。 ノズルは反時計回りに回せば外れます。 交換したら時計回りに回して取り付けます。 取り付けが終わったら、ボタンを再度押すか手動でノズルを元の位置に戻します。 ノズルの汚れについては、普段からこまめに洗浄ボタンで洗浄してトラブルを予防するといいでしょう。 トイレの床からの水漏れ 水漏れの中でもやっかいなのが、原因の特定しづらい床からの水漏れです。 トイレの床から水漏れした場合の原因はさまざま。 主にタンクや便器のビビ、排管の接続部分の劣化、給水パイプの破損などが挙げられます。 最初に原因の特定と応急処置のために、タオルを床に置いて一晩放置します。 すると、タオルの濡れ具合によって水漏れの箇所をある程度特定することができます。 たとえば、タンク付近なら便器とタンクの接続部分から、便器周辺ならヒビからの水漏れが疑われます。 排管の接続部分から水漏れしている場合は、パッキン部分が劣化している可能性があります。 パッキンはホームセンターで売っているので、購入して交換しましょう。 工具を使えば比較的簡単に修理できます。 しかし、タンクのヒビや給水パイプが破損している場合は自分で修理するのは難しいため、修理の専門業者に相談しましょう。 タオル方式でもあきらかな箇所が見当たらない場合、不具合の原因を特定するのは困難だといえます。 また難しい修理の場合、自分で無理に直そうとするとさらに事態を悪化させてしまう可能性があります。 少しでも無理だと判断した場合は、修理のプロに依頼してください。 全てのトラブルが自力で解決できるわけではない トイレの水漏れは、その種類や規模によっては自分で部品を用意したりして、わりと簡単に修理できる場合もあります。 しかし、もちろん全てのケースがそうではありません。 ここでは、自力での解決が困難なケース、自力で解決しようとするべきではないケースについて見ていきましょう。 ウォシュレットのトラブル 電池の交換やノズルの掃除くらいなら自分でできますが、操作パネルの電装系に問題がある場合は、自力での修理は困難です。 感電や火災の危険性があるので、無理に自分でやらないようにしましょう。 また、ノズルの故障についても、先端部分だけではなく給水をコントロールするバルブユニットに問題がある場合は自力での修理は難しいでしょう。 本体を分解しなくてはいけませんし、交換に必要な部品の入手は業者でなくてはできない場合も多いです。 便器内の詰まり 便器内の詰まりを自力で直そうとする場合は、主にラバーカップを用います。 しかし、おもちゃやスマホなどの固形異物を誤って流してしまった場合は、排水管に流さずに取り出さなくてはいけないので簡単に取れそうな場合を除いてラバーカップを使用してはいけません。 また、トイレットペーパーなどの流してもいいものが詰まっている場合でも、ラバーカップで5回程度試してみても改善されない場合は、重度の詰まりの可能性があります。 あまりしつこくやると詰まったものを配管の奥へ押し込んでしまい、さらに状況が悪化する可能性があるので見切りをつけて業者に依頼することをおすすめします。 自分で修理するときにはここに気をつけよう やむを得ず自分で修理するときには、気をつけなくてはいけないことがいくつかあります。 ここでは、トイレの水漏れを自分で修理する際に気をつけるべきポイントをまとめました。 電源プラグを抜く ウォシュレットなどの電源プラグがトイレのそばにある場合は、感電や火災の危険性があります。 作業をする前に、必ず電源プラグを抜いてから作業をするようにしましょう。 必ず止水栓を締める なにが原因の水漏れでも、まずは止水栓を閉めて水を止めておくことが大切です。 水を止めない状態で作業をすると、水が吹き出してさらに水漏れが悪化してしまいます。 また、ウォシュレットがついている場合はウォシュレット用の止水栓がありますが、間違えずに必ずトイレの方の止水栓を止めるようにしましょう。 自宅のトイレに合致した交換パーツを用意する パッキンが劣化している場合など、水漏れの状態によっては、パーツを交換しなくてはいけない場合があります。 自分で交換用のパーツを用意する場合は、事前に必ずトイレに合致したものを用意するようにしましょう。 でないと交換できなかったり、交換できても水漏れが収まらなかったりすることがあります。 市販のものが見つからなかったり、合うパーツがどれかわからなかったりする場合は業者に教えてもらいましょう。 便器やタンク本体の破損は業者に任せる パーツの交換や軽度の詰まりなら、道具やパーツがあれば自力でも修理が可能です。 しかし、便器やタンク本体に破損がある場合はそうもいきません。 こうした場合は便器やタンクを丸ごと取り替えることになります。 重量物なので、この場合は無理に自力でやろうとせず、業者に交換してもらったほうが賢明です。 日曜大工などに慣れていたり、分解や交換のための道具があったりするなら、自力でのトラブル解決も可能でしょう。 しかし、そうした作業に自信がない場合、水漏れが重度だったりタンクや便器の交換が必要な場合は、素直に業者に依頼するのが得策です。 水回りの作業には危険が伴いますし、水漏れの規模や度合いによっては自力での解決が困難な場合もあります。 そうしたときに無理に自力でやろうとするとかえって被害が拡大してしまうことも。。。 また、こうしたトイレのトラブルは早く解決しないと日常生活に支障が出てしまいます。 自分であれこれ試行錯誤するよりも、業者に頼んだほうがすばやく解決できます。 水道事業者には土日祝日、24時間365日いつでも対応してくれるところも少なくありません。 早朝や深夜でも対応してくれるので、早い解決を求めるなら業者に依頼するのが正解だといえます。 また、費用に関してですが、業者によって異なるのであらかじめ調べておくのもいいでしょう。 お得なキャンペーンを行っている業者もありますので、なるべく費用を抑えられるところがおすすめです。 参考までにおすすめ業者を記載しておきます。 トイレの水漏れ時におすすめの業者 水道救急センター 経歴10年以上の熟練されたスタッフは、さまざまな水漏れの原因も熟知。 丁寧かつスピーディな仕事により、最短30分で水まわりトラブルを解決します。 生産物賠償責任保険にも加入している点も注目すべきポイントです。 水漏れ修理費用:2,000円~ 昭和水道設備 8~22時・年中無休で対応可能となっており、素早く丁寧な対応が魅力の業者です。 全ての作業に保険が適用され、見積もり提示後の作業となるため安心です。 水漏れ修理費用:5,000円~ トイレ110番 スタッフが常に地域エリア内を巡回しているため、対応が早いと評判。 トイレの水漏れトラブルは5,000円~で、インターネットのホームページ割引もあり。 キャンセル料も無料で対応してくれます。 水漏れ修理費用:5,000円~ 自力で修理できるかどうかを見極めよう! トイレの水漏れが起こった際には、とにかく急いでどうにかしたいと思うのが心情です。 しかし、慌ててはいけません。 まず、最初に止水栓を締めて、それ以上水漏れが広がらないようにしましょう。 そして水漏れの原因箇所と状態を確認して下さい。 簡単な部品の交換で済みそうな場合や詰まりの状態が軽い場合は自力での修理も可能ですが、詰まりがなかなか改善しない場合や、便器が破損していたり、ウォシュレットのノズルが故障していたりする場合には速やかに業者に依頼しましょう。 そうしたトラブルは自力での解決が難しいばかりか、下手に手を出そうとするとかえって被害が拡大する可能性があるからです。 水道事業者によって費用は異なるので、あらかじめ安く済ませてくれる業者を調べておくと、いざというときに素早い解決が望めます。 くれぐれも、十分な安全や必要な道具がない状態で自力での修理を行おうとするのは止めましょう。 分解した部品がもとに戻せなくなったり、水が止まらなくなったりしたら大変です。 まずは自分で修理できるかどうかをきちんと判断して、なんとなくでやろうとするのは止めましょう。 [PR].

次の