お 粥 に 合う おかず。 七草粥におかずはつける?夕飯の献立、みんなはどうしてるの?

お粥に合うおかずレシピ特集!お腹に優しい人気の付け合わせを大公開♪

お 粥 に 合う おかず

1月7日に食べる、七草粥。 家族みんなで一年間、無行息災でいられますようにと願って食べる行事料理です。 お正月に食べ過ぎて疲れた胃腸を休ませる効果もあるといわれています。 その歴史は長く貴族の間では平安時代から、江戸時代には一般家庭にもその習慣が浸透してゆきました。 そんな歴史深い七草粥ですが、普段お粥というものは病気や胃腸が弱ったときに食べるものですので、そんなに沢山おかずを付け合せるものではありませんよね。 ですが七草粥は立派な行事料理。 付け合せのおかずも正月に合わせたものを用意したいものです。 かといってボリュームがありすぎても七草粥とは合いませんし、控えめすぎても病人食のようで、何をつけあわせたらいいのかいまいちピンとこない方がほとんどだと思います。 そこで今回は料理暦10年の私が、豪華すぎず、控えめすぎず、胃腸に優しそうなもう一品のおかずをご紹介していこうと思います。 七草粥に合うおかず7選 1. 切干大根の煮物 水でもどした切干大根でサッと煮れる、つくりおきレシピとしても優秀な切り干し大根の煮物。 七草粥とあわせるときはあまり濃い味にせずにやさしい風味にしましょう。 材料は乾燥切干大根のほかに、油揚げとにんじんと調味料だけです。 少ない素材で作れるのもポイントのひとつですね。 かぼちゃの煮物 子供たちも大好きなかぼちゃの煮物です。 かぼちゃの甘みが口の中でほっこりと広がります。 カボチャは栄養豊富な緑黄色野菜です。 カロテンやビタミンB郡を豊富に含んでおり、様々な器官の健康維持に効果を発揮します。 また、女性には嬉しい食物繊維も豊富です。 きんぴらごぼう ごぼうとニンジンだけで作れてしまう手軽な副菜として、きんぴらごぼうを紹介します。 きんぴらごぼうは常備菜としてもお弁当としても優秀なので、皆さんも作る機会が多いと思います。 ささがきにしたごぼうやニンジンを好みの方さに炒めて、みりん、砂糖でしばらく煮詰め、しょうゆで味を整えたら白胡麻、一味をふりかけます。 仕上げにごま油を少しだけ垂らせば、照りと香りがでておいしそうなきんぴらごぼうが作れます。 卯の花の煮物 優しい味わいの卯の花の煮物。 ほとんどがおからなので、低糖質で低カロリーの副菜です。 お正月はおいしい料理が食卓に並びますので、どうしても正月太りしてしまいがちです。 お正月に食べ過ぎた分くらいはやせたいという人も多いかと思います。 そんな方には特にオススメしたい一品です。 茶碗蒸し 見た目にも上品で美しい茶碗蒸し。 子供からお年寄りまでみんなに愛されている名脇役です。 卵は完全栄養食品ともいわれ、様々な栄養がバランスよく含まれています。 そんな茶碗蒸しと七草粥の相性は抜群です。 鯛の煮付け 少し豪華なメインのおかずがほしいときは、鯛の煮付けが良いでしょう。 鯛は「めでたい」という語呂なので正月には縁起物として食べられることが多いです。 我が家ではたまに、鯛の煮付けででた魚の旨みたっぷりの煮汁を七草粥にまぜたりして食べています。 わかさぎの甘露煮 もっと控えめな魚のメインがほしいときは、わかさぎの甘露煮はいかがでしょうか。 頭も尻尾もそのまま食べることができるのでカルシウムも豊富です。 甘辛い味とギュっと引き締まった魚の旨みはたまりません。 甘辛いので子供にも食べやすいですし、こういった魚料理は古くから日本で食べられてきたので、お年寄りにも好物な方が多いです。 七草粥に合う副菜・スープ5選 1. あさりは肝臓の働きをよくする効果があるので、正月のお酒などで疲弊した肝機能の回復などが見込めます。 なめこのお味噌汁 手軽に、しかも安く作れて体にも良いなめこのお味噌汁。 なめこのネバネバは胃の中で膨らんで町内環境の改善を促します。 こちらも正月で食べ過ぎた胃腸には優しい食材のひとつです。 かきたま汁 サッと作れて子供にも人気なかきたま汁。 作るときのポイントは、沸騰してから卵をまわしいれることです。 そうすると綺麗なかきたまが作れます。 沸騰していない温いお湯に卵を流しいれると、卵が固まる前に汁全体に卵が混ざってしまい、ただの薄い卵味のスープのようになってしまいます。 湯豆腐 正月の湯豆腐なので、具材を飾り切りにして目でも楽しめる一品にするのが良いでしょう。 豆腐自体は冷蔵庫からだして温めるだけなので、調理工程そのものは簡単にできます。 お漬物 最後は簡単に、つくりおき可能なお漬物を添えるのはどうでしょうか。 お漬物にも様々な種類がありますね。 普段はキュウリや大根のお漬物が食卓に並ぶことがおおいと思いますが、今回はお正月料理ということで、色鮮やかなナス、ニンジン、あれば紫大根などを漬けてみるのはいかがでしょうか。 七草粥のおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の

美味しい!おかゆアレンジレシピ10選|お粥に人気の具材&味付けは?

お 粥 に 合う おかず

そのため、近年では、七草粥はその体調を見直すきっかけだったり、胃腸を休めるための風習と意味合いが強くなってきている。 現代ではどちらの意味も含め、『良い風習』として広く行われている。 古代より日本では、年初に雪の間から芽を出した草を摘む「若菜摘み」という風習があり、これが七草の原点とされる。 また六朝時代の中国の「荊楚歳時記」に「人日」(人を殺さない日)である旧暦1月7日に、「七種菜羹」という7種類の野菜を入れた羹(あつもの、とろみのある汁物)を食べて無病を祈る習慣が記載されており、「四季物語」には「七種のみくさ集むること人日菜羹を和すれば一歳の病患を逃るると申ためし古き文に侍るとかや」とある。 このことから今日行われている七草粥の風習は、中国の「七種菜羹」が日本において日本文化・日本の植生と習合することで生まれたものと考えられている。 古来においては七種の野菜は、前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れていた。 かなり体内に疲れを感じている場合はあっさり系、あっさりしすぎて物足りない場合は少しだけこってり系のおかずをつけあわせると良いだろう。 なので、少しだけボリューム感のあるものをつけあわせるのもおすすめである。 そんな時はトッピングでひと味加えることで食べやすくなり、箸も進むだろう。 下に、簡単に短時間で出来て美味しいトッピングを紹介させていただく。

次の

おかずレシピ:白ごはん.com

お 粥 に 合う おかず

【七草粥の七草】 ・せり…食物繊維、鉄、ビタミンC ・なずな…血圧を下げる、むくみ ・ごきょう…解熱効果 ・はこべら…タンパク質、ビタミン、ミネラル ・ほとけのざ…食物繊維 ・すずな…消化をよくする ・すずしろ…ビタミンC、消化をよくする この七草を使ったお粥を七草粥と言います。 お粥をたべるときって一緒に合わせるおかずに悩みますよね。 どんなおかずが七草粥に合い、胃腸に優しいのでしょうか。 【焼き魚】 七草粥は朝に食べると言われています。 朝ごはんに合うおかずとしたら、やはり焼き魚はおすすめです。 少し 味の濃い目の魚がおすすめです。 【だし巻き卵】 だし巻き卵は朝食にピッタリな定番のメニューですが、七草粥におおかずにもなります。 少し甘く味付けすれば子供も喜んで食べてくれると思います。 【きんぴらごぼう】 ちょっとピリ辛に作ったきんぴらごぼうは、さっぱりとした七草粥にピッタリ! 【漬け物】 野沢菜漬け、たくあん、白菜漬け、きゅうり漬なんかおすすめです。 【酢の物】 酢の物もさっぱりと食べることが出来るので七草粥にも合いますよね。 他には、しらすおろし、お浸しなんかもいいですね。 七草粥に合うメニューですが、どれも日本人には馴染み深い和食です。 和食は胃にも優しいので、食べ過ぎた胃腸をいたわるのにもピッタリですね。 スポンサーリンク 七草粥の献立で夕飯アイデア5つ 七草粥は朝に食べるのが一般的と言われていますが、人によっては夜に食べることもあるかと思います。 夕飯に七草粥を食べるならどんなおかず、献立が七草粥に合うのかを紹介します! 【魚の煮付け】 やはり和食が合いますよね。 魚は煮付けにしたら優しい味でもしっかりとおかずになるのでおすすめです。 煮付けにするなら 金目鯛や銀たらがおすすめですが、お正月に食べたりして残ってしまった場合に煮付けに出来るので一石二鳥ですね。 【焼き魚】 焼き魚にするなら塩焼き、みそ漬け、粕漬けなんかは七草粥のおかずと合います。 少し味の濃い魚はピッタリです。 【豚の角煮】 七草粥だけでは足りないし、ガッツリ食べたい場合には角煮なんかおすすめです。 胃腸を休ませると言う意味の七草粥ですが、お粥では足りない場合は1つガッツリと食べるメニューがあると満足するかと思います。 【煮物】 やはり胃腸に優しい和食! 煮物も優しい味付けにすれば胃腸に優しくお腹にも優しいですよね。 でも、ボリュームも欲しいので具だくさんの煮物にするのがおすすめです。 【揚げ物】 角煮と同じで、1つガッツリしたメニューが欲しい時は 唐揚げや春巻きなんかがあればお腹も満足ですよね。 七草粥アレンジするならコレ! お粥ってご飯が膨れるので、作ってみたら思っていたよりも多くできてしまったり、残念ながらあまり食べてくれなかったりしますよね。 特に子供は七草の味が苦手であまり食べてくれなかったりしますよね。 そこで、七草粥が余ってしまった時のアレンジメニューを紹介します! 胃腸を休ませると言う七草粥ですが、お粥に梅干しや塩味の鮭が合うのでお粥にほぐして入れて、そのまま 梅干しお粥や 鮭お粥に変身させましょう。 これなら、子供も好きな味付けになります。 この方法で卵を割り入れて 卵粥にするのも美味しくアレンジできますよ。 七草粥の味付けを中華風の出汁に変えれば 中華風のお粥になります。 それもまた変わって美味しく食べる事ができそうですよね。 元々はお粥なので味付けを少し変化させる事で食べやすくなります。 そして、もう1つのアレンジメニューはお粥にチーズを入れて リゾット風にするのもおすすめです。 細かくベーコンやトマトなんかをカットして入れれば、違った味で七草粥とは思えないかもしれません! 七草粥に合うおかず まとめ お正月が落ち着いた頃に食べる七草粥ですが、大人でもさっぱりとしたお粥は苦手、という人はいますよね。 そんな時はおかずを工夫することで、七草粥もしっかり食事としていただけますよ。

次の