梅雨 メール 挨拶。 季節の挨拶6月

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶(例文付き)

梅雨 メール 挨拶

スポンサーリンク 6月の書き出しの言葉(あらたまった相手) ・麦秋の候、 お変わりなくご活躍のことと お喜び申し上げます。 ・青田を渡る風もさわやかな 季節になりました。 ・うっとうしい梅雨とはいえ、 お健やかにお暮しのことと 存じます。 ・めっきり蒸し暑くなって まいりました。 ・今年は空梅雨とのことで ございます。 御地はいかがですか。 お見舞い申し上げます。 ・連日の雨に木々の緑も 深くなってまいりました。 ご家族様お元気で お過ごしの事と存じます。 ・街行く人もすっかり 夏の装いとなりました。 その節はたいへんお世話になり、 感謝いたしております。 ・長雨に心も沈みがちになりますが、 〇〇様は梅雨にもめげることなく、 ご活躍のことと拝察いたします。 ・梅雨寒の毎日ですが、 お風邪などめされていませんか。 ・今年の梅雨は例年と異なり、 弊地に大雨を降らせています。 御地はいかがでございますか。 6月の結びの言葉(あらたまった相手) ・季節の変わり目です。 お健やかにお過ごしくださるように お祈りいたします。 ・梅雨寒の日もございますので、 お風邪などめされませんよう、 くれぐれもお気をつけください。 ・薄暑のみぎり、一層のご健勝を ご祈念いたします。 ・あと一週間ほどで 梅雨明けの予報です。 十分ご自愛くださいませ。 ・今年もまた猛暑のようです。 あまり無理をされず、 ますますご活躍ください。 ・田植えなどでお忙しいと 存じますが、何卒ご自愛専一に なさってください。 6月の書き出しの言葉(親しい相手) ・長雨に心も沈みがちになりますが、 いかがお過ごしでしょうか。 ・何とも言えず蒸し暑い梅雨空です。 お元気でお過ごしですか。 ・今日は梅雨の晴れ間の 青空が広がりました。 お元気ですか。 ・雨が上がると初夏の陽気です。 いよいよ夏がそこまで来ているんですね。 ・くちなしの花が本当に 良い香りです。 もうそんな季節なんですね。 ・六月と言えばジューンブライド。 〇〇様の結婚式を思い出します。

次の

7月の季節の挨拶文例!手紙やメールで使える書き出しと結び、招待状やお礼状の例文も!

梅雨 メール 挨拶

7月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 7月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 なお「初夏の候」は、夏の初めの時節の意味ですが、暦の上での初夏は6月6日頃までとなるため、6月上旬までに使われる時候の挨拶です。 7月には使いませんのでご注意ください。 「盛夏の候」「盛暑の候」【7月上旬~8月上旬】 「盛夏の候」(せいかのこう)、「盛暑の候」(せいしょのこう)の「盛夏」・「盛暑」とは「夏の一番暑い時期」を表します。 時候の挨拶では、実際に一番暑い時期ではなく、暦の上で秋が始まる8月8日頃の「立秋」の前日まで使うのが一般的です。 「酷暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「酷暑の候」(こくしょのこう)の「酷暑」とは「きびしい暑さ」の意味です。 「盛夏の候」と同じく、8月8日頃の立秋の前日までに用います。 7月下旬から8月上旬の間で猛暑日が続く時などに使うのがよいでしょう。 「大暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「大暑の候」(たいしょのこう)の「大暑」とは二十四節気の季節の名称で、7月23日頃が「大暑」の日です。 そこから立秋の前日まで使うことができます。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>を参考にしてください。 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 7月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 また、私的に近い手紙の場合でも、ビジネスに関する手紙であれば「拝啓」「敬具」をつける手紙の基本スタイルで書くのがおすすめですので、例文に付け加えて利用してください。 【7月上旬】の慣用句と結びの言葉 ようやく梅雨も明け、本格的な夏が訪れましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろは一方ならぬお心づかいを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 梅雨明け十日の晴天が続いています。 〇〇様にはご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご支援を賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> これから夏本番ですが、どうかお元気でお過ごしくださいますようお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中にてご挨拶まで。 今年も酷暑になるのでしょうか。 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後ともご助力を賜りたく、伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎお知らせまで。 海開き、山開きの便りが届く頃となりましたが、〇〇様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお引き立てをいただきまして、まことにありがとうございます。 <例文> 暑い毎日が続きますが、〇〇様には一層のご健康をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、書中をもってお知らせいたします。 【7月中旬~下旬】の慣用句と結びの言葉 日を追うごとに暑くなりますが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 <本文> 暑さ厳しき折、ご自愛のほどお祈りいたします。 とりあえずご通知申し上げます。 今年の夏はひときわ暑いようですが、〇〇様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、お体には十分お気をつけください。 まずはとり急ぎお知らせまで。 【7月下旬】の慣用句と結びの言葉 暦の上ではもっとも暑い時期の大暑の候となりましたが、ますますお元気でお過ごしのことと存じます。 日ごろはご芳情にあずかり、ありがたくお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、〇〇様にはお健やかにお過ごしくださいますよう、心よりお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中をもちましてご案内申し上げます。 親しい方への夏の挨拶文と結びの言葉 親しくお付き合いをしている方へ、夏の挨拶を柔らかい言葉で書きたい時は次のような夏の挨拶文があります。 【7月上旬】 夏の到来を思わせるような太陽が照りつける毎日ですが、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。 いつもなにかとお世話くださり、本当にありがとうございます。 <本文> これからもどうか変わらぬお力添えをいただきたく、お願いいたします。 末筆になりましたが、お健やかにお過ごしくださいますよう、祈念いたします。 【7月中旬~下旬】 厳しい暑さの毎日が続いていますが、お変わりございませんか。 日ごろはご無沙汰いたしまして大変申しわけございません。 <本文> 今後ともどうぞ従来どおりご指導くださいますよう、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご自愛のほど心からお祈りいたします。 7月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 7月の時候・季節の挨拶を取り入れた「招待状」と「お礼状」の例文を紹介します。 「招待状」の例文(7月) 拝啓 大暑の候、〇〇様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、このたび… を下記の通り開催いたします。 つきましては、… ご多忙中まことに恐縮ではございますが、ぜひご出席賜りますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お礼状」の例文(7月) お中元のお礼状の例文 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり、まことにありがたくお礼申し上げます。 さて、このたびは結構なお中元の品を賜り、まことにありがとうございました。 平素は一方ならぬご支援ご協力をいただいておりますうえに、このようなお心づかいをいただき、恐縮いたしております。 酷暑の折から、皆様のご健勝と貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎ書中にてお礼申し上げます。 出席いただいたことへのお礼状の例文 拝啓 日ごとに暑さが厳しくなりますが、〇〇様にはお元気でお過ごしの由、お喜び申し上げます。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、… にご出席いただき、まことにありがとうございました。 これからも… 今後とも変わらぬご厚誼のほど、 伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎ書面にて、お礼申し上げます。 敬具 まとめ 7月は梅雨が終わっていよいよ夏本番という季節のため、上旬には「初夏」の言葉を使いたくなってしまいますが、暦の上での初夏は6月6日頃までのため、「初夏」の季語は7月には用いませんので注意してください。 初夏を表す挨拶文としては、上に紹介したような、これから日一日と暑くなることに触れるような口語調の言葉を使います。 7月に使う「〇〇の候」の慣用句では初夏を表す言葉はないようです。 7月の結びの言葉には、暑さをねぎらうような言葉も工夫して入れてみてください。

次の

7月の季節の挨拶文例!手紙やメールで使える書き出しと結び、招待状やお礼状の例文も!

梅雨 メール 挨拶

サクッと流し読み• はがきの基本構成は4つ。 まずはおさらいしてみましょう。 まず、はがきの基本的な書き方をおさらいしてみましょう。 はがきの構成は手紙と同じで、 『全文、主文、末文、後付け』という4つの部分から構成されます。 はじめに、 『前文』には、よく聞く 「拝啓」などの頭語や時候の挨拶を書きます。 そして、 『主文』には、その 手紙の本題を。 次に 『末文』は 結びの言葉と「敬具」などの結語を書きます。 最後に 『後付け』は、 日付や差出人の署名、宛て名などを書きますね。 一応、まとめておくと次のような流れになります。 はがきの構成• 前文・・・頭語や時候の挨拶• 主文・・・手紙の本題• 末文・・・結びの言葉と結語• 後付け・・・日付と差出人の署名、宛名など ここまではいいでしょうか?? では、次にお礼状を具体的に書くにはどのように書いたらいいかをご説明します。 お中元の時期に一番悩む時候の挨拶。 7月初旬とその後で使い分けるとよいでしょう。 お礼状を書こうと思ったときに一番悩むのは 時候の挨拶ではないですか? お中元を頂くのは、現代ではだいたい 7月1日から7月15日の間となっています。 その7月の時候の挨拶で一般的なものは 「盛夏の候」ですが、これは いよいよ暑さが本格的になる時期に使われる言葉ですよね。 でも、7月初めはまだ梅雨も明けきらず、じめじめと肌寒い日がありますから、「盛夏の候」では少し違和感を感じる年もあるでしょう。 そんな年はなんて書いたらいいのでしょうか。 これについては、 もし梅雨明け前の7月初旬(6日頃)までなら「向暑の候」を使い、その後だと「盛夏の候」を使うという風に時候の挨拶を使い分けるのがおすすめです。 では、最後に「向暑の候」(盛夏の候)を使って例文を作ってみましょう。 梅雨明け前の7月初旬にお礼状を書くときの文例 お礼状(ビジネス編)例文 『拝啓 向暑の候(盛夏の候)、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素よりご交誼を賜り深謝申し上げます。 さて、この度は結構なお中元のお品をいただき、誠にありがとうございました。 こちらから時節のご挨拶を申し上げるべきところ、お心遣いのお品を頂きましたこと厚く御礼申し上げます。 これより、いよいよ暑さが厳しくなってまいります。 皆様のご健康と貴社のいっそうのご繁栄をお祈り申し上げます。 敬具』 はがきでお礼状を書く場合には、「敬具」のあとに、日付や宛先の会社と宛名を左側、自分が所属する会社名と名前を右側に書きます。 もし、OA用紙に印刷する場合には、この敬具のあとに書いた日付や宛先の会社、宛名などは文書の先頭に来ることに注意しましょう。 梅雨がダラダラと続くときは?? もし、ちっとも夏になったような気がしない年であれば、「 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃いかがお過ごしでしょうか?」のように、口語調の時候の挨拶も使えますので覚えておくとよいでしょう。 まとめ:お礼状はお中元をいただいてから3日以内には出しましょう。 今回はお中元のお礼状を梅雨の時期にハガキで書く場合についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 忘れてはいけないのが、ビジネスの場合は、 お中元を頂いたら遅くとも 3日以内にはお礼状を出すようにすること。 また、その際、もしお中元をいただいた相手が取引先の方など、仕事上、日頃から付き合いがある場合などは、文面が会社内で決まっている場合もあるでしょうから、一旦は過去の例文がないかどうか上司の方に確認してみるとよいでしょう。 今後の関係もありますので、個人で判断する前に、まずは上司に扱いを確認することも大切ですね。 さらに、個人的にお中元をいただいた場合でも、ビジネスの場合とお礼状の基本的な書き方は変わりませんので、安心していただければと思います。 どんな時候の挨拶の言葉を使えばいいか、手紙を書く際には毎回悩まされますが、大事なことは 「その手紙で何を一番に伝えたいか」ということです。 たかが一枚の定型的なハガキと考えず、しっかり感謝の気持ちを込めるようにしたいですね。

次の