早い回答ありがとう 英語。 英語で「素早い対応ありがとうございます」は何て言うの?

ビジネスメールでの敬語の使い方!早い返信へのお礼編

早い回答ありがとう 英語

質問に回答をもらったらそこで終わりではない 就職活動をしていると、採用担当者に質問メールを送る機会があります。 採用担当者から質問に対する回答がきた際、「回答をもらったからもういいや」と回答をもらった時点でやり取りを完結してしまう人もいるでしょう。 しかし、自分の質問に対して採用担当者から回答をもらっておいて、一方的にメールのやり取りを終わりにするのはマナー違反です。 質問への回答をもらったとき、基本的なマナーを踏まえて適切な対応をしなければ、採用担当者に悪い印象を与えてしまう可能性もあります。 質問への回答をもらったときの対応を、しっかり把握しておきましょう。 回答を貰ったらお礼のメールを送ろう 回答をもらったら、必ずお礼のメールを送りましょう。 普段の生活でも、誰かに質問して回答してもらったら、回答してくれたことに対してお礼を述べるのが当たり前です。 一方的に質問して、回答をもらっても何も返信しないということは、非常に失礼な行為といえます。 就職活動でも、質問に回答してもらったらお礼を述べるのが礼儀です。 問題解決したことに対してお礼を述べる 採用担当者に質問をしたということは、自分が採用選考に対してわからないことがあったということです。 そして採用担当者から回答をもらえたら、自分が悩んでいた問題が解決したということです。 問題を解決してくれたことに対して、採用担当者にお礼を述べましょう。 採用担当者は採用活動だけでなく、日常業務にも追われています。 そんな忙しいなかで、こちらの質問に回答してくれたことに対して、お礼をいうのは最低限の礼儀です。 採用担当者からしてみれば、せっかく回答したのに何の返信もないということに対していい気はしないでしょう。 また、返信がないと回答がきちんと相手に届いているのか心配になる場合もあります。 採用担当者に余計な気を遣わせないためにも、お礼のメールを送りましょう。 望む答えが得られなかった場合もお礼のメールを 質問への回答が、自分が望むような答えではない場合もあります。 望んでいた回答ではなかった場合でも、採用担当者が業務に忙しい中で、回答作成に時間を割いてくれたことや手間がかかったことに変わりはありませんので、お礼をする必要があります。 質問への回答が、自分が望む回答と違っていた場合は、採用担当者からの回答を読んでがっかりするかもしれません。 しかし、自分が望む回答はこちらが勝手に望んでいるだけですので、採用担当者には関係ありません。 望んでいた回答ではなかった場合も、きちんとお礼のメールを送るのが礼儀といえます。 36個の質問に答えて自己分析をしよう 企業への印象をよくするためにメールマナーは大切ですが、今後の就活では 自己分析もしっかりとしておく必要があります。 そんな時に活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 回答をもらった時のお礼メールの書き方とマナー 「質問への回答をもらったけど、どのようなお礼のメールを送ればいいかわからない」という就活生は多いです。 採用担当者にメールを送るときは、普段友達に送るメールとは違い、メールの書き方とマナーを守る必要があります。 メールの書き方やマナーを守れていないと、一般常識がないと思われてしまう可能性があります。 メールの書き方やマナーを守れていなかったせいで悪い印象を与えてしまわないように、お礼メールの書き方とマナーを把握しておきましょう。 メールの返信は24時間以内がベスト 採用担当者から質問への回答をもらったら、できるだけ早めにメールを返信しましょう。 お礼メールの返信は早ければ早いほどよいです。 お礼メールは早めの返信が必須ですが、深夜や早朝のメール返信は避けましょう。 ビジネスメールのマナーとして、緊急の場合を除いては就業時間内にメールを送るというマナーがあります。 採用担当者が会社のパソコンに送られたメールを、普段持ち歩いている端末に転送していた場合は、就業時間外でも相手にメールが届いてしまいます。 就業時間外に採用担当者にメールを確認させないようにしましょう。 早めにメールを返信するのはよいことですが、メールを送る前に時間を確認することが大切です。 件名は変えずにそのまま返信を メールの返信をするときは、件名は変えずにそのまま返信するようにしましょう「Re:」を残して返信することで、件名を見ただけでメールの内容が判断できます。 採用担当者は採用活動以外にも日常の業務がたくさんあります。 そんな多忙な中で、メールの件名がわかりにくかったら、メールの重要度を判断できません。 お礼メールは重要度が高いメールではないため、相手が都合のよいタイミングでみてもらえるようにしましょう。 また、お礼メールに返信するときは、新規でメールを作成しないようにしましょう。 返信を新規のメールでしてしまうと、ツリー構造が壊されてしまいます。 ツリー構造で前回のメールが残っていると、どのようなやり取りをしたかがすぐにわかります。 相手が少しでも効率よく業務ができるように、配慮することが大切です。 お礼を述べるときは具体的に お礼のメールを返信するときは、メールの内容にも気を付けましょう。 「お礼のメールだから、ありがとうございますだけでいいや」と考えるのは間違いです。 採用担当者は忙しいなかで、時間を割いて回答してくれています。 そんな回答に対して、ありがとうございますだけでは淡泊な印象を与えてしまいます。 ありがとうございますだけでなく、何に対して感謝するのか、回答をもらったことで自分がどうなったか、どう感じたかなどを具体的に書くようにしましょう。 このようなメールを送ることで、採用担当者の印象に少しでも残れば、その後の採用選考で有利になる可能性もあります。 就職活動の中で、採用担当者と接するときには、どのような場面でも「自分をアピールできないか」と考えるようにしましょう。 追加で質問がある場合はまとめて聞く 相手の回答をみて、追加で質問したいことが思いつくこともあるでしょう。 その場合は、追加の質問をなるべくまとめてから聞くようにしましょう。 質問を思いつくたびにメールを送っていては、相手に迷惑がかかってしまいます。 メールを一つひとつ返させることがないように、きちんと質問事項が出揃ってから聞くのがマナーです。 また、質問内容が自分で調べれば分かるものでないか、確認を忘れずにしておきましょう。 相手が貴重な時間を割いて対応してくれているということを、理解しておくことが大切です。 参考にしたいお礼のメール例文 お礼のメールを返信する時、どのような内容のメールを送ればいいか悩む就活生は多いです。 お礼のメールを作成するときに悩まないように、お礼のメール例文を紹介します。 ただし、例文はあくまでも基本的な内容なので、そのまま使っても採用担当者の印象には残らないでしょう。 回答をもらって自分がどうなったか、どう感じたかということなどを付け加えることによって、自分をアピールするメールになります。 例文を参考にして、自分なりのメールを作るようにしましょう。 この度は、会社説明会の日程について、 早急にご返信いただき誠にありがとうございます。 お忙しいなか、ご丁寧に対応いただき感謝いたします。 取り急ぎ、回答の御礼を申し上げます。 また、メールの一番最後には署名をつけるのを忘れないようにします。 日程に対する回答をもらっても、ありがとうございますだけでは印象に残りません。 採用担当者の印象に残るために、企業のどこに興味があり、どんな仕事をしたいのかということを書くという手があります。 この度は、急な問い合わせにもかかわらず、 早急にご返信いただき誠にありがとうございます。 お忙しいなか、ご丁寧に対応いただき感謝いたします。 取り急ぎ、回答の御礼を申し上げます。 企業説明会の際に質問する機会はありますが、その場で質問できなかったり、後から気になることが出てきた場合には、メールで質問するという手があります。 回答に対するお礼メールでは、回答をもらってどのように感じたかということを書くようにしましょう。 自分がその企業のどこに興味を持っているかという点も書くと、相手の印象に残りやすいです。 コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか? そんな時は、を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。 コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。 回答をもらったらお礼メールを必ず送ろう 採用担当者に質問して回答をもらった場合、お礼のメールを送ることは最低限のマナーです。 採用担当者にメールを送る場合は、時間帯やメールのマナーに注意しながら送りましょう。 メールのマナーが守られていないと、それだけで採用担当者が悪い印象を持つ可能性があります。 就職活動では、常に自分をアピールするということを考えることが大切です。 お礼のメールも、ただ送るだけではなく、いかに自分をアピールするメールを送れるかということを考えましょう。 メールの内容はテンプレのまま送るのではなく、自分だけが書けるような内容にすることで、自分をアピールできます。 お礼メールを正しく送って、内定に一歩近づきましょう。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

英語のビジネスメールで「お礼」!感謝を伝える丁寧表現18選!

早い回答ありがとう 英語

こんにちは。 5/18のご質問ではお返事を有難うございました。 1で回答されているような英文でいいと思います。 1.earlyを比較級にすれば、「早ければ早いほど」のニュアンスが出ます。 An earlier reply would be appreciated. 「返事がより早くなれば、有難いです。 」 2.このwouldは仮定法の帰結の婉曲用法ですが、条件節にあたるif節は、ここでは主語に隠されています。 そこから「返事がより早くなれば」という訳出になるのです。 3.主語を同義の他の名詞に変えたり、比較級を手節に持ってくることも可能です。 Your rapid reply would be more appreciated. 「迅速なお返事であれば、なお有難いです。 」 4.他にも締めの挨拶として Thanking for your rapid reply in advance, 「迅速なお返事を予めお礼申し上げつつ」 と結んで相手の迅速な返事を促す表現もあります。 5.また、より直接的であれば Thanking for your reply as soon as possible, 「できるだけ早いお返事を願いつつ、」 などもあります。 この場合のThankingは「~を願って」という主観的な願いを婉曲的に伝える用法になります。 ただ、as soon as possibleは相手を追い立てる表現で、礼節の面からはあまり好ましくありませんが、どうしても必要な場合は仕方ありません。 以上ご参考までに。 いかにも日本的な気配りと優しさに感心しました. しかし,たとえばアメリカやカナダなどの多人種環境の職場とかでは明確な指示でないと管理者失格です. ビジネスでは,異人種の部下などには,日本人からすれば命令口調に聞こえても,むしろ明確さの方が重要ですし,指示される方もありがたいのです.丁寧さや優しさを表現することに気をとられると,表現がかえって冗長になりあいまいになり信頼を失うことすらあります.日本人管理者の良い点でもあり良くない点でもあります. 「できれば早い方がありがたいのですが…」などという表現は避けたいものです. 「いつまでに」,「何を」,「どの程度の内容で」,「どんな形式(表現)で」,「どうする」かが重要です.補足として,背景や目的を伝えます.メールの場合はとくに具体的に. そこまで伝えれば,30分程度の仕事なら,ASAP とか,Thank you for your prompt action. で十分です.「業務命令だ」などと部下が被害者意識を感じることはありません. 口頭なら,ASAPなどとは言いにくいですが,メールでは簡潔でも必要十分な指示が大事です. 英語表現の問題ではなく,何をして欲しいか具体的に伝えることの方が大事なのですね. Gです。 ごめんなさい、私が日本語をあまりよく理解できていなかったようですね。 これは、その上司がどのような部下を持っており、どのように扱えばいいか、そしてその判断をする状況によって表現が変わってきます。 早ければ早い方がいい、と言い切ったほうがいい時もあるでしょう。 まだ、忙しいとは思うけどちょっと他の事は後回しでいいからまずこれをやってもらえないか、といった方がいい時もありますね。 上司とは部下のやる事に対しての指図に責任を持っています。 責任感と言う物を重要視するこちらのビジネス社会では、部下への指図を「方程式に判断する」事を嫌います。 下手をするととばっちりが降りかかってくるからですね。 ですから、Do it immediately. と言うときもありますし、Forget about other things now, I want you to work on it now. と指図をするときもあります。 子ども扱いされていると思うのはあまり無いでしょうね。 ボスが言うのですから後回しになるのは上司の責任だ、と言うことが分かっているからなのです。 もちろん、ボスもそれを知っているわけですから、Make sure to get back on the things that you were working on, OK? なんて釘を刺す必要があると判断すれば言う事になるでしょう。 ボスが憎まれ口を叩かれるのがいやだ、と言う性格であれば、ボスは務まりません。 部下から憎まれてもやる勇気が必要なのですね。 大統領なんて長たるものです。 何をやっても誰か必ず憎む国民はいるのですから。 また、「頼み込む」方法を取りすぎると、これもまたしっぺ返しを「食い」ます。 (食べますとは言わない<g>) 強い上司、しかし、厳しい判断もしなくてはならない事は部下に見せる上司、何がおきても責任を取れるだけの総合的の統合が出来るのであれば問題は起こらないのですね。 しかし、たまには、命令的な方法を取らず少しは思いやりを入れた表現もしなくてはなりません。 その部下が気に入らなくても、精神的に参っている時にも、部下を導いていける指図は必要ですね。 ですから、たまには、Hey Jack, I know you are busy but do me a favor. I need this done immediately. "Would you do it for me now? 'と言う表現だって悪くは無いのですね。 いつもだったら命令調でいるからこそ、このwould youはフィーリングがこもってくるわけです。 いつも、丁寧の方が良いと参考書に書いてあるからといってwould youを遣ったっていつものとおりじゃんと言うことで緊急さを感じてもらえない事になってしまうわけです。 アメリカのできる上司は普段は優しいようでいて責任を持ちながら命令する時は厳しさを感じさせるものなのですね。 あたりだけよくて、部下を引っ張るのではなく、部下にやってもらうと言うような指揮を取っていては結局部下になめられるわけです。 上司は上司としての実力がなければならないと言うことになるわけです。 部下にでも分かるような間違いを平気で何度もやっておかしいと感じない、指揮を取る、教える、と言う立場であれば、一発で突っ込まれると言うことにもなるわけですね。 部下は上司の間違いに対して指摘してはいけないなんていうルールでビジネスをやるわけには行かないわけです。 実力が物を言うと言うのはこのような上司としても実力もその人の上司だけでなく部下も「評価されてしまう」社会なのですね。 よって、 Would you please do this for me immediately? Please put the priority on this. また、指図と言うよりもモチベーションを促すと言う意味合いでも、 Can you finish this in 25 minutes? チーム意識を出した、 Can we get this done in 25 minutes? 協調性を求めた、 Do you wanna try and finish this in 25 minutes? チャレンジ精神の確認で、 How long do you need to finish this? 26 25ではなく)minutes? Will you finish this no later than 25 minutes? 上司として、急いでいるのが分かっているのに、曖昧なas soon as possibleなんていっている暇は無いのです。 できるだけ具体的に「いつまでに終わらせてもらいたい」と言うこと伝えるわけです。 そうする事で、部下もどれだけ急がなくてはならないのかが分かるわけでし、大学生も分かる指示を与えてある、と言う確認にもなるわけです。 今度はちょっと求めている事に近づいたでしょうか。 そうでなければまた書いてください。 最後まで必ず付き合います。 Gです。 こんにちは!! また私なりに書いてみますね。 どういう表現をするかと言うと、状況を説明する事になります。 (ビジネスの中での「嘘」かもしれません。 ) しかし、切羽詰った状況を説明する事で、ビジネスでのパートナー意識を引き出す事が出来るわけですね。 お客を満足させるか製造工程に問題を起こさせないように、協力を頼んでいるわけです。 確かに期待しているよりも長い文章です。 しかし短ければ短いほど、それなりにビジネスとしてはそっけない表現となってしまうわけです。 しかし、そっけない態度でもかまわないと言う考えがあったり、それを正当化するだけの注文額を長年出していてかなり優位にいると言うのであれば、それなりに、きつい表現もいいでしょう。 As we need the products urgently, please expedite this order. と言う風に、することも出来ますが、ここでもビジネスと言う観念は忘れていません。 Iと言う私がそう感じているのではなく「我々We」が感じていると言う会社と会社との付き合いのことを言っている事を示したり、営業や購買部では普通に使う「出荷・生産・オーダープロセスなどを急ぐ」と言う意味のexpediteと言うビジネス現場表現をも使っているわけですね。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。 質問内容にあるように,場面は,仕事の依頼先はクライアントや上司ではなく,部下や自分の雇っている人の場合で,仕事自体は30分もあればできるものなのでした。 ですので,大げさな依頼ではなく,コンスタントにお願いしているものを「これはちょっと急いでるんです」とメールに「簡潔に」表現したかったのです。 ただ,日本語もそうですが,単に「急ぎです」「できるだけ早くで」など,書き方によっては受け手は「なんだ,偉そうに」とモチベーションが変わると思ったので,よい英語表現がないかなと思ったのです。 こういうのは確かに経験がものを言うのであって,いくら辞書を見ても難しいですよね…。 製造や受注のような比較的大きなビジネスシーンというよりは,もっと小さい範囲でスタッフがモチベーションをもってやっていただける表現を学んでいたところです。 ですが,もちろんGさんからいただいた情報と例文は別の状況で参考にさせていただきます! ありがとうございました。

次の

「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

早い回答ありがとう 英語

質問に回答をもらったらそこで終わりではない 就職活動をしていると、採用担当者に質問メールを送る機会があります。 採用担当者から質問に対する回答がきた際、「回答をもらったからもういいや」と回答をもらった時点でやり取りを完結してしまう人もいるでしょう。 しかし、自分の質問に対して採用担当者から回答をもらっておいて、一方的にメールのやり取りを終わりにするのはマナー違反です。 質問への回答をもらったとき、基本的なマナーを踏まえて適切な対応をしなければ、採用担当者に悪い印象を与えてしまう可能性もあります。 質問への回答をもらったときの対応を、しっかり把握しておきましょう。 回答を貰ったらお礼のメールを送ろう 回答をもらったら、必ずお礼のメールを送りましょう。 普段の生活でも、誰かに質問して回答してもらったら、回答してくれたことに対してお礼を述べるのが当たり前です。 一方的に質問して、回答をもらっても何も返信しないということは、非常に失礼な行為といえます。 就職活動でも、質問に回答してもらったらお礼を述べるのが礼儀です。 問題解決したことに対してお礼を述べる 採用担当者に質問をしたということは、自分が採用選考に対してわからないことがあったということです。 そして採用担当者から回答をもらえたら、自分が悩んでいた問題が解決したということです。 問題を解決してくれたことに対して、採用担当者にお礼を述べましょう。 採用担当者は採用活動だけでなく、日常業務にも追われています。 そんな忙しいなかで、こちらの質問に回答してくれたことに対して、お礼をいうのは最低限の礼儀です。 採用担当者からしてみれば、せっかく回答したのに何の返信もないということに対していい気はしないでしょう。 また、返信がないと回答がきちんと相手に届いているのか心配になる場合もあります。 採用担当者に余計な気を遣わせないためにも、お礼のメールを送りましょう。 望む答えが得られなかった場合もお礼のメールを 質問への回答が、自分が望むような答えではない場合もあります。 望んでいた回答ではなかった場合でも、採用担当者が業務に忙しい中で、回答作成に時間を割いてくれたことや手間がかかったことに変わりはありませんので、お礼をする必要があります。 質問への回答が、自分が望む回答と違っていた場合は、採用担当者からの回答を読んでがっかりするかもしれません。 しかし、自分が望む回答はこちらが勝手に望んでいるだけですので、採用担当者には関係ありません。 望んでいた回答ではなかった場合も、きちんとお礼のメールを送るのが礼儀といえます。 36個の質問に答えて自己分析をしよう 企業への印象をよくするためにメールマナーは大切ですが、今後の就活では 自己分析もしっかりとしておく必要があります。 そんな時に活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 回答をもらった時のお礼メールの書き方とマナー 「質問への回答をもらったけど、どのようなお礼のメールを送ればいいかわからない」という就活生は多いです。 採用担当者にメールを送るときは、普段友達に送るメールとは違い、メールの書き方とマナーを守る必要があります。 メールの書き方やマナーを守れていないと、一般常識がないと思われてしまう可能性があります。 メールの書き方やマナーを守れていなかったせいで悪い印象を与えてしまわないように、お礼メールの書き方とマナーを把握しておきましょう。 メールの返信は24時間以内がベスト 採用担当者から質問への回答をもらったら、できるだけ早めにメールを返信しましょう。 お礼メールの返信は早ければ早いほどよいです。 お礼メールは早めの返信が必須ですが、深夜や早朝のメール返信は避けましょう。 ビジネスメールのマナーとして、緊急の場合を除いては就業時間内にメールを送るというマナーがあります。 採用担当者が会社のパソコンに送られたメールを、普段持ち歩いている端末に転送していた場合は、就業時間外でも相手にメールが届いてしまいます。 就業時間外に採用担当者にメールを確認させないようにしましょう。 早めにメールを返信するのはよいことですが、メールを送る前に時間を確認することが大切です。 件名は変えずにそのまま返信を メールの返信をするときは、件名は変えずにそのまま返信するようにしましょう「Re:」を残して返信することで、件名を見ただけでメールの内容が判断できます。 採用担当者は採用活動以外にも日常の業務がたくさんあります。 そんな多忙な中で、メールの件名がわかりにくかったら、メールの重要度を判断できません。 お礼メールは重要度が高いメールではないため、相手が都合のよいタイミングでみてもらえるようにしましょう。 また、お礼メールに返信するときは、新規でメールを作成しないようにしましょう。 返信を新規のメールでしてしまうと、ツリー構造が壊されてしまいます。 ツリー構造で前回のメールが残っていると、どのようなやり取りをしたかがすぐにわかります。 相手が少しでも効率よく業務ができるように、配慮することが大切です。 お礼を述べるときは具体的に お礼のメールを返信するときは、メールの内容にも気を付けましょう。 「お礼のメールだから、ありがとうございますだけでいいや」と考えるのは間違いです。 採用担当者は忙しいなかで、時間を割いて回答してくれています。 そんな回答に対して、ありがとうございますだけでは淡泊な印象を与えてしまいます。 ありがとうございますだけでなく、何に対して感謝するのか、回答をもらったことで自分がどうなったか、どう感じたかなどを具体的に書くようにしましょう。 このようなメールを送ることで、採用担当者の印象に少しでも残れば、その後の採用選考で有利になる可能性もあります。 就職活動の中で、採用担当者と接するときには、どのような場面でも「自分をアピールできないか」と考えるようにしましょう。 追加で質問がある場合はまとめて聞く 相手の回答をみて、追加で質問したいことが思いつくこともあるでしょう。 その場合は、追加の質問をなるべくまとめてから聞くようにしましょう。 質問を思いつくたびにメールを送っていては、相手に迷惑がかかってしまいます。 メールを一つひとつ返させることがないように、きちんと質問事項が出揃ってから聞くのがマナーです。 また、質問内容が自分で調べれば分かるものでないか、確認を忘れずにしておきましょう。 相手が貴重な時間を割いて対応してくれているということを、理解しておくことが大切です。 参考にしたいお礼のメール例文 お礼のメールを返信する時、どのような内容のメールを送ればいいか悩む就活生は多いです。 お礼のメールを作成するときに悩まないように、お礼のメール例文を紹介します。 ただし、例文はあくまでも基本的な内容なので、そのまま使っても採用担当者の印象には残らないでしょう。 回答をもらって自分がどうなったか、どう感じたかということなどを付け加えることによって、自分をアピールするメールになります。 例文を参考にして、自分なりのメールを作るようにしましょう。 この度は、会社説明会の日程について、 早急にご返信いただき誠にありがとうございます。 お忙しいなか、ご丁寧に対応いただき感謝いたします。 取り急ぎ、回答の御礼を申し上げます。 また、メールの一番最後には署名をつけるのを忘れないようにします。 日程に対する回答をもらっても、ありがとうございますだけでは印象に残りません。 採用担当者の印象に残るために、企業のどこに興味があり、どんな仕事をしたいのかということを書くという手があります。 この度は、急な問い合わせにもかかわらず、 早急にご返信いただき誠にありがとうございます。 お忙しいなか、ご丁寧に対応いただき感謝いたします。 取り急ぎ、回答の御礼を申し上げます。 企業説明会の際に質問する機会はありますが、その場で質問できなかったり、後から気になることが出てきた場合には、メールで質問するという手があります。 回答に対するお礼メールでは、回答をもらってどのように感じたかということを書くようにしましょう。 自分がその企業のどこに興味を持っているかという点も書くと、相手の印象に残りやすいです。 コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか? そんな時は、を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。 コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。 回答をもらったらお礼メールを必ず送ろう 採用担当者に質問して回答をもらった場合、お礼のメールを送ることは最低限のマナーです。 採用担当者にメールを送る場合は、時間帯やメールのマナーに注意しながら送りましょう。 メールのマナーが守られていないと、それだけで採用担当者が悪い印象を持つ可能性があります。 就職活動では、常に自分をアピールするということを考えることが大切です。 お礼のメールも、ただ送るだけではなく、いかに自分をアピールするメールを送れるかということを考えましょう。 メールの内容はテンプレのまま送るのではなく、自分だけが書けるような内容にすることで、自分をアピールできます。 お礼メールを正しく送って、内定に一歩近づきましょう。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の