カナヲと炭治郎結婚。 鬼滅の刃のカナヲは炭治郎を好きで恋愛中?可愛いシーンまとめ!

【鬼滅の刃】栗花落カナヲは炭治郎の好みのタイプ!?魅力が分かる6つの知識!【鬼滅の刃】

カナヲと炭治郎結婚

週間文春の噂 週間文春がジャンプ関係者のコメントとして掲載した内容 ・ワニ先生は女性 ・引き延ばしは無い ・家庭事情もあり東京での漫画家生活は長く続けていけない ・連載終了を機に実家に帰省? 信憑性は薄い気もしますが、どうだろう? 青い彼岸花 このまま物語が完結に向かう中で幾つか回収出来ていない伏線や謎があります。 最も読者の関心が高いのは 青い彼岸花 平安時代に無惨を鬼化させた物語の元凶でもあり、鬼が太陽を克服する為のキーでもあります。 無惨が1000年探しても見つからなかったとされ、存在するかどうかも怪しいシロモノ。 このまま見つからずに終わるのもすっきりしませんし。 無惨を乗り越えた今だからこそ回収して欲しいところ。 兄妹しかり、 竈門家が青い彼岸花を育てていた、管理人していた可能性が高いとされています。 もしかすると無惨が竈門家に辿り着いたのも偶然ではないかもしれませんね。 当たり前に受け入れていたその事実を変えてくれたのは、二人の優秀な女性だった。 しのぶさんと珠代さんは、寿命を伸ばす薬を開発していたのだ。 めでたし。 ・痣の代償で死ぬときって突然死ぬのか、予兆があるのかもまるで分からないよな 情報が25までには死ぬしかない ・痣が出た奴は多分主人公以外は数年の命だし 恋は25で死ぬのも知らないで最初に出た組だから今世では結局不幸 伊之助が柱目指していたけど痣出てたらアウトだったな その他 ・無惨に薬を打ち込む役をネズコがやっていたら面白かったのにな 3人の共同研究の風景やってその薬を無惨に吸収されたかのように見せかけてネズコが打ち込むとか ・この作品、キャラの行く末以上に「ここまで人気出た作品を編集が終わらせるのか」ということが気になって読んでるわ 終わるにしても本当に綺麗さっぱりな形で終わるのか ・兄は美人と結ばれ妹はイマイチな男って… 善逸はポスターで奇跡の一枚あったけど炭治郎と伊之助に比べると劣る 眉毛どうにかすればねずこと釣り合う ・蛇の過去話と戦闘スタイル好きだから長編でも見たかった 刀鍛冶の後にカナヲを含めた同期も入れてもう1本くらい長編やってほしかったわ ・炭治郎は少年漫画の主人公としては普通過ぎたってのはあるけどそれはそれで1つの物語だと思う ラスボス戦に入るまでに味方組織の最強ポジにいない主人公ってかなり珍しいよな ・主人公には死んでほしくないってのが多いだろうから生きてて良かったで終わりだろうし ここまでして生かしたからハッピーエンドにするんだろうけど無惨戦の粗多すぎたから気になる人には辛い ・縁壱自身がどうこうというより縁壱の回想に大した価値がなかったつーか 痣克服の理由も零式の刀の由来もわからんかったし 唯一有益な情報だと思われた無駄脳やポップコーンも前者は特に何もなく後者は珠世薬が何とかしたから炭が知る意味特になかったし 204話速報 鬼のいない世界 前回ラスト 皆の呼びかけに我を取り戻した炭治郎 心配されたカナヲは無事。 鬼滅の刃204話 ・スタートは3ヶ月後 蝶屋敷から。 満開の桜を見て感銘する炭治郎とねずこ ・炭治郎の後遺症を心配するねずこ。 左腕は上げ下げできるけど肘から下は触られてるのもわからない 右目は機能していない。 鬼滅の刃204話 ・傷が残るだろうなぁ・・・みんなにも申し訳ないよと気を遣う炭治郎 ・愈史郎によれば鬼化後に最初に噛み付いたのがねずこであった事が幸いした。 ねずこは一度鬼になって人間に戻ってる身体だから抗体を持っており無惨の細胞に免疫があったらしい ・回想 愈史郎 しのぶの薬と禰豆子。 どちらかが欠けてたらお前は人間に戻れなかっただろう。 つくづく運のいい奴だよ そしてお前の鬼としての素質。 ずば抜けてるよ、一瞬で太陽を克服してるし無惨より禰豆子よりお前には鬼としての素質があったんだ ギリギリまで自我が消えずにいられたのも凄いことだ。 ・産屋敷邸にて柱会議 柱合会議出席は風水だけ 引用. 初代花の呼吸の剣士が植えた桜なんだって。 必勝という名前がつけてあるの。 叶ったよって教えてあげたいとカナヲ カナヲの目を心配する炭治郎。 多少の障害はあれど全く見えない(失明)ではない様子。 炭治郎も一安心 引用. 鬼滅の刃204話 ・禰豆子と実弥 悪かったな色々、無惨倒した後も 一悶着あったらしいが俺はその間寝てたしよ あははっ!私なんて2年くらい寝てたことありますよ ・ラストシーンは幸せそうな共同生活を送る4人 鬼殺隊の墓、山道、竈門家 どの場所でも楽しそう。 ・ラストシーンの煽り そして時は流れ一一… 時代は現代!!! 次号最高潮 Cカラー大増24 P!! ・次回100年後だからな どうしようもない気がする 見覚えのあるような無いような赤髪の青年と黄髪の青年と青髪の青年が仲良く歩いてるシーンとかあったらさすがに笑うけど ・炭の左手作画ミスについて作者コメント出してるし修正間に合わない段階で気が付いたんだろうけど そういう大事な描写は編集がちゃんとチェックしてくれと思う ・現代へ飛ぶのはやだなぁ。 そんなんだったら死にたいユシロウにヒノカミ神楽からの慈雨で消してあげて日常に戻ってエンドとか、炭闇堕ちのまま続く方がよかったわ。

次の

【鬼滅の刃 考察】炭治郎はカナヲと結婚し、子を6人持つ。そして30代で…【きめつのやいば】204話~205話【最終回】

カナヲと炭治郎結婚

【鬼滅の刃】炭治郎と栗花落カナヲがなんだかいい感じ!恋かしら? 『鬼滅の刃』の主人公、 竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と栗花落カナヲ(つゆり・かなを)がなんだかいい感じなのです。 炭治郎にその自覚があるかどうかは別として。 栗花落カナヲの閉ざされた心を素直でやさしい炭治郎が開けていくのです。 陽だまりです。 日向です。 雪解けです。 冷たい大地に柔らかい日の陽が差し込んでいくのです。 栗花落カナヲは感情を感じないタイプなのです。 昔はそんなことなかったんですよ。 ただ自ら何も感じない様になったのです。 生きていくために感情を遮断したのです。 栗花落カナヲはなかなかの、しんどい生い立ちなのです。 栗花落カナヲの過去 幼少時代のカナヲは思う。 というその時の彼女にまだ名前はない。 親が名前をつけてくれなかったのだ。 彼女は思う。 お腹がすいた 悲しい虚しい 苦しい寂しい そんな日々だった だけど ある日ぷつんと音がして 何もつらくなくなった そんな彼女は貧しい生活の中、 親に売られてしまいます。 そんな時も、彼女はなにも感じませんでした。 おいおいおいおい、 栗花落カナヲどうなっちゃうんだい・・・。 縛られて歩く彼女。 そんな彼女を胡蝶カナエと胡蝶しのぶが、 連れ帰ります。 胡蝶しのぶは言います。 姉さん この子全然だめだわ 言われないと何もできないの 食事もそうよ 食べなさいって 言わなきゃずっと食べない ずっとお腹鳴らして 胡蝶カナエはカナヲについて言います。 きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫 いつか 好きな男の子でも できたらカナヲだって変わるわよ カナヲは胡蝶姉妹に蝶屋敷に連れられて、本当によかったのです。 栗花落カナヲは蝶屋敷で育っていくのです。 栗花落カナヲってどんな人なの? 栗花落カナヲは蟲柱・胡蝶しのぶの継子(つぐこ)です。 継子というのは柱の育てる隊士です。 相当才能があって優秀じゃないと選ばれません。 栗花落カナヲはすごいのです。 誕生日は5月19日 これは出生が不明だったため胡蝶姉妹に出会った日を誕生日としているのです。 趣味は朝から晩までシャボン玉。 生い立ちもあり、 自分の感情が自分でもあまりよくわかりません。 そのため 指示がないことは銅貨を投げて物事を判断します。 栗花落カナヲは言います。 ですが栗花落カナヲ、炭治郎との出会いで変っていくのです。 炭治郎とカナヲの関係 二人は鬼殺隊の同期です。 『藤襲山』(ふじかさねやま)での最終選別にて 同じ試験日に合格しました。 ちなみに同期には 我妻善逸(あがつま・ぜんいつ) 嘴平伊之助(はしびら・いのすけ) 不死川玄弥(しなずがわ・げんや) がいます。 この時、 炭治郎とカナヲに接点はありませんでした。 会話も交わしていません。 二人に接点が生まれたのは、 下弦の伍・累の討伐に蟲柱・胡蝶しのぶがやって来たためです。 胡蝶しのぶの付き添い(継子だし)で、カナヲもやって来ました。 カナヲ、最初は鬼である禰豆子を切ろうとしていた次第であります。 炭治郎が胡蝶しのぶの蝶屋敷にて、 傷の回復と修行を行ったさい、カナヲと炭治郎の距離は縮まるのです。 カナヲは自分の感情に希薄です。 指示された以外のことは銅貨を投げて物事を判断します。 それを踏まえつつ、炭治郎とカナヲの会話です。 炭治郎は言います。 俺たち 出発するよ 色々ありがとう カナヲはニコニコしているだけで、 とくに何も答えません。 そんな時間がしばらく過ぎていきます。 炭治郎は言います。 そんな時間がしばらく過ぎていきます。 ・・・・・・。 カナヲは銅貨を投げます。 カナヲは言います。 師範の指示に従っただけなので お礼を言われる 筋合いは無いから さようなら 炭治郎は喋ってくれたことに喜びます。 炭治郎から始まる炭治郎とカナヲ、二人の会話です。 カナヲがこれから 自分の心の声をよく聞くこと 表!!表にしよう 表が出たら カナヲは心のままに生きる で、表が出ます。 頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! じゃ またいつか! 表が出たことがを不思議がるカナヲに炭治郎は言います。 偶然だよ それに裏が出ても 表が出るまで 何度でも 投げ続けようと思ったから 元気で~ そうなのです。 炭治郎はいい子なのです。 こりゃあみんな、すきになっちゃうよ。 なのです。 カナヲの冷たく閉ざされを心に炭治郎が温かいのです。 いや~いい子に育ったもんだなと・・・。 炭治郎、ご両親の愛情をしっかり自覚して受け止めて育った感じなのです。 キュンキュンですね。 炭治郎、上弦の陸・妓夫太郎 ぎゅうたろう ・堕姫 だき との戦いのあと、 二か月間意識が戻りませんでした。 栗花落カナヲ、看病をしてくれていたようなのです。 目が覚めて 良かった・・・ その後、 みんなが集まってきてワチャワチャ賑わしくなります。 そんな中、栗花落カナヲは意思表示をします。 そうなのです。 栗花落カナヲは炭治郎が心配なのです。 あの指示された以外のことは、銅貨を投げて決めたいたカナヲが・・・。 栗花落カナヲが自分の意志を持って、 動いていくようになるのです。 二人の関係は今後どうなっていくのでしょう? 楽しみです。 カナヲが自らの意志で銅貨を捨てる日が来るんでしょうね。 楽しみです。 最後までお読みいただき ありがとうございました。 kotobatoasobi.

次の

【鬼滅の刃 考察】炭治郎はカナヲと結婚し、子を6人持つ。そして30代で…【きめつのやいば】204話~205話【最終回】

カナヲと炭治郎結婚

下記クリックで好きな項目に移動• 『鬼滅の刃』原作での炭治郎・カナヲの関係 はじめて会話をするシーン 引用元:『鬼滅の刃』単行本より 那田蜘蛛山で戦った後、炭治郎たちはリハビリのために「蝶屋敷」で訓練をします。 ここで炭治郎は、はじめてカナヲと会話をしました。 きっかけは炭治郎の応援 カナヲは優秀な隊士ですが、 自分で意思決定することができず感情も表に出さない性格です。 というのも、幼い頃に虐待された経験から考えることを放棄してしまったのです。 そのため、指示されていないことはコイントスで決定。 炭治郎に話しかけられた時も、会話をするかどうかコイントスで決めていました。 その様子を見た 炭治郎は、カナヲが心のままに生きられるように励まします。 「頑張れ!人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!」と真っすぐな言葉で応援してくれたのです。 その後で自分の行動に「!?」となるあたり、もうカナヲちゃんは本当に可愛い。 自分意思でアオイ・なほを助ける 音柱・宇髄天元は、吉原を調査するために女性隊士を連れて行こうとします。 その時、宇髄天元に無理やり連れ去られそうになったのは、 アオイとなほ(カナヲと同じく胡蝶しのぶの継子)でした。 アオイは助けを求めますが、カナヲは動くことができません。 そもそも宇髄天元は上官であり柱の1人。 鬼殺隊の一員として、助けることはできないのですが… この時、カナヲは 炭治郎の「心のままに」という言葉を思い出します。 引用元:『鬼滅の刃』単行本より そして カナヲは目をぎゅっと閉じたまま、アオイの手となほの服を掴んだのです。

次の