ぎっくり腰 治る まで 何 日。 ぎっくり腰になったら仕事復帰まで要する期間は?

ぎっくり腰!期間別の症状と完治までの日数は?

ぎっくり腰 治る まで 何 日

ぎっくり腰とは ぎっくり腰は、腰椎椎間関節が捻挫をしたようなもので、 急性の腰痛症です。 少し動くと腰をつらぬくような激痛が走ったり、トイレに行くのにも四つん這いで這っていかなければならなかったりします。 ぎっくり腰は、腰の骨と骨の間のクッション性が常に体の重みを支える圧力に負けてしまい、関節や筋肉に負担がかかり、傷ついて炎症を起こしてしまっている状態です。 安静にしていると、日数がたつにつれ、体を全く動かせなかったり、トイレすら難儀だったりする状態から、ゆっくなら歩ける状態になり、どうにか普通には歩ける状態になっていきます。 笑っただけでも痛みが走ったり、家族に「ちょっとあれ取って」というだけでも気がひけてしまったりつらいものがあります。 いつ治る?完治までの期間は? 捻挫でも全治5日とか1週間というものから、全治1ヵ月などといろいろあるように、ぎっくり腰も全治するまでの期間は、腰の状態や個人差によっても大きく異なりますので、 一概に何日で完治するということは言えません。 また、立てるような状態でもなく仕事もできないという状態から、完治しないまでも、鎮痛消炎剤の湿布を貼ったり、筋弛緩剤を飲んだり、腰痛ストレッチ体操をしたり、コルセットをしたりすることで痛みが治まってきて、鈍い痛みや不快感、ちょっとした姿勢の変化で痛くなったりするものの、なんとか歩いたり仕事をしたりできる状態までにどのぐらいかかるかも、ケースバイケースです。 人によって違いますが、軽いぎっくり腰でもなければ、まずなってから3日は、立つのもつらく、トイレに行くのが地獄といった状態でしょう。 5~7日すれば、コルセットすれば何とか歩けるようになり、このころになれば仕事にも復帰というような感じになってきます。 そして、10日~2週間ほどで、ぎっくり腰になる前のように生活できるような状態になっていきます。 人によっては2週間してもなかなか痛みがひかないという場合がありますが、こうした場合は医療機関を受診するようにしましょう。 スポンサードリンク 治療中の注意点は? ぎっくり腰の治療で一番大切なのは 安静です。 動けるようになってからも、腰に負担がかかるようなことは避けるようにしなければいけません。 さもないと、せっかく回復してきていたところを無理して、再び腰を痛めてしまい治療に時間がかかってしまうことになります。 コルセットは寝るときははずします。 また、腰をサポートしてくれるものなので、痛みがあるうちは非常に良いのですが、楽だからといっていつまでもコルセットをし続けていると 腰の筋肉が弱くなってしまいます。 痛みがあまりなくなってきたら、コルセットを外す時間を多くしていきましょう。 だんだんと腰に負担がかかる作業をするときだけにしていき、痛みを感じなくなったらはずしていきましょう。 まとめ ぎっくり腰は、症状の程度や個人差により治り方違うので、ずばり何日で完治しますとは言えません。 また治療中に腰に無理に負担をかけてしまうことで悪化し、治療期間がかかってしまうこともあるので注意が必要です。 一般的には最初の3日はトイレに行くのもつらく、5~7日ぐらいでコルセットをすれば何とか歩けるようになり、仕事復帰のメドがついてきて、10日~2週間で完治していくといった経過をたどることが多いでしょう。

次の

突然の激痛「ぎっくり腰」早く治すには? 科学で検証された「最良」の方法

ぎっくり腰 治る まで 何 日

この前お客様の自宅で食器棚を設置するときに腰を痛めてしまったんですよね~。 横幅が100cmぐらいある大きめの食器棚で、ちょうど食器棚を持ち上げ、設置場所におろす瞬間です!! 鈍い感じの感触が「ズ~ン」腰に響き、その後腰に激痛が走ったんですよ。 もう、やっちまったぜ!って感じで、初めてのぎっくり腰になってしまったのですが、痛い思いをしただけで終わりなんて嫌なので、ブログネタにします(笑) 腰を痛めた当日から、完治するまで記録して「何日くらいでぎっくり腰は治るか調べよう!!」って、そんな感じです。 人によって症状や治る期間は違うと思いますが、何かの参考になれば幸いです。 それでは、完治するまでの治療期間や経過をご覧ください。 思ったことや、その日の出来事 車の運転が結構きつい 普通のデスクのイスに座っている分にはそこまで痛くないのですが、車の座席に座るとメッチャ腰が痛い。 会社のトラックから降りる時がまた腰に響くんですよね。 夢でうなされた 腰を痛めた当日の夢は、「崖の上でうずくまりそこから離れたいんだけど腰が痛くて動けない」そんなしょーもない夢を見ました。 仰向けに寝ている状態でも腰部分が痛く、寝返りをするとかなり腰に痛みが走るので良く眠れない状態でした。 2日目 腰を痛めた2日目の症状。 特に痛みは1日目と変化なし。 対処法 腰にサポーターを巻く 温シップ以外に、自宅にあった腰のサポーターをして仕事に出ることにしました。 あまり意味のない感じもしますが、少し楽になるような気がします。 なんとか仕事をはじめた私ですが、そのうち痛みが立っているだけでもするようになり、我慢できなくなったので痛みを和らげる方法をネットで探してみることに。 調べていると、なんと・・・!! 血行をよくすると痛みが増す場合があると書いてあるではありませんか!! 反対に2日目ぐらいまでは、炎症を抑えるため、冷やした方がいいとのこと。 今、温シップはってるんですけど!! そんなことでしたので、仕事帰りに冷シップを購入して、冷シップに変更予定。 温シップがぎっくり腰には良いといっていた、上司をちょっと恨みます(笑) 思ったこと・出来事 人の話をうのみにしない 上司の話を信じて患部を暖めてしまった私。 人の話はうのみにしては駄目ですね(笑) ちゃんと自分でネットで調べるべきだったと、後悔した1日でした。 3日目 昨日の夜から使い始めた冷シップが効いたのか、今日は若干痛みが和らいだ感じがします。 朝起きる時は、腰部分がつらかったのですが、日中はだいぶいい感じ。 ぎっくり腰の初期段階には「冷シップ」にしましょうね。 温シップは駄目ですよ!! 思ったこと・出来事 くしゃみをすると腰に響く 今日はやけにくしゃみが出る日。 くしゃみをする度に、腰に響きます。 今日に限って市場の仕入れが多い 今日に限って市場からの仕入れの量がハンパない!! いつもだったら2tトラックの半分くらいなのに、満たんに仕入れが入ってきました。 身体が不自由って大変ですね。 腰に負担がかかりそうなので、半分くらい荷物をおろして終わりにしました。 とりあえず腰の具合は悪化はしてなさそうなので、よかった、よかった。 4日目 仕事は休み 今日は仕事が休み。 朝起きると、昨日の市場の荷物おろしで腰に負担をかけてしまったせいか、布団から起き上がるのがハンパなくしんどいです。 腰のまわりが固まってる感じ。 思ったこと・出来事 社長に連絡して労災手続きの許可をもらう あまり症状がよくならないので、朝一番で社長に電話して労災で病院に行っていいか許可をもらいました。 もちろんOKでした。 整形外科に行く 自宅近くの「労災保険指定医療機関」を探し整形外科に行ってきました。 労災の場合は、労災保険指定医療機関だと手続きが楽です。 ・レントゲンをとる ・医者の説明 ・コルセットの付け方など教えてもらう ・薬の処方 レントゲン まず初めにレントゲンを撮ってもらいました。 特に問題ないとのこと。 医者の説明 医者の説明では、「軽いぎっくり腰」でしょうとのことでした。 コルセットの付け方の説明 次に看護師の方からコルセットの付け方の説明などをうけました。 「痛みがひくまでは、寝る時以外はつけていてくださいね」とのことでした。 あと痛みがなくなったあとでも、重いものを持つ時はつけた方がいいよと言われました。 薬の処方 はり薬(シップ)とロキソニンなどの痛み止めをもらいました。 5日目 仕事は休み 昨日は仕事が休みだったので、安静にしていたせいか若干痛みもおさまってきました。 朝起き上がるときも、そこまでは辛くなかったです。 思ったこと・出来事 軽くウォーキング スポーツジムのランナーマシンで、5キロを1時間かけてコルセットをつけたままウォーキングしました。 昼間は腰を曲げなければ特に痛みはなかったです。 6日目 今日は休み明けの仕事。 朝起きるときは、まだ腰のあたりは痛いけど、お昼すぎくらいは特に何もしていなければなんともない感じです。 思ったこと・出来事 コルセットって素晴らしい コルセットをしていると、腰も安定してだいぶ楽です。 人生で初めてコルセットをしてみましたが、コルセットの凄さに感動。 しているとなんだか安心感もあります。 それとコルセットはプレート入りの方がかなり楽です。 始めプレート無しのを使用してみたのですが、安定感がかなり違いました。 7日目 朝起きた時の、「腰がガチガチに固まって痛い」感じはほとんどなくなり、すんなり起きることができました。 まだ少し痛みはありますが、変な体制になったりしなければ全然へいきです。 思ったこと・出来事 健康な身体って素晴らしい まだコルセットをしている状態で、体勢によっては痛みます。 ですがかなり良い状態になってきて思ったのが、健康な身体ってすばらしいってことでした。 8日目 かなり良い状態にはなってきました。 思ったこと・出来事 大型冷蔵庫の配送 重さ90キロぐらいある、大型冷蔵庫の配送がありました。 しかも2階。 かなり心配でしたが、引き出しなどを外し重量を軽くしてなんとか運ぶことができました。 特に症状が悪くなったとかはなさそうです。 9日目 まだほんの少し腰に違和感はありますが、「自分的にはほぼ治ったのではないか」そんなところです。 いちよう今日で完治ということで、この軽い「ぎっくり腰」は何日くらいで完治するのか?治療期間を調べてみたを終わりにします。 まとめ 初めてぎっくり腰(急性腰痛症)になった私ですが、 結果的には軽いぎっくり腰の場合10日前後で治る事がわかりました。 ただ治る速さなんてひとそれぞれだと思いますので、これが絶対と言う訳ではありませんが、骨に異常がなければそれほど深刻にならないでもいいと思います。 私は初めての経験でしたので、痛めたときにはもう仕事を変えないといけないかなとか深刻になったりして、かなり落ち込みました。 ぎっくり腰にならない為には、日ごろストレッチをするとか、疲れをためないようにする事が大切ですので気をつけましょう。

次の

ぎっくり腰は何日くらいで治りますか?

ぎっくり腰 治る まで 何 日

「ぎっくり腰になったけど、病院で治療したほうがいいの?」 「病院での治療ってぎっくり腰の痛みが楽になるの?」 と思いますよね。 どもっ!現役、整形外科クリニック勤務の理学療法士の「うなむ」です。 ぎっくり腰の病院での治療ってどんなことをするかわかりませんよね? そこで、病院でのぎっくり腰の治療について説明させていただきます! この記事を最後まで読んでもらうとこんな未来が待っているかもしれませんよ• 病院に行かなくても病院で行うぎっくり腰の治療の8割が自宅で出来てしまう• 病院に行くか?自宅で安静にしているか?を決めることができる• どこの病院に行ってもこの流れだと思います。 レントゲン• 1つ1つ見て行きましょう! 問診 あなたは、名前を呼ばれ、ぎっくり腰の痛みを我慢しながら、呼ばれるままに診察室に入っていきます。 そこには真っ白な白衣を着たドクターが座ってあなたを見ています。 椅子に座るとドクターから一言 「今日はどうされました?」 あなたはぎっくり腰の説明をドクターに説明します。 どんな時になったか?• 今、どんな痛みがあるのか?• どこに痛みがあるのか?などなど あなたは一通りぎっくり腰の説明を終えるとドクターから 「じゃあ、レントゲンを撮って確認してみましょう!」 と言われます。 あなたはぎっくり腰の痛みに耐えながら診察室を出て、待合室でレントゲンに呼ばれるのを待ちます。 寝てしまうと起きれなくなってしまうので、立ってレントゲン撮影です。 レントゲン ぎっくり腰の痛みがある場所の骨の状態がどんな状態のなのか?レントゲンを撮って確認します。 レントゲン技師さんかドクターが、レントゲンのセットが終わると 「はーい、撮りまーす。 はい、じゃあ次は、横から取りますねー」 と、ぎっくり腰の辛い痛みに耐えながら立っているあなたの横で機械をガシャガシャと動かしています。 セットが終わると 「はーい、撮りまーす。 じゃあこれでレントゲンは終わりなので、診察に呼ばれるまで待合でお待ちください」 と言われ、あなたは、ぎっくり腰の痛みに耐えながら、診察室の前のソファまで、フーフー言いながら歩いていきます。 (マジか、座らなきやよかった(涙)) と心の中で思いながら、なるべく痛みのない、へんてこな格好をしながら歩いて診察室に入っていきます。 診察室の椅子に座るとドクターから先ほど撮ったレントゲンの説明をされます ぎっくり腰だとこんなことを言われることが多いです。 「問題ないですね」 「少し骨と骨の間が狭くなってますね」 「ちょっと変形しちゃってますね」などなど この後、恐怖?誘惑?の言葉がドクターの口から発せられます。 「ブロック注射を打つと楽になりますけど、どーします???」 注射 誘惑?恐怖?の言葉を聞いてしまったあなたは、頭の中で葛藤を始めます (注射を打てばこの辛いぎっくり腰の痛みから解放されるのか?) (いや、待て!注射だぞ!ぎっくり腰の痛みよりも注射が怖い!!!) (でも、ぎっくり腰の痛みが楽になるなら・・・)(笑) そこで、あなたは、覚悟を決めてブロック注射を打つことを決めました ブロック注射とは?ぎっくり腰に本当に効くの??? ぎっくり腰で私が勤めている病院に来られる患者さんもブロック注射を打つことが多いです。 約8割ぐらいの患者さんが、歩けない状態できて、ブロック注射を打つと、なんとか歩けるぐらいに回復して帰っていきます。 完全に痛みが取れるわけではないですが、ブロック注射を打つことで、2,3日治りが早くなる感じです。 ブロック注射は、局所麻酔薬と痛み止めが一緒になっている薬剤を使っています。 麻酔薬が神経の痛みを抑え、痛み止めが炎症を抑えることで痛みを楽にしてくれる注射です。 効果は数時間しか持ちません。 「えっ!?それだけ・・・」 と思いますよね。 思うと思うんですが、ぎっくり腰の痛みが和らぐと、痛かったところの血流がよくなります。 血流が良くなると、痛みを感じさせる物質が流れてくれるので、ブロック注射の効果がなくなっても、ぎっくり腰の痛みが楽になります。 さて、ブロック注射を打つことにきめたあなたは処置室のベッドに横になりました。 先ほどのドクターがやってきて、腰かおしりあたりに注射を刺されます。 注射が終わると30分から1時間、ベッドに横になって安静にすることに。 看護師さんから「ゆっくり起きてください」と言われ起き上がってみると (・・・あれ?楽かも・・・???) となるかも・・・しれませんよ! もし、少しでも早くぎっくり腰の痛みを和らげたいのなら、病院に行かれてもいいかもしれません が、普通のぎっくり腰の場合、安静にしていればだんだん良くなってくるので、無理に行くことはお勧めしません。 余計、痛くなってしまうこともあります。 実は、私、腰痛持ちで、今までも何度もぎっくり腰をやっています。 私みたいな理学療法士がいる病院では、理学療法士が直接、施術を行う病院もあります。 ぎっくり腰は病院で治療すべき??? ここまで、ぎっくり腰になってしまった時の病院での治療をご紹介させていただきました。 長々と説明させていただいたんですが、正直なところ、普通のぎっくり腰であれば、病院で治療する必要はあまりありません。 理由は、安静にしていれば、2,3日もすれば、歩けるようになりますし、1週間もすれば、だいぶ動けるようになります。 なので、無理して病院に行く必要はないですよ! 普通のぎっくり腰であれば、行く必要はないんですが、病院に行ったほうがいいぎっくり腰もあります。 なので、はじめは整形外科に行かれることをお勧めします。 ぎっくり腰の原因が知りたかったら病院に行くべき! もしあなたがぎっくり腰の原因を知りたいと思うなら、一度、整形外科に行ったほうがいいかもしれません。 レントゲンを撮ってドクターから 「問題ないですね」 と言われれば、筋肉の問題でぎっくり腰になってしまっています。 他にも、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などでも、ぎっくり腰になってしまいます。 ぎっくり腰で病院での治療はいくらかかるの? 病院での治療は、ブロック注射を打っても、6000円程度です。 ブロック注射を打たなくても、5000円あればおつりがくると思います。 私みたいに理学療法士がいて、治療を行う場合は、別ですが、基本、病院での治療は対処療法です。 ぎっくり腰の原因って??? 普通のぎっくり腰の原因は、筋肉です。 日ごろの姿勢や体の使い方が原因で、筋肉にダメージが溜まってしまいます。 ダメージが溜まっている筋肉をさらに使ってしまったときに、ひどい痛みとして表れてしまうのがぎっくり腰です。 さらに使ってしまったときというのが• 急に重いものをもった• くしゃみをした• 顔を洗おうと前かがみになった• 救急車は使っていいの??? ぎっくり腰は命に別状はありませんので、救急車は呼ばないほうが無難ですよ! ぎっくり腰が治るまで何日かかる??? 普通のぎっくり腰であれば、2,3日安静にしていれば、歩けるようになりますし、1週間もすればだいぶ動けるようになります。 2週間もすれば、日常生活は問題なく過ごせます。 早くぎっくり腰を良くするには??? ここでなるべく早くぎっくり腰が良くなる体操をご紹介します。 この体操をするとぎっくり腰の原因になっている筋肉を緩めることができるので、ぎっくり腰の痛みが楽になりますよ。 レントゲン• ブロック注射• ブロック注射以外は、ドラッグストアに売っていますので、知り合いや家族に頼んで買ってきてもらってもいいかもしれませんよ! あなたのぎっくり腰が早く良くなることを祈っております 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の