入浴シーン。 上野樹里、デイリー新潮の「入浴シーン」記事に反応 「2時間もかかってませんね!」: J

【動画あり】手越祐也 、突然の入浴シーン公開に驚愕「やめた途端こんなに…」

入浴シーン

「サイコ」(1960年)の主演女優のジャネット・リーがシャワールームで惨殺される有名な「シャワーシーン」。 『サイコ』(Psycho)は、1960年に製作されたアメリカ合衆国の映画。 アルフレッド・ヒッチコック監督によるサイコ・スリラー系のサスペンス映画で、全編モノクローム映像。 『サイコ』と『血を吸うカメラ』(1960年)がきっかけとなって、世界的に精神異常者による猟奇犯罪を描いた「サイコ・スリラー」が流行した。 「サイコ」に登場する精神異常者の殺人鬼であるノーマン・ベイツが、シャワー・ルームで主演女優のジャネット・リーを惨殺するシーンは世界中にショックを与えた。 ジャネット・リーの肌をナイフが直接切り裂く具体的な人体破壊描写(スプラッター描写)は見られないが、当時としては画期的と言えるほど過激な暴力描写が物議を醸した。 モデル連続殺人!(1963年) バスタブにピラニア。 子供ホラー『無邪気な悪魔におもちゃが8つ』の風呂場にピラニアを放して食い殺させている残酷シーン。 『無邪気な悪魔におもちゃが8つ』(原題:Devil Times Five)は、1974年のアメリカのホラー映画。 邪悪な子供たちが登場する。 【ストーリー】 感化院から護送される途中、車が事故に逢い、逃げ出した五人の子供たち。 彼らは、八人の大人がいる雪山の山荘にやってきた。 子供たちは、大人を残虐は方法で殺してゆく。 なぶり殺したり、感電死させたり、風呂場にピラニアを放して食い殺させたりする。 さらに、斧で頭を割ったり、焼き殺したりなど、子供とは思えない手法で、次々大人を血祭りにあげる。 そして、全員を殺したところで、五人の子供は手をとりあい、殺戮の旅へと出発するのだった……。 デビッド・クローネンバーグのシーバース(1975年) 入浴中の美女にまるで男性器のような寄生虫が迫りくる…。 人間の病気を治すために研究開発された寄生虫。 しかし、それは人間の理性を破壊し、欲望のなすがままに行動してしまうという恐ろしい生物だった。 テレビ放映タイトル『SF人喰い生物の島』。 人間の内臓の代りとなるべく研究されていた寄生虫には、人の理性を失わせるという隠された目的があった。 寄生虫は人から人へ移っていき、舞台となるマンションの住民は次々と支配され仲間を増やしていく。 肛門から侵入し宿主を操る寄生生物の恐怖を描いた『シーバース』(1975年)のバスタブシーン モントリオール郊外にある島で、寄生虫を人間の内臓に同化させようという実験が行なわれていた。 その結果、被験者となった少女は島の男性たちと関係を持ち、そのあげくに凶暴化する。 彼女と関係した男性たちも寄生虫に取り付かれ、肉体を乗っ取られてしまう。 蔓延する怪現象の行く末は? サスペリアPART2(1975年) 邦題『サスペリアPART2』(原題:Profondo Rosso、英題:Deep Red)は、1975年公開のイタリアのダリオ・アルジェント監督によるジャッロ映画。 サスペンス映画史に残る最高傑作。 バレエ名門校に巣食う魔女の恐怖を描いたの「」(1977年)との内容的なつながりは全くない。 しかし「サスペリアPART2」は、鮮血(残酷描写)とエロス(性描写)の美学を追求する「ジャッロ映画」と悪魔と邪教を題材とした「オカルト映画」の境界線上にある作品であり、「サスペリア」の雛形・源流であるのは間違いない。 映画『シャイニング』の象徴ともいえる「叩き割ったドアの裂け目から顔を出したジャック・ニコルソンの狂気に満ちた表情」。 インキュバス 死霊の祝福(1981年) 『インキュバス 死霊の祝福』(原題:Deadly Blessing)は、1981年のアメリカ映画。 とある田舎の農村を舞台に、厳格な戒律を持つ宗教集団が巻き起こす惨劇を描く。 【ストーリー】 あるところに、ヒッタイトの一族が暮らす農村があり、彼等は厳格な戒律を持ち機械を否定していた。 そこの出身であるジムは、都会の学校に進学したことで離縁されたものの、マーサと結婚して故郷に帰ってきた。 その農村に妻と暮らすことになったジムだが、村の者たちはよそ者たちをインキュバス(夢魔)と呼んで毛嫌いしていた。 そんな中、ジムがトラクターに挟まれて死亡する。 ポルターガイスト(1982年) 疲れてバスルームで眠り込んでしまったヒロインのナンシーの股間に向かってフレディの鉤爪が近づいてくる有名なシーン。 『エルム街の悪夢』(原題:A Nightmare on Elm Street)は、1984年にアメリカで公開されたスプラッター・ホラー映画。 夢の中で人々を襲う殺人鬼、フレディ・クルーガー(Freddy Krueger)の恐怖を描いている。 ペット・セメタリー(1989年) 『ペット・セマタリー』(原題: Pet Sematary)はスティーヴン・キングが1983年に発表した長編小説である。 アラクノフォビア(1990年) 『アラクノフォビア』(原題: Arachnophobia)は、1990年制作のアメリカ合衆国のホラー・パニック映画。 スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、フランク・マーシャルの初監督作品である。 新種の毒グモに襲撃された町を舞台に、クモ恐怖症の医師たちがそれに立ち向かう。 南アフリカの熱帯雨林で発見された猛毒を持った蜘蛛が原因で、次々と人々が死を遂げていく。 ベネズエラのジャングルに棲息する猛毒グモがアメリカ郊外の町に潜入、普通のクモと交配し大量繁殖する。 70年代半ばに流行した動物パニック映画の復活を思わせる作品。 IT(1990年) 『IT』(イット)は、1990年のアメリカ合衆国のホラー映画。 人間の弱さに付け込む不気味なピエロ、ペニーワイズに翻弄される人々を描く。 キャンディマン(1992年) 『キャンディマン』(原題:『Candyman』)は、1992年制作されたアメリカ合衆国のホラー映画。 都市伝説について研究している大学院生のヘレンは、黒人居住区に伝わる「キャンディマン」の伝説を調査していた。 「キャンディマン」とは、鏡の前でその名前を5回唱えると現れ、名前を呼んだ者を右腕に取り付けた鉤爪で殺害するという、伝説の殺人鬼であった。 スクリーム2(1997年) 『スクリーム2』(原題:『英語: Scream 2』)は、1997年に公開されたアメリカ映画。 『スクリーム』の続編である。 ハロウィン・マスクを被った謎の殺人鬼が再び登場。 生き残ったシドニーを狙い、殺人ゲームを仕掛け始める。 2000年代以降の恐怖の入浴シーン ファイナル・デスティネーション(2000年) 『ファイナル・デスティネーション』(原題:Final Destination)は、2000年にアメリカで公開されたホラー・サスペンス映画。 凄惨な飛行機事故を予知して回避した若者たちが逃れられない死の運命に次々とさらされる恐怖を描く。 『ファイナル・デスティネーション』に登場するトッド・ワグナーはバスタブで死亡する。 トッド・ワグナーの死ぬ順番は最初で、自宅の浴室で足を滑らせてバスタブの中に転げ落ち、その拍子に洗濯ロープのワイヤが首に巻きついてしまう。 更にバスタブの中に洗剤が零れたために立ち上がって窒息状態を脱することができず、そのまま縊死する。 ホワット・ライズ・ビニース(2000年) 『ホワット・ライズ・ビニース』(原題:What lies Beneath)は、2000年のアメリカ映画。 ハリソン・フォード、ミシェル・ファイファー主演のサスペンス・スリラー。 アルフレッド・ヒッチコックの映画技法を意識した作品でもある。 【ストーリー】 遺伝学の教授ノーマン・スペンサー博士と妻クレアは、美しい湖の畔で幸せに暮らしていた。 が、クレアは愛娘を大学に送り出したばかりで、心に穴が空いた状態。 そんなとき、家の中で奇妙な出来事が起こり始める。 風もないのに開くドア、突然動き始めるコンピューター。 囁くような声が聞こえ、水には見知らぬ女性の顔が浮かんで見える……。 科学者の夫にはどれも妻の妄想としか思えないのだが……。 ソウ(2004年) 鏡の中の悪魔によって妹のアンジェラを残虐に殺される。 口を引き裂かれて死亡する残酷描写はトラウマ必至。 かなりグロいスプラッター描写が多い。 悲しい過去を持つ元警官が、鏡にまつわる恐怖劇に立ち向かう戦慄(せんりつ)のサスペンス・ホラー。 【ストーリー】 ニューヨーク6番街にある大火災で廃屋と化したデパートの夜警を依頼された元刑事のベンは、警備中にその建物の中にある不気味な鏡に触れてしまう。 その瞬間から逃れようのない恐るべき運命に囚われてしまうのだった……。 突如として鏡に映る奇怪なイメージやメッセージ。 続発する原因不明の死亡事件。 焼けただれたデパートの呪われた過去。 やがて浮かび上がる一人の少女の存在。 最愛の家族まで危険にさらしてしまうベンは、鏡をめぐる忌まわしい秘密を解き明かさねばならなくなる。

次の

入浴シーンの見どころは……?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

入浴シーン

ビデオリサーチの「週間高世帯視聴率番組10」で、9月9日(月)から15日(日)における「ドラマ」(関東地区、以下同)の視聴率ベスト5は次のようになった。 具体的には上野樹里(33)の入浴シーンのことだという。 「たった5秒のシーンでした。 とにかく入浴シーンは撮影に手間がかかります。 撮影時間は2時間で終われば早いほうで、セット費だけでも少なくとも100万円が必要です。 昨今のテレビ業界は予算削減が最優先ですからね。 しかし『朝顔』は、入浴シーンが必要だと考え、プロの矜持として撮影したのでしょう。 今どき珍しい判断です。 そんな熱意のある現場だからこそ、良質な作品ができたのでしょう」 入浴シーンは、どれくらい手間暇かかるものなのだろうか。 「女優さんの入浴シーンほど、大変な撮影はありません。 例えば着替えです。 もちろん肌色の水着を用意します。 とはいえ、普通の水着とは比較にならないほど無防備な姿ですから、なるべくスタッフの目に触れないほうがいい。 浴室のセットに女優さんが入って、撮影して、出る。 その間、現場はスタイリストさんが防御役に加わるなど、大変な作業です。 セットへ入るのに45分、出るのに45分、往復で1時間半。 イメージに合う湯船を選んで発注し、スタジオに運搬。 浴室のセットも、「監察医 朝顔」に出てくるような古い民家の雰囲気を出すには、大道具のセット制作も手間がかかる。 セットが完成しても、浴槽にお湯を満たすのも楽な仕事ではない。 ガス湯沸かし器を設置することは不可能なので、どこか別の場所で湯を沸かし、セットに運び入れる段取りをつけねばならない。 入浴する女優さんがメイク室に到着すると、入浴用の髪型にセット。 普通のメイクでは不自然なので、リアルな薄化粧に変え、汗を表現するために霧吹きで顔に水玉をつける。 これでやっと撮影に入れるが、普段のスタジオ撮影とは違ってカメラが1台しか使えないことが多いという。 「テレビドラマの場合、特にスタジオでの撮影は複数のカメラを使い、1シーンを一気に撮影することも珍しくありません。 しかし浴室のセットは、狭くないとリアリティがないですから、カメラは1台しか使えない。 女優さんには3方向くらいから撮影するとして、そのたびに照明の位置を変える必要があります。 湯けむりの効果も大変です。 オンエアでは数分で終わる入浴シーンでも、実際の撮影が30分で終われば早いほうでしょう」(同) 撮影が終わったら、再びスタイリストやメイクが動員され、女優の濡れた体を隠しながらタオルで拭いてもらう。 お湯の温度に、照明の熱が加わり、のぼせる女優も珍しくない。 クールダウンの時間も*にならないという。 あの撮影は品川区の銭湯でロケをしているそうで、撮影の順番で言えば、当然ながらラスト。 一般客がいなくなった営業終了後に撮影を開始するそうです」(同) 「それほど大変なら、やめればいいのに」と思われた方も多いだろうが、やはりメリットはあるという。 「水戸黄門」(TBS系列・1969~2011)で多くの入浴シーンを披露して伝説と化した由美かおる(68)はあまりに有名だが、現在でも類例は少なくないようだ。 「『ドクターX』の入浴シーンが、例えばネット上でも盛り上がるのはご存知の方も多いでしょう。

次の

【動画あり】手越祐也 、突然の入浴シーン公開に驚愕「やめた途端こんなに…」

入浴シーン

今月19日に、ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也が、25日に自身のツイッターを更新。 「動画日記」として入浴中の動画を公開し、女性ファンを中心に驚きの声が上がっている。 「今日もみんな元気ー??」と、ファンにメッセージを送った手越。 同日は打ち合わせと移動の1日だったようだ。 投稿には、濡れた髪をかきあげて湯船に浸かっている動画が添付されており、「もう10分くらい入ってるから汗だく」とカメラに向かって微笑みかける。 同日の打ち合わせは「Zoom会議」だったことを強調しつつ、ファンに向けて「喜んでくれるような展開になりそう」ともコメント。 最後には生歌まで披露するなど、惜しげもないファンサービスを見せている。 事務所を退所してツイッターを開設した直後のサービスショットとあって、女性ファンから「いやカッコよすぎる」「入浴姿見れる日が来るなんて思ってもなかった」「こんな毎日がこれから続くの、幸せすぎて怖い」など、驚きと歓喜の声が殺到している。 中には、あまりのサービス精神に「え、ジャニーズやめた途端こんなにもファンサービスしてくれて大丈夫なの??」と心配する声まで。 ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,732名を対象に「入浴」に関する意識調査を実施したところ、全体で56. 0%の人が「毎日お風呂に浸かっている」と回答している。

次の