片栗粉 で タピオカ。 タピオカ粉と片栗粉のカロリーや成分の違いは?代用は出来る?

【検証】片栗粉でタピオカが作れる!?片栗粉タピオカ作ってみた!

片栗粉 で タピオカ

スポンサーリンク タピオカ粉と片栗粉の違いは? タピオカ粉と片栗粉はまず原料が違いますね。 タピオカ粉の原料はキャッサバ芋という熱帯性の植物の根茎です。 一方、片栗粉は馬鈴薯(ばれいしょ)という芋が原料。 どちらも芋が原料なんですね。 しかも、タピオカ粉と片栗粉、どちらも料理に使えば、 モチモチとした食感を生み出すといわれています。 ただし、それぞれ用途が異なるんですよね。 まず片栗粉はあんかけなど、料理にとろみをつける際に、 水で溶いてから流し込みます。 また、肉などにまぶして揚げることで、 衣がカリッとした竜田揚げを作ることも出来るんですね。 一方、タピオカ粉の近い道はその名の通りタピオカを作ること。 ところが、実はタピオカ粉も料理に使うことで、 もっちりとした食感を出すことができるんですよ。 特にタピオカ粉はグルテンフリーなので、 小麦粉の代わりとして使ってパンや麺などを作れば、 小麦粉アレルギーの人でも食べられるようになります。 意外とタピオカ粉も料理に活用できるものだったんですね。 タピオカ粉と片栗粉の食感や味や性質について スポンサーリンク タピオカ粉と片栗粉は特に味に違いはありませんが、 食感と性質がやっぱり異なります。 簡単に言ってしまえば、片栗粉は粘度が高いため、 とろみをつける性質を持っています。 また揚げ物の衣に使った場合も、表面をカリッとさせるけれど、 油の吸収率もいいため、ダイエット中の人は注意が必要。 そして、タピオカ粉はモチモチとした食感を生み出す性質が強く、 水に溶いた場合でも、硬くならずにプニプニとした食感をキープします。 だからこそ、タピオカを使ったドリンクやデザートなどでも、 あのもっちりとした食感が楽しめるんですね! 分かりやすく言うなら、料理をトロトロにしたいのなら片栗粉、 もっちりプルプル食感にしたいのならタピオカ粉が適しています。 しかも、タピオカ粉もとろみをつけるのにも使えるので、 片栗粉の代用品としても使えるでしょう。 タピオカ粉と片栗粉って、本当に微妙な違いがあるんですね。 ちなみに、白玉粉ももっちりぷるんとした食感を出す性質を持つので、 タピオカ粉の代用として使うことが出来ます。 もし近所のスーパーでタピオカ粉を取り扱ってなかったら、 白玉粉でもちもち食感のお菓子やパンを作ってみましょう。 まとめ タピオカ粉はキャッサバ芋を原料にしており、 もっちりぷるんとした食感を出すのに最適。 そして片栗粉は馬鈴薯を原料としており、 あんかけなどの料理にとろみをつけたり、 竜田揚げの衣として使うことが出来ます。 違いは微妙なんですが、それぞれの性質を生かして、 料理に活用していくといいですね。

次の

タピオカは片栗粉と砂糖だけでOK?黒糖使わない簡単レシピを紹介!

片栗粉 で タピオカ

スポンサーリンク タピオカ粉と片栗粉のカロリーや成分の違いは? タピオカ粉のカロリーは100gでなんと355kcal! これはお茶碗2杯分のご飯に相当するので、 タピオカ粉って意外と高カロリーだったんですね。 でもこれはあくまでタピオカ粉のカロリーの話。 タピオカ粉からタピオカを作る際に茹でることで、 100gあたりなんと62kcalにまで減っていくんですよ。 それにタピオカドリンクなどに入っているタピオカは、 100gよりももっと少ない量なので、 摂取するカロリーはもっと減るわけですね。 つまり、タピオカを使ったドリンクやスイーツは、 とってもヘルシーだったんです。 一方、片栗粉場合は100gあたり330kcalほど。 そこまでタピオカ粉と変わりませんね。 ただし、とろみをつけたりするのに、 大さじ2杯ほど片栗粉を使えばそのカロリーは59kcalにもなり、 また竜田揚げなど揚げ物の衣に使うと、片栗粉は油をよく吸収するので、 更にカロリーが高くなってしまいそうです…。 意外と両方ともそれなりに高カロリーだったのでビックリ! タピオカ粉も片栗粉も、芋を原料としたでんぷん質で主な成分は炭水化物。 炭水化物をたくさん料理に使えば、 そりゃあ高カロリーになってしまうのも無理はありません。 調理の仕方によってはカロリーをたくさん摂取するので気を付けましょう。 特に最近はタピオカ粉でパンや焼き菓子を作るレシピも増えているので、 食べ過ぎには注意した方がいいですね。 スポンサーリンク ちなみに、片栗粉もタピオカ粉も炭水化物の他に一応、 カリウムやマグネシウムなどミネラル分も含まれています。 ただ、ミネラル分は全体の2割に対して、 炭水化物は8割も含まれているので、 結局はどちらも炭水化物を多く含む、 芋を粉末状にしたものだと考えておきましょう。 タピオカ粉と片栗粉の代用は出来る? タピオカ粉は片栗粉同様、 あんかけなど料理にとろみをつけるのにも役立ちます。 ただし、片栗粉ではタピオカは作れないので注意しましょう。 というのも、片栗粉は冷えてしまうと、 硬くなってしまう性質を持っているんですよね。 もし片栗粉で無理やりにタピオカを作ってしまうと、 食感が硬くて美味しくないものが出来てしまうのでご注意を。 また、タピオカ粉の代用として、 白玉粉を使うことも出来るんですよ。 モチッとした食感を料理に出したいとき、 タピオカ粉がなかったら白玉粉を使うようにしましょう。 ただし、先ほども説明したように、 タピオカ粉も片栗粉も意外と高カロリー。 タピオカ粉は茹でてタピオカにすればカロリーを減らせますが、 パンやお菓子、とろみ付けなどに使ってしまうと、 料理のカロリーがグンと上がるので使用料は控えめにしましょう。 まとめ タピオカ粉も片栗粉も、芋を粉末状にしたものなので、 主成分は炭水化物であり意外と高カロリー。 でも、タピオカ自体は茹でてあるので、 カロリーがかなり減っていますよ。 また、片栗粉の代用としてタピオカ粉を使うことが出来るし、 タピオカ粉がない場合は、白玉粉があれば、 モッチリとした食感を生み出せます。 タピオカ粉も片栗粉も、使う量に気を付けていくといいですね。

次の

タピオカ粉と片栗粉のカロリーや成分の違いは?代用は出来る?

片栗粉 で タピオカ

もちもち触感を生み出す片栗粉 片栗粉はじゃがいもから抽出したデンプンを粉末状にしたものです。 デンプンは水を加えて加熱すると粘性がでるため、通常は料理のとろみ付けなどに使用されます。 この性質を利用して、もちもち触感のタピオカを作ることができます。 実は、タピオカの原料もキャッサバ芋のでんぷんなので、片栗粉とはお芋の種類が違うだけです。 なのでタピオカそっくりのもちもち触感が片栗粉で再現できるのです。 コクのある甘みをプラスする黒糖 黒糖は上白糖と精製工程が異なり、さとうきびそのもののコクを感じられます。 タピオカを噛むとほのかに感じるほろ甘さ黒糖の味と言えます。 片栗粉は無味無臭のため、黒糖の味でタピオカの味が決まるといってもよいでしょう。 また、タピオカの黒色を再現するためにも、黒糖の焦げ茶色が役立ってくれます。 ほどよい硬さにまとめるための水 片栗粉と黒糖はどちらも粉末なので水で固めて成形する必要があります。 水の分量でタピオカのもちもち度が大きく変わってくるため、計量はしっかりと行いましょう。 さっそく作ろう!なんちゃってタピオカレシピ 材料がそろったら、さっそく調理に入りましょう。 必要なものはお鍋とボウルのみ。 丸める工程でかなり時間がかかるので、家族や友達と一緒におしゃべりしながら作業を進めても楽しいですよ。 全行程でおおよおそ1時間半ほど見ておくとよいでしょう。 このレシピでタピオカドリンク2杯分のタピオカができあがります。 材料を火にかける 鍋に水100mlと黒糖30gを入れ、火にかけます。 黒糖が水にしっかりと溶けたら片栗粉100gを入れ、火を止めて混ぜ合わせます。 この時火を止めずに混ぜてしまうと、タピオカの粘土が強くなりすぎてしまう可能性があるので必ず火を消してから行いましょう。 手でこねる 生地がひとまとまりになったら、ボウルに移してあら熱をとります。 生地が冷めたら手でしっかりと捏ねていきます。 ダマがなくなるまでしっかりと捏ねることで、できあがったタピオカの舌触りをよくすることができます。 タピオカサイズに丸める 生地がひとまとまりになったら、5mmの丸状に丸めていきます。 丸めた生地はなるべくトレーなどの上で1つ1つ離しておいていきましょう。 ここで生地がくっついてしまうと、できあがりもくっついたままのタピオカになってしまいます。

次の