安倍 晋三 星野 源。 星野源、安倍首相の「うちで踊ろう」動画に言及

安倍晋三首相が星野源との異色コラボに「イラっとする」。ソファーでくつろぐ様子を投稿(動画)

安倍 晋三 星野 源

新型コロナが感染拡大する中、外出自粛を呼びかけようと、安倍晋三首相が4月12日に公式SNS上で公開した動画が炎上した。 官邸側は「ツイッター上で、過去最大の『いいね』が付くなど、大きな反響があった」と評価しているが、一部で「著作権侵害だ」という声もあがっている。 ミュージシャンの星野源さんが歌う「うちで踊ろう」の動画にあわせて、安倍首相が自宅で愛犬を抱いたり、ソファーに座って、茶や読書したりする様子など、くつろいで過ごしているところが映っている。 安倍首相は「友達と会えない。 飲み会もできない。 ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。 そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります」とつづっている。 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受けて、政府が呼びかけている「外出自粛」をアピールする意図があったとみられる。 ところが、この動画に対して、インターネット上で「政治利用だ」といった批判が殺到した。 「家でじっとしていたらこんな曲ができました」「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな」と呼びかけた。 これに応じて、さまざまな著名人たちがコラボ動画を投稿していた。 しかし、安倍首相の動画が大炎上したことを受けて、星野さんは12日深夜、インスタグラムのストーリーを更新した。 「ひとつだけ。 菅義偉官房長官は「星野さんがSNS上で『うちにおいでよ』を公開してことに総理が共感をして、今般の配信に至ったものであります」と回答。 次のように続けた。 「最近、20代を中心に若者の感染者が増えていることから、外出を控えてもらえたい旨を発信するために、SNSでの発信は極めて有効であると考えております」 「ツイッターでは、確認できる範囲では、過去最大の反響をいただいており、多くのみなさんにメッセージが伝わることを期待しています」 内閣官房広報室は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して「批判は把握している」「星野さん側に連絡はしていないのはたしかだ」と回答した。 はたして、本当なのだろうか。 著作権法にくわしい高木啓成弁護士が解説する。 「作詞・作曲した星野源さん自身が許諾をしている以上、誰もが自由に利用することができて、安倍総理の動画に対しても星野さんは異議を述べていないことからすれば、法的には何ら問題ないように思えます。 しかし、音楽の権利処理上は、少しハードルがあります。 JASRACのデータベースによると、星野源さんは、JASRACと信託契約を締結して、信託者(信託会員)になっています。 信託契約上、星野源さんが作ったすべての楽曲は、JASRACに著作権が移転して、JASRACが著作権を管理することになります。 ですので、いくら星野源さんが『自由に利用してもいいですよ』と許諾しても、原則として、利用者は、JASRACに申請して著作権使用料を支払わなければならないのです。 「YouTubeやニコニコ動画などでは、JASRAC楽曲を利用できるということはご存知の方も多いと思います。 包括契約というのは、YouTubeやニコニコ動画の運営会社が、JASRACにお金を支払っているので、そのユーザーはJASRACに申請しないで済むという仕組みです。 インスタグラムも最近、JASRACと包括契約をしたので、インスタグラム上でユーザーが『うちで踊ろう』を利用することは問題ありません。 一方、ツイッターはJASRACと包括契約していません。 ですので、ツイッター上で『うちで踊ろう』を利用する場合、JASRACへの手続きが必要なのです。 そこで、星野さん側としては、以下のような方法を取ることが考えられます。 先ほど、『星野さんが作った楽曲は、すべてJASRACに著作権が移転する』と言いましたが、実は、星野さんから直接JASRACに移転させるのではなく、音楽出版社(楽曲のプロモーションをしたり、著作権管理をする企業)を経由させて著作権譲渡することができます。 むしろ、音楽ビジネス上は100%そうなっています。 そして、音楽出版社(またはその一部の事業部)によっては、JASRACとの信託契約上、たとえば、『楽曲の著作権のうち、コンサートで演奏する権利(演奏権)はJASRACに預けるけど、インターネット上で利用する権利(インタラクティブ配信)はJASRACには預けずに自分で管理する』というかたちで、楽曲の著作権の一部をJASRACの管理から除外していることがあります。 星野さんは、インターネット上で利用する権利(インタラクティブ配信)をJASRAC管理から除外している音楽出版社に『うちで踊ろう』の著作権を譲渡すれば、ツイッターでユーザーが『うちで踊ろう』を利用しても、JASRACに申請する必要はありません(正確に言うと『ビデオグラム録音』という区分も除外している必要があると思います)。 音楽出版社は、楽曲の利用方法やプロモーションなどの戦略を考えて、JASRACに管理委託する区分、NexToneに管理委託する区分、自己管理する区分を決めており、とても興味深いですよ」.

次の

安倍首相が理解できなかった星野源「うちで踊ろう」の真価

安倍 晋三 星野 源

新型コロナが感染拡大する中、外出自粛を呼びかけようと、安倍晋三首相が4月12日に公式SNS上で公開した動画が炎上した。 官邸側は「ツイッター上で、過去最大の『いいね』が付くなど、大きな反響があった」と評価しているが、一部で「著作権侵害だ」という声もあがっている。 ミュージシャンの星野源さんが歌う「うちで踊ろう」の動画にあわせて、安倍首相が自宅で愛犬を抱いたり、ソファーに座って、茶や読書したりする様子など、くつろいで過ごしているところが映っている。 安倍首相は「友達と会えない。 飲み会もできない。 ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。 そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります」とつづっている。 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受けて、政府が呼びかけている「外出自粛」をアピールする意図があったとみられる。 ところが、この動画に対して、インターネット上で「政治利用だ」といった批判が殺到した。 「家でじっとしていたらこんな曲ができました」「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな」と呼びかけた。 これに応じて、さまざまな著名人たちがコラボ動画を投稿していた。 しかし、安倍首相の動画が大炎上したことを受けて、星野さんは12日深夜、インスタグラムのストーリーを更新した。 「ひとつだけ。 菅義偉官房長官は「星野さんがSNS上で『うちにおいでよ』を公開してことに総理が共感をして、今般の配信に至ったものであります」と回答。 次のように続けた。 「最近、20代を中心に若者の感染者が増えていることから、外出を控えてもらえたい旨を発信するために、SNSでの発信は極めて有効であると考えております」 「ツイッターでは、確認できる範囲では、過去最大の反響をいただいており、多くのみなさんにメッセージが伝わることを期待しています」 内閣官房広報室は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して「批判は把握している」「星野さん側に連絡はしていないのはたしかだ」と回答した。 はたして、本当なのだろうか。 著作権法にくわしい高木啓成弁護士が解説する。 「作詞・作曲した星野源さん自身が許諾をしている以上、誰もが自由に利用することができて、安倍総理の動画に対しても星野さんは異議を述べていないことからすれば、法的には何ら問題ないように思えます。 しかし、音楽の権利処理上は、少しハードルがあります。 JASRACのデータベースによると、星野源さんは、JASRACと信託契約を締結して、信託者(信託会員)になっています。 信託契約上、星野源さんが作ったすべての楽曲は、JASRACに著作権が移転して、JASRACが著作権を管理することになります。 ですので、いくら星野源さんが『自由に利用してもいいですよ』と許諾しても、原則として、利用者は、JASRACに申請して著作権使用料を支払わなければならないのです。 「YouTubeやニコニコ動画などでは、JASRAC楽曲を利用できるということはご存知の方も多いと思います。 包括契約というのは、YouTubeやニコニコ動画の運営会社が、JASRACにお金を支払っているので、そのユーザーはJASRACに申請しないで済むという仕組みです。 インスタグラムも最近、JASRACと包括契約をしたので、インスタグラム上でユーザーが『うちで踊ろう』を利用することは問題ありません。 一方、ツイッターはJASRACと包括契約していません。 ですので、ツイッター上で『うちで踊ろう』を利用する場合、JASRACへの手続きが必要なのです。 そこで、星野さん側としては、以下のような方法を取ることが考えられます。 先ほど、『星野さんが作った楽曲は、すべてJASRACに著作権が移転する』と言いましたが、実は、星野さんから直接JASRACに移転させるのではなく、音楽出版社(楽曲のプロモーションをしたり、著作権管理をする企業)を経由させて著作権譲渡することができます。 むしろ、音楽ビジネス上は100%そうなっています。 そして、音楽出版社(またはその一部の事業部)によっては、JASRACとの信託契約上、たとえば、『楽曲の著作権のうち、コンサートで演奏する権利(演奏権)はJASRACに預けるけど、インターネット上で利用する権利(インタラクティブ配信)はJASRACには預けずに自分で管理する』というかたちで、楽曲の著作権の一部をJASRACの管理から除外していることがあります。 星野さんは、インターネット上で利用する権利(インタラクティブ配信)をJASRAC管理から除外している音楽出版社に『うちで踊ろう』の著作権を譲渡すれば、ツイッターでユーザーが『うちで踊ろう』を利用しても、JASRACに申請する必要はありません(正確に言うと『ビデオグラム録音』という区分も除外している必要があると思います)。 音楽出版社は、楽曲の利用方法やプロモーションなどの戦略を考えて、JASRACに管理委託する区分、NexToneに管理委託する区分、自己管理する区分を決めており、とても興味深いですよ」.

次の

【安倍晋三×星野源】アベノコラボ発案者:内閣官房の面々は誰?

安倍 晋三 星野 源

音楽家・俳優・文筆家と多方面で活躍する星野源が制作した「うちで踊ろう」を使用して外出自粛を呼びかけたことが、多くの人々の反感を買ったのである。 「音楽の政治利用」「便乗」といった批判にくわえて、星野と同業のアーティストを中心に、音楽業界などからはさらに激しい憤りの声が上がっている。 それはなぜなのか。 少し長い前置きになるが、ことの経緯をあらためて確認しておきたい。 星野源は4月2日深夜、「こんな曲ができました」とつづり、自身のInstagramでギター弾き語りの新曲「うちで踊ろう」を公開。 キャプションには歌詞とともに「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と記し、フォロワーに参加を呼びかけた。 キャッチーなメロディにくわえて1分弱の短い楽曲であるという手軽さも手伝ったのだろう、「うちで踊ろう」は瞬く間に人口に膾炙していった。 ダンサーで歌手の三浦大知やお笑いタレントの渡辺直美といった星野源と親交の深い著名人から、国内外のミュージシャン、さらには美術家や格闘家、そして一般の人々までもがそれぞれのやり方でマッシュアップ動画を制作した。 そんな「うちで踊ろう」は多くの人々にささやかな楽しみをもたらしてきた。 いまや新型コロナウイルスの影響により各地のライヴハウスは休業を余儀なくされ、多くの音楽関係者が窮地に立たされている。 実際に、北海道・札幌市のライヴハウス「COLONY」は4月末での閉店を発表。 仕事がなくて収入が激減したと語るミュージシャンやカメラマン、ライターも数多い。 だが国は緊急事態宣言を発令し自粛を要請する一方で、休業補償に関しては否定的な態度をとり続けてきた。 各種給付金を検討しているというアナウンスはあるものの、音楽関係者や同じく経済的打撃を受けた事業者からしてみれば、国に見捨てられたと感じてしまうのもうなずける。 もちろん過酷な状況は経済的な問題だけではない。 コロナ禍でも通勤せざるを得ないインフラ業界や医療業界で働く人々も同様に苦しい立場に置かれている。 いずれにしても、そうしたさまざまな人々を「うちで踊ろう」は励ましてきたのである。 これでは国民感情を逆撫でするのも無理はない。 「音楽関係者を見捨てておきながら、音楽のささやかな楽しみには便乗するのか」という批判が相次いだ。 こうした事態を受けて星野源は、くだんの投稿に関して自身のInstagramで「これまで様々な動画をアップして下さっている沢山の皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません」とコメント。 しかし他のコラボ動画とは異なり、安倍首相の動画を紹介することはなかった。 その後、4月14日深夜に放送された『星野源のオールナイトニッポン』で彼は、「しんどいこととか苦しいことにどう対処するか。 僕がいつもやってきたのは『面白いものを見たり面白いことをする』ということです」と語り、「うちで踊ろう」の制作経緯を次のように説明している。 「家の中でも面白いと思えること。 見ているだけでも面白いし、自分が自分のやり方で参加できるんじゃないかと思えるようなこと。 そして外に出なければいけない人も、何がこんどは上がっているんだろう、今どんなコラボレーションが行われているんだろうと、1日の楽しみができるようなものが作れないかなと思って」 つまり「うちで踊ろう」は外出自粛を呼びかけるために制作されたのではなく、むしろ外出自粛によって娯楽が制限されるなか、家にいる人も外にいる人も日々のちょっとした楽しみを自分で見つけてほしい、そうした思いから制作されたのである。 さらに星野源は続ける。 「『僕らそれぞれの場所で重なり合うよ』という歌詞が入っているんですけど、この歌詞と、動画を重ねて自分でアップしていいという歌の仕組みがつながっている曲を作ったんですよね。 (中略)実際に歌ったり踊ったりするとわかると思うんですけど、本当に重なっている感覚になるんですよ。 それはよく見かける「みんなでひとつになろう」というスローガンとは対極にある、みんながバラバラでありながら同じ時間を共有するための手段だとも言える。 やはり一致団結を目指す自粛要請とは相容れないメッセージが込められている。 たとえば2009年に刊行された最初のエッセイ集『そして生活はつづく』(マガジンハウス刊)の中で彼は次のように書き記している。 〈集団と『ひとつ』になることを目指す。 それが、この日本の社会から生まれる、集団の基本的な『和』のしくみであると思う。 でも、やっぱりそれは少し窮屈だと思えてならない。 (中略)本当に優秀な集団というのは、おそらく『ひとつでいることを持続させることができる』人たちよりも、『全員が違うことを考えながら持続できる』人たちのことを言うんじゃないだろうか〉 翌2010年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム『ばかのうた』には1曲目に「ばらばら」という歌がある。 そこでも彼は、世界はひとつではなく、重なり合ったとしてもバラバラであると歌っていた。 「星野源というポップスとアンダーグラウンドをつなぐ存在によるコラボレーション企画は、苦しい状況の中でのささやかな営みとして、これからの僕たちの活動へと希望を届けてくれました。 けれども安倍首相が政治利用したことで、ひと時の希望の雰囲気や楽しい空気はぶち壊しです。 その証拠に今回投稿されたビデオでは、コラボレーションではなく単なるBGMとしてしか『うちで踊ろう』を使用していません」と憤りをみせた。 続けて音楽関係者に向けて次のように語った。 「政治は何の躊躇もなく僕たちの領域に入り込んで音楽を搾取していくんですよ。 音楽や表現で政治に勝つことはできないけれども、猛反発することはできる。 だから日本でもミュージシャンが音楽の政治利用に対して声をあげ、むしろこっちから政治の領域に土足で上がっていくような図太さや強さを持つようになってほしい。 ミュージシャンもリスナーも、音楽と政治は無関係だと考えていると知らぬ間に都合よく利用されてしまうのかもしれない。 その意味で星野源の今後の言動に注目する人々も多いに違いない。

次の