尾田 セン 聖。 「ONE PIECE バウンティラッシュ」,海軍本部/元帥 センゴク&海賊王の右腕 冥王 シルバーズ・レイリーが登場

『ワンピース』第974話「いざ、鬼ヶ島!!」 カン十郎の仕込みがすごかった件

尾田 セン 聖

尾田栄一郎とは、のである。 な活動場所は。 概要 代表作はも連載中の『』。 から連載を開始し、もなおの看といえるである。 単行本のなどではからのに対して返事を返す『』というがあり、そこで様々なからの質問に答えたり、の裏話・を明かしたりしている。 版『』にも積極的に関わっており、として出演したり、の『』では総揮・・などとして関わるなどのをえた活動もしている。 また、のとして、誌『ノンノ』の表に『』のを書き下ろすなどのとしては異例な活動もしている。 この他、連載前にはとは関係の短編作品も幾つか発表している うち2作品は上ので、1作品は後付けでのかの話と位置付けられている。 なお、初連載作品にして代名詞とも言える『』がした後は体的な問題もあり、週刊連載及び長編は描かない方針を表明している。 また、「編が一番面くなる」と既に最終章の構想が出来上がっていることも幾つかの雑誌で発表しているが、進行がくはなっておらず、一編が終わるのに2年以上かかることはで、さらに章ごとにのを描いてが前後するため、が不安視されるの一人ともなっている。 これは版にもし、長い前置きや、や入れなどで進行を著しく遅らせるぐましい努が行われている状態となっている。 また、の画そのものも、へ外注するで初期からが落ちたというも聞こえる。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

尾田栄一郎とは (オダエイイチロウとは) [単語記事]

尾田 セン 聖

第974話「いざ、鬼ヶ島!!」 日和(小紫)と傅ジロー(狂死郎) 丑三つさん 「丑三つ小僧」が狂死郎だと判明し、日和も一枚噛んでました。 以前に描かれた小紫が小悪党を惚れさせて金を巻き上げること。 このお金を狂死郎が「丑三つ小僧」として配っていました。 また、常に「血のり」を着物に仕組んでいたそうな。 小紫として死ぬことは前からの既定路線だった模様です。 <関連記事> やはり引っかかるのは 932話で出没したという「丑三つ小僧」でしょうか。 狂死郎も小紫も宴会場にいましたからね。 丑三つ小僧の件はアリバイ作りの為に偽情報流したのかなと思ってます >より あの時の時間丑三つじゃないと思うんですよね、おそばマスクと丑三つ小僧誤認したとか?ただロビンにカマをかけたとか? >より うーむ。 狂死郎のアリバイ工作、おそばマスクを間違えた、ロビンにかめかけただけ…。 どれもありそうではあるが果たして…。 この20年で光月の生き残りに聞きてぇ事ができた… 内通者であるカン十郎から手紙でタイムスリップを聞いたオロチ。 出国する時にすぐに見つかってしまったのは海岸を見張り続けていたからか(てか、カイドウは鬼ヶ島にいつもいつわけでなくオロチ城にも頻繁に来るのかな)。 ちょい気になるのはカイドウの 「光月の生き残りに聞きてぇ事ができた」でしょう。 818話では錦えもんが 「カイドウは我らから…〝情報〟を引き出そうとしておる」と述べていました。 20年前は光月家の関係者を皆殺しにするつもりだったのに、この20年で聞きたい事が出来たそうな。 ま、これは 古代兵器でしょうか。 この頃はまだドフラミンゴも健在で世界政府(?)相手に大きな戦争を仕掛けて死のうとしてましたからね。 795話 くそったれ…急げ〝ジョーカー〟 最期の戦闘準備を整えろ!こんな退屈な世界壊れてもいい! 世界最高の戦争を始めようぜ!! 趣味「自殺」の死にたがりである。 世界最高の戦争をして死にたいって感じだったので、古代兵器の場所をおでん様から聞いてるかもしれない光月家臣に聞きたいとかでしょうか。 知らんけど。 また、「死なねぇもんだな」「また生きちまった」と趣味自殺のカイドウはどういう心境の変化が起きたのかも気になる。 分が悪いのでウソついたり、おでん様にやられそうになった姿からは、昔は とても死にたがりの一面は見えませんでした。 カイドウはこの20年で何かがあった可能性が微粒子レベルで存在する。 死にたくても死ねない身体になった? 黒炭カン十郎 黒炭カン十郎!!理由はこれでいいか? カン十郎は「黒炭」の一族でした。 黒炭一族全てが大名家ってわけでなく、カン十郎自身は大衆演劇の一座の生まれだそうです。 なお、黒炭性はみんな迫害された模様。 コメントでカン十郎が怪しい説はたくさん頂いていましたけど、マジのガチでカン十郎が内通者でしかも黒炭だったとはビックリですね。 <関連記事> 自分はずっとカン十郎を疑っています。 思えば、ゾウに来ていたジャックですが、確信を持って雷ぞうを探しに来ていました。 ゾウに雷ぞうがいることを知っているのは、カン十郎含む一部の人しか知らないはず。 赤鞘九人に内通者がいる証拠かと。 >より 20年飛ぶ前から既に裏切っていたとすればどうかな だとするとそいつから飛んだ後にオロチに情報が行ってただろうから オロチがあそこまでトキの予言を信じていた裏付けになりうる こう考えると現状ではカン十郎が一番怪しい >より カン十郎を怪しんでいる身からすると、今回ツッコミだらけ。 まず、希美の妖怪ってなんぞやと。 こいつだけ出自が不明。 そして髪の毛を切り刻むって相当ヤバイやつ。 >より スパイがいるとするとカン十郎が怪しい迫害されていたとただ一人だけ過去に設定を持たせているし >より 過去に迫害うけてたっていう、黒炭カン十郎がスパイやな。 >より カン十郎が迫害されていたのは黒炭姓が理由か? >より 968話 ここでカン十郎が「過去迫害を受けていた」が黒炭性だったが由来とはね。 ドレスローザ編で鳥籠の中にいたことや釜茹での処刑も、 カン十郎自身は心を失って死に場所を探していたからであるそうな。 本当は右利きでも左手で絵をヘタに描く 我々の知るカン十郎では描けぬ絵だな… ルッチ、実は喋れる。 カン十郎、実は絵がめちゃくちゃ上手い。 みたいなね。 >より カン十郎が墨で分身を作れる可能性もある墨なら釜茹で溶けて死体も残らない >より 本当は絵が上手く正確な実体を作り出せるけどその疑いを向けられない様に絵が下手なフリをしてたりして…? >より カン十郎は刀は右手だけど筆は左手ですよね?本来右利きなのを左手で画を描いているからヘタなのでは!? 実はカン十郎はわざと下手な絵を描いてる説はだいぶ前からコメントで散見されてましたが、言われてみて「なるほど」感がすごい。 というのも、カン十郎はコメントの指摘通り、カン十郎は剣など右手で持っており右利きであると。 しかし、 絵を描く時は左手で描いてると。 利き腕である右手で描けばめちゃくちゃ上手いとは恐れ入った。 死に場所を探してるカン十郎 黒炭カン十郎 カン十郎は姿が全然違う。 「おれのような男ははじめからいない」と黒い妖精(?)みたいな見た目の幼少期カン十郎が描かれていました。 今の姿も絵で描いたニセモノだったりするのだろうか。 てか、心を失い演じることでしか生きれない…何者でもないって比喩的描写なのかマジでシルエット通りの姿なのか。 個人的に引っかかるのは「死に場所」を探してたってワード。 ・「死に場所を探してた…光栄です」 ・「おれはずっと死に場所を探していた」 このフレーズってそのまんまカイドウですよね。 男は「死に場所」を探していた カイドウとカン十郎が同じように「死に場所」を探してるって類似性は偶然なのか何かあるのか。 2人に特に繋がりがあるようにも見えんけど。 ちょっと気になりました。 大衆演劇の一座に生まれ……」 オロチ「「ワノ国」からの迫害により舞台上で両親を失い…!」 光月おでん 過去迫害を受けていたようだが 『大名殺しの一族だァ』 『キャーーーーーーー』 オロチ「完全に心を失い、何者かを演じる事で生き長らえていた」 光月おでん 自業自得だ オダセン聖……ここまで心折れそうになったのはされ竜の2巻を読んだ時以来だよ…… 気分転換に カイドウの聴きたいことって、 カイドウ「何故、おでんはおれ達 カイドウとオロチ と全面戦争でなく、おれ カイドウのみを討つ の首を狙うことを選んだんだ?」 だったりしないかな? モモ「……拙者は!貴様を斬らないから!この国から出て行け、オロチ!!」 菊之丞「え…?」 錦えもん「も、モモの助様!?」 オロチ「あ?舐めてんのかガキ!確かにおれは光月の血筋を恐れてる。

次の

センエースと五聖命王の関係。

尾田 セン 聖

第974話「いざ、鬼ヶ島!!」 日和(小紫)と傅ジロー(狂死郎) 丑三つさん 「丑三つ小僧」が狂死郎だと判明し、日和も一枚噛んでました。 以前に描かれた小紫が小悪党を惚れさせて金を巻き上げること。 このお金を狂死郎が「丑三つ小僧」として配っていました。 また、常に「血のり」を着物に仕組んでいたそうな。 小紫として死ぬことは前からの既定路線だった模様です。 <関連記事> やはり引っかかるのは 932話で出没したという「丑三つ小僧」でしょうか。 狂死郎も小紫も宴会場にいましたからね。 丑三つ小僧の件はアリバイ作りの為に偽情報流したのかなと思ってます >より あの時の時間丑三つじゃないと思うんですよね、おそばマスクと丑三つ小僧誤認したとか?ただロビンにカマをかけたとか? >より うーむ。 狂死郎のアリバイ工作、おそばマスクを間違えた、ロビンにかめかけただけ…。 どれもありそうではあるが果たして…。 この20年で光月の生き残りに聞きてぇ事ができた… 内通者であるカン十郎から手紙でタイムスリップを聞いたオロチ。 出国する時にすぐに見つかってしまったのは海岸を見張り続けていたからか(てか、カイドウは鬼ヶ島にいつもいつわけでなくオロチ城にも頻繁に来るのかな)。 ちょい気になるのはカイドウの 「光月の生き残りに聞きてぇ事ができた」でしょう。 818話では錦えもんが 「カイドウは我らから…〝情報〟を引き出そうとしておる」と述べていました。 20年前は光月家の関係者を皆殺しにするつもりだったのに、この20年で聞きたい事が出来たそうな。 ま、これは 古代兵器でしょうか。 この頃はまだドフラミンゴも健在で世界政府(?)相手に大きな戦争を仕掛けて死のうとしてましたからね。 795話 くそったれ…急げ〝ジョーカー〟 最期の戦闘準備を整えろ!こんな退屈な世界壊れてもいい! 世界最高の戦争を始めようぜ!! 趣味「自殺」の死にたがりである。 世界最高の戦争をして死にたいって感じだったので、古代兵器の場所をおでん様から聞いてるかもしれない光月家臣に聞きたいとかでしょうか。 知らんけど。 また、「死なねぇもんだな」「また生きちまった」と趣味自殺のカイドウはどういう心境の変化が起きたのかも気になる。 分が悪いのでウソついたり、おでん様にやられそうになった姿からは、昔は とても死にたがりの一面は見えませんでした。 カイドウはこの20年で何かがあった可能性が微粒子レベルで存在する。 死にたくても死ねない身体になった? 黒炭カン十郎 黒炭カン十郎!!理由はこれでいいか? カン十郎は「黒炭」の一族でした。 黒炭一族全てが大名家ってわけでなく、カン十郎自身は大衆演劇の一座の生まれだそうです。 なお、黒炭性はみんな迫害された模様。 コメントでカン十郎が怪しい説はたくさん頂いていましたけど、マジのガチでカン十郎が内通者でしかも黒炭だったとはビックリですね。 <関連記事> 自分はずっとカン十郎を疑っています。 思えば、ゾウに来ていたジャックですが、確信を持って雷ぞうを探しに来ていました。 ゾウに雷ぞうがいることを知っているのは、カン十郎含む一部の人しか知らないはず。 赤鞘九人に内通者がいる証拠かと。 >より 20年飛ぶ前から既に裏切っていたとすればどうかな だとするとそいつから飛んだ後にオロチに情報が行ってただろうから オロチがあそこまでトキの予言を信じていた裏付けになりうる こう考えると現状ではカン十郎が一番怪しい >より カン十郎を怪しんでいる身からすると、今回ツッコミだらけ。 まず、希美の妖怪ってなんぞやと。 こいつだけ出自が不明。 そして髪の毛を切り刻むって相当ヤバイやつ。 >より スパイがいるとするとカン十郎が怪しい迫害されていたとただ一人だけ過去に設定を持たせているし >より 過去に迫害うけてたっていう、黒炭カン十郎がスパイやな。 >より カン十郎が迫害されていたのは黒炭姓が理由か? >より 968話 ここでカン十郎が「過去迫害を受けていた」が黒炭性だったが由来とはね。 ドレスローザ編で鳥籠の中にいたことや釜茹での処刑も、 カン十郎自身は心を失って死に場所を探していたからであるそうな。 本当は右利きでも左手で絵をヘタに描く 我々の知るカン十郎では描けぬ絵だな… ルッチ、実は喋れる。 カン十郎、実は絵がめちゃくちゃ上手い。 みたいなね。 >より カン十郎が墨で分身を作れる可能性もある墨なら釜茹で溶けて死体も残らない >より 本当は絵が上手く正確な実体を作り出せるけどその疑いを向けられない様に絵が下手なフリをしてたりして…? >より カン十郎は刀は右手だけど筆は左手ですよね?本来右利きなのを左手で画を描いているからヘタなのでは!? 実はカン十郎はわざと下手な絵を描いてる説はだいぶ前からコメントで散見されてましたが、言われてみて「なるほど」感がすごい。 というのも、カン十郎はコメントの指摘通り、カン十郎は剣など右手で持っており右利きであると。 しかし、 絵を描く時は左手で描いてると。 利き腕である右手で描けばめちゃくちゃ上手いとは恐れ入った。 死に場所を探してるカン十郎 黒炭カン十郎 カン十郎は姿が全然違う。 「おれのような男ははじめからいない」と黒い妖精(?)みたいな見た目の幼少期カン十郎が描かれていました。 今の姿も絵で描いたニセモノだったりするのだろうか。 てか、心を失い演じることでしか生きれない…何者でもないって比喩的描写なのかマジでシルエット通りの姿なのか。 個人的に引っかかるのは「死に場所」を探してたってワード。 ・「死に場所を探してた…光栄です」 ・「おれはずっと死に場所を探していた」 このフレーズってそのまんまカイドウですよね。 男は「死に場所」を探していた カイドウとカン十郎が同じように「死に場所」を探してるって類似性は偶然なのか何かあるのか。 2人に特に繋がりがあるようにも見えんけど。 ちょっと気になりました。 大衆演劇の一座に生まれ……」 オロチ「「ワノ国」からの迫害により舞台上で両親を失い…!」 光月おでん 過去迫害を受けていたようだが 『大名殺しの一族だァ』 『キャーーーーーーー』 オロチ「完全に心を失い、何者かを演じる事で生き長らえていた」 光月おでん 自業自得だ オダセン聖……ここまで心折れそうになったのはされ竜の2巻を読んだ時以来だよ…… 気分転換に カイドウの聴きたいことって、 カイドウ「何故、おでんはおれ達 カイドウとオロチ と全面戦争でなく、おれ カイドウのみを討つ の首を狙うことを選んだんだ?」 だったりしないかな? モモ「……拙者は!貴様を斬らないから!この国から出て行け、オロチ!!」 菊之丞「え…?」 錦えもん「も、モモの助様!?」 オロチ「あ?舐めてんのかガキ!確かにおれは光月の血筋を恐れてる。

次の