プライムミュージック。 Amazonプライムミュージックの使い方!ダウンロードやオフラインで流す方法

Amazon MusicをPCにダウンロードする方法

プライムミュージック

プライムミュージックはプライム会員にならないと利用できませんが、「Amazon Music Unlimited」はプライム会員でなくても登録が可能です。 プライム会員なら料金的にも他の音楽配信サービスを利用するより割安になるのでおすすめです。 プライムミュージックアプリをダウンロード スマホ・タブレットで使う場合はアプリをダウンロードする必要があります。 PCで聴く場合はデスクトップ版かweb上で聴くことができます。 web上の場合は通常通りAmazonページで「プライムで聴く」を選ぶだけです。 プライム対象ではない音楽は購入する必要があります。 ただ、これに関してはAmazonページで音楽を探す場合に「Prime Music」のカテゴリを選択してから探せば対象の音楽しか出てきません。 また、 「プライムミュージックアプリ」で探す場合もプライム対象の音楽しか出てきません。 (Androidはストアから購入が可能) ただし、Amazonページから探す場合にはもう一つ注意したいことがあります。 プライム対象の音楽でも「購入ボタン」を押すとお金が発生します。 そのため、無料で聴きたい人は上の「プライムで聴く」を選択しましょう。 他の音楽配信サービスと同様に、時期によっては無料で聞けていた曲が有料に、有料だった曲が無料になることもあります。 Amazon Musicアプリの使い方 慣れてしまえば非常に簡単です。 iPhone版ではアプリから楽曲の購入はできません。 そのため、 間違って購入することがないので安心です。 購入する場合はwebページからになります。 Android版には「ストア」の項目もあり、購入も可能ですが基本的な操作は同じです。 スポンサーリンク 音楽を探す 音楽を探す基本的な方法は上部メニューの「ホーム」や「検索」を使います。 適当に曲を探すなら「ホーム」を、 特定の曲を探しているのなら「検索」で曲名やアーティスト名を入力して検索しましょう。 ラジオ 通常の誰かが喋っているようなラジオ番組ではなく、各ジャンルに分かれた音楽が延々と流れます。 J-POPなどのジャンルの中からさらにバラードや00年代など様々な形で別れています。 アプリ起動後は「人気ジャンル」のラジオだけが表示されているはずなので、自分の好きなジャンルから探してみるといいでしょう。 ラジオで曲を再生した時、「サムダウン」と「サムアップ」のアイコンがあります。 「いいね」と「よくない」ボタンだと思ってください。 「サムアップ」アイコンをタップすると似た楽曲を流してくれます。 「サムダウン」をタップすると今後再生されなくなります。 これを繰り返すことでユーザーの好みの楽曲を記憶して、ラジオ再生時に役立ててくれます。 プレイリスト 自分で作ったプレイリストではなく、Amazonから提供された様々なムードやジャンルに分けられた曲のプレイリストを聴くことが出来ます。 J-POPヒッツや読書しながら聴くジャズ・ピアノなとに合ったBGMを簡単に探すことができます。 マイミュージックの使い方 下部メニューの「マイミュージック」では自分で好きな曲を集めた「プレイリスト」を開くことができます。 マイミュージックではプレイリストに追加、端末に保存(ダウンロード)した楽曲の削除やプレイリストの作成が出来ます。 項目は「プレイリスト」「アーティスト」「アルバム」「楽曲」「ジャンル」があり、マイミュージックに追加した曲は自動で種類分けされます。 プレイリストの作り方 「プレイリスト」から「新しいプレイリストを作成」をタップします。 マイミュージックに追加した楽曲がある場合は「楽曲」画面になるので、追加したい曲があれば「+」をタップして追加しましょう。 追加が必要なければ「キャンセル」、追加が終わったら「終了」をタップしてください。 これでプレイリストのフォルダが作成できました。 追加したいプレイリストをタップで曲が追加されます。 あとは「マイミュージック」でプレイリストを開いて再生ボタンを押せばOKです。 履歴 履歴では「最近のアクティビティ」が確認できます。 これは自身が最近再生、追加、ダウンロードした曲やプレイリストの履歴を確認できます。 以前聴いた曲なんだっけ、もう一回聴きたい。 といった時やマイミュージックやプレイリストに追加し忘れた時に活用しましょう。 マイミュージックに追加する方法 マイミュージックに曲を追加する場合は曲の「+」をタップするだけです。 曲を探して1曲ずつプレイリストに追加するより、取り敢えず「+」で複数の曲をマイミュージックに追加して「最近追加された楽曲」からプレイリストにまとめて追加するのが簡単です。 端末に音楽をダウンロード Amazon Musicでは1曲単位やプレイリスト単位で端末にダウンロードすることが可能です。 また、プレイリストを開いてダウンロードアイコンをタップでも一括でダウンロードが可能です。 ダウンロード済みの曲にはダウンロードアイコンが表示されます。 Amazon Musicの楽曲をダウンロードするには端末を認証する必要があり、認証可能な端末は最大10台までとなっています。 プライムミュージックをオフラインで聴く方法 プライムミュージックで端末にダウンロードした音楽は、ネット環境を使わないオフライン再生が可能です。 ダウンロードした楽曲を再生すれば自動でオフライン再生となりますが、間違ってダウンロードしていない楽曲を再生しないように「オフライン再生モード」を使うのがおすすめです。 右上の「…」メニューから「オフライン再生モード」これをONにしましょう。 ONにするとマイミュージック内のオフラインで再生可能な楽曲だけが表示されるようになります。 このモードにすると「マイミュージック」と「履歴」以外の機能は利用できず、画面上部に「オフライン再生モード中」と表示されます。 音楽のデータ容量はそれほど大きくありませんが、大量の音楽をダウンロードすると端末の容量が圧迫されて容量不足なんてことになります。 何でもかんでも端末にダウンロードするのは避け、オフラインで聴くことがあるかもしれない曲だけを保存し、オフラインで聴かない曲はマイミュージックに追加するだけにしましょう。 曲を流しながらAmazon Musicアプリを操作するには 左上に小さく「最小化」ボタンがあり、タップすることで再生中の画面が最小化され、曲を流しながらアプリを操作できます。 画面をそのまま下にスワイプでも最小化状態になります。 最小化すると画面下部にアイコンが表示されます。 画面を戻したい場合はアイコンを上にスワイプすると戻ります。 また、最小化のままでもアイコンを右にスワイプで次の曲へ、左にスワイプで前の曲へ移動させることができます。 バックグラウンドで音楽を流すには アプリを強制終了(タスクキル)せず、ホームボタンを押すだけでOKです。 ロック画面からでも曲の操作は可能で、iOSの標準ミュージックアプリと近い操作感で使えます。 また、ほとんどのアプリと同時に使っても曲をバックグラウンドで流すことが可能です。 ゲームアプリを起動しても流れたのにはちょっとびっくりしましたが、一部のアプリでは流すことができません。 プライムミュージックを使ってみたレビュー 個人的には大満足です。 スマホからコンポへBluetoothで繋ぐ事も出来るし、何よりも洋楽好きでちょっと古めのばかり好きな人にとっては最高じゃないでしょうか。 ただ、最新の曲を聴きたい人にはあまりおすすめできません。 特にJ-POPやアニソンは少なく感じます。 このサービスは音楽好きな人よりもたまに聴く程度の人の方が新しい音楽と出会う切っ掛けができると思いますが、そこらへんの不満は 「Amazon Music Unlimited」に登録すると無くなるので、一度覗いてみてください。 BGMとしてジャンルを選べば延々と流れてくれるので、自分であれこれ考えないで済むのはいいですね。 自分のiPodから音楽かけるとあれもこれも聴きたくなって作業に集中出来なくなることもあるので、次に何が流れるかわからない「プライムラジオ」は本当にいいものです。 プライム会員を退会しなければオフラインでも聴けるし、あくまで送料無料のオマケとして付くこのサービスに不満を持つことはありません。 プライム会員になってない方は30日間は無料で利用できるので興味がある方は試しに入会してみてはいかがでしょうか。

次の

Amazon MusicをPCにダウンロードする方法

プライムミュージック

家族でも利用可能な方法 家族会員のアカウントではNGですが、家族の方が一緒にプライムビデオを楽しむ方法が無いわけではありません。 プライム会員本人のアカウントを共有する、ということでも良ければ、複数の端末からプライム特典を利用することは可能。 これは規約違反でもなんでもありません。 プライム会員のプライムビデオ再生には以下のような制限があります。 【プライムビデオの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• 同じ動画のストリーミング再生は2台まで• 異なる動画のストリーミング再生は3台まで• ひとつの作品の同時ダウンロードは2台まで• ダウンロード再生は複数同時再生可能• すべての端末にダウンロードできる作品数は基本25本まで。 この制限内であれば、複数の端末での再生が可能なんです。 以下、それぞれの詳細をご紹介します。 プライム会員になると、そのアカウントに10台まで端末を登録することができます。 ただ、同時に全ての端末で動画を視聴できるわけではありません。 Amazon公式サイトのプライムビデオの使用規約より一部抜粋しましたので見てみましょう。 Prime Videoのストリーミング再生で「お客様は、同じタイトルを一度に2台を超える端末でストリーミング再生することはできません。 」 ダウンロードについては、 お客様は、ダウンロード可能なタイトルを、同時に2台の端末に限りダウンロードできます。 お客様がすでに2台の端末にタイトルをダウンロードしている場合、いずれか一方の端末から削除しない限り、そのタイトルを別の端末にダウンロードすることはできません。 地域により異なりますが、お客様のAmazonアカウントに関連するすべての端末に一度にダウンロードできるAmazonおよび第三者のビデオ・サブスクリプションのタイトルの合計数は15本または25本までとします。 実際にPC、スマホ、タブレット、TVなど、複数端末でストリーミング再生してみると、同じ番組は2台まで視聴できて、3台目になるとエラーで再生はできませんでした。 異なる番組を再生する場合なら、3台まで観ることができましたが、4台目はエラーとなりました。 さらにダウンロードしていた作品はこれらの再生数とは関係なく視聴することができました。 このように、ひとつのアカウントでの利用になりますが、一度に複数の同時視聴も可能なので、家族会員かどうかということは関係なく、アカウントが共有できる関係であれば、視聴も可能ということになります。 ただし、どんな動画を見ようと、プライバシーは筒抜け状態となりますし、もし家族が課金の必要な動画を視聴してしまえば、請求されるのはアカウントを持っているご本人です。 念のため。 Amazonのプライムビデオは、ダウンロードも可能なんです。 これはありがたいサービス。 Wi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば、オフラインの状態でも好きな時に好きな場所で視聴できますから便利です。 私は新幹線での長距離移動の時にダウンロードした映画を観たりします。 オフラインなので、画像が乱れることもなく、快適に視聴できます。 ただし、このダウンロードしたビデオについては、以下のような縛りがあります。 端末の登録・削除 端末をわざわざ登録する必要はありません。 端末でウェブまたはアプリを使ってアカウントにログイン、制限台数内であれば自動で登録されます。 端末の削除などの場合は、プライム会員のアカウントでAmazonにログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Prime Videoの設定」で行います。 ここから、「アカウントと設定」画面が表示されますので、「デバイス」という文字の部分をクリックします。 すると、現在利用している端末が登録されています。 このキャプチャでは出ていませんが、それぞれの端末の右端に「登録の解除」というボタンが表示されていますので、使っていない端末などを解除します。 一旦解除しても、台数制限内であれば再度の登録が可能(またログインすればOK)です。 プライムミュージック 家族で利用可能となる方法 Primeミュージックも家族会員アカウントでは利用できませんが、これもやはりプライム本会員のアカウントを共有すれば利用可能です。 プライムミュージックの再生での制限は以下の通りです。 【プライムミュージックの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• ストリーミング再生は1台のみ• ダウンロードは最大4台まで• 1台のストリーミング再生と最大4台までのダウンロード再生は同時再生可能 それでは、以下その内容を見ていきましょう。 プライムミュージックでは、同時に複数の端末でストリーミング再生をすることができません。 ストリーミング再生は1台まで。 また、プライムミュージックにもダウンロード機能があって、このダウンロード再生であれば、ストリーミング再生には影響しません。 プライムビデオと同じですね。 1台はストリーミング再生、他の端末ではダウンロード再生とすれば、複数の端末で同時利用が可能です。 ただし、ダウンロード可能なのは、最大4台まで。 デバイスの登録としてはプライムビデオと同じで、1アカウントに10台まで端末を登録できます。 ストリーミング再生とダウンロード再生をうまく利用することで、最大5台の端末で同時に楽しむことができるということですね。 もし最大の端末登録数10台を超えてしまったら、不要な端末を削除しないと新たな端末を登録できません。 ダウンロード可能な台数制限内でも、ひとつ削除すれば、ひとつ新たな端末にダウンロードできるようになります。 プライムミュージック 端末の登録と削除 端末を登録するときは自動。 手持ちの対応端末に「プライムビデオ」や「Amazonミュージック」のアプリをダウンロード、アプリにAmazonのアカウントでログインすることで、自動的に認証済みの端末として登録されます。 この内容はアカウントサービス上で確認できます。 端末の削除方法としては、Prime会員のアカウントでログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Amazon musicの設定」から。 画面を下にスクロールすると「端末を管理」と登録済の端末が以下のように表示されます。 端末名の左に四角いアイコンがあるので、そこをクリックすると、端末の詳細情報(シリアルナンバーなど)を確認できて、端末の削除もできます。 通常であれば、端末からAmazonにログインすれば、自動的に登録されるため、この画面を表示して操作することはありませんが、確認や削除をしたいときはこちらで操作します。 アカウント共有で気になるプライバシー問題 Primeの家族会員アカウントではプライムビデオなどの特典が利用できませんが、Prime会員のアカウントを共有できれば、複数の端末を登録できるので、家族で活用することも可能です。 動画配信サービスとしては、かなりお値段も安くて、このように自由度も高いAmazonプライムビデオ。 コスパ的にも最高ですよね。 ただし、プライバシーの面でいうと、問題がないわけではないですよね。 例えば、へそくりでこっそり買った高級品とか、家族に言えない動画を見たとか。 なにしろ、同じアカウントでログインしているので、ここがなかなかの問題だったりもします。 ログイン情報も共有するとなると、もちろんすべての情報を見ることができます。

次の

アマゾンミュージックでエラー表示が出た場合の対処方法

プライムミュージック

1:Amazonプライムミュージックとは?! Amazonプライムミュージックとは、Amazonプライム会員であればどなたでも聴くことができる音楽視聴サービスです。 100万曲以上が聴き放題• 音楽専門家によるプレイリスト• プライムラジオ• いつでもどこでも 通勤や通学のときにとても役立つAmazonプライム特典の一つになります。 1-1:100万曲以上が聴き放題 Prime Musicは、J-POPからポップス、ロック、クラシックまで全32ジャンルを追加料金一切不要で聴くとこができます。 毎回、楽曲はどんどん追加されていくので好きなアーティストやおすすめから楽曲を探して音楽を楽しむことができるのです。 Amazon Student有料会員、AmazonファミリーもAmazonプライムミュージックは対象特典になります。 1-2:音楽専門家によるプレイリスト 気分や活動目的に合わせて、音楽の専門家が数百のプレイリストをご用意しています。 今どんな気分ですか• 今何をしていますか• どんなジャンルが好きですか• どんなアーティストが好きですか たくさんのシーンで選曲したプレイリストを聴くことができるのです。 1-3:プライムラジオ Prime Music対象の楽曲をジャンル別に、24時間好きなときに聴くとこができます。 親指マークの「サムアップ(お気に入り)」と「サムダウン(気に入らない)」を選択していくと自分好みの音楽だけ流れる独自のステーションに変わっていくのです。 嫌いな音楽は簡単にスキップすることができるので、ストレスなく音楽を楽しめます。 プライムラジオについてさらに詳しく知りたい方は下記ページをご覧ください。 1-4:いつでもどこでも Prime Musicは、以下端末からご利用いただけます。 パソコン• ケータイ• タブレット 上記3つをお持ちであれば、いつでもどこでも音楽を楽しむことができます。 ダウンロード機能もあるので、インターネットがない環境でも聴くことができるのです。 2:Amazonプライムミュージックを聴く方法 Amazonプライムミュージックを聴く方法は、以下端末をもっていればどこからでも聴くことができます。 パソコン• ケータイ• タブレット それぞれの視聴方法をご説明します。 2-1:Amazonプライムミュージックをパソコンで聴く手順 さっそくパソコンでAmazonプライムミュージックを聴く手順について説明します。 まずは、Amazonトップページの「カテゴリー」をクリックします。 「Prime Music」をクリックします。 おすすめのジャンルやプライムプレイリストから好きな音楽を選択します。 「今すぐ再生」をクリックします。 これでAmazonプライムミュージックをパソコンで聴くことができます。 たったの4ステップで音楽を聴くことができるのでとても簡単です。 2-2:Amazonプライムミュージックをケータイ・タブレットで聴く手順 Amazonプライムミュージックをケータイやタブレットで聴くにはアプリをダウンロードすれば簡単に視聴することができます。 Android端末の方はコチラ iPhone&iPad端末の方はコチラ 今回は、iPhoneでのAmazonプライムミュージック視聴手順をご案内します。 まずは「App Store」をタッチします。 「検索」をタッチします。 検索窓に「Amazonプライムミュージック」と入力してダウンロードアイコンをタッチします。 「開く」をタッチします。 メールアドレスとパスワードを入力して「サインイン」をタッチします。 通知を受け取る選択を「後にする」にタッチします。 おすすめのジャンルやプライムプレイリストから好きな音楽をタッチします。 再生アイコンをタッチします。 これでAmazonプライムミュージックをスマホで聴くことができます。 一度アプリをインストールすれば簡単に再生することができます。 3:Amazonプライムミュージックを無料で聴く裏技 Amazonプライムミュージックを年会費3,900円支払わずに無料で聴く裏技が3つあります。 プライム会員のアカウントを借りる• Amazonファミリーに登録する• Amazonプライム無料体験を開始する 以上の3つの方法でAmazonプライムミュージックを無料で視聴することができます。 3-1:プライム会員のアカウントを借りる 自分がAmazonプライム会員でなくても、家族や知り合いがプライム会員であればAmazonプライムミュージックを聴くことができます。 「Amazonプライム会員のアカウントでサインインする」たったこれだけで年会費を支払わずに音楽を聴くことができます。 3-2:Amazonファミリーに登録する Amazonファミリーとは、家族の誰かがAmazonプライム会員に入っている場合、 同居の家族が2人までAmazonプライムの特典が受けられるサービスです。 Amazonプライムミュージックも特典の1つに入っているので、実質無料で音楽を聴くことができます。 Amazonプライム家族会員について詳しく知りたい方は下記ページをご覧ください。 3-3:Amazonプライム無料体験を開始する Amazonプライムは30日間の無料体験を設けています。 Amazonプライム無料体験について詳しく知りたい方は下記ページをご覧ください。 Amazon Studentについて詳しく知りたい方は下記ページをご覧ください。 4:AmazonプライムミュージックとiTunesを徹底比較 AmazonプライムミュージックはiTunesと比較して優れているのか気になりますよね。 結論からお伝えすると「音楽サービスだけ考えるならiTunesのほうが優れている」と言えます。 わかりやすく表にしているのでご覧ください。 4-1:月額の価格はAmazonプライムミュージックのほうが安い 月額の価格は圧倒的にAmazonプライムミュージックのほうが安いです。 月額325円は、年会費3,900円を単純に12か月で割った金額になります。 安さを求めるならAmazonプライムミュージックを選びましょう! 4-2:配信曲数は雲泥の差でiTunes 配信曲数は圧倒的にiTunesのほうが多いです。 やはり音楽を専門にしているので比較にならないほど曲数があります。 配信されている曲にこだわりたい方にはiTunesを選びましょう! 4-3:オフライン再生、ラジオは両方とも同じく利用可能 オフライン再生とラジオについてほとんど差はありませんでした。 あとは自分との相性で選びましょう!.

次の