ポケモン剣盾ポケモンホーム。 【ポケモン剣盾】過去作のポケモンを送る方法【ソードシールド】

「ポケモンホーム」を使って過去作ポケモンを最新作「ポケモン剣盾」に転送する方法

ポケモン剣盾ポケモンホーム

ポケモンソード・シールド: ポケモンソード・シールドとポケモンHOMEの間ではNintendo Switch版ポケモンHOMEのみで、ポケモンを預けたり引き出すことができる。 現時点でソード・シールドでポケモンHOMEから引き出すことができるポケモンは、、に限られる。 今後、追加ダウンロードコンテンツやアップデートによりソード・シールドに送ることができるポケモンは追加される。 参考:• ポケモンピカ・ブイ: ポケモンピカ・ブイとポケモンHOMEの間ではNintendo Switch版ポケモンHOMEのみで、ポケモンを預けたり引き出すことができる。 ポケモンピカ・ブイからポケモンHOMEに預けたポケモンは、再びポケモンピカ・ブイに戻すことが可能。 ただし、一度でも他のソフトで引き出したことがあるポケモンは、ポケモンピカ・ブイに戻すことができなくなる。 ポケモンGO: 2020年2月のリリース時点ではポケモンHOMEはポケモンGOに未対応となるが、将来的には連携できるようになる予定。 ポケモンバンク: 過去のポケモン本編シリーズで仲間にしたポケモンは、Nintendo Switch版とスマートフォン版のポケモンHOMEで、を通してポケモンHOMEに連れて来ることができる。 一度ポケモンバンクからポケモンHOMEに送ったポケモンは、再びポケモンバンクに戻すことはできない。 スマートフォン版のポケモンHOMEには4つの交換機能があり、スマートフォン同士でポケモン交換ができる。 交換機能 詳細 ミラクルボックス 世界中の人とランダムでポケモン交換ができる機能。 ミラクルボックスにポケモンを預けておくと、ポケモンHOMEを起動していない状態でも自動的に相手を探して交換してくれる。 一度に複数のポケモンを預けておくことも可能。 GTS 交換に出すポケモンと、欲しいポケモンを設定すると、条件に合う相手を自動で探してポケモン交換ができる機能。 欲しいポケモンの種類・性別・レベル・タイトルを設定することができる。 グループ交換 最大20人のグループを作り、集まった人たちで一同にポケモン交換をすることができる機能。 グループ内からランダムで選ばれた相手とポケモン交換が行われる。 フレンド交換 近くにいるフレンド登録したポケモンHOMEのユーザー同士でポケモン交換ができる機能。 「ミラクルボックス」はプレミアムプラン 有料 に加入することで一度に交換に出すことができるポケモンの数が3匹から10匹に増加する。 「GTS」はプレミアムプラン 有料 に加入することで一度に交換に出すことができるポケモンの数が1匹から3匹に増加する。 「グループ交換」の新規グループ作成の機能はプレミアムプラン 有料 に加入することで利用できるようになる。 フリープランの場合、他の人が作ったグループに参加することのみ可能。 「フレンド交換」は16歳未満は利用不可。 キャンペーン: ポケモンHOMEの配信を記念して、2020年2月12日 水 ~3月12日 木 の期間限定で「」「」を無料で利用できるキャンペーンが実施される。 ただし、キャンペーン期間中であっても、ポケモンバンクからポケモンHOMEにポケモンを引っ越しさせるにはプレミアムプラン 有料 への加入が必要となる。 初期設定: スマートフォン版ではアプリ開始時に言語に加えて地域・誕生日・名前・ユーザーアイコンを設定する。 これらの情報はポケモン交換時などに利用される。 誕生日以外の設定は後から変更することも可能。 選べるユーザーアイコンは初期状態では以下の8種類。 ・赤・緑主人公 ・金・銀主人公 ・ルビー・サファイア主人公 男の子 ・ルビー・サファイア主人公 女の子 ・ダイヤモンド・パール主人公 男の子 ・ダイヤモンド・パール主人公 女の子 ・ブラック・ホワイト主人公 男の子 ・ブラック・ホワイト主人公 女の子• ダイオーキド: ダイオーキドはポケモンHOMEの管理をしている自称・偉大なポケモン研究家。 オーキド博士の親戚と思われる。 全てのポケモンが登録されたポケモン図鑑の完成を目指している。 モンボー: モンボーはダイオーキドの助手でポケモンHOMEの各機能を解説してくれるモンスターボールを模したマスコットキャラクター。 Nintendo Switch版ではJoy-Conの「-」ボタンを押すと現在のページの使い方を説明をしてくれる。 スマートフォン版ではアプリ内の各ページを初めて開いたときに使い方を説明をしてくれる。 ポケモン配布: Nintendo Switch版・スマートフォン版の両方で初回特典としてがもらえる。 また、スマートフォン版ではアプリ開始時にダイオーキドから・・の中から好きなポケモンを1匹もらうことができる 3匹とも隠れ特性を所持。 その他、アプリ内の実績等に応じてポケモンがもらえることがある。 詳しくはを参照。 Nintendo Switch版 ver1. ポケモンHOMEからソード・シールドに連れて出したポケモンがヨロイ島図鑑に登録されない不具合を修正。 ver1. 「ポケモンソード・シールド エキスパンションパス」の追加DLC第1弾「鎧の孤島」に対応。 スマートフォン版 ver1. 「ポケモンソード・シールド エキスパンションパス」の追加DLC第1弾「鎧の孤島」に対応。 GTSの「ほしいポケモン」を設定する際、ありえない条件で設定できないように修正。 ポケモンボックスのラベル機能を改修。 その他、不具合を修正。 ver1. バトルデータ機能を実装。 マホイップ(キョダイマックスのすがた)が図鑑登録されない問題を修正。 その他、不具合を修正。 アップデートを記念して期間限定で交換機能を強化。 ・フレンド交換がインターネット通信に対応。 ・ミラクルボックスの交換成立時間が短縮。 ・グループ交換のマッチングやポケモン選択時の待機時間が短縮。 ソード・シールド新要素.

次の

【ポケモンGO/剣盾】ポケモンGO・ピカブイから剣盾へポケモンを送る方法・送れるポケモン|ポケらく

ポケモン剣盾ポケモンホーム

ポケモンホームの情報まとめ まずは簡単に情報をまとめようと思います。 前提として、ポケモンホームはNintendo Switchとスマートフォンを対象としたサービスとなります。 両者のサービスは一つのニンテンドーアカウントで利用することができ、Switch版とスマホ版でそれぞれできる事が違うようです。 一覧となっている表がこちら。 出典: 剣盾のソフトを使う場合にはSwitch版、使わない場合にはスマホ版というように使い分けされるのでしょうか。 個人的には、2つのデバイスから操作できるのは便利に感じますね。 家ではSwitch、外ではスマホといった使い分けが楽そうです。 実際にリリースされてみないと何とも言えませんが、中々感触は良さげ。 一方で議論を呼んでいるのが、有料プランの存在。 ポケモンホームには無料プラン(フリープラン)と有料プラン(プレミアムプラン)の2種類のプランが用意されており、無料プランはかなり機能が制限されています。 過去作からポケモンを連れて来られるのもプレミアムプランのみなので、実質ポケバンク同様課金前提のサービスになるかなと思います。 詳しいサービスの違いと、料金表はこちら。 出典: フリープランの方はかなり機能が制限されているのが分かるかと思います。 預けれられるポケモンも30匹と殆ど無いも同然ですし、前述の様に過去作からポケモンを連れてくることもできません。 ただ、ポケモンホームの目玉となるGTSはフリープランでも遊べるようです。 さて、問題視されているのはやはり料金面。 一番コスパの良い12ヶ月のプランでも年2000円ですからね。 これが高いか安いかは次節で述べるとして、 少なくともポケバンクの年500円と比べて約4倍の値段にはなっています。 機能がバンクとは大きく違うので一概に比較するべきではありませんが、少し高く感じてしまうのも無理はありませんね。 ポケモンホームは高い?? さて、この年間2000円というポケモンホームは高いのかどうか。 個人的には、ポケモンホームは高いと思っています。 サービスに対して年間2000円という価格が高いということではなく、他の様々な要因によって結果的にポケモンホームは割高になっています。 今回はその要因について詳しく見ていきましょう。 他の課金要素が多すぎる まず最初に挙げられる要因がこちら。 ポケモンホームを始め、剣盾には課金要素が多すぎます。 現在判明している剣盾の課金要素は以下• ポケモンホーム(年間2000円)• ニンテンドーオンライン(年間2400円)• DLC(3000円) 端数は切り上げ 高くないですか? これにソフトの代金6000円が入るので、 剣盾の要素を全て遊ぼうと思ったら13400円が掛かります。 ソフト一つで13400円…… 高過ぎます。 厳しいことを言えば、剣盾のコンテンツにはフルプライスのボリュームはありません。 未だに剣盾を続けている方って殆どが対戦勢ではないですか? 勿論対戦もコンテンツの1つではありますが、逆に言えば対戦以外に発売2ヶ月後に遊ばれている要素が何もないのです。 この点は過去にも記事にしているので、詳しくはそちらを。 そういった事情から、私個人の意見にはなりますが、 DLCやポケモンホームを含めてやっとフルプライスの価値があると思っています。 流石にDLCやポケモンホームをただで出せとは言いませんが、それにしてもポケモンホームの年間2000円は高過ぎでは? まだDLCの3000円の方は納得できましたが、ポケモンホームに関しては値段に釣り合った機能が追加されるというよりも、元々ポケモンにあった機能をお金を出して買わされている印象です。 機能の追加ではなく、削られた機能にお金を払っている 先にも触れましたが、 ポケモンホームに関しては目新しい機能が追加されるわけではありません。 過去作からポケモンを連れてくることも、GTSも全て過去作のポケモンにあった機能です。 剣盾ではリリース時にそれらの機能を削り、あとからDLCや追加コンテンツとして集金する。 任天堂、及びゲームフリークの集金体制を強く感じます。 ポケモンの対象年齢 私が、ポケモンホームの年間2000円が高いと思っている最大の要因がこちら。 ポケモンの対象年齢です。 皆さん分かっているとは思いますが、ポケモンは全年齢対象のゲームです。 勿論大人がプレイしても何も問題ないですが、子供がプレイするゲームでもあるのです。 それも中学生や高校生といったある程度お金のある子供ではなく、 小学生の低学年からプレイするようなゲームです。 私も初めてポケモンに触れたのは5歳の時でしたし、それくらいの年齢のユーザーもいるようなゲームなのです。 その小学生になるかならないかくらいの子にとって、2000円は高すぎる。 私の様ないい年の大人が払う2000円と、小学生の払う2000円は全然違います。 Twitterでポケモンホームの値段設定を擁護している方も、多くは高校生以上の方でしょう。 彼らにとっての2000円はバイトを2時間やれば稼げる額ですし、軽いものかもしれません。 実際、2000円も払えない方が悪いという意見も散見されました。 でも、小学生相手にその理屈は通らないですよね。 彼らは自分でお金を稼ぐことはできないし、2000円を払ってもらうように親を説得しなくてはいけません。 そうなった時に、形に残らない物に2000円を払ってくれる親御さんの割合はどれくらいでしょうか。 徐々にサブスクリプションが浸透してきているとはいえ、日本は未だにサービスに対してお金を払うことを凄く躊躇する国です。 小学生のプレゼン力でそこにお金を出させるのは至難の業でしょう。 別に、私は自分が年間に2000円を払うことはそんなに嫌ではありません。 高いなーとは思いますが、ポケモンというコンテンツを支えるためなら嫌な気持ちはしません。 全然良いです。 ただ、小学生やそれ以下の子供に同じように2000円を求めるのは違うだろうと。 それだけは声を大にして言いたい。 せめて小学生以下のアカウントではポケホームを無料で使えるとか、安く利用できるとか、それくらいの救済処置があって欲しい所です。 総評 ちょっと話が色々な方向に飛び過ぎたので、今回は総評を設けます。 先に断っておくと、ポケモンホームのサービス自体は素晴らしいです。 過去作からポケモンを連れて来れること、GTS、巨大なボックス。 どれも魅力的なサービスですし、それを否定するつもりはありません。 ただ、価格設定に関してはちょっと不満が募ります。 総合的に考えて、年間2000円というのはかなり高いと言わざるを得ません。 賛否両論あるとは思いますが、この点に関しては私は譲ることはできません。 今の小学生の金銭感覚は分かりませんが、少なくとも私が小学生の時なら、ソフト以外になんで2000円もお金を払わなくちゃいけないんだと思います。 任天堂及びゲーフリは、今一度ポケモンのユーザー層を認識しなおして欲しい所です。 批判が多くなりましたが、なんだかんだ私もポケモンホームのサービス自体は楽しみです。 過去作のポケモンを早く剣盾に連れてきたいですし、ミントや王冠で対戦でも使えるようにしてあげたい。 そんなワクワク感はちゃんとあります。 過去作でのポケモン整理が少し大変ではありますが(笑) USUMもちゃんと全クリしていないので、ウルトラホールに潜って伝説のポケモンを捕まえないと。 もしかしたらUSUMの記事を書くこともあるかもしれないので、その時はまたお付き合い頂けると幸いです。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

【ポケモンホーム】配信日はいつから?料金とポケモン剣盾連動の仕様について

ポケモン剣盾ポケモンホーム

これを準備しよう!・任天堂アカウント ・スマホ版ポケモンホーム ・Switch版ポケモンホーム 任天堂アカウントが必要なので、もし持っていない場合はで作ってください。 スマホ版の『ポケモンホーム』が必要なので、こちらもからインストールしてください。 任天堂Switch版の『ポケモンホーム』はニンテンドーeショップからダウンロード可能です。 選べるのは一匹 ヒトカゲは剣盾で手に入るので、手に入らないゼニガメかフシギダネを選択するのがいいと思われます。 私はゼニガメが好きなのでゼニガメにしました。 こんな感じで、ボックスにゼニガメがいることを確認できたらアプリ版の作業は終わりです。 続いてSwitch版の作業に移ります。 Switch版を起動して、連動するソフトを選択します。 ピカブイをやってた人はここにピカブイのアイコンも表示されます。 今回は、ゼニガメをソード・シールドに送りたいので、ソード・シールドを選択して「はい」を押しましょう。 連動するとこのような画面になります。 左側がポケモンホームに預けてるポケモン。 右側がポケモン剣盾のボックスです。 剣盾にゼニガメを送りたいので、左のボックスから右のボックスに移動させて+ボタンを押せば、簡単に移動できます。 これでポケモンホームでの作業はすべて終了です。 あとは、ソード・シールドを起動してボックスを確認してみて下さい。 ゼニガメがいるはずです。 ゼニガメきたーーーーー!! ピカブイを持ってれば、ゼニガメやフシギダネは送り放題なんですが、私は持っていないのでこのやり方でゼニガメをゲットしました。 今後、アップデートでポケモンGOからポケモンをホームへ送れるようになるので、早く実装されて欲しいですね!.

次の