リカ ちゃん 人形 歴史。 タカラのリカちゃんには、存在を消されたお姉ちゃん以上に黒歴史があった!

【歴代リカちゃん】リカちゃん人形の歴史。歴代リカちゃんの変化。顔ボディ比較。

リカ ちゃん 人形 歴史

スポンサーリンク 存在を消されたお姉ちゃんリエ リカちゃんの黒歴史を追う上で、家族構成を確認してします。 マニアの方もここはいつもどこか飲み込めない家族構成になっています。 パパ:ピエール(音楽家)(フランス人、年齢:36歳) ママ:織江(ファッションデザイナー、年齢:33歳) 香山リカ(小学5年生、年齢:11歳) 妹:ミキ、マキ(双子、年齢:4歳) 妹・弟:みく、かこ、げん(三つ子、年齢:1歳) おばあちゃん:ミレーヌ・ミラモンド(フランス人)、香山洋子(日本人、母方祖母) いとこ:シャルル ペット:プリン(犬)、レモン(犬)、ライム(犬)、ピーちゃん(インコ) リカちゃん11歳です。 一人っ子だった時もありますが、問題の姉がいたこともあります。 結局一人っ子になったので、寂しいからか、兄弟が望まれます。 7歳離れて急に双子が生まれます。 そこから、お父さんが壊れます。 3年後には三つ子が生まれます。 一人っ子でお父さんも行方不明だった実質お母さんと2人暮らしだった(?)リカちゃんは、7人家族になります。 サザエさん家もびっくりの大家族です。 なんか闇を抱えた家庭ですが、しょせん人形です。 まあ、そんなこともあるだろうと許容します。 突っ込みどころはまだまだあります。 問題の姉はキャビンアテンダントで、旅行中に突然会います。 リカちゃんよりも10歳年上で21歳(時々変わる^^)。 お母さんが33歳で、リカちゃんは11歳。 リカちゃんは22歳の時の子供なのですが、 姉のリエはお母さんが12歳の時の子になってしまいます。 また新しい家庭の闇が露呈したので、タカラトミーが考えた解決策は 「お姉ちゃんリエはそもそも存在しなかった」と言う対策を取りました(^^; タカラトミーの公式ページからもリエの存在は消されています。 タカラトミーの広報としては、テレビで紹介されたときなどに 「大人の事情でいなくなった」と笑い話にしていました。 ところが、そんな大人の事情もテレビで話せる タカラトミー広報が一切その存在を言わない黒歴史があります。 リカちゃんファンも一切何も語らない本当の黒歴史がこちらです。 リカちゃんの歴史の本格黒歴史「リカヴィネ」 リカちゃんの「リカ」と小型のジオラマを示す「ヴィネット」の合成語である、「リカヴィネ」。 2003年発売されたリカちゃんの小型ジオラマです。 これだけならばいいのですが、 この時だけリカちゃんが萌えに走ります。 この萌えが問題になりました。 1個300円のいわゆる食玩です。 なかよくお食事• ランチに参加!? e-karaでノリノリ!! のんびりバスタイム• イイ夢見てね 全部で5種類だけです。 タカラトミーの手が回ったのか、ほとんど情報がありませんが、何とかいくつか画像をゲット! クリックすると・・・ なかよくお食事 e-karaでノリノリ!! イイ夢見てね 300円という安さと、箱に入っていて開けてみないとどれが出たのかわからないワクワク感から大人気。 子供だけでなく、「おっきなお友達」にも大人気! おっきなお友達が買い占めたことで、発売直後に入手困難の品切れ状態が続きました。 当然子供は買えずにその存在すら知らない子供がほとんど。 リカヴィネだけをテーマにした同人誌即売会が開かれるなど、リカヴィネ熱は最高潮に! ネットオークションでは「魔改造」と呼ばれる全裸にされたリカヴィネが出品されたことで、タカラ(現在のタカラトミー)が正式に抗議したほどです。 さらなる闇「リセヴィネ」については、また別の機会で(^^;.

次の

タカラのリカちゃんには、存在を消されたお姉ちゃん以上に黒歴史があった!

リカ ちゃん 人形 歴史

人形の歴史 ファッションドールとは・・・・ 着せ替え衣装をもった人形たちの総称。 それまでのベビードールや抱き人形と一線を画し、年齢はハイティーンにキャラクター設定され、ドレスやアクセサリー、 小物にいたるまで「おしゃれ」をキーワードに構成されている。 代表格といえるものは、1959年アメリカ マテル社のバービー・ドール。 アメリカで大流行となったバービー・ドールは世界中に大きな影響をあたえ、日本を含め、世界中でさまざまなファッションドールが登場した。 それらは、地域文化によって美意識のちがいが見られ、またファッショントレンドの影響を受けながら、時代とともに変化をとげている。 現在ファッションドールは、子ども向けでなく大人のアイテムとして広く受け入れられ、コレクション、手作りドレス(ホビー)など分野も細分化している。 その発生は古く、紀元前2000年頃のエジプト王朝まで遡る。 最初は信仰の対象として存在していたが、平安時代に入ると、 貴族階級の間で「ひいな」という子ども用の人形があり、これらが互いに作用し合って江戸時代に「雛人形」として発達した。 「にんぎょう」という言葉が広く一般に用いられるようになったのは江戸時代からであり、商業の発達とともに、 人形の商品としての需要が盛んになる。 人形製作技法もこの時代にめざましく向上し、精巧、優美な日本人形独特の作品が続出した。 明治時代以後には、欧米風の人形が主流となり、大正期から昭和期にかけてのセルロイド人形、縫いぐるみの文化人形が流行した。 戦後になると、1954年のミルク飲み人形、1957年には髪結い遊びのカール人形が登場。 また1960年代に入ると、 1960年ビニール製の「ダッコちゃん」人形、その後ソフトビニール製の着せ替えファッション人形などが次々と登場。 従来は飾ったり、抱いて遊ぶ程度であった人形に、現在では様々なアクションを加えたものが近年の大きな傾向となっている。 また、子どもに限らず、大人にも幅広く親しまれている。 年代 人形たち 特徴 50年代 小鳩くるみちゃんのミルクのみ人形(54・マスダヤ)、カール人形(57・マスダヤ)、シシー(55・米・アレクサンダー・ドール社)、バービー・ドール発売(59・米・マテル社)、ジニー(米・ヴォーグ社) 【50~60年代前半】日本では1954年、マスダヤの小鳩くるみちゃんミルクのみ人形が大ヒット。 1959年にアメリカでバービードールが発売される。 バービーのヒットの影響から、ヨーロッパでもセクシーなファッションドールが発売される。 1960 1961 1962 ポニーテール・バービー(米・マテル社)日本発売、バブルカット・バービー(米・マテル社)、タミー(米・アイディアル社)、 バービーのボーイフレンド・ケン(米・マテル社) 1963 シンディー(英)、バービーの親友・ミッジ(米・マテル社) 1964 バービーの妹・スキッパー(米・マテル社)、ミス・バービー(米・マテル社)、ミリー(仏・ジェジェ社) 1965 ミス・ナンシー(大池玩具)、アメリカンガール・バービー(米・マテル社)、ドリー(仏・ジェジェ社) 1966 スカーレットちゃん(中嶋製作所)、フランシー(バービーのいとこ・米・マテル社)日本発売、ミリー2代目(仏・ジェジェ社)、 トッド&トゥッティ(バービーの双子の弟妹)(米・マテル社) 【60年代後半】純国産のファッションドールが作られるようになる。 1966年に日本で初のファッションドールである、 スカーレットちゃんが中嶋製作所より発売、1967年にはタカラからリカちゃんが発売される。 同年バービーも日本で発売されファッションドールは日本でも人気商品になった。 1967 リカちゃん・初代発売(タカラ)、ツイスト・バービー日本発売(米・・マテル社・ツイスト&ターン・バービー)、ツィッギー(米・マテル)、 ぺトラ(独・プラスティ社)、スカーレットちゃんの妹カンナちゃん(中嶋製作所) 1968 ハイファッション・リナ(タカラ)、イエス・ノー・ミニー(ツクダ)、パピーちゃん(大池玩具)、ミニーちゃん(大池玩具) 1969 リカちゃんのママ初代・香山織江(タカラ)、チビッコチーちゃん(タカラ)、だっこちゃんベビー(タカラ)、ミュゼ(伊・ファーガ社) 1970 こえだちゃん(タカラ)、レディリカ(タカラ)、ダンシング・ドォン(70年代初期・タカラ)、 マーガレットちゃん(70年代初期・中嶋製作所)、プチット姫(70年代・タカラ)、チャーム・スカーレット(中嶋製作所) 【70年代前半】多くのキャラクターで独特の世界観を作りつつあったリカちゃんのヒットに刺激され、 多くの国内メーカーがファッションドールを開発した。 アイドル歌手などのキャラクタードールなども登場し、ファッションドールの世界に広がりを見せた。 1971 ピチピチリカ(タカラ)、魔法のマコちゃん(タカラ)、ミスロングヘアー(タカラ)、虹のナナちゃん(シバ) 1972 リカちゃん2代目(タカラ)、リカちゃんの姉リエちゃん(タカラ)、あしながレギー(シバ)、マドモアゼル・ジェジェ(セキグチ)、 ブライス(米・ハズブロ社)、ディスコガールズ(英・レズニー社) 1973 エミリー(ニューロングヘアー)、おさんぽロコたん(中嶋製作所)、おどるリズミーちゃん(シバ) 1974 リカちゃんのふたごの赤ちゃんミキちゃん・マキちゃん初代(タカラ)、ピコ(タカラ)、キャンディちゃん(タカラ)、 ふしぎっ子エミちゃん(ツクダ)、スター人形ポピーちゃん(アグネス・チャン、リンリン&ランラン、キャンディーズ)、 モンチッチ(セキグチ) 1975 こんにちはユッコちゃん(トミー)、スポーツレディヨーコ(トミー)、ターニャ(70年代中期・伊・ジョッチ・プレジオシ社)、 ぺトラと仲間(70年代中期・独・プラスティ社) 【70年代後半】関節の動くドールが登場し、ポーズが自由にアレンジできるようになった。 また、ヘアーやレコードなどの仕掛けのあるギミックドールが発売された。 アサヒ玩具から発売されたピンク・レディやベルサイユのばらなど、 キャラクタードールも多数発売されヒット商品となる。 リカちゃんも大きくモデルチェンジをし、 15周年を迎えた1982年に3代目リカちゃんが発売された。 1981 アンナ(バンダイ)、ゴールデン・ドリーム・バービー(米・マテル社) 1982 リカちゃん3代目(タカラ)、タカラバービー(和製バービー・タカラ)、スイート・ノンノ(タカラ)、きらきらセーラ(トミー) 1983 まきまきカールのリカちゃん(タカラ)、リカちゃんのふたごの赤ちゃんミキちゃん・マキちゃん3代目(タカラ)、アンナちゃんのママ(バンダイ) 1984 エンジェルリカ(タカラ)、キャベッジ・パッチ・キッズ(ツクダ) 1985 リカちゃんのママ3代目(タカラ)、シルバニアファミリー(エポック社)、小公女セーラ(タカラ) 【80年代後半】アメリカ・マテル社のバービーが、コレクターズ・アイテムとしても注目されるようになり、 大人向けの商品アイテムが展開されるようになる。 タカラバービーは、「ジェニー」に改名。 デザイナーとのコラボレーションにより、人気はより高まった。 原宿・竹下通りに「ジェニーズショップ」もオープンした。 1986 人魚のリカちゃん(タカラ)、ジェニー(タカラ)、マーババービー(和製バービー・バンダイ)、エリーナ(オオイケ)、シンディー(米) 1987 リカちゃん4代目(タカラ)、リカちゃんのふたごの妹ミキちゃん・マキちゃん4代目(タカラ)、 リカちゃんのみつごの赤ちゃんかこ・みく・げん(タカラ)、BG倶楽部YOU(タカラ) 1988 星のシンデレラリカちゃん(タカラ)、デュ・エル(タカラ) 1989 ニューシンデレラリカちゃん(タカラ)、リカちゃんのパパ・ピエール(タカラ)、スターライトジェニー(タカラ)、 バンダイバービー(和製バービー・バンダイ) 1990 バービー・コレクターズ・シリーズ(米・マテル) 【90年代前半】1992年、リカちゃんが25周年を迎えた。 おばあちゃんも登場しファミリーも増えて、 ますますにぎやかになった。 芸能人ドールや人気アニメのドールなど、キャラクタードールも多種多様になった。 1991 おひめさまリカちゃん(タカラ)、エコロジーハート・ジェニー(タカラ) 1992 ピンキーピンクリカちゃん(タカラ)、ワールドリカちゃん(タカラ)、プレミアム・リカちゃん(タカラ)、 リカちゃんのおばあちゃん(タカラ)、スターライトヨシキ(タカラ)、ミラクルガールズ(タカラ)、赤毛のアン(タカラ) 1993 リカちゃんのママ4代目(タカラ)、ジュエリーリカちゃん(タカラ)、セーラームーン(バンダイ) 1994 1995 プレゼントリカちゃん(タカラ) 【90年代後半】1997年に30周年を迎えたリカちゃん。 子どもだけでなく、 昔リカちゃんで遊んだことのある世代やコレクターを対象にしたタイアップ商品や記念商品も積極的に展開している。 ジェニーはフレンドドールを増やし、99年夏までに総勢37人のキャラクターが登場している。 リカちゃんもハイ・ターゲットにしたネオリカが発売。 沖縄サミットリカちゃんやリカちゃんがママになるという、 こんにちはあかちゃんなど、話題提供にも一役を担う。 各プロジェクト単位での表示となっておりますので、年代にばらつきがあります。 リカちゃん35周年プロジェクトまでの調査結果となります。 参考文献• 「ファッションドール大図鑑」純子セラフィーナ著(同文書院)2000年• 「少女人形論」日本女子大学教授増淵宗一郎著(講談社)1995年• 「日本人形玩具辞典」斎藤良輔編(東京堂出版)1997年.

次の

人形の歴史

リカ ちゃん 人形 歴史

初代リカちゃんハウス。 現在のように住宅の一戸を模したものではなく、「リカちゃんのお部屋」を表現し、畳むとバッグ型になる形状だ 「リカちゃん人形」といえば、国民的人気を誇る着せ替え人形だ。 1967年に株式会社タカラ(現・株式会社タカラトミー)から発売されて以来47年間、変わらず支持されている。 リカちゃんのプロフィールを簡単に紹介したい。 名前は香山リカ、小学5年生の11歳。 フランス人の父、日本人の母に、双子と三つ子の弟、妹の8人家族だ。 その他にも、お友達などたくさんのキャラクターがいる。 こうした家族の人形を用いた「ごっこ遊び」を通して子どもたちはお母さんの疑似体験をし、家事や生活習慣を身に付けるといった教育効果があると言われている。 衣食住に関する関連商品も多数展開されており、中でも1967年のリカちゃん登場と同時期から販売されているのが「リカちゃんハウス」だ。 「リカちゃんハウス」は、時代や流行に合わせて常に進化を続けている。 時代や文化、流行を反映する「リカちゃんハウス」から、日本の住まいの変遷と「憧れの暮らし」の歴史を探ってみることにした。 時代とともに移り変わるリカちゃんの暮らし 各年代のリカちゃんハウスの特徴と時代背景を見てみたい。 レースのカーテンにソファとテーブルの応接セットが付き、畳むとかわいらしいバッグ型になるハウスである。 この時はまだ、家族が暮らす家というよりも、リカちゃんのお部屋を表現したもだった。 その後、1971年には「リカちゃんマンション」という一般的に当時憧れの対象だったマンションタイプに階段付きの屋上テラスもある贅沢なハウスが登場した。 この時代のハウスには、ベッドやシャンデリアなど当時の様式の生活への憧れが反映されている。 次いでバブル期に突入する80年代は、マンションブームの継続を反映しつつも、少し様子が変わっている。 今回お話を伺った株式会社タカラトミー ガールズ事業部リカちゃんグループの椎葉彰氏は、「この時代から、マンションの一戸分を平置きの形状で表現したハウスが登場し、2LDKから4LDKまでのマンションが展開されました。 「ゆったりさん」というネーミングで1984年に発売されたこのシリーズは現在も様々な商品が開発される人気商品となっている。 1985年、1994年発売のタイプの商品説明には「新築」との記載もあり、新築物件への憧れが表れていて興味深い。 1980年代から1990年代前半の「ゆったりさん」シリーズには、リビングの隣に和室が設けられているのも特徴的だ。 客間や、子どもが遊んだり昼寝したりするスペースとして、リビングと続き間の和室を一部屋確保したいというファミリーの要望は現在も多いもの。 1990年代以降は、平置きの平面タイプの形状は変わらないものの背景に2階のイラストを描き一戸建てを表現したものも登場し、大画面テレビやウォシュレット付きのトイレなど、当時の最新設備を反映したものが続く。 では、最新のリカちゃんハウスはどんなものだろうか?なんと時代に反映してスマートハウスだという。 2014年7月に発売したパナホーム株式会社とのコラボ商品「おしゃべりスマートハウスゆったりさん」を見てみた。 ハウス以外にもドーナツショップや回転寿司店など実在の企業とタイアップしたショップシリーズを展開しているが、ハウスメーカーとのコラボは初めてだという。 その理由について椎葉氏は「これまで、外食企業などお子さん自身も普段から馴染みがある企業様とコラボしてきました。 その点で、ハウスメーカーさんとのコラボは前例が無かったのですが、今回はスマートハウスということで環境配慮型の住宅、エコやソーラー発電など環境教育の観点でも意義があると考え、実現に至りました」と話す。 最新のリカちゃんハウスは太陽光で発電できるという設定となっており、HEMSモニタを模したスマートモニタ、エコバッグ、IHコンロなど、環境を配慮したトレンドのグッズがさりげなく配されている。 また、ペットのインコが「水を出しっぱなしにしちゃだめよ」「冷蔵庫ちゃんと閉めてよね!」と喋ったりと、遊びの中でエコへの気付きや環境配慮の心が自然に育まれるような仕組みだ。 スマートモニタはスマホやタブレット端末をかざすことで、ARアプリと連動して発電量の画面を表示し、子どもがHEMSの疑似体験をしたり、太陽光発電を模したミニゲームもできる機能付きだ。 椎葉氏が「環境教育の要素を取り入れつつ、あくまでも玩具なので勉強っぽくなりすぎないよう注意しました」と語る通り、遊びと教育をバランス良く配していると感じた点だった。 エコの意識は近年急速に高まっているが、大人でも実際にHEMSモニタを触り、どんなものか知っている人ばかりではない。 遊びを通して、子どもが楽しみながら自然に次世代の暮らし方や設備に慣れ親しむきっかけとして、こうした玩具への反映は意義があるものだと感じた。 今回お話を伺った、株式会社タカラトミー ガールズ事業部 リカちゃんグループの椎葉彰氏 このように、時代背景を反映しながら推移してきたリカちゃんハウス。 今後の展望はどのようになっていくのだろうか? 「子どももわかる一般的な住まいのあり方や形状は普遍的なものなので、家電や生活まわりの設備などの面でトレンドを反映していくのではないでしょうか」と株式会社タカラトミーの椎葉彰氏は語る。 確かに2000年代以降のリカちゃんハウスは、ドラム式洗濯機など最新設備が追加されるといった変化はあるが、家そのもののコンセプトは大きく変わっていない。 そう考えると、この「スマートハウス」はリカちゃんハウスにとっても、実際の住宅事情にとっても大きな変化だ。 近年、トレンドなっている暮らし方をリカちゃんハウスに反映すると…と考えてみた。 例えばリカちゃんがお友達と一緒に暮らす「シェアハウス」や(リカちゃんは11歳なので現実的ではないかもしれないが…)、壁紙のデザインが多数用意された「DIY」などをコンセプトにしたリカちゃんハウスが登場したらおもしろいかもしれない。 こうして振り返ってみると細部に時代が反映されている過去のリカちゃんハウスにはやはり懐かしさを覚える。 現在では真新しいと感じる最新の「スマートハウス」も、それで遊ぶ世代が大人になる頃にはすっかり当たり前の物として定着し、現在では想像できないような設備が搭載されたリカちゃんハウスが発売されているかもしれない。 暮らしの変化がどのように表れていくのか、大変興味深い。

次の