お腹 全体 が 痛い。 お腹の痛みが続く原因と症状別の場所と病気!原因不明や治らない時の対処法と薬

右側のお腹が痛い!症状から推測される病気は?

お腹 全体 が 痛い

腹痛とは、「お腹が痛い」という症状を総称したものです。 痛みの部位、痛みの強さ、鈍い痛み(鈍痛)、さしこみ痛(疝痛)、発症のしかた、併発している症状などによって原因を特定します。 胃や腸といった消化器系に起因するものだけでなく、循環器系、泌尿器系、婦人科系などに起因するものもあります。 腹痛の種類 腹痛には大きく分けて、内臓痛と体性痛の2種類があります。 内臓痛 消化管の収縮、伸展、痙攣、拡張などによって起こる痛み。 内臓神経(自律神経)を介して感じる腹痛です。 痛みの部位が明確でなく、周期的にお腹全体が何となく痛いという鈍痛で,吐き気や悪心、冷や汗といった症状をともなうことがあります。 例えば下痢でおこる痛みが内臓痛になります。 その原因は管腔臓器の内圧の上昇により起こる痛みです。 最終的には、管腔の閉塞、牽引で痛みが起こります。 体性痛 内臓をとりまく腹膜や腸間膜(腸と腸との間にある膜)、横隔膜などに分布している知覚神経が刺激されて起こる腹痛です。 一般に刺すような鋭い痛み(疝痛)が持続的に続きます。 内臓痛よりも痛みの部位がはっきりとしています。 例えば虫垂炎の場合、最初は胃の辺りが痛くなり、徐々に気分が悪くなり微熱が出て虫垂周辺が痛くなりますが、最後には差し込むように痛くなります。 最初は、腸の動きが止まるので内圧が上がってぜん動運動のバランスが崩れ、内臓痛が起こっています。 さらに、虫垂炎が腹膜炎に及んでくると体性痛が起こり、疝痛となるのです。 製品情報• おなかのガスについて• おなかに良いヨガにチャレンジ!• 環境活動• 財務ハイライト• IRライブラリー• 株式情報• 症状別のおなかのトラブル 腹 痛• 軟便・下痢• 便 秘• おなかの張り• 時季によって起こる おなかのトラブル• その他のおなかのトラブル• うんち(便)ってなに?• インフルエンザとは• 新型インフルエンザとは• 対策特別措置法• 製品別のご質問•

次の

お腹がチクチク痛い原因と対処法。おへそ周りや右左の痛みは?

お腹 全体 が 痛い

I.消化器疾患と腹痛 腹痛のため、病院を受診する原因疾患として最も頻度が高いのが消化器疾患です。 しかし、腹痛をきたす消化器疾患は多種多様で、自然に治癒する軽症の ものから、生命にかかわる重症なものまで幅が広く、診断が容易でない場合があります。 診察医が迅速に正しい診断をして適切な対処をするために、腹痛に関す る情報を正確に伝えて頂くことが重要な役割を果たします。 消化器疾患による腹痛は、発症様式、部位や性状、随伴症状などからある程度、原因疾患を推定する ことが可能であるため、診断に際して以下のポイントが役に立ちます。 発症様式 腹痛がどのように出現し、時間経過とともにどのように変化するかは疾患を推定する上で重要です。 突然、ある瞬間を境に急激に痛くなった場合は、大 動脈瘤破裂や大動脈解離、腸間膜動脈血栓症などの血管病変が第一に疑われます。 消化器疾患でこのように急激な経過きたすことは比較的まれですが、消化管穿 孔(消化管の壁に穴が開いて、消化液や食物などが消化管の外へ漏れ出す状態)では突発的な激痛から始まることがあります( 図1a)。 いずれにしても開腹手術を必要とするような緊急性が高い疾患の可能性が高いため、注意を要します。 また、高齢者や肥満のある方は、概して痛みに対して鈍感となり、痛みの程度が軽くても重症な場合があるので注意が必要です。 増悪/寛解因子 食事や排便により腹痛が増悪または軽減する場合は消化管に原因がある場合が多いです。 一般的に胃潰瘍では食事により腹痛が増悪する一方( 図1b)、十二指腸潰瘍では食後に痛みが一時的に軽快することが多いといわれています( 図1c)。 排便や放屁により腹痛が軽減する場合、過敏性腸症候群など大腸に由来した腹痛が考えられます。 また、胆石症による腹痛では、油ものを摂取後に腹痛が出現するのが特徴的です( 図1d)。 この他、体位で腹痛が軽減する場合があり、膵炎などの後腹膜臓器に原因がある場合は座位では前傾姿勢を、臥位なら胸膝位(膝を曲げて腹ばいになる)で痛みが和らぐことがあります。 腹痛部位と疾患 腹痛のある部位に必ずしも痛みの原因となる臓器があるとは限りませんが、 図2に示すとおり、おおまかに腹痛部 位から原因疾患を推定することが可能です。 腹部全体が痛いのか、それとも腹部の限局した部位が痛いのか、痛みの部位は診断において欠かすことの出来ない重 要な情報になります。 また、疾患によっては、時間経過とともに痛みの部位が変化することがあります。 例えば虫垂炎の場合、初期にみぞおち付近に痛みを自覚 し、徐々に右下腹部に痛みが限局してくることがあります。 さらに、痛みの特殊な例として関連痛があります。 これは、内臓での痛み刺激が脊髄神経に刺激を与 え、臓器のある部位とは隔たった皮膚などの体表に限局的に痛みを感じるものです。 胆石症では右肩、膵炎では左のみぞおちから背部にかけて、十二指腸潰瘍の 穿孔では右肩に関連痛を認めることがあります。 随伴症状と疾患 消化器疾患による腹痛の場合、腹痛以外の随伴症状を認めることが多く、診断の手がかりとなります。 随伴症状として認める頻度の高いものとして、嘔気・嘔吐、下痢、発熱、腹部膨満、吐血・下血、黄疸などが挙げられます。 緊急を要する消化器疾患 腹痛の程度には個人差があり、痛みの程度だけで原因疾患の重症度を判断することは困難ですが、以下の項目が当てはまる場合には重症である可能性が高く注意を要します。 1.腹痛が出現して短時間で激痛となる 2.吐血・下血や黄疸、発熱などの随伴症状を認める 3.腹痛が出現してから便や放屁がでない 4.歩くと患部に響く 5.体重減少を認める 6.痛みのため睡眠から覚醒する これらで当てはまる項目が増すほど重症である可能性が高いため、早めの病院受診をお勧めします。 腹痛をきたす頻度の高い消化器疾患 1.感染性腸炎 ウイルスや細菌が腸管に感染することが原因となり、腹痛とともに下痢が主症状となります。 発熱や嘔吐、さらに血便などの症状を認めることもありま す。 いわゆる食中毒も感染性腸炎の一種で、汚染された食物を摂取することで発症します。 途上国旅行中や帰国後に発症した場合、特殊な微生物による感染性腸 炎(細菌性赤痢、コレラなど)の可能性があるため注意を要します。 感染性腸炎の治療は、一般的に脱水予防のための水分補給が主体となります。 2.虫垂炎 典型例ではみぞおちから臍にかけての痛みから始まり、数時間を経て右下腹部へと痛みが限局してきます。 腹痛に伴い下痢や嘔吐を認めることは稀です。 適切に診断・治療を行わないと消化管穿孔や腹膜炎をきたし重症化することがあるため早期に受診することが重要です。 3.腸閉塞症(イレウス) なんらかの原因により、腸管の内容物の通過が障害された状態を腸閉塞症といい、腸管の血行障害を伴う絞扼性イレウスと、血行障害を伴わない単純性 イレウスに分類されます。 通過障害により、吐き気や嘔吐、腹部膨満感を認め、排便や放屁が停止します。 腹痛は単純性イレウスの場合は周期的に増悪・寛解す る間欠痛で、絞扼性イレウスでは持続的な鋭い痛みを自覚します。 腹部手術を受けたことのある方は本疾患の罹患率が高く、注意を要します。 4.過敏性腸症候群 各種検査で異常が認められず、腸の機能異常が原因と考えられています。 慢性的(3か月以上)、反復性に下痢や便秘などの便通異常を伴う腹痛をきたし、ストレスで増悪することがあります。 排便で腹痛が軽減する点が特徴的です。 5.消化性潰瘍 胃潰瘍と十二指腸潰瘍の総称です。 胃潰瘍では食後に、十二指腸潰瘍では空腹時にみぞおちの痛みを自覚する傾向にあるといわれますが、食事との関連が不明瞭なこともあります。 消化性潰瘍の成因として、胃内に生息しているヘリコバクター・ピロリ菌が重要視され、潰瘍を再発するケースでは積極的に除菌療法が行われます。 また、解熱鎮痛薬の中には消化性潰瘍を誘発するものがある点にも注意を要します。 6.胆石発作 成人の10人に1人は胆石保有者と言われています。 健康診断などにおける腹部超音波検査で胆石の存在を指摘された方が、みぞおちから右側腹部に腹痛を認める場合は胆石発作の可能性があります。 典型例では、油ものを摂取して数時間以内に冷や汗を伴う強い激痛を自覚します。 飲酒が契機となり発症することが多く、胆石が原因になることもあります。 上腹部の激痛に嘔気・嘔吐、背部痛を高頻度に伴います。 重症化した場合に致命率が高いため、早急に適切な処置を要します。 病院を受診する際の注意点 消化器疾患に限りませんが、腹痛で病院を受診する場合、以下の点は診断や治療を行う上でたいへん重要です。 分かる範囲で診察医にお伝えください。 1.腹部手術の既往;これまでお腹の手術を受けたことがあるか。 2.持病;定期的に治療を受けている疾患や健康診断で異常を言われたことがあるか。 3.常用薬;サプリメントも含めて、常用している薬があるか。 4.腹痛の誘因;飲酒、食事、薬など腹痛が出現したきっかけがあるか。 5.食事内容;腹痛が出現した数日前までに生ものなどの摂取があるか。 6.集団発生;家族や同僚などに同様の症状の者はいないか。 受診後帰宅してからの注意点 上述のように、腹痛をきたす消化器疾患は多岐にわたります。 夜間救急外来などでは十分な検査が実施できず、確定診断に至らないケースもあります。 医師の判断で投薬等の処置の後、帰宅して経過観察することになった場合でも、腹痛が増悪し、随伴症状が出現する兆候があれば受診した病院に早めに連絡して 下さい。

次の

お腹の痛みが続く原因と症状別の場所と病気!原因不明や治らない時の対処法と薬

お腹 全体 が 痛い

お腹の 上の方がチクチク痛い時は、 胃腸等の内臓系の異常が疑われます。 胃の痛みはストレスが原因とも言われますよね。 ストレスを感じることで、胃腸に負担のかかるような生活習慣をしているのかもしれません。 まずは、今の生活を振り返ってみましょう。 お腹の 下の方にチクチクと痛みがあるときは、 虫垂炎・腸炎・潰瘍性大腸炎など大腸系の病気が心配です。 どちらも、 生活を改善することで慢性化するのを防ぐことができます。 痛みが長く続いたり、原因が気になる人は一度きちんと病院で調べてくださいね。 でも、すぐに病院に行けない場合は特に、なんとか原因と対処法を見つけ、少しでも痛みを和らげたいものです。 そこで次からは、場所別にお腹の痛みの原因と対策法をご紹介していきます。 痛む部位によっては絶対にやってはいけないこともありますので、今まさに腹痛に悩まされている方は必見です。 おへその周り(内側・外側)が痛い原因や対処法は? おへその内側の場合 おへその内側が痛い時は、ストレスが主な原因といえます。 仕事や育児だけでなく、環境の変化や温度差でも知らない間に、体はストレスを溜めてしまいます。 なかなかゆっくり休めないのが現状かと思いますが、症状が重くなる前に、 プチ断食などで胃腸を休めるのも良いかもしれません。 おへその外側の場合 おへその外側が痛い時の原因のほとんどは、 おへそに固まった 垢が直接痛みに関係している場合です。 自分で見て分かるようなら、コットンや綿棒を湿らせて優しくおへその掃除をしてあげましょう。 植物性のオイルを使ってケアすると、垢が取れやすいですよ。 Sponsored Link お腹のおへそ部分や真ん中辺りが痛い原因や対処法は? お腹のおへそ部分や真ん中あたりがチクチク痛む場合、 まずは食べすぎや飲みすぎを疑いましょう。 ストレスや室内外の温度差が激しい環境でも、自律神経が乱れてお腹が痛むことがありますよ。 ほかに考えられる疾患としては、 虫垂炎(一般的には盲腸)や急性小腸炎、急性大腸炎、潰瘍性大腸炎などの腸の疾患があります。 サルモネラ菌やノロウイルスなどの食中毒や、魚介類に潜む寄生虫が原因のアニサキス症でもお腹の真ん中あたりが痛みますが、激しい腹痛であることがほとんどです。 また、腎結石や尿管結石の可能性もあり、尿管結石は冷や汗をかくような激しい腹痛ですが、腎結石は鈍痛が生じます。 対処方法 暴飲暴食や自律神経の乱れに心当たりがある場合は、 胃を休めるような食事をとったり、 自律神経を整えるストレッチをしたりなどがおすすめです。 また、夏など室内外での温度差が激しい時期には特に、 室内で体を過度に冷やさないように工夫をすると腹痛を予防できますよ。 ただし、 上記の原因に心当たりがなくお腹の真ん中が痛む場合には注意が必要です。 お腹が痛むときはお腹を温めてしまいがちですが、 虫垂炎の場合には逆効果になり、痛みが増す原因となってしまいます。 はっきりとした心当たりがない場合は自己判断せず、薬局で薬剤師に相談をしたり、病院にかかったりしたほうが良いでしょう。 お腹の左側と右側では、原因が違うの?両方痛い時の原因は? お腹の右側が痛い時の原因は? お腹の右側が痛い時の原因は、いくつかあげられます。 また、 女性の場合は、排卵痛や生理痛、もしくは妊娠初期症状としてお腹の左側がチクチク痛むこともあります。 子宮内膜症や卵管炎、子宮がんなどが痛みの原因となっている場合もありますので、痛みの経過を確認しておきましょう。 お腹の左側が痛い時の対処方法 男性の場合、お腹の左側がチクチク痛む場合にはすぐに病院で診てもらうのが安心です。 女性で自分の月経周期を把握している方の場合は、排卵期や生理前・生理中の痛みだとだいたいの予想がつきますよね。 お腹をあたためたり、あたたかい飲み物を飲んだりすると痛みが和らぐことがありますよ。 しかし、妊娠の可能性がある方や痛みが続く場合には、男性と同じく必ず病院で診てもらいましょう。 両方が痛い時の原因は? 卵巣は左右両方にあるので、どちらに痛みがある場合でも、 卵巣出血・嚢腫・卵管炎の可能性があります。 病気ではないのですが、排卵時にチクチク痛みを伴う場合もあります。 人によっては激痛の時もあるようなので、 調べてみても子宮に異常がなかったら、 排卵痛かもしれません。 お腹全体が痛い原因は? ほかに、お腹の全体が痛い場合の原因として 便秘があります。 便秘に悩まされている人は、多いのではないでしょうか。 慢性化してしまえば、すぐに改善するのは難しいですよね。 悪玉菌がお腹に溜まった状態が続くと痛みの原因になります。 生活のリズムや食事で、腸の中を整えましょう。 痛みの対処だけでなく、 腸がきれいになると肌も生き生きしてきます。 無理せず良いリズムを続けて改善しましょうね。 お腹の下腹部がチクチク痛む原因や対処法は? お腹の下腹部がチクチク痛む場合には、 便秘や下痢が原因であることが多いです。 精神的ストレスや過労によっておこる痙攣性便秘が原因のこともありますが、その場合は下腹部が強く痛みます。 また、 下腹部痛のほかに頻尿や残尿感をともなうときは、前立腺炎や膀胱炎などの可能性がありますよ。 対処方法 便秘や下痢の場合には、 市販の便秘薬や整腸薬、マッサージが効果的です。 ただし、同じ食生活では便秘を繰り返してしまうことになりますので、食習慣を見直して便秘になりにくい体作りを意識して過ごしましょう。 下腹部がチクチク痛むのに便秘や下痢ではない場合には、ほかの疾患にかかっている可能性がありますので、 必ず病院で診てもらいましょう。 お腹がチクチク痛い時の対処法は? お腹がチクチク痛い時は、 食生活や生活習慣の改善に努めましょう。 甘いものや冷たいものを取りすぎてはいませんか? 糖分以外にも、パンや麺類など、 小麦粉の取りすぎは体を冷やしてしまいます。 普段、料理に白砂糖を使っているなら、 オリゴ糖や きび砂糖に変えるだけでも、糖を減らすことはできますよ。 痛みと共に下痢の症状があるなら、暑い季節ですが痛みがなくなってもジュースやアイスクリームなど、しばらく食べるのは控えましょうね。 食事も八分目で抑えて、温かいものやたんぱく質を多く取るように心がけてください。 身体を冷やさない 冷房で体が冷えると、胃腸の機能が低下してしまいます。 冷房の効いた部屋で過ごすときも、 足首や腰は冷やさないように心がけましょう。 普段の過ごし方を改善することで、お腹がチクチク痛むのも予防することができます。 それでも痛みが頻繁だったり下痢や熱などの症状があるなら、病院で診察してもらってくださいね。 いろいろと対策をしてみても治らない場合は、病気を想像して不安が増してしまうものです。 ここでは可能性をご紹介することしかできませんので、痛みが続くようならばできるだけ早く病院で診てもらってくださいね!.

次の