牡丹 灯籠 bs。 尾野真千子が悪女に!男女の色と欲が生々しく交錯する不朽の人間愛憎劇を初映像化

令和元年版 怪談牡丹燈籠

牡丹 灯籠 bs

令和元年版 怪談牡丹燈籠|原作ネタバレ・全話あらすじ感想・登場人物 キャスト 2019年9月19日 2019年11月3日 3分 どうも、夏蜜柑です。 2019秋ドラマの紹介です。 尾野真千子さん主演の 「令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear」(NHK・BSプレミアム)。 不朽の人間愛憎劇「怪談牡丹燈籠」を令和元年の新たな視点で完全映像化! 和製ホラーの決定版を、現代日本を代表する俳優陣でお届けします。 (NHK公式サイトより) 初代三遊亭圓朝による長編落語で、怪談噺の代表作でもある『怪談牡丹灯籠』。 「男女の色と欲が生々しく交錯するドロドロの人間ドラマ」を、ワイヤーアクションや特殊メイク、チャンバラなども交え、令和元年ならではの新たな視点と演出で完全映像化。 主人公・お国を演じるのは尾野真千子さん。 「京都人の密かな愉しみ」「」の源孝志さんが脚本・演出を担当します。 放送局:NHK・BSプレミアム• 脚本・演出:源孝志 (「京都人の密かな愉しみ」「」)• 原作:三遊亭圓朝『怪談牡丹灯籠』• 音楽:阿部海太郎 あらすじ 「牡丹燈籠」は単なる怪談ではなく、男女の愛欲とカネ、陰謀、あだ討ちが描かれる壮大な物語。 今日はその第一夜。 寛保三年、旗本の青年・飯島平太郎(高嶋政宏)は酔った浪人に絡まれ斬り殺してしまう。 全てはこの事件が発端となる。 やがて家督を継いだ彼には、お露(上白石萌音)という娘ができたが、妻は病死。 女中だったお国(尾野真千子)が家内を取り仕切り権力を握っていく。 お露は浪人新三郎(中村七之助)と出会い恋に… (NHK公式サイトより) 原作について このドラマの原作は、 三遊亭圓朝による長編落語『怪談牡丹灯籠』です。 圓朝25歳の時の作品。 浅井了意の『御伽婢子』巻三「牡丹灯籠」、深川北川町の玄米問屋・近江屋喜左衛門家に伝わる怪談、牛込軽子坂の旗本・田中家で聞いた実話などをもとにして創作されました。 明治25年(1892年)には、三代目河竹新七により『怪異談牡丹灯籠』として歌舞伎化されています。 「四谷怪談」や「皿屋敷」と並ぶ日本三大怪談として有名な本作ですが、一般的に知られる牡丹灯籠のストーリーは、『怪談牡丹灯籠』前半の一部分を切り取って仕立て直したもの。 その全貌は、20年にわたる壮大な敵討ち、因果応報の物語になっています。 今回のドラマ化は、『怪談牡丹灯籠』完全版になります。 ドラマの内容とは異なる場合もあります 旗本・飯島平左衛門は、22歳の時に斬り殺した酒乱の浪人・黒川孝蔵の息子・孝助を奉公人として召し抱えることになる。 主が父の仇とは知らない孝助は、平左衛門に「いつか父の仇を討ちたい」と明かす。 平左衛門は孝助に剣術を教え、仇討ちに助太刀することを約束する。 平左衛門は妻を亡くした後、女中のお国を妾にする。 お国は隣家の宮野辺源次郎と密通し、平左衛門の暗殺を企む。 それを知った孝助は、源次郎を討とうとして間違えて平左衛門を槍で刺してしまう。 平左衛門は、自分が孝助の仇であることを打ち明ける。 平左衛門はいずれ孝助に討たれることを覚悟して剣術を教えていたのだった。 それを知った孝助は平左衛門の仇討を誓い、逃亡したお国と源次郎を追って旅に出る。 平左衛門の娘・お露は、医者の山本志丈の紹介で美男の浪人・萩原新三郎と出会い、互いに一目惚れする。 お露は新三郎を恋い焦がれるあまり命を落としてしまい、女中のお米も後を追うように死ぬ。 盆になると、お露の亡霊が萩原の家を訪れるようになる。 亡霊とは知らない新三郎は逢瀬を重ねるが、やがて亡霊だと知り、お札と仏像を借りてお露の亡霊を封じる。 新三郎の店子・伴蔵は、お露からもらった百両と引き換えに、お札をはがして仏像をすり替える。 新三郎は亡霊に命を奪われて死んでしまう。 伴蔵は百両を元手に栗橋宿で荒物屋を始め、料理屋の酌婦となっていたお国と密通するようになる。 伴蔵の密通に感づいた妻・お峰は伴蔵に殺され、亡霊となって荒物屋の奉公人に次々と取り憑く。 伴蔵は奉公人を全員解雇して江戸へ向かうが、捕縛される。 孝助は旅先で4歳のときに別れた母親りえと再会し、お国が母親の再婚相手の連れ子で、源次郎と共に宇都宮に隠れていることを知る。 孝助は宇都宮に向かうが、りえは夫に義理立てしてお国と源次郎を逃がし、自害する。 孝助は2人を追って本懐を遂げ、息子の孝太郎をもって飯島家を再興する。 登場人物(キャスト) お国(尾野真千子) 飯島家の女中。 当主・平左衛門の妻りつ亡き後、側女となり飯島家を取り仕切る。 やがて隣家の放蕩息子・宮辺源次郎と密通し、平左衛門を暗殺して飯島家乗っ取りを謀る。 宮辺源次郎(柄本佑) 飯島家の隣家の旗本・宮辺家の次男。 生来の放蕩者で、穀潰し。 平左衛門の留守中にお国と密通の不義を犯す。 黒川孝助(若葉竜也) 平左衛門が斬った浪人・黒川孝蔵の息子。 平左衛門が父の仇と知らず、飯島家の奉公人になる。 お国と源次郎の謀計に気づき、ひとりで阻止しようとする。 お露(上白石萌音) 平左衛門の娘。 母親が亡くなった後、家を取り仕切るお国を嫌い、侍女のお米と共に柳島の別邸へ移り住む。 浪人・萩原新三郎を恋い焦がれて死に、幽霊となって新三郎のもとに通う。 萩原新三郎(中村七之助) 浪人。 友人の医師・山本志丈にお露を紹介され、一目惚れする。 身分の違いから積極的に会いに行けず、苦悩する。 飯島平左衛門(髙嶋政宏) 旗本。 若い頃、浪人・黒川孝蔵に絡まれ、斬り殺した。 孝蔵の息子・孝助を召し抱え、剣術を教える。 妻を病気で亡くし、侍女のお国と関係を持つようになる。 山本志丈(谷原章介) 飯島家に出入りする医者。 お露と新三郎を引き合わせるが、身分の違いを理由に諦めるよう新三郎を諭す。 お米(戸田菜穂) 飯島家の侍女。 お露と共に柳島の別邸へ移り住む。 お露の死後、後を追って自殺する。 伴蔵(段田安則) 萩原新三郎の店子。 妻のお峰と共に新三郎の身の回りの世話をしている。 新三郎のもとに通うお露の幽霊を見てしまい、陰陽師の白翁堂勇斎に相談する。 お峰(犬山イヌコ) 伴蔵の妻。 新三郎が良石和尚から預かった金無垢の仏像に目をつける。 相川新五兵衛(中原丈雄) 平左衛門の父が組頭だったころの配下で、槍の達人。 ひとり娘のお徳の希望を聞き入れ、孝助を婿養子に望む。 お徳(石橋菜津美) 相川新五兵衛の娘。 孝助と出会って心を通わせ、孝助の妻になりたいと父親に主張する。 白翁堂勇斎(笹野高史) 陰陽師。 お露の幽霊を見た伴蔵から相談を受け、新三郎に「このまま幽霊との交わりを続ければ取り殺される」と告げる。 良石和尚(伊武雅刀) 飯島家の墓所がある谷中の新幡随院の住職。 お露の霊に取り憑かれた新三郎に、経典と海音如来の仏像を授け、護符を家中の入り口に貼るよう命じる。 語り(神田松之丞) 各話のあらすじと感想(ネタバレ有) 第1回 発端 寛保三年。 旗本の青年・飯島平太郎は、刀屋で酔った浪人・黒川孝蔵に絡まれ、「斬ってみたい」という欲望を抑えられずに一刀両断のもとに斬り殺してしまう。 第2回 殺意 お国と源次郎は飯島家を乗っ取る計画を企てるが、孝助に聞かれてしまう。 お露は新三郎に会えない辛さから病身となり、医師の山本志丈に諦めるよう諭される。 第3回 因縁 護符によって阻まれたお露は、新三郎の心変わりを嘆く。 お米は伴蔵とお峰に「百両持参する代わりに護符をはがしてほしい」と持ちかける。 最終回 復讐 孝助は飯島家を存続させるため、逐電したお国と源次郎を追って仇討ちの旅に出るが、2人を見つけられないまま1年が過ぎる。 ほかの記事を読む?.

次の

なんというチャレンジ「令和元年版 怪談牡丹灯籠」尾野真千子が上白石萌音を追い出す?

牡丹 灯籠 bs

その異聞が早くもスペシャルで放送!連ドラで描かれなかったお露(上白石萌音)と新三郎(中村七之助)のその後の恐ろしい噺が…NHK BSプレミアム28日(土)夜10時より「怪談牡丹灯籠 異聞『お露と新三郎』」を放送。 予告動画は番組公式サイトで公開。 明治初期に活躍した落語家・三遊亭圓朝はこれまでに数多くの名作を作り上げた噺家で、その中でも特に有名なのが「牡丹灯籠」という怪談噺。 当時、寄席では毎日客を惹きつけるために噺家は、長編物語を毎日少しずつ客に聞かせていた。 客は続きが聞きたいからまた寄席に通う。 「牡丹灯籠」も全編はかなりの長編で、全部を一度に聞くことは難しい。 令和になった現代でも、多くの噺家が「牡丹灯籠」を高座にかけるが、その大半は「お露・新三郎」の怪談噺である。 叶わぬ恋に焦がれて死んでしまったお露(上白石萌音)が、死んでなお新三郎(中村七之助)を愛するため、毎晩新三郎の家を訪れるのだが…。 究極の愛と怨念は紙一重、そんなことを痛感させられる、身の毛もよだつ物語である。 新三郎に会えないお露は病で伏せってしまい、そのまま死んでしまった。 ある晩、新三郎のもとを美しい女性たちが訪れる。 下男・伴蔵(段田安則)が見たのは、恐ろしい幽霊だった。 新三郎は護符を家に貼り、読経しているため幽霊たちは家に入ることができない。 そこで幽霊たちは、伴蔵夫婦のもとを訪れ、大金をあげるかわりに新三郎の家に張られている護符を剥がしてほしいと頼むのだが…。 NHK BSプレミアム 12月28日(土)夜10時より「怪談牡丹灯籠 異聞『お露と新三郎』」を放送。 原作:三遊亭圓朝。 出演:中村七之助/上白石萌音/谷原章介/戸田菜穂/高嶋政伸/犬山イヌコ/段田安則ほか。 予告動画は番組公式サイトで公開されている。

次の

ドラマ怪談牡丹燈籠のあらすじとキャスト紹介!原作のネタバレ感想も

牡丹 灯籠 bs

Sponsored Link 夏・・・ 怪談の季節です。 牡丹燈篭はお岩さんで有名な「四谷怪談」皿を数えるお菊さんで有名な 「皿屋敷」とともに古代より語り継がれてきた3大怪談の1つです。 怪談牡丹燈篭の放送日はいつ? 怪談牡丹燈籠は NHK BSプレミアムで10月6日22:00から放送されます。 10月とは、また、怪談なのに少々時期外れなような気もしますね。 今回NHKは意外と知られていない牡丹燈籠の愛憎劇にスポットをあてて番組を制作。 ワイヤーアクション・特殊メイク・剣劇をふんだんに取り入れ、 みごたえある怪談牡丹燈籠となっています。 原作は落語って本当? 牡丹燈籠の原作は、初代三遊亭圓朝による長編落語です。 Sponsored Link 牡丹燈籠のあらすじ お露の父・平左衛門とその忠臣・孝助、お家乗っ取りを企 たくら む 希代の悪女・お国と、その間男 まおとこ ・源次郎、強欲な町人夫婦・伴蔵とお峰・・・。 男女の色と欲が生々しく交錯するドロドロの人間ドラマであり、20年にもわたる壮大な敵討ち、因果応報の物語 落語ではお露が怨霊となり浪人の新三郎のもとへ、通う物語ですが、 今回NHKはお露が怨霊になるまでの経緯も演出しているようです。 単なる怪談話にとどまらず、人間のもつ愛憎劇を深く描いた作品となっています。 出演者の紹介 今回主役となっているのは、 お国を演じる 尾野真千子さんです。 身勝手で、強欲な悪女であるお国を女性としてわかる部分も多いので面白がって演じたいとコメントをしています。 宮部源次郎(柄本佑):お国の間男 荻原新三郎(中村七之助):お露と恋仲になる浪人 お露(上白石萌音):お家騒動に巻き込まれ非業の死を遂げ怨霊となる 飯島平左衛門 高嶋政宏 :お露の父親 他にも 若葉竜也 谷原章介 戸田菜穂 石橋菜津美 犬山イヌコ 中原丈雄 笹野高史 伊武雅刀 段田安則 など豪華な出演陣が目白押しです。 こちらも注目です! 最後に日本は階段の宝庫? 死に関する物語、幽霊、妖怪、怪物、あるいは怪奇現象に 関する話が日本では怪談と称されています。 中でも 四谷怪談、皿屋敷、牡丹燈籠は日本の三大怪談とされています。 三大怪談は歌舞伎などのジャンルでも人気がある作品です。 牡丹燈籠のように落語が原作の怪談もあります。 落語の怪談は怪談噺といわれており、 初代林家正蔵をはじめ 三遊亭円朝、 立川三五郎が創作伝承をしてきた 『怪談乳房榎』『お菊の皿』『質屋蔵』『真景累ケ淵』『反魂香』『もう半分』 『子育て幽霊』『菊枝の仏壇』などが有名です。 また、日本各地に古くから伝わる怪談、奇談を収集し情緒豊かな文面にまとめた 小泉八雲の 『怪談kwaidan』など文学作品にも怪談は数多く登場しています。 最近では、毎年夏になると、 稲川淳二が 怪談の語りのイベントを開催していますが、 どの会場を盛大な盛り上がりを見せているようです。 テレビ業界へ怪談ビームは1968年に 新倉イワオが 『あなたの知らない世界』を企画放映したところ、心霊ブーム盛り上がりを見せました。 残念ながら、古典落語の怪談は減る傾向にあるようです。 NHKの『牡丹燈籠』のドラマ放映で怪談の古典落語も もてはやされる時代が再び到来することを願いたいものです。

次の