お支払いする 敬語。 明日振込みますって敬語に直すと、どんな言い方になりますか?教えてく

入金?ご入金?敬語の質問

お支払いする 敬語

目上の人と話すときは「承知しました」「かしこまりました」を使用する• 目上の人に「了解しました」「了承しました」は使ってはいけない• 同僚や部下に対してはどれを使ってもOK• 「了解いたしました」は本来であれば失礼にあたらないが、目上の人に使わないのが無難 「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを理解しよう 「わかりました」の意味合いで使う「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」。 これらの敬語は、使い方を間違えると失礼に当たることもあります。 ビジネスシーンでは日常的に使うからこそ、失礼がないように使い分けたいですよね。 では、それぞれの敬語の意味を正しく理解しましょう。 1.了解しました まずは「了解しました」の意味について確認しましょう。 よく耳にする「了解しました」ですが、実は目上の人に使ってはいけないということをご存知でしょうか。 【了解の意味】事情を思いやって納得すること、理解すること、のみこむこと• 【敬語の種類】丁寧語(聞き手に対して丁寧に話す言葉)• 【適切な相手】同僚、目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難 「了解しました」の意味・使い方 了解の意味は、「事情を思いやって納得すること」「理解すること」「のみこむこと」。 「わかりました」という意味で使っている方も多いのではないでしょうか。 「了解しました」は目上の人には使うべきではない敬語 ビジネスでもプライベートでもよく耳にする言葉ですが、「了解しました」「了解いたしました」は、一般的に取引先や上司に対して使うことはNG。 同僚もしくは目下に対して使う言葉とされています。 混乱させてしまうかもしれませんが、厳密にいうと「~いたす」が付いた「了解いたしました」は、目上の人に対しても失礼な言葉ではありません。 「了解しました」は「分かりました」と同義であり、「~いたしました」と付けることで充分に敬語として使うことが可能です。 文法上は特に失礼ではない「了解いたしました」ですが、目上の人や取引先相手に使わないほうがいい理由は、要らぬ軋轢(あつれき)を避けるリスクヘッジのためです。 「了解いたしました」自体は本来、目上・目下にも使えるフラットな表現であるにも関わらず、2000年代後半からビジネスマナー書やビジネスメールの指南書において「了解いたしましたを、目上の人、取引先相手に使うのは不適切」という記述が現れ始めました。 その理由としては、「敬意が感じられない」「軍隊・警察のようだ」「ぶっきらぼうに感じられる」などが挙げられていますが、明確なことは分かっていません。 ともあれ、これらのビジネスマナー書やビジネスメールの指南書によって、一定数のビジネスパーソンが「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識しているのが現状です。 一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識している以上、「了解」という言葉を含む「了解しました」「了解です」「了解いたしました」は、目上の相手や取引先での使用は 避けたほうが無難なのです。 「了解いたしました」は丁寧な言葉ではありますが、目上の人や取引先相手に話す際には 「了解」を含む言葉の使用は控えたほうが、無用な心配をせずに済むでしょう。 ただし、自分に対して「了解しました」「了解いたしました」が使われたからといって、後輩を怒ったり取引先の評価を下げたりするのは、賢い行動ではありません。 繰り返しになりますが、「了解」を含む表現が失礼とされたのは近年の怪現象であり、本来は「了解=同僚や目下の人に向けた言葉」ではないことを念頭においておきましょう。 まずは自分が他人に強要しないことが、過剰なビジネスマナーを変える第一歩です。 どうしても同僚や部下に注意する必要がある場合は、「間違いではないけど、不必要なリスクは避けたほうがいいよ」といった言い方が望ましいでしょう。 「了解いたしました」は、目上相手に対して失礼な言葉ではない• 目上の人・取引先相手と話す際は、「了解」を含む言葉の使用は控えるほうが無難• ビジネスマナー書・ビジネスメールの指南書によって、一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識 「了解しました」と「了解いたしました」の違い この2つには、どのような違いがあるのでしょうか。 【「了解しました」と「了解いたしました」の違い】 了解しました:丁寧語 了解いたしました:謙譲語 目上の人に使うときは謙譲語である「了解いたしました」が望ましいです。 しかし、前述の通り「了解」という言葉自体に「目上の人には使ってはいけない」という暗黙の認識があるので、いずれにせよ目上の人には使わないのが無難です。 「了解しました」の使用シーン・相手 ではいったい、「了解しました」はどのようなシーンで使用すればよいのでしょうか。 答えは、同僚や後輩など、 目上の人でない相手に対して使用します。 繰り返しになりますが、上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難です。 2.了承しました 「了解しました」と字面が似ている「了承しました」、こちらも目上の人に使うのはNGです。 意味や使い方、なぜ目上の人に使ってはいけないのかなど、気になるポイントを説明していきます。 【了承の意味】相手の申し出や事情などを納得して承知すること• 【敬語の種類】丁寧語• 【適切な相手】部下などの目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「了承しました」の意味・使い方 「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」という意味の「了承」。 ビジネスシーンで耳にする「了承しました」は、何かを「 承諾」したときに使う言葉です。 「了承しました」は丁寧に聞こえるが、目上の人には使わない 「了承しました」は「 それでいいですよ」という意味合いになるため、目上の人が部下などに対して使うのが適切です。 取引先や上司など、目上の人に対して使う言葉としては不適切だといえます。 相手の発言に納得して承知する場合、お客様へは「かしこまりました」を使い、目上の人や上司に対しては「承知しました(承りました)」を使うのが、無難な対応です。 なお、「了解いたしました」と同様に、了承に「~いたす」を付けて「了承いたしました」としても謙譲語としては充分なのですが、「了解」の項目で述べたように、 不適切に感じる人が一定数いることを踏まえて言葉を選びましょう。 「了承しました」の使用シーン・相手 では、「了承しました」はいつ誰に使えばよいのでしょうか。 相手の申し出や事情などを納得して承知したときに、同僚や後輩に対して使います。 上司、取引先などの目上の人には使わないよう、お気をつけください。 3.承知しました(承りました) 「承知しました」は、「了解」「了承」と異なり、 目上の人に使っても失礼とされない言葉です。 その意味や、使い方について説明します。 無理を承知でお願いする• 君の言うことなど百も承知だ• 事の経緯を承知しておきたい 「承知しました(承りました)」はビジネスシーンでの適切な表現 上記のような使い方をする「承知」ですが、「了解しました」に代わり、ビジネスシーンでは「承知しました(承りました)」を使うことが無難とされています。 「承知しました(承りました)」は謙譲語であるため、取引先や目上の上司に対しても使える言葉なのです。 似たような言葉である「承りました」もビジネスシーンで用いるのに適しています。 「了解いたしました」ではなく、「承知しました(承りました)」のほうがベターということを覚えておきましょう。 「承知しました」の使用シーン・相手 ビジネスシーンにおいて使う頻度が多い「承知しました(承りました)」は、依頼を受けたり、話を理解したという旨を相手に伝えたりするときに用います。 上司に仕事の指示を受けた後などに「承知しました(承りました)」と自然に言葉に出るのが望ましいです。 また、同僚や後輩などに対して使っても違和感のない言葉ですので、 誰に対しても「承知しました」で統一して返事すると間違いが起きにくいでしょう。 4.かしこまりました 「了解しました」「承知しました」よりも耳にする頻度は低いかもしれませんが、「かしこまりました」もビジネスシーンで目上の方相手に使うことが出来ます。 意味や使い方について説明します。 【かしこまるの意味】目上の人の言葉をつつしんで承る。 依頼や指示などを承諾する• 【敬語の種類】謙譲語• 【適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「かしこまりました」の意味・使い方 「承知しました」と同様に、お客様や目上の人、上司などの依頼や指示に「わかりました」と返事するときに用いる敬語「かしこまりました」。 相手の話や情報を理解したといった意味合いで使用される「承知しました」と比較し、「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司からの 依頼や命令などを承る意味合いで使われます。 似たような意味の2つの言葉ですが、状況によって使い分けできると良いでしょう。 「かしこまりました」はビジネスシーンでも使える丁寧な表現 「かしこまりました」は目上の人の言葉をつつしんで承る、依頼や指示などを承諾するといった意味の謙譲語。 上司、取引先などの目上の人と話すときにぴったりの言葉です。 「かしこまりました」の使用シーン・相手 先述の通り、目上の人から何かを依頼され、それを承る際に使うと良いでしょう。 上司や取引先などの目上の相手に使います。 逆に、かしこまった言い方のため、 同僚や後輩に使うには少し距離感を覚える表現かもしれません。 「了解、承知、了承、かしこまりました」最もビジネスシーンに適切な敬語とは? 上述した敬語の意味の違いをまとめると、ビジネスシーンでの活用に適切なのは「承知しました(承りました)」「かしこまりました」です。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司に対して使える言葉。 逆に、「了解しました」「了承しました」は目上の人に対して使うにはふさわしくない言葉ですので、注意しましょう。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は目上の人に使っても問題がない• 「了解しました」「了承しました」は避けるのがベター 「了解、承知、了承、かしこまりました」の例文を確認してみよう 「使い分けがまだすこし心配だな……」というあなたは、具体的な例文を見ながら「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを見ていきましょう。 どの相手にどの言葉を使っているのか、「相手」を基準にして考えると使い分けがしやすいですよ。 「了解いたしました」は不適切ではないですが、上述のとおり、リスクを避ける点で使わないほうがベターです。 こちらも同様、「了解いたしました」は間違いではないのですが、「了解=目上の人に使わない」というイメージが強いため、「失礼なやつだ」と思われる可能性があります。 「かしこまりました」または「承知しました」で代用するのが吉です。 「了承」は目上の人に使ってはいけない言葉なので、たとえ「了承いたしました」と謙譲語に変えたとしてもNG。 失礼にあたるので、使用は控えましょう。 このようなシーンでは、「承りました」「承知しました」を使うのが正解。 上司に対しても同じことがいえます。 最後に、あわせて知っておきたいビジネスシーンで使われる言葉についての関連記事を紹介します。 英語で「了解しました」はなんていう? 英語のビジネスメールで使えるフレーズ集 ビジネスの場面で、英語で「了解しました」はどのように言うのでしょうか。 「OK」「I see」以外にも、様々な表現があります。 英語を使う職場の場合は、いろいろな表現を覚えておいて損はないので、是非チェックしてみてください。 ビジネスシーンでは「承知しました」「かしこまりました」が最適• 「了解しました」「了解いたしました」は本来であれば目上の人に使っても失礼には当たらない• 「了解=目上の人に使ってはいけない」と誤認されているため、上司、取引先、お客様相手には使わないほうが無難• 「了承しました」は部下に対して使う 本記事では「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」の意味や利用シーン、使う相手について説明してきました。 特に、「了解しました」「了承しました」は、「了解」「了承」という言葉に「目下の人に使うもの」というイメージがあるため避けることがおすすめです。 上司や取引先の方と話すときは、「承知しました」「かしこまりました」を使うようにしましょう。 また、「かしこまりました」や「承りました」はかなり丁寧な言い方のため、同僚や部下に使うとよそよそしいと距離を感じられるかもしれません。 会話の相手によって言葉を使いわけ、ビジネスシーンで違和感のない言葉遣いをマスターしましょう。

次の

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」|OTONA SALONE[オトナサローネ]

お支払いする 敬語

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。 そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。 中でも代表的な間違いは「させていただく」「よろしかったでしょうか」「お帰りになられる(二重敬語)」でしょう。 本日司会を務め させていただきます、〇〇と申します。 お手元の資料について、ご説明 させていただきます。 添付の書類について、ご紹介 させていただきます。 追加させていただく資料などが発生いたしましたら、座席後方にて配布 させていただきますので、ぜひ、お声かけいただけますよう、ご案内申し上げさせていただきます。 聞いている私がハラハラしましたが、本人は全く気にしていない様子。 おそらく、「させていただく」と言っておくだけで、彼女なりに何かをクリアしている心境なのでしょう。 この「させていただく」について、文化庁の見解があります。 相手側、または第三者の許可を受けて行う場合• そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合 この2つの条件がある場合だけ「させていただく」が適切だとしています。 文化庁 文化審議会答申より 「させていただく」が適切だとする例として、例えば、相手が持っている資料のコピーを取らせてほしいと、許可を求める場合です。 その資料、コピーを取ら せていただけますか? これはOKです。 これはしっかりと納得できますよね。 では冒頭に書いた、そしてみなさんが本当によく使うこの言い回しはどうでしょう?• 本日司会を務めさせていただきます、〇〇と申します。 あまりによく耳にするフレーズなので、聞き流してしまうほど。 しかし、この言い方、実はやや冗長な言い方なのです。 この言い方の場合 1 相手側、または第三者の許可を受けて行う場合 2 そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合 の条件で考えると、1については、「あなたが司会を務めてよろしい」と誰かが許可を下したことを臭わせています。 確かに、立候補したのでなければ、当然、誰かが許可か推薦をしたのでしょう。 しかし、この司会業がどんなに大役でも、許可か申請をしたのは、所詮「身内」です。 そして2については、大役であればあるほど、それこそ「恩恵を受ける」のは司会をするあなたであり、そんなことは聞き手が知らなくても良い情報です。 ですから、このような場合は、 シンプルに 本日司会を務めます、〇〇と申します。 で十分なのです。 逆に、1と2の条件が分かるように、思い切り言葉で臭わせて、会場の同情を得るような、例えば、大物芸能人同士の結婚式の司会をする場合などは、この言い方でも良いかも知れませんね。 他にも「本日休業させていただきます」や「私は〇〇会社に勤めさせていただいております」もこのルールで「言い過ぎた敬語」であることが分かると思います。 「誰かが許可をした」ということを強調したい場合にだけ、適していると考えれば良いのですね。 この方向でまとめて、よろしかったでしょうか。 私どもの方でご用意する形でよろしかったでしょうか。 ご注文は、〇〇でよろしかったでしょうか。 この「よろしかったでしょうか」は、相手に配慮をし、自分の行動が正しいかどうか再確認する意味があります。 そして、適切に使えば「誤用」とは言えません。 ただし、いわゆる「バイト敬語」とされているきらいがあり、日常で敬語を使う機会もなく社会人になり、便利なので、そのままこのフレーズだけを型にはめて使っている人が多いようです。 「よろしかった」かどうか伺うということは、再確認の意味がありますので、あまりに多用すると 「聞いていなかったの?」 と思われても仕方がないのです。 このような場合は、思い切って言いきるのが良いでしょう。 この方向でまとめて、よろしいでしょうか。 私どもの方でご用意する形でよろしいでしょうか。 ご注文は、〇〇でよろしいでしょうか。 ちっとも、違和感がありませんよね。 むしろ、聞いている方の不安感が綺麗に消えます。 つまり、「よろしかった」という過去形の言い方を「よろしい」に直せば良いのです。 敬語表現をしたつもりが、不安になっては元も子もありませんよね。 ここでも シンプルが一番です。 ついついたくさん使いがちな「二重敬語」は整理して 次に、不安で不安で敬語を重ねてしまい、結果的におかしな言い方になっている例です。 〇〇様は、お帰りになられました。 〇〇様が、このようにおっしゃられています。 〇時に、伺わせていただきます。 これらのフレーズも、日常でよく耳にします。 「お~になる」+「~になられる」 「おっしゃる(言うの敬語)」+「られる」 「伺う(行くの敬語)」+「~いただく」 と、敬語表現が二重になっている為、文法的にも誤りとされている言い方です。 しかし、こちらの二重敬語では、あまりに使われすぎて、文法的には間違っているけれど、認められつつある言い方もあります。 お召し上がりになる もその一つです。 本来は「召し上がる」+「お~になる」という二重敬語なのです。 そうなると、どれが良くてどれが悪いのか、不安になると思いますが、ここでも シンプルイズベストのルールが適用されます。 〇〇様は、お帰りになりました。 〇〇様が、このようにおっしゃっています。 〇時に、伺います。 しっかりした日本語ですし、聞いていて潔い、自信にあふれた感じがしますよね。 心もとない言葉を何で補う? それでも、私の敬語は足りないのではないか?と不安に思う人もいるでしょう。 その場合は、敬語表現を付け足して「盛る」のではなく、尊敬の念を持った態度で話すと良いでしょう。 例に挙げた• 本日司会を務めます、〇〇と申します。 これで「敬意が足りているかどうか不安」なのであれば、言葉を付け足して盛るのではなく、しっかりした 相手を尊敬する態度を付け足せば良いのです。 皆さんのために、自分の役目を堂々と果たすつもりだと背筋を伸ばして、しっかり頭を下げて、堂々と挨拶をすれば、もう言葉は不要ですよね。

次の

敬語

お支払いする 敬語

「ご請求」という言葉は、ビジネスでは取引先と話すときや請求書などで使います。 日常的には買い物をして代金の請求をされたり、何らかの件で相手に請求をすることもあるでしょう。 「ご請求」の正しい使い方を見ていきましょう。 「ご請求」の意味 「請求」の意味は、「相手にある行為をするように求めること、特に金銭の支払いや物品の受け渡しを求めること」。 もう1つは「民事訴訟法において原告が訴えにより当否について裁判所の審判を求めること」です。 ここでは、金銭の支払いや物品の受け渡しの方の「請求」にスポットを当てます。 名詞の前に「ご」や「お」を付けると相手に敬意を表せますが、「請求」は尊敬すべき相手ではありません。 丁寧に上品に言い表すことはできるので、こちらの意味でしょう。 語法的には合っていますが「請求」自体が相手に支払わせる行為なので、上品というには違和感があります。 「ご請求」の前後の文によっても意味が変わってきます。 マナーとして「ご」や「お」を正しく付けて失礼のないようにしましょう。 ご請求の例文 「ご請求」を使った文です。 「代金をご請求いただかなくても、もうすでに振り込んであります。 」 「ご請求先の住所を教えてください」 「タダでいいですよ」「いえ、ご請求なさってください」 「こちらにご請求ください」 「ご請求内容のご確認をお願いいたします」 「ご請求」の敬語 「ご請求」だけでは「ご」を付けて良いのかわかりません。 どのような文章の中で使われるかが重要です。 単純に考えるなら「ご」を付ければ敬語として成り立ちそうですが、語法として間違っている場合もあるので気を付けましょう。 「弊社がご請求した費用の明細を見てください」この文は自分の行動に「ご」を付けているので不自然です。 「弊社」は自分の会社つまり自分のことであり、自分の行動を敬って「ご」を付けてしまうのは相手に失礼です。 マナーを疑われます。 「御社がご請求する金額はこちらですか」この文は相手の行動を敬い「ご」を付けているので敬語として成り立ちます。 同じ使い方の文も見てみましょう。 「ご注文ありがとうございます」「ご旅行はいかがでしたか」相手に敬意が払われていて会話もスムーズです。 「ご請求」の謙譲語 「貴社に代金をご請求申し上げてもよろしいでしょうか」この場合は謙譲語としての表現であり適切です。 自分の行為に「ご」を付けているので一見誤用のようですが、相手に対して自分をへりくだって言うことができています。 行為が自分の側にあり行為の及ぶ相手がいる場合、相手を立てて自分より上位に置くことで相手を敬うことができます。 「請求」するのは自分であるため、この表現が成り立ちます。 文の形としては「ご~する」「お~する」になります。 同じ使い方の文を見てみましょう「こちらにご案内します」「ご連絡いたします」どちらも行為は自分の側にあり、相手にへりくだって言うことで敬意を表すことができています。 後半の謙譲語「申し上げます」に対して「いたします」はどうでしょうか。 「いたします」は「する」の謙譲語のため間違ってはいません。 外部の人にかしこまって言うなら「ご請求申し上げます」の方が丁寧で良いでしょう。 ご請求書 自分をへりくだって言う場合に「お」や「ご」を付けるケースもあります。 残念ながら「ご請求書」だけではわかりません。 謙譲語は少なくとも2人いないと相手を敬う関係が成り立ちません。 前後に文があることで判断できます。 美化語だから「ご」を付けてOK? 「請求書」に「ご」を付けることで丁寧で上品な印象を与えます。 この美化語によって、請求する側は相手に支払わせるという行為に恐縮して「ご」を付けていると考えられます。 できるだけ丁寧に上品に請求したい表れから来ているのでしょう。 請求される側にとって、支払うという行為は良いものではありません。 「ご」が付いていることで請求者の配慮を感じます。 ですが「ご」を付けても付けなくても、どちらでも良いでしょう。 捉え方によってどれも考えられます。 ご請求金額 「ご請求金額」と同じように「ご」を付けると丁寧な印象です。 請求書に「ご」を付けているなら「ご」を付けても良いでしょう。 請求書に「ご」を付けてないのに「請求金額」に「ご」を付ける場合はバランスが悪いです。 「ご請求金額」の「金額」ついて見てみましょう。 「請求金額」は値引きや消費税、送料などを足したり引いたりして最終的に出された金額であり、実際に支払ってもらう金額を指します。 「ご請求金額」は支払う側にとっては重要な項目であるため、請求書では目立つように大きく書かれていたり、明細の後の一番下に書かれています。 ご請求額 上記の「ご請求金額」に対し「ご請求額」というのは、具体的な金額を指していません。 「額」は抽象的であり、請求書などに書かれるには適していません。 「額」は「全額」「半額」「差額」など1文字付くだけで意味が違ってくるので「ご請求金額」とはっきり書きましょう。 会話では「ご請求額」で通じますが正式な書類では避けてください。 ご請求先 「ご請求先」は代金を支払ってもらう人や会社などです。 わかりやすくいえば物やサービスを買った側が「ご請求先」になります。 それに対し「請求元」は物やサービスを売った側です。 請求する側からお客さんのことを「ご請求先」と呼ぶのであって、間違っても自分で自分の側を「ご請求元」と「ご」を付けて言わないようにしましょう。 ご請求ください 「ご請求ください」は支払う側が、請求元に対して「請求してください」と言っている意味になります。 「ください」は「くれ」の尊敬語で、相手に何かを請求する意味になります。 「請求」の頭に「ご」を付け、「ください」を続けて付けることで相手への要望を表現することができます。 形は「ご~ください」「お~ください」となります。 同じ使い方では「ご覧ください」「ご連絡ください」「ご準備ください」となります。 「ご請求」と「御請求」 「ご請求」も「御請求」も意味は同じです。 どのような違いがあるのでしょうか。 改まった招待状やお礼状などは「御」を付けた方が、格好がつき見映えがするでしょう。 平仮名の「ご」や「お」は、画数も少なくとても読みやすいです。 日常では「御」は画数も多くどこか仰々しいので、やわらかい印象の「ご」や「お」を使う人もいます。 会社では「ご」や「お」の方が読みやすく、丁寧語としてくっ付いているだけなので特に問題はありませんが、正式な文書では「御」を使った方が良いでしょう。 請求書のフォーマットにしたがおう.

次の